あ〜悔しい、でももう忘れた。はい次、次(2012モンテカルロ3R)

2012 Monte Carlo Masters 1000
3rd Round
Thomas Berdych [6] def. Kei Nishikori [12], 2-6,6-2,6-4

今年一番悔しい敗戦かもしれないです。
競り合いに強い錦織、1stセットを取ったら負けない錦織にしては珍しい負け方ですが、まあこういうこともたまにはあるでしょう。
1stセットは錦織は完璧なプレー。「すげー、すげー」の連続でした。
そこから負けてしまうことは想像はできなかったのですが、立て直したベルディヒを褒めるしかないです。

ベルディヒはまずサーブからテコ入れし、安心してキープできる環境を作りました。
次はフォアハンドをより攻撃的に打つように変えてきました。サーブが入ると浅めの球が帰ってくるのでそれを高い打点から叩き込み調子をつかみました。ミスもしていましたがウィナーが格段に増え、逆に錦織のウィナーが減りました。

2ndセット以降、錦織はやや守備的に行き過ぎたかもしれません。気持ちが守ってしまったのか、ベルディヒの攻撃的なプレーがそうさせたのか、どちらがきっかけだったのかは分かりませんが、とにかくディフェンスを強いられていました。

最初は特に大きく悪い所があったわけではありませんでしたが、ベルディヒ攻勢の流れが出来上がってしまいました。

ファイナルセットも苦しい展開が続きましたが、4−4までキープ。内容的には押されているのにこのスコア、そして競り合いに強い錦織・・・となれば土壇場でのギアアップが期待できる状況を迎えました。

その予想通り第9ゲームの錦織は再びコートの中に踏み込み、自らのショットでブレイクポイントにこぎ着けます。
次のポイントでも攻めまくり、オープンコートにフォアを叩き込めばブレイク!というところでフォアのミス!
このゲーム少し硬さがみられたベルディヒでしたがこれで落ち着きを取り戻しキープ。

次のゲームは甘いドロップを切り替えされ、オンラインのショットに対応できずフレームショット、前に出れる球を逃してフォアのクロスを食らう、とちぐはぐなプレーであっという間にトリプルマッチポイント。1本返しましたがボレーを決められ、敗戦となりました。

悔しい悔しい敗戦ですが、ダメダメな試合ではないのでもう次の試合のことを考えましょう。
こういう試合はことごとく勝ってきた錦織ですが100%モノにするのは不可能です。
ファイナル4−4のときのチャンスでのフォアのミスにしてもまあ、時の運のようなものです。
私は常に物事を確率・統計的な見方で捕らえるのでそんなに気にしていません。
あのショットを入れるために何か足りないものがあったとは思いません。
ほんのちょっと何かが偶然に変われば勝者は錦織だったかもしれまんし、錦織は十分、勝利に向かったテニスをしていたのでOKです。

GORA解説の辻野さんが指摘していたように、2ndセット以降は意識が少し守りに入った部分はあったかもしれませんが、試合はトータルで勝てばいいので、あの試合展開の中でファイナルセット4−4まで我慢してそこからギアアップで勝とうとした錦織のゲームプランは間違ってないと思いますし、あの劣勢でそこまで持って行ったことは評価に値します。

それよりも今日はベルディヒ、見直した。見事なリカバリーでした。

あー悔しい、悔しいが悔しくない。今大会でも錦織の成長が見られたので。とにかくフィジカルが充実していると思います。
2月に南米クレーシリーズに出たときよりずっと状態は良いと思います。全仏にピークを持って行ってくれれば、きっとまた楽しめることでしょう。

余談

今日はGAORAニアライブでの観戦でした。
実況掲示板のニアライブ専用スレを見ると「ああ絶望的な0−40・・・」の書き込みがwww
どこで出てくるのだろう?と思っていたら最後のゲームでしたwwww
誤爆勘弁して下さいwwww

47 件のコメント

  • 悔しい悔しい悔しい〜!
    最近は「勝負は時の運」と思えるようになってきて、負けてもあまり引きずらないのですが…
    今日は久しぶりに心底悔しいです。
    が、団長を見習って、次を見据えるよう努力します!確かに今日のベルデイヒは素晴らしかったですし…。
    それに、圭くんどんどん強くなってますものね。この先が楽しみです!

      引用  返信

  •  怪我で1回戦を途中棄権したモナコが、来週のバロセロナを
    OUTしました。

     この結果、現時点でのバロセロナエントリーのRK順は以下の
    通りとなり、#5~#8シードをもらえる可能性が高くなってきま
    した。(#8シード以上は1回戦免除)

    1 Nadal, Rafael ESP 2
    2 Murray, Andy GBR 4
    3 Ferrer, David ESP 6
    4 Berdych, Tomas CZE 7

    5 Tipsarevic, Janko SRB 8
    6 Almagro, Nicolas ESP 12
    7 Lopez, Feliciano ESP 16
    8 Nishikori, Kei JPN 17

    9 Verdasco, Fernando ESP 19
    10 Stepanek, Radek CZE 23
    11 Raonic, Milos CAN 24
    12 Granollers, Marcel ESP 25

    13 Anderson, Kevin RSA 32
    14 Chela, Juan Ignacio ARG 33
    15 Tomic, Bernard AUS 36
    16 Andujar, Pablo ESP 39

     ただ、この場合に対抗シードとなる#9~#12シードにも、勝つのは
    大変そうな選手が並んでいますね。(汗)

     まずは、べスト8に入ることを目標にしましょう。

      引用  返信

  • 今、コメントしたのにはじかれた!ショック!!(;^_^A
    何を書いたか忘れちゃった〜(;´д`)

    ホントに悔しい試合でした。あそこでブレイク出来てたら、今日の勝者は圭だったんでしょうね(‘-^*)ok
    とにかく、トップテンの選手と涼しい顔で渡り合う圭のテニスに乾杯(≧∀≦)

      引用  返信

  • 団長さん、ペンネさん
    丁寧な実況とスコア、ありがとうございました。ほんとですね、勝利に向かったテニス、という表現、納得です。

    でも、くやしい。まだきちんと消化できてません。

      引用  返信

  • 皆さん忘れかけてませんか…
    相手仮にも世界ランク7位ですよww
    まー勝てそうな試合だったから悔しいのは間違いないですが…
    自力でトップ10にここまでの試合に持っていけちゃうなんて
    ホンマに強なったなーと思います!
    これからが楽しみだ!

    ちなみに見てたら私は、全豪のツォンガ戦を思い出し、
    5セットなら勝てたんじゃね?と感じずにはいられません笑
    という訳で錦織君にはローランギャロスで存分に暴れていただきましょう!ww

      引用  返信

  • カナダの私の住む地域では試合開始が夜中の2:30で、起きたのが3:00頃・・・
    1セット目の終わりの方でした。
    圭くんイケイケな凄いところを見逃すなんて・・・残念すぎでした。
    朝になってテレビの録画放送見ていたら、3セット目の1-1の場面から。
    オイオイ、そんなのあり~~(´;ω;`)って感じでした。
    今大会を通して、クレーでもすごく活躍できることを改めて感じ、ローランギャロスへの期待も高まりました!
    今日は本当に悔しいけど、また次も楽しみだなぁ♪と待つことにします。

      引用  返信

  • 本当に、本当に悔しいですねーーー。
    昨日ライブが終わったのが午前4時でしたが、その後悔しくてしばらく寝れず、
    今まだ悔しくて、仕事中あまり眠くならない状況ですw
    本当にいい試合でしたね。。。
    特にファーストセットは圧巻でした。
    ベルディッチも確実に強くなってますが、圭くんも既に同じレベルにいることを再認識させてくれました。
    既に総合力でトップ10レベルに達していると私は思っています。

    今回は負けましたが、これを糧にさらなる成長を遂げてくれることでしょう。
    これは全仏、期待できそうですね!
    楽しみで、ワクワクが止まりません!

      引用  返信

  • バルセロナの対抗シードは第8シードに入れるならステパネクかラオニチが理想ですかねー

    やっぱり地元勢は避けたいでしょう。

      引用  返信

  • 惜しかった。本当に惜しかった。
    1番悔しいのはけいくんに違いない。
    でもこれで終わりじゃないし。
    まだまだこれから!!

      引用  返信

  • ああいう、惜しい、悔しい試合を経験して、
    圭くんはますます強くなっていくんでしょうね。
    ばもっ!

      引用  返信

  • 悔しいのは錦鯉たち皆そうですが、一番悔しがっているのはやはりKEI
    本人ではないでしょうか?1stセットはとったわけですし・・・・。

    この悔しさをバネにもっと強くなって貰えれば、何も言うことはあり
    ません。この日の相手がそうだったように、ピンチの時もチャンスの時もここぞという時にエースがとれるような「武器」に磨きをかけ、「引き出し」を多く作っておいて欲しいと思います。一朝一夕には難しいとは思いますが、伸び盛りの今だからこそ様々な経験値を高め、運を切り拓き時には味方に付けてでも夢を叶える可能性を秘めている、と
    信じています。

    素人なのに知ったようなことを言って、すみませんでした。

    Go! Go! KEI!!

      引用  返信

  • 昨日はお疲れ様でした。

    第2セットからずっと押されていて、ファイナル4-4の直前くらいからギアがあがってきて、初めてとったBPものにして勝ってしまったら、それこそ強すぎるかも。。。
    いや、そうやって勝ってきたんですけどね。

    よくみたら、ちょっとイレギュラーしてましたね。
    手元狂ったのかな。

    いや~~それにしてもやっぱりやっぱり悔しい!!!
    悔しいけど楽しみ!!

      引用  返信

  • ホント悔しいですね~
    1セットではもう勝利確信していましたから
    (まあちょっと過去を思い出し逆転は”なし”よ!と願いましたが)

    団長さんが「悔しい!悔しい!」「はい次!」って言ってくださったので だいぶ気持ちは収まりましたが やっぱり悔しい!

    最近の錦織君には風格が備わってきて 淡々と次のプレーに入るところ等やっぱり大物の風貌ですよね(ごり押しです)
    以前より格段にプレーの質が上がってきているのが分かりましたが
    ベルディヒも雪辱に燃えてコートに立ったんでしょうから さぞや研究してきたことでしょうしね

    もうご本人は次に向けて「がんばりまーす」のようなコメントをしていましたので
    ここは応援も次に向けて「がんばりまーす!」

      引用  返信

  • ああ、本当に悔しい、くやしい・・・
    と、昨日の夜寝床につきましたが
    ふと、去年の今頃も
    「勝てたはず」の試合に負けて、ものすご~く悔しい思いを
    いっぱい、いっぱいしてたなあ、と思い出しました。
    それを今は、一段(いえ、いえ数段)上のステージで
    やってるってことですよね。
    その繰り返しが、
    圭くんをもっともっと強くしてくれると信じています。
    きのうの試合はベルディヒのあっぱれ。
    これから、「伊達でもクルムでもなく、ベルディヒでもなく」
    と言ってあげたいくらい。さすがはトップ10。
    下位の同じ相手に続けて負けるわけにいきませんものね。
    圭くんが、どんどん勝ちあがってトップ10の相手と
    何度も繰り返し対戦するようになってくれば、
    そういう「トップ10の意地相手の勝ち方」も
    覚えていかなければならないわけで
    まだまだいっぱい覚えることはあるわけですね。
    今の目標は圭くんの言うように
    「全仏にむけてピークをもっていく」。
    それに向けて、錦鯉もGo!でございます。

      引用  返信

  • 悔しい、、ただただ悔しい、、、
    ファイナルセットでの接戦は、かなりの高確率で勝利してきてただけにほんとに悔しいです。
    (錦織劇場に負けた選手のファンは、いつもこんな気持ちを味わっていたのか・・・・と思いました)

    けど、落ち込んでばかりいられませ。。バルセロナはすぐそこなのです!!

    つぎいってみよーーーー!!

      引用  返信

  • 団長、すばらしいレビュー、ありがとうございました!

      引用  返信

  • 残念でした・・
    団長さんがおっしゃるとおり気持ちを切り替え、次のバルセロナまでユニクロCMを見て和みましょう。
    先日収録があったCMが今日から放映されるようです。
    テニス限定ではなく一般向けポロシャツのCMのようですが、そのうちfacebookにもアップされるかもです。
    http://news.tennis365.net/news/today/201204/83418.html

      引用  返信

  • いつもは負けた試合は見ない・・・のですが、
    次に勝ち上がっていくためにも、録画観賞中です

    ベルディヒ本人も、3回も負けられないオーラが出ていたそうで
    (現地観戦者談)
    次回はリベンジさせてもらいますよ

    さあ、バルセロナ大会に向かってGO! GO!!

      引用  返信

  • 僕は皆さんと違い、悔しさは感じませんでした。

    勝つチャンスはファイナルセットの4-4のブレークポイントしかなく、「あれを取ってれば」と悔やんだ時点で錦織くんの負け。仮にそのブレークポイントを取っていたとしても、果たして次のゲームをキープできていたかどうか。

    途中から軌道修正し形勢逆転を図ったベルディヒと、その変化に適応できず劣勢のまま力尽きた錦織くん。
    要は、実力差が出たということだと思います。

    敗因があったとするなら、個別のポイントでのショットの選択やミスではなく、もっと大きな戦略・戦術の部分。2セット目以降のポジショニング、ラリーのペース、フォアの打ち合いをしてしまったことじゃないかと。

    ショットの調子の良し悪しなんて水物です。そういうところじゃなく、戦略・戦術・展開で勝負することにより『調子の良し悪しになるべく依存しないテニス』を追求していってもらいたいなと思います。

      引用  返信

  • 昨日は、用事で応援フードつくれず涙、涙…

    悔しさ満載の負けですが、こんなに普通にATPワールドツアーで毎日応援できるなんて嬉しいです。それにしてもTVの画面からも、ベルディヒの執念が伝わってきました 団長のいうとおり次ですね 圭君、この悔しさは全仏ではらしましょう!今さん、ダンテコーチ頼みますね~

      引用  返信

  • 昨日の1stset、職場でちら見でしたが興奮しました。
    ベルディヒの困惑した顔が印象的で、これは今回もやってくれるだろうと期待しましたが、ベルディヒの執念に負けた感じでしたね。
    新CMの動画がありましたので、urlを紹介しておきます。
    ttp://www.youtube.com/user/UNIQLO
    もう、何日か後には次のトーナメントです。
    けいに夢の世界に連れて行ってもらいましょう。

      引用  返信

  • 圭 大好き!さんの言うトップの選手と涼しい顔して戦う圭に大乾杯ですね!! まったくその通りです 欲いえば負けが決まってネット挟んで握手する時ベルの肩たたいて労ってあげてほしかったですね ベルにしてみれば3戦目でやっと勝てた(それもアップアップ)相手ですから!! ベルの喜び爆発させたシーンで口惜しさなくなりました

      引用  返信

  • ファイナル4−4のブレイクポイントでのフォアのミスは、思い切り左に移動しながら周り込んだところにバウンドが微妙に右に変化して、打点が遠くなったように見えました。
    どのくらい影響があったかは分かりませんが。
    ギリギリのラリーだったので仕方ありませんね。

      引用  返信

  • うーん悔しかったですね。一回戦二回戦は全く見れず、三回戦だけ三セット目1-1から見れただけのモンテカルロでした。勝つところみたかったなぁ。。でもホント、シードを守って勝ちが期待される一、二回戦を順当に勝つところ、#7相手に普通に互角に戦えるところ、強くなったなーと思います。そうっすね、次、次!

      引用  返信

  • 二度ある事は三度ある。じゃなくて、三度目の正直、だったのか、、。
    ユニクロの新CM 癒されるう、、。jijiさんアリガトウゴザイマス。
    バルセロナ楽しみです!!

      引用  返信

  • う~~~~~~、うん、ベルディヒ強かったなっ。
    ふつう世界ランク7位に僅差で負けてここまで悔しがるかって感じなんですけど、勝つ気がしてたというか・・・勝っても特に驚かないというか・・・感覚おかしいんでしょうか?
    4-4からのフォアはスローで見た時、確かに右にイレギュラーしているように見えました。やっぱクレーの醍醐味ですかね。あのポイントで出ないでほしかったけどorz
    あと、次のゲームのファーストポイントのコリップが気持ちよく決まってたらわからなかったかな~、とも思います。ああいう場面で先手打って面白いことやってくれるのは、錦織くんの大好きなところです。
    micchiさんがつないでくれたので、再び登場してたニシゴジも悔しくてビルを踏みつぶしているもようです。

    さあ、次はバルセロナ!!

      引用  返信

  • たいがーさん、
    あー、私も似たようなこと考えてました。
    4-4で取り逃したBPが印象には残りますけど、あれで負けたわけではないんですよねーきっと。 
    第1セットではいろいろ球種やコースを使い分けて相手にペースをつかませずに上手くやってたと思うけど、第2セットからまともに打ち合うことが増えて、ベルディヒの好きなテニスをさせちゃってたように見えました。

    とは言え今大会、錦織くんのテニスが予想以上にハイレベルで正直驚きました。
    強引にウィナーを狙ってた頃に比べて最近は辛抱強くチャンスを待てるようになったなぁ、とは思ってたけど今大会ではその辛抱強さにもさらに磨きがかかり、そのうえ攻めも早い。
    芸術的とも言えるほどの計算されたラリーをウィナーで締めくくるという完璧なポイントを1試合で何度も何度もやってのける。
    感動と共に恐ろしささえを感じました。

      引用  返信

  • 朝刊からかいつまんで紹介します。

    第3セット第9ゲーム、このセット初のPBを惜しくも逃し、
    「チャンスボールだった。攻めていたのでとりたかった」。
    ショックが尾を引き、次のサービスゲームを奪われて屈した。

    試合後の談話
    「悔しい。(第3セットの第9ゲームで迎えたブレークチャンスで)決められなかったのが敗因。厳しい打ち合いになると予想していたが、第2セットからは自分のペースに持っていけなかった。」

    「(クレーコートで)良いスタートが出来た。全仏で勝ち上がりたいので、ピークを持って行けるようにしたい」と力強く言った。

      引用  返信

  • しかし、モンテカルロですよ、マスターズと同等クラスの大会で三回戦進出は、すごいことです。
    皆さんの期待値が高くなってるのは分かりますが、もっと褒めてあげませんか?
    もう駄目じゃないかと一部で言われていた頃からすると、隔世の感があります・・・。
    ベルディヒクラスの選手とは、これからも勝ったり負けたりでしょう。
    いつも勝ってたら、あっという間にトップ5入りですよ。

      引用  返信

  • ファイナル4−4のブレイクポイントでのフォアのミス・・・

    ああいう場面では、ボールが高く上がり、ボールに変な回転がかかっている事が多いので、
    イレギュラーがあるもの、として対処してほしいですね。

    アガシなら、きっと何事もなかったかのように、あっさりと決めていたでしょうね。

    このことも含めて、対応力を増やして強くなって欲しい!
    このようなブレイクチャンスを逃しても、まだまだチャレンジするようなたくましさも身につけてくれ!

      引用  返信

  • ベルディヒがマレーに勝っちゃいましたね…
    ライストで見ていたんですが、ベルディヒは試合を通してブレイクポイントがたった1回しか与えず(それも凌ぎ)、2,3セット目は圧巻の2ブレークアップで、マレーを全く寄せ付けませんでした。

      引用  返信

  • 残念でしたね・・・・
    しばし、ボー然としてしまいましたが
    ベルディヒだって、3連敗したくなかったから
    必死だったんだよね~って感じがしました

    静かな2人の熱い戦いでした

    次のバルセロナに期待!!!

    がんばってね☆

      引用  返信

  •  べルディヒがマレーに勝ったから言う訳ではありませんが、昨日
    の負けは圭が惜しかったというよりは、べルディヒが強かったと
    いうことだと思います。

     私が受けた印象は、たいがーさんが書かれた内容に非常に近い
    です。
     少なくとも後半はテニスの内容で負けていました。仮に5セット
    マッチだったとしても確実に負けていたでしょう。

     ただ、圭の場合はテニスの内容で負けていても、勝ってしまう
    ことがたまにあります。過去のアンダーソン戦やミュラー戦が
    それに当たると思います。

     昨日のべルディヒ戦も終盤の1チャンスさえものにしていれば
    勝ったかも知れません。ただそれは前回のべルディヒ戦やツォンガ
    戦のように勝つべくして勝った試合とは違います。

     この辺りは圭本人も良く分かっているはずで、だからこそさらに
    精進し、全仏に向けてクレーを我がものにしていけるのだと思い
    ます。

     要は、昨日の負けは負けるべくして負けた試合。ただし、その
    プレーの質は高く、クレーに対する自信を再確認できたと共に全仏
    に向けた課題をもらった。

     という訳で、現時点では一点の悔しさもありません。

     しかし、べルディヒは本当にクレーに強くなった。その陰には
    並々ならぬ努力があったと思います。どちらかと言えば地味な印象
    の強いべルディヒですが、今回のべスト4入りは大いに賞賛されて
    良いと思います。

      引用  返信

  • ベルディヒのfacebookに、日本語で「今日はすばらしい試合をした。
    Keiは偉大なテニスプレーヤー、勝利本当に感謝です」 ってコメントがのってますよ。(Google Translator使ったらしいですが)
    対戦相手からこれだけのコメントをもらえるというのは、素晴らしいですよね。

      引用  返信

  • Nekoさん、ホントですか!?(=゜ω゜)ノ
    最高!!な気分♪(≧∀≦)
    ベルディヒって、ちょっと気が弱いのかも…とか思ってたんですけど、やっぱり良い人なんですね!!(‘-^*)ok
    さすがに、ランキング下位でしかも年下の対戦相手に、なかなかここまで言えるもんじゃないですよねぇ〜(*^.^*)
    すっごいスッキリした(≧∀≦)

      引用  返信

  • 昨日は事情があり1セット目ライスコ応援。
    2セット目は一部ライスト応援。
    3セット目は仕事で2回ライスコチェックできただけでした。
    もう、落ち着かない落ち着かない。
    で、結果を知った時にはやはりがっくり度が…。
    でも、ここで皆さんのコメントを一つ一つ、、“なるほど。そうだなあ。そうなのか…。うんうん。”と言う思いで読ませていただきました。
    私も元気を出して次の応援ができそうです。
    ありがとうございます!!!

      引用  返信

  • nekoさん、情報ありがとうございます。さっそく、見てみます。

      引用  返信

  • アメリカ西海岸では試合開始時刻は深夜1時30分からでした。第1セット6-2で取り、今日は大丈夫そうだな。と思ったところまで記憶があるのですが、ハッと気がついたら朝になっていました…z。みなさんの悔しい、悔しいの連呼コメントを読んでも、圭くんの敗戦がまだ信じられずにいて。あんなに調子が良かったのに、2セット目から、何があったんだろう⁈ 何故あそこから形勢が逆転してしまったんだろう…?
    ほんとに信じられないです。
    ベルディフはクレーも強いって事がわかりました。

      引用  返信

  •  MTF情報によれば、バロセロナのメインドローの発表は
    日本時間で本日19:00の予定です。

     ここにきて、フェレールがOUTするかも知れないとの情報も
    あります。

      引用  返信

  • 団長さま、錦鯉の皆さま、本当に悔しい試合でしたね。
    Keiくんはもっと悔しい事でしょう・・・(T_T)
    でも今回のベルディヒは強いですよね? マレーにも2-1で勝ちましたしKeiくんとの試合でも1セット目を落としてもきちんと修正してくる精神力はすばらしいと思います。 でも・・でも・・Keiくん、悔しいでしょうね(+_+)
    あまり引きずらずに次に行きましょう~♪
    ユニクロの新CMを見て少しだけ癒されている私くしです♥

      引用  返信

  • Berdych vs Murray見てますが、1セット目もチャンスがあったのに落とし、第二セットの第一ゲームも0-30から盛り返して、これでとったなんてすごい。圭君がこういう選手たちとこれから度々対戦していくのだと思うと、ワクワクします。このあとの準決勝も圭の主戦場として新たな気持ちでみてしまいます。

      引用  返信

  • 錦鯉の皆様、応援お疲れ様でした☆ うーー、でもやっぱりまだ悔しいです。
    でも、バルセロナのドローまでもうすぐ!! ドローが出れば夢と想像でいっぱいになりそうです♪

    ところで、マレーがプレスで圭君のことをほめてくれていました。その部分を抜粋します。
    「Q. I don’t know if you saw it, but Nishikori had a chance to be a break up, serving for the match. Does that surprise you?
    ANDY MURRAY: No. Nishikori likes the clay. He has a good game for it. He moves well. He slides into the ball naturally. He has a good backhand cross‑court, and he likes to run around his backhand to hit a forehand. Normally that’s a pretty good start on the clay.
    He’s getting older. He’s getting more experience. It doesn’t surprise me much. He’s a very, very good player. He’s not too far away from getting into the top 10 I would have thought.」
    かいつまんで訳すと「錦織がサービングフォーザマッチを迎えそうになったと聞いても驚かないよ。クレイが好きみたいだし、クレイでの戦い方をよく心得てる。(略)それに彼も、若くはなくなってきて、経験をつんできている。彼はとてもとても良いプレーヤーだから、トップ10に入るのもそう遠くない将来だと思っているよ」といった事みたいです。(適当訳ですみません。。)
    マレー兄さんはいつもほめてくれてるみたいでうれしいです☆

      引用  返信

  • ドローセレモニーのビデオが見れます↓
    http://www.livestream.com/bancosabadell/video?clipId=pla_253fbc7e-1dd6-4253-99ee-c075f0c3e044&utm_source=lslibrary&utm_medium=ui-thumb

    13分30秒あたりからドロー表が映りますが、1回戦bey、2回戦はククシキンとGトラバーの勝者、3回戦の相手となるだろう対抗シードはベルダスコ、さらにその先はベルディハみたいですね。

      引用  返信

  • ebicciさん、情報と翻訳ありがとうございます。自分ではなかなか探せないし、探せたとしても言葉の壁にしり込みしてしまうので感謝感謝です!
    ゆきたろうさん、ビデオ見ました。どんな風に抽選するのか興味があったので、はじめの方を見ていたら、2分50秒ぐらいに圭君のコールがありました。それにしても、かなり地味~な抽選で、それをこうしてビデオで見せてくれたが嬉しかったです。

      引用  返信

  • ebicciさん、
    マレーの記事と翻訳ありがとうございます!こんなこと言ってくれてたんですね-。
    最近トップ選手が錦織のことを具体的に褒めてくれることが増えた気がします。お世辞で褒める時は“great player”みたいに漠然と表現するけど、こうやってたくさん話してくれると、本音で言ってくれてる気がして嬉しいもんですね(^^)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。