錦織残念!だがこの3大会よく闘い抜いた!(2014上海2回戦)

2014 Shanghai Masters 1000
2nd Round
Jack Sock def. Kei Nishikori[7], 7-6(5),6-4

負けました。でもぜーんぜん悔しくない(ちょつと悔しい)。
疲労と臀部等の状態が最悪でした。
全く動けていませんでしたが、それでも競ったスコアまで持って行きました。私は1stタイブレまで見れなかったので、むしろ「あのプレーでどうやって?」という感想です。
むしろ「錦織つええええ」と思ってしまいました。

「省エネで、チャンスが来たらギアを上げる。」という戦略だったと思われますが、ソック相手にそれをやるにはコンディションが悪すぎましたね。

以前なら東京に来た時点で力尽きていたかもしれませんし、大きな故障に繋がっていたかもしれません。
この3連戦の日程は、どんな選手にとってもきついです。
それを、大きな故障なく戦い抜いたということで体力や故障への耐性についても自信に繋がったのではないでしょうか。
我々も、本人が戦う、大丈夫と言っている限りは信じて過度の心配はもうやめましょうね。

ポイント的には少しでも稼いでおきたいところではありましたが、ここで一旦休んで残り2大会を良い状態で迎えることが重要でしょう。

それにしても8月末からの快進撃は凄かったですね。
2000ポイント弱の荒稼ぎ。今年のポイントをほぼ倍にしました。

内容も素晴らしかった。本人の言葉を借りるとまさに「また一つ壁を破った」。

かっこいい。一度言ってみたい。

「限界を超えてブログ書きました。」
「この記事でまた一つ壁を超えました。」
「勝てない読者はもういない。」(違うか)

ここでいただいた写真を掲載します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ジャパンオープンの表彰式での写真ですが、元気玉作っちゃってますw

「地元でなければ勝てなかった。応援が後押ししてくれた。」と錦織が語ったように、
「みんな、オラに元気を分けてくれ~!」ってことで、皆さんの応援が元気玉になって、優勝できたのかもしれませんねw

あと、まさに今(19:30)からなのですが、神和住純さんによる「錦織圭はなぜ強いのか」のWeb講義やるとの告知を関係者の方より受けましたので、興味ある方はぜひご覧ください。

※ただし、学校という扱いで実名での登録が必要みたいです。

161 件のコメント

  • 上海は中堅~ベテランが頑張っていますね!
    ここぞの粘りでしぶといフェレールさんも健在です!
    ベネトーもベスト8!ここで初優勝できたら凄いですね~!

    圭くんはもうおうちに着いたでしょうか。久々にゆっくり休めていますように。。
    Toshiさん
    NHK+修造さんはとてもミスマッチな感じがドキドキで楽しみ!!
    圭くんの活躍と共に、いろんなワクワクが止まりません♪

      引用  返信

  • ソックも負けちゃいましたね。ソックにとってはGiant killingの後の1戦は難しかったということでしょうか。
    昨日のATPの公式ホームページでは昨日のソックの勝利はトップ10からの初めての勝利だそうですね。圭くんが負けてこう書かれるなんて、悔しい一方で感慨深いものがあります。
    http://www.atpworldtour.com/News/Tennis/2014/10/41/Shanghai-Wednesday-Murray-Nishikori-Sock-Dimitrov.aspx

      引用  返信

  • 鍋島さんのファンはやはり多いんですね。wowwowのライブ放送はプレイ中喋らない
    ので、じっくりみられて好きです。NHKで見ていた頃はそれに慣れていて始めの頃は違和感があったのですが、今は他の放送はうるさくかんじます。はじめての投稿ですが、圭君の試合が無い今なら大丈夫かなーと思って投稿しました。2008年フェレールに勝った試合を視て依頼のファンのおばさんです。

      引用  返信

  • マレー負けちゃいましたね。これでWC申請連発しないと厳しい。やはりTop4と言われてロンドンに行けないとなるとちょっと厳しいですもんね。
    この対マレー、錦織君は全敗ですけどラオ君とディミ君は割と良い戦績なんですよねー。だから錦織君がマレーに勝て出したら、ちょっと復活は厳しそうな気がしますね。

      引用  返信

  • 私個人の意見としては淡々と解説する人より松岡さん、土橋さんのように感情を表して瞬間瞬間に没頭してくれる人の方が好きですね。
    特に土橋さんが叫ぶのは大好きです。
    淡々と見るだけなら解説なしで見たほうがいい。
    アメリカのスポーツつなどは解説者がいかに面白いかも観戦の注目の的になってますよ。

      引用  返信

  • blondeterrieさんに同意です。
    私達には知り得ない諸事情や戦略として、本人と陣営が決めたKL出場を批判したり、結果が出てから責める事を残念に思っていました。(来年以降の意見や希望を話し合う事は賛成です。)
    ラオニッチの様にKLをスキップしても上海で初戦敗退って事だってあるわけですから、体力温存のスケジューリングをしても、MSで活躍出来るかどうかは誰も分からないと思います。それよりも、「取れる時に確実にポイントをゲットする。」事が、全米後の錦織選手が目指すファイナル出場への最良の策だったのだと思います。
    2週3週連続は確かにタフ過ぎだし怪我をしてきた事実もありますから心配されるお気持ちはよく分かります。ですが私は、それさえも乗り越えようと更なる高みに挑戦する錦織選手に、最大の敬意を払っています。
    これからも、錦織選手が出場すると決めた試合は、錦織選手と陣営を信じて支持しますし、全力で応援しましょ〜\(^o^)/
    錦織選手のテニスに魅力され、応援する気持ちは皆同じ!ならば、出来るだけ前向きに応援したいですよね!たとえ敗戦や棄権があっても「よくやった!次、次いこ!」というスタンスに大賛成です!

      引用  返信

  • Linさん
    土橋さんが時々もらす「うお〜!」がいいんですよ♪
    あと、この選手はこれこれこういうところが凄いという説明が分かりやすくて好きです(^_^)

      引用  返信

  • ジョコもククシュキンに苦戦してますね。

    GAORAの解説者は私的にはかなり微妙です。しゃべり過ぎな上たまに変なコメントとかあって正直イラッとします。なので基本的には英語解説で見るのですが、錦織の試合、特にアーリーラウンドではなぜかそれまで他の試合では聞こえていた英語解説が聞けなくなります。何回かGAORAに苦情もメールしてみましたがなしのつぶてです。昨日もそうでした。

    ちなみに辻野さんの解説は好きです。昨日の試合の解説者があまりにも「まさかの!」とか「ショックです!」とか連発するので辻野さんもうんざりな感じでしたよね?

    GAORAも錦織がこれだけの選手になったんですから、解説者をしっかりトレーニングしてもらいたいものです。
    すみません。辛口です。

      引用  返信

  • 運動おんちさん、
    そうですよね。
    二年前の全豪でtsonngaを倒した試合で叫んでましたからね!!
    土橋さんの全盛期の時仙台に来た時近くで見ましたがメチャクチャ凄がったですよ。
    でもそれでも世界ランキングは500位だったですかね。
    いかに錦織が凄いかですよね。

      引用  返信

  • 私も地上波のテニス中継は苦手です。
    久しぶりに全英をNHKで見た時「返した!バックハンド!クロス!」などなどいちいち言われるので邪魔でしょうがありませんでした。
    その点テニス中継に慣れているWOWOWやGAORAは、基本プレー中は黙っていてくれるのでいいですね。
    土橋さんの「うお〜」は私も好きですw
    でも盛り上げようとしすぎるアナウンサーさんは苦手です。

    地上波でGSの放映権争奪戦が起こっているような記事もありますが、もし放送される時はぜひプレー中は静かにお願いしたいです。

      引用  返信

  • テニスに限らず、スポーツ放送の中継のアナウンスとか解説とかいらないと思っているほうです。Jリーグが創設して、あのゴーーールってのでアナウンスがうるさくなったような。自分が会場にいることができればアナウンスなんかないんですからね。以前、伊達がグラフに勝ったフェド杯のビデオがNUMBER誌からアナウンスなしのまま発売されてたと思います。試合がすごかったんで、とんでもない臨場感でした。ただ、錦織戦のアナウンスは美藤さんだと思うのですが、スポーツアナウンス歴20年以上のベテラン。テニス専門ではありませんが、お気に召しませんでしたか?

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。