健闘した!でも私は悔しい!!(2012マイアミ4回戦)

昨年とまったく同じスコア、(4−6,4−6)でナダルに敗れました。
「同じスコアでも昨年とは全然違う(今年の方が良い)」とGAORA解説の丸山薫さんはおしゃっていました。確かに錦織の地力は昨年より格段に上がっています。ナダルも強かった。しかしそれでもまだ私はナダルとの実力差を感じざるを得ませんでした。

2012 Miami Masters 1000
4th Round
Rafael Nadal [2] def. Kei Nishikori [16], 6-4,6-4

ミスをしては勝てない。しかしミスを恐れても勝てない。
ミスをしてもその分決めることができれば勝負になる。しかしそれが難しい。
いいプレーをしてもそれが1試合まるごと続かないと勝てない。

4強に勝つのはこんなに難しいのかと思い知らされた試合でした。

錦織のテニスでよかったことは、序盤の思い切った攻撃と終盤、劣勢のところを意気消沈することなく攻撃的姿勢を再構築してブレイクバックした場面でした。

ミスはもう少し減らしてほしかったところですが、本当の意味での凡ミスはそれほど多くなかった。
(1stセットのセットポイントで出してしまったのはもったいなかったですが。)
それよりも思ったよりストロークでエースが取れなかったという印象を持ちました。
もう少しボールの深さに対する意識が欲しいと思いました。より簡単な球を引き出すためですが、むしろナダルの方がそれを行っていました。
錦織としてはもうすこしネットプレイでポイントを取りたかったところだと思いますが、これはナダルのパスの精度を褒めるべきかもしれません。

今日はとりあえずこの辺で。

試合の流れなど詳細はまた明日更新します。

42 件のコメント

  • 早速試合レビュー記事ありがとうございます。

    ナダルとの実力差、確かに感じましたね。好勝負ではあったけど、勝てそうな気はしなかったって感じです。
    今回バックの鋭いクロスが何度か通用していたところはなかなか面白かったです。あれでストレートも確率良く決められたら相手も読みづらくなるのかな。

    私の印象では、錦織くんは先にブレークされて焦り出すと力任せにウィナーを取りに行く傾向があるのではないか、と。そういう時は私でも打つコースの予測がつくぐらい単調なプレーをしてる気がします。1本で勝負できるショットを持ってるのは強みだけど、それだと確率の世界ではなかなか通用しないんでしょうね。

    土壇場でブレークしたゲームで、ドロップに見せかけて奥を狙ったショットはまさに錦織の頭脳プレーでゾクッとしました。あーゆー場面であーゆー事できちゃう人なんだな-、って思うと、あの冷静さを持続できればもっと良い線行くかも、なんて期待も膨らむもんです。

      引用  返信

  • 錦織のポテンシャルを高く評価する団長ならではの感想ですね。
    いつか、きっと…

      引用  返信

  • 団長、悔しかったですねO(>_<)
    ここぞ!!の時に力んでミスをしてしまいましたね(((・・;)
    もったいなかったです(=゜ω゜)ノ
    取れていたら展開は変わったかもしれない(>_<)
    一番足りないのは、メンタルタフネスかもねぇ〜(ヾ(´・ω・`)
    残念以上の気持ちです(‘-^*)ok
    カッコ良かったよ(≧∀≦)

      引用  返信

  • あらっ(((・・;)
    第1セットがなくっている( ̄▽ ̄;)
    どうしてだ!?

      引用  返信

  • 団長さん、応援と睡眠不足でお疲れのところ記事のアップありがとうございます。私はPCとTVが離れているので、実況版の方は失礼して、試合後でじっくり読まさせていただきました。応援された皆さんの熱気がムンムン伝わってきました。この試合、私には圭君が、ミスをしようが、有効な決めてが見つからなかろうが、勝ちを取りに行くプレイをするという心に強い決意をもって臨んでいるように感じました。それにしても圭君のテニスは人を惹きつけますね。エア・ケイは理屈でなく圭君そのものなのではと思いました。それにしても本当にGAORAさんに感謝感謝です!

      引用  返信

  • 団長さま、皆さま、応援お疲れ様でした

    惜しいところでのミスやライン上でのジャッジミスなどもあって
    悔しい結果となりましたね(T_T)
    以前の私なら良い試合(4強なら負けも仕方なし)なら満足かなぁ?
    なんて思っていました。・・正直・・
    でも今のKeiくんならやはり勝ちにいかなければ納得いかない・・ と思うようになりました。(意識低すぎですか? すみません)
    Keiくんは今も昔もどの試合でも勝ちにいってるんですよね(*_*;

    どうか今日の悔しさが明日につながりますように・・・

      引用  返信

  • インプレッション、拝読しました。

    『思ったよりストロークでエースが取れなかった』というご見解ですが、僕はストロークで昨日以上の威力や精度を求めるべきではないと思います。昨日の錦織くんのストロークは、最近では稀に見るほど冴えていたと思います(特にフォア)。

    じゃ、なぜポイントを取れなかったか、ひいては勝てなかったかと言うと、せっかくストローク戦で優勢に立っているのにそれをネットで仕留められなかったからです。

    たとえば、錦織くんがいいショットを打ってナダルが苦し紛れに緩く深いスライスで時間を稼ぐというシーンが多かったですが、そういう球が返って来ると判断した時点(ひいては自分がそのショットを打った時点)でネットに詰めなかったことが残念でなりません。それをしなかったために、いつの間にかストローク戦で形勢逆転してナダルにポイントを奪われるということが多かったです。

    錦織くんはネットでのポイント取得率が低いほうだと感じます。でも、それはボレーが下手だからではなく、ネットへの出方が下手だからです(上位陣に比べ)。短い球をきれいにアプローチしてネットに出てるだけじゃなく、機を見て敏なるネットプレイを織り交ぜると、この数値が上がるだけじゃなく、相手はショットの選択判断に苦しみ大いなるプレッシャーになります。

    ナダルのネットプレイと比較すればよく分かりますよね。ナダルのボレーはお世辞にも上手とは思えない(少なくともタッチセンスはない)。でも、なぜネットに出たときにポイントが簡単に取れるかと言うと、相手を”死に体”に追い込んだ状態でネットに詰めているからです。

      引用  返信

  • 皆さんのご意見拝読させていただきました。
    ナダルのサーブが今日はなかなか入らなかったですね、
    ダブルフォルトも多かったように思います。
    圭君にはチャンスでしたが。
    ファーストサーブでの決め方が、彼らはしっかりしてますよね。
    圭君のファーストサーブが入って同じように攻めようとしても、
    かえってネットプレーに持ち込まれ、抜かれてしまうという
    場面が何回かありました。ああいうところ、まだまだなんだなと
    差を感じてしまいました。
    1セットの気迫が、ジャッジミスを境に見られなくなった、
    ガンバレー!!!と手を握りしめてましたが、うまく抜けたり、
    ネットプレイが決まったりで、もう一度踏ん張ってくれた、
    本当に、われわれ錦鯉といたしましては、
    フーン!!
    次こそはと、前向きな感想を持って見終わることができたのでは?
    皆さん今夜は早く寝ましょう(^^)/~~~

      引用  返信

  • 団長さん、皆様、応援お疲れ様でした。
    あともう少し、勝つには、何が足りないのだろう、、、と考えてました。ストローク戦はほぼ互角ではなかったでしょうか。圭くんの実力が十分出せた見ごたえあるラリー戦でした。じゃあ、、、
    私もたいがーさんの意見と同じです。
    ”錦織くんはネットでのポイント取得率が低いほうだと感じます。でも、それはボレーが下手だからではなく、ネットへの出方が下手だからです(上位陣に比べ)。短い球をきれいにアプローチしてネットに出てるだけじゃなく、機を見て敏なるネットプレイを織り交ぜると、この数値が上がるだけじゃなく、相手はショットの選択判断に苦しみ大いなるプレッシャーになります”
    全く同じ感想を持っています。
    でも、ファンは欲張りですね。無理なストロークでのミスを減らして!サーブを強化して!、、、そしてとうとうネットプレーも要求してしまいました(><)
    でも今回の試合、トップレベルの試合だったと思います。25回超のラリー戦、ドロップショット、トップスピンロブ、本当にワクワクしました。すごい圭!と何度も思いました。こんなテニスを見せてくれて本当に感謝です。(ナダルも圭のプレーの刺激で、どんどんプレーがよくなった気がします、、、言い過ぎ?)

      引用  返信

  • ネットプレーが苦手というのもあるかもしれませんが、ナダルに対してネットプレーというのはあまり得策ではないように思われます。尋常じゃない脚力とパス精度であり、追いつきさえすればとんでもないエッグボールが返ってきます。やはり団長さんの言われている通り、錦織の持ち味であるストロークでもう少しポイントが取れないと厳しいと思います。ストロークが深く打てないならば、ドロップやショートクロスを多様するなどして、とにかくフィニッシュに持ち込める球を打たせる努力が欲しかったです。
    ともあれ、ファーストの精度もまあまあで、全体的にはここ最近ではベストマッチであるように感じられます。クレイシーズンでもコンスタントに勝ち、ランキングをあげて行って欲しいですね。

      引用  返信

  • 団長、寝不足&お忙しい中記事アップ大変有難うございます。
    錦鯉のためを思うその献身的な姿勢に頭がさがりますm(_ _)m

    昼行灯さん、記事のうpありがとうございます!
    内田さんは秋山さんと並んで、私が大好きなテニスジャーナリストでいつも記事を楽しみにしている方なので、本当にうれしいです。
    内田さんらしい、すばらしい記事ですね!ラファのコメントがたまりません!

    今日の試合、最初のブレークまでの4ゲーム、正直言ってしびれました。息をするのも困難になるくらいの好ゲームでした。
    そして、第2セットの粘りも本当に感動しました。
    確実に圭くんは進化していると感じさせてくれる内容だったと私は思います。

    私個人の意見としては、圭くんはネットへの出方が下手だとは思いません。ただ、確かにボレー力はストローク力と比較すると他のトップ選手と比べて高いほうではないかもしれませんが。
    その時その時の状況と相手の力量、そして自分のストローク力とボレー力を天秤にかけ、上手にオプションとしてネットプレーを織り交ぜていると思います。
    もちろん、結果的にそれが上手く行く時もあれば上手く行かない時もあると思いますが。

    これから、クレーシーズン、そして全仏オープン。
    どれだけ素晴らしいテニスを見せてくれるのか、わくわくが止まりませんね!

      引用  返信

  • 本当にBIG4に勝つのは難しいと感じる試合でした。
    昼行灯さん紹介の記事で、圭くんのコメントが見れてうれしかったです。とてもいい内容の記事ですね!
    そして、修造さんもブログUPされてましたよ。
    ナダルにまたお勉強させてもらったので、更にレベルアップする事間違いなしですね。
    伸びしろいっぱいの圭くん。クレーでの活躍も楽しみにしてます!
    それにしても団長さん始め皆さんのコメントに、私もいつも勉強させてもらってます。
    ここを訪れるのが本当に楽しいです✩

      引用  返信

  • 昨日の敗戦からしばし放心状態でした。
    さらに進化したナダル・・どんなにがんばってもやはり勝てないのではないか。BIG4のとてつもなさを思い知らされた思いでした・・

    昼行灯さんの紹介してくださった記事を私も読んで
    涙が出てきました。
    ほんとにそうです
    差が縮まったからこそみえてきた課題
    そして決してリップサービスでないナダルの具体的な圭くん評価。

    厳しい世界なんだと実感するとともに
    そういう機会を与えられている圭くんのすごさ
    そしてそんな圭くんを応援できる私たち
    なんて幸せなことでしょう。

    次はモンテカルロ
    より進化した圭くんに会えることを楽しみにすることにします
    応援あるのみ!

      引用  返信

  • 今回のスコアを見て、実力大差あり…と感じるか、時の運…と感じるかは個人の考えです。テニス歴30年近くになりますが、正直な気持ちですが圭くんに対して技術的な事を話せる方はいないのでは(笑) 太陽と海王星以上に違う…。評論し過ぎで…あんた 何様と感じています。一般人が感じる事は圭くんなら小学生の時に承知してますよ。テニス好きの少年を小六から応援している私としては、能書き垂れずに応援したいです。
    日本人として「圭くん」を見守り応援したい。

      引用  返信

  • (昨夜書き終わって投稿しようとしたら、突然3Gのデータが繋がらなくなりました。復旧したら再送します)

    今回は早いゲーム開始時間で、西ヨーロッパ時間のこちらでは業務中夕方5時過ぎから。第一セットはiPadのライスコを時折横目で眺めながら仕事して(いるふり)、第二セットからは同僚も殆どいなくなったので、掲示板とライスコを別画面で交互に凝視の観戦でした。

    第一セットの長い開始ゲーム、そのあとの最初のブレークには職場にいることも忘れ、思わず大声で叫びそうになりました。このまま突っ走って欲しい!と願っていたのですが、記事でもご指摘のように、ウィナーもあるけれど、ミスもある、という展開で、試合後半は次第にミスが上回ってしまったように思います。あくまでもライスコ観戦の想像ですが。終盤のブレイクで流れを押し戻したのは素晴らしかったです。

    ボールの深さに対する意識というご指摘、なるほど、と帰宅中のトラムの中で反芻していました。あるいは、意識はしていても、深いボールを繰り出すための体勢、一歩先を読んで体を動かすといった嗅覚や肉体訓練がトップ4の選手は次元の違うレベルにある、ということなのでしょうか?

    ナダルは膝の調子が盤石ではないにもかかわらず、昨年のフレンチオープンから遠ざかっている優勝をもぎ取ろうという執念。マイアミでの初優勝なるか?錦織戦勝利の幸運を背負ってナダルに今回はぜひ優勝して欲しい!

    負けたのはとっても悔しいです。ナダルに勝ち、QFで再びツォンガをいたぶり、SFでマレーを倒し、決勝で再びジョコビッチを…という夢を密かに思い描いていました。遠くない将来、きっとそれは実現すると信じています。と同時に、トップ4に勝つということがどれほど大変なことかということも、改めて認識させられました。

    夜中にもかかわらず素早いゲーム解説、そして実況掲示板のみなさま、ありがとうございました。映像や音声のライブはなくても(そして勤務中にもかかわらず…) 思いっきり観戦できました。感謝です。ネットでざっと見渡した範囲では、ナダルの選手会副幹事辞任(選手会幹事フェデラーとポイントシステムについて意見が対立)に関連したニュース記事が多いです。明日の詳しい解説、楽しみに待っています。(でもやっぱり悔しい。ナダル戦勝利!という瞬間を味わいたかったです)。

      引用  返信

  • http://news.tennis365.net/news/today/201203/82960.html

    続いてナダル戦の記事です。

    記事への感想も十人十色。
    実際にプレーして楽しむ人、応援だけの人、現地に飛ばないといてもたってもいられない人、テニス歴の豊富な人、そうでない人などなど。形?としては色々あれど、当ブログに足繁く!集うのは「錦鯉」なればこそ。KEI本人にも錦鯉の皆さんとも面識が全くない
    端くれですが、どんな時も一喜一憂せず共に応援したいと思っております。

    Go! Go! KEI!

      引用  返信

  • 負けてしまったけど、トップ4とやった中では、今までで一番内容がいい試合だったのでは?
    バーゼルフェデラー戦、全豪マレー戦は勝てる気しなかったけれど、
    今回はひょっとしたらという、チャンスが多かった。
    やはり、最初に勝てそうなのはナダルかなって気が。
    でもその一歩の差が大きくてなかなか勝てないみたいな気も。。。
    でも私も、団長さんの見方より、たいがーさんと同じ
    今日のストロークは、ミスもあったけど現段階で最高の出来だったと思います。
    久しぶりにバシバシと攻めるいい時の錦織くんのプレーが見れてスカっとしたので、
    負けてもなんかそこまでモヤモヤした悔しさはないです。
    去年ぐらいから、守り重視で返すだけのようなボールが多かったので、
    今日は終始エース級のボールで安定して攻めてたのでトップ10クラスのレベルの高さに見えました。
    あれだけナダルを走らせられる選手もそうはいない。
    第一セットで先にブレークしたあとのサービスゲームで
    あの連続ミスがなくキープできてれば、結果は違っていたような気がします。
    前のクレー2大会と、ハードでの初戦負けはちょっと内容的にも心配しましたが、
    今大会見る限りは内容も調子もいいので、とりあえず安心。
    これからのクレーシーズンでは結果を期待できますね。

      引用  返信

  • 皆様、お疲れ様でした。

    私もmikaさんのこの気持ちといっしょです。
    ↓↓↓

     久しぶりにバシバシと攻めるいい時の錦織くんのプレーが見れてス カっとしたので、 負けてもなんかそこまでモヤモヤした悔しさはな いです。

    試合中に何度、「タイブレークかも?」「1セット取れるかも?」「勝てるかも?」と思ったことか・・・

    団長さんの(1stセットのセットポイントで出してしまったのはもったいなかったですが。)のミスに対するコメントにも同感です。あの瞬間、夜中なのに叫びましたよね!

    本当に圭君の魅力満載のレベルの高~い試合でした。それを皆さんとこの場で共感出来て、有難いです。圭君にも感謝!

    これからも応援するぞ~!!!

      引用  返信

  • 時節柄、忙しめの毎日ですが、錦織の勇姿と、鼻血さんブログを楽しみにがんばろうと思っています。

    私には錦織のボールがいつもより深く思えて、鼻血さんのナダル戦展望の記事を読んだんじゃないかって思っちゃいました。あれでもまだまだですか。世界はやっぱり広いなー。

    イイ線いったけど負けた試合の後は、技術の評価を含め、いろんな方の感想を聞きたいです。(錦織が承知してるかどうかは関係なく)テニス歴長い方も、3日前にテニス見始めた人の感想に、はっとするかも。だから、とし坊さん、心の扉を開けてみてね。

      引用  返信

  • とし坊さんの気持ちわかります。

    ずぶの素人がプロを相手にプレー云々をもっともらしく口に出来ません。

    しかし、プロ選手の方達は、一般の方々とはまず、見ている所(次元)が違うので、そういう素人の意見は、たとえ下手と言われようが耳にかすりもしないと思いますし、いちいち腹も立たないとは思いますが…

    圭くんを長年一途に応援するファン真理としては、上から目線の能書きはあまり聞きたくないというのもよーくわかります。

    所詮 ここに来られる方々は私も含め草野球ならず、[草テニス]愛好家も多いと思いますので
    プレー技術に対する意見などは、身内のテニス談義としてのレベルだと思っています。

    やっぱり圭ファンは熱いですね。色々な意見もありますし、これも圭くんを愛する皆さんだからこそだと感じ嬉しく思います。

      引用  返信

  • ナダルの記者会見の記事は読まれましたか?
    既出でしたら失礼。

    ” I like a lot how Kei plays. Seriously I have big respect for him.”

    ですってー(^^)他にもいろいろ言ってくれてます。
    昼行灯さんが紹介して下さった記事にも少し載ってますね。
    昼行灯さん、とても楽しく読ませて頂きました。ありがとうございます。

    ナダルの記者会見記事↓   
    http://www.sonyericssonopen.com/News/Tennis/2012/Interview-Transcripts/Rafael-Nadal-27-March.aspx

      引用  返信

  • さつきさん、ナダルの記者会見記事、私も読みました。ナダルは、対戦相手みんなに、リスペクトする姿勢を崩しませんが、今回のインタビューは、かなり、圭くんのことを語ってくれた、と思います。すごく、嬉しいです。

      引用  返信

  • テニスのプレースタイルが幾千あるように、見る人によっていろんな意見が出るのは、個人的には楽しいです。(それだけ、真剣になって錦織選手を応援してている証拠ですよね!?)

    ちなみに、私はナダル戦を見ててこう思いました。

    「錦織のテニスやっぱり、かっけー!!」

    winning uglyなテニスも好きですけど、ガンガン攻めて、バシバシドロップ打って、ぴょんぴょん飛び跳ねるテニスをひさびさ見れてよかったなーと思いました!!

    次は、モンテカルロ!! がんばれ!!

      引用  返信

  • negative strokeさん、わたしも久しぶりに2008年と2009年のベルディヒ戦にみた「ガンガンせめて、バシバシドロップ十手、ぴょんぴょん飛び跳ねる(笑)テニス久しぶりに見れてすっきりしました。 これにサーブのもう一段のアップが加わればいうことありません

      引用  返信

  • 昨日のコメント反映されなかったので再トライです!

    一日たったので VSナダルでの錦織君負けた?勝てなかった?残像が取れなくて落ち込んでいましたが 本日頭は少しスッキリ落ち着きました

    時間て言うのはありがたいものです…
    錦織君のメッセージも前向きでしたしね

    皆様のさすがの分析などに感心しながら
    やっぱりこちらで気持ちを共有できる幸せ!

    私的にはナダルの足の具合が悪くてもガンガンくるあのメンタルの強さとナダルの進歩を見せつけられた感じでした
    トップ1に返り咲きたい強い気持ちかな?

    ただ最近の錦織君の静かな闘志が感じられるプレーにはやはり進歩が感じられますね

    静かに応援続けます

      引用  返信

  • 悔しいという感情はこれから着実に成長すれば勝てるんじゃないか?という気持ちの現れですからね。
    今後に期待しましょう^^

      引用  返信

  • 「攻めと守りの融合」がこれからこりたんの目指すプレースタイルだと思う\(^o^)/
    昨日みたいに最初攻めて調子良かったらそのまま攻め続ける力を付ける!
    悪かったら今まで通りの守り→分析→攻める!
    最初から守りに入ると流れ失うから最初くらいは昨日のようにどんどん攻めて欲しい!
    でもトップ4に勝つには攻めながらも相手を分析する力が
    求められるのかなぁ…難しいですな(´・_・`)
    でも負けて悔しいこと自体が錦織の成長を物語ってる!
    これからも応援していきます\(^o^)/

      引用  返信

  • ナダルのツォンガ戦、辛勝だったのは
    その前の圭くんとの試合で
    頭の体力をいっぱい使ったからだわ・・・
    はい、圭くん贔屓の引き倒しですね、すみません。
    だって錦鯉なんだも~ん。
    トーナメントの上の方でトップの人たちと
    ガンガン、バシバシ、びょんびょん、ドロップドロップの
    Winning Fantastikally な試合をするために
    そこまでの過程は、Winning Ugly で、
    ってのが今の圭くんのスタイルですね。
    その両方を錦鯉は十分に楽しませていただきます!

      引用  返信

  • chachaさん

    「winning ugly」と「attackingテニス」が真の意味で、融合できたとき、GS優勝の扉が開かれるんじゃないかと昨日の試合を見て改めて思いました!!ワクワク

    ぴょんぴょん飛び跳ねる
    →だから彼のニックネームは 「AIR KEI!!!」ですもんね!!

    P.S 応援フードいつも楽しく拝見しています!!公共の場で吹きだしてしまいますので、ダジャレはほどほどでお願いしますwwww(あっ家で見ればいいのかぁ汗)

      引用  返信

  • katsomeさんやChrisちゃんのカキコミと少しかぶりましたww
    (直前のカキコミみていませんでした汗)

    katsomeさんの「攻めと守りの融合」
    Chrisちゃんの「Winning FantastikallyとWinning Ugly」

    まさにそれです!!

    昨日は融合の可能性をものすごく感じさせる、そんな試合でした。ワクワクというか恐ろしささえ感じる。。。

      引用  返信

  • げ、私、綴り間違ってる!
    Winning Fantastically ですがな・・・

      引用  返信

  • Chrisちゃんさんの訂正により、自分もコピペしたのがばれました汗

      引用  返信

  • みなさんのいろいろなご意見、本当に勉強になります。

    今回は、今まで以上に“勝つ気”まんまん、やってやるぞ感が漂っているように見えたのですが(少なくとも私にはそのオーラが見えた気がしたのです。)、もう少しの辛抱ですかね…。

    しかし、今年はますますトップクラスの選手との試合が増えて、応援のしごたえがありますね。って、圭くんもトップクラスの一人でした。

    次が、また楽しみです!!!

      引用  返信

  • ラファとの試合、本当にどきどき楽しませてもらい、英語の放送はどんなだったのかと先ほどまでTennisTVのCatchUpみてました!
    このCatchUpで、圭対ラファの試合が見れないというかたがいたと思いますが、どうやらしばらくたたないときちんと反映されないみたいです。今は圭君の試合みれてます。
    なんと、テニスTVの実況がまた「ニシコラ」でした!(前回と同じかたかは不明ですが声とイントネーションは似ています。)やはり、新しい発見がありました w

    昼行灯さん、色々リンクありがとうございました。
    特に最後のスポルティバの記事は新しい情報満載ですね!
    前日にアンディと練習してたのは、坂本ひでさんのツイッターで見つけたのですが、なんと、そのアンデーがラファ対策を伝授してくれていたなんて。。!素敵です。
    そのアンディと圭君の練習ビデオがUtubeにありましたよ~

    http://www.youtube.com/watch?v=Pepmxyvoh-w

    ちなみに私は団長さんはじめ、錦鯉のみなさんの試合や選手の分析、とても楽しみにしてます。(ずぶの素人に言われてもうれしくないとは思いますが。。:))
    これからもこの調子でお願いします!

      引用  返信

  • あっぺさん、情報ありがとうございます。
    来週からユニクロウェアが発売されますが、ちょうどツァーの谷間なのでそれに合わせて帰国するかもと思っていました。
    来週はスポンサー関係で忙しいですが、これもプロの仕事の1つなので仕方ないですね。
    日本で少しでもプライベートな時間が取れればいいなと思います。

      引用  返信

  • テニスの難しいことはよくわからないのですが
    怪我なく、
    元気よく、
    そしてかっこよく
    錦織君にはテニスしてほしいデス!!!

    日清とのすぽんさあー契約も済みました

    あとは前向きに、テニスに集中!頑張ってほしいデス

    ブログ更新されていたけど、明るい感じだったわ♪

    モンテカルロに期待します!!!

      引用  返信

  • 結果は残念でしたが、次は勝利を!!
    バックハンドをジャンプして打つことがいつもより多かった気がします。
    ナダルの球はやっぱり、かなり跳ねるんですかね?
    モンテカルロで大暴れを期待!

      引用  返信

  • スポンサー契約のニュース、読みました。ありがとうございます。

    只今バンコク空港でトランジット中、錦織の帰国に合わせ(嘘です、でも偶然に同じタイミングになりました)1週間ほど日本に。中間あたりの数日、松江に行きます。念願の!市役所前の垂幕を見てきます。それ以外にも全仏オープンに向けて地元がヒートアップしているか?楽しみです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。