強さは完全にトップ10選手、錦織圭が欧州クレーで初の決勝進出(2014バルセロナ準決勝)

2014 Barcelona ATP 500
Semifinals
Kei Nishikori[4] def. Ernests Gulbis, 6-2,6-4

グルビスは第1ゲームから強力なサーブとフォアハンドで攻めてきましたが錦織もうまく対応し、1stセットは今大会の他の試合と同じく完全な錦織ペースのままで取ってしまいました。
グルビスのショットはかなり速く一発の怖さがありましたが、明暗を分けたのは凡ミスの数でした。錦織はわずかに3本のみ。グルビスから見ればほぼ錦織はノーミスの印象でしょう。

セカンドセット、グルビスが声を出して気合十分で攻めてきます。ベンチで股関節をマッサージしてやや苦しそうな表情を見せた錦織、相変わらず良いプレーは続けていましたが1stセットほどの精度はありません。セカンドサーブに対するリターンをミスし、バックハンドもミスもやや出てしまいました。

しかし苦しかったのはグルビスも同様で、MTOを取るとその後もミスをなくすことはできず、4-4から1ブレイクが決め手となり錦織が決勝進出を決めました。

錦織のしているテニスは最早完全にトップ10のテニスです。棄権したマイアミ準決勝を除けばこれで8連勝。内容も素晴らしいです。何より自信があふれているように見受けられます。
チャンの教え「誰に対しても勝てる、勝つという気持ちでコートに入れ」が生きているようです。そりゃあ試合中ずっとあんな怖い顔で睨まれたら下手なプレーもできませんしねw

やはり最大の敵は故障です。今は股関節の不安しかないようで他のところに痛みがないということは好材料ですが、今日の試合も終盤は影響があったようにも見受けられました(気のせいかもしれませんが)。
何はともあれ巡ってきたビッグチャンス。優勝というのはどんな大会でも素晴らしいものです。明日はアルマグロが来る可能性が高そうなので、ジャパンオープンの雪辱にも期待したいところ。

それにしてもヨーロッパのクレーのATP500の大会で、屈強な外人選手たちを日本人の錦織が圧倒的な力でなぎ倒しまくっている姿に、嬉しい以上に驚きというか、もう口ポカーン・・・です。
2008年に鮮烈な印象を残して世界の舞台に現れたとき、「このくらい強くなってくれればいいなあ・・・」と半ば希望的観測として思い描いていた姿を実現し、お釣りまでもらっているような感じがします。非常に感慨深いものがありますし、こんなに毎日楽しませてもらって本当にいいのかなあ?

 いいんです!!!

   / ̄ ̄ ̄\
  //////ヽ\
  //     ヽ|
  N__  __||
 (Y≦・>/ <・≧|/)
  ヒ  (_ヽ  /
  |(←―-→) |
 ∩\  ̄  //
 || ∧__/ヽ
/ ̄ヽ V| /V \
L_/ \ |/ /  |
  \ \/   |

35 件のコメント

  • 団長さん、バルセロナは春にジャパンオープンが開催されていたころは日本人からしたら裏街道的な存在でした。でも日本人選手でこの大会にチャレンジ出来る選手が出てきてほしいと願っていました。チャレンジどころか決勝進出なんて・・・夢ですかね・・・(T_T)

      引用  返信

  • ファイナル進出おめでとう。

    しかし、団長おっしゃるように股関節はやや心配です。最後のダブルフォルト2回は足に力が入ってないようでした。明日は無理してほしくないです。

    ところでアルマグロがまさかの苦戦中です。1セットダウンで現在2nd.セットは1-1。

      引用  返信

  • こんなに強い錦織を見れて、本当によかったです。明日も絶対勝ち切って、top 10まで駆け上がって欲しいですね☆

    とか言ってたら、ジラルドが1セット目取りましたね!

      引用  返信

  • ヒラルドがセットアップしました。
    対戦相手の相次ぐリタイヤで体力温存です。
    方やアルマグロはラファ相手にフルセットですから疲れはあるはず。
    ここからどうなるでしょうか?

    錦織は股関節が心配ですが、決勝ですからアドレナリン噴出させて取りきって欲しいです。

    昨日のチリッチ戦で解説の人がTOP10のみならず、TOP5のテニスをしてると言ってました(たぶん)。

    ようやくラファが錦織は将来TOP10、いや、TOP5に入ると思うよ、といってくれたレベルまで到達しつつあるんですね。
    今年はフェデラーも錦織は近いうちにTOP10に入るよ、と予言してくれてるし。

    と・に・か・く!しっかり身体のケアだけ気をつけて、頑張って欲しいです。

      引用  返信

  • 私もトップ5と言いたいところだったんですが、私が調子乗り過ぎるといつもあれなのでね・・・w

      引用  返信

  • 2008年の全米オープンで、柳井さんが「粘って粘って勝つんではなく、力で外国人を圧倒しているんですよ!こんな日本人見たことない。こんなうれしいことはないです!(^-^)/」と、興奮してテレビでまくし立てていたのを昨日のように覚えています!(*^^*)♪
    さあこれから、という時に、何度も怪我に打ちのめされながら、そのたびに不死鳥のようによみがえり、いや、かえって強くなって戻って来る圭の姿に圧倒されました(;゜∇゜)ヤバイ
    ATP500の準々決勝・準決勝でこの強さ(^-^)/
    まさに横綱相撲でした!d=(^o^)=b
    中尾トレーナー、明日まで圭の身体をもたせてください!m(__)m

      引用  返信

  • バックもフォアも1球ごとに回転数・回転方向を変え、ラリーを支配している圭君の試合の組み立てを見ていると、TOP10どころかTOP5の貫禄すら感じられます。

    故障さえなければ、負ける気がしない感覚ですね。

    皆様同様、長く圭君を応援してきましたが、こんな日本人プレーヤーと同時代に生きていることが夢のようです。

    ただ、コイントスの場面で闘争心を表現するためか、無理矢理眉間にシワを寄せているようで、少し笑ってしまいました。

    勝利の為にあらゆる工夫をしているんでしょうね。

    明日の決勝、本当に楽しみです!

      引用  返信

  • 2008年の全米オープンでフェレールに勝った錦織をwowowでみてからというもの、錦織のテニスに魅せられて今に至ります。
    身体も経験値もそのマジッシャンの才能に追いついてきているんですね。(/_;)
    本当にこんなすごい選手をLIVEでみれて幸せです!!
    股関節ちょっと心配ですが。。。
    明日の決勝は勝つような気がします!

      引用  返信

  • シードダウンが多かった割に歯ごたえのある相手ばかりでしたが、しっかり勝ちきりましたね。救いと言えばコテコテのクレーコーターがいなかった事くらいでしょうか
    何か準々決勝まで行けばクレーの初戦としては十分、と思っていた自分が恥ずかしい

      引用  返信

  • ディナーでは明日のスピーチに備えてダンテコーチとスペイン語の速習だと思います(笑)

      引用  返信

  • あ´ー、アルマグロやってしまった。
    ファイナル進出で十分と思ってましたが、これは勝たないとチャンコーチに怒られるなw

      引用  返信

  • 連投すみませんm(__)m
    ビッグマッチの次の試合、やっぱり喜びすぎて気が抜けるんでしょうか?
    とにかく、圭にとってはクレー初優勝が近付きましたね!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • なんと、ヒラルドが勝ちました。
    これはどういうリアクションを取ればいいんですかね(笑)
    私としては「江戸の敵をバルセロナで討つ! 倍返しだ‼」とアルマグロへのリベンジを期していたんですが、今ではこれはヒラルドの合言葉になっちゃいましたよ(去年のデ杯)

      引用  返信

  • ヒラルドですか・・((+_+))
    正直今大会の対戦相手で、一番負ける気がしませんが油断は禁物ですね!
    一番の心配はやはり股関節ですが、心配してもしょうがない!
    アル中になってもいい!明日もバルセロナワインで応援します(^O^)/

      引用  返信

  • 故障だけが心配要素。
    って、本当にすごいところまで、圭くん、来たのですね。。
    <サーブをもっと強くせねば。>とか
    <はねるサーブのリターンを、なんとかせねば>とか、
    団長と皆で、好き勝手な事を言ってたのは、いつの話?
    明日は、サンティアゴ(カクテル)片手に、
    ガオラ観戦します♪
    昔、投稿した応援フード♪

      引用  返信

  • もう、この抜群の安定感は何なんだろうと
    思ってしまいますね!!
    明日はヒラルドですね。。。。
    正直、私自身ナダルとの決勝を熱望していて
    ナダルが負けた時は、アルマグロとの決勝かと
    思っていましたが、どんな相手でも尊敬する心を
    忘れず明日は頑張ってほしいです!!
    (その昔、スウィーティングに負けた時の悪夢が頭を
     よぎってしまったので。。。。)

    それにしても、本当に強くなった!!!
    一番の敵は怪我だけですね!!!!

      引用  返信

  • 今日はGAORAとライストのダブル中継で見てました。
    最後に解説者(コメンテーター?)が、グルビス相手にここまでストロークで試合を支配できるのは
    トップのほんの一握りの選手だけだろう、もはや彼にとって優勝は義務だね、みたいなこと言ってました。

    一体、圭はどこまで強くなるんでしょう!!
    錦織劇場はもう見られないのかな~、贅沢な悩みですね。

      引用  返信

  • 本当にこの落ち着きと安定感は何なんでしょうか

    心配ばかりしていた私は何なんでしょう

    メンタルな部分の比重は本当に大きいですね

    決勝も自分のテニスが思う存分できますように!!!

    試合を観られることが嬉しい~  でもドキドキ!!

      引用  返信

  • みなさんおめでとうございます。団長いつもきめ細かな情報をありがとうございます。今日久々にライストで圭君の試合見ました。
    本当に強くなりました。股関節の心配はあるものの、その他のフィジカル・メンタル本当にバランスよく成長しているのが素人目にもわかります。チャンコーチの教えも圭君にマッチしているのでしょう。
    ダイジェストや今日の映像見ていて思ったのですが、貫禄が出てきていますね。ポイントをとってもとられても、平然と自分のテニスに徹している圭君がいます。皆さんがおっしゃるように、今年の圭君の強さは立派にトップ5だと私は思っています。
    数えていないですがブレイク率は異常に高いのではないでしょうか?サーブも安定して素晴らしいですし。日本人で世界のトップで外国人をうならせる選手が出てくるなんて夢のようで誇らしいですね。明日は、何とか体がもってくれることを祈っています。
    楽しみです。

      引用  返信

  • タイミングが合わず、ライスト観戦のみが続いておりますが、
    心は皆さんと一つ‼と思っています。
    ここで、皆さんのコメントを読んでいるだけでもかなりテンションが上がるのですが、
    さすがに明日は決勝ということで、おじゃまいたしました。
    明日もライストのみですが、がんばって応援します‼

      引用  返信

  • 団長の逆フラグがアルマグロにまで(笑)
    強烈すぎます。
    と、冗談はさておき
    ヒラルド強かったですね。二人の棄権というラッキーはあるけど、ここまであがってきたのは好調だからでしょう
    ほんと、ヒューストンの悪夢を払拭してほしいです。
    あの3人衆の睨みがあれば、気もゆるまないと思いますが。。

    股関節なんともありませんように。。

      引用  返信

  • @まさお

    ブレイク率を調べてみましたが、ブレイクポイントでの達成率では2014年は20位ですね。
    http://www.atpworldtour.com/Matchfacts/Matchfacts-List.aspx?c=8&s=0&y=2014

    いや、それじゃないですね、リターンゲームでの勝率は4位です。
    http://www.atpworldtour.com/Matchfacts/Matchfacts-List.aspx?c=9&s=0&y=2014
    2013年は6位、2012年は5位、2011年は26位で、今年強いのがよくわかります。

    さて今日優勝できればランキング12位ですね。本当にトップ10が近づいてきました。
    「怪我はお友達」と本人は言ってましたが、トレーナーの力を借りて上手くサヨナラしてほしい。
    そして、トップ8、つまり最終戦のツアーファイナル出場を目指してほしい。

      引用  返信

  • ヒラルドとはデビスカップのコロンビア戦で圧勝してましたね。油断はできませんが今季2勝目、それも500の大会を制して欲しい。5月の2つのマスターズ、ローランギャロスと続くクレーへの期待は膨らむばかりです。

      引用  返信

  • 本当に強い!
    でも怪我が心配。
    怪我さえしなければトップファイブも間違いない。
    今年の錦織は去年から確実に進化した

      引用  返信

  • 昨日のグルビス戦、痺れました~
    本当に強くなった錦織がコートで躍動していました。
    グルビスは左右に振られ、足、腰に来ていました。

    決勝進出が決まった時、TennisTvの解説者が{No,mistake,SuperbーTennis
    Kei Nnishikori!}と絶叫していました。

    体さえ持てば、今夜の決勝、圭君、きっとやってくれると思います!
    期待に胸が膨らみます。これが2010年のWBでナダル相手にほとんど無名の
    アジア人だったのが、嘘のようです。

      引用  返信

  • オレ、グルビスや、なんかカルピスって言ってる人もいるみたいやけどグルビスやで。オレの武器はサーブと万歳フォアや、ファーストが70%の時は無敵やで。1stセットは67%で無敵まで3%足りんかったせいで完敗や、2ndは走らされて足も痛めて、あかんかった。錦織のファーストネームは日本語で土土って、訳すとクレークレーやん、そりゃ負ける訳やで、クレーコート以外でリベンジしたる!⇒(なりきり妄想でした)

      引用  返信

  • hungryphoenixさん

    リターンゲーム勝率はこの試合の前まで32パーセントで、ゲーム自体が237なのでブレイクをしたゲームは76(ただし75、77でも四捨五入すると32パーセントなのでその可能性もあり)。
    バルセロナではリターンゲームでの勝ち負けはバウティスタ7-6、ゴルベフ6-2、チリッチ5-3、グルビス3-6ですので、通算では97-178で勝率35パーセントでフェレールの38パーセントに次いで二位になってしまっています!素晴らしい!

    あと今日優勝するとレースランキングでフェレールを抜いて6位になりますね!

      引用  返信

  • もう、言いたいことは皆さんに言われてしまったので、全て激しく同意!同意!です。

    これまでも、強い相手を破る度に、このまま成長していけば、トップ10選手になれるはずと思いを馳せるも、次のラウンドで、ストレートで敗退したりすれば、やはり継続して力を発揮する力の差はあるなぁと感じ、課題は、山積みなのは当たり前だねとの繰返しの中で、それでも何があっても応援し続けるぞ!っと思って来ました。

    でも、もうそんな時期は過ぎて、今までよりも、ハッキリと根拠のある確信で、トップ10、5…MSのタイトル…GS決勝、優勝等が現実味を帯びてきて、ワクワクさせてくれるプレイヤーに本当になってくれたなぁと染々思いますね!

    一つずつ、確実に進化していく錦織くん…今後は、その度に涙目どころか、何度号泣させられるのかなぁ!と心配?です!

      引用  返信

  • グルビスが、普通の選手に見えました。
    ガオラ解説の佐藤さんがおっしゃってましたが、ストロークを打つ前にタメがあるので、そんなに厳しいとこを突かなくても、決まってしまいますね。
    ラリー戦は、安心して見ていられました。
    身体のケアさえ万全ならば、決勝は・・・でしょう!(あえて、書きません!)

      引用  返信

  • @かひ

    かひさん

    ご指摘ありがとうございました。確かにその通りです。
    レースランキングはあまり報道されませんが、12位から6位にジャンプアップはすごいです。
    http://www.atpworldtour.com/Rankings/YTD-Singles.aspx

    圭を2008年初めから応援してきましたが、本当に日本男児の誇りです。

    そしてこのブログは素晴らしい交流の場ですね!

      引用  返信

  • ハーフボレーさん、おかし過ぎます!(笑)
    万歳して打つ人は一般プレーヤー(ダブルス)でも時々いて笑っちゃうけど、
    モーションが大きいせいか結構パワーのあるボールが来たりして…
    トッププロのグルビスはん、初めて見ましたがすごいパワーですね。
    身体能力すごいなぁ。体に負担かかりませんかね??
    それはさておき、
    500大会で、決勝まで来るのが普通にかんじちゃってて、
    これって本当にすごいですね〜〜。
    もう、優勝間違いないでしょ、とか思ってるのが逆に怖い!
    今年半分いかないのに、トロフィー2つ目ですよぉ。はぁ〜。すごい。
    あ、まだ優勝してないけど!
    ヒラルドごめん!
    レースランキングも、はぁ〜。すごい。。。

      引用  返信

  • いちにのさん…あっ!なるほどー。
    今、気づきましたよ!あなたのハンドルネームの狙いが(*^^*)

    了解です、全力応援しましょうね!

    今夜は、クレー初タイトルに向けて
    ( ^-^)ノ∠※。.:*:・’°☆

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。