【試合レビュー追記】2014パリ・マスターズ2回戦 vsロブレド 結果用

スパムコメントによるサーバー負荷対策として認証コードを導入させていただきました(そうしないとサーバー会社より規制されてしまいます。)ご了承ください。
簡単な計算の答えを記入する仕様になっています。よろしくお願いします。

2014 Paris Masters 1000
2nd Round
Kei Nishikori[6] def. Tommy Robredo, 6-7(4),6-2,6-3

ロブレドの粘りと巧さに苦しい場面もありましたが、2ndセット中盤で流れを掴んでそのまま離しませんでした。
これで大きくロンドン出場に前進です。

ロンドン確定のための条件は下記リンクにまとまっています。

34. Race to London 2014 – ALL the scenarios | Cleaning the lines

候補となる選手たち(マレー、錦織、ベルディヒ、ラオニッチ、フェレール、ディミトロフ)が全員2回戦を突破しました。
現在、錦織が次の試合で負けたとしても次の事象が起こらないロンドン確定です。

(1)ディミトロフ vs ラオニッチの決勝になり、ディミトロフ優勝 かつベルディヒSF進出
または
(2)ラオニッチ vs フェレールの決勝になり、かつベルディヒSF進出

個々の選手が条件を達成する可能性は十分あるものの、ジョコビッチやフェデラーもいる中、上記の条件が重なる可能性はあまりなさそうです。

それ以前に錦織が勝ち進めば問題なくファイナル進出です。
準決勝進出で無条件確定。次のツォンガ戦を勝っても確定に近い条件になります。

それでは朝の支度の時間になってしまいましたので、一旦ここでアップして後ほど試合レビューを書きます。

【以下試合レビュー追記】

ロブレドが激戦の疲れにも関わらず奮闘し錦織を大いに苦しめましたが、セカンドセット中盤以降に流れをぐっと引き寄せた錦織が高い攻撃力でロブレドの堅守を打ち抜くという素晴らしい試合でした。

特にサービスゲームでは試合を通じて与えたブレイクポイントがわずか1本。ほとんどを危なげなくキープし、終盤の勢いに繋げることができたと思います。

押し込みながらも1stセットを取られ、セカンド終盤までこう着状態が続けばロブレドの1チャンスで試合を持って行かれる可能性もありました。その展開を阻止したのはセカンドセット第6ゲーム、ロブレドがMTOを取った直後のことでした。

ロブレドはアドコートでのクロスラリーを極力フォアに回り込んで鋭い逆クロスを放ち、その返球が甘くなってポイントをされるラリー展開がそれまでに何回かあったのですが、このゲームの錦織のバックハンドストレートが2本もライン際に決まり、ポジションも前掛かりとなって怒涛の攻撃が始まりました。

よく「ギアを上げる」と言いますが、自由に上げ下げできるのならもっと早く上げればいいわけで、実際にギアを上げることは容易ではありません。
それまでの錦織もいろいろと試行錯誤しながらデータを蓄積し、ロブレドのボールやサーフェスにも慣れてきて初めてここで「ギアを上げる」ことができました。

つまり「ここぞの場面でギアを上げる」ためには相応の準備が必要なのです。そういう視点で選手の気持ちを想像しながら観戦すると一層、試合が楽しめると思います。

できればテニスをご自身でもプレーされるとより、楽しめると思います。私もしばらく自分のプレーがおろそかになっていましたので、錦織の試合を見てもコメントに自信が持てない時がありましたが、ここ3か月ほど毎週プレーしていますので感覚的に理解できるものがあります。レベルは天と地の差なんですけどね。

話がそれましたが、ロンドン行きが掛かった試合の初戦、かつライバルたちが全員勝ち残るという状況は、錦織に相当な緊張をもたらしたことが想像されます。
そんな中、取られたとは言え1stセットを全キープで切り抜け、最終的には強い内容で勝利。改めて錦織の地力の高さには驚かされます。

体調も良いようでMTOを取ったりすることはありませんでした。これが一番の好材料ですね。
ライバルたちは連戦をこなしてきているのでそれだけでも有利です。

気になるのは遅いサーフェスへのアジャストでしょうか。フォアハンドのタイミングがつかめないのか、終始ネットにかけていました。
テンションを気にして試合途中にストリングの張替えを依頼していましたね。
この辺りは試合をこなしていくうえで調整可能だと思います。もう少し上から叩くフォアが見られると完全復調ですね。
今日は少し下から持ち上げるショットが多かったと思います。

さあ次はツォンガ戦です。
ツォンガは私が錦織に次いで好きな選手です。

つまり鼻血対象試合です。

ロンドン確定をなる可能性も結構あり、大好きなツォンガに勝ってロンドンが決まったらこれはもう鼻血以外の何物でもないでしょう!

地元ピーポーはツォンガを優勝させたいでしょうが2008年にもう優勝してるんだから今年は錦織でオネシャス!

24 件のコメント

  • 上り調子の錦織、見事なセット奪取でフルセットへ!
    このまま行って欲しい!

      引用  返信

  • さすがマスターズ!強敵ばかり!
    明日はもう少しフォアが入ってほしいです。

      引用  返信

  • 勝ったー!
    終わってみれば被ブレーク0のグッドマッチでした。

      引用  返信

  • おめでとう!
    ロブレド、すごいしぶとかったけどナイス勝利!
    ツォンガと1年ぶりの試合、楽しみです(^o^)

      引用  返信

  • ロブレドも凄かったけどフルセットになれば こっちのもの( `ー´)ノ
    また勝率アップしましたね♪

      引用  返信

  • 本当に地力が上がって強くなったなあという印象でした。
    お互いミスが少ないソリッドなゲームの中でも、錦織の攻撃力が上回りましたね。ロブレドが全く疲れを見せずに、1セット目を落とした状況でも、錦織が勝つんじゃないかとどこか確信がありました。

    でもロブレドさん、恐るべし。更にマレーは化け物ですね。

    明日もしっかりツォンガに勝って、優勝狙って欲しい!
    でもまずはおめでとう!

      引用  返信

  • やったー、勝ちましたね\(^o^)/
    2回戦突破おめでとうございます!
    久々の錦織選手の試合、手に汗握って応援しました。
    錦織選手のテニス、大好きです

      引用  返信

  • Robredo強かったです!心もからだも鉄人!
    見習うべきベテランさんです。

    圭クンはお休みしただけあって、
    動きは軽そうで良かったようにみえました。
    もったいないmissもあったりで
    少しハラハラしましたが、勝ったので
    よし!!ですね(^_^)v
    明日は(今日か!) vs. Tsonga …
    応援で Kei ! allez ! は 少ないハズ…
    (当然ですが…)
    遠い日本から allez!! おくります!!
    やっと圭loss 解消できた♪やっぱり
    プレーしてる圭クンがいちばんですね(*≧∀≦*)

      引用  返信

  • 祝初戦突破。
    ちょっと試合勘が薄れている気がするので、早く調子を上げて欲しい。
    サーフェスが遅いからなのか、ラリーに固執して仕掛けが少し遅く感じました。
    また、前後の揺さぶりも第1、2セットは少なめな印象です。
    チャンスボールをミスしたり、DFが多かったりもするので、次戦でしゅうせい出来てるといいなぁ。
    wifiが速度規制にかかってしまい、厳しい状況ですが、明日からは実況掲示板にお邪魔したいと思います。

      引用  返信

  • しつこい選手に根負け、ベテラン選手にいなされ負け、どちらも乗り越えた、ものすごく内容の濃いナイスゲームだったと思います!(* ̄▽ ̄)ノ~~ ♪

    こうやって、どんどん経験値を積み重ねて行くんですよねq(^-^q)

    実際、マレーの頑張りを目の当たりにすると、No.1への道のりの過酷さがわかります(;>_<;)
    しかし、圭が目指す道なら、ありったけの思いを込めて応援するだけです!!

    今年はNo.1へのビクトリーロード元年になるかと
    圭、どこまでも圭について行くよ~!ヘ(≧▽≦ヘ)♪

      引用  返信

  • 圭くん、さすがの勝利!
    もはや貫禄が出てきたような(^_^)

    ファイナルへの条件面では、今までベルディヒがQで圭くんを抜く事が出来たのが、Sが必要になりました。
    フェレール、ラオニッチ、ディミトロフはF以上が必要なので、このうち2人までしか抜かれません。
    つまり、今日は圭くんが勝ちマレーorベルディヒが負ければ確定です。勿論、2人以上敗退でも確定です。

    でもそれを抜きにしてもツォンガ戦が今から楽しみです♪

      引用  返信

  • 祝!シーズン50勝達成!凄いですね~
    連戦になるのでストレート勝ちするのが良いに決まってますが、試合勘を戻し、環境にフィットするには丁度良い接戦になったと思います。3R以降も楽しみですね~おめでとうございます(^^)

      引用  返信

  • 流石にマスターズ最終戦。
    シード勢皆大接戦でしたね。
    皆勝ち上がるところは凄い。

      引用  返信

  • 第2セット錦織1-2のコートチェンジの時、珍しく錦織のガットテンションの指定がはっきり聞こえましたね。56/58と言っていました。想像より固めで、極端に柔らかく張ったりはしていないのですね。打球音やサービススピードの向上から判断すると、チャンが加わった頃からテンションを少し固めにしてるのかな、とも想像しました。

      引用  返信

  • とってもタフな試合でしたね~
    ロブレド選手は、ほんとに鉄人に見えました(^^;
    最後まで走る…走る…(*_*)
    でもその粘りを振り切っての勝利は得るものも大きいですね(^^)
    試合後のインタビューは精神的にもすごく疲れてたように見えました。
    いろんなものが肩にのし掛かって背負うものもいっぱいあるんだろうけど、
    自分の目標に向かって ただひたすらにテニスだけに没頭できますように…

    頑張れ~圭!\(^o^)/

      引用  返信

  • 初戦突破おめでとうございます‼
    1stセットは落としたものの内容は圧倒してましたね〜(^ー^)ノ
    ドロップからの絶妙ロブも、バックのDTLも素晴らしかったですが、2ndセットにラブゲームでブレイクした第6ゲーム?はスーパープレイの連続で絶叫しましたo(^▽^)o
    ロブレドも錦織選手のウィナー級ショットを返してくる堅固な守備がすごかったですね。
    殆ど寝られずの出勤ですが、今日も全力応援です( ̄^ ̄)ゞ

      引用  返信

  • 勝ってくれて嬉しい~
    久しぶりに圭くんの試合見れて嬉しい~

    それにしてもなんという厳しい世界なんでしょう
    ここに出ている選手みんなスーパーマンに見えます

    だからこそ、ファイナルで圭くんを見たいです!

      引用  返信

  • 勝ててよかった!
    タイブレーク落とした時はドキドキでしたね
    ロンドンに一歩前進!

      引用  返信

  • 1stSetはUnforced errorが多かったのでひやひやでしたが、そのあと立て直して逆転は流石でしたね。
    コート1は隣(の2)がうるさいのが気になるのですが、昨日は最終試合で(コート2で試合がなく)静かで観戦するのにも良かったです。
    またマイケルと娘の間に彼女が座って娘を可愛がっていたのも微笑ましかったです。

    今日のVSツォンガは第4試合ですね。午前0時くらいから開始でしょうか。ライバルのことは気にせず、MS初制覇に向けて集中して出来るといいですね。

      引用  返信

  • チャンコーチの横は、奥様ではないですか?
    横に座ってましたよね(^^)/

    週刊誌でも、奥様を彼女だと間違って載せてました。

    でも、本当に私の観てない画面で映ってたのなら
    見たかったです(*^_^*)

      引用  返信

  • チャンの隣は彼の奥様ですね。ちなみに彼女も大学で本格的にテニス部でやってたと思います。
    スタンフォードかなかなりの腕前でしたか怪我に泣いたようですね。
    いつも御一緒みたいですね。
    マイケルチャンが前にインタビューで言ってました。
    どいしても家族みんなとの時間が必要だということで、同伴という状態なら一緒にツアーをまわってもいいがその事を圭言ったら”the deal breaker ” つまりその事によってこの話は無くなるだろうって思ってたらしいのですが、その事を錦織に話したらノープロブレムの一言で快く受け入れてくれたと言ってました。そう言った事もありチャンは錦織に人間的にも惹かれたと言ってました。
    それにしても家族みんななんて凄いですね。
    そう言った太っ腹でみみっちくないところが彼のテニスの強さや人間性に繋がっているんですね。
    ちなみに坂本さんの二つどなりにいた方が彼女ではないのでしょうか?
    きっとそれぞれの女性は旦那、彼氏の事が誇りだろうな!!

      引用  返信

  • @Lin さん

    いい話ですね!

    ところでマイケルとダンテは何度も見ましたが、坂本さんは映ってましでしょうか。。
    HDDにはあるのですが、覚えがありません。。。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。