ランキング試算(5月7日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 4月30日現在

現在ポイント 1735  本年の対戦成績 15勝9敗

現在ランキング 17位(+0) 本年年初 25  本年最高位 16位

現在12位の選手とそのポイント Del Potro, Juan Martin (ARG)  2495点

現在レースランキング  16位 レースポイント 790点

Nadalの7勝でBarcelonaは終わりました。錦織選手は残念ながら左脇腹の故障でリタイヤしました。その故障の程度がどれほどなのか心配です。
今週はMunich、Belgrade、Estoril の250大会で、錦織選手は不参戦です。
7日のランキングは’WimbledonのエントリーとRomeのシード順に使われます。

今週は去年のMadridのポイントが失効します。

現在点1735-失効点0+ベスト18点25=基礎点1760です。

基礎点1760  最高で17位、最悪18位です。

超えていく可能性はEstoril#2シードのGasquetの優勝だけです。

錦織選手がランキングを上げるにも、他者が錦織選手を超えて行くにも高成績が必要なレベルに来ています。一大会最低90ポイントほどの積み上げが期待されます。その最大の障壁はやっぱり体の維持でしょう。今回の早い段階での決断が良い結果につながるよう祈っています。12位のポイントはどんどん高くなっています。
いつものように変化はコメント欄で追記していきます。

今後のランキング関連の主なスケジュール

5.20付ランキング(Romeの後) Roland Garrosのシード順に使われます。
6.11付ランキング(Roland Garros後) ロンドン五輪のエントリーに使われます。
6.17付ランキング(Halleの後) Wimbledonのシード順に使われますが、単純ではありません。前に書きましたように芝大会への貢献度として過去2年の芝大会の成績も加味した計算式によって算出されて決まります。

錦織選手の参戦予定(の想像)

※大会開始日、開催地、カテゴリー、ドロー数、エントリー状況の順です。
(GS:グランドスラム、MS:マスターズシリーズ、500:ATP500、250:ATP250、DA:ダイレクトアクセプタンス)

クレー・シーズン

5.06 Madrid MS 56Draw DA 参戦してもシード無しか?
5.13 Rome MS 56Draw DA 参戦してもシード無しか?
5.20 Düsseldorf 250 8ヶ国20人 エントリー確定
5.27 Roland Garros  GS 128Draw DA
・  添田・伊藤選手もストレートDAしてます。

芝シーズン

6.11 Halle 250 28Draw DA可 (5/2判明)多分ここ
London 250 56Draw DA可 多分ここではない。
6.17 ’s-Hertogenbosch 250 32Draw DA可 (5/9判明)
Eastbourne 250 28Draw DA可 (5/9判明)
6.25 Wimbledon  GS 128Draw DA (5/16判明)

Olympic前

7.09 Stuttgart 250 28Draw DA可 (5/28判明)
Newport 250 32Draw DA可 (5/28判明)
Båstad  250 28Draw DA可 (5/28判明)
Umag   250 28Draw DA可 (5/28判明)
7.16 Hamburg 500 32Draw DA可 (6/6判明)
Atlanta  250 28Draw DA可 (6/6判明)多分ここ
Gstaad  250 28Draw DA可 (6/6判明)
7.23 Kitzbühel 250 28Draw DA可 (6/13判明)
Los Angeles 250 28Draw DA可 (6/13判明)
7.28 Olympic 64Draw DA可 (6/13判明)

北米シリーズ

8.06 Toronto MS 48Draw DA (6/27判明)
8.12 Cincinnati MS 56Draw DA (7/4判明)
8.19 Winston Salem 250 48Draw DA可 (7/11判明)
8.27 48Draw GS GS 128Draw DA (7/18判明)
————-
9.14 Davis Cup play-offs 対Israel コート選択権日本

上位選手について

参戦するTsongaは順位キープです。
12位でEstoril#1シードDel Potroは優勝で11位があります。

11 件のコメント

  • 錦織Facebookで怪我の様子を書いてました。
    どうやら胃の怪我であるとか。
    今週医者に見てもらっていつまでに治るかがわかる。
    マドリード、ローマは欠場。
    来週に今後どうするかを皆に発表するから待って下さい。
    みたいな感じですかね?

    以下原文。
    Hi everyone…thanks for all the messages of support. Injured my stomach during my last match in Barcelona. Seeing doctors this week and will see how long the healing takes. Madrid and Rome are going to be out for sure. Will keep everyone posted in the next weeks on how things go. Thanks for the support.
    出典:Facebook(Kei Nishikoriのページ)より

      引用  返信

  • あっ…胃じゃなくて腹部ですかね?
    英語ダメダメっすww
    とりあえず一刻も早い復活を祈りたいところです(´・_・`)

      引用  返信

  • 自身のブログで1ケ月くらいはかかる・・・って言ってますね(T_T)
    ショックです・・・とも。 アスリートである限り怪我とは上手にお付き合いしていかなくてはいけないんでしょうが早く良くなって復活してほしいです♥

      引用  返信

  • いろいろ情報ありがとうございます。
    1ヶ月で復帰なのかそこから練習開始なのか続報が待たれますが、このくらいですんで良しとしなければいけませんね。
    怪我で休養してもそれを必ず糧にしてきた錦織選手ですから、この悔しさを夏に爆発させてくれるのを待ってます。

      引用  返信

  • 情報ありがとうございます。
    来週の発表が待たれます。

      引用  返信

  •  現時点でのMTFのエントリーシート上では、マドリッドとローマは
    正式にOUTしていますが、Düsseldorf以降はまだ残っていますね。

     来週分かる診断結果をみて判断するというこのなのでしょうが、クレ
    ー起因の故障ですし、もう全仏までリタイアということで良いと思い
    ます。

     ちなみに、全仏まで休養した場合でもポイントは1690ptを確保、
    17位相当に変わりありません。

     グラスシーズンに向けた早目の準備を開始でき、それでも現RKと
    同じ17位前後からカムバックできるのであれば、全然御の字だと思い
    ませんか?

     ただ、他の日本人選手にも影響するだけに、圭がOUTした場合の
    Düsseldorfの扱いだけが気になります。
     

      引用  返信

  • 錦織選手の発表を待つばかりです。
    以下は全仏まで加点がないとしたときの各選手の全仏の基礎点です。
    錦織選手以上の選手は失効しても錦織選手以下にはなりません。
    全仏終了までに錦織選手超えに必要な点を添えました。
    みんな超える可能性があり、安心できません。
    一番最初に超えそうなのがRaonicとVerdascoでしょうか?
    彼らの去年のクレーは初戦敗退ばかりでしたが、今年は違いそうです。

    Monfils 1670
    Monaco 1845
    Lopez 1660
    Nishikori 1645
    Gasquet 1085 560
    Verdasco 1450 195
    Dolgopolov 1385 260
    Mayer 1020 625
    Wawrinka 1145 500
    Raonic 1395 250
    Cilic 1165 480

      引用  返信

  • 錦織選手の直近のランキングについて注目はEstoril大会です。
    Gasquetの優勝で越されてしまいます。
    準決勝は現地5日の午後3時から
    Ramos 対 Gasquet
    Del Potro 対 Wawrinka

      引用  返信

  • Gasquetが勝ちました。明日はどちらと対戦か?
    Del Potro 対 Wawrinka

      引用  返信

  • GasquetはDel Potroに負けて準優勝でした。
    錦織選手は17位キープにはなりませんでした。
    試算チャートを新設計して、再計算してみたら、
    5月7日付けは次の様になるでしょう。

    16 Lopez 1840
    17 Gasquet 1775
    18 Nishikori 1760
    19 Verdasco 1675

    しかし、来週はGasquetが大幅失効点により、
    また基礎点17位からになるはずです。

      引用  返信

  • 間違いが少ないはずと、自信を持って移行した試算チャートですが、
    新試算チャートへのGasquetのポイントの記入でミスしてました。
    Baselのペナルティを普通の0ポイントとして扱ったことに寄りました。
    7日付けのGasquetのポイントは1735です。
    この事は14日付けの記事でお詫びしました。
    14日付けは日本の7日朝6時過ぎにアップしましたが、
    netdashがお忙しそうで未だ公開に至っていませんので、
    ここで訂正させていただきます。

    記事には状況が絞り込まれてからと書きましたが、
    書こうかこうかどうか迷ったままのことですが、
    次に越されてしまうのは、VerdascoとDolgopolovの準々決勝進出です。
    また、Gasquetは失効分を打ち消す準決勝進出で同点になります。
    しかし同点になるとGSなどの点が少し多いGasquetが上になります。
    他にRaonicとWawrinkaの準決勝進出で確実に越されてしまいます。
    決勝進出で越す人はざっと10人以上います。しかし決勝進出できる人は2人です。
    優勝で越す人は参戦者のほぼ全員に可能性があります。
    ですから、3回戦ぐらいまで進んでからで良いかと思うわけです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください