錦織圭、危なげなくベスト4進出(2010サラソタCH)

いやー、順調そのものです。

2010 Sarasota Challenger
Quarterfinals
Kei Nishikori def. Bruno Rodriguez, 6-1, 6-2

今大会、ドローには比較的恵まれています。準々決勝でしたがラッキールーザーで409位の選手。1回戦は17歳のワイルドカード選手でランキングなし。

しかしスコアも良く、全試合、きっちり「シバいて」いますので、調子も良いままここまで来ていると思います。

大会前に「まずは自分の体との戦い」と本人が語ったように、体力やケガとの戦いもあったわけですが、ここまで大きく体力を使うこともなく、また肘など体のどこかがおかしいということもなく準決勝まで来ました。

好循環です。

ドローについては、錦織の場合これまでは逆にタフドローになることも多かったわけですし、長くやっていればいい試合をしているのにポイントが取れないときもあれば、今回のように危なげなくポイントを重ねられるときもあります。

まさに「いつでもどこでもラッキーは来ると思え」の精神で、ラッキーが来たときにそれを生かせる準備をしているかどうかが重要です。そして錦織はそれをリハビリの1年間、欠かさず行ってきました。その成果が今、出つつあるのです。

チャレンジャーに出ている限り、大きくポイントを稼ぐことはできません。いずれはもっと強い選手を倒さなければならなくなります。そのときこそが本当の勝負ですが、この8連勝はその助走としては申し分ありません。ここまで戻してきた錦織圭とスタッフの努力に敬意を表します。

スコア推移

AM3時以降試合開始の予定でしたが、前の試合がファイナルセットまでもつれたので試合開始がAM4:25になりました。

私は起きれなくなると思い仮眠をせずに臨みましたがこれが失敗。半分眠りながらの観戦となり、スコアは他の方にお任せとなってしまいました。

試合時間は1時間3分くらいと、本日も「錦織超特急」。スコアの推移を見ても圧勝だったことが分かります。

Set1
G1圭×○○○○ 圭1-0
G2ロ○××○○×○○ 圭2-0
G3圭○○○○ 圭3-0
G4ロ○××○×○○○  圭4-0
G5圭××○○×○○×○ 圭5-0
G6ロ○○×○××× 圭5-1
G7圭○○×○○ 圭6-1

Set2
G1ロ×○××× 圭0-1
G2圭×○×○○○ 圭1-1
G3ロ○○○○ 圭2-1
G4圭××○○○○ 圭3-1
G5ロ○○○×○ 圭4-1
G6圭○×○○×××○○○ 圭5-1
G7ロ×○×○○××× 圭5-2
G8圭○○○○ 圭6-2

(協力:くーさん、BAKOさん、ケイメヒコさん、で合ってます?)

準決勝情報は後ほど追記しますが、情報お持ちの方はコメント欄にお願いします。

9 件のコメント

  • や~もう気になって仕事に行く前に見に来ました
    期待した通り、早くも試合結果の更新有難うございます~
    圭くんの快進撃続いてますね!
    とっても嬉しいです
    今日もルンルン気分で1日居られます~(*^_^*)

    ああ~早く、テレビで試合の放送されるのを見たいです
    1年の努力の成果、随分成長した姿を見たいよ~!

    寝不足は解消しといて下さいね!
    続きも楽しみにしていますから・・・(^_-)-☆

      引用  返信

  • おお、快勝。
    彼にとって、このくらいの相手は敵でないのですね。
    やはり早く上のツアーに行って欲しいですね。
    俺は仮眠して、起きたら7時半でした…むしろ寝坊…
    このブログのおかげで、ポイントの経過がわかります。
    いつもありがとうございます。

      引用  返信

  • 準決勝の相手はサバンナの決勝で圧倒したRyan Sweetingです。このブログのファンの人たち、応援フードでカロリー取り過ぎにならないようにしましょうね(笑)。
    そろそろOOPが出る頃ですが、恐らくメインイベントで最後の試合だと思います。サバンナの準決勝をレポートしてくれたれいこさんがまた観戦予定ですので、レポートが読めるかも知れませんね。

      引用  返信

  • 準決勝のOOP、やっと出ました。予想通りの最終試合、現地時間で6時半以降に開始です。日本は朝の7時半。http://www.sarasotaopen.org/contentfiles/OP-11.pdf

      引用  返信

  • OOPようやく出た、と思ったらあもくさんから報告済みでした。
    予想通りちょうど通勤時間帯ですね。

    公式サイトも更新されています。
    タイトルは「1R、2R、3R」これも予想通り?

      引用  返信

  • 今日も超特急ですね。仕事場でスコアボードちらちら見てました。第二セットの第五ゲームあたりでブレイクポイント握られながらもとりきったとき頼もしさを感じました。これで大分体力温存できましたね。準決勝は、またSweetingか、このあいだのSweetsは胃にもたれたからもう少しましなものにしよう。

      引用  返信

  • あもくさんも もうすでに ここの常連さんに なっていますよ!^^;

    鼻血団長の 
    >チャレンジャーに出ている限り、大きくポイントを稼ぐことはできません。いずれはもっと強い選手を倒さなければならなくなります。そのときこそが本当の勝負ですが、この8連勝はその助走としては申し分ありません。ここまで戻してきた錦織圭とスタッフの努力に敬意を表します。

    正に その通り
    チャレンジャーは チャレンジャーでしか あり得ません。

    本戦の活躍を 早く直に見たいものです。

      引用  返信

  • BFさん、情報ありがとうございます。
    痙攣は圭君もよくやってましたよね。水分補給を十分して戦ってほしいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。