【0:15レビュー追記】大魔神圭、力を力でねじ伏せる!!(2014ジャパンオープン準決勝)

2014 Tokyo ATP500
Semifinal
Kei Nishikori[4] def. Benjamin Becker, 4-6,6-0,7-6(2)

本日の錦織の2ndセットは大魔神のようでした。

1stセット、昨日よりはスタート時の動きが軽い錦織圭でしたが、ベッカーも強力なサーブとフォアハンドでブレイクを許さず互角の展開。
あれ?こんなにベッカーって強かったっけ・・・?と思っていると、ちょっとした隙を突いてベッカーのほうが先にブレイクしてしまいました。ここでゲーム3-5錦織サーブ。
ここで錦織はハッと我に返ったように重心が低くなります。まるでお魚くわえたドラ猫を追っかけるサザエさんのように必死で追いつこうとします。
「後で頑張るより今頑張ったほうが早い」と思ったのでしょう。劣勢となったセットは諦め、次のセットから切り替えてくることもある錦織ですが、今日の出来だと確かにブレイクバックさえできればまだ1stセット先取のチャンスは来そうでした。

しかし4-5のベッカーサーブでも良いプレーは出たものの、フォアクロスのパスが惜しくもコードに阻まれ、1stセットはベッカー。
後半に強い錦織のことだからきっと挽回してくれるだろうという期待と、ベッカーのあまりの調子よさ、迷いなく打ち込んでくるサーブとフォアの威力に感じる不安が入り混じる思いが交錯したまま2ndセットへ。

錦織はこのセット、どんどんと積極性が出てきて、ポジションが前に入る入る。サーブも昨日までより5~10km/hは速かったでしょうか。かつ77%という高確率で入り、3本のエースを放ちました(2ndセットの数字)。
ドラ猫追跡サザエさんモードを通り越し、ブレイクされたことをきっかけにした「怒りの大魔神モード」に移行した錦織圭は、このセットをなんとベーグル(1ゲームも落とさないこと)で取ってしまいます。

満員の大観衆も錦織の勝利を確信したかのように喜びの声援を送ります。その勢いのまま、ファイナルセットもブレイク先行して3-1とリードで錦織サーブ。
サーブの好調を持続する錦織はサーブポイントを重ねてゲームポイントを握りますが、そこで再び厳しく入ったファーストサーブに対するベッカーのリターンが、コードボールとなりデュースとなってしまいます。
ここが1つのターニングポイントとなり、ベッカーの勢いが復活。錦織の強打に真っ向から対抗し、素晴らしいプレーでブレイクバックすると、200km/hを超えるサーブを軸に再びブレイクされる隙を与えません。

お互いに凡ミスの少ないレベルの高いキープ合戦が続き、ついにタイブレークへ。
この時点ではベッカーに分があるかもしれないと思ってしまいました。まったく体力に衰えの見られないベッカーに対し、錦織はリターンとストロークで少々ミスヒットが出始めていたからです。疲れが出てきたように見えました。

しかし!
錦織はここでトーンダウンするどころか、さらに強打。それがまたことごとく入ってしまうのですから、見ている方はもう鳥肌ものです。何か信じられないものを見るような気持ちでした。
ベッカーにしてみれば、最高のプレーをしたはずなのに跳ね返されてしまったのですからこれはもう諦めるしかないでしょう。そのくらいの凄みのあるプレーでした。

この試合は鼻血対象試合ではありませんでしたが、現地補正(会場で観戦しました)がかかっていることもあり、思わず鼻血が出てしまいました・・・。
ということで、鼻血試合認定です!

victory2b

どちらに転んでもおかしくないプレーでしたが、勝つと負けるでは大違い。今年の錦織はこういった競った試合でも自分のギアを上げることで勝てるようになってきていると思います。それは何か特別なことをしているわけではなく、基礎力の充実に他ならないと思います。
試合前の練習でも難しいことをやるというよりは、自分からしっかり動いて強打する基礎的な球出し練習をやっていました。そういったことの積み重ねが、土壇場で考えるより前に自然に体を動かせることに繋がっています。
「負けない錦織圭」の連勝街道はどこまで続くでしょうか。少なくとも、次の試合までは続いてほしいと切に願います。

名勝負のポイント

今回このような名勝負が生まれたポイントはいくつかありますが、最大の要因はベッカーの出来でしょう。
元々パワフルなプレーには定評があった選手で、ビッグサーブとビッグフォアハンドを持っていましたが本日はそれに確実性が備わっていました。

62位というランキングが信じられないほどの素晴らしいプレーでした。特にフォアのクロスのカウンター。
ダイナミックではありますが、あまり美しいと言えるフォームではありません。過去のプレーを見てもどちらかというと鋭角に攻めるというよりは、縦方向にグイグイ押してくる印象だったのですが、今日は違いました。

また、錦織が深く足元に鋭いリターンを返してもそれを冷静にさばき、ラリーの主導権を簡単に握らせなかったディフェンス力にも見るべきものがありました。
普通の選手なら返せなかったり、浮いた珠が返ってくるリターンに対してもほとんどミスがなく、大接戦となった要因の一つとなりました。

2つ目のポイントは錦織の意地です。
昨日までのプレーより勝ちに対する執着心が伝わってきました。
トーナメントを最後まで戦うため、時には深追いせず、時にはミスを承知の強引な攻めも見せてきた錦織圭でしたが、今日の試合はベッカーの出来が良かったことから、試合序盤から本気モードが見られました。
特に最初にブレイクされて以降は、隙を見ては前にステップ・インして打つストロークが目立ちましたが、これは効果的な反面、素早い判断と高い集中力を必要とします。
迷ったらミスをしてしまいますし、勇気が必要です。そして勇気を出してステップインしてミスをしてしまうと精神的なダメージも大きいですから、リスクのある戦法でもあります。
これを試合の早い段階で成功させたことによって錦織は勝利できたと言えるかもしれません。
成功しなければベッカーの一方的な勝利に終わった可能性すらありました。

3つ目はドロップショットです。
試合前の練習でも球出しでドロップショットの練習をしていましたし、試合の最初のポイントもドロップショットのエースでした。
キープにはあまり影響しないカウントで1回だけミスをしましたが、それ以外は鮮やかに決まりました。おそらく試合前から「今日はドロップ使っていくぞ」という気持ちがあったのでしょう。
緊迫した場面でもお構いなしに打ってきますから、ベッカーにしてみれば「何だコイツ!?」って感じだったのではないでしょうか。「俺にはまだまだ引き出しがあるぞ」と思わせる効果があり、ベッカーの心理にも微妙な影響を及ぼすことができたと思います。

最後はサーブです。
錦織のエースはベッカーの6本を上回る8本。スピードはベッカーより平均的に10km/h以上遅かったにも関わらずです。
特に試合終盤にかけてどんどん良くなっていきました。1stは190km/h台を連発し、セカンドも150km/h台後半と錦織にしてはかなり速いほうでした。1st確率もセットごとに77→77→75%と安定して高く、2ブレイクはされたもののキープに対する不安はあまりなかったのではないかと推測されます。見ていてずっとサービスゲームは攻撃しているな、という感じでした。

以上、いろんな要因が重なり、2人の選手がそれぞれの実力を出しきったために今回の名勝負が生まれました。この後すぐ見なおしてみたいくらいです。

66 件のコメント

  • 錦織選手勝ちました!! 壮絶な試合を戦い抜き決勝進出!!

      引用  返信

  • 2人ともすごいプレーの連発でしたね。決勝でもおかしくないレベルでした。

      引用  返信

  •  やった~!おめでとうございます!タフな試合を競り勝ちました!
    次はRaonich!決勝に掛ける気持ちは強いでしょう!
    スケールアップした両者の決勝が待ち遠しい!

      引用  返信

  • 素晴らしい。本当に素晴らしい。本当に本当に素晴らしい!!!!

    こんなに面白い試合で、さらに勝ちで終えてくれるなんて、ファンとして幸せです。

      引用  返信

  • それにしても、全米から連戦なのに
    準優勝、優勝、準優勝or優勝って
    ホント、異次元ですね

    次は宿敵ラオニッチ
    また熱い戦いになりそうです

      引用  返信

  • とんでもない男ですね。体もよくない、相手も好調、そんな状況でも決して負けなかった。トップ選手の強さを感じました。

    2年前に「youngest final」だったこのカードも、今やテニス界屈指の好カードになりましたね。ケガに気をつけて、行けるところまで行ってほしいですね!!

      引用  返信

  • GSを含む3大会連続のファイナル出場って偉業ですよね。
    人外い限りなく近いと思います。
    思えば全豪のナダル戦で今年の圭くんに大きな期待を持ったのですが、間違いなかったです。
    あと一つ勝てばレースランキング5位ですか?
    圭くんのファンで本当に良かった。

      引用  返信

  • 次世代ナンバー1対決ですね~!p(^-^)q

    二人とも、この2年間の精進がしのばれます!

    勝っても負けても、圭、あなたが本当に誇らしいです!(^з^)-☆

    3大会連続決勝進出、心からおめでとう!(*^o^)/\(^-^*)

      引用  返信

  • 大感動‼︎大興奮です‼︎
    ベッカーさんめちゃくちゃ素晴らしかった!
    そのベッカーさんを満身創痍で跳ね返す圭くん。

    昨日よりは体が軽そうかなと思いましたが、1セット目を取られてしまいました。
    でも2セット目ググっとギアを上げベーグルで取ると、もつれた3セット目のタイブレでももう1ギア上げて見事勝利!
    しびれました。

    それにしてもリターン力がやっぱり並外れてますね。
    ただただすごい。

    明日も頑張れ‼︎

      引用  返信

  • 絶好調のベッカーに打ち勝って、これがTOP10の証でしょうか
    k-impact さんがいうように 2年前のyoungest final が今や、当たり前のfinalになっていく予感がします。
    応援をしてきた蕾が大きくなったものです
    明日も全力応援です
    勝っても負けても圭のファンです
    信じて応援あるのみです

      引用  返信

  • ベッカーさん、強かったですね。でも本気になった第2セット、大魔神圭には、底知れぬ器の大きさを感じました。まるで神のような(ベッカーさんから見たら悪魔か・・・)。
    今日はフォアが100%ではなくて決め切れてなかったな。
    ほんとサーブを鍛えておいてよかった!
    明日も全力応援ですね!ラオ君相手だけど、もうあと一つ!スサノオ降臨!あらぶれ!圭!

      引用  返信

  • 圭君の激闘を見て、私の胃はなおさら痛みました。
    よく勝った‼︎
    お疲れ様でした。休んで欲しいけど、
    やるよね。ラオニッチは更に絶好調のサーブを持ってきます。
    頑張れ圭君‼︎‼︎

      引用  返信

  • おめでとうございます!
    実況板でスコアつけしてくださる方々、本当にありがとうございます。
    書き込む余裕(技術?)がないので、読むだけですが
    いつものぞかせてもらっています。
    団長さんの「抱かれたい」発言は数年前にも
    あったと思うのですが
    あれはいつだっただろう?
    圭くんが一段上のステージに上がって
    惚れ惚れする強さを見せてくれた時
    団長さんの胸キュンが起こるような…
    いずれにしても、明日両者とも
    怪我なく、最後まで素敵なプレーを
    見せてくれますように祈ります。

      引用  返信

  • 団長、確かに鼻血相当のすごい試合でした!
    あ、内緒でしたねww
    それに引き替え北京のチリッチは冴えない内容でした。モチベーションが低いのか、目指す高みが違うのかな。

      引用  返信

  • 圭くんとベッカー選手、まさに一流選手の素晴らしいせめぎ合いでした。
    この目で見ることができ、本当にありがたく幸せです!

    彼はまさに世界の「超一流」、
    ただただ、凄まじかった。
    最後は言葉を失いました…(T_T)
    ありがとう。

      引用  返信

  • お互い何度も左右に振られてからの切り返し、まるでかってのビッグ4の闘いを見るようでした。

    試合前には体調万全では言っていて、試合中も疲労困憊を隠せない中、TBで「もうひとギア上げた」だなんて技術を超えた次元の高みに来ていることを証明してみせました。

    印象的だったのは、勝利御しばらくの間タオルで顔を覆っている姿。

    この精神力があれば230キロのラオニッチ粉砕、出来るぞ!

    頑張れ!圭君!

      引用  返信

  • 圭くん、大きな大きな勝利を掴み取ったんですね
    勝利後に長い時間タオルを頭からかぶってた圭くんに、じーんときました
    壮絶な戦いに勝利!
    只々おめでとう!

      引用  返信

  • ナイスショットの応酬でホントに締まったすばらしい試合でした。そんな2人圭君ベッカーさん感動ありがとう!
    そして圭君あなたは本当に強いです!!

      引用  返信

  • はぁ~…勝ってくれました…
    べッカーさん素晴らしかったですね。
    まだまだ元気イッパイなかんじでした(>__<)
    今からラ王買いに行ってこよう♪

      引用  返信

  • だんちょう、タイトル、「す」が一つ多いです。これ鼻血?(みちゃった)w

      引用  返信

  • 団長さま

    決勝進出おめでとうございました。

    本日、自宅観戦でしたが、箱ティッシュを手にしてました(笑)
    内緒ですが~

      引用  返信

  • この試合を生で見てたら、そりゃ鼻血もでますよね。

    ファイナルセットの鬼、タイブレの鬼、というアビリティは凄く頼もしいけど、心臓に悪いからなるべくなら使わないで欲しいっす。

      引用  返信

  • 恥ずかしながら今回が初の生錦選手でした。
    上の方だったのであまりボールの軌道は分かりませんでしたが、それでも時折、あ、アウトしちゃうー!って思ったボールがライン際にストンっと落ちるのが分かって鳥肌が立ちました。

    まさに世界のトップで活躍するプレーヤーですね。感動しました。

    明日は衝撃の録画観戦ですが、リアルタイムでは有明コロシアムに向かって粘粘と応援しよう思います。

      引用  返信

  • いや〜今日の試合は凄まじかったです。
    錦織選手の勝利に対する気持ちが前面に出ていました。
    疲労困憊で劣勢でもなぜか負ける気はしませんでした。
    明日の決勝戦は宿敵ラオニッチ選手❗️
    全力応援あるのみです。

      引用  返信

  • 凄い試合だったー。神が降臨したかのような技が見れましたし。幸せ幸せ。
    次はラオくんだしなあ

      引用  返信

  • ミスをほとんどしないゾーンにはいってるといってもいいベッカーに
    満身創痍でも素晴らしいプレーで上回り勝ちきった圭くんがすごすぎて鳥肌立ちました。
    いったいどこまで強くなったのだろうと。。。
    やはり全米決勝を戦った経験と自信でしょうか。
    王者のテニス、メンタルモンスターでした。
    明日の決勝は無理をしてほしくないですが、ここまできたら勝ってもらいたい。
    要所要所の集中力でぜひ再びラオニッチを倒してほしいです

      引用  返信

  • 錦織選手!決勝進出おめでとう!!
    今大会のベストマッチでした!
    ウィナー級ショット連続のラリー戦は本当に素晴らしかった。観客を魅力するテニスの醍醐味が満載の試合でした。
    絶好調のベッカー相手に、満身創痍のなかでタイブレの鬼神…脱帽しました(T_T)

      引用  返信

  • いや~、久しぶりに手に汗握ったし、興奮もした。
    私としては、躊躇いもなく鼻血出しましたよ。33才ベッカーの頑張りを称える意味でも、後付け鼻血試合というのもあっていいと思います。

    以下、明日の決勝の対戦情報データです。
    団長、よろしくお願いします。
     
     
     ジャパンオープン決勝 vs.ミロシュ・ラオニッチ 対戦情報
         
     Rakuten Japan Open Tennis Championships (ATP500)
     [Surface:Hard,Draw Size:S-32]
         
     Final
         
    対戦相手:Raonic, Milos (CAN) 8位 23才

    • キャリアハイ6位(07.07.2014)
    • 通算タイトルは6つ。今季はワシントンで優勝(ATP500初)。
    • ジャパンOPは今回で3年連続の決勝進出
    • 本大会ではまだシード選手との対戦はなく、準決勝でのSimon(37位)戦を含め、ここまで失セットなし
    • 全英以降の公式戦成績は17勝3敗(圭は16勝2敗)

    対戦成績
     3勝(2012東京決勝、2014マドリード3R、2014全米4R:4-6,7-6,6-7,7-5,6-4)
     1敗(2014全英4R:6-4,1-6,6-7,3-6)
         
    試合日時
     現地時間:10月5日(日) NB 14:00開始 [Center Court]
     ※14:00ジャストにスタンバイしましょう。
           
    天候予報:雨(開閉式屋根あり)
         
    生観戦手段

    • ATPの公式ライブスコア
    • WOWOWライブ(BSテレビ)
    • WOWOWオンデマンド(ライブストリーミング)

    勝利獲得Pt:本大会500pt(実質加点410pt、10/6付年間RK6位・レースRK5位)
         
    平均Odds:Raonic- vs.圭-
     

      引用  返信

  • 熱闘に痺れました…本当に凄い戦いでしたね…
    ベンチに座って、暫くタオルを頭から被ってました。その姿に涙してしまったぁ…(T-T)

    でもまだ明日がありますね!
    圭くんの目指す高みに全力応援しかないですね!

      引用  返信

  • 現地観戦してきました
    以前見たのがバグダティス戦の横綱相撲だったので今日ははらはらでした(+_+)
    音楽は憶えてる限りではアジカンのソラニンとリライトがかかってましたよー

      引用  返信

  • タオルを被ってたシーン、思うに様々な要因から強烈なプレッシャーがかかっていたのではないかと思います。
    地元開催、スポンサーの期待、ベッカーの調子、自らの体調、等等。。
    それを乗り越えての勝利、素晴らしいです。
    明日は、ノンプレッシャーでのびのびやってほしいです。
    もちろん勝つに越したことはないけど、この状況であれば、どっちに転んでも、誰も文句は言いません。

      引用  返信

  • 声援を通り越して絶叫しまくりでした

    本当に勝負強いわあ!!!

    まだ自分の見た試合が信じられません

    疲労困ぱいの中で、身を削るような戦いをしているKEI

    気持ちの強さは想像をはるかに越えていました

      引用  返信

  • 本当にすごかった‼️
    素晴らしい‼️
    でも涙と鼻血は、明日にとっておきます^ ^

      引用  返信

  • ファイルセットの最後のサービスゲームそしてタイブレークに入ってから一歩も引かず力で打ち勝った所まるで、ひと昔前錦織がナダルやビック4の選手とやっていた頃、彼らがどんなに追い込んでも切り返して来てなんなんだこいつら、人間じゃないっと思っていた頃の彼らをみているようでした。
    まるで今日のベッカーが昔の錦織。
    あんなにいいプレーしても勝てないのって感じでしたよね。
    はっきり言って全米でのワブリンカ、ジョコビッチ戦もそうでしたが見ているこっちが先にびびって弱気になってしまっていました。
    錦織の強さは本物です。
    ビック4の全盛期並の強さがあります。
    全米前の錦織ファンは今日のベッカーファンと同じ状況だったはず。
    事実上錦織の立ち位置が今までの向こう岸へ移って行きましたね。
    明日はきっと行けるでしょう。

      引用  返信

  • 圭くん、連続の決勝進出本当におめでとうございます!!!
    この圭くんの快進撃を間近で観戦されている方が羨ましいったらありゃしない。
    こんな時に、バーゼル外すなんて、あたしゃ悲しすぎるよ、圭くん…。笑
    今日はライスコも見られない状況だったので、オフィシャルサイトより一番にここに来ました。
    皆さんありがとう!!!
    これから実況へ移動、感動を味わって来たいと思います。
    実況で応援された錦鯉のみなさまにも感謝!!!
    圭くん、君は本当にどこまでいってしまうの〜。

      引用  返信

  • 凄かった。。。
    見ているこっちもしばらく放心状態。
    上海1試合目まで、何日休めるんだろ?

    明日、もし負けてもUS Open決勝後のあの表情はしないでほしい。。。俺は今日の結果で十分感動した!

    明日、勝ったら絶対泣いちゃう。
    個人的には今年のUS Openよりも感動的。2週間の勝たなきゃいけないプレッシャーと疲労に打ち勝つ勝利がしかも日本で手に入るなら、、、
    金リボンの花火上がるかな。
    コートの真ん中に座ってトロフィー持ってる写真、もう一枚欲しい!!
    頑張れ圭!!!

      引用  返信

  • 現地観戦組です。久々の書き込みです。
    満身創痍の状況で決してあきらめず、ただひたすら前を見る圭くんの姿に第1セットから涙が止まりませんでした。
    去年のアルマグロ戦を生で見ましたが、一年ぶりに直近で見る彼の進化は衝撃ですらあります。トップ選手としての覚悟がひしひしと伝わってきました。
    ただただありがとうと言いたいです。圭くんのファンという幸せをかみしめたいと思います。

      引用  返信

  • 錦織選手、楽天オープン決勝進出です、素晴らしい試合でした。
    ファイナルセット、タイブレーク痺れましたー。
    メンタルが本当に強い、感動しました。

    明日の決勝戦、テレビ東京がライブ中継するんですね。テレビ東京、グッドジョブ!
    錦織選手のテニスを多くの人に見てもらいたいです。

    満身創痍の体で、十分すぎる活躍です。
    結果はどうあれ、明日も、全力で応援するのみです。

      引用  返信

  • テレビ東京系列による生中継情報、反映しました。
     
     
     ジャパンオープン決勝 vs.ミロシュ・ラオニッチ 対戦情報
         
     Rakuten Japan Open Tennis Championships (ATP500)
     [Surface:Hard,Draw Size:S-32]
         
     Final
         
    対戦相手:Raonic, Milos (CAN) 8位 23才

    • キャリアハイ6位(07.07.2014)
    • 通算タイトルは6つ。今季はワシントンで優勝(ATP500初)。
    • ジャパンOPは今回で3年連続の決勝進出
    • 本大会ではまだシード選手との対戦はなく、準決勝でのSimon(37位)戦を含め、ここまで失セットなし
    • 全英以降の公式戦成績は17勝3敗(圭は16勝2敗)

    対戦成績
     3勝(2012東京決勝、2014マドリード3R、2014全米4R:4-6,7-6,6-7,7-5,6-4)
     1敗(2014全英4R:6-4,1-6,6-7,3-6)
         
    試合日時
     現地時間:10月5日(日) NB 14:00開始 [Center Court]
     ※14:00ジャストにスタンバイしましょう。
           
    天候予報:雨(開閉式屋根あり)
         
    生観戦手段

    • ATPの公式ライブスコア
    • テレビ東京系列(地上波テレビ)
    • WOWOWライブ(BSテレビ)
    • WOWOWオンデマンド(ライブストリーミング)

    勝利獲得Pt:本大会500pt(実質加点410pt、10/6付年間RK6位・レースRK5位)
         
    平均Odds:Raonic- vs.圭-
     

      引用  返信

  • っつか、上海って1回戦Byeですもんね!マスターズで1回戦Bye…この響きヤバいす、格好良すぎです。本戦ストレートインで喜んでたのに…シード付いて喜んでたのに…対抗下位シードって言えて喜んでたのに…次は錦織山だからね!

      引用  返信

  • 壮絶な試合を制した圭くん、あなたは本当に強かった‼️凄すぎます。途中何度も負けを覚悟したことか。でもやっぱり最後は圭が勝つのでは。
    ベッカーとのラリー戦は本当に痺れました。昨日はソックに逆転勝ちしたベッカーのキレキレのパフォーマンスを見ていましたが、ここまで競り合いになるとは予想していませんでした。
    本当にこんな素晴らしい試合を生で見られて、幸せです。
    明日も有明で全力応援です。万全の体調でない、日本だからこそ応援も励みになる反面プレッシャーもいつも以上、でも圭くんの勝ちたいという気迫は本当に伝わってきました。きっと明日も彼は全力で勝ちにいくと思います。

    圭くんがバルセロナの決勝前に聞いていたという「ソラニン」、圭くんが登場するとよく流れてますよね。

      引用  返信

  • 初めて書き込みます。
    ベッカーは、11/22に対戦するアガシの、USOpenでの最後の対戦相手だったようなきがします。

    これから帰って録画で奮闘見ます!

    心身ともに疲れているようなので、
    現地応援に行かれる方々、
    気持ちが追い込まれる状況になったら
    最後は錦織選手自身が、気持ちだけでも楽しめるよう明るい応援をお願いします。

      引用  返信

  • 団長さんがコリコリさんのプレビュー記事を未だアップできていないのは鼻血と酒と涙のせいとみました。団長、まだ続きがありますよ!

    両選手の体力、調子から言うと厳しい戦いになることは予想されますが、らお君との試合はまた別の力が出てきそう!

    待ちきれずに夕方ラ王を買いに行って食べてしまいました><

      引用  返信

  • テレビ東京系列?

    北海道ではテレビ北海道で放送するみたいだけど、
    テレビ大阪、テレビ愛知の番組表はまだ変更されてないし、
    系列と思われるTVQ九州放送、テレビせとうちでもまだなので、
    ひょっとして東京と北海道ローカルになっちゃう?
    該当する人は、要確認だね!

    修造さんの解説で見たいのになあ。
    東京の人はいいなあ!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。