久しぶりの錦織劇場&超特急おいしいです(2011クアラルンプール1回戦)

すでに2回戦直前となってしまいましたが、1回戦の観戦記を書かせていただきます。

2011 Kuala Lumpur ATP 250
1st Round
Kei Nishikori def. Teymuraz Gabashvili, 3-6,6-4,6-1

1stセットの3-3から見ましたが、元気がない感じでミスを連発し、3-6でこのセットを落としました。
球が深く入らず、何より攻め球でミスが出てしまうのでダメージ2倍です。
(本来取れるはずのポイントを落とすことになるので。)

2ndセットも早々にブレイクされて1-3とピンチ。今日はこのまま調子が上がらず行ってしまうのか・・・?と思われましたが、そこから少しずつ良くなっていきました。

派手なプレイと言うよりはまずはサーブとストロークの安定を目指し、徐々にリズムをつかんでいった感じです。
ガバシュビリが2ndセット序盤までの素晴らしいプレーを維持できず、ミスが増えていったことも幸いしました。

ファイナルセットは余裕の展開で力が抜けたプレーが出来ていました。ハラハラしましたが、「劇場&超特急」を堪能することができました。

あの劣勢から流れを引き寄せていったあたりはさすが「挽回の錦織」でした。
しかし上位ランカーに対しては今回のような逆転はなかなか許してもらえません。

どちらかというと、「後半良くなった」というより「前半悪かった」と思えるような内容だったので、試合の序盤からしっかりとギアを上げていく術をもっと身につけていく必要があると感じました。

前半の内容はともかく、この1勝は非常に大きな意味を持ちます。

昨年のアジアシリーズは最悪な出来でした。
USオープン2回戦で酷暑の中、チリッチに対して5時間を超える接戦を勝利し、その影響で3回戦は途中棄権を余儀なくされたものの、いい感触をつかんで臨んだはずのクアラルンプールではバグダティス相手に覇気のないプレーで惨敗。

楽天オープンでもまったくリズムをつかめず、自滅して1回戦負け。

上海マスターズ予選ではベッカーに対してファイナルセットタイブレークの末、敗戦。悔しさのあまりラケットを折るほどでした。

今年はこの1回戦に勝利したことである程度は嫌なイメージを払拭できたと思いますし、何より1回戦を突破するということはどんな大会でもほっとするものです。

1回戦負けということは、基本的には前の大会で優勝していない限り「連敗」を意味しますから、次の大会にも嫌な状態で臨まなければならず、悪循環を引き起こしかねません。それがないだけでも非常に大きい勝利です。

東京では毎年大きなプレッシャーがかかってやりにくいと思いますが、ドロー数が減ったこと、今大会で1回勝ったこと、サーフェスが塗り替えられたこと、去年ほどランキングに対するプレッシャーがないことなど条件的には追い風が吹いていると思います。

また出場も4回目になり、地元開催のプレッシャーや周囲の騒がしさに対しても少しずつ慣れてくるころだと思います。
(デ杯でも有明でプレーしたばかりですし)

さらに気を良くして帰国してもらためにも、今日の2回戦(vs Petzschner)にもぜひ勝って欲しいですね!

5 件のコメント

  • 本日のペッシュナー戦勝ってほしいですね。
    ペッシュVSユーズーニー戦を2010年のWimby大会で見ましたが、
    粘ってユーズニーに逆転勝利しましたから。。ちと怖い。。
    しかし、試合は始まってみないと分かりませんので、1回戦より
    ドキドキですね~

    有明は今年、デ杯で最後の1勝を錦織が決めて、良いイメージに変わったでしょう。去年はトロイツキに惨敗、その前年は怪我で出場できずでしたから、今年は良いイメージで臨めると思います。
    明日にはJapan Openのドローが発表になるんですよね~
    ドキドキ、わくわく~~~(((*o*))))

      引用  返信

  • 団長さん、一回戦レビュー有難う御座いました。コメント一番乗り?

    自分もこの勝利は、大きな意味があると思います。「劇場&超特急」という展開もよかった。

    アジアラウンド(ある意味自分のホーム)で思ったような成績を残せないのは、実質的な意味以上に重荷になるでしょう。

    去年のバグだディス戦は、見ていてかなり辛いものがありました。確か風邪をひいていて熱が出ていたのですよね。

    次は、ペッシュナーですか。後1時間後ですね。彼は、いい選手ですけどメンタル面がもろいような気がしています。途中でキレて投げてしまった試合を何度か見ました。そういう展開に錦織君が持ち込めるかどうか…

    いずれにしても、初対戦っていつも以上にテンション上がります。応援ドリンク、ペップシー(だめ?)がぶ飲みで応援しやす!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。