ランキング試算(3月07日付)   ケイメヒコ

錦織選手のランキング関連データ 2月28日 現在

現在ポイント 809   本年の対戦成績 8勝4敗(含む予選など 9勝5敗)

現在ランキング 62位(+2) 本年年初 98    本年最高位 62位

現在45位の選手とそのポイント  Tipsarevic, Janko (SRB) 995

WC           年間  5枚  使用数 0枚 残り 5枚

Delray Beachは体の調子を合わせることができたようで、Blakeにも勝ち、準決勝のTipsarevicにリベンジできなかったのがちょっと残念です。

今週はATP大会はありません。Davis Cupがありますが、錦織選手は参戦せず、Indian Wellsに備えます。アジアからアメリカへの移動方向の時差の影響を受けやすい体質のようですから、辞退が正解だと思います。本年末最低でも現状のランキングを維持していれば、来年は2月のDavis Cupにも参戦できることでしょう。今週は本拠地で更に気力体調を充実させて欲しいものです。

何度も言っていますように、Davis Cupはポイントへの影響は上位選手にあり、そして第一ラウンドはあっても20点前後の変動で、大きくないと思いますし、各個人のポイントを追いかけて別立て試算システムを組むほど意味を見いだせません。ですかた、Davis Cup週の試算はお休みとします。そして錦織選手近辺ではより影響が少ないでしょうから、ランキング維持と見ています。

今後の予想スケジュール(錦織選手のエントリー状況)です。

3.07 Indian Wells 96Draw 5Out (現在2OUTです。予選エントリーは大会事務局側がOUTさせましたので、明らかになっていないが、最終DAだろうと思います。この時点で自分からエントリー辞退を申請する理由はありませんからしていないはずです。本人も次はIndian Wellsと言っています。)
3.21 Maiami 96Draw DA
4.04 Houston 28Draw DA

4月以降のヨーロッパクレーシーズンのエントリーは2月からのアメリカ大会でどれだけの成績を残すかに関わってきますが、当初の躓きを少し取り戻したので、厳しい状況ですが、少し希望が出て来ました。クレーMSのDAエントリー数は44です。そしてストレートDAは多分42でしょう。最終DAは通常平均では56前後です。キャリヤーハイが必要なレベルです。

4月11日 Monte-Carlo 56Draw (3月2日頃判明。ストレートDAには届かない。)
Delray Beachが準決勝どまりでしたので
最終DAにも届かないでしょう。
ストレートDA 可能性はありません。
4月18日 Barcelona 56Draw (3月9日頃判明。ストレートDA可)
4月25日 Estoril他 28-32Draw (3月16日頃判明。どこへもストレートDA可)
5月 2日 Madrid 56Draw (3月23日頃判明)
Indian Wellsの結果
最終DAがあり得るレベル 2勝以上のペース
ストレートDA  準決勝以上のペース
5月 9日 Rome 56Draw (3月30日頃判明)
Madridと同じエントリーランキングのままです。
5月16日 Nice 28Draw (4月6日頃判明。多分ストレートDA可)
5月23日 全仏 128Draw (4月13日頃判明。ストレートDA)

上位選手について

Davis Cupについて興味のある方は
http://www.daviscup.com/en/home.aspx
を見て楽しんでください。

30 件のコメント

  • ケイメヒコさん、いつもありがとうございます。

    Indian Wellsの件ですが、公式サイトで下の記事を見つけてようやく安心しました。

    http://www.bnpparibasopen.com/News/Tennis/2011/Pretournament/Wild-Card-Release.aspx

    やはりRaonic、Harrison、Tomicらと共に最低でもWCが保証されたようです。もっともRaonicと錦織はWCを使わずともメインドローにINできる可能性は充分ありますが。ともかく本戦INが公式にアナウンスされてホッとしました。

      引用  返信

  • 最悪WC発行と言うことは去年のWimbledonと同じ状況ですね。

    >Raonicと錦織はWCを使わずともメインドローにINできる可能性は充分ありますが。

    RaonicはWCに寄ってのみINできます。何故なら、予選の締切は爆発後でしたから申請していますが、本戦のエントリー申請の締切は全豪終了前で、申請をしていないからです。もし、していたとしてもALT順位は低くとてもDA不可能なランキングです。

    錦織選手はMDから後2人辞退待ちですが、情報を総合するとあと3〜4人ほど居そうですから、最終DAになりそうですが、予選をしないで済むことだけは確かになって良かった。

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、毎週ランキング記事ありがとうございます。
    「錦織圭のテニス」への愛情が伝わってくるコメントにいつも
    励まされています。これからも無理をなさらず楽しみながらの
    記事アップをお願いします。

    土曜日の準決勝を見終わってすぐ寝込んでしまっていたのですが
    ひろQさん、WC獲得のニュース本当にありがとうございます!
    IWで男子日本人選手がWCを貰えるなんて(その他アジアの選手も
    含めて)今まで無かったことなのでそういう意味でも私的には
    かなり興奮してます。

    もしDAできればその方がポイント的にはベターですよね?どちら
    にしても本選出場出来て本当に良かった!!!よし、私もIWまで
    には元気になって応援します!

      引用  返信

  • ケイメヒコさん

    >現在45位の選手とそのポイント  Tipsarevic, Janko (SRB) 995

    念願の45位までは あの(2連敗中の)Tipですね
    益々 闘志がみなぎってきます
    # 実際試合をするのは 圭君ですが… (#^.^#)

    ひろQさん

    >Indian Wellsの男子本戦ドローを決めるイベントは日本時間の3月9日(水)6:00amからスタート

    今からワクワクです
    情報ありがとうございます

    それにしても 鼻血さん お元気ですか?
    たまには お顔をだしてくださいね!
    勿論 超忙しかったら、無理しないで下さい :D

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    >RaonicはWCに寄ってのみINできます。
    おお〜! 確かに! こういうご指摘、本当に勉強になります。変な意味じゃなく素直に感服です。どうもありがとうございます!

    4さん
    ご病気でしたか〜。でも錦織の活躍は我々錦鯉にとっては「百薬の長」ですよね! 日本にいると錦織の様子は電気信号を通じてしか伺い知れません。IWの生情報、よろしくお願いします!

      引用  返信

  • ケイメヒコさん、ひろQさん、いつも情報をありがとうございます。
    ここに来るまでは、正直プロのランキングシステムやドロー、本戦予選など、ごくごく一般的なことしか知りませんでした。
    ここで(いまだによく分かってないことばかりですが、汗)そうなのか、ふむふむ…と読むだけで、どれだけ楽しみが増えたことか!

    Indian Wells本戦IN、本当に良かったです!
    MSといえば、私の中では昨年の上海予選でマッポを取りながらベンジャミンベッカーに負けたことが強く心に残っています。
    団長さんの記事も、非常に印象的でした。
    あの頃よりはまた体も心も成長していますよね~。
    本当に楽しみです。

      引用  返信

  • Indian Wellsの男子本戦1回戦は日本時間3月11日(金)4:00amスタートです。それまでだいぶ時間がありますから、「捕らぬ狸の皮算用」が大好きな夢想家の僕はちょっと今後について妄想にふけってみました。

    以下は左から「ポイントが加算される日付」「加算される最新の大会名」「その大会で得る勝ち点」「18大会枠からはじき出されるかまたは有効期限切れで失う点(他の失効を受けて18大会枠に復活する点も織り込み済み)」「2011.02.28付けランキング上での順位」です。大会は勝手にこんなカンジで出場するだろうと想像しました。

    3/22 I.W. +45(2勝) -7 847 59位相当
    (ほぼ1週休養)
    4/4 Miami +45(2勝) -10 882 57位相当
    (ほぼ1週休養)
    4/11 Houston +45(2勝) -12 915 54位相当
    (1週休養)
    4/25 Barcelona +45(2勝) -18 942 53位相当
    5/2 Estoril +45(2勝) -12 975 49位相当
    5/9 Madrid +90(2勝) -80 985 48位相当
    5/16 Rome +90(2勝) -80 995 46位相当
    (1週休養)
    6/6 全仏 +90(2勝) -45 1040 44位相当

    なんと! 失効点を考慮しても全仏終了時点でProject 45は達成!

    ・・・て、やっぱりMastersだろうが500だろうが250だろうが全大会で2勝ずつするってのは虫が良過ぎかな? 2勝するためには、自分がシード選手にならない限り、どんな大会でも必ずシード選手かそれを倒して来た選手に勝つ必要がありますもんね。Delray Beachみたいにどこかで3勝以上してくれると他で俄然楽になるんですが。あと、ヨーロッパの最初の4大会がちょっと過密でしょうね。クレーで体力使うし、南欧はすでに暑そうだし。しかしほぼ全部DAされるでしょうから、夢に描いたような世界ツアーの回り方ですね。こういうのを待ってたんだ、我々は! 錦織、きつかったらEstorilかMadridはスキップしてもいいぞ! Mastersは本戦に出たらゼロでも強制加算されちゃうから注意ねっ!w

    ともかくこのプランで行くと、全仏後の大きな失効点って、8月のCHの80点、全米の115点、11月のCHの80点くらいしかないんですよ。去年のウィンブルドンなんて0点だったし♪ お〜! 頑張ればもっと上に行けるぞ! 年末TOP30だって・・・ あ〜、また軽々しくそんな事を・・・

    Indian WellsとMiamiは96ドローで、少なくとも1回戦では第1〜32シードとは当たらないし、運が良ければ2回戦でも第1〜16シードとは当たりませんよね。ドローの神様、なんとかお願いします! Indian WellsもSan Joseの時みたいにTwitterでドロー決定を公式生中継してくれると面白いな〜。

    こんな夢を見させてくれる上がり調子の錦織に乾杯♪(いえ、ホントに朝から飲んでるわけじゃないのでご心配無く>namicchiroさんw)

      引用  返信

  • あ〜、でもよく考えたら8月以降の3大会で275点の失効はデカいか。やっぱりどこかで爆発だ! 錦織、頑張れ〜〜!

      引用  返信

  • Madridの最終DAの可能性が出てくるのはIWで2勝のペースではなく、最低3勝のペースが必要でした。2勝90点としていました。ひろQさんの書き込みを見て、そうだったって赤恥書いてます。IW2勝ではMadridとRomeはほとんどDAの可能性がなくなると思います。
    年初の記事で、「昨年実質復帰した4月までに最低400点の積み上げが無ければ、目標達成のために窮屈になり、・・・」としていましたが、今、その状態の瀬戸際です。IWでは最低3勝、4勝が必要になっています。参戦できなければポイントの積み上げもできません。

      引用  返信

  • >ケイメヒコさん
    確かに59位相当じゃ本戦DAは難しいかも知れませんね。ま、ここはひとつおおらかに、MadridとRomeは予選からでもオッケイよ♪ということで。予選で勝てば小銭も溜まるし、全仏前に経験値も積めるし。最悪、Mastersは本戦DAでなければスキップしても・・・ってカンジですよね。ポジティブ過ぎですか?w でも本心はMadridにもRomeにも出て欲しいので、IWは3勝以上を期待しましょう! まあ、まずはドロー運かw

      引用  返信

  • いつもこちらのブログを楽しく拝見させていただいております。
    ところで、DAとは何の略なのですか?

      引用  返信

  • 確かDirect Aceptanceだったかと

    個人的にはSEがなんの略かがいまひとつ

    Special Entry…は違いますよね

      引用  返信

  • DAは「Direct Acceptance」です。
    「アナタはランキングが充分高いので予選に出なくても直接本戦から出場していいですよ」と主催者側が受け入れてくれる制度。

    SEは「Special Exempt」です。
    来週にある大会(A)の予選に出たいんだけど、今週の大会(B)で準決勝以上まで勝ち残っちゃってAの予選にスケジュール的に出られなくなったって時に、Aの主催者側が「あの大会でそこまで勝ち残ったなんてスゴイじゃないですか。いいですよ、ウチの予選は免除で本戦ドローに組み込んであげます」って言ってくれる制度ですね。ただしBの大会がAの大会と同等かそれ以上のグレードである必要があります。

      引用  返信

  • ひろQさん、とてもわかりやすい説明ですね。
    なるほどっておもちゃいました。

      引用  返信

  • ああー!c重ねてませんでした。

    英語は苦手ですwww

    Exempt・・・やっぱり英語分からない。。。

      引用  返信

  • 私もSEが何の略なのかずっと不思議に思っていたので、ひろQさんの解説を読んでとてもスッキリしました(^^)
    ありがとうございます!

      引用  返信


  • 名前のところに「ひろQさん」と書いてしまいました(^^;)
    本文の一番上に書くつもりだったんです…(^^;)

      引用  返信

  • 皆様のわかりやすい解説、ありがとうございます。
    本当に勉強になります。

    ケイメヒコさん、いつもありがとうございます。ポイント推移がわかって、よしがんばるぞっていつも思います。がんばるのは圭くんですが(ぶるっちさんと一緒か、ははは)

    ひろQさんの妄想、妄想とは思いませんよ。だって現実味をおびえてるもの。いつか爆発しないといけないし、その日が来るのも近い。
    ヨーロッパマスターズ、鮮烈デビューってなんかケイ君だったらありえそうじゃないですか?!
    圭くんはいつも私たちをわくわくさせてくれますもの。

    DAとSEの説明もありがとうございます。私も何の略??ってずーっと不思議に思ってました。

      引用  返信

  • 連投、そして訂正させてください。

    ひろQさんは妄想とは書いてませんでしたね、失礼しました。
    夢想かぁ。妄想なんてひどい言葉使って反省です。汗汗

      引用  返信

  • >Reiko in Floridaさん

    いえ! 3行目に僕はちゃんと「妄想」と書いてます!w Reikoさんは正しい!

    【広辞苑】妄想=〔心〕根拠のない主観的な想像や信念。病的原因によって起り、事実の経験や論理によっては容易に訂正されることがない。「誇大—」「被害—」「関係—」

    そんなにコンスタントに各大会で2勝ずつ出来ちゃえば、そりゃ凄い事ですよね〜。しかも5月のヨーロッパマスターズに本戦DAされるためにはエントリー期限内の最後の大会にあたるIndian Wellsで最低3勝、できれば4勝が必要ってんですから。IWで3勝ということは90点、4勝だと180点ゲットですよ! 180点も取っちゃったらそれだけで809+180-7=982点となって今だと48位相当です。キャリアハイはもちろん、Project45がその次のマイアミで、つまり3月中に達成しちゃいそうw IWで4勝というのはメンツから言って世界のBest8相当に瞬間的にでも入るということだし、それは錦鯉以外の人に妄想と言われてもおかしくないかも。あと、MadridとRomeを両方とも予選から出て本戦で2勝するとなるとスケジュール的に相当厳しいですよね。そのあたりも上のプランの現実的でないところかと。

    でも錦織は修造以降の日本テニス界の現実をここ数年で打破して来たわけですから、これからも現実的でないことをやってのけてくれると僕は信じてます!

    まあ、かなり性急な僕の身勝手ドリームプランですが、錦織本人は「今年中に45位以内に」と言ってるわけでして、錦織がこのプランに沿えないからダメだとか、そういうことではまったくありません。全仏なんてまだ今年の中間点に過ぎないですしね。今は錦織がまた上がり調子なので、「宝くじを買ったんだけど、当たったら何に使おうかな〜♪」と楽しんでいるような、そんなカンジでいる僕でした。ちょっとあったかくなって来たし、広辞苑にある通り、やや病的かな\(^O^)/

      引用  返信

  • ケイメヒコさん
    ランキング試算ありがとうございます。いつも今後の展望なども盛り込んでいただくので、とても参考になります。

    ひろQさん
    夢想・妄想は楽しいですね。情報収集やSE,DAの解説ありがとうございました。

      引用  返信

  • とりあえず近場の目標としてHoustonのシード権を自力でゲットするというのはいかがでしょうか。

    Houston Entry List
    Entry deadline: February 21, 2011
    Seeding: March 28, 2011
    1 Fish, Mardy USA 16
    2 Querrey, Sam USA 22
    3 Garcia-Lopez, Guillermo ESP 23
    4 Chela, Juan Ignacio ARG 31
    5 Isner, John USA 32
    6 Anderson, Kevin RSA 40
    7 Istomin, Denis UZB 54
    8 Becker, Benjamin GER 58
    9 Cuevas, Pablo URU 64
    10 Nishikori, Kei JPN 66

    これは2月21日付けのランキング順で並んでます。一方、シード順を決めるのは3月28日付けランキングですから、Indian Wellsまでのポイントで決まります。現在のランキング表から推定すると2勝で59位相当、3勝で56位相当、4勝で48位相当・・・ なんだ、これじゃMadridやRomeに本戦DAされる目安とあんまり変わんないやw 上の選手たちもIWでの成績で順位が変わってきますし、欠場したり、逆にWCで上位選手が入って来たりする可能性があって、現時点ではまだ不確定要素多し。ただ、5月のMastersとは関係なく、Houstonでシード権を得られればより多くのポイントを獲得する確率が高くなる事は間違いありません。IWが始まったらそういうことも頭の片隅に置いておけば楽しいかな〜と。

    やはりケイメヒコさんが以前から仰っていた通り、このIWは鍵となる大会のようです。IWで3勝、4勝としてくれれば、4月、5月以降の参戦プランがとってもバラ色になるということですね〜。逆に初戦負けとか1勝とかで終われば、4月以降も地道に一歩一歩ジリジリと・・・というカンジでしょうか。このIWは超重要だ!

      引用  返信

  • Indian WellsはBerlocq、GonzalezのOUTが発表されましたので、DAしました。

      引用  返信

  • 情報ありがとうございます。
    DAできてよかったです。10ポイント獲得ですね。

      引用  返信

  • 2Rさん、ひろQさん分かりやすい説明ありがとうございました。
    DAはダイレクト何とかかなぁと思ってたのですがスッキリしました。
    SEは知りませんでした。
    ちょっと恥ずかしかったのですがお聞きして良かったです。
    ありがとうございました!!

      引用  返信

  • コリコリさん
    私もチェックしてました!
    1Rから…ではなく、2Rから放送なんですよね!
    何とかGAORAで生錦織を見たいなぁ。

    まずはドローですね~ドキドキ。

      引用  返信

  •  デ杯フィリピン戦、3-1で勝利しましたね。

     錦織を欠いているとはいえ戦力的には楽勝のはずでしたが、アウ
    ェーでもあり、内容的には緊迫していたようです。

     監督を兼ねるエースのマミット(34才、現738位/キャリアハイ72位)が
    獅子奮迅(連日出場)の活躍で、ダブルスでは勝利、シングルスでも
    伊藤をファイナル7-7にまで追い込みました。

     初日のシングルスでもし伊藤が負けていれば、危なかったかも
    知れません。特殊なサーフェース選択等の戦略面も含め、本気で
    日本に勝つべく周到な準備を行ったフィリピンチームの健闘を讃え
    たいと思います。

     さあ、次の相手はイストミン擁するウズベキスタンで、全英直後
    の7/4の週に日本で開催されることが決まっています。(また大阪
    でしょうか?)
     マスコミ等によりウズベキスタン戦には錦織が召喚されることが
    報道されていますが、本気で勝ちにいくためには当然といえるで
    しょう。

     この場合、錦織召喚の価値は、錦織がイストミンに勝つことに
    よってのみ発揮されます。この時点ではまだ国としての勝敗は決
    まっていない可能性が高く、No.1同士の熱い一戦となるはずです。恐らくは、WOWOWもしくはGAORAが生中継してくれることでしょう。

     ところで、モンテカルロのエントリーリスト、どうなっちゃって
    いるんでしょうか?

      引用  返信

  • モンテカルロはMTFの会話を見ると毎年遅いようです。早くて今週、来週まで待つ必要がありそうです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください