パリ・マスターズ1000大会観戦記 by 茜さん

今期の錦織圭最終戦となったパリ・マスターズ1000大会。現地で観戦された茜さんより観戦記が届いておりますので掲載させていただきます。

茜さん、ありがとうございました!


鼻血ブログの皆様、いつも大変お世話になっております。茜と申します。

現地時間11月3日夕方から11月9日夜まで、パリに行ってきました。

その際、初めて海外でテニスを観戦してきましたので、ご興味のある方もいらっしゃるかと思い、レポートさせていただきたいと思います。

だいぶ時間も経ってしまい、また残念な1回戦敗退となってしまいしましたが、何かの参考になれば幸いです。

1. 初めに

●  夫婦2人での普通の観光旅行で、夫の仕事のスケジュールで旅行日程を決めました。マスターズ期間中だと気付いたのは、飛行機やホテルなどすべて手配した後です。

● ホテルは、以前にも宿泊したことがあり気に入っていたPULLMAN PARIS BERCYに連泊しました。このプルマンというホテルチェーンは、マスターズパリ大会のスポンサーの1社です。

● このブログには英語をはじめ語学が堪能な方々が多いですが、私たちは2人とも英語、仏語ともにカタコトです(特にヒヤリング)。質問はできても、複雑な?答えが返ってくるとアウトです。しかし、夫は私以上にヒヤリングが壊滅的で、レストランでメインディッシュを食べ「おなかいっぱい、くるしいー」と言っていたのに、お皿を下げに来た女性に「デザート?」ときかれ、自信満々で「イエス!」と即答したのには仰天しました。夫は甘いものが苦手なのに、です。後で確認してみたところ、「終わりか?」と聞かれたと思ったとのこと。いやはや…。

● むかーしテレビでやっていたマッケンローの試合を見て…年齢がばれますねw…最初に好きになったスポーツがテニスでした。最近?ではアガシが好きでした。が、プレー経験はない、全くの素人です。的外れな部分も多々あると思いますが、何卒ご容赦くださいませ。

2. チケットについて

ネットでの事前購入は可能でしたが、11月2日時点では錦織は予選からの出場の可能性が高く、また、そもそも普通に観光だけでも日程がキツかったため、さんざん悩みましたが日本では購入しませんでした。本戦を観戦できるのは、月、火と水の午前のみで、いずれも空席が十分あるようでした。

日程表だけはしっかり印刷し、午前(マチネ)と午後(ソワレ)の入替制であること、座席指定があるのはセンターコートのみであること、等は確認しておきました。

☆☆☆
すみません。前置きが長くなってしまいました。試合当日のことだけが知りたい!という方もいらっしゃると思いますので、書かせていただきます。
☆☆☆

3. 11月8日

錦織戦がNo.1コートの第2試合に入っていることを確認し、当日券を求めてPOPB(Palais Omnisports de Paris-Bercy;ベルシー体育館)へ。

ベルシー体育館は、メトロのベルシー駅下車すぐ。コンクリートの要塞に芝を生やしたような、一風変わった外観です。場所はすぐにわかるのですが、会場の周りはしん…としていて、本当にマスターズをやっているの?と思えるほど静かです。

ひとまず正面入口へ。しかし、いきなり係員が立っておりチケット売り場は見当たりません。あれれ?と思いながら奥をのぞくと、Billetterie(チケット売り場)の文字が。最初に立っている係員は、セキュリティチェックの人でした。まずセキュリティチェックをしてから、いったん建物内に入り、チケット売り場に並びました。セキュリティは結構厳しく、カバンを開けて持ち物のチェックもされました。

チケット売り場で、「当日券は買えるか?」と聞いたところ、「コートに一番近いゾーン以外は大丈夫」とのこと。そもそもNo.1コートが見られればいいので、一番安い席に。「1日通し券?」と聞かれ、つい「ノー、オンリーマチネ」と英語仏語ちゃんぽんの返答をしてしまい焦りましたが、全く問題なく通じました。ホッ。「オンリーマチネ、OK!」で2枚購入。1枚10.5ユーロ×2枚で21ユーロ。安いです(^^)

1試合目の開始時間11時を過ぎていたので、まずセンターコートを目指すことに。

チケット売り場のすぐわきの階段を上ると、そこでチケットの半券をもぎとられ、そこはもうセンターコートへの扉が並んでいる体育館の中です。駅前の静けさとは一変し、火曜日の午前中なのに人が多くプレステ3などのゲームコーナーもありにぎやか。サンドウィッチ等の軽食やペットボトルを売る売店はたくさんあり、なかなか華やかな雰囲気です。

さて、自分の扉を見つけ入ろうとしたのですが…扉ごとに強そうなガードマンがいて、入れてくれません。しかし全ての扉の上にモニターが付いており(しかもハイビジョンでした)試合の様子はきれいな画像で見ることができます。ちょうどベルディヒ対ベルダスコの試合が始まったばかりでした。1ゲームが終わったところで、私たちの前に一人で待っていたフランス人の女の子(小学2年生くらいかな?)が中に入ろうとして再度止められ、「いつになったら入れるのよ?」といった感じでフクれていましたが、一見怖そうなガードマンのお兄さんが、おそらく「3ゲーム終わってコートチェンジになるまでは入れられないんだよ」と優しく説明して、納得したようでした。

さて、いよいよセンターコートへ!

一番安い席でしたが、会場はそれほど広くなく、審判台の真後ろ(どセンター)で、その席のカテゴリー内での最前列でしたので良く見えます。が、普通に背もたれに寄り掛かってしまうと座席前にある転落防止のバーがちょうどコートの真ん中の位置に来てしまい邪魔です。周りはがら空きでしたので1列後方の席に移ったところ、本当によく見えました。

また、これは最初から屋根が閉じている体育館ならではだと思うのですが、天井の真ん中から大きなモニターがぶら下がっていて(アメリカのバスケットの試合等で良くあると思うのですが)、これは上のほうの席に座っている観客にとっては大変見やすく、良かったです。スコアやチャレンジ用のモニターとしてはもちろんのこと、テレビ観戦していると頻繁に出てくるリプレーも流れました。つまり、プレー中(ラリー中と言ったらいいでしょうか?)はスコアがでていて、良いプレーやきわどいプレーなどで「うーん、テレビだったらリプレーでもう一度見られるのに!」というタイミングで、それを流してくれるのです!

かゆいところに手が届く、これがあったらナマ観戦が(私としては)完璧に楽しくなるシステムだと思いました。楽天オープンなどでもぜひ取り入れてほしいと思います。でも、リプレーが見られないほうが緊張感があって良い、というご意見もあるかもしれませんね。

お客さんは3~4分ほどの入りだったと思いますが、コート以外はうす暗く良く見えません。ベルダスコの試合でしたのでスペイン人の応援が多かったように思いました。近くにもスペイン国旗を持った人たちがいました。

センターコートで1セット目を見た後、錦織戦が気になっていたので食べ物を調達してNo.1コートへ移動しました。このコートは、センターコートの廊下(扉が並んでいて売店などがある広い通路です)から階段で下がった場所にありました。おそらく、センターコートの客席の下の部分になるのではないかと思います。そのため、いやに天井が低く、客席も10列ほどしかない、予想以上に狭苦しい感じのする場所でした。

センターコートから下がってくるとNo.1コートへの入り口は一つしかなく、やはりガードマンが扉を封鎖しています。モニターが一台ありましたがセンターコートの試合が流れており、No.1コートの試合経過は全くわかりません。

だいぶ長い時間待たされましたが、フォニーニが1セット先取した時点で中に入れました。

最初は審判台と逆側のサイドで見ていたのですが、とにかくコートが近く、ラリーになるとボールを追うのが大変です。そこで審判台に向かって左側のエンドライン側に場所を移しました。こちらはボール除けのネットが張ってあり、何気に目障りでしたが試合自体は良く見れました。ちなみに前から3列目で、選手が汗を拭いたりボールパーソンからボールをもらったりするのは本当に目の前です。それと、狭いコートでしたがチャレンジシステムがあるのは驚きました。選手入場のアナウンスや選手紹介なども流れました。後で気づいたのですが、センターコート脇の通路で一括してアナウンスしていたようです。おそらくMCの方がモニターを見ながら喋っていたのでしょう。

前の試合はフルセットまでもつれこみましたが、いよいよ錦織-スタコフスキーの登場です。観客は去った人あり、新しく入ってきた人あり。第一試合よりは少し観客が増えたでしょうか。

さて、ここでの印象は、会場が非常に静かだったということです。選手の入退場時やスーパーショット、ウィナーが出たとき等は、もちろん拍手が起こりますが、それ以外はほとんど会話も聞こえず、チャレンジの画面がでてきたときの手拍子も一切ありませんでした。ジョコビッチを倒したニシコリってどんな奴なんだ、見てやろうじゃないか。そんな雰囲気がヒシヒシを伝わり私の胃も痛くなってくるような空気が流れていました。

観客はそれほど多くなく、日本人は最前列でカメラを構えている女性一人、途中で気づきましたが大きな日の丸を持った女性2人組。あとはカップルが1組いたくらいでしょうか。大体は現地のテニスファンだったと思います。

その雰囲気の中、声援を送るのはそれはそれは勇気がいりましたが、せっかく来たのだから精いっぱい応援しようと思い、ピンチのときは何度も何度も「がんばれ!」と声をかけました。デ杯での応援の経験は大きかったです。そのうち他の日本人のお客さんも「がんばってー」と声を出してくれるようになり、うれしかったです。静かな会場でしたが声を出してもジロジロ見られることはなく、応援する分には気にする人はいないようでした。

会場で、近くで見た限りでは、錦織は最後まであきらめず頑張り通したと思います。疲れは相当あったと思いますが…。肩が凝った時や寝違えた時にするように、首をぐるぐると何回か回していたのが気になりました。あとは、やはり足をストレッチしていた場面もありました。

スタコフスキーは最初から余裕たっぷりな雰囲気で、ぜひとも彼の慌てた、イライラした表情を見てみたい!と思ったのですが、結局最後まで見られませんでした。拍手も最後のほうはスタコフスキーへばかり送られましたが、それでも後ろで見ていた男性からは、錦織のショットに「セボン!(いいね!)」とか「グッド」といった声も聞こえました。錦織の最後の頑張りも届かず、悔しい1回戦敗退となりましたが、客席も少しがっかりしたような雰囲気になったような気がしました。ひいき目かもしれませんが…。

錦織が負けてがっかりしていたら、後ろから肩をポンポンたたかれ、男性に「おしかった、残念だったね。でも次はきっといい試合ができるよ」と言ってもらいました(多分。雰囲気ですw)。いきなりでびっくりしてしまい、ろくに返事もできませんでしたが、とてもうれしかったです。

ところでこのコートはやはり天井が低く、第一試合でイラついたフォニーニがポーンと高く打ったボールが天井にあたり、張ってある金網にすっぽりはまったまま落ちてこなかったり(錦織戦もそのままでしたw)錦織が懸命に追いかけてラケットに当てたボールが、コートに落ちる前に天井に当たってしまいアウトになったりしていました。高いロブも上げられなかったと思います。

実際の試合会場はこんな感じです。結局センターコートには戻らず、会場を後にしました。あとはちょっとミーハーな内容になりますので、ご興味のない方は読み飛ばしてください…。

4. ホテルにて

宿泊したホテルが大会のスポンサーだったため、ホテルはマスターズ一色でした。正面玄関のガラス扉の横には、選手7人くらい(ジョコ、フェデ、ナダルなど)のシルエット風ポスターの大きなカッティングシートがはってあり、ホテルのフロントにはHEADの公式ボールとラケット、契約選手の写真ボードなどが飾ってありました。

出場選手の宿泊場所にもなっており、到着した日の夜に夫がマレーを見かけ(この後マレーには会わなかったので、宿泊はしていなかったかもしれません)、朝食のバイキング会場のレストランではたくさんの選手と一緒になりました。ラケットバッグをレストランの入り口にどーんと置いて、朝食後すぐに会場に向かう選手もいました。ホテル前にはオフィシャルの送迎車が常時数台待機しており、ホテルと会場とをピストン輸送していました。

ちなみに見かけた選手は…

ダビデンコ、ユーズニー、ドルゴポロフ(例の恋人と一緒)、バブリンカ、ステパネク(朝から鼻歌を歌ってごきげんでした)、ベルディヒ(超美人の奥さんも)、ベルダスコ、チリッチ、ティプサレビッチ。他にも何人かいましたが名前がわからず…。

それとロビーの一角でデルポトロがシューズメーカーの担当者らしき人と打ち合わせをしていました。が、デルポトロは出場しなかったんですね。あとは近くのレストラン街を物色しているモナコがいたり。

毎朝、思いがけず贅沢な朝食を楽しませていただきました。

もし泊りがけでの観戦を予定していらっしゃる方がいれば、スポンサーになっているホテルに泊まればミーハーに楽しめるかもしれませんw

ちなみにプルマンは他にもパリ市内にホテルがあります。こうして名前をあげてみると錦織を含め英語圏の選手がいません。私の泊まったベルシーのプルマンは、スタッフがあまり英語が得意そうではなかったので、英語圏の選手は他のプルマンに泊まっていたのかもしれません。チームKを最後まで探したのですが(^_^.)会えませんでした。

5. 現地での情報収集

携帯はスマホではなく普通のもの、パソコンも持っていかなかったので、現地での情報取集は大変でした。バーゼルの結果もまったくわからず…。ただ、ホテルがオフィシャル(?)でしたので、ドロー表とOOPがロビーに張り出してあったんです。そこで錦織がSE枠(出発直前のブログ記事にて覚えた言葉ですwww)に入っているのを見て、バーゼルで勝ち進んでいることがわかりました。しかしジョコビッチに勝ったと知ったのは、我慢できず実家に電話をかけてからです。「ジョコビッチに勝って次はフェデラーと決勝よ!!!」と興奮気味の母に教えてもらいました(^_^.)

帰国間際になって、ホテルに無料でインターネットに接続できるPCが3台ある(しかも、日本語も表示はOKでした)ことに気付いたのですが、ちょっと遅かったです。

ホテルにOOPまで張り出してあったのは非常に助かりました。月曜日の夜に、錦織戦が火曜日の第二試合だと確認でき、ダメもとでコンシェルジュに「テニスの試合が見たい、チケットはとれるか?」と聞いたところ、「ここでは無理だけどfnac(フナック)という本屋でとれるから行ってみろ」と教えてもらいました。その日はもう夜遅かったので、火曜日の朝fnacへ。プレイガイドがあり、「今日のテニスのチケットはある?」と聞き調べてもらったのですが、「No,Full」と言われてしまい、いやー火曜日なのに満席はおかしいでしょ、と思いましたが、結局はベルシー体育館で当日券を買うことができました。ひょっとすると当日券は会場でしか買えないシステムだったのかもしれません。

6. 最後に

言葉に全く自信のない私たちでしたが、テニス観戦は問題なく楽しめました。とにかく時間がなく、せっかくのマスターズも中途半端な観戦しかできませんでしたが、良い思い出になると思います。ジョコ、フェデ戦も見ていませんが、GAORAさんが再放送してくれると信じています!

帰国のため空港に向かったところ、マスターズのオフィシャルカーが誰かを送ってきたようでしたので、圭くんだったりしないの?同じ飛行機では?!とミーハー心が騒いだのですが、やはりいませんでした。かわりに(と言ってはなんですが)同じくパリで開かれていた重量挙げの世界選手権に出場していた選手が一緒で、三宅選手が後ろの座席で爆睡していました(^^)
成田に到着して、荷物を受取る時もしつこく圭くんを探しましたが、坂本ヒデさんがおひとりでいらっしゃいました。圭くんは火曜日のうちに発ったのかもしれません。

なんやかやと楽しめたパリ旅行となりました。

すっっっっっかり長文になってしまいました。もし最後まで読んでくださった方がいらっしゃいましたら、ありがとうございました。

29 件のコメント

  • 茜さん
    とっても読み応えのある観戦記、ありがとうございました!
    会場の様子も目に浮かんでくるようです。
    最初から最後までじっくり読ませていただきました。

      引用  返信

  • 茜さん、楽しい観戦記ありがとうございます。
    会場の雰囲気がよく伝わってきました。観察力ありますネ。
    マスターズの会場なのに天井が低いなんてwww
    選手と同じホテルに宿泊なんて羨ましい。
    いろいろ参考になりました。いつか海外で観戦したいなぁ。

      引用  返信

  • 茜さん、とても楽しい観戦記ありがとうございました!
    試合もさることながら豪華な朝食風景が羨ましすぎます。
    ステパネクの鼻歌聞きたい、ドルゴの彼女を間近で見たい・・・。
    それからGAORAの件ですが、年末に「錦織圭一挙放送」という企画があるものの、肝心のバーゼル大会が入っていません。
    http://www.gaora.co.jp/tennis/1359831
    いったいどうしたことでしょう? 権利関係の問題でしょうか?
    何もティプサレビッチ戦を3試合もやらなくても・・・。

      引用  返信

  • とても面白い内容でしたo(^▽^)o
    それにしてもホテルであったメンバー…
    豪華すぎです!
    楽天ではあまり外では合わなかったですよ(ーー;)

      引用  返信

  • 茜さんの観戦記、素晴らしい!!!
    最初から最後まで存分に楽しめましたよ!!!

    「錦鯉による観戦記」、これは良い企画になりますね〜♪ そういえば、コリコリさんの仰ってたように3日後(来週月曜)にはもう来年の開幕戦Brisbane250のエントリーリストが発表されるじゃないですか! 早っ! 2012年はもっともっと観戦記が集まるといいな〜。

      引用  返信

  • 今朝の朝日新聞の二面に錦織選、手強さは本物?という記事が載ってます。

    ランキングについてなど簡単に解りやすく説明してある記事でした。あまり詳しくない方にもわかりやすく書いてありましたよ。

    このようにあつかってくれるのはうれしいですね。

      引用  返信

  • 上のコメントの点の位置がちがってましたねww
    錦織選手、強さは本物? でした・・・。

      引用  返信

  • 読んでくださってありがとうございます!(*^_^*)

    >namicchiroさん
    なんだかダラダラと長くなってしまったのですが(T_T)
    ありがとうございました!

    >えみっちさん
    海外観戦できると良いですね^^
    私も、今度はローランギャロスで観戦してみたいなあ…と妄想が膨らんでいます。

    >しゃくれさん
    ドルゴの恋人の女性は、小柄な方でした!身長は160センチないと思います。
    やはり大変におきれいな方でした♪
    あと、GAORAの再放送なんですが、そうなんですよ!年末の予定にバーゼルが入っていないんですよね。
    で、GAORAさんに直接質問しちゃいました^^
    すぐにお返事をいただけて、1月に再放送の予定だそうです。一安心^^
    「何もティプサレビッチ戦を3試合もやらなくても・・・。」には吹き出してしまいしたヽ(^o^)丿

    >くまさん
    そうなんですかー。東京では、あまり会わなかったんですね。
    大会によって違うんでしょうか。私はラッキーだったのかも…。

    >ひろQさん
    「錦鯉による観戦記」いいですね。世界をまたにかける鼻血ブログならでは!ですね。
    色々な大会を知れば、ジャパンOPがもっと良い大会になるかもしれませんね。

      引用  返信

  • 茜さん
    観戦記ありがとうございます。情景が目に浮かびます。

    「がんばれー」の声、ライブ映像でも、聞こえてましたよ!茜さん達の声だったんですね!
    私も海外の大会で、錦織を全力で応援したくなりました!

      引用  返信

  • 茜さん、観戦記、とても読み応えがあり、楽しく読ませていただきました。私もいつかは、海外での試合を観戦したいなあ。
    私もミーハーなので、ホテルでの出来事は、うらやましい限り。
    素敵な観戦になりましたね。

      引用  返信

  •  茜さん、観戦記ありがとうございます。私はテニスをすることも観戦することも大好きなテニスオヤジです。
     
     茜さんが泊まられたプルマンパリベルシーは、今年5月にフレンチオープンを観戦したときに、私たちも泊まりました。
     
     茜さんと同じく、フレンチ2回戦の錦織君の相手は、宿敵スタコフスキーで、私たちの応援も虚しく16,63,36,67(3)で負けてしまいました。

     泊まったホテル、錦織君の対戦相手も同じで、また「茜」という名前は、私たちの長女の名前と同じで、奇遇ですね。

     私の錦織君の観戦記を6月10日のブログでアップしていますので良かったら覗いて見てください。

    http://blogs.yahoo.co.jp/amakama555/archive/2011/6/10

     いつか錦織君の試合観戦でお会いすることがあるかもしれませんね。

     その時は、一緒に応援しましょう。
     

     

      引用  返信

  • 茜さん、レポありがとうございます。
    読んでて楽しくなりました(^^
    やっぱり生錦織ゲームは格別でしょう・・・

    スポンサーのホテルというのは狙い目なんですねー
    いつか海外で参戦するために参考にさせていただきます(^^

      引用  返信

  • 茜さん、素敵な観戦記ありがとうございますo(^▽^)o 皆さんがおっしゃってるように情景が浮かぶような素晴らしい観戦記ですねー♪( ´▽`) 楽しませていただきました!そして、うらやましいです!!私もいつかは海外の大きな試合を生観戦してみたいです(>_<)ウィンブルドンが夢だなぁ(。-_-。)

      引用  返信

  • 茜さん、リポートありがとうございます♪

    素敵な観戦記で
    私も茜さんと共に行った気になりました。

    バーゼルに行った折には
    是非そのホテルに泊まり、
    特典を堪能したい。

    グランドスラムも華やかでいいですが、
    ATP ツアーの各開催地の特色溢れる
    雰囲気も、味わい深いですよね。

      引用  返信

  • おお、茜さん、マスターズに行かれたんですね。
    観戦記を楽しく読ませていただきました。
    鼻血ブログ代表で応援をしてくださってありがとうございます。
    錦織選手も心強かったでしょうね。

      引用  返信

  • >negative stroke さん
    海外の大会で応援するのは勇気がいりますが、
    逆に言えば確実に選手に声が届いていると思えば、
    応援のし甲斐があるかも?!
    ピンチの時はなんて言えばいいのか、知りたいです…。

    >いそっち さん
    ホテルがスポンサーだと知ってから、もしかして誰かに会えるかも♪
    と思ってはいたのですが、予想以上の豪華メンバーでした!

    >吉之輔 さん
    わっ、なんだか色々とずごい偶然ですね!
    ローランギャロス行かれたんですね。うらやましい~。
    でもスタコフスキーのドヤ顔…く、く、く、悔しかったです!(>_<)
    今後はぜひ勝つところを見たいですね。ご一緒に応援できたら心強いでしょうね!
    ブログ読ませていただきますね♪

    >junchin さん
    ホテルは、あまり期待し過ぎないで利用してみれば、
    ご褒美が待っているかもしれませんよ~^^
    どうせどこかに泊まるなら、スポンサーのホテルに、ぜひ!
    でも、たとえばフェデラーなんかは、スポンサーに関係なく
    超高級ホテルにご宿泊なんでしょうかね。
    もちろん、フェデラーに会えるとはさすがに思っていませんでしたが…。

    >ひまわり さん
    ウィンブルドンも憧れです。
    芝生が青いうちに見たいような、勝ち上がってからの圭くんを見たいような…。
    あ…また妄想が…。

    >マックウィン さん
    バーゼル行かれるんですか。1年間わくわくできますね!
    気になってバーゼル大会のHP見てみたらOfficial Hotelsが載っていました。
    結構多くて、選ぶ楽しみもありそうですね^^

      引用  返信

  • テニス選手たちと朝ごはん、うらやましいです。私だったらダビデンコとかは気づかないかも。すばらしい眼力です。

    吉之輔さんのも、人の不幸であれですが、笑わせていただきありがとうございます。”拙者”ですでに笑いのツボがゆるんでいたもので・・・。

    チケット代ですが、マスターズとローランギャロスでずいぶん違うんですね。茜さんは当日券で直接会場で買えたこともよかったんでしょうか。グランドスラムのセンターコートって目玉が飛び出るほどなんですね。

      引用  返信

  • >みけ さん
    そ、そんな…代表なんて…ポッ…
    観戦しているエンドに圭くんがいるときは、
    あまりに近すぎて応援しにくかったです。
    叫ぶと「うるさいなー」というくらいの至近距離だったので。
    海外で日本語の応援は力になるんでしょうかね?!
    「がんばれ」で良かったのか、知りたいところです。

      引用  返信

  • >ちぇちぇこり さん
    >吉之輔 さん
    本当ですね。グランドスラムってべらぼうに高いですね!!!
    現地に行くだけでも大変なのに(>_<)

    そしてそして、一番肝心なことを書くのを忘れていました!
    管理人さん!!!
    お忙しいのに、時間を割いて私の駄長文を掲載してくださって、
    ありがとうございました。
    このブログに載せていただいたからこそ、皆さんから暖かいコメントをいただくことができました。
    本当にありがとうございます。
    お礼が遅くなってしまって本当に申し訳ありません!!!

      引用  返信

  • 茜さん、ミーハー心も優しく刺激してくれる(?)レポートありがとうございました。世界各国に特派員がいて、ここの応援団凄すぎです。そういえば、楽天オープンのときにも旅行会社のお兄さんたちが「全豪オープンを観に行くツアー」のパンフレット配っていましたね。全豪もどなたか特派員してくださるでしょうか??
    今年大活躍だったGAORAに負けじと、年末WOWOWも錦織の番組組んでくれたようです。http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/080990/index.php?m=01#schedule
    あ、有明のチケット握り締めている、あなたと、あなたと、あなた!20日のレポートもどうぞよろしくお願いしますね!!

      引用  返信

  • 茜さん。
    楽しい観戦記をありがとうございました。やはり生の試合を見た人にしかわからない会場の細かなとことか、試合以外の背景(ホテルだったり・・・)がわかって、とてもうれしいです。

    世界中を転戦してる圭君が、やはり海外で日本語を聞いたらうれしいと思います。きっと圭君本人も茜さんの声が聞こえて、がんばろうと思ったに違いありません。

    オフィシャルホテルに泊まる。いいですね。
    私もいつか選手と同じホテルに泊まりた~い!!

      引用  返信

  • 茜さんの観戦記、とても楽しく拝読いたしました(^^)
    今後、パリのマスターズを観戦に行かれる方には有益な情報が盛りだくさんですね。

    個人的にフォニーニのエピソードがつぼにはまりました。
    イライラしてボールにあたって、そのボールが天井に挟まっちゃうなんて、フォニーニらしい。。。

    スポンサーホテル、いいですね~。
    朝から鼻歌のステパネクって、イメージ通りですね。
    ファンの期待を裏切らない人だわ(^^)

    私も一度海外で観戦してみたくなりましたよ。
    その際はぜ~ったいにスポンサーホテルですね。
    選手に会えるのはモチロン、奥さんや彼女さんを見るのも楽しみ。。。

    今までは、海外観戦ならグランドスラムって思いこんでいましたけど、マスターズもおすすめですね。
    2012年は海外観戦を前向きに検討しよ~っと。

    茜さん、詳しい報告、どうもありがとうございました~!

    >吉之輔さん

    リンク先のブログ、拝読いたしました!
    とても楽しいブログでしたよ。
    読みながら笑わせて頂きました!

    バッグ、無事に出てきてよかったですね。
    普通、海外でバッグを無くしてしまったら出てこないですよね。
    ラッキーでしたね。

    センターコートのチケットですが、大人二人で5万2千円で最上段の席なんですか?
    グランドスラムチケットって、そんなに高いのですか・・・。
    少し驚きました(^^ゞ
    「おかげさまで小さいモンフィス」というくだりがウケました(笑)。

    とにかく、海外でグランドスラム(センターコート)を観戦したかったら、お金が必要ですね。
    頑張って貯金しなきゃ♪

      引用  返信

  • 茜さん、ご主人のデザートのエピソードとかミーハーになって圭君を探してしまったりまるで茜さんになって自分が経験したことみたいな気分がしました。笑
    世界各地から錦鯉さんが伝えてくれるfan目線の報告って専門家のものと一味違った楽しさがありますね、有難うございました。

      引用  返信

  • >ひとみんさん

     フィリップシャトリエ(センターコート)のチケット代の件、残念ながら、大人一人分です。定価はもちろんその10分の1くらいですが、HISの観戦チケット付きツアーでは、そのくらいかかります。

     HISは多分現地のチケット屋から手配するのでしょうが、何倍ものプレミアムが付くようです。

     因みに、2010年に私たちが観戦したウィンブルドンのセンターコートチケット付き観戦ツアーでは、昼食とアフタヌーンティー付きではありましたが、逆算すると多分1日大人一人8〜9万円はしたと思います。

     良かったら、ウィンブルドンの観戦記を2010年7月23日のブログにアップしてありますので、覗いてみて下さい。

    http://blogs.yahoo.co.jp/amakama555/archive/2010/7/23

     もし、会場に入るだけのチケット(グランドチケット)なら、うまくいけば、窓口で定価で買えるかもしれませんが、全仏や全英のセンターコートは、はっきり言って「高い!」です。

     

      引用  返信

  • ご存じかも知れませんが、ドリームテニスライブストリーミングでやっています。
    今からミックスダブルスです。
    無料会員登録すれば見ることができますよ。
    ttp://www.tennisonline.jp/servlet/user_login.UserLiveLoginServlet

      引用  返信

  • 茜さん とても読みやすくて楽しい観戦記、ありがとうございます。
    パリは交通の便もよくて過ごしやすそうですね。一度行ってみたいな。

      引用  返信

  • >Chrisちゃん さん
    WOWOWにも頑張ってもらわなきゃ^^
    我が家はGAORAはケーブルテレビ経由なので画質が悪いんです。
    WOWOWだときれいな映像なのでうれしいです♪

    >Reiko さん
    そうですか(*^_^*) 日本語の声援は励みになったかな。
    だとすれば、勇気を出して声を出して良かったです!

    >ひとみん さん
    もし、今後観戦する方々にとって少しでもお役に立つようでしたら、
    本当にうれしいです!
    私も…天井のボールは、いつ、だれが、どのように始末するのか???
    気になって仕方ありませんでした。
    朝食会場で「パン、パン、パパパン♪」と鼻歌を歌っている
    にぎやかな人がいるなあ~…と思いチラ見したら、
    なんとステパネクでびっくりでした^^

    >chacha さん
    私はプレーをしないので、レポートをすること自体が不安でしたが、
    「fan目線の報告」でも楽しんでいただけて、良かったです^^

    >白ごはん さん
    パリは全体でも東京23区と同じくらいの広さで、メトロ、バス等があり
    移動には苦労しなかったです。
    スリや押し売りのような物騒な面もあるので注意が必要ですが、
    11月は観光シーズンからは外れていましたので、
    怖い思いもせず無事に帰ってこられました。
    街自体も素敵ですので、いらっしゃれると良いですね♪

      引用  返信

  • 茜さん、とっても楽しい観戦記拝読させていただきました。
    ありがとうございます!!
    こんなに詳しくてユーモア満載の文章、私には書けません・・・
    というのも、サイド最前列に日本人女性・・・それ私です(笑)。

    バーゼルからの観戦で、私もスイスでは、「圭君頑張れ~!」と大きい声で応援していたのですが、パリではあまりの近距離なので、最初はカメラ小僧してました。最初に「頑張れ~」とおっしゃった人が茜さんだったんですね。

    ステパネクは、ほんと「いい人」って感じで、奥さんは背の高い笑顔の素敵な方でしたね。ティプは、う~ん。そして彼女はう~ん、ツンツン系だったような(笑)。

    茜さんのすばらしい観戦記、また楽しみにしてます。

      引用  返信

  • >えりりさ さん
    あ!その節はどうも(^^)
    最初はえりりささんの後ろにいましたよ。
    バーゼルにもいらしたんですか。
    勝つところをたくさん見られたんですね。いいなあ~
    はい、最初から最後まで「がんばれー」って大声出してました!
    ホテルもご一緒だったようで、私は気づきませんでしたが
    夫は気づいていたようです♪
    今度は応援もご一緒できたら楽しいでしょうね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。