調子は悪そう。でも勝った!(2011メンフィス予選1R)

2011 Memphis
Qualifying 1st Round
Kei Nishikori def. Alex Bogomolov Jr., 2-6,6-4,6-3

言いたいことは山ほどあるw だが、ここは何も言うまい。

調子が悪くても勝てばもう1回コートに立てる。チャンスが広がる。

2ndセットまで、1stサーブでのポイント獲得率が50%台、2ndサーブで35%前後。

そんな苦しいサービスゲームを強いられ、15ポイントのポイントのブレイクポイントを握られ(2ndセットまで)、連続ダブルフォルトでゲームを落とし、リードしては追いつかれ・・・

そんな試合でも勝った。とにかく勝った。

体調は悪くないと聞いている。おそらくテニスの調子が悪いのだと思う。

でも、サンノゼ1回戦のプレーを見て私は良くなってると思ったし、自信を持てばいいのに、と思う。

錦織は「世界No.1を目指している」とインタビューなどでよく答えている。しかしその割には全体のトーンはちょっと謙虚すぎるんじゃないかと思うことが多い。

「俺こそがNo.1」くらい傲慢でも良いと思う。

サービスは確かにまだまだトップと比べたら物足りないけど、ストロークは今の段階でも一流だと思う。

自信を持って打ち込んで行けばいいと思う。

12 件のコメント

  • 苦しい試合でした。
    それでも勝ちました。

    私も、強気な発言は大事だと思います。
    自ら口にすることで自分に言い聞かせ、
    本当に強い気持ちを持つことが出来ると思うからです。
    つまり、前向きな自己暗示にかけることが
    メンタル強化につながっていくのではないでしょうか。

    明日は予選2R 
    ガンバレー!

      引用  返信

  • 調子悪くても勝つ。大事です。
    体調が大丈夫ならよかったです。

    次回も調子悪くても勝ってほしいなぁ。

      引用  返信

  • うーん、こないだのR2もそうでしたけど、なんか、自分のテニスを見失ってる感じですね。(ご本人がブログでそうおっしゃってた)
    ちょっと混乱しちゃってるのかな。早く調整できるといいね。

    でも、誰にでもスランプや波はあるもの、これを乗り越えて、もうひとつ上に上ってほしいな、と願っています。

      引用  返信

  •  映像を見ていないので自信はありませんが、私は圭が悪かった
    のではなく、相手が良かったのではないかと思っています。

     好調な100台の選手に最初から気力充分でこられれば、1セット
    はとられるのはしかたがないと思います。(1stセットでの相手の
    サービスポイント率は78%)

     重要なのは最後には自力の差を発揮して逆転勝ちしたことです。
     ここが、先日のスミチェク戦とは決定的に違います。

     私は、今日の勝利でテニスそのものは上向いてきていると思い
    ますが、問題は1回戦で2時間以上も費やしたことによる体力消耗
    です。

     次の相手のハシェクは、WCの選手が相手だったこともあり、僅
    か52分で1回戦に勝利しています。当然、勝つ気満々で向かって
    くることでしょう。

     また、皆でライスコ応援して、圭を勝たせてあげましょう。

      引用  返信

  • Smyczekは第1セット1−1でリタイアしちゃったみたいですね。金曜日にモンフィス戦@サンノゼで、翌日に遠く離れたメンフィスでのラッセル戦はさすがに過酷でしたか。

      引用  返信

  • カリスマコーチについたことで圭君も積極的に変えいきたいと取り組んでいるけどそれがまだ消化不足なのか、なんて思っています。とにかく新しいコーチの前で、どんな形であれ一勝を挙げある種のプレッシャーを乗り越え次の試合もみてもらえることになりよかった。
    ツアーを15試合一緒に回るって、負けたらそのあとは、じゃ次のトーナメントでまた、っていうことなのかしら。

      引用  返信

  • みなさまはじめまして!
    初めて投稿します メロンパンです。
    圭くんファンとしてこのページにたどり着きました!
    これからよろしくお願いします!

    とにかくこのブログ!!おもしろすぎです!!
    相手を食ってやる特集なんて最高です笑

    予選1回戦、勝利良かったですね。
    これからも応援&コメントしていきたいと思います!

    よろしくお願いします^^

      引用  返信

  • 予選1R、まずは勝利できたんですね。
    (体調が悪くて応援できませんでした、くすん)
    みなさま情報ありがとうございます。

    団長さんの記事やみなさまのコメントを拝見していると、
    なんだか胸が苦しくなります。
    圭くんがんばれ、がんばれ。
    いかにテニスがメンタルスポーツか思い知らされます。
    苦しい世界ですね。

      引用  返信

  • BFさん、訂正ありがとうございます! サンノゼを引きずってるのは僕自身でした!w

      引用  返信

  • 昨夜は第1セットを見てそのまま布団に入りました(^^;)
    第1セットの落とし方からして挽回は難しいかなと思っていましたが、朝このサイトで結果を見てビックリ!窓の外の曇り空も快晴に見えました(^o^)
    さっそく掲示板でポイント遂行をチェック。
    結果を知ってから見ても息の詰まる内容ですね。第2セットが終わるまでは圭くんのサービスゲームはほとんどがデュースでキープかあっさりブレイクという苦しい展開だったんですね。第2セット4-4で迎えたサービスゲームでしのいだBPは本当に大きなポイントでしたね。どのゲームを振り返っても「このポイントを落としていたら…」と考えずにはいられません。

    コリコリさん、
    スコア付け本当にお疲れ様です。
    これがあるおかげで見ていない試合がどれだけ楽しめることか。
    そして勝利の瞬間まで応援し続けたみなさん、すばらしいの一言に尽きます。

    今夜2回戦ですね。
    自分自身に勝ってほしい。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。