ドド錦織、2回戦も危なげなく勝利!(2011バルセロナ)

錦織土土が本日も快勝、ATP500バルセロナ大会で3回戦進出を決めました。

2011 Barcelona ATP 500
2nd Round
Kei Nishikori def. Rui MacHado, 6-1,6-4

わずか1時間19分での勝利。2ndセットは競った展開になりましたがきっちりと欲しいところで1ブレイクし、ストレート勝利です。

これで45ポイントが確定し、悲願の45位に向けて大きく前進しました。

3回戦はフェリシアノ・ロペスとギレルモ・ガルシアロペスのWロペス対決を制した方と対戦します。

それにしても今年に入って錦織の戦いは安定しています。

全豪で3回戦、ヒューストン準優勝、デルレイビーチ準決勝、チェンナイベスト8に今回の3回戦進出とコンスタントに成績を残しています。

それが48位というランキングに反映されています。

錦織のポテンシャルから言えばもっともっと上が狙えることは狙えるのですが、私はこの48位という数字を見て目がくらみます。

高所恐怖症になるくらい高いランキングです。こんな位置に平然といて、まだ上が狙えるとは。

しかもクレーコートでストロークで勝てる日本人選手が出てくるとは。

いろんな意味で感慨深いものがあります。

15 件のコメント

  • 勝ちましたか!

    すごいですね

    次の相手はスーパー半々男フェリロペですか(←自分にしかわからないネタですね)

      引用  返信

  • 団長、お疲れなのに2回戦突破の記事うPありがとうございます!!( ̄0 ̄)/
    昔の男子テニスを知る1人として、まったく同感です(-_-;)
    でも、圭に引っ張られて追い風が吹いて来てますね〜♪
    100位以内に2人だなんて、うれしすぎです!(^○^)v
    ところで、圭の今年の着地点はどのあたりになるんでしょうねぇ
    30位突破?それとも一気に20位突破?
    あ〜、ロマンチックがとまりませんわーO(≧∇≦)O !!キャー

      引用  返信

  • 木曜日のOOPが出ました。
    1番コート、一転して「最終試合」、つまり日本時間18:00スタートから5試合目です。
    読めん・・・・○| ̄|_
    まあ、木曜の深夜から金曜の未明へかけてというのは間違いないでしょう。

      引用  返信

  • >圭 大好き!さん
    僕個人としては来年の全豪にシード選手として出て来れるのが願いです。つまりTOP30。このクレーシーズンをうまく乗り切れば、今は土土(ドド)と呼ばれてるくせに芝やハードだとさらに生き生きとする我らが錦織は絶対やってくれると信じてます!

    おっと、SoderlingがDodigに負けた〜〜〜〜! 錦織が次のフェリロペに勝てばQFはDodigかRaonicか!?

      引用  返信

  • >団長
    >錦織のポテンシャルから言えばもっともっと上が狙えることは狙えるのですが、私はこの48位という数字を見て目がくらみます。

    しかもまだ21歳4ヶ月だし。普通の日本人選手ならまだ大学生ですよ。そのうち、「まあ、(今年5月に失効する)160点程度なら1大会で穫っちゃうけどね」と軽く言えちゃうくらいの選手になってくれるでしょう! これでもしサービスが修造レベルになれば間違いなく「日本テニス史上最高最強の選手」と呼ばれるようになるでしょうね。その誕生までの一歩一歩をこんなに濃密に堪能している我々はなんと幸せなことか。

      引用  返信

  • 2011 Barcelona Open BancSabadell (ATP500)
        [Surface:Clay Draw Size:S-56]

    3rd Round

    ●対戦相手:Lopez, Feliciano (ESP) 42位 29才
    ・テニス界指折りの二枚目選手
    ・キャリアハイ20位(31.01.2005)
    ・左利き、バックは片手、サービスエース多し
    ・スペイン人には珍しい明らかなネットプレーヤー
    ・速いコートの方が適性高いが、クレーも全く苦にはしない

    ●対戦成績:過去の対戦なし

    ●試合日時
     現地時間:4月21日(木)AM11:00開始の第5試合
    (日本時間:4月21日(木)PM 6:00開始の第5試合)
     ※日本では夜12:00スタンバイで大丈夫でしょう。

    ●天候予報:曇時々雨

    ●観戦手段
     ATPの公式ライスコ(ライストは多分なし)

    ●勝算:5分?
     ※あのテニスでGarcia-Lopezにクレーで逆転勝ちは凄い。
      ただ、圭からみればGarcia-Lopezよりもやり易いかも?
      (圭よ、全てを出し切って勝利をもぎ取ってくれ!)

      引用  返信

  •  Lopez戦勝った場合の次の相手は、DodigかRaonicに決まった
    ようですね。
     
     Dodig勝つかも?

      引用  返信

  • あ! コートが変更になった! さすがにフェリロペはスペイン人だからセンターコートに移されたか。Soderlingが勝ち上がってたらそのままSoderling vs Raonicというゴールデンカードがセンターコートで行われたんだろうけど。

    というわけで、木曜日の3回戦はセンターコートの最終第5試合です。なのでライストあるかも。期待しましょう!
    http://www.atpworldtour.com/posting/2011/425/op.pdf

      引用  返信

  • 2試合目が1時半(現地)以降だから8時半(日本)から始まる。
    夜中の何時になるかなぁ?3試合消化時間は幅がありすぎ。ナダル戦は早く終わるかな?
    ライストあるかもしれないから楽しみ。

      引用  返信

  • おはようございますっ(●^o^●)

    1回戦、2回戦ともに帰宅すると終わっていましたが、嬉しい❤勝利なので・・・応援は出来なくてもガマン、ガマン!
    その分今夜はライストあるかも~なんて、しあわせ❤

    ひろQさん、本当に同感です。奇しくも錦織選手の鮮烈なデビューから、怪我を経ての心身ともの葛藤から現在への道のり、そして
    今後の錦織選手の活躍を・・・寄り添って(勝手ながら??)歩いていけるなんて本当っに幸せです。

    世界で活躍する錦織選手なので、いたしかたない事なのでしょうが、海外なんて行けるわけのない私にとっては日本でももう少しプレイして欲しいっ!!

    応援フード・・こんなに活躍して連戦になると巨匠お二人だけだと
           大変ですね!
           仕事でクタクタで手抜き料理の毎日の自分にとって
           尊敬するとともに、ご家族がうらやましい❤

      引用  返信

  • コリコリさん、ひろQさん、
    試合の詳細情報ありがとうございます。

    今コメントを順番に読んでいて、
    「1番コートかぁ…、はぁ…(-。-;)」
    って落胆してたらその後にセンターへの移動というニュースが目に入り、一気に応援ムードが高まりました(^o^)

    しかし第5試合ですか…。
    全てがうまくはいかないものですね(^^;)
    よ~し、コーヒー飲んで頑張るぞ!!

      引用  返信

  • >クレーコートでストロークで勝てる日本人選手が出てくるとは。

    ストロークでスペイン人からエース取りまくる日本人ってこれから
    出てくるの?っていうくらいの天才ですよね。滝汗
    ここのHPを見ているコアなテニスファンの皆様方に今更錦織圭の天才ぶりを言うのがあれですが・・・

    ベスト4まで行って欲しい~

    3回戦からでいいからGAORAで放映して欲しい~

    今晩は日本のテニスの歴史が塗り替えられる日となるんでしょう。
    感慨。。。

      引用  返信

  • 木曜日の現地テレビ制作は第4試合まで、つまりシングルスの第3試合までの予定らしいので、錦織選手の試合はライストないかもです。でも、今日勝てば、GAORAが準々決勝を緊急編成してくれるらしい!なんとしても勝ってもらいましょう。

      引用  返信

  • ライスト予定入っていますよ。
    しっかり応援しましょう!!!

      引用  返信

  •    ↑
     た~しかに!

     世紀の一戦の目撃者になれる悦び♪

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。