ランキング試算(11月29日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 11月22日現在

現在ポイント 554   本年の対戦成績 3勝9敗(39勝15敗 含むCH,Q)

現在ランキング 99位(+2) 本年年初 417(-∞) 本年最高位 99位

現在100位の選手とそのポイント  Michael Russell (USA )  552点

今年使い切らなかったカード

プロテクトランキング 順位 @106位  使用数 8枚 残り 1枚

WC           年間  5枚  使用数 3枚 残り 2枚

今週はLondon Finalsです。
今週後の11月29日のランキングがSydneyなどのエントリーランキングになります。

本年最後の大会は2回戦敗退でちょっと残念でしたが、この3つのCHはアメリカの地元大学の選手のための室内大会のきらいがあります。錦織選手は3つともその大学の一番の人気選手と対戦し、1勝2敗でした。しかし、ここでの1つの優勝が大きくものをいって、未だ、年末でどうなるかは分かりませんが、取りあえずランキング表に99位と年初の目標を100位以内を達成いたしました。ランキング無しの状態からスタートし、実質半年強でよくぞここまで戻ってきました。何はともあれその活躍を褒め讃えたいと思います。

今週のCHはHelsinki、Buenos Aires、豊田の3大会です。

そして、29日付けのランキングはPrzysieznyが昨年優勝のポイントが失効し、下に落ちてしまいますので最高98位があります。

越していく可能性があるのは最大6人(次の2-7は同じ大会に参戦ですし、見落としでもっと多くの下位者の該当者があっても全体の内4人しか達成できません)ですから最悪104位です。添田選手との差は80点以上ありますので、8日に取り返した日本人トップの座は維持できましょう。

1 Kunitsynの準々決勝進出以上
2 Bolelliの準決勝進出以上
3 Devvarmanの準決勝進出以上
4 Przysieznyの準決勝進出以上
5 Kavcicの決勝進出以上
6 Dimitrovの決勝進出以上
7 Reisterの優勝
8 Zeballosの優勝

次週12月6日に失効点のある人も居ますので、今度の29日付けでは決着が付きません。最後の失効点が処理されたこの6日付けのランキングが全豪のエントリーランキングになり、そしてそれがこのレベルでの今年末のランキングになりましょう。

上位選手の順位について

  • Nadal、Federerは下との差がそれぞれ1500点以上ありますので、どんな成績でも順位キープです。
  • Djokovicは下と600点以上の差があり、勝ち星3つのリードではありますが、順位キープはそんなに容易とは言えません。ラウンドロビンで全敗しなければキープに近づきます。トーナメントに進めばほぼキープが見えてきますでしょう。
  • SoderlingとMurrayはたったの20点差、勝ち星の数で上下が決まるでしょう。
  • Berdych、Ferrerはこれまたたったの20点差、そしてRoddickも100点以内の差ですから、6-8位も勝ち星数の差で順位が決まるでしょう。
  • 今大会は3-5位と6-8位の2つのブロック内での混戦状態が面白いでしょう。

38 件のコメント

  • ケイメヒコさん、いつもランキング試算ありがとう
    ございます。99位は嬉しいですね~ここでひとまず
    目標達成!圭君、天才故に苦悩もプレッシャーも
    あるのでしょうが来年も活躍を期待しています。
    12月6日までちょっとドキドキしそうです。

      引用  返信

  • 早速の公開ありがとうございます。
    でも、あれ?
    8 Zeballosの優勝を
      修正して決勝進出以上にしたのですが、反映できませんでした。
    やっぱり、わたしの能力では修正できませんでしたか。
    よーくチェックしてアップだけで終わらせなければなりませんね。

      引用  返信

  • これとは別に、104位以内のPROTECTED RANKINGを持ってる選手が何人いるかですね〜。ドキドキ。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもありがとうございます。

    トヨタCHの明日のOOPを見ていたら、ノックスビルCHで対戦したNicholas MONROE選手の名前がありました。
    頑張って欲しいな~と秘かに応援しています。
    TOMIC選手など知っている名前もあって、見に行きたかったです。

      引用  返信

  • Berankis、Roger-Vasselin、Gremeimayrも優勝条件で上回りそうです。といってもケイメヒコさんご指摘のとおり、上回る人数が増えることはないです。

    少し違う目線でドローから少し調べてみました。

    1-8の山には、Dimitrov、Reister、Devvarmanがいてこの中から
    最大1人。
    9-16の山にBerankis、Roger-Vasselin、Kunitsyn、Bolelliがいて、KunitsynがQF進出条件でも上回るので最大2人。
    17-24の山には誰もいないので、0人。
    25-32の山にはKavcic、Gremeimayr、Przysieznyがいますが、
    PrzysieznyがSFに進出するとすでに上位、その他の二人が
    進出するとPrzysieznyが下回るので、0人。
    結果次第ではランクがひとつあがります。

    なので最大3人+ Buenos Aires のZeballosが可能性があります。

    11月29日付の最悪は103位になりそうです。

    ひろQさんと同じくPRが何人上位にいるかが気になります。
    でも早くに全豪DA決まりそうですね。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもありがとうございます!( ̄0 ̄)/
    圭のランキングがアップしてくると、さすがにやりがいありますねー(*^-‘)b
    2011年は、もっとケイメヒコさんが忙しくなって、悲鳴をあげるくらいになって欲しいです!( ̄▽ ̄)b

      引用  返信

  • 「ドロー表を加味した試算をできないか?」と団長から最初に言われています。
    しかし、ドロー表が日曜日の夜でも見ることができない大会も少なからずありました。
    何と言ってもわたしの力量ではそこまで踏み込めないのが問題です。
    それができないので、ATP公式のランキング発表の即あとに、試算記事をアップするというこだわりで行ってきています。記事は基本的に発表前に仕上げていて、発表後に最終確認をしてできるだけ早くアップということで、ドロー表に関係なく言えることでまとめています。夜寝る前にATP公式の更新発表がないことも屡々ですが、毎週続けるにはこの辺が限度となっています。
    ですから、後からドロー表を見て参戦者の変更など追加・修正したいなということもたびたびありますが、基本的なミスに気がついた時以外はそのままにしています。

    今回のみつさんのコメントはわたしにとって本当に嬉しいコメントです。
    ありがとうございます。

      引用  返信

  • みつさんのコメントから、わたしは今のところ年末最良96位、最悪101位と思えます。
    去年よりプロテクトランキング使用者が多くはないと想像しますので、全豪エントリー締め切り時点でDAになる可能性がとても高い数字だと思います。
    早めにこういうことを言うことを自分に禁じていましたが、この年末は特別だと思います。

    錦織選手がカムバック賞を得られなかったのは残念です。でもわたしは最初からノミネートの資料が、年初のランキングを示しただけですから分が悪いと思っていました。4月にランキング無しの事柄が伝えられていません。417位からの復帰としたら締切時点で100位になってないのでは分が悪すぎます。4月の時点でランキング無しの最悪状態になっていたことを知っていた選手はほとんどいないと思います。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつも楽しませてもらってます。
    全豪DA、確実ではないですが見えてきましたね。

    来年は2年前のように二桁台でのランキング推移の計算に毎週悩まされるようになるでしょう。お体に無理をせずこれからもよろしくお願いします。

      引用  返信

  • 準決勝進出以上だったDevvarmanが欠場したので、
    トップハーフのメンバーで最大2人になったので
    29日付の最悪が102位になったと思います。

    これで、ケイメヒコさんのコメントから
    たぶん12月6日付での100位以内が決まったのかなと。。

    すごく気になってきたことなので、うれしいです。

    今回はケイメヒコさんが記事で条件をまとめてくださったので
    調べることができました。ありがとうございます。

    ランキング試算の記事、週明けの楽しみなので大変な作業だと
    思うのですが、今後ともよろしくお願いいたします。

      引用  返信

  • コリコリさん、情報ありがとうございます!
    早速来ましたね! ATP250レベルでの本戦DAが!!

    来年はインドからスタートですか〜。錦織はインドへは2008年のデビスカップで
    行ったことがありましたよね。メンツを見る限り、組み合わせ次第では結構勝ち上がる可能性が高そうで、とっても楽しみになってきました。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、いつもランキング試算ありがとう
    ございます。
    やっぱりランキングは気になるもので、いつも楽しみにしています。大変だと思いますが、来年もよろしくお願いします。

    さて、錦織選手が優勝したノックスビルCH の動画がYouTubeにあったのでここにかいてもいいですか?
    試合後のインタビューもあり、ケンドリックの微笑ましいインタビューもUPされてました。とても見たかったので皆様にも。

    ttp://www.youtube.com/watch?v=RL52D_AxtoM
    ttp://www.youtube.com/watch?v=F1TRkJE9m8U
    ttp://www.youtube.com/watch?v=gltteIhOGb4
    ttp://www.youtube.com/watch?v=OQbMS_IMZlk
    ttp://www.youtube.com/watch?v=MVPdMmK3mzE
    ttp://www.youtube.com/watch?v=7CIvDzEbu9U

      引用  返信

  • 紅さん、動画情報ありがとうございます。全部見ました。
    学生や卒業生との試合ではなかったから、観客は静かですね。

    チェンナイDAできてよかった。幸先のよいスタートを切れるといいですね。

      引用  返信

  • 紅さん情報ありがとうございます。検索力抜群ですね。検索能力が乏しい私には絶対に見つけられなかった情報です。感謝。

      引用  返信

  • 今行われてるチャレンジャー2大会では試合が進み、現在100位以下の選手で錦織の上に行く可能性があるのは、

    1. Dimitrovの決勝進出以上(Helsinki)
    2. Reisterの優勝(Helsinki)
    3. Berankisの優勝(Helsinki)
    4. Zeballosの決勝進出以上(Buenos Aires)

    の4人に絞られましたね。Helsinkiの3人はドローによりこのうち1人しか決勝へ進めませんので、現時点で下から錦織を追い越して上へ行くのは多くて2人、少なくて0人ということになります。

    一方、去年のポイントが失効して錦織(現在554点)より下位へ落ちてしまう選手は以下の通り。

    1. 94位 Brandsは12/6に26点失効して544点に
    2. 84位 Beckは11/29に20点、12/6に29点失効して549点に
    3. 78位 Przysieznyは11/29に115点の失効があるので明日金曜の準々決勝でZoppに負けると540点に

    BrandsとBeckは今年の加点はもうありませんからポイント確定です。つまり2人は確実に落ちてきます。Przysieznyは次のZoppに勝てば今のまま錦織より上、負ければ下になる・・・と。

    ということで、他に見落としがなければ、今年末の順位は最高96位、最低99位ということでしょうか。

    おお! これで年末100位以内確定かも!

    あとは98位以上になるProtected Rankingを有する選手が5人以下であれば全豪本戦DAも確定ですね。

      引用  返信

  • おお!
    圭くん、帰国しているんですね。(えみっちさん、情報どうもです)
    ゆっくり、たっぷり、日本を満喫できるといいですね。

    杉山愛さん、色が白くなりましたね~^^

      引用  返信

  • えみっちさん、情報ありがとうございます。

    wowowでは「さらにテニスの試合放送大会数を増やし、毎月テニスの試合が見られるようになる。」とありますね。

    是非ともライブ放送を期待!

      引用  返信

  • ちなみに、2011年1月最初の3大会にはPRを使ってエントリーしている選手は100位以内にはいないようです。

      引用  返信

  • さっきBuenos Aires CHでZeballosが負けました。
    これで年末は最高96位、最低98位。

      引用  返信

  • はじめまして

    よくわからないのですが
    103位のKunitsynは、今回1回戦に勝って10ポイント加算されて、錦織くんより上にいくように思えるのですが・・
    失効するポイントがあるのでしょうか

      引用  返信

  • >sabannna7さん
    ポイントとして加算される大会数が最大18ですから、今大会で10ポイント入ると、その代わりに2010.06.12付けのEastbourne予選で得た6ポイントが18大会の枠からはじき出されることになります。なので4ポイントしか増えず、錦織にはあとわずか3ポイント届かないんですね。

    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Igor-Kunitsyn.aspx?t=rb

    ちなみに錦織はポイントを獲得してる大会数がまだ12ですから、あと6大会分は加算される余裕があります。

    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Kei-Nishikori.aspx?t=rb

      引用  返信

  • フーッ! やっとつながった。こういう時に限ってつながらなくなります。
    取りあえずここを読みました。状況が変わってますね。

    わたしが書いた8つの内、残っているのは4,6,7ですね。それとBerankisですか?でも、6,7,Berankisのうち最大一人です。残りは彼らとPrzysieznyを含め、最大二人に絞られました。これで29日付け98-100となりますね。
    明日の準々決勝でディフェンディングに邁進しているであろうPrzysieznyが勝つと越されてしまいます。すると99-100となります。
    残る3人の内明日は最低でも一人外れますが、その外れるのが誰かが注目ですが、誰が外れても99-100の状態が続きます。

    1月の第1週のDAは良かったですね。オーストラリヤばっかりに目を向けていました。
    来年はどんな大会ででも初戦を突破して欲しいです。

      引用  返信

  • ひろQさん

    BEST18とあるのはそういうことだったんですね~~

    なんでもかんでも加算されるのかと思っていました。
    ありがとうございました。

      引用  返信

  •  どうしてもヘルシンキCHの方に目がいってしまいがちですが、
    豊田CHで大変な事が起きていますね。

     なんと日本人選手がベスト4独占の快挙です!

    http://www.atpworldtour.com/posting/2010/4042/mds.pdf

     日本国内での大会とはいえ、私はCH大会のベスト4を日本人が
    独占したのを初めて見ました。(日本人同士の決勝すら記憶に無し)
    フューチャー大会でも滅多にないことだと思います。

     それにしても、竜馬はよくトミッチに勝ちましたね。この勝利は
    日本男子テニス界にとっても大きな意味があると思います。日本
    男子のレベルが確実に向上していることを実感できました。

     個人的には、全豪本戦DAの可能性を残している添田の優勝を
    期待しています。

      引用  返信

  • HelsinkiではPrzysieznyが準々決勝で勝ちましたので、このまま錦織の上に居座ることが決定しました。
    一方、Dimitrovは次の準決勝でBerankisに勝てば錦織の上へ。
    そしてBerankisは逆にDimitrovに勝って次の決勝も勝てば錦織の上へ行きます。
    行くにしてもどちらか1人です。

    よって年末ランキングは最高97位、最悪98位。

      引用  返信

  • 落ち着いて整理しましょう。
    29日付けは99位か100位になります。
    明日の準決勝で、Dimitrovが勝てば100位決定です。
    Berankisが勝てば明後日の決勝戦の結果待ちになり、
    Berankisが優勝すれば100位で、負けたら99位になります。

    コリコリさん指摘の添田選手、ここで優勝すれば29日付けは106-7位がありましょう。ちょっとエントリー時DAには厳しいかもしれませんが、本戦DAの可能性が非常に高くなります。

    このことも含めて12月6日付けの記事に書きます。

      引用  返信

  • 伊藤竜馬が、Tomicに勝ったというのは、なんかすごく嬉しいですね。圭くん以外にもツアーで活躍するポテンシャルがありながらなかなか100位以内にはいれない日本男子にとって2011年は、飛躍の年になりそう。

      引用  返信

  • Berankisが勝ちましたので、ランキングの確定は
    明日の結果まちになりましたね。
    Przysieznyとの決勝戦です。

    みなさんのコメントを読んでいると全豪のDAのことは
    あまり心配しなくてよさそうですね。

    あまりにも気が早いことですが、ローランギャロスまでは
    失効点ないようなので、多分大丈夫でしょうねぇ。

      引用  返信

  •  みつさん、鋭い視点ですね。

     みつさんがおっしゃるように、全仏のエントリー週(4/11の週)
    までは失効ポイントがありませんので、全仏本戦へのDAはほぼ
    確実と言って良いでしょう。(今年のカットオフRKは107位)

     来年の最初のターニングポイントは、3月上旬のIndian Wells
    にDAできるかどうかです。1月第1週(チェンナイ)と第2週(シ
    ドニー辺りに予選から出場か?)の大会本戦で、合わせて1勝でき
    れば可能性有り、2勝できれば可能性大といったところでしょう
    か?

     もう今年はゲームが無いと思うと、どうしても来年のことに頭が
    いってしまいますね。

      引用  返信

  •  確かにみつさんやコリコリさんのおっしゃる通りで、もう「100位」とか「グランドスラム本戦DA」いうラインは、また怪我でもしない限り「あと10年は!(祈)」意識する必要はないでしょう。

    >ケイメヒコさん
     ランキング試算、毎回楽しみにしています。誠にありがとうございます。今回はもう年内にチャレンジャー以上の大会がないことから年末ランキングまで比較的容易に計算出来てしまうため、また、ケイメヒコさんもコメント欄に書かれていた通り「この年末は特別」ということで、かなりフライング的な書き込みを連発してしまいましたこと、どうぞお許しくださいまし。(12月もフューチャーズ以下の大会に今100位前後にいる選手が出まくってポイントを稼ぐ可能性がゼロではないなぁと反省しています。)
     で、またまた気が早過ぎるかと思いますが、ごく近い将来、次に意識するのは「現在45位の選手とそののポイント」ということになるんでしょうね〜♪ 今後もよろしくお願いします!

      引用  返信

  • 他所から拾ってきた錦織選手情報です。

    adidas ツイッターより
    adidas twitennis開催決定しました!
    29日(月)16:00~(予定)、待望の錦織選手の登場です。詳細はまた、当日!

    2011サンノゼOPENのトップページには錦織選手が載ってます。
    https://sap875.americaneagle.com/2011Players.asp

      引用  返信

  • Berankis優勝
    Przysieznyがリタイヤしました。ライスト少し見ていたけど、DFばかりで最初から不調でした。

    私は竜馬君の優勝がうれしかった。これで杉田君と共に100位台になりますね☆来年が楽しみだわ。

      引用  返信

  • これでBerankisがTOP 100では最も若い選手ということになりましたね。身長が錦織とほぼ同じ(錦織より数センチ低い)で、しかも同い年(日本で言うところの”学年”では1つ下)ということで、これから何かと比較され続けるかも知れません。

      引用  返信

  • 団長さん   お元気ですか??
      ちょっと、心配なってきました。忙しすぎてウツ???とか?
      どうぞ、ゆっくりしてください。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください