【結果】ハースに完敗(2014インディアンウェルズ3回戦)

2014 Indian Wells Masters 1000
3rd Round
Tommy Haas[11] def. Kei Nishikori[19], 7-6(2),6-2

残念。完敗だったようです。
家に帰って録画をじっくり見てからレビューしたいと思います。

32 件のコメント

  • 開いてたライストが途中までフェデラーを映していたので第1セット4-5からしか見られませんでしたが…>_<
    ハースぱいせんつよいっす!
    終始ラリーに主導権を与えないハースの巧みなストローク!
    緩急や浅いの深いの、回転量変えられたり、意表をついたコースなど…まったくリズムを掴めませんでしたね。
    というか見透かされてたのかな、先輩に。
    メンタルはお互いにちょっと乱れてるように感じましたが。
    去り際の圭の表情はとてもくやしそうに見えました。
    何が悪くて負けたのか、本人が一番わかってるでしょう。調子も含めて。
    私も悔しいよーー。

    人の可能性を否定する事は私も反対します。
    (ダメなとこも好きになれないと、愛じゃないしね!)
    勝者と敗者がいるから勝負。
    負けを知るから勝てるんだと思います。
    そして圭は自分の立ち位置も冷静に見れてるはず。

      引用  返信

  • ハース選手、大好きな選手の一人です。相手が日本人選手でなければ必ず応援します。今回は怪我の状況もありますし、今の錦織選手なら勝てる、というか超えてほしい選手の一人。見ていないのでわかりませんが、錦織選手は悔しかったでしょうね。マイアミでこの経験をいかしてくれると思います。

      引用  返信

  • 現地から戻りました。
    ハースが先輩として、ベテランとしての強さや意地を見せつけたような試合でした。
    悔しい~~~!!
    そして負けた後、真夜中の砂漠を1人運転して帰る寂しさ。。。

      引用  返信

  • パワーだけじゃないテニス…
    今日のハース戦の緩急織り混ぜたようなラリーを観ると、なるほど納得ですね~
    長いラリーをやってるうちにリズムを狂わせられるんですか?
    テニスってやっぱり奥深い…(^^;
    いろんな引き出し持って、それを上手に使いながら勝ちに行くのですね…。
    今日は残念でしたが、この敗戦を糧に次こそハース選手を翻弄させたい!(^^)
    いつも鼻血ブヒブヒ出しながら応援してます~!

      引用  返信

  • いや~ハース強かったですね。
    錦織のプレイを封じるような、翻弄するような・・・。
    元世界NO.2にして、35才の今もTOP20にいる、その実力を存分に見せつけた感じの試合でした。

    錦織も、多少やりにくそうに見えました。
    いつものキレやフットワークがもたついていたような・・・。

    まあ随分待たされて、夜中の12時を回るような時間だったので、その影響もあったのかも。
    何にせよ、「まだまだ負けないよ!」と先輩ハースにしてやられましたね。

    この悔しさを糧にして、次のマイアミでまた頑張ってもらいたいです。

    にしても・・・ハース、上手くて強かったなあ・・・。

      引用  返信

  • 出先で、ライブスコア応援でしたが、うむむ~
    頭の中では、フェデラーの応援フード出来上がっていたんですが、
    次回の楽しみにとっておきま~す
    圭くん、” 見とけマイアミ ”でいこう!

      引用  返信

  • ハース先輩に完敗でしたね。
    どんどん圭くんらしさを封じ込められていった感じがしました。
    ハース、うまかった。
    残念なんですけど、こんなすごい選手と普通に練習してきたことに、すごく頼もしさも感じました。
    大先輩に宿題たくさんもらいましたね。その宿題を終わらせた圭くんが楽しみです!

      引用  返信

  • TENNISTVのCatchUpで見ましたが全部見ると落ち込みそうなので飛ばしながら見ました。
    サマリーを見ると、アンフォーストエラーはハースの方が多かったんですね(+_+)
    要所要所でのポイントが大きかったのでしょうか。。
    まあ怪我が悪化していないのなら大丈夫!まだまだシーズンは始まったばかりですから!

    今日の一戦はお蝶夫人と岡ひろみを思い出しましたよ・・(年齢がバレますが)
    「ひろみ!わたくしのプレーをよく覚えておくのよ!!」っていう感じでしたよね(^^;)
    きっと圭くんにも届いたと思います!!

      引用  返信

  • 何時もの事ですが、負けると悔しいですよね、今日は勝ってほしかったんですが。
    第1セットタイブレークでバックのミス4本、あれがすべてでしょうかね。
    第2セットスマッシュミスでブレークされた後はずるずると、最後までなんか合ってない感じでした、ハースそんなに良いとは思わなかったんですが、錦織はストローク、特にバックの打ち合いで負けると元気がなくなるような気がします。
    まあ気持ちを切り替えて、マイアミでは頑張ってほしいです、

      引用  返信

  • 最初調子の出なかったハースを 波に乗せてしまった~~~

    三十五歳現役気合の入れ方が違う

    負けるとショックでへこみます が

    次の試合が始まるとすぐ復活|

    今日の試合は卒業

    はやくマイアミの kei nishikori が観たい||

      引用  返信

  • 初コメです。
    毎日このブログを楽しみにみてます。
    今日は仕事で圭の試合は観れなかったのですが、正直負けると思ってなかったです。
    私個人的には今年の圭の出来で言えばトップ8ぐらいの実力があると思っていたので、残念でなりません。
    何よりロジャーとの試合が観たかった・・・・・・泣

    あとグルビスとかラオニッチなどの若手が勝ってるのも苦やしーー
    圭のが上手いのにーー

    まあー引きずってもしょうがないので次は良い結果に期待します!!
    今年のツアーは結構荒れると思うのでビックタイトルに期待しましょう!!

      引用  返信

  • 久しぶりにコート中走り回らされて、汗だくで顔を真っ赤にしている圭を見ました(+_+)
    時おり足を滑らしていたのも気になりましたね~(((^_^;)
    ストロークが踏ん張れなさそう(+_+)
    調子の良いハースは、やっぱり強敵でしたね。
    圭の良さを出させない展開、さすがとしか言い様がありません。
    特にバックの高い打点をペースや球種を変えて攻められ、圭の調子が完全に狂ってしまいました(;゜∇゜)ムネン
    もう少しショートアングルやドロップを使って、前に引っ張り出せれば展開も変わったかもしれないです。

    マイアミのサーフェスの方が圭は得意でしたよね!8(*^^*)8♪
    次行きましょう、次!d=(^o^)=b

      引用  返信

  • 昨日から気持ちが沈んでいたけどみなさんのコメントで今朝たちなおりました。私もがんばります!次マイアミに怪我なく頑張って!

      引用  返信

  • 最近サーブの調子は良かったのですが、今回は50%を切っていましたね。

    サーブの調子がいいと全てのショットの調子も上がると思いますので
    (僕も学生の時はそうでしたw)

    マイアミでは確率を上げて波に乗って欲しいですね!

      引用  返信

  • 負けて残念で昨日は気持ちが沈んでしまいました。
    IWではどうもいい結果が出ないようですね…
    ハースとは初対戦でしたがヒューイットなどうまくかわしつつカウンターを打ってくる相手には
    苦手なような気もしますが、今後どんどん対処できるようになっていって欲しいです!
    久しぶりに少々ナーバスになっている圭君を見た気もします。
    またすぐにマイアミもあるし、万全の体調での次戦を期待したいと思います!!!

      引用  返信

  • さすが円熟のハース。圭くんはすっかり戦術にハマってしまいましたね。どこへ打っても簡単に返されて、しかも返ってくるボールが深い。

    「さぁ、打ってこい、強いショットで打ち抜いてみろ、まだまだ! なんだそんなものかっ、もっと強く!」

    つい力んでエラー・・・圭くんはまだまだ青いということです。でも、こんなことができるのはプロ入り前から圭くんをよく知っているハースだけ。フェレールに負けるときもこんな感じですが、あれは意識してやっているわけじゃないので。

    サービスは良かったですよ。出だしは確率も良かったですし、1st.が入ればほとんどポイント取れてました。でも今回はサービスに助けられて勝つより、負けて課題が浮き彫りになって良かったと思います。
    後ろで構えて出てこない相手をどう料理するか。

    さぁ、次はマイアミ。さらなる進化を見せてくれ!!

      引用  返信

  • こぉさんの「負けて課題が浮き彫りになって良かった」のコメント通り、せっかくチャンコーチが見てくれているのだから、今のうちにいっぱい課題を見つけてチャン&ダンテコンビにしっかり指導していただきましょう。

      引用  返信

  • facebookのテニス雑誌スマッシュに錦織とハースの試合後の話が詳しく載っています。
    ハースの話にとても感動しました。いろいろ思う所があるんだなあと・・・。

    良い先輩を持ちましたね、錦織選手は。

    次、頑張って欲しいです。

      引用  返信

  • ↑yuriさん紹介の記事、価千金です。
    しかし、こんなに価値のあるコラムを公開しちゃって、スマッシュさん商売になるんだろうか?

      引用  返信

  • トミー・ハース戦を応援出来ずに、金沢市へただ今帰宅した吉之輔です。快勝だったヒラルド戦の翌日の13時からの練習を見物しました。日曜日ということもあって、日本人観戦客もかなり錦織君の練習を見物しておりました。練習は、チャンコーチとダンテコーチが2人で錦織君を相手に、ストロークやボレー、リターン練習をするスタイルで暑い中1時間の練習でありましたが、ウィナー狙いの練習では、暑さのせいもあるのでしょうが、ミスも多くあり、精度に欠けていた感じでした。練習後、日本人観戦客や外人ちびっこが、選手のサイン待がちをする場所があるのですが、そのコースを避けて近道して選手控室に帰ったところを見ると、ちょっと疲れているのかもと心配しましたが、ハース戦敗退したのは、もしかしたら体調面でベストな状態でなかったのかもしれません。ダンテさんが通りかかったとき、「ダンテさん、昨日の試合ナイスゲームでした、明日の試合はどうですか?」と声を掛けたら、「ベター」との返事をしてくれたのに、残念な結果となりました。
    次のマイアミでは、好結果を期待したいもんですね。ちなみに自分はチャンコーチのサインを頂きラッキーでした。

      引用  返信

  • 吉之輔(キチノスケ)さん、ハース戦が見れなくて残念でしたね。
    せっかく現地に行かれてたのに~(+_+)
    でも、生圭の様子を聞かせていただき、ありがとうございます!(^-^)/
    足もよく滑らしていたし、ちょっと汗もかきすぎているなぁ~と思っていました。
    少しホッとしました8(*^^*)8

      引用  返信

  • 昨日のヘコみがまだとれず、モヤモヤしているので、助けを貰いにきました。
    そこで質問なのですが、片手バックハンドの選手はトップスピンとスライスの打ち分けやコースが読みにくかったりするのでしょうか?
    鼻血さんちの錦鯉の方なら教えていただけるかな…と思い、ぶつけてみました。

      引用  返信

  • ハース先輩とフェデラーさんの試合、見応えがありました。ベテラン同士、見えるもの見えないものも含めて技満載ですね。
    面白くしている要因の一つに心理戦、駆け引きがあります。いろいろ駆使して苦しい体勢にさせて浅いボールを打たせて押し込む。決める。
    この二人は派手なエースやインクリディブルショットがどんどん出てくる訳ではないですが、甘い球は許しません。ほんとのテニス。

    ショットの読みにくさは片手、両手の関係はあまりないというのが、私の周り(ジャパンクラス含む)の方々の、大方の意見です。ヒットポイントに早く入って余裕をつくればOK。あとは駆け引き。まずは脚力、そして相手をどう読むか。

    テニスは2セット取るのに最短で6×4×2=48ポイント。相手のアンフォーストエラー、ストロークエース、ボレーエース、そしてサービスエースなどで取っていきます。試合や選手によってそれらのバランスの差があります。ショットと体力の向上は日々欠かさず、さらにストラテジーとメンタルも半端なく鍛えるのがプロ。1%の才能と99%の努力ですかね。その結実を私たちは見ている。だからこそ怪我は悲しいと思います。
    圭はトップを目指して頑張ってます。ものすごい才能があるし、努力もしている。信じて全力応援しましょう!次はマイアミだ〜!

      引用  返信

  • yuriさん、貴重な情報をありがとうございました。
    今回は期待が大きかったので落ち込んでました。 トミー・ハースは、怪我でretireする負けはあっても本当に強いですからね、圭君には
    とても勉強になったと思います。なんか一セット目のブレークされたころから翻弄され始め自分のテニスをさせてもらっていなかったのでもう勝てる気がしませんでした。こんなかんじを受けたのは、私的にはイヴォさんの二階からのサーブの時以来でした。
    良く知っているといっても練習ではだめなんですね、もっともっと当たって経験値を増やし対抗する作戦を獲得してほしいですね。

      引用  返信

  • 下団さん、マニア?にとってはビッグニュースの紹介、ありがとうございます!
    下団さんが興奮していた様子が目に浮かびますw

      引用  返信

  • いちにのさん、1の質問に10の答えを頂き、凹みがとれるどころか、テニスの新たな世界を覗き見た気分です!
    相手の動きをどう読むか。。。
    ふむふむ。錦鯉選手は片手バックハンドの選手が苦手なのかな…と思っていましたが、そればかりという訳ではなさそうですね。
    ありがとうございました。

      引用  返信

  • 片手のスライスとスピンの打ち分けは見分けづらいですよね、特にガスケとはスゴい、スローでもギリギリまで分からない
    後、見慣れないフォームほど読みづらいっていうのはありますよね、片手は今少なくなってますから..
    でも苦手というよりやっぱりハースのバックのポテンシャルが元々高いんだと思います。

      引用  返信

  • すみません、スレ違いなのですがご存じの方がいらしたら教えてください。
    フレンチオープンのチケットが発売になりましたが、今の錦織選手ぐらいのシードだと
    2回戦まで行ったとして、どのあたりのコートにアサインされる可能性が高いんでしょうか?
    ドローが出ないと予想すら難しいものなのでしょうか?
    というのも、今年からNo3,No4コートも個別チケットになりまして。
    もし行くなら、ぜひ錦織選手の試合を見てみたいです!
    よろしくお願いします。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。