錦織圭、ややミスが多いもののストレート勝利(2012ニューポート1回戦)

2012 New Port ATP 250
1st Round
Kei Nishikori[2] def. Igor Sijsling, 6-4,6-4

実力差(特にストロークの)は歴然としていたと思いますが、思いのほか手こずりました。

シースリングはストロークに決め手を欠き、錦織が強打すれば簡単にポイントが取れていましたが、錦織が自らのダブルフォルトやスマッシュミスなどから追い上げを許しました。

結局は勝敗を左右するようなクリティカルな局面は訪れませんでしたが、2ndセット5-4のサービスで0-40を迎えるなど、内容はかなり押していながらも一歩間違えば危ない展開でした。

気を抜いていたわけではないでしょうが、トップ選手を見ていると例外なくリードしているときに一気に畳みかける術を知っています。

リードしている時の心理と追い上げている時の心理が異なり、意外とリードしている時のテンションの保ち方が難しいことは私のつたない経験からも分からないでもないですが、プロですので私なんかに分からないでもない、とか言われるようではいけませんw

そんな問題は簡単にクリアしてほしいものです。

とはいえ最終的にはストレートで締めて体力的にも問題なし。2回戦、準々決勝と徐々に調子を上げれば問題ないので、ぜひそうなってほしいと思います。

2回戦は添田に勝ったオリビエ・ロクス。身長が165cmでツアーで最も小さい選手として知られていますが、この人は天才ですので侮っちゃいけない。

とにかくセンス抜群、動きもよく確実にボールをクリーンヒットしてきます。

ツアー決勝にはちょくちょく進出してますし、ウィンブルドンも4回戦まで行ったことがあります。バウンドの低い芝は背の低いこの選手に有利に働くのではないでしょうか。

錦織先生、次は最初から最後まで全開でオネシャス!!!

ポイント推移(スコアリング by netdash@鼻血)

Set1

G1シ×○×○○×○○ 1-0 相手動き鈍い
G2圭○○○○ 2-0 シバき気味
G3シ×○×○×× 2-1 シSv良い
G4圭○○○×○ 3-1 問題なし
G5シ×××× 3-2 Sv良い
G6圭○○×××× 3-3 中田留美来る
G7シ○○○○ 4-3 DF返してくれた
G8圭○○×○○ 5-3 ストロークエース2本
G9シ○○×××○×× 5-4 取れそうで取れない
G10圭×○×○○○ 6-4 ミス出たが立ち直る

Set2

G1シ×××○× 0-1 Svにやられた
G2圭○×××○○○○ 1-1 スライスで揺さぶり
G3シ○×○○×○ 2-1 パスとリターン冴えた
G4圭○○×○○ 3-1 ちょっとミス多い
G5シ×××○○○○ 4-1 シ無理に出るパターン
G6圭×○×○×× 4-2 ネットプレーミス連発
G7シ××○×× 4-3 Sv強いが返したい
G8圭××○○○○ 5-3 パターンにはめた
G9シ○×○××× 5-4 シさんギア上げた
G10圭×××○○○×○○×○○ 6-4 危なかったが締めた

12 件のコメント

  • 今、帰宅しました
    一人きりだったので、仕事しながら掲示板とライスコを横目で見てました。
    スイスイ行くのかと思いきや、途中、ちょっとぐだぐだしましたねぇ〜(;^_^A
    映像を見てないし、ライスコは固まるしで、何となくスッキリしない一戦でした。
    そろそろ優勝が欲しいので、段々に調子をあげて行って欲しいです(^O^)

      引用  返信

  • ライスコ、第二セットの始めくらいで固まってましたよね?会議中だったので、MTOか?とか心配してましたが、戻って掲示板見たら終わってました。ともかく初戦突破、よかったです。これから掲示板ゆっくり読みます。今日はIstomin, Goffin, Mullerなどが敗退してますね。まずは二回戦、パワー全開、中田留美なしを祈ってます!

      引用  返信

  • 気になったので、ちょっと見ました。

    サーブ: 弱い。大丈夫か?
    リターン: 1stの返球率が全然ダメ。
    ストローク:威力、精度ともにイマイチ。

    これでは、2回戦、準々決勝といつ負けてもおかしくありません。
    クエリー、ヒューイットあたりが怖いです。

    「これなら、勝てるかも!?」 と相手に思わせてはイケナイのです!
    しかし、そう思わせるサーブ、リターン等でした。
    自分のサーブが良ければ、そして相手の調子がイマイチであれば、
    勝つチャンスがあるぞ!、と希望を持たせてはイケナイのです。
    そのあたりが、トップテンの選手との大きな違いですね。

      引用  返信

  • 素早いレビューありがとうございます。
    アメリカシリーズは時間的にリアルタイム応援厳しいです。

    とりあえず1回戦突破、良かった(^_^)
    次も油断せず、けがすることなく優勝まで突っ走ってほしいです。

      引用  返信

  • 2セット目の途中から、試合全体の後ろ3分の1くらいをライスト観戦しました。
    掲示板もあとからまとめて見させてもらいましたが、私の見た部分については、油断などというより、単純に調子がいまひとつ、気分的にも乗っていないという印象を受けました。
    ライストの不鮮明な画像からの勝手な印象で違うかもしれませんが、コートの状態が良くない? これも違うかもしれませんが、ちょっとふてくされたところがあるようにも感じました。「なんだよこのコート、やってらんねー。これじゃ全然五輪の調整にならねーよ」みたいな…(ちょっとやさぐれすぎか)
    上位進出、あわよくば優勝のチャンスの大会であるのは確かだと思いますが、五輪を見据え、調子を狂わすことのないようにいってほしいと思います。

      引用  返信

  • 一回戦勝ててよかったです~☆

    おはようございます!
    楽勝の雰囲気から一転なんか苦労しているなぁ・・とハラハラの一回戦でした。

    やはりサーブが入らないしリターンもボレーも…と調子が良くない中での勝利で ひところの錦織君を思い出してしまいました。
    中田留美さんがいらしたのか 集中が切れたところに相手のギアが上がってきて1,2セットとも「はい!いただき!!」となってからブレイクされたり 0-40から挽回したり お母さんとしては(勝手に母気分ですが)2回戦以降が心配です。

    staybackさんのおっしゃる通りで 試合後のインタビューの記事では”調子悪かったし芝がウインブルドンより柔らかかった”などとのコメントが載っていましたね。

    ただサーブはウィンブルドンの時よりは良くなっていませんか?

    この後は気持ちも体もほぐれて 安定したプレーで勝利してほしいなぁ~と大いに期待してます!

    しかしアメリカは遠い。。ヨーロッパも遠いけど 時差13時間って★

      引用  返信

  • なんか〜みなさんの感想を見てると〜心技体どれもトップクラスに比べてまだまだのように感じます。復帰間もないということもあろうかとは思いますが〜過去〜現時点までの成長具合と比べても〜トップクラスを狙えるほど成長しないのではないかな〜なんて思ってしまいました。なんか5年後も10位代前後をうろうろしてそうな気もしてしまいます。どうかさらなる成長で私の予想を裏切る事を期待してます。

      引用  返信

  • たしかウィンブルドンジュニアのダブルスでもフェデラーと組んで優勝してたし、この大会でも2年連続準優勝なので強敵ですね、でもおもしろくなりそう。ところでロクスはまた太りましたね(笑)添田戦の映像を観ましたが、お腹が出ていました(以前からだけど)。

      引用  返信

  • スマホのちっちゃい画面でも
    ウィンブルドンからのトーナメントのレベルの落差歴然。
    芝の色の違い、なんだか手作り感地元感満載のスタッフの様子。
    てな感じで、確かに言われてみればstaybackさんの
    おっしゃる通りなのかもしれません。

    でも勝って当然、という相手に
    気は抜かずともどのように楽に勝つか、というのが
    トップ10に入っていく上で大事ですよね。

    次、調子上げて集中力あげってって欲しいですね。

    ロクス選手
    まだ知らないので
    みなさんのコメント聞いて
    是非見てみたくなりました。

    次はしっかり応援します。

      引用  返信

  • 圭君勝ってよかった☆ iphoneのTTVで寝ながら観戦。。。ほとんどうとうとして、よくわかりませんでしたが、2セット目4-1で楽勝ムードが一転して危なくなり、ちょっとドキドキしました。なんとか、せめて下位の選手には、自分のサービスをキープしてほしいです!

    ところで、ATPのニュースにてクアラルンプール出場予定とのアナウンスがありました。ことしは、250の大会でいいので、どっかで優勝する姿みたいです!!
    http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2012/07/Features/Kuala-Lumpur-Ferrer-Nishikori-To-Play.aspx

      引用  返信

  • そしてもう一つ、ショックな記事がありました。
    ジョコ、ラファ、ソンガ、フェレールは、楽天ではなく、北京のトーナメントに出場予定のこと。えー!です。マレーだけじゃインパクトなさすぎ。。
    (ラファ、ずっとこれからも、毎年出るよって、言ってませんでしたっけ?)
    フェデーラが来てくれることを祈るのみです。
    http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2012/07/Features/Beijing-Djokovic-Commits-To-Play.aspx

      引用  返信

  • うーん、なんでしょう、賞金? ホスピタリティ? 差があるんですかねえ。
    ユニクロと契約したから、ジョコにかすかに期待しておりましたが。
    圭君は、ミスが早かったですねえ。
    WBの決勝観て、悪い影響受けちゃったとか!?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。