元王者にチャンスありながらも痛い敗戦(2011ウィンブルドン1回戦)

2011 The Championship Wimbledon
1st Round
Lleyton Hewitte def. Kei Nishikori, 6-1,7-6,6-7,6-3

第2セット、5−4サーブの40−0から5本のミスで追いつかれたのがとにかく痛かった。40−0からフォアをネット。40−15からダブルファーストで打ったサーブが入らずダブルフォルト。ここまでは(良くはないですが)修正可能でしたが、連続でダブルフォルトでデュースになると、さらに2本のミスを重ねました。

第1セットはミスのないヒューイットに対して毎ゲーム2本以上のミスをする錦織という感じで、これはどうなってしまうんだろうという感じでしたが、第2セットに入って徐々にミスも減っていただけに、このゲームだけは悔やまれます。

第3セットでは、「このままでは終われない」とばかりに覚悟を決めて強いショットを連発し、ブレイク先行されながらも追いついてタイブレークをものにしました。

この時点でヒューイットにもやや疲れが見え、 錦織にチャンスがあるかと思われましたが、どうしてもミスの少なさではヒューイットに負けてしまっていました。1ブレイクを許し、リターンゲームでも粘りましたが、残念な敗退です。

ヒューイットはさすが元No.1、芝で103勝していてこれはフェデラーよりも多い数字だそうです。リターンはミスしてくれないし、ピンチでいいところにサーブは入れてくるしで、試合運びの巧さが目立ちました。フラット系のショットは芝で本当に生きてきます。

そんなヒューイットに効果的なのは、とにかく強い球を深く打つことです。要するに「オーバーパワーすること」です。普通の球では、よっぽどいいコースに行かない限りヒューイットはミスしないだけでなく、逆に厳しいコートに返してきます。そのことに気づいたのか錦織も、中盤以降はフォアハンドは角度よりも深さ重視で強く打っていたと思います。が、すでにスコアが苦しすぎましたね。なかなか思い切った策は取りづらいスコアにすでになってしまっていました。

第4セット、最後のゲームは硬くなったヒューイットの連続ダブルフォルトで0−30となるチャンスがありましたが、ここでドロップショット2本使ってミスなどで取れなかったのは痛かった。強打で良かったと思います。全仏同様、1stセットの入りが悪くてほとんど無抵抗で落としてしまうのも課題だと思います。いきなり最初から全開で行くのもなかなか難しいとは思いますが、「自分がやるべきこと」さえ頭の中で整理できてさえいれば、そんなに酷いことにはならないと思うのですが、どうでしょうか。

私は、錦織にはもっとシンプルにプレーして欲しいと思います。ボレーしたり、ドロップを打ったり、アングルショットで振ったり。いろいろなことをして勝ちたいのはよく分かりますが、強打で通用する技術を持っているのですから、シンプルに厚い当たりで攻撃して、簡単な球をもらえばもっと楽に取れそうな気がしています。その上で、バリエーションとしていろいろなことを仕掛ければ、相手は翻弄されてますます良い結果が得られると思うのです。特に、試合の入りは調子が出るまではシンプルにプレーした方がいいと思います。いろんなことをやってミスが出てしまうと、その後に取れる選択肢が大きく狭まり、結果として自分が苦しくなると思います。

第3セットの競り合いを取ったところは非常に良かったし、ショットの強さはやっぱりすごいので、自信を持って次の試合に臨んで欲しいです。

私は錦織は本当にもっともっと勝てる力を持っていると思うので、ギルバートともしっかり話合って、自分のゲームプランと特典パターンをもっとしっかり確立してほしいと思います。

42 件のコメント

  • 団長、いつもながら世界一早い圭の記事Uぷ、ありがとうございます( ̄0 ̄)/
    掲示板で、ポジティブ♪って誉められたので、調子に乗ってこちらにもカキコさせてもらいます(*^-‘)b

    圭、負けたけどとっても素晴らしい試合でしたね!!
    仕事で遅くなったので、こちらにはお邪魔せずに録画を始めから見てました。
    本当に2ndセットが悔やまれます。
    でも、今日の圭はかっこ良かったなぁ〜(*^ー^)ノ♪
    3rdセットのタイブレを勝ちきった時は、真夜中なのに大声で叫んでしまいました(*^_^*)
    感動して涙が止まらなかったですーO(≧∇≦)O !!
    圭、ものすご〜く強くなったねぇ〜♪( ̄▽ ̄)ノ″
    濃密な時間をありがとう!!( ̄0 ̄)/

    長文失礼しましたm(__)m

      引用  返信

  • 本当にお疲れさまでした。本当におっしゃられる通りだとおもいます。相手はドロップショットより深い強打がいやだったと思うし、打ってほしかった。ポイント追い込まれたら吹っ切れて結構打ててた部分もあったし、頑張ってたと思いますが、圭君にはここというポイントでは繋がないで攻めてほしかった。それがどれほど難しいことかはもちろんわかってるつもりですが、大事に行ってポイント取れるランキングではなくなってると思います。きっと圭君ならできます、出来るようになります。自信をもってうちきって欲しい。信じて待っています。お疲れさまでした。

      引用  返信

  • 記事アップありがとうございます。
    惜しかった試合でした。あの連続DFが悔やまれますね。
    ヒューイットはミス少ないし、ここぞの時は良いサーブ打つし、圭君も見習ってほしいな。
    スタートは酷過ぎましたね。これじゃGSで勝ち進むのは厳しいです。USオープンまでに安定した力をつけてほしいです。

    ダブルス応援しよっと。

      引用  返信

  • 早速の講評拝見しました。見事な分析で私も失礼ながら同じ意見ですね。今の錦織のゲームを見ていると最も相手がいやがる、彼の良さが隠れてしまいその間に相手のペースになっているというケースが多くあるように思います。今日の2セット目のダブルフォールトは課題というより、直さなければここでよく見受ける『このクラスで終わる選手』になりかねません。挽回した3セット目は、ストロークも伸びて深いところに入りヒューイットからセットを奪うことができました。あれだけのショットを持ちながら、逆をつくショットやドロップショットなどどちらかというと、器用貧乏で思わずやってしまっている感じがしてなりません。講評されているようにもっとシンプルに正面から打っても間違いなく通用すると思うので、ゲームプランは一考あるべきと思います。でもヒューイットはやはり元王者ですね。よく戦っているのはわかるのですが、取れる試合やポイントはしっかりと取っていかないと結局気づいたら40-50位なんて言うことは一般的によくあることです。
    以前のブレークやフェレーの試合のように光り輝き見る者をワクワクさせて欲しいです。今日は今日ですが課題ばかり目につく試合でした。まだまだたくさんの試合があるので、頑張って欲しいところです。絶対にトップ10には入れる選手だと信じています。

      引用  返信

  • 深夜~明け方応援のみなさま、本当にお疲れ様でした。
    鼻血さんさっそくの記事ありがとうございます。

    確かにヒューイットは危機感たっぷりで絶対勝ってやるという気迫が伝わってきました。プレーもそれに伴っており、強かったですね。
    それでも私は圭くんが勝てる!!と最後の最後まで思ってました。
    残念です。。。

    でもそれはこれからも揺るぎません!
    必ず爆発するときがくると信じているし、その実力があると思ってます!がんばれ圭ーーー!

      引用  返信

  • 久々にNHKで最後まで観戦してしまいました。(眠い・・・)
    団長始め、皆さんのコメントに共感!

    ただ、ひざを痛めたというのが気になります。
    たいしたことないと良いのですが。

      引用  返信

  • ああああああぁぁぁぁ・・・・・。
    残念でした。
    2セット目のあのシーンが本当に悔やまれる。

    けど、そこから3セット目を取ったのは、よかった。
    あのままずるずるいってしまってもおかしくない感じでしたよね。
    ずっと下向いてた。

    けどそこから立ち直ったのはよかった!!

    プレーの総評は、団長さんやほかの方々、。本当に参考になります。

    ヒューイットの熱血プレー、よかった。さすがでした。勝ちたい気持ちが前面に出てた。何回”かも~~ん!!”を見たことか。

    まとまりのない文章ですが、それでも今日はテレビで見れてよかったです。

      引用  返信

  • 記事アップありがとうございます。
    「負けた」というより「勝てなかった」という印象の試合だったかな、と思います。
    第2セットを取れなかったときは、心が折れそうでしたが、
    最後はゲームセットの瞬間まで「絶対勝てる!」と信じて観戦していました。
    そう思わせてくれた圭くんと、掲示板の皆様方に感謝、感謝です。

    ヒューイットの気迫は素晴らしかったですね。
    圭くんにはあのような気迫は感じられませんが、これは個性なのかな?
    どちらが良いとは言えないのですが、ちょっと気になります。

      引用  返信

  • 実に情けない試合展開だったと思います。 錦織選手には技術面よりももっと精神的なメンターが必要だと思います。 彼は目標をもっと高く世界一を目標にがんばってもらいたいものです。 なぜかヒューイット選手にびびってるような感じでプレーしてます。 出だしの1セット目からダブルフォルトの多さと、エラーの数が多い割には決め球が少ないところをみるとやっぱりウィンブルドンに出るだけですでに浮かれていたのではないかと思います。 試合を見た感じ本当に彼にはいいものがあると思いますが、このままでは壁をぶちやぶれません。 コーチが2人いるのも彼が迷う原因かもしれません。 これはかなりまずいモードに入ってるように見れます。ずばりアガシのようなメンターが必要です。Mr Nice Guyは早く卒業してもらいたいです。

      引用  返信

  • 茜さんの意見と同じで勝てなかった試合でしたね。

    本当に大切な時にダブルフォルトが・・・。
    でも、第三セットはとったところはさすがです。

    もっともっとガッツポーズとか出してもいいと毎回思うんですけど、性格なのかな。
    次、この経験無駄にせずにがんばってほしいです。

    錦織君のシングルスは終わってしまったけど、伊達姉さんとビーナスの今日の試合は楽しみです。

      引用  返信

  • かつて優勝しているヒューイットと同じようになにがあっても動じず、常に胸を張ってアグレッシブにいろというのは酷な話。それにヒューイットは時にintimidatingな態度と言ってもいいような心理的プレッシャーを仕掛けてくる選手だからなんとなく錦織君が弱々しい態度をとってるように余計に思えるもの。確かにもう少し落ち込んだポイントでも表に出さないようなはったりが必要な場面もあるかもしれないけど、個人的には錦織君の率直なplay attitudeは共感させられます。

    もっとシンプルにプレーをというのも疑問です。あれだけ閃きをもった多彩な攻めをできる選手はそうそういないのですから抑制してもらいたくありません。アイデアを好きなように反映させるプレーを錦織君にはしてほしいです。

    どちらかというと勝敗にこだわりきれないのでこうした感想を抱くのかもしれません。錦織君は日本のテニス界を牽引する存在であることも、テニスがメディアでメジャーなものとして扱ってもらえない中、どんなに強い相手との試合でも一回戦敗退では広く日本のみんなに錦織君のすごさを理解してもらえないことも事実かもしれませんが、個人的には負けても目の覚めるような素晴らしいプレーを幾つも見させてもらって大満足です。
    もっと結果を残せる可能性があるのにというのはここに集まられている皆さんの一致したもどかしさだと思います。ですけどもっとポイントbyポイントの素晴らしいプレーを取り上げてみては。
    個人的には本当にレベルの高いショットが幾つも見れてとてもよかったです。

    あとオージーの応援には負けました。もう少し錦織君にも声援をかけてもらいたかったです笑

      引用  返信

  • 僕はもう気持ちを切り替えてますよ!
    夏のアメリカンハードコートは錦織の季節!
    今年も全米でBIGなアップセットを期待します!
    (チリッチはあれ以来GS早期敗退が目立つようになりましたね・・・)

      引用  返信

  • 団長のプレビュー、しかと読みました。

    錦織の試合に多く見受けられるのは、
    素人目に見ても勝てる試合なのに落とす、
    ということ。
    なのでファンは敗戦のあとにもやもやがっくりに
    陥りやすい。

    若いんだからもっと自信過剰くらいになって
    ガンガン行け!ってことでしょうか。

    弱気なファンの気持ちをヤバい程裏切って
    世界中のテニス関係者の目をまんまるくさせちゃって\(◎o◎)/

    待ってるよ。

      引用  返信

  • 結果は残念でしたけど、これが圭君の今の実力ですね。
    ファーストセットの入りが悪いとか、ここぞという時の
    ダブルフォールトとか。
    この試合は圭君なりにベストをつくしたと思います。
    少しずつでいいから、懐の深い、ピンチに強い、チャンスにも強い
    選手になってほしいです。

    圭君てジャックナイフみたいに切れ味があるけど、
    諸刃の剣みたいに失敗すると自分も危ないっていうイメージが
    あります。わたし的には。

      引用  返信

  • reikoさんのコメント、わかります。
    ミスがなければ・・・とか、
    DFがなければ・・とか、ではなく、
    ミスをする、DFをする、のが今の
    圭くんの実力でしょう。
    もちろん、ポテンシャルの高さは承知しています!!
    が、ツアー上位を維持していくには
    コンスタントにそのポテンシャルを表現していく技術が
    必要になるでしょう。
    それには、団長が書かれている、
    <自分のゲームプランと得点パターン>を
    しっかり持ってほしいです。
    その上での、多彩なテニス♪を期待します。

      引用  返信

  •  過っての ブレイク戦、フエレール戦を、思い出して
      あの、生き生きした素晴らしいプレイは・・・・!?
      と思ってしまいました。
      きっと、あの頃は、怖いもの知らずで、
      唯 ただ、上に向かって・・・

      今は、複数のコーチ 複数のスポンサー  多くのファンの期待
      その重圧! きっと、想像を絶する物が、あるんでしょうね。

      そんな中での、メンタルコントロールは  至難の業
      圭も、人の子ですからね。

      それにつけても、トップの、選手達の、凄さ・・・・・
      ありゃ人間か!?  とか思ってしまいますね。

      引用  返信

  • テニス観戦素人の感想で失礼します。

    昨日の試合は第2セットとられて、第3セットもブレイクされたのにタイブレでとれた・・・そのことだけでも感動しています。
    第3セットからは、すばらしいショットの連続のように思えたのですが・・

    ここ何試合かの負けとは一味違う気がしました。

    ただ、ヒューイットはここぞというときにいいサーブを打ってきたり、ミスをしなかったり・・・こういう勝負どころでの戦い方を身につけてくれたらと思います。

    のびしろはある。
    団長やみなさんのお言葉を信じてます。

    ただ応援あるのみ!

      引用  返信

  • 残念せいたが・・・気持ち切り替えて
    「ハードコートは錦織の季節」に期待します!!!

    ところで当方、テニスは歳とった初心者ですが、
    団長さんの「私は錦織は本当にもっともっと勝てる力を持っていると思うので」との言葉を信じていますし、単純な精神論でないと感じています。その上で「自分のゲームプランと得点パターンをもっとしっかり確立してほしい」というのは、他の上位選手はどんなふうに確率するものなのでしょうか?ある一時期に確立するのでしょうか? ランキングの上昇線と同じ調子で高めていくものでしょうか?

    よく子供の成長は - 常にゆっくり成長していて、それはまわりには見えない。親から見える際には、成長は階段状に見えるって言うじゃないですか。あとから振り返って、今回の敗戦が「階段途中の平らなところ」になってくれれば、と願っています。

      引用  返信

  • 皆様コメント有り難うございます。

    あとやくさん

    錦織がゲームプランやパターンを持ってない、あるいは分かっていないと言うことではなく、そういうことは当然イメージとして持っていて、またコーチらとも話合っていることと思います。
    度々インタビューでも、自分のプレイスタイルについて語っていますし、それを「いつでも実行可能な状態」に出来るかどうかという課題との戦いと認識しています。
    どうも強打だけでなくネットプレーやドロップなど色んなことをやって、ゲームを支配して勝つと言うことが理想のようです。ですが相手が強くなってくるとそういった展開に持ち込むことが難しくなってくるので、時には我慢のテニスやディフェンシブなテニスも必要になってくるので、その間でプレイバランスについて葛藤しているという段階と思います。そういった意味で、「プレイスタイルの確立」という言葉を使いました。
    昨年、復活してしばらくゲーム勘がなかなか戻らず悩んでいたとき、「やりたいプレーと、勝つためのプレーの間で揺れ動いている」ようなことをブログ等でコメントしていたこともありました。そのころと比べると、考えはかなり整理されてきていると思います。
    おっしゃるような「子供の成長」のような変化は、常に内部的に生じている者と推測します。例えばキャリア最高の試合と評されるフェレール戦のころと比べて、輝きが無くなったという意見もちらほらと目にしますし、それはそれで一理あるかもしれませんが、全体的な底上げは確実になされていると感じます。特に昨年のUSオープンチリッチ戦に代表されるようなフィジカル面の強化は相当、達成されていると思います。

    課題とされるサーブも、昨日は痛いダブルフォルトがありましたが毎試合、190km/h台、200km/h台が出ていてパワーアップは出来ています。試合すべてのサービスゲームでコンスタントにプレーレベルを保つことが課題と思います。いいキープが続いたけど、魔が差したように1ゲームだけミスが集中してしまう、といった落とし方が目に付きます。
    またサーブは今年、大幅にフォームが変わっています。ラケットの担ぎ方、トスの高さ、打つタイミングなどです。長期的な取り組みであり、完成するのは、普通ならもう少し先になるでしょう。サーブで今一番重要なのは、セカンドサーブの改善だと思います。

    上記、試合運びやその他細かいテクニック等の話は、幸いなことに経験と共に向上が期待できる部分です。全体的にテニス界でも若い選手の活躍が減ってきていますが、みんながオールラウンドにどのショットもこなせるようになってきて、経験とともに上がっていくショットセレクションやスコアメイクの技術が重要性を増している結果と解釈しています。その辺であまり心配はしていません。

    逆に、錦織のフォア強打の球の質の高さは普通の選手に教えてもなかなか教えてもできない部分だと思います。まだミスが多いですが、スピードが出せて、スピンがかけれて、いろいろなコースに打てて自在性があります。でも、いろいろな打点やタイミングで打てるばかりに、必ずしも良い選択をしていなかったり、打点への入りが雑になっているときがあると思います(それでも打てる感覚があるからそれに頼ってしまうことがある)。第3セットのフォアは、我慢と積極性が上手い具合にミックスされていたと思いますので、あの感覚で行って欲しいと思っています。

      引用  返信

  • たびたび拝見して、たまぁにコメントしてます。
    錦織見たさにWOWWOWまで加入して、昨日は夜更かししました!
    やっぱり、リアルタイム観戦はたまりませんね!
    僕の感想はヒューイットって、もっとおっちゃんかと思っていましたが、本当にまだ死んでない選手ですね。返しても返しても、返球がいくら深くても、帰ってくる。なんか勝てる気がしませんでした。錦織も内面のフラストレーションを必死に抑えているように見えました。いつまたラケットをブン投げるか、ってそんな雰囲気を感じたのは僕だけだったでしょうか。僕の非常に勝手な推測だと、「風」と自身の「足」と「オージー軍団」ともちろん、ミスしない相手。根負けですかねぇ。まぁ昨日は調子が悪かったってことで、明日があるさ!

      引用  返信

  • チャンスがあったのに本当にもったいなかったですー!
    2ndセット、普通に6-4で取れたはずなのに、あぁーーくやしーーー
    持っている力を出し切れず勝てなかった試合ほど歯がゆいものはないですね。
    力の差はまったく手も足も出なかったというほど格差があるようには見えなかったし、いつもはもっとしっかり打ってるのになぁ、、、!
    なんだか圭くん自身が自分のこと過小評価してるような気がしませんか?
    結果を意識して先のことまで考え過ぎているような、、。
    プレーそのものというより、ピンチの場面や絶好のチャンスが来た時に、
    自分自身でもう少し気持ちをうまくコントロール出来るようになれば、
    肝心な場面でのもったいないミスもだんだん減ってくると思うんです。
    ずーっとこの状態のままじゃないと。
    いい意味でも悪い意味でも、まだまだこれからですよね。
    今までどおり期待していますよー!
    次はとうとうデ杯。
    圭くんが日本に行きます!
    錦鯉のみなさん、応援よろしくお願いしますよ~!!!

      引用  返信

  • はっ!しまった!
    次はダブルスの試合でした。
    間違えてすいません!

      引用  返信

  • まあ勝つこともあれば負けることもあるということでしょう。
    フェデラーやマレーだって出てきて何年かはけっこう負けが
    混んでたような記憶があります。

    ダブルフォルトの多さについては大会前のコメントが気になります。
    ギルバートコーチにセカンドをもっと強く打つように言われている
    ようなことを言ってましたよね。それを意識しすぎたのかな?

    まあとにもかくにもまだ次があります!

      引用  返信

  • いつも楽しく拝見させて頂いてます!
    初めて投稿させて頂きます。
    今25歳で社会人になってからも、休日はサークルや草トーナメントでプレイしています。

    昨日の試合は観客、コート、相手選手の全てが不利だった印象でした。
    日本人の応援下手は今更だとは思うんですが、それよりも弱点である腰より下の打点の球の処理に尽きると感じました。
    錦織君のフルウェスタンはどうしても低い打点が苦手で、狙っていたのかヒューイットの低いストローク、滑るスライスサーブの処理に終始苦労していた様に観えました。ましてや芝ですので、露骨に現れていたんじゃないかと思いましたねf^_^;)
    正直、ある程度高い打点のフォアが一球でもあったポイントでは、かなりの確率で打ち勝てていました。
    現に、去年のスピンプレーヤーのナダルとの試合では勝ち負けは別として昨日とは比べ物にならないほどイキイキとしたプレイが出来ていたとも思うのです。
    今後恐らく現在数少ないフラット系プレーヤーにどう対処していくのか、もしくはバッサリ切り捨てて大多数のスピンをよく使う選手のみを相手にしていくのかも、個人的な感想ですが錦織君のこれからのキャリアにとって大きなポイントになるのかなと勝手ながら思っています。

    メンタル面では酷評されることもありますが、あれだけ自分のテニスをされてもらえないゲームでよく我慢していたと思います。
    二セット目で自分のテニスで初めてポイントをとった時はガッツポーズをとってましたしね!
    僕らはどうしても錦織君寄りで観る為にどうしても悪いところが見える事は仕方ないのかな?(>_<)
    ミクシィで、気迫を前面に出して欲しいとコメントがたくさんあったんですが、最初に錦織君が出てきた時はどんなショットを決めても取られても常に冷静で日本人離れしたメンタルの持ち主、との評価とも矛盾しちゃいます。ましてやヒューイットとの対比ではどうしようもありません。

    ですが、一ゲームに二回審判のコールを待たずにラリーを止めてしまったり、立て続けにミスを繰り返すのはプロとして未熟以外の何者でもありませんので、ぜひ改善してもらいたい所です。
    あと回り込みフォアの復活にも期待したいですね!最近少ない気が….(~_~;)

    今後も応援して行きたいです!長文失礼しましたm(_ _)m

      引用  返信

  • 圭君も皆さんもお疲れさまでした。圭君残念でした。悔しかったですね。久々に徹夜してぼーっとしているところにラジオで圭君の敗退を伝えるニュースが流れ、改めてグッと悔しくなって涙がでました・・圭君は眠れているだろうか。

    こんな時に私事で失礼しますが、私には圭君と同じ年の、圭君に(性格が!)よく似ている息子がいます。感情の起伏はすごくあるはずなのにそれがあまり表に出ないとか、いつもは穏やかでおとなしい感じですが、実はすごーく頑固とか。気合いとか根性とかは肌に合わないのも今の子風です。私は修造さんと同じで「エースをねらえ!」がバイブルでしたので、息子の名前はもちろん・・・ですが随分肩すかしをくらっています。

    圭君を応援しているのにはたくさん理由がありますが、一つは圭君の話をすることで息子に伝えられる事があるからです。息子はテニスには興味がなく圭君は、同世代で漫画と音楽の好みが同じの頑張ってる奴という感じです。

    昨日の試合の事もさっそく息子に話しました。ワンステップ上がるためにもがいているようだよって。(アンタを見ているようだったよ、とイイタカッタ)息子への思いを、圭君への思いと重ねて伝えます。

    言葉では絶対伝わらないことがいっぱいあります。こうすればと百回言っても本人がそうだと本当に思わないとダメです。
    三人息子を育ててきましたが、二十歳前後からが結構精神的に大変でした。それまでは繊細さより無邪気さが勝るのですが、だんだん繊細さが強くなりそれが太くなっていくのにはとても時間と経験が要るんですね。

    あこがれのウィンブルドン、元王者ヒューイット。圭君もワクワクしたでしょう。(私も!)もしかしたら勝てると思いながらヒューイットを目の前にした時は緊張したでしょうね。

    あのダブルフォルトの時、昨年楽天オープンのトロイツキちゃんのナダル戦を思い出しました。99%勝ってるのに後の1%の(ナダルに勝てると意識してしまったことの)重さ!でもトロイツキちゃんはあれからすごーく強くなりました。

    ヒューイットはホントにすばらしかった!岡ひろみにすべてを見せてくれたお蝶夫人のよう!(お好きでない方、知らない方ごめんなさい。)圭君にとっていい経験でした。学び方も人それぞれですが
    圭君は何を学んでくれたでしょうか。

    ヒューイットでさえあのダブルフォルト。でも彼はそこを乗り越えて自分に勝ちを引き寄せました。圭君とのその違いの中にどれだけの勝ち負けがあったか想像すると気が遠くなりそう。

    ヒューイットや伊達さんを見ていると経験値の重さを感じます。それと同時に圭君の可能性の大きさに静かに感動しています。

    次はダブルス!そして頑張って兵庫に行くぞ!
    私的な長文失礼いたしました。
    団長様いつもありがとうございます。

      引用  返信

  • まさしさんのコメントを読み、書き込む勇気が出ましたが、
    昨日の試合、私の場合は、錦織のメンタルの強さを再確認でき、
    すごくよかったと思っていました。
    2ndサーブも結構いいという印象です。いいので、ダブって
    しまう。
    これからどうなっていくのかますます楽しみです。

    個人的には、錦織の次に好きなドルゴポロフも1回戦で負けてしまい、さびいし感じです。ドルゴポロフ君はイーストボーンでも1回戦負けしていて、芝苦手がはっきりしています。が、これから二人ののびのびできる季節が始まります。もちろん芝もそのうち攻略してほしいです。

    ガッツポーズとかのリアクション、フェデラーはエネルギーの
    無駄だからあまりやらないようにしていると聞いたことがありますが、錦織もヒューイットなみにやるのは似合わないかなーと
    思います・・・。

      引用  返信

  • 書きたいことは大体みなさん書かれてるので。前向きなコメントを書いてみましょう。
    まず、去年の芝シーズンは0ptだったけど、今年は100ptゲットできた。
    WCだと負けても0でしたからね~
    あえて書きませんでしたがやはり初戦でヒューイットはきついだろうなあと思ってましたw去年のハレでも決勝でフェデラーに勝ってましたしやはり芝のプレーを熟知してましたね。
    本人は芝は好きになってきたとは言ってますがイコール得意というところまではまだ達してないかなと思います。
    ですがこれから錦織得意のハードコートシーズンが帰ってきます。更なる成長、そしてプロジェクト45達成の目標に向け期待しましょう。なあに、ウィンブルドンは来年はシードがついて、必ずや初勝利をあげますよ

      引用  返信

  • 団長さん 細やかな解説ありがとうございます。
    私のレベルの低いテニス脳でも、
    だいたい理解できた気がします・・・
    そして、あらためて皆さんのコメントを読んでたら、
    前向きな気持ちにってきました。
    これからも、応援してくぞー!

      引用  返信

  • jijiさん同様、感動で胸がいっぱいです。

    錦織も応援してましたね。きっといろいろな事をこの試合を見て学んだに違いありません。次は俺も!って思ってますよね。

    ずっと応援します。

      引用  返信

  • Jijiさん、私も、深く感動しました。錦織くんも、添田くんも、応援にきてましたね。しっかりと、学びとってくれたのでは、と思います。
    自分のテニスをやりぬいて、1ポイント1ポイント積み重ねること。それができる技術と精神力。また、もし、ビーナスにあのサーブがなければ、簡単に伊達さんが、勝っていたと思うんです。サーブって、すごい武器でお得なアイテムです(ちょっと表現が変ですが)
    錦織くんや、添田くんたちが、何を感じ取ってくれたか、自分のテニスのプラスにできたと思います。

      引用  返信

  • Geoさんの仰る通り、BEST18に必ず加算されるウィンブルドンと、それにEastbourneを加えた2大会で100点穫れたんだから、とりあえず及第点だと思います。今年はね。来年は芝で200点以上を期待しましょう!

    で、その錦織得意の北米ハードコートシーズンですが、

    7/18 250 Atlanta
    7/25 250 Los Angeles
    8/1 500 Washington
    8/8 MS Montreal
    8/15 MS Cincinnati
    8/22 250 Winston Salem(またはお休み?)
    8/29 GS US Open

    と6週連続(または5週連続)で前哨戦を戦った後に全米オープンを迎えることになります。

    これって4〜5月のスケジュールとほとんどおんなじパターンなんですねw

    北米は時差が日本のほぼ真裏だから、日本で観戦する我々も体力勝負です! 夏バテなんてしてらんない!

      引用  返信

  • 伊達さんの試合は、鳥肌ものでしたね。ファーストセットを取った後、あちらの解説者が、ウィンブルドンを38年みてきたが、これまで見た女子のセットで一番面白かった、どの世代をも触発するものがあるといっていました。
    圭くんは、伊達さん系で、多彩な技術とセンスをもっているから、経験を積んでいけばどんどんよくなりそうで今後がとても楽しみです。

      引用  返信

  • 伊達さん、素晴らしい過ぎです!
    試合後のコメントでグラフとの準決勝の時に屋根がついていたらと思ったりしましたって言ってました。
    あの時もすごかったけど、今の方がさらい凄いかも!!

    錦織君にもいい刺激になったことでしょうね。

      引用  返信

  • chachaさん、本当にダテックすごかったですねぇ!o(^o^)o
    かって4位だったという過去の栄光にしがみつくことなく、自身最大の武器ライジングを現代テニスに対応できるまで進化させて、もう、ただただ素敵ですO(≧∇≦)O !!
    昔も大ファンだったけど、今は同じ女性として尊敬しています!!
    ぜひ、圭とダブルスを組んで欲しいです。そして、いっぱい圭に影響を与えてください!( ̄0 ̄)/

      引用  返信

  • ひろQさん

    このスケジュール見てわくわくしています。

    こんなに毎週毎週応援できるかと思うとほんとにうれしくなります。

    時差的にはヨーロッパシリーズのほうが楽だけど、
    もう体が寝不足に慣れてしまったので大丈夫。

    この調子でいくと、一年なんてあっという間ですね~~

      引用  返信

  • そういえば、ヒューイット戦前のWOWOWの解説で最近の別の試合(どの試合かは不明)では207キロのサーブが出たと言ってましたし。いつのまにかサーブが随分パワーアップしているんですね。

      引用  返信

  • ども。いやいやヒューイット戦残念でしたね。。
    でも皆さんは映像を見れただけうらやましい。自分のいるところでは放送無しでして仕事中でライストも見れず、ライスコだけ追ってました。なので錦織選手の映像を全くみれず彼のウィンブルドンが終わってしまいましたよ。。(涙)
    でも皆さんの試合解説、感想のおかげでスコアだけでは分からなかった部分が伝わってきて、ちょっと見たような気になれました。どうもありがとうございます。
    そして同じく伊達さんの試合には感動しました。ほんと脱帽ですわ。マジ尊敬。。

      引用  返信

  • ぜひとも、次の応援フードは
    デビルマンでお願いしたいなぁ~。

    (応援フードも新たな時代
     リクエスト受付というゾーンに突入~♪)

      引用  返信

  • あぁ、ダメだった。
    だってパートナーだったんだものねww
    ごめんなさい~~。

      引用  返信

  • はじめまして。今頃ノコノコ。

    ある段階から、錦織選手に過度の期待は抱かないようにしてます。
    そうしないと内容や結果とのギャップに苦しむので。
    そういった点で、今回も想定の内容・結果であり残念さもさほど感じていません。

    錦織選手に決定的に欠けているもの。
    それは、何が何でも勝とうとする勝負への執着心、試合における能力の発揮力、そして機を見て敏なる展開把握力です。
    伊達選手の試合と比べれば、明らかなことです。

    2ndセットの5-4からのサービスゲーム、ありえないですね。むざむざ自分に来ている流れをミスで手放すなんて。あんなことやってるのに勝ちを期待するのが酷ってもんです。

    苦しいときには何とか耐える、そして流れを掴んだら絶対放さないナダルやジョコビッチのような魂の籠もったプレイをいつか見せてほしいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。