ランキング試算(4月5日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ

3月22日現在ポイント 0   本年の対戦成績 -勝-敗

現在ランキング -位(–)  本年年初 417位  本年最高位 -位

現在100位の選手とそのポイント Igor Kunitsyn (RUS )  505点

プロテクトランキング 順位 @106位  残りカード 8枚

2月15日現在レースランキング -位

今週と来週はMiamiです。
3月22日付ランキングはRoland Garrosの前週のDüsseldorfとNiceに使われます。

4月05日付錦織選手のポイント:0点

Miamiの本戦WCも取り消しました。

上位選手について

先週はDel Potroのおかしなペナルティはポイントも修正されましたので、期待してましたが、今週もRoddickとMonfilsの分は未だ修正されていません。

さて、Indian Wellsの振り返りです。

予想に反してベテランのLjubicicが初のマスターズのタイトル取得です。

Nadalは準決勝で彼に負けたので、4位に落ちました。しかし、膝の心配があるにもかかわらずM.Lopezとダブルスにも出てましたので、毎日、多いときは2戦もこなし、こちらは優勝してしまいました。

Davydenkoは初戦勝ちましたが、怪我が思ったよりも重傷で次戦をリタイヤ、以後Del Potroと同じでいつ復帰できるかといった感じのようです。

Gonzalezは母国の復興のための休場のようで、Miamiには参戦です。

  • 順位変動の目玉は今週も昨年優勝のMurrayです。独自3位キープはありませんので、前回のNadal以上に厳しいです。唯一のキープのケースは優勝して、Nadalが準々決勝止まりのときです。準優勝ではNadalが初戦敗退でも4位に戻ります。
  • Nadalは準決勝進出で自力3位復帰です。
  • 欠場のDel PotroとDavydenkoの順位はそのままです。
  • SoderlingとRoddickの7位争いは、105点差ですから、Roddickが準々決勝以上に進み、勝ち残った場合に7位になります。
  • Cilicを先頭に9位以下の争いは今年好調なLjubicicも加わり、Monfilsまで7人が800点差ほどにいますので非常に厳しいです。Indian Wellsはそろって早い段階で敗退でしたが、まぁ、他者より勝ち残ることが順位維持か、アップになります。

4 件のコメント

  • 【from 錦織圭】今のきも

    ブログきてます。
    こりゃ相当まいってますね。うーむ。
    かける言葉が見つからない。

    FacebookやTwitterのコメントと比べるといつも温度差があるんだようなあ・・・。理由はアレでしょうけど。

      引用  返信

  • あまりにも、心からの声が痛々しくって、
    生半可なコメントできなかった。
    ファンの事を思って、
    ありのままを書いてくれた圭君って、
    本当にいい子だなあ。
    あと少し。
    本当につらいだろうけど、
    がまんして乗り越えてね。

      引用  返信

  • 今、MTFで見たんですが、第15週のBaton Rougeチャレンジャーにエントリーしているようです。お知らせまで。

      引用  返信

  • このままマレーは順調にキープしつつ上を目指すのかとおもっていたのですが、なかなかうまくはいかないんですね。
    ラファの順位がやっとあがりそうで、マイアミの結果がよいことを期待しましょう。ジョコが早々に敗退してしまいましたし。
    ジョコ、最近調子悪いのでしょうか。
    ロジャーは、今回は勝ち抜いてビシっと決めて欲しいですね。
    最も、今、ラファにはロジャーに対戦してほしくはないですが・・・。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください