【20:54追記あり】錦織圭、今季3勝目!通算6勝目!(2014クアラルンプール決勝)

2014 Kuala Lumpur ATP 250
Final
Kei Nishikori[1] def. Julien Benneteau[4], 7-6(4),6-4

錦織圭が接戦をものにし、第1シードの重責を果たす今季3勝目を飾りました!

ストレート勝利ではありましたが、ベネトーの初優勝に賭ける気持ちに押される場面もあり、苦しい戦いでした。

1stセット序盤、セカンドサーブを叩くベネトーの早い仕掛けでブレイクを先に許すと、逆に数あるブレイクチャンスはものにすることが出来ず、3-5となった時点ではセットを先取されることも覚悟しました。

しかしここでベネトーがセットを取れることを意識してしまいミスを重ねると、錦織が見逃さずブレイクバック。タイブレークも攻めのプレーでポイント先行し、なんとかものにします。

2ndセットに入ってそのまま勢いに乗るかと思われた錦織でしたが、ベネトーがサーブのうまい配球とネットプレーに繋げることを意識した丁寧なストロークでしのぎ、キープ合戦に。

ただ、試合開始からずっと錦織の鋭いストロークにプレッシャーを受け続けた我慢も限界に近づき、パワーを一段上げた錦織のショットにラケットを弾かれます。
そこから怒涛の錦織の連続ポイントが始まり、前のゲームからの通算13連続ポイントを交えて5-3と錦織がリード。

次のゲームは初優勝への執念を見せるベネトーがキープしますが、最後のゲームも錦織が落ち着いてプレーし、クアラルンプール初優勝を飾りました。

そして有明に来週、錦織圭が凱旋します!

【20:54追記】

今日の錦織の調子は絶好調ではなかったと思います。
というより序盤、慎重に行き過ぎていたのかもしれません。
実力的に優位の選手が確実に勝つためには悪くない戦略ではありますが、ベネトーが最初からアグレッシブに来ていましたので、ブレイクされた段階で少し自分もリスクを取ってプレーした方が良かったと思います。
しかしまあ、勝負という意味では全く追い込まれてはいなかったし、最終的には追いついてセットをものにしてしまうあたり、やはり素晴らしい挽回力です。

全ての試合を絶好調で完勝することなど、どんな選手にとっても不可能なことなので、こうやって競りながらでも勝っていくことは本当に重要なことです。
また実力のある選手にしかできないことです。

錦織はオールラウンドな選手なので、「技で行くか、力で行くか」の選択が難しい場面があります。
なんでもできてしまうだけに、迷いが生じてしまうことがあると思います。
そういう時は、昨日、今日の終盤で見せたように力でいってほしいなと思います。

「パワーのある大柄な外国人選手に、技とスピードで対向する錦織圭」というイメージが先行してしまっている気がしますが、私は錦織はパワーがある選手だと思います。
テニスにおけるパワーは腕相撲や格闘技が強いこととは違います。
ボールを打つスポーツですから、テニスにおけるパワーとはすなわちスイングスピード、より正確に言えば「ヘッドスピード」です。

同じヘッドスピードを出すことができるのなら、190cmの筋骨隆々な選手が打つ球も錦織が打つ球も同じパワーです。
錦織は効率的に体全体を使ってとてつもない速さのラケットワークを見せます。すなわち、パワーのある選手なのです(少なくともストロークにおいては)。

ですから時にはパワーを全面に出したプレーもいい作戦なのではないかなと思いますし、
実際、今日も2ndセットのベネトーを突き放す場面では、パワーショットでベネトーのボレーを弾いていました。
試合終盤になってもあの威力のショットを正確に出せることが今の錦織の大きな強みです。

楽天オープン1回戦は水曜日

告知が遅れましたが、楽天オープンのドローはすでに発表されており、錦織は第4シードで登場します。

クアラルンプールで本日まで残ったことにより、1回戦はどうやら水曜日になった模様です。
今まではずっと火曜日に1回戦が行われていましたので、きっとそれを見越して火曜日のチケットと予定を確保した方がたくさんいると思います・・・。
お気の毒としか言いようがありませんが、火曜日にはその代わり、ダブルス1回戦で登場するので生錦織を是非、ご堪能ください。

楽天オープンは32ドローなので、第4シードといえども1回戦から決勝まで計5試合を戦う必要があります。
1回戦が水曜日ということは、日曜日まで毎日試合があることになります。

クアラルンプールからの移動と時差調整などを考えて、1回戦まで1日でも多く休むことを選択したのだと思われます。
来年以降もクアラルンプール出場の際には決勝進出が大いに考えられますので、チケット予約の参考になりそうですね。

さてドローの方ですが、

1回戦 vs ドディグ
2回戦 vs 添田 or ヤング
準々決勝 vs アンダーソン、シャルディ、Thiem、予選勝者の誰か
準決勝 vs バブリンカ(順当なら)
決勝 vs ツォンガ、ラオニッチ、フェレール(順当なら)

といった感じです。
ドディグが1回戦としてはタフな相手。さらに、クアラルンプール激闘と長距離移動の疲れ、サーフェスの違いの調整、さらにはメディアからの取材攻勢もあるでしょう。
これらの条件を考えると、かなり危険な相手だと認識します。サーブがいいし、ストロークは安定していてスタミナも十分です。

錦織の方も、USオープンであれだけ活躍した後でも体の不調を訴えていませんし、それどころか貫禄の優勝・・・。ここは、初の2週連続優勝にチャレンジする絶好の機会でもあります。

半端ないプレッシャーと期待を受けて、それに応えるだけの実力を身につけた今の錦織圭。
「アジアンスイング」シリーズ完全制覇への挑戦権があるのは錦織とマレーだけ。ここは、もうひと頑張りしていただこうではありませんか。

121 件のコメント

  • smkさん 他みなさん

    こちらの動画の記者会見の部分でその「不安はあるけど・・」というくだりが出てきます。
    ttps://www.youtube.com/watch?v=F4tQP7jWFSI

    いつも固くなり過ぎちゃうけど、頑張って優勝したいみたいな感じで、弱気というよりは、どちらかというと意気込みが感じられると思います。

    文章っていうのはほんと難しいですよね。100%そのまま鵜呑みにできないところがあります。

    ティーム負けちゃいましたね。残念・・

      引用  返信

  • 団長、はやっ!(;゜∇゜)
    フェレール、サービスの調子がいまいちでしたね(((^_^;)
    しかし、さすがにタフドロー、圭もしっかり応援しないとですね~!p(^-^)q

      引用  返信

  • フェレールどうしたんでしょう?
    ちょっと前の大会でLマイヤーに決勝で負けた時あたりから絶不調ですね。心配です。

    どこか痛めてた気もしますが・・・また強いフェレールが見たいです。

      引用  返信

  •  朝日小学生新聞の今日の一面が圭くんでした。
     といっても、昨日の優勝の記事ではなく、「ケイ、強さは「体の使い方」」とういう見出しで、スポーツ科学の専門家の先生のコメントがのっていました。「重力と地面反力を上手に活用」というタイトルの内容です。本当に、注目されているんだな~と嬉しく思います。
     けがは、心配ですが、頑張れ圭くん。

      引用  返信

  • 錦織選手と関係ない話ですが守屋選手が試合終了時の握手で
    帽子を取らないのが気になりました。
    ジョンソン選手は取っていました。
    他の日本人選手もだいたいは取ると思うのですが、こういうのは
    国際的には問題ないのでしょうか?
    少し気になりましたので。問題なしですか?
    そぐわない投稿でしたら削除して下さい。

      引用  返信

  • 会場より、修造さんからの情報です。
    圭は今日帰国して、早速練習してるとのこと。

    明日のOP、センターコートの第1ゲームに圭と内山のダブルスが入りました!!!
    大忙しだけど、がんばってーー p(^_^)q

      引用  返信

  • ひよこさん、画像ありがとうございます‼︎
    今日は真夏並みの陽射しでした。

      引用  返信

  • 明日明後日と有明です。 昼間は真夏並みでも日が落ちると寒くなると思いますが、寒がりの私としては夜が心配で荷物が膨らんでいます。夜はどんなかんじですか。

      引用  返信

  • chachaさん
    今日は、夜薄手の長袖を羽織る程度で大丈夫でした。
    ただ、座る場所によって風の吹き具合で寒さも変わるかも。
    (夕方の北側の日陰より、夜の南側のほうが
    風もなく暖かく感じたので)
    数年前、夜はダウンを、というこちらのアドバイスで
    大いに助けられたことがありましたが
    今夜はそんな冷え込みとは無縁でした。

      引用  返信

  • chachaさん、私もおもいっきり寒がりですので、あいもののコートや下に着るヒートテック持参です(((^_^;)
    19時すぎたら、 必需品です!p(^-^)q
    水曜日からは最高気温も低くなるみたいなので、膝掛けもいりますね~!(((^_^;)
    ダニエル太郎君、頑張ってます!
    場内もヒートアップしています!8(*^^*)8
    第1セット6-7、第2セットは6-5で、イストミンのサーブです!
    太郎君、頑張れ!p(^-^)q

      引用  返信

  • 太郎君、やりました!p(^-^)q
    タイブレを制して、セットオールです!(^-^)/

    でも、携帯が死にそう(;´д`)

      引用  返信

  • yuriさん、大興奮の試合でしたね!(^-^)/
    マッチポイントもあったのに、結局負けてしまいました(;´д`)
    ああ、大チャンスだったのに~、残念無念(;´д`)
    太郎君も、さぞかし悔しかったでしょう!(;´д`)
    あの状況で、いつも勝ちきる圭のすごさを、あらためて思い出した試合でした(((^_^;)

    明日のダブルス、楽しみだけど、起きられるのか?(;゜∇゜)ヤバイ

      引用  返信

  • ダニエル選手惜しかった~。
    マッポもあったしSFMもあったのに~。

    テニスってメンタルのスポーツだって改めて実感しました(^^;)。

      引用  返信

  • Chrisちゃんさん  圭 大好き!さん、ありがとうございます。今年は、水曜から冷えるのですか、重ね着できるようにして行きます。

      引用  返信

  • netdash :
    やっぱり注目度すごいですね。
    あらゆるスポーツニュースで時間取って報道されてます。
    このテニスに注目が集まる環境下、伊藤竜馬がバブリンカに勝ったりしたら面白いことになるんだけどな〜。竜馬にはビッグショットがあるので少し期待しています。

    確かに!一昨年?のアルマグロ撃破は会場で見て大興奮でした。あの頃より竜馬の勢いがない気はするが、頑張ってほしいなぁ。。

    ところで、WOWOWの圭くんの練習映像を見たのですが、肩をかなり気にしているような・・・・。どなたか、情報お持ちではないでしょうか・・

      引用  返信

  • 圭 大好き!さん

    いや~本当に太郎惜しかった~。
    マッチポイントまで行ったのに~。でも彼は今からの選手ですからこの悔しい敗戦を必ず糧にしてくれるはず!良いプレイしてましたよね。先が楽しみです。

    あそさんさん

    肩はかなり心配です。マレーシアの決勝戦の時に既にテーピングしてありました。軽い炎症でしょうか・・。

    連戦が続いているのでこれ以上悪化しないうちに、ここらでしっかり休んで欲しい気持ちもあります。

      引用  返信

  • 昼にランキング試算の方に、今日の練習の様子を少し紹介したので重なって恐縮です。
    マスコミ取材が終わった後半しか見ていませんが、疲れている様子なく、最後まで練習していました。
    (以前、コンディションが悪い時の少し不機嫌そうに、早めに切り上げる練習を見たことがあったので、その比較では問題なさそう。)
    途中、立ち止まっているときに、右肩と左股関節を少し気にしたように見えましたが、練習中は特に気にせずに動いていました。
    サービスは、通常のセカンドよりも緩く打っているようでしたので、確かに肩は休ませたいのかも。
    練習後、関係者の方(?)が連れてきた子供(1~2歳?)に懐かれて、「高い高い」をしてあげていました。それを見て、「あぁ、肩も大丈夫ね。本当に子供好きなのね。」と勝手に思ってしまいました。テニスで使う肩とは違うかもしれませんが。。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。