錦織圭、連戦で体を痛めたか。早めのリタイア(2014デルレイビーチ2回戦)

2014 Delray Beach ATP 250
2nd Round
Teymuraz Gabashvili def. Kei Nishikori[3], 4-2 ret.

お互いあんまりラリーのない淡白なテニスだなあ、と思っているうちに錦織がリタイアしてしまいました。脇腹痛でしょうか。

元気がないけど、どこかでギアを上げてくるだろうと思っていたところ、逆に厳しい球は追いかけなくなり、あまり迷わずリタイアしていました。
来週はアカプルコでATP500の大会ですし、悪化する前の早めの判断だったのだと思われます。現時点では仕方ない判断だと思います。
なんか、故障慣れしてきているような・・・。良いことのような嬉しくないことのような・・・。

ランキングはベストの18大会のポイントの合計で算出されます。グランドスラムの4大会、マスターズ1000の8大会は強制的に18大会に含まれます。また、ATP500を4大会以上プレーしなければなりません。

この時点ですでに16大会ですから、ATP250格の大会は3つ以上、好成績を残してもランキングに関係ないのです。すでに先週1大会優勝しているので、今年中にあと1大会、どこかでのATP250で好成績を残せば良く、このデルレイビーチは怪我の悪化のリスクを冒してまで頑張るべき大会ではないことが分かります。

【訂正】ATP500に4大会の出場義務はあるが、ポイントは強制算入ではないとのコメントを頂きました。失礼しました。つまり、ATP500以下で成績の良かった6大会分が算入されます。

地元フロリダだし、2008年に彗星のごとく錦織が現れた大会で思い入れがあるので残念ですが、錦織が出世したということでしょう。

タフなフィジカルを身に付けたかどうか、試金石となる2週連続チャレンジでしたが、残念な結果となってしまいました。
それでも少しずつですが前進していると思います。3月から6月にかけて重要な大会が多く、そこにしっかり照準を合わせて体を治して欲しいと思います。

49 件のコメント

  • 残念ですが、ここは「大事をとった」と思いたいです。
    来週のアカプルコに元気な姿で出てくることを期待します。

      引用  返信

  • 腹筋の怪我なんで、アプカルコはパスしたほうがいいんじゃないかと。ここ2年の同様のけがの経過などからそう思います。

      引用  返信

  • 脇腹(腹筋)だとしたら、確かにそうでしょうね。。サーブでの身体の使い方の問題なんでしょうか。

    アカプルコもそうですが、これでデ杯明けのすぐの転戦は回避して、回復&トレーニング期間に充てる可能性が高まった気がしています。。

    今回は棄権に終わりましたが、全豪~デ杯~モンフィスまではコンディション十分でしたので、今後は今回を参考にまた試行錯誤しながらの転戦になるんでしょうか。

    ただ、移動して気候変わる中での転戦ですし、腹筋と言うよりコンディション(体調)自体が悪かった、とかいう可能性ないんでしょうかね?

      引用  返信

  • 早朝より記事アップありがとうございます。
    映像が見られず、突然のリタイアに動転ましたが団長の記事で落ち着きました。きくち氏の記事も未だでしたね。
    今後はATP500を中心に戦って行くんでしょうね。250大会は調整を兼ねて、でも出たら優勝を狙ってほしいな。
    よってアカプルコは参戦するべきと思います。そのために早めにリタイアしたと思いたいです。

    この場所を痛めるとサービスに大きく影響が出ますよね。つまりサービス練習も無理できないはずで、サービスが好不調のカギを握るだけにつらいところでしょうね。そこは来季の課題として、痛みが再発しないように今季を戦っていければと思います。

      引用  返信

  • やっぱりか。悪い予感が当たってしまいましたね。今年は少しはフィジカルが強くなったと思ったけど。来週のアカプルコも無理っぽいですね。いつも回復に相当な時間がかかっているので。今回は軽い怪我ならいいのですが。それにしてもチリッチは3週連続で決勝まで行くのかな。

      引用  返信

  • 時事通信記事によると、左臀部を痛めたみたいです。真相は分りませんが、来週どうなるか注目ですね。

      引用  返信

  • ATP500には4試合出場の義務はありますが、義務12試合以外の上位6試合がポイント対象なので、
    ATP250に3試合以上良い成績を残しても損はないはずです。

    4試合の義務をはたすためにアカプルコには参戦してくるのでないかと思っています。
    そのためのリタイアであればと願っています。

      引用  返信

  • 全豪といい、デ杯といい、精神的な重圧は普段のツアーの試合とは比べものにならないと思います。
    圭としては、十分頑張ったと言えるんじゃないでしょうか?(^-^)/
    大事を取ったと思いたいです!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • チリッチにしろフォニーニにしろ、丈夫な方々が羨ましい……。
    アカプルコに出られるようだと良いです。

      引用  返信

  • 脇腹故障でのサーブ不調でもぎりぎりガバ戦は乗り切って、次のチリッチ戦では完敗と読んでいたの
    ですが、予想より早いリタイアでしたね。がんばっては欲しいのですが、この先のスケジュールを
    見据えてのリタイアとか、次週のために大事をとってのリタイアとか、前向きなリタイアとは違う
    ような気がします。。ごめんなさい。

    昨年と同じような故障で、やはり昨年と同じように「2、3戦は戦えるがその後は動くのがやっと」
    (←昨季終盤の自身のコメントより)の状態に突入してしまうのでしょう。

    ATP250でいい成績を残せないのに、よりきついドローの500、マスターズでいい成績は無理でしょう。
    今季も故障と戦いながらの厳しいツアー転戦になりそうですね。トップ10なんて夢のまた夢。

    自身も言ってるし、結果もそのとおりの「サービスの好不調」でケイの勝敗は左右されますので、いい
    サービスを打てない故障の状態では、「この先、たかがしれています」。

    リターン力世界5位、ストローク力世界10位でもサービス力が世界50位では、世界21位ほど。
    (リターン5位、ストローク10位、サービス10位なら世界8位ほどの計算)
    おおおよそ現在のランキングに近いですね。

    ナダルが強いのはストローク力もありますが、ここぞ(ピンチなど)と言う時のサービスエースが
    高確率で取れるサーブ力があるから(瞬間的超ビッグサーバー)だと思っています。

    どうか、このネガティブな私の思考を打ち破って活躍してください。お願いします!!

      引用  返信

  • 全豪 デ杯 メンフィスとみてきて、 健康な圭君なら誰と戦っても勝ち目があるところまできた気がします。
    、でもサービスが思いっきり打てないときは、イージーポイントがとれないので、時間がかかりすぎて負担が増え怪我につながってしまうと思うのでできるだけ無理のないスケジュールで効率的にポイントをとってほしいと願っています。
    ところで浅田真央選手が、フリーで納得のできる演技ができて本当にうれしそうでしたね、メダルなんかなくても十分幸せな気分をもらいました。圭君も自分が納得のいくテニスを追及しているでしょうからどんなときも見守っていきたいと思います。

      引用  返信

  • 残念。でも、ブリスベンで単複4試合、ク―ヨンで3試合、全豪で4試合、デ杯で3試合の5週連戦。デ杯の翌週も日本からフロリダ、フロリダからテネシーへの移動で十分な休憩がとれず・・・その状況でメンフィス4試合で優勝、デルレイビーチも初戦は勝ちました。これだけの試合数をこなしてるのは、年末トップ30のなかでベルディヒ選手と錦織選手だけでは?これだけの戦いを見せてくれたのです、十分な進歩ではないでしょうか。                                                    今年は250への参戦を増やす予定だそうですが、試合感覚の途切れの防止と戦い抜く体力、身体を強くするためのものだと思われます。チャンコーチも、細かい怪我の多さや体力不足を指摘され続けたなか、93年頃に試合参戦を「おかしいのでは?」と言われたほど、増やした時期がありました。そして95~96年にかけて3度のグランドスラム決勝進出をはたしました。結果が出るのはまだ先でしょう・・・信じて歓喜のときをまちましょう!

      引用  返信

  • くまたおさん 口惜しい気持ち非常にわかります。調子がいい時にいつもこうなりますよね。すんなりトップ10に入ればいいんでしょうが、紆余曲折して上がっていく姿でもいいかなと思ってます。無理して長期離脱だけは避けてほしいです。
    大事をとった早めの予防であることを願いたいです。

    ナダルのサービスで僕は以前知らなかったことですが、ナダルのサービス1stと2ndのボールの回転量の差の平均が世界で一番あるようです。2nd叩かれさえしなければ、ストローク力は完全に世界トップレベルにあるんでエース狙いよりプレースメントで勝負してほしいです。もちろんおっしゃられる通りナダルのここぞという時の集中力、アドコートのサーブの強さはヤバいですよね。マイケルチャン大好きなんですが、彼も同じようにサービス苦しんで、長ラケにしてスピード上げようとしてましたよね。
    アガシとかフェレールみたいなストロークを生かすサービスを目指してくれないかな~って素人ながらに感じます。

    どうなっても、錦織圭は日本史上最強であることは間違いないのでオリンピックまで戦い続けてくれるように応援します。

      引用  返信

  • 現地の菊地記者がtwitterで比較的詳しい情報を出してくれています。
    https://twitter.com/joshkikuchi/

    抜粋ですが、
    「ちなみに負傷に関してですが、あくまで悪化して回復が遅れるのを避けるための
    棄権だということです。近々精密検査を行い、問題なければ来週のアカプルコにも
    参戦する意向とのことでした。」
    とのことです。

    なお、アカプルコのドローはかなり遅く、現地2/23(日)15:00、日本時間では2/24(月)6:00と
    なっているようです。
    http://ow.ly/i/4DHsi
    こりゃ~、週明けまで目が離せないですね。

      引用  返信

  • 圭くんのリタイア理由ですが、ATPのニュースで、left hip injuryとなってます、医学用語ではhipは股(股関節)のことですので、左足の付け根の故障でリタイアということだと思います、菊池さんも情報出してくださいました、1回戦も棄権しようとかと思いながらのプレーだったと、精密検査の結果問題なければアカプルコには参戦予定だそうです、あくまでもひどくなる前にやめたととのことのようです、疲労が残らないといいですね

      引用  返信

  • 出先でハッキリとわかりませんが、次週の欠場の報が出ています。朝日新聞の報道かと思われるますが…すみません

      引用  返信

  • Delreyの公式サイトに、水曜夜に同乗していた車で経度の事故に遭い。それが怪我を悪化させたのではないかと訊かれ、圭は否定しているようですね。しかし回復には時間がかかる、ここ最近は良いプレーをしていただけにショックだ、とも話しており早々のアカプルコ欠場判断はやはり、と感じました。心配です。

      引用  返信

  • ごめんなさい、誤字がありましたので再投稿します。
    Delreyの公式サイトに載っていますが、水曜夜に同乗していた車で「軽度」の事故に遭い。それが怪我を悪化させたのではないかと訊かれ、圭は否定しているようですね。しかし回復には時間がかかる、ここ最近は良いプレーをしていただけにショックだ、とも話しており早々のアカプルコ欠場判断はやはり、と感じました。心配です。

      引用  返信

  • 圭のアカプルコ欠場がオフィシャルになりました。
    どうやらフォニーニもOUTするようです。ということは、参戦すれば#4シードだった訳ですね。
    レバタラを言っても仕方がないですが・・・

    次のIWまでは実質2週間あります。
    精密検査の結果も含め、しっかりと間に合わせてくれたら嬉しいな。

      引用  返信

  • 公式ブログでデ杯1回戦勝利を報告する際、最後に「体調はそこ(WG2回戦)に合わしていきたいです」と綴っています。勝手な想像ですが、早々のリタイアとアカプルコ欠場はIWやマイアミというよりはデ杯2回戦出場を見据えてのことのように思えてなりません。日本のファンのために律儀に言ったことを守っているのであれば、失礼ながら頭をめちゃくちゃになるまで撫でてあげたい気分です。ま、IWに間に合えば万々歳です。

      引用  返信

  • これが最善の策フのでしょうしァンとしては気長に待つしかないですね。

      引用  返信

  • ↑これが最善の策なのでしょうしファンとしては気長に待つしかないですね。

      引用  返信

  • 4日ぶりの書き込みです。
    「デルレイはスキップでもいい」と言った手前、今週は蟄居しておりました(笑)
    さて、錦織の状況ですが、もちろん楽観はしていませんがそれほど悲観もしていません。
    ここまでブリスベンベスト4、全豪ベスト16、メンフィス優勝というのは去年と全く同じですが、今年は加えてデ杯で3連戦しデルレイも1勝しています。さらに言えばクーヨンクラシック優勝です。ここまで着実な進歩と言えるのではないでしょうか。
    今回の出場の判断については、多くの方が指摘されたように自分に負荷をかけて現時点での限界を見極めようとしたのだと理解しています。
    この辺りはチャンコーチというより中尾トレーナーの進言かもしれません。去年の終盤も休んだほうがいいように見えても試合に出ながら鍛えるという方針でしたよね。
    実のところ、ガバシュビリ戦について私は通過点くらいに思っていたのですが、コリコリさんの「錦織はまだ優勝した翌週の2試合目、つまりGSでいえばセカンドウィークの2試合目に勝ったことがない」というコメントに目から鱗が落ちました。
    インディアンウェルズはどちらかといえば苦手にしている大会ですが、元気な姿そして勝つ姿を見せてくれると期待しています。

      引用  返信

  • 試合に出ながら鍛える、というより鍛えて治すというニュアンスでしたね。

      引用  返信

  • ロイターの記事、時事通信の記事、日刊スポーツの記事には、それぞれ微妙に内容の違いがあります。
    しっかりした診断が出るまでは、あまり不安を膨らませないようにしたいものです。
    圭くんが一番不安でショックでしょうから、私達は静かに待っていたいです。
    バーゼルからの今シーズンはあまりに好調でハードに来ていますので、少し休んだ方がいいのかもしれません。
    圭くんとチームは、今、好調のバイオリズムにあると思います。この怪我も好調の中で推移していくと思います。
    圭くんが元気をキープしてくれるように願っています。

      引用  返信

  • 夢のコントさん、今度はビールを吹き出しそうになりました( *´艸`)炭酸が鼻にきて(>_<)                     先週から過激派に転身してましたが、暫く穏健派にもどろうかと思います。2週間後からの1000大会の連戦やデ杯、こてこてのクレーシーズン到来前に休息がとれたと思えば安心です。開幕から1月半以上、戦い抜いたのです。凄いですよ。                   

      引用  返信

  • http://m.tennis.com/pro-game/2014/02/nishikori-questionable-indian-wells-and-miami/50691/#.Uwe4fpXNv4h錦織選手はMRI 検査を受ける予定だそうです。a left hip flexor によるものだそうで、インディアンウェルズとマイアミの参戦も検査結果次第でしょうか?アカプルコも欠場でデ杯どうこうでなく先ずテニスが出来るかどうかですね。長引かないといいですが。

      引用  返信

  • 事故や精密検査の記事を読まずにコメントしてしまいました。妄想が過ぎました。大事に至っていないこと、早期回復を祈ります。

      引用  返信

  • C太郎さん、ツイッター情報ですが錦織選手が「(メンフィスの)決勝の次の日の練習で痛みを感じ始めた。最悪になる前にやめたので復帰まで何ヵ月というのはない。」と言ってる新聞記事を見ました。心配しすぎることなく検査結果後のアナウンスを皆さんで待ちたいですね。

      引用  返信

  • そらさん、ありがとうございます。本人の予想通り早い復帰になるといいですね。
    デ杯は錦織のプレーを間近で見る数少ない機会のため、ついつい出場を期待してしまいます。本人にとっても気力、自信の充実はパワーの源になっていることと思います。反面、日の丸を背負って5セットマッチを戦う負担、移動の負担も大きいですね。
    検査結果や回復状況により今後のスケジュールを決めていくものと思いますが、どんな状況になっても励ましてあげられるような心の準備をしておきたいです。

      引用  返信

  • なぜか19日付でフェイスブックを更新しています。Chef Morimotoとは?アメリカ在住の著名なシェフのようですが、圭はどこにいるのでしょう?心配する我々を尻目に、なんとも呑気なような気もしますが??

      引用  返信

  • いまいち様

    上述の菊地さんのブログで詳細が触れられていますので、ご覧ください。
    大人の事情と推察しますし、身体の状態に関わらず、錦織選手にとっても精神的にはいい息抜きになったのではないかと思います。

      引用  返信

  • 大会主催のイベントのようですね、更新しているのはマネージャーでしょうし。

    菊池氏の当日のブログ
    http://ameblo.jp/joshkikuchi/entry-11777063781.html

    大会公式のビデオ
    http://youtu.be/QvViLSDtlaQ

    棄権した場面をライストで見てましたが、サーブは問題ないように見えました、ただ少し振られると全く追わない(追えない?)
    軽傷であればいいですね。一日も早い回復と、できれば Indian Wellsでの復帰を願ってます。

      引用  返信

  • 怪我、大事に至らないといいですね!ぐーがーさんのおっしゃってるように良い息抜きになればいいかと♡

    こちらでお聞きしてもいいのかわからないのですが、4月のデ杯に行こうと思っています(今まで楽天しか行ったことないです)
    先行発売では座席の詳細は選べないのですが、一般発売でも選べないのでしょうか?

    スレチですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて頂けると幸いです(>人<;)

      引用  返信

  • ぐーがー様、赤黄色様、
    ありがとうございます。
    これは棄権する前のイベントだったんですね。早とちりしました。
    ホント、軽傷だといいですね。
    せっかくレベルも上がって来たので。 みんなで祈りましょう。

      引用  返信

  • 圭くんのケガが心配で、悶々としていましたが、さっきリオOPで奈良くるみちゃんが決勝進出しました!
    白熱した試合展開に引き込まれ、真夜中にもかかわらず最後まで観てしまいました。
    くるみちゃん、とても落ち着いていて、リードされても自分を見失うことなく、勝ち切ってくれました!
    おかげで元気をもらえました!決勝が楽しみです(#^.^#)

    圭くんも今年は好調を維持してきたので、今は悔しい気持ちで一杯だと思いますが、まだシーズンは始まったばかり。
    今はあせらずゆっくりケガを治して、また強くなって戻ってきてほしいです!

      引用  返信

  • 圭のFace のFan pageにコメントが、あまり心配ない様子で一安心しました。連戦を戦える体力が欲しいですね。

      引用  返信

  • くるみちゃん 決勝進出ですか。ジェルミさん、朗報ありがとうございます。 12時間の時差で14時ということは日本時間2時か・・・見たいけど

      引用  返信

  • 公式に書いてくれてたんですね。画像ってMRIのことですよね、圭君も自分の目で見て確認して言っているのでそんなにひどくなかったみたいですね、良かった。インディアンウェルズで会えるみたいだから、フロリダのおうちでゆっくり休養ってむしろ良いかも。

      引用  返信

  • さっちゃんさんのコメントを拝見して、思ったのはアガシ選手もhipの故障が多くて、その影響か現役時代晩年は座骨神経痛に悩ませれ、大会に出場しても2,3試合したら痛みでベストのプレーができない、と言っていましたが・・・昨年の東京以降の錦織選手も似た状態でした。天才的な選手は知らず知らずに限界を超えて動いてしまいますし、アガシの様だと評される錦織選手、故障の種類まで似てしまうのかな?アガシ選手も怪我や精神的スランプで長期休養、欠場が多い選手でしたが、逆に選手生命を延ばしたとも言われてますし、故障欠場は心配ですが休養できたと思えば前向きになれますよね。                                       あと、アジア、オセアニア地域の選手は時差、移動のハンデが大きいと改めて感じますね。アベレージシステムから、ベスト14システム、少しずつ増えて、今やベスト18システムと過酷。ツアーは年頭の全豪にかけての4週と秋のアジア3週以外はアメリカ、ヨーロッパ中心で、その地域の選手には有利ですが、アジア、オセアニアの選手はデ杯でホームになった場合、ツアーの流れに逆らっての強行軍が要求されてきます。ベルディヒがアウエーのデ杯には参戦しないと言った気持ちが理解できます。こてこてのクレーシーズンが始まる前に日本やカナダに来てハードコートで戦えば調整が難しくなります。錦織選手もカナダ戦がカナダであったなら、すんなりとアメリカのハードコートシーズンに入れたのではないか?チェコ戦がチェコのクレーなら、そのままヨーロッパのクレーシーズンに入っていけるのではないか?とか、思ってしまいます。ベスト18システムになってからアジア、オセアニアの選手でトップ10に入った選手はいません。錦織選手の11位が最高です。ここのブログにはいませんが今回の欠場で、また怪我か、とか、体力無いな、と思われる方達もみえるかもしれませんが、錦織選手の過酷な戦いを知ってからにしてほしいですよね。

      引用  返信

  • 公式ブログの更新が早かったですね。
    診断結果が悪くなかったので錦織選手自身もほっとしたことでしょう。
    予定通りマスターズで復帰してくれるのを待ちたいです。願望入ってますが。
    それにしてもメンフィスが500大会でなくなったのは痛かったですね。
    やはり自国の選手が振るわないとスポンサーも集まりにくくなるんでしょうね。

    上の変な匿名コメントは私です、すみません。

      引用  返信

  • こんばんは(*^_^*)

      martaさん、一般発売では 座席選択できますよ!!

     今回から、サポーターズシートなるものが出来ましたね。
     選手の力となる、応援をしたいですね!

    私は数年前から(圭君見たさに。。)デ杯観戦デビューしましたが、

    今回のように、怪我のニュースが飛び込んだり、他の方の投稿を読んだりすると

    デ杯の圭君への負担がどれほど大きいものかと、改めて思い知らされています。
     
     でも・・・圭君のプレイを近くで見られる機会は、あまりにも少なく(T_T)/~~~

     ついつい、デ杯参戦を期待し、希望し、いえいえ、働く糧とさえしています(笑)

    皆さんが仰られるように、軽症で、尚且つ元気な姿で
    真っ赤なウエアの圭君に会えることを熱望しています(*^^)v

      引用  返信

  • 今更ながらですが、コメント残しておきます。
    リタイアは仕方ない。ひどくなる前にプレーをやめた、納得です。
    でもでもでも!!!!!!!!!!
    私にしたら、、、去年今年と、1年に一度しかない生錦織圭のプレーを、遠路はるばる見に行ったのに、2年連続でリタイアかい!?
    これきつすぎます。
    去年も今年もせっかく生で見た圭の表情は全然良くなく、下を向いて、マイナスな雰囲気だしまくってました。もっと明るい表情の圭がが見たかった!!

    当日の練習にはちょこっと現れました。時間にして20分くらいかな?ストロークとボレー、サーブをやって終了。ボレーもサーブも流す感じで全然全力だしてる感じではなかったので、まさか!!!???と危惧しましたが、やっぱり、、、。

    まぁ、あの状態で1回戦勝てたのはラッキーというかやっぱりシード選手は実力が違うのでしょうか。

    早く快復してほしいですね。
    すみません、愚痴書きました。

      引用  返信

  • Reikoさん!そうでした、デルレイビーチといえば、Reikoさんの生圭観戦でしたね。
    お気持ちお察しいたします。
    デ杯対イスラエル戦のとき、金曜に生圭、とワクワク有明に着いたら
    (その日しか見に行けなかった)選手交代の張り紙が。
    自分を応援してくれる人々のことを思うと、選手にとっても本当に苦しい選択なのでしょうね。
    ATPの大会が開催される各地に圭くんのファンはいるでしょうから
    圭くんの出場予定のない大会の土地に住んでいる人も、毎回とても残念に思っていることでしょう。
    デ杯や楽天で生圭観戦できる恵みをもっともっと噛みしめなければ、ですね。
    Reikoさん、これからも一緒に応援し続けましょう。

      引用  返信

  • Reikoさん・・心中お察しいたします。
      
    Chirsちゃんさん・・私はその日、なんと奮発してプレミアムシートを購入しての
              応援の日でしたぁ(T_T)/~~~ (W)

      オールシーズン・・怪我無しはありえないでしょうし。
      でも、でも、よりによって!!(ガ~ン)って気持ちも良くわかりますよ~❤

      引用  返信

  • @Chrisちゃん
    お気遣いのコメントありがとうございます。
    選手としたら苦しい選択だってことはわかっているんですけどね、なぜ今日なのよ!!??私にスーパープレーをみせて!とわがままに思ってしまったのでありました。
    イスラエル戦は残念でしたね。お気持ちお察しします。
    世界中に圭ファンがいるのですよね。そのファンのためにも怪我なく戦ってほしいですね。
    インディアンウエルズ、出場できるかなぁ、、、。

      引用  返信

  • @ゆぅ♪
    プレミアムシートの日があのイスラエル戦だったのですね。これはこれは、、、、。非常に残念でしたね。そのお気持ちよーくわかります。
    長い選手生命の方が大事。怪我の少ない身体でツアーを戦ってほしいですね。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。