【試行】2014ジャパンオープン決勝実況

いつもは実況掲示板で実況していますが、ここでもちょっと試しにやってみたいと思います。サーバーを変えてから比較的多くのアクセスにも耐えれているので、大丈夫ではないかと。

最低限、コートチェンジの度には書き込みますが、緊迫しすぎて書けない場合もあるかもしれません。あくまで試行なのでご容赦ください。またスマホからなので誤字脱字でお見苦しい点があるかもしれませんか、スピード重視でいきます。

13:44
会場も大分席が埋まってきました。
写真載せようかと思ったけど席バレするのでやめますw

13:55
中西圭三さんによる国歌。さすがの歌唱力。
ただ、「こおけえのおおおお、みゅうすうううううううううむわああでええ」と歌ってた。

14:00
選手入場。大歓声。
ラオでかい。蛍光ウェアが眩しい。
楽天三木谷社長登場。

14:08
サーブのウォームアップでにしこりのサーブが、隙間に入ったボールを探しているボールボーイに当たりそうになって「危ない!」と錦織。
ああ私も錦織のサーブにぶち当たってみたい。

14:15
ラオの228キロエースで開幕。いつもこんな感じでセンターにドカンと来る。
ラオあっさりキープだが、届いたリターンは返ってる。 *0ー1 *はサーバー。スコアは先の数字が錦織。

14:17
ラオのフォアが強烈。錦織はサーブのコース散らしてミスを誘う。1ー1*

14:20
ラオサーブ炸裂。錦織もフォア高速ラリーを制すなど早くも見ごたえのある展開に。 *1ー2

14:24
デュースサイドからのワイドでリターンミスを誘えている錦織。ラオがミスしてくれるので楽にキープできているが、いずれ入ってくると想定して、ストロークのエースでポイントを取る展開を増やしたい。2ー2*
最後バックハンドの鮮やかなエース。

14:27
220キロ台サーブが次々と入ってくるとブレイクは厳しい。セカンドは返せそうなので確率が落ちる場面まで我慢。*2ー3

14:30
錦織のストロークが凄い。高速、鋭角、落ちる。それでいてミスがない。互角の戦い。3ー3*

14:33
ラオサーブ隙が無い。お互いにハイレベルなショットを出している。どっちが長く維持できるかの勝負。*3ー4

14:36
苦しい戦いだが、錦織は集中できている。目の前のポイントを取りに行く姿勢が鮮明。凡ミスなし。4ー4*

14:41
キープされたが、最初にフォアを大きくアウト、次はダブルフォルトしたラオ。プレッシャーはかかっているようだ。*4ー5

14:44
本当に全然ストロークのミスがない錦織。試合続きにも関わらずどこにこんな力が残っているのか。5ー5*

14:46
素晴らしいプレーを見せる錦織だがラオサーブが入ってきたら厳しい。覚悟の上のタイブレーク勝負が濃厚。ただ次のゲームは錦織にもかなりのプレッシャーがかかる。ラオはリスクを取って打ってくるだろう。*5ー6

14:48
30-0でラインズマンのミスジャッジでストロークエースを取り逃がしたが、まったく集中は途切れない。
ラオはリターンミスが多すぎてこのままではラオもブレイクはできそうにない。6ー6*

タイブレーク
1-0 foreストロークエース!
2-0サービスポイント
2-1フォアコードボールアウト 初ミス?
3-1 217キロサーブ返す
3-2 サーブ来る
4-2 前に入ってバックハンド

まだドロップない
ラオスピンサーブ打ってこない

4-3 ラオのバックハンド
4-4 わずかにバックハンドサイドアウト
4-5 ワイドにエース
5-5 サービスポイント
6-5 ワイドサーブ
7-5 スーパークロスパス!鳥肌!!!

2nd set

15:05
キープしたが少しホッとした感ありで、ミス出てひやっとした。無理はないが。ラオ必死。1-0*

15:06
サーブだけで終わり。ラオのサービスゲームは書くことがない。*1ー1

15:08
スライスうまく使ったディフェンス。集中し直してキープ。早くもタイブレークの香り。2ー1*

15:13
226キロサーブをドンピシャ。超人。
でもラオも崩れない。ラオが負けるのはタイブレーク取られるか、ラオが崩れるかが大半だが錦織はリターン返して勝つことができる。あ、キープはされてますw *2ー2

15:17
ストローク2本ミスするがサーブで立て直す。BP取られるがしのぐ。1stセットよりはキープに苦労している。3ー2*

15:22
ラオも力入ってるかも。でもファースト来すぎ。BPが遠い。*3ー3

15:31
不運なジャッジもあり再びBPを迎えるがしのぐ。大ピンチで196センチのラオの頭上を抜くトップスピンロブ。しかし初のブレイクを許してしまう。3ー4*
15:33
よくリターン返すが取れず。*3ー5

15:36
キープ。ただラオのストロークが鋭さを増しているのと、サーブの確率が心配4ー5*

15:40
今日のラオサーブは全く崩せる気配がない。ファイナルセットはキープが絶対。4-6

ファイナルセット

15:48
バスルームブレイクでリフレッシュ。楽にキープ。ファイナルの鬼よ来い!1-0*

15:55
ラオも緊張の糸が切れた?ファーストの確率が落ちてBPを迎えるが、持ち直してキープ。*1ー1

15:57
錦織も落ち着いてラオの強打をさばき、キープ2ー1*

16:02
ラオのサーブゲーム書くことない。*2ー2

16:05
ラオのストロークが鋭く入ってくること多し。ボレーも良い。だが深いストロークでしのぐ錦織。ワンチャンスきたら生かしたい。3ー2*

16:08
ラオのサーブゲーム盤石すぎてどうしようもない。これは誰もブレイクできない。*3ー3

16:13
40-0からラオの強烈ストローク3連発展開にだが耐えた!4ー3*

息ができない
脂汗がひどい

あっ痩せるかも

16:18
バックのストレート欲しい
USオープンの展開のような。
ラオはだいぶアドサイドに寄ってます。

0-30来た、ラオにプレッシャー

しかしラオ、崩れない40-30

バックのストレート欲しいいいいい

*4ー4

16:20
芸術的なロブ!サービスポイント!5ー4*
さああと1ゲーム

16:2
ボレーエース0-15
バックストレートついにきた!0-30
粘った0-40
泣ける

もう感極まって更新できません

239 件のコメント

  • 連投すみません。
    海外サイトの圭くん優勝ニュースをあちこち拾い読みしています。
    圭くん優勝を、そしてラオくんとのライバル対決を、
    ジョコファンも、ロジャファンも、ラファファンも、
    この3人のファン同士の言い争い?はほとんどののしりあいと言えるくらいのコメントも多いのに、
    みんなが同じように祝福してくれるコメントが多いことが嬉しいです・・!
    プレースタイル、黙々とファイトする姿が本当に賞賛されてる。
    次のマッチも観たい、ロンドンへ行って欲しい、きっと行くだろうって言われてる。
    本当に嬉しい。
    世界の圭なんだなあ・・!!!

      引用  返信

  • @しろ さん
    そうだったんですね。
    実は、表彰式が終わった位から台風の影響かWOWOW映らなくなってしまって(-“-)
    でも、放送で映ったなら、オンデマンドで見られるかもしれませんね。
    教えてくださり、ありがとうございます。

      引用  返信

  • 泣ける。泣けた。
    すごい、すごすぎる。
    としかいいようがない。
    ラオニッチお疲れ様でした。
    また日本で試合してね!!

      引用  返信

  • 上海に無事到着したんでしょうか?どなたか情報をお持ちでないでしょうか。

      引用  返信

  • おめでとう!
    マドリードオープンの決勝のビデオを引っ張り出して見てしまいました。
    今回の涙の意味を更に深く感じました。

    昨日の決勝戦に関する記事。
    このライターさんのコラムは時としてシニカルで
    内田さんの「愛情あふれる」文章とは違いますが
    嫌いではありません。
    http://cdn.wowow.co.jp/sports/tennis/column/detail_141006_01.html

      引用  返信

  • 私はWOWOW観戦でしたが、泣きました。スポーツで泣くなんていつ以来でしょう。
    錦織君、おめでとう!top 10に対してこれで4連勝ですね!怪我は心配ですが、もっと強くなっていただきたい。

    2014年4勝以上は他にジョコビッチ5勝、ナダル4勝だけですね。勝った大会の格の違いはあれど、素晴らしい!
    まだまだこれが序章だと信じて応援し続けます!

      引用  返信

  • 遅ればせながら、本当におめでとう!!

    コーチらとのハグは、まるでグランドスラム優勝シーンの
    ようで感無量でした。。

    ところでいつも気になっていたのですが、まあいいや(汗)と思って
    調べたり聞いたりせず今も不明なままなのですが、、、

    いつもいらっしゃるコーチ陣のスキンヘッドの方はどういった方なの
    でしょうか?

    どなたかお教えくださいませ。

      引用  返信

  • ケロケロさん、彼はマネージャーのオリバー氏です(*^^*)♪
    お名前は聞いたことありますよね!

    IMGの他の選手の試合でもみかけます(^-^)/

    最近の圭は、常に大会のQF辺りまで勝ち進むので、オリバーさんも大忙しでしょうね!(σ≧▽≦)σ

      引用  返信

  • 錦織選手2週連続優勝おめでとう!
    怪我さえなければファイナルはほぼ確定かなぁ、
    これで上海もこなせるようなら、鉄人と呼んでいいんじゃないでしょうか。

    今年は49勝10敗で勝率8割3分1厘、8割を超えているのは3強を除けば錦織のみ、限りなく人外に近づいてきましたね。

    次の上海ですが、まだまだツアーは続きますし、無理のない範囲で頑張ってほしいです。

    @けろけろ さん
    その方は錦織のマネージャーのOlivier van Lindonkでtwitterやfagebookの中の人です。

      引用  返信

  • 圭大好き! さん

    教えていただきありがとうございました(^^)。

      引用  返信

  • 赤黄色 さん

    ありがとうございました!

    上海は8シードの恩恵でbyeがあるものの、 ディミ君とあたりますから
    体力的にとっても苦しいところをなんとかがんばって、ディミ君をやっ
    つけて(race to london 引き離し)から休んでほしい(大汗)なんて
    思っちゃったりしています。。。

    ラオちゃんは相変わらずドロー運がいいですねえ〜。。

      引用  返信

  • 圭大好き!さん
    すいませんm(__)mかぶりました、そしてfagebookて・・・
    facebookの間違いです。

      引用  返信

  • 泣きました・・・
    昨日どうしても用事で出かけなければならず
    いったものの気になってきになって・・・
    こっそり調べるも恥ずかしながらガラケーで探せません。涙。
    帰り道電光掲示版を見詰め・・・わからず
    お店の軒先をみつめ・・・張り紙はなく
    こんなに静かなのは・・お疲れと痛みで・・万全のラオ君にいかれたかな・・とか思いつつ いやいや何度も普通人私の確信のみちた予測を覆してくれたことを思い
    試合を見てもいないのに どきどき どきどき

    帰ってみて 勝利を知り そのとたん 涙 ・・・
    食い入るように録画をみて、また涙・・・・

    私もなんだか頑張れそうな気がしてきます。
    本当にありがとう・・涙。

      引用  返信

  • お~、竜馬トップ100返り咲きですね。
    圭のキャリアハイ6位と合わせ、改めてオフィシャルで見るとグッとくるものがありますね。

      引用  返信

  • 圭くん、本当に成長してますね!
    団長さんの実況…すごいです。
    Chrisちゃんさんのリンクで、杉山愛さんのコメント
    トップ10ではなく、なんでトップ5を目指さなかったのかが印象的。
    自分も泣き言いってないで頑張らないと…と思った次第です。

      引用  返信

  • Chrisちゃん さんご紹介の記事、いいですね。特に浅岡さんのほう、メッセージが伝わってきます。うなづきなが読みました。ありがとうございます。
    はなはなさん、わかります、意外と情報無いんですよね。探すと。でますますドキドキしてきて家まで小走りになる自分がいる。帰ってみて結果を知って・・・泣くのは、当然です。読ませていただいて、私ももらい泣きしました。
    圭のFBやツイに、スポンサー用と思われる、客席が真っ暗な中でカップヌードルを食べてたり、トロフィーを持ち上げてたりしている写真がありますが、浸っている感じでいいです。いっぱい喜んで、切り替える。彼の人生は、大冒険なんですねー。こういうときが次の物語への活力になっているのだと思いました。

      引用  返信

  • ファイナル現地観戦できた方羨ましいです。私は一人WOWOW観戦でしたが団長さんの実況や皆さんのコメで一体感持てました。いつもですが!

    Chinaのファイナルはベルディヒのプレイが単調すぎて、というか何もさせてもらえず気の毒な感じさえ、、全米でのジョコ錦織戦の攻防と比較するとほんと霞んでしまいます。
    この3週間トップギアに入れては都度メーターを振り切ってきたような錦織。
    京野菜さんのおっしゃるとおり、来年GS取るための最適な戦略を陣営に期待します。
    もちろん出場すれば全力応援です!
    それにしても錦織の涙ったらもう、、

      引用  返信

  • ATPの公式サイト、ランキング6位に行進されてます。
    http://www.atpworldtour.com/Tennis/Players/Top-Players/Kei-Nishikori.aspx?t=rb

    感無量wwwwwww。

    マスターズが3試合0ポイント、全仏の怪我の影響による初戦敗退を考える凄い事です。
    レーランキングが5位という事はこのまま行けば今年中にTOP5入りますます夢に近づきますね。

    あとはケガだけが心配です。

      引用  返信

  • 最近、二桁ランクに入るには590点ないと確実ではない状況が続いてますね~竜馬も上海でLLにでも入れないと来週には589点と微妙な位置にいるので頑張ってほしいです。
    今日の上海MSのOOPにルー選手が載っているのを見て嬉しくなりましたね~最悪の事態は避けられたのですね(T_T)

      引用  返信

  • はからずも泣きました。

    ひたすら集中してた高い続けた錦織。
    コートにいるときは常に険しい表情でした。

    『勝てない相手はいないと思う』
    と言った錦織選手の、今トーナメントの絶好調のラオに対するギアのレベルはどんなものなの?
    怪我の影響は??

    と心配しましたが、
    最後のゲームはまさに圧巻でした。

    今年の優勝は、2年前の優勝とはまた違う感慨深い
    ものがあります。

    死力を尽くした後の勝利、
    コートに寝ころびその喜びを実感したあと、
    涙をぬぐいながら陣営のところまで行き、
    ハグしたシーン。

    私もラファを思い出しました。
    それほどまでに、期待されるプレッシャーと、
    優勝したいという強い思いと、
    たくさんのものが解放された
    瞬間だったのでしょう。

    松岡さんが常々言われていた
    『圭はまったく違うレベル。
     天才!!
     必ずトップへ行く選手。』
    その言葉がしみじみと心を打ちます。

    私たちが感じる以上の、圭の可能性を
    当時の松岡さんはどんな思いで見ていたのでしょう。

    今シーズンの駆け上りが早すぎて
    少し戸惑い気味ですが、
    これからの錦織圭の活躍を
    細大漏らさず、リアルタイムで
    見て行きたいと思った楽天オープン優勝でした。

    完全に覚醒した圭 対 ミロシュ。
    サイヤ人に対する
    スーパーサイヤ人のようだったなぁ。

      引用  返信

  • Chrisちゃんさん

    ご紹介してくれた2つの記事、良かったですね。
    どうも、ありがとうございます。

      引用  返信

  • さっきひるおびで圭の試合をやっていたのですが、石井アナが非常に詳細な説明をしていて、ここまで報道してくれたら御の字だよなと思いました。

    内容は試合の詳細、全米からのスケジュールの再確認(トップ選手は全員こなしているという説明あり)、レースランキングの詳細な説明(有利だけど、一応まだ分からないということをマレー上海優勝を仮定して説明)、テレビメディアとしてはほぼ完ぺきな説明だったと思います。

    少しずつ、こういう報道が増えていくといいですね。

      引用  返信

  • 上海マスターズ一回戦、現在、大先生vsチリッチ

    1stセットは大先生7-5で取った。

    どうかこのまま、お仕置き完了をお願いします(汗)。

      引用  返信

  • 満身創痍での優勝…おめでとうございます!
    涙…涙…の観戦から一夜明け普通の日常が戻ってきました(*^^*)
    インタビューで、今までネガティブに考えてしまうところをポジティブに考えるようにしたら結果もついてきたと思う…みたいなこと言ってましたよね。
    いろいろ心配事はあるかと思いますが、負のイメージはあまり抱かず(怪我は心配だと思いますが万全のチームがついてるので…)
    圭くんが目指す高みに到達するまで、私もひたすらポジティブに全力応援することに徹したいと思います(^-^)/
    体がきつい時や精神的にガックリきた時に、少しでも追い風になるように…熱血応援だ!(^^)v

      引用  返信

  • K-impactさん

    さすが石井アナ、本領発揮と言ったところでしょうか。

    とにかく、規格外のプレイヤーですから、メディアも初めての事ばかりで勉強中なんでしょうね。

    でも、どんどんそう言う正確な報道をしてくれることに期待したいですね!

    もしかしたら、自動録画されていたら観れるこも!
    帰ってからの楽しみが出来ました、ありがとうございます!

      引用  返信

  • K-impactさん、石井アナがTBSに就職する際にテニス誌でも取り上げられていました。修造チャレンジにも参加したほどの選手だったのでテニスに関する正しい報道をしてくれると期待を込めてのことでした。石井アナが活躍できる状況になってきたのは嬉しいですね~(^^)見たかった・・・

      引用  返信

  • チリッチが、早速カルロビッチ大先生にやられましたね。一回戦敗退です。

      引用  返信

  • 今大会の一戦一戦、己の限界を引き延ばすかのような戦いぶりに、全仏での修造さんのメッセージというか叱咤激励を思い出しました。
    「敗因はメンタル」という言葉には賛否両論、侃々諤々の議論が巻き起こりましたが(私はそれは厳しすぎると思いました)、きっと錦織は素直に受け止めて再起を誓ったんでしょうね。
    だからこそ、修造さんの「圭、自分に勝ったぞ!」という祝福の叫びにはグッときました。
    早速今日の報ステで熱く語ってくれそうです。

      引用  返信

  • Kーimpactさん~
    私もひるおび見てました♪
    石井アナウンサーgoodjob(^^)v
    嬉しいですよね~(≧∇≦)
    報道ステーションには修造さん♪
    楽しみです。熱いお話聞けそうです。
    …チリッチ負けてる。燃え尽きたのかしら?
    GAORAで3セットめ少し観ましたが
    オーラが無いというか、パワーかんじませんでした(>_<)
    Usopenで使い果たしたのかな?
    勝ち続けるのは至難の技!!
    圭くんの凄さを改めてかんじております(^^)
    14日間で9試合!鉄人認定!?

      引用  返信

  • 遅れましたが、優勝おめでとう!
    土曜日曜と有明で見ました。
    ラオ君もサーブはもちろんナイスプレーの連続でしたね。
    どちらが一瞬のチャンスをモノにするか、という戦いに見えました。
    新しい勢力図を描くであろうお二人、引き続き応援してます!

      引用  返信

  • 錦織選手ジャパンオープン2度目の優勝おめでとうございます!
    自分の限界へ挑戦する姿に感動してしまいました。涙涙でした。
    本当に長く辛い戦いでした。
    まだまだ挑戦は続きますね、これからもずっとずっと応援しています。

      引用  返信

  • 全米オープン直後のアジアンスイング2週連続での優勝心から本当におめでとう‼︎
    思いは全てみなさまのコメントが代弁してくださっています。
    上海でも勝ち進んでほしいという気持ちと身体を心配する思いのはざまで揺れる錦鯉の心です。
    錦鯉圭という日本の至宝が、これからも長きに渡り自身の納得する道を進まれますように!

      引用  返信

  • 初投稿です…

    今年の全豪OPから圭に魅了され、ソニーOPでGAORAに入り、テレビ観戦主体のファン歴一年にも満たない、新入生です。宜しくお願い致します。

    勝手にGS優勝したら初投稿しようと、決め事を作って皆さんの一喜一憂するのを、今年の初めからウズウズしながら眺めていました。

    しか~しです。全米OPからの圭の無双っぷりに、我慢たまらず、当初の決め事を下方修正?して、参加させて頂きますw

    今回の楽天JOPは決勝のみ、TV生観戦できました。応援途中アドレナリンが出すぎて、疲れて脱力した部分はありましたが、勝った瞬間はスタンディングしてガッツポーズを取っていました。そして圭の涙…これにはやられました。あれで一緒に涙しない人がいるでしょうか。スポーツ観戦で最大級の感動をあの時おぼえました。
    いつの間にか虜になっています。

    いつか生観戦を夢見て、ここの錦鯉の皆さんたちと、チーム圭の決断を尊重し一戦必勝の思いで、応援を続けて行きたいと思いますので、宜しくお願い致します。

      引用  返信

  • 錦織がまたジャパンオープンで優勝した。ATPワールドツアー500大会とはいえ、錦織は第4シードだった。しかし、第1シート(バブリンカ)と第2シード(フェレール)はツアー500大会であるにもかかわらず、あっさりと早いラウンドで敗退した。その意味では、第4シードの錦織も、第3シードのラオニッチも、運がよかったといえる。つまり、錦織にしても、ラオニッチにしても、この結果であまり浮かれているわけにはいかない。もちろん、着実に決勝まで来た底力は評価されるべきだし、錦織の優勝の価値は何ら薄れるものではない。

    さて、最近の錦織のプレーをテニスで見ていて、いくつか気が付いたことがある。もしかしたら、もう誰もが気付いていることかもしれないし、きちんと分析もされていることかもしれないが。

    一つは、錦織のグランドストロークのバックハンドとフォアハンドの比率だ。錦織のベースラインでのグランドストローのフォアハンドとバックハンドの比率は、他のプレーヤと比較してバックハンドの比率が高いのではないかと思う。(きちんと調べたわけではない。)つまり、錦織はそれだけ「フォアハンドに回り込まない」のだ。この決勝戦を見ている限り、錦織がフォアハンドに回り込むのは、ウイナーかそれに準ずるボールをヒットするときだけに見える。

    最近のテニスでは、全ストロークの70%以上がフォアハンドに偏っているとどこかにあった。たとえばフェデラーなどは、特にフォアハンドへの回り込みが目立つ。私にはその理由がよくわからない。フォアを軸にすることで、よりテニスを簡単にするということだろうか。それとも、単純にフォアハンドの方がバックハンドよりもボールをヒットできる(またはボールをコントロールできる)からだろうか。それは本当だろうか。

    回り込む時間的なロス、そのあとオープンコートをカバーするロスやリスクを考えても、フォアに回り込む方が有利だとは正直なところ思えない。そして、錦織はそのことを証明してくれているような気がする。この点を、だれか専門家がきちんと検証してほしい。

    もう一つは、錦織の配球についてだ。錦織が打ったボールの後を見ると、そのほとんど(たしか80%以上)がどちらかのサイドでバウンドしている。つまり、「錦織はセンターにボールを打たない」のだ。これは驚きだ。

    センターセオリーという言葉は錦織にはない。なぜなら、どんな球が来てもどちらのサイドにもボールを打つことができる技術があるからだ。そうなると、センターにボールを打つ理由はない。コーナーにボールを配給するのが不利な理由(センタセオリーの理由)は、コーナーからだと相手の方がコースを選択できる(ストレート、クロス、逆クロスなどから選択できる)からなのだが、相手がその選択ができない側にボールを何時も打てばよい。そうすると、錦織は断然有利になる。

    これはすごい技術だ。相手が格下であればそういうこともあるかもしれない。しかし、相手が高いレベルの場合でも、つまり相手のボールが厳しい場合であっても、ボールをどちらにでも打ち分けれるのがすごい。

    おそらく錦織の相手は、「攻めに攻められた」感じになるだろう。肉体的にも精神的にも、疲れ切ると思う。こうなると、錦織と対戦する際に、「相手(錦織)が小柄でパワーに欠けるから有利」などということはなくなる。むしろ、ボールスピードが速くても攻めのパターンがわかりやすい相手の方が、よっぽど楽だと思うようになるだろう。

    実は、この2点は、メシールのテニスととてもよく似ている。ただし、メシールはほぼ100%、フォアハンドに回り込むことがなかった。メシールから見れば、錦織ですらフォアハンドに回り込みすぎなぐらいだ。ただし、このこと(1980年代後半)のテニスプレーヤーは、あまりフォアハンドに回り込まなかった。ベッカーやマイケル・チャンの登場が、その常識を覆した。

    一方で、メシールは、錦織よりは高い割合でセンターにもボールを打った。メシールの場合は、むしろ、相手が攻めきたところを逆襲するタイプのグランドストロークだった。相手がコースを狙ってくるところからメシールの戦略はスタートする。したがって、相手がコーナーを狙ってこない場合には、メシールはあえて自分からは攻めないことが多かった。この辺りは、錦織と違う。錦織は、どのボールの場合も攻める。守るというのは、よほど相手に追い込まれた場合だけだ。これが、体格で不利な錦織の選択した戦略なのだろう。

    いずれにしても、高い技術があると、テニスの戦略性は上がり、見ているものは楽しくなる。何度も書くが、錦織が日本人だからそのテニスが楽しいのではない。

      引用  返信

  • 楽天OP優勝スピーチでラオ君に英語で言った内容が知りたいんですけど、どなたか訳していただけないかなぁ。私の拙い読解力では「これからもタフな試合を通じて共にTOP10、いやTOP5に行きましょう!」的な凄くナイスガイなコメントだったと思うんですけど。
    通訳さん、何故か錦織君の英語は訳してくれなかった(笑)。

      引用  返信

  • なかがわ :
    のんたんさん
    ミロス、君との試合は、いつもフルセットのタフなものになるね。
    僕たちは同じ若い世代で、これからTOP5を見据える立場だよね。
    またこんなタフな試合ができるといいな。
    こんな感じです。

    投稿多すぎて読み切れませんよね(^-^)

      引用  返信

  • 団長、一つの記事へのコメとしては、新記録到達なんじゃあないでしょうか?(///ω///)♪

    細々ですが、おめでとうございます!(*^o^)/\(^-^*)

    しかも、団長の分析はまだ中途半端なままなんですけど!!!(丿 ̄ο ̄)丿

    これも、圭の完全覚醒のなせるわざでしょうか?!(σ≧▽≦)σ

    団長&鼻血ブログも、すげ~!(*^▽^)/★*☆♪

      引用  返信

  • 〉なかがわさん

    和訳ありがとうございます。何だか一時期のナダルとフェデラー、ジョコビッチとマレーの試合後スピーチを思い出します。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。