【0:15レビュー追記】大魔神圭、力を力でねじ伏せる!!(2014ジャパンオープン準決勝)

2014 Tokyo ATP500
Semifinal
Kei Nishikori[4] def. Benjamin Becker, 4-6,6-0,7-6(2)

本日の錦織の2ndセットは大魔神のようでした。

1stセット、昨日よりはスタート時の動きが軽い錦織圭でしたが、ベッカーも強力なサーブとフォアハンドでブレイクを許さず互角の展開。
あれ?こんなにベッカーって強かったっけ・・・?と思っていると、ちょっとした隙を突いてベッカーのほうが先にブレイクしてしまいました。ここでゲーム3-5錦織サーブ。
ここで錦織はハッと我に返ったように重心が低くなります。まるでお魚くわえたドラ猫を追っかけるサザエさんのように必死で追いつこうとします。
「後で頑張るより今頑張ったほうが早い」と思ったのでしょう。劣勢となったセットは諦め、次のセットから切り替えてくることもある錦織ですが、今日の出来だと確かにブレイクバックさえできればまだ1stセット先取のチャンスは来そうでした。

しかし4-5のベッカーサーブでも良いプレーは出たものの、フォアクロスのパスが惜しくもコードに阻まれ、1stセットはベッカー。
後半に強い錦織のことだからきっと挽回してくれるだろうという期待と、ベッカーのあまりの調子よさ、迷いなく打ち込んでくるサーブとフォアの威力に感じる不安が入り混じる思いが交錯したまま2ndセットへ。

錦織はこのセット、どんどんと積極性が出てきて、ポジションが前に入る入る。サーブも昨日までより5~10km/hは速かったでしょうか。かつ77%という高確率で入り、3本のエースを放ちました(2ndセットの数字)。
ドラ猫追跡サザエさんモードを通り越し、ブレイクされたことをきっかけにした「怒りの大魔神モード」に移行した錦織圭は、このセットをなんとベーグル(1ゲームも落とさないこと)で取ってしまいます。

満員の大観衆も錦織の勝利を確信したかのように喜びの声援を送ります。その勢いのまま、ファイナルセットもブレイク先行して3-1とリードで錦織サーブ。
サーブの好調を持続する錦織はサーブポイントを重ねてゲームポイントを握りますが、そこで再び厳しく入ったファーストサーブに対するベッカーのリターンが、コードボールとなりデュースとなってしまいます。
ここが1つのターニングポイントとなり、ベッカーの勢いが復活。錦織の強打に真っ向から対抗し、素晴らしいプレーでブレイクバックすると、200km/hを超えるサーブを軸に再びブレイクされる隙を与えません。

お互いに凡ミスの少ないレベルの高いキープ合戦が続き、ついにタイブレークへ。
この時点ではベッカーに分があるかもしれないと思ってしまいました。まったく体力に衰えの見られないベッカーに対し、錦織はリターンとストロークで少々ミスヒットが出始めていたからです。疲れが出てきたように見えました。

しかし!
錦織はここでトーンダウンするどころか、さらに強打。それがまたことごとく入ってしまうのですから、見ている方はもう鳥肌ものです。何か信じられないものを見るような気持ちでした。
ベッカーにしてみれば、最高のプレーをしたはずなのに跳ね返されてしまったのですからこれはもう諦めるしかないでしょう。そのくらいの凄みのあるプレーでした。

この試合は鼻血対象試合ではありませんでしたが、現地補正(会場で観戦しました)がかかっていることもあり、思わず鼻血が出てしまいました・・・。
ということで、鼻血試合認定です!

victory2b

どちらに転んでもおかしくないプレーでしたが、勝つと負けるでは大違い。今年の錦織はこういった競った試合でも自分のギアを上げることで勝てるようになってきていると思います。それは何か特別なことをしているわけではなく、基礎力の充実に他ならないと思います。
試合前の練習でも難しいことをやるというよりは、自分からしっかり動いて強打する基礎的な球出し練習をやっていました。そういったことの積み重ねが、土壇場で考えるより前に自然に体を動かせることに繋がっています。
「負けない錦織圭」の連勝街道はどこまで続くでしょうか。少なくとも、次の試合までは続いてほしいと切に願います。

名勝負のポイント

今回このような名勝負が生まれたポイントはいくつかありますが、最大の要因はベッカーの出来でしょう。
元々パワフルなプレーには定評があった選手で、ビッグサーブとビッグフォアハンドを持っていましたが本日はそれに確実性が備わっていました。

62位というランキングが信じられないほどの素晴らしいプレーでした。特にフォアのクロスのカウンター。
ダイナミックではありますが、あまり美しいと言えるフォームではありません。過去のプレーを見てもどちらかというと鋭角に攻めるというよりは、縦方向にグイグイ押してくる印象だったのですが、今日は違いました。

また、錦織が深く足元に鋭いリターンを返してもそれを冷静にさばき、ラリーの主導権を簡単に握らせなかったディフェンス力にも見るべきものがありました。
普通の選手なら返せなかったり、浮いた珠が返ってくるリターンに対してもほとんどミスがなく、大接戦となった要因の一つとなりました。

2つ目のポイントは錦織の意地です。
昨日までのプレーより勝ちに対する執着心が伝わってきました。
トーナメントを最後まで戦うため、時には深追いせず、時にはミスを承知の強引な攻めも見せてきた錦織圭でしたが、今日の試合はベッカーの出来が良かったことから、試合序盤から本気モードが見られました。
特に最初にブレイクされて以降は、隙を見ては前にステップ・インして打つストロークが目立ちましたが、これは効果的な反面、素早い判断と高い集中力を必要とします。
迷ったらミスをしてしまいますし、勇気が必要です。そして勇気を出してステップインしてミスをしてしまうと精神的なダメージも大きいですから、リスクのある戦法でもあります。
これを試合の早い段階で成功させたことによって錦織は勝利できたと言えるかもしれません。
成功しなければベッカーの一方的な勝利に終わった可能性すらありました。

3つ目はドロップショットです。
試合前の練習でも球出しでドロップショットの練習をしていましたし、試合の最初のポイントもドロップショットのエースでした。
キープにはあまり影響しないカウントで1回だけミスをしましたが、それ以外は鮮やかに決まりました。おそらく試合前から「今日はドロップ使っていくぞ」という気持ちがあったのでしょう。
緊迫した場面でもお構いなしに打ってきますから、ベッカーにしてみれば「何だコイツ!?」って感じだったのではないでしょうか。「俺にはまだまだ引き出しがあるぞ」と思わせる効果があり、ベッカーの心理にも微妙な影響を及ぼすことができたと思います。

最後はサーブです。
錦織のエースはベッカーの6本を上回る8本。スピードはベッカーより平均的に10km/h以上遅かったにも関わらずです。
特に試合終盤にかけてどんどん良くなっていきました。1stは190km/h台を連発し、セカンドも150km/h台後半と錦織にしてはかなり速いほうでした。1st確率もセットごとに77→77→75%と安定して高く、2ブレイクはされたもののキープに対する不安はあまりなかったのではないかと推測されます。見ていてずっとサービスゲームは攻撃しているな、という感じでした。

以上、いろんな要因が重なり、2人の選手がそれぞれの実力を出しきったために今回の名勝負が生まれました。この後すぐ見なおしてみたいくらいです。

66 件のコメント

  • やっと謎が解けました。
    ラオニチはキムクライシュテルスに似ているのです。
    これで今日はぐっすり寝れます。

      引用  返信

  • 単純に帰宅が遅かっただけでーすw
    で、食べたり風呂入ったりしてました。
    今からいろいろ更新します。

      引用  返信

  • ウィリアムヒルの現在のオッズが

    錦織:ラオニッチ=1.91:1.91

    と全くの互角です!イーブンなんてなかなかありません!

    でも、圭ちゃんならやってくれるはず!^^

      引用  返信

  • 今録画を見終わりました。
    壮絶な試合でしたね。両者ともレベル高過ぎ!途中から、ん?早送りしてる?とマジで思ったほどのラリーの速さと展開で本当に凄かった!最後のタイブレークなんか開いた口がふさがらないほどの錦織のレベルの高いショットの数々!何者なの~あなたは?って感じでした。

    でも勝って良かった~!!
    明日も恐らくインドアになるでしょうから、どちらに吉と転ぶか?錦織の腰の痛みが少しでも軽減しますように!

    で、明日も勝ってくれ~!!!

      引用  返信

  • 録画見終えました、今日も仕事でしたので(泣)

    いやー面白かった、いい試合でした

    しかしなんで錦織の相手は皆こんなに好調なんだろw
    ベッカー強かった、これで62位かいって感じ、ストロークは深いし攻めも早い、サーブもいいしそしてフォアが素晴らしかった。
    疲れている中、それを上回って勝った錦織は素晴らしい!

    明日はラオニッチ、ブレークするチャンスは少ないでしょうからいかに集中を切らさずにキープし続けられるか、メンタル的にも肉体的にもタフな試合になりそうです。
    なんにせよここまで来たらぜひ優勝してもらいたい!
    がんばれ!Kei!

      引用  返信

  • 今日の勝利の興奮からやっと落ち着いてきました…(≧∇≦)
    ベルディヒ vs クリザンみてたら落ち着いてきた…
    明日はやっぱりラオくん。
    vsシモンみたかったけどこればかりは仕方ない(>_<)
    疲れも身体の痛みも心配だけど、
    圭くんがコートに立つからには全力で応援するのみ!!
    もうひと踏ん張りですね。
    圭くんが
    今晩ゆっくり眠れますように…(祈)

      引用  返信

  • 錦織選手、決勝進出おめでとうございます!

    火曜日から初めてのLIVE観戦、毎日驚きと感動の連続です。

    錦織選手も対戦相手の選手もほんとうにすばらしいですね。

    明日も全力で応援します!

    もう一勝!を心から願っています。

      引用  返信

  • 壮絶な打ち合い、カウンターの応酬。まさに力を力でねじ伏せた素晴らしい試合でした。
    連鎖する応援が響き、会場の雰囲気も良かったですね。インドアだとビッグサーバーが有利かもしれませんが、いっぽうで応援が響くホームプレーヤーも有利となるでしょう。応援がんばりましょう!!

    垣間見しチャンとダンテのラリーかな
    魅入るほど呼吸のできぬしばき合い

    屋根越えて圭旋風の吹きにけり

      引用  返信

  • 赤黄色さん、好調だからセミまで勝ち上がって来ているんだと思います!(^-^)/
    しかし、ベッカー、半端なかったですねえ~(((^_^;)

    こんなに強かったっけ?今にミスを連発して自滅するよなぁ?
    試合中、何度そう思ったかしれません(((^_^;)

    手負いの圭には、ちょっぴりしんどい試合になってしまいました(;>_<;)

    中尾トレーナー、あとは頼んだ!!!!

    圭を、思う存分勝負できる身体にしてあげてください!m(__)m

      引用  返信

  • 団長さん、素晴らしいレビューありがとうございます♪読んでいるうちに今日の試合が
    よみがえってきて、またドキドキ興奮で、眠れない…(>_<)
    でも嬉しい不眠です(笑)

      引用  返信

  • 団長、了解しますた。
    12月までに「錦織川柳かるた2014」まとめときます。

      引用  返信

  • 木曜から現地でみてました。
    明日はチケットなし。
    ごめんね圭。決勝にいくと信じてとってりゃよかったよ涙
    せっかく東京に来てるのにクヤシイ…でも生でテレビで応援します。勝利を信じて 。go☆K!!

      引用  返信

  • 昨日の試合ほんとに凄かった!
    昨年の土曜日は見られず、以前見たのはチャリティーマッチでしたので、
    初めての圭くんの公式戦生観戦でした!
    これまでの3戦の相手もなかなかの顔ぶれだったので、今日は少し早く終わるかな?
    なんて思っていたら、ベッカー選手凄く調子良くびっくりしました!
    ミスしない…マジか。圭くん頑張れ~!声を出して応援しました~
    お疲れの中勝利を掴んだ圭くんはほんとにかっこよかったー
    大興奮の試合に両者に感謝です!

    今日は観戦しませんので昨日は買い物やご飯やくじ引きやサーブスピードを
    計測してもらったりとか会場を楽しみました。
    今日の決勝戦はまさに最後の力を振り絞っての圭くんですね!頑張れ~!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。