苦手認定?ガスケからの初勝利ならず

2014ワシントンQF

ガスケ def. 錦織圭,6-1,6-4

そろそろ勝てるかと思ったんですが、残念でしたね。

私は数試合の対戦成績だけでこの選手は苦手だ得意だ、この選手とは相性が悪いだ良いだを断定的に話すことは好きではありません。 試合内容やその時の状況を見ないと数試合だけでは統計的根拠が足りませんからね。(もちろん数試合だけでも推論は可能ですし、3連敗したら相性は悪いのかな?と思うくらいのことはあります。 )

で、ガスケとの対戦成績ですが、今は錦織がランキング上位ではあるものの、その差はわずかであり過去の実績を見ても実力的に、錦織が負けても驚くような選手ではありません。しかし今年錦織が倒してきた選手を考えると、そして何よりこれまでの試合内容やスコアを見る限り、そろそろ苦手認定かなあ…と考えてしまいます。

実際に苦手かどうかは本人の意識が大きいんですが、どうなんでしょうね。少なくとも結果が全敗ですから何らかの意識はあると思います。どこかでシングルハンドの選手はリズムが取り辛いといった趣旨のことを話していた気がするのですが、誰かご存知ないでしょうか。

今週忙しく、全然情報をフォローできなかったのですが、1,2回戦ともにフルセットにもつれ込んだように錦織の調子も上がってないのかもしれません(誰でも調子の波はあるので、それを含めて実力の世界)。もちろん足首のこともあったでしょうが、休養明け3試合目でそのせいにしてしまっては今後が思いやられるので、あえて実力のうちに含めておきます。

錦織はバックハンドクロスを軸にラリーを組み立てますが、そのボールがガスケ得意のバックハンドと噛み合ってしまい、先に展開されて守勢に回ってしまうのかと。バブリンカとの対戦でも同じような傾向が見られます。 対策としては、まさにチャンが教えているような早めの仕掛けしかないでしょう。

とはいえ、勝てない実力差があるということではないと思いますので、早く忘れて次の準備をするのが良いでしょう。次は見とけリストでガスケがさらに上位に位置付けられた一戦でした。

次の対戦で勝ったら鼻血まで行くか分かりませんが鼻の粘膜くらいはやられそう。

またもやmicchiさんの応援フードの掲載間に合いませんでした…ごめんなさい。今週でだいぶ忙しさの山は越えた(流石に8月は夏休み取る人も多いので、これから全米まではしっかりフィローして記事かけると思います。今後ともよろしくお願いします。

 

149 件のコメント

  • 足のケガが深刻でないといいですね。欠場は残念ですが、これから先まだまだチャンスは巡ってくると思います(というか思いたい)。
    また近い時期に錦織選手の見てる人たちの心をわしづかみするようなテニスが見られる日を楽しみに待つのみです!

      引用  返信

  • 一晩眠って少し落ち着着ました。
    さて、私の貧しい英語力で理解した限り、手術をするとは書いてありませんね。手術の可能性もあると発表されたように思います。その上全治は2〜3週間。最も良いケースならば2週間で完治して、1週間練習すればUSオープン出られるじゃありませんか‼︎ 最悪のことばかり考えてしまって真っ青になりましたが 治療後の圭くんサイドのコメントを待つことが大切と考え直しました。
    しかし、最悪のこともあり得ると心には銘じておきますが。英語がよく理解できないので、間違っていたらどなたかおしえてください。よろしくお願いします。
    圭くん もう治療を始めてるのかなぁ。

      引用  返信

  • アプトスCH予選決勝、内山選手、勝ちました!添田選手も本選1R、苦戦ながらも勝利です!内山選手はシングルスでも結果を出し始めましたね~
    モントリオールの女子、奈良選手、OUTですかね~名前が消えてプリスコバ選手が入っているような~(>_<)奈良選手、現在33位と全米のシード入りまで、もう少しですが・・・

      引用  返信

  • こういうツイートがありましたよ。

    Randy Walker ‏@TennisPublisher

    Kei Nishikori had a large Epidermal Inclusion Cyst removed from his right foot in Charlotte, NC today, also will pull out of Cincy, per IMG

    もう切除したようですね。
    「Epidermal Inclusion Cyst」と言うのはググッてみると“粉瘤腫”?というものでしょうか。
    粉瘤腫のwikiページ↓
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B2%89%E7%98%A4%E8%85%AB

    「According Nishikori’s agent Olivier van Lindonk, his expected recovery time is 3 weeks and Kei will work hard to be back on the court soon」とも書かれていました。
    “PR担当のオリバーによると3週間での回復が予想されるそうで、早くコートに戻れるように一生懸命頑張る”と。

    なんとかUSオープンには間に合いそうでしょうか?早く回復してくれるとイイですね~。

      引用  返信

  • ミッチーさんの
    >チーム錦織が付いてるから、IMGでトレーニング積んでるから、完璧に近いことをしているに違いない!!と思いたい気持ちはあるんだけど、

    ほんとにわたし、これでした。「思いたい」「信じたい」。だけどどこか信じきれない。これまでは、テニスで世界のトップ10定着を目指そうという選手なのだから、世界トップクラスのトレーニング体制でやっているだろうわけで、素人がチームに対してとやかく言うことではないよなあとか、中尾さんの記事を読んで、やることやってるんだよね、と自分をむりやり納得させたりして。ましてや錦織自身のプロ意識について疑いもしませんでしたが、やはり今回のことは「信じて待ちたい」という気持ちが揺らぐ出来事になりました。

    たとえば、体の柔軟性がないことも、歯を治さないでいることも、英語があまり上手でないことも、今までは「それも個性。こんなトップ選手がいても面白いかもね…」ぐらいに思っていましたが、今回のようなことが起こると、これらのこともやはり無関係ではないように思えてきます。不安要素であることは間違いないし取り除いておいて損はないのに、ずっと放置されていますよね。柔軟性に関しては、関節が硬い、筋肉が硬いことから股関節、腹筋などのケガにつながった。とにかく見ていて全身硬そう。歯に関しては、それによる体のゆがみがけっきょくどこかの痛みにつながってしまう。英語に関しては、無口な子なのはわかっているけど、インタビューを見ていても圧倒的にボキャブラリーが少ない。まさか、微妙なところがチームにちゃんと伝わってなかったりして。などなど、いろいろ考えてしまいます。完全に素人としての意見なので的はずれでしょうが。ジョコのグルテンフリーのように、錦織も彼独自のトレーニング法や体調管理法が必要で、早くそれが見つかるといいなあと、ぼやっと思ったりしてますが、果たして…。

    体調さえ良ければどんな相手にでも勝てる実力がある。彼だけの魅力的なテニスをすでに持っている。そして現在さらに進化中。なのにそれを遂行できる時期がシーズンを通して少ない。体調のいい時以外はほぼ、対戦相手とではなく自分の体と戦っている。それってもったいなさ過ぎるわ〜。

    yuriさんの言う通り、
    「また来年」じゃないんです。まさに今チャンスが目の前にある、24歳のこの時期がいちばんいちばん大切で、それはある意味、全米1回戦で負けたあの時からすでにわかっていたことで、彼のテニス人生で最大のメインイベントになるはずだったこの時期に、体調は何がなんでも万全にしておかなければならなかった。チームだってわかってる。本人がいちばんわかってる。でもこうなった。あ〜、なぜなんだ〜!

      引用  返信

  • ミッチーさん朗報ありがとうございます(^.^)(-.-)(__)
    私も心平らかにして錦織の復帰を待ちたいと思います。

      引用  返信

  • ミッチーさん 圭くんの治療の経過を教えていただきありがとうございます。安心しました。
    3週間!!なんですか。 なんと微妙なんでしょう。
    もう今からの過ごし方が問われますね。ドクターの指導と圭くんの意思、チームのポリシーと判断力など高いマネージメントが必要になりますね。
    どうか一日でも早くコートに立てるように快復してくださるように願っています。
    陣営の皆様今こそ圭くんの生涯の大切な時期です。世界中からの熱い眼差しが注がれていると思います。よろしくお願いします。

      引用  返信

  • マドさん、私の抱いているモヤモヤ~としたものに同調してくださってありがとうございます。

    そうなんですよね~。あまりにも細かいことを言うのは気が引けつつも、どうしても疑問が残るんですよね。

    柔軟性についてはジョコビッチほどゴム人間みたいになれとは言わないまでも、彼女さんが新体操出身なんだから、股割りぐらい簡単に出来るぐらいの柔軟性は既に体得していてもイイ気がするんです。でもまだそこまでじゃないのかな~って感じですよね。ケガ予防には柔軟性は大事ですもんねぇ。

    錦織選手の歯の治療についてはあまり記憶が無いのですが、健康な歯、かみ合わせの大事さはアスリートにとって今では常識ですから、そういう認識があれば、絶えず虫歯等には注意が必要で、メンテナンスはプロとして当然ですし、正しいかみ合わせの為にマウスピースで矯正するとか、そういう分野への努力はどこまでしてるのか?専門家に定期的に意見を訊いたりしてるのか?なんてことも考えちゃいますよね。

    それと英語力。私も同様のこと考えてました。私も海外で生活したことがあるので、彼の英語のインタビューなんかも殆ど聞いていますが、確かに渡米10年経つにしてはボキャブラリーの少なさは気になるところです。知識として頭の中にあるのかもしれないけど、大抵のインタビューでの受け答えで出てくる英語は留学1,2年レベルかなと言う印象。ファンとしてはもっと彼のセンス・オブ・ユーモアを英語でも発揮して欲しいと思うんだけど、なかなかそこまで表現してくれないのがはがゆいと言うか、、、you know?(←こればっかり言ってるってどこかでからかわれてたし、、、)
    仰る通り英語力が無いと、いくら周りにいろんなエキスパートがいても、そこから深い知識、情報を得て、最善の環境を作り出すことって難しいと思うんですよね。それでなくても、自分から動いていかないと周りは何もしてくれない自主性が尊重されるアメリカですし。なので結構後手後手に、問題が発生してから対処するってことばかりが多いんじゃないかな~と思ったり、、、。
    せっかくアメリカに入るんだから、最先端のスポーツ科学の教授とかに会いに行って、いろんな意見を聴いて、自分のケガ予防、パフォーマンスの向上に役立てて欲しいなんてことも思うんだけど、そういうのにも高い英語力が必要なわけで、う~ん、なかなか難しいんでしょうかね~。

    ブログで日本のマンガやTVについて書いてくれるのは凄く親近感湧いて嬉しいんだけど、一方で、海外のドラマとか英語で小説読んだりして、ボキャブラリーや表現をもっと獲得する努力とかってどれほどしてるのかな~?なんてことも気になるところ。10位前後でくすぶってる選手でいいなら多くは望みませんが、トップ5、GSで優勝を狙う選手になろうというのなら、メディアの露出も格段に増えてくるわけで、そういうところももっともっと高めていってほしいなと思います。
    もし全米で優勝とかしたら、優勝スピーチもしかり、その後にアメリカのトーク番組巡りみたいなのが恒例になってるわけで、そこで30分とかの対談を超薄っぺらな内容でなく、果たしてもたすことが出来るのか?なんてことまで心配してる私は考え過ぎですかね?(苦笑)
    同じIMG出身のシャラポワなんて、絶対練習してるだろっていう完璧な優勝スピーチとこれまた鏡の前で練習したかのようなトロフィーを掲げるポーズ(笑)。あそこまで行くとちょっと笑っちゃうんだけど、同じような環境にいるにしてはちょっと差がありすぎかなと思わずにはいられません。

    ファンゆえに、もっともっと世界から愛される選手になって貰いたくて勝手なことばかり書いちゃいましたが、是非ともこういう療養期間を有効活用して、他に気になるところがあるならしっかり治療を受けたり、歯医者に行ったり(笑)、メディア対応の練習したり、ここぞとばかりに有意義に過ごそうって前向きにいてくれるといいなと思ったりします。

    またまた長々とスイマセンでした。m(__)m

      引用  返信

  • 圭くん、かわいそう。
    まだ本人サイドからの情報もないのに
    …色々言われて。「10位前後でくすぶって」ってすごいフレーズですね?10位って凄い事だと思いますよ。もちろん、もっと上も可能なポテンシャルはあると信じてますけど。
    私は、早く良くなりますようにと
    それだけを祈ってます。

      引用  返信

  • 実際のところはどうだったのかわからないのに
    こんなに注文つけられたら嫌になっちゃいますよ・・
    この部位だってもしかしたらちゃんと医者に診てもらって
    治療はしなくてもいいと言われてたかもしれないのに、断片的な情報で何もわからないのに。
    応援してるんだから何を言ってもいいってことはないと思います。
    期待に応えてくれない、ああやってくれない、これもダメって
    不満をぶちまけてるみたいで読んでて私でも嫌になっちゃいました。
    私もBa3さん同様本当に一日も早い回復を願っています。

      引用  返信

  • Ba3さん同様、錦織選手、かわいそう。
    散々言われていますね。本人から何も発言がないというのに。歯の治療、英語力、柔軟性とか・・・
    「10位前後でくすぶって」にはかなり驚きました。世界の10位ってかなりの偉業だと思いますが・・・。少し前まで日本人で世界TOP10選手が出るなんて、少なくとも自分の生きている間は絶対ないと思っていました。そう思っていた人は少なくはないはずです。体格的に大きなハンデのある錦織が成し遂げた事は奇跡的だし、日本の宝です。才能だけでなく、本人の努力もあっての実績です。
    怪我が多いのは本当に自己管理不足でしょうか?皆何らかの故障を持ちながら過酷なツアースケジュールをこなし、怪我をする選手も長期離脱する選手も多い世界。何も錦織だけじゃないです。今までも何度も怪我で苦しみ挫折しながらも這い上がっては最上級のテニスを見せてくれ、何度も感動し夢を見させてもらいました。
    今もこれからも錦織選手に感謝する事はあっても否定的な気持ちになることはありません。

      引用  返信

  • 随分な言い分に正直ちょっとびっくりしました。
    みなさん、圭君のケガや歯のことなど何故そんなに話の本筋まで知っているのですか?
    本当のことは本人や周りの人のほうが良く知っているはずだし、彼らは色々なケアや対策をしているはずだと思います。
    また、圭君が自分の体調を英語で伝えられないほど英語ができないと思えないです。本当に圭君に失礼だと思います。

    圭君がファンから必要としているのは、そんな批判ではなくて、励ましや応援だと思います。とある女性のマラソン選手が1年以上マラソンから離れていて復帰した際に一番うれしかったのが「ファンの励まし」だっと言っていました。自分の辛い時にも変わらず励ましてくれていたファンのおかげだと。

    このサイトはファン同士の交流サイトでもあるのでお互いの意見を交わす中である程度の厳しい意見もありとは思いますが、圭君は、そのどの批判もすでに実行済みではないかと思うんです。

    私も何か言いたくなってしまうときは大いにありますが、なるべく前向きに応援したいなと思います。

      引用  返信

  • Ba3さん、しおりんさん、その他の方々、お気を害しましたようで、申し訳ありませんでした。確かに自分の不満を、ナゼなんだろう?という疑問と言う形でぶつけていた部分も多々あるように思います。もう少しポジティブな形で表現できれば良かったのでしょうけど、、、。

    10位ぐらいでくすぶってって表現も、この部分だけとれば悪く捉えられても仕方ない表現だとは思います。トップ10入りがものすごい偉業だと言うことは何十年もテニス観戦しているので重々承知しております。でもトップ10入りを果たし、今はトップ5を目指すと本人が公言している段階ですので、それを踏まえた上で、決してバカにする意味で書いたモノではないと理解して頂けると幸いです。本人自身が、今現在高い目標を持ってるからこそそう思うだろうと言うことでの表現でした。

    ファンの在り方も色々だと思います。お二方のような余計なこと言わず黙っての姿勢という応援の仕方もあるでしょうし(もちろん私も手術後の早い回復を切に願っていますヨ)、私みたいにこういう選手になって欲しいと言う勝手な理想論を語ったりするのも、その選手が好きだからこそ出てくる在り方だと思うんです(タイミングのせいで感情的に刺激してしまったかもしれませんが)。それさえも否定され、制限するのがココのルールだと言うことでしたら知らなかった私が愚かでした。申し訳ありませんでした。もうちょっと自由な意見の交換が出来る場だと思っていました。

    包み込むよ言うな優しさで応援する人、叱咤激励野次飛ばしながら応援する人、野村監督みたいにボヤキ言いながらも応援する人、色々あると思うのですが、そういうことの限度をも越えての酷いコメント、常識を疑うほどのコメントだったとは思ってないのですが、、、。

    確かに好きだったら何書いてもイイと言う訳じゃないと言うのは分かります。表現力の稚拙さはあるかと思いますが、チョットしたフレーズではなく、文章全体の裏にある思いを酌み取って頂ければありがたいです。表現がヘタだけどこんなに注文付けたくなっちゃうぐらい好きなんだなぁ、鬱陶しいけどこういう人もいるのねと、適当に流して頂ければ幸いです、、、m(__)m。

      引用  返信

  • 私は今回の故障、外傷系ですし全治3週間程度の軽いもので、正直言ってかなり安心したんですが(多分、切除してしまえば今後に尾を引くこともないでしょうし)、人によってかなり感想、違うんですね。

    あと、もし感染症の一種も発症してたのだったら、ハードトレーニングで免疫力が落ちたことも要因の一つになるでしょうし、本人のケア不足とはほとんど思ってません。。最近、テニス選手で感染症結構流行ってますしね。。それだけテニスがハードだということなのかもしれません。

    私自身はテニス選手のピークは26~28歳あたり、圭君もそうだろうと思ってて、確かに北米シリーズ~ひょっとしてUSオープン欠場についてはランク的にはちょっと痛いかもしれませんが、今年はまだ、トップ10定着~ツアーファイナル出場で、上手く行けば年末5位目指せたら良いのでは、程度を想定してますので。。

    で前にも書きましたが最悪USオープンまで欠場でも失うポイントは100点、秋に800~1000点ぐらい稼げばツアーファイナル圏内に入れますし、それだけの能力あると思うんですが。

    もちろん、全米で2回勝って90点でも取れれば、もっと可能性上がりますが。

      引用  返信

  • 初めて書き込みします。よろしくお願いします。

    錦織選手を鼻血が出るまで応援し続けている人達だけあって、ご自分の心のコントロールに長けている方々が多いようでうれしいです。

    一番つらいのは錦織選手本人であることをしっかり受け止めると、今回の報せを知ってからの鬱々とした気持ちが吹っ飛んでいきますね。
    むしろこれすらも世界の頂点に立つための伏線なんだと思えてきます。
    そもそもテニスっていきなりマッチポイントは握れませんからね。どんな強い選手だろうと、一点一点小さなポイントを重ねなければ勝てません。
    テニスはポイントがマイナスになることってないですよね?(あったらすみません笑)
    だからこの経験も1ポイント重ねたんだと思うことにします。
    最後の1ポイントを勝ち取るために必要な1ポイントだと信じます。

    さらに言えば、錦織選手に立ちはだかる壁も、乗り越えた経験も、日本テニス界全体の成長にもつながるはずです。

    またみなさんでわくわくしましょう!

      引用  返信

  • 連投すいません、その程度で年末5位は全く無理、「来年5位への足掛かり」と訂正しておきます;;

      引用  返信

  • ミッチーさん、私は、ミッチーさんが謝罪したり、かしこまるような必要は全くないと思います。

    ”私みたいにこういう選手になって欲しいと言う勝手な理想論を語ったりするのも、制限するのが個々のルール”という趣旨の発言をされていますが、そんなルールは一切ありません。

    以前、何人かの方が”妄想シリーズ”という形で、錦織さんへの思いを表現されたときも、数人の方が”気持ち悪いのでやめろ”というニュアンスで批判をしましたが、このブログの創立者で管理人さんは、特に制限はなく、続けたければ妄想シリーズを続けるのも良し、批判に配慮してやめるのも良しということおっしゃっていました。

    錦織圭さんや他の人々を、あきらかに中傷したり、ひぼうしたりしない範囲で、自分の錦織論を展開するのは当然許容されると思います。

    根底に錦織愛があるのであれば、厳しい意見も表明して良いと思います。

    正直申し上げて、語学力の件は、圭さんのシャイなパーソナリティーを考えると、自分から積極的にどんどん話していくタイプではないので、ある程度仕方の無いことだと思います。どんどん話せば洗練されるのでしょうが、性格の改善は長い作業になりますので。現在の語学力でも、オーストラリアの放送では、He speaks perfect English.と報道していましたし、日本語のインタビューを聞いても、やや言葉足らずな感じがすることを考えると、言葉少ななのが彼の持ち味で、必要なことがきっちり言えているならば、良いのではないかと思っています。

    一方、皆さんがおっしゃっている錦織チームの体調管理、試合のスケジュール管理の甘さは、海外のテニスコメンテーターやジャーナリストなども指摘していることです。私もこれらの点を改善できれば、必ずトップ3に入り、グランドスラムでの優勝争いが出来ると思っています。

    そのような文脈で、叱咤する声があっても良いと思いますし、その反対に,厳しすぎて錦織さんが可愛そうという声があっても良いと思います。

    私は,ミッチーさんの発言に悪意は無いと思いますし、辛口の錦織さんへの応援歌だと感じました。とにかく、根底に錦織愛がある発言は、自分の意見や立場と関係なく、自由に表現できるべきだと思います。

      引用  返信

  • 自由な意見の表現に関しては仰る通りですが、匿名はよろしくありません。
    これに関してはルールがありますので、今後はお願いします。

      引用  返信

  • 別スレにも書きましたが、

    テニス仲間さんちに、

    マネージャーからの報告が届いた

    という記事があります。

    それによると、練習開始まで3週間の予定だそうです!(^-^)/

    スマホなので、URLが貼り付けられません。どなたかお願いしますm(__)m

      引用  返信

  • 匿名さま、お優しいお言葉、涙と鼻血が出そうなくらい嬉しく思います(笑)。

    文脈から私の思いを汲み取って頂き、理解していただける方もいたこと、変な荒らし野郎として扱われるネガキャンになりそうな寸前のところで(汗)、匿名さまの様な意見を頂けて救われた思いです。

    語学に関しては、私もシャイな性格で(ホンマかッ!)習得に苦労いたしましたので、そう簡単に行かないよね~と言う気持ち、多少は理解しているつもりです。ただ、あの錦織ワールドが日本語だと本当にイイ味出てるのに、英語だとインタビューなんかで会話が膨らんでるところをあまり見たことが無いだけに、あ~この良さを世界中にもっと分かって欲しい~って、常々思っているので、ついつい勝手な理想論書いちゃいました。
    でも“プレーに全てを語らすのがカッコイイ”的なことをサッカーの内田選手について書いていた時に言っていたような気もするので、それが錦織選手の思うカッコイイ道、リップサービスなんかもやればできるけど、敢えて余計なことを言わないというスタンスを取ってるのかもしれないな~とも思わなくもないです。実際錦織選手の記事等に寄せられる海外のファンからのコメントをチェックしていると、彼のプレーに魅せられて大好きって方が多いですもんね。(錦織選手が活躍すると、英語の記事やフランス語の記事のコメント欄に行って、称賛コメント読みながらニヤニヤ、、、なんてことをよくしちゃうので(苦笑)。)

    再度、ありがとうございました。

    コリコリさん、匿名はよろしくないというのは、どういったルールなんでしょうか?H・Nでもダメと言う意味でしょうか?もしお手数でなければ、かいつまんで教えていただけるとありがたいです。

      引用  返信

  • 発言を批判されている方・・・・もちろん、ご自分の意見を自由に発表するのはいいと思いますが。如何せん、話が的を外しすぎていると思います。軽薄極まりない。

      引用  返信

  • N.Hさん、ご賛同いただき有難うございます。ワールドカップ敗退後のウィンブルドンで錦織選手が「日本の為に頑張ります。」と言ってくれて見事勝利してくれました。今は錦織選手の為にただただ一日も早く心身共に復帰出来る様に願い励まし応援したいと思います。

      引用  返信

  • 八神です。妄想シリーズではお騒がせしましたm(_ _)m
    クレーシーズン以来、爆発が見られないのは寂しいなぁと思うと共に、彼はテニス界にとって本当に貴重だと思いました。
    圭くんがいないツアーを見ていると、どこか単調に見えてしまいます。圭くんの試合のような「次は何をしてくれるんだろう?」という期待感、ワクワクがあるのは、フェデラーやモンフィスなどごく一部のプレーヤーだけです。パワーテニスを悪いとは言いませんが、観るならそういったドキドキのあるテニスがいい。
    圭くんは必ず復活して、その存在感を再び放ってくれるはず。ランキング云々を越えて「Kei Nishikori」にしかできないテニスを、これからも見せて欲しいです。

      引用  返信

  • コリコリさん、どうもありがとうございました。

    “匿名”や“通りすがり”というHNは不可と言うことですね。了解いたしました。
    過去に1,2度、もしかしたらルール違反のコメント投稿になっていたものを私もしたかもかもしれませんが、ルールの認識不足でしたので、どうぞご了承ください。

    ちょっとサイト内で検索して探せば分かるだろってことでしたね(汗)。お手数おかけしまして、申し訳ありませんでした。てっきり過去のコメ欄に埋もれてる話かと思ったもので。m(__)m

      引用  返信

  • ほんとに、この流れで
    ここぞとばかりに怪我に直接関係ないことを批判する人って酷いですね
    見てて気分が悪いです
    歯の治療だとか、錦織選手が、かみ合わせが悪いって何でわかるんですか?
    あなたがただ見栄えが気になるからだけでしょう?
    柔軟性がないのも思い込みだし、ないから怪我が多いとかいう根拠もはっきりしてないのに。
    英語も留学1、2年レベルとかあなたの基準で言われても・・・
    テニスのプレー以外のことで、素人があれを直せとか、それこそ何様なんでしょうか
    こんな勝手な人に応援されたくないと思いますね、錦織選手も
    錦織選手は、あなたの理想の選手になるためにテニス頑張ってるんじゃないんですよ
    それを忘れないでください<マドさん、ミッチーさん

      引用  返信

  • 今回のこのタイミングでのこの件にビックリしてしまって、信じる気持ちがいっぺんに吹き飛んでしまい、ついでに余計なことにまで言及してしまいました。みなさんごめんなさい。

    >本当のことは本人や周りの人のほうが良く知っているはずだし、彼らは色々なケアや対策をしているはずだと思います。

    そうなんです、やってないわけがないんですよね。わかっていたつもりだったんです、今までは。ただ今回の件では完全に動揺してしまいました。いろいろ欠けていました。大変失礼しました。

      引用  返信

  • Mikaさんに一票です。
    今、不運な怪我と手術のリハビリに頑張っている圭さんには、力づける暖かいコメントが何よりだと、思いますよ。
    これ以上この話題でコメント欄を利用させて頂く事は不本意ですが、最後に一言、英語力について言わせて下さい。
    バルセロナやマドリードでの彼のスピーチは、涙ものの感動でしたね。語彙の問題ではありませんね。14歳の幼い少年が、一人、虎の穴で苦労を重ね、身につけた語学力です。
    軽薄に批判などできるはずがありません。

      引用  返信

  • 「これが僕のテニス人生」
    この言葉を聞いた時は本当に泣けましたが、今久々に目にしてまた泣けました。
    怪我を受け入れて、怪我と共に成長していく錦織君を応援し続けることしか出来ません。
    1日も早い回復を祈っておりますが、絶対に無理はしてほしくありません。
    今年は確かにチャンスです。来年のことは分からないから絶対にこのチャンスを掴まなきゃ!と言う意見もあるようですが、そんなことはありません。今年ダメでも絶対に来年以降チャンスは来ます。今の錦織君の実力なら。
    もちろん今年も全然諦めてはいませんけど。
    錦織君が常々、「今の自分があるのはスタッフや周りの人々のおかげ」と言っているのですから、自分もその人々を信じて応援していくだけです。

      引用  返信

  • マイナス思考に陥っておられる方が多いですね。
    自分よがりになって批判をせず、もっと幅を持って応援しましょ!

    今回、不利な状況の中、最後まであきらめることなく出来ることを模索し、
    果敢にボールに食らいついている錦織選手の姿に感動し涙を流している自分がいました。
    ほんとジーンときました。

    世界を股にかける人ってすごいですね。
    テニス人生の苦難を乗り越え一回りも、二回りも大きくなっている錦織選手の姿がそこにありました。

    頑張れKEI !

      引用  返信

  • mikaさんに同感します。自分の言いたかった事を言ってくれて有難うございます。正直、最初に読んだ時は驚きと共に怒りがこみ上げ、抑えるのに必死でした。この際ですから最後にハッキリ自分の意見を書かせて下さい。荒らしとか、そういう類の話なら完全スルーしますし、そういうのではないのは百も承知です。やれ歯の治療を放ったらかしにしてるだの、最先端のスポーツ科学の教授に会いにいくべきだの、海外ドラマや英語の小説を読むべきだの、シャラポワやジョコビッチを見習うべきだの…テニスと関係ない事や憶測や希望的観測で批判するのは全く余計なお世話ですよ。錦織が本当に好きならもっと信じてあげてしかるべきです。
    英語のボキャブラリーが無くて、優勝スピーチや海外の番組出演が心配?私は十二分に素晴らしい語学力だと思いますよ。海外の番組やインタビューもそつなくこなし、試合では主審の不可解な判定に日本人では珍しく抗議出来て、マドリード準優勝ではテニスのみならずスピーチも一流だと本当に感動しました。

      引用  返信

  • ミッチーさん、ツイート等の紹介ありがとうございました。特に「粉瘤腫」のwikiは興味深かったです。イメージ湧きましたw
    3週間で練習再開、突然できたこの時間、GS優勝、ランキングトップを目指す圭は何をして過ごすのでしょうか。またいろんな情報を持ち寄って、圭ロスをしのぎましょうね。
    このブログ、熱狂的な圭ファンの集まりだけにいろんなことで盛り上がりますね〜。全部の意見や情報が楽しみです!

      引用  返信

  • (ファン)(応援)という美名のもとに、勝手に期待を膨らませ、それが成し遂げられないと知るや、自分の不満のはけ口として想像の域を出ないあらん限りの悪態をつき、大方のファンを不快にした挙句、その裏にある思いを感じ取って欲しいと勝手な事をおっしゃる。足の指の化膿位で、弱冠24歳の若者にもうチャンスは来ないかもしれないと不安を煽られる。
    些細ないたずらをした子供に、過去のいろいろな悪事までほじくりだして怒り、「だからあなたはダメなのよ」「あなたの事を思って言ってるのよ」とその子のやる気と才能の芽を悉く摘んでしまう「・・・ママ」のよう。

    そんなファンの雑念をよそに、<これが僕のテニス人生>と全てを受け入れ、ただひたすらコートに自分の持てる全てを置いて来ることだけを考えボールを追っている圭君の姿に、全てを達観した者の神々しささえ感じ心が震えます。

    これだけのさまざまなアクシデントに悩まされながらも、世界の11位に君臨している圭君を誇りに思うと同時に最大の敬意を払っています。
    これからも沢山の生きる力と喜びを与えてくれるであろう圭君をずっとずっと応援して行きます。

      引用  返信

  • LULUさん同様、私もmikaさんに同意します。
    しばらく見るのやめようかと思うくらいずっとイライラしてましたがスッキリしました!

    >錦織選手は、あなたの理想の選手になるためにテニス頑張ってるんじゃないんですよ

    全くその通りだと思います。
    どなたかが、文調がどうしても厳しめに書いてしまうくせがある云々言ってましたが、それだけでしょうか。
    私には「自分の理想通りの活躍をしない錦織選手」に対する怒りや不満しか読み取れませんでした。書き方の問題じゃないと思いますよ。

    トンさん、
    >14歳の幼い少年が、一人、虎の穴で苦労を重ね、身につけた語学力です。
    軽薄に批判などできるはずがありません。

    本当にそうですよね。涙が出ます。

      引用  返信

  • 考え方は色々です。
    私はほんの子供の14歳で単身渡米し厳しい環境を勝ち上がりトップ10という驚きの結果を出している錦織に対し何があっても100%OK! というクチです。
    でももっと厳しいファンも当然いるでしょう。
    今回も色んな意見を戦わせることで改めて錦織の凄さを皆さんと共有できたように思います。忘れてたエピソードでまた感激したり。
    勝っても負けても不在でもお世話になります^_^

      引用  返信

  • 一昨年の錦織選手のブログですが、錦織選手がアジアを代表する選手だということがよく分かると思います。
    http://blog.keinishikori.com/2012/09/kl-1.html
    錦織選手はトッププロとしての使命も果たさねばなりません。スケジューリングが下手だというコメンテーターもいるでしょうが、そんなものは無視で十分かと思います。体も小さく、日本、アジアを代表しての試合やイベントをこなし、過酷さ故もあって怪我も多い錦織選手が9位まで上がれたのはチーム圭の支えがあっての偉業です!錦織選手同様に彼らも落ち込んでいるでしょうね~(T_T)ダンテコーチへの批判もでていたこともありましたが、錦織選手を熟知しているダンテコーチがいてこそ、ギルバート、チャンコーチの指導が活きるのです。ダンテコーチがワンクッションとなって上手く錦織選手にあった指導ができるからこそ錦織選手は躍進できたと思います。
    語学力も審判に抗議できて、日常生活に支障なければ十分かと思います。メディアへの対応等はチーム圭の支えがあれば十分です。スピーチも錦織選手の言の葉が聞ければ良いのです。選手の素のままの言葉が感動を伝えてくれると思います。
    歯の矯正や治療も成功例ばかりではありません。失敗した例も沢山ありますね。歯を矯正したが為に身体全体のバランスが崩れて病気になった方もいます。
    錦織選手の身体のことはチーム圭があらゆる方策を検討して対策しているでしょう。彼女さん云々などはゴシップ誌ではないのですから・・・
    こういうことがおきるから錦織選手はアメリカにいて正解なのでしょうねm(__)m

      引用  返信

  • 赤黄色さん
    その写真は今朝更新されたブログに貼り付けられていました。
    でも錦織くんのブログで結構ありますよね。
    過去の記事にまったく関係ない画像が貼り替わってしまってるの(ファイル名の問題でしょうか?)。
    ブログ管理の方~確認お願いします~(笑)

      引用  返信

  • 失礼いたしましたm(_ _;)m
    ブログ更新されていたんですね。
    焦らずしっかり治して戻ってきてほしいと思います。

      引用  返信

  • 赤黄色さん、ごめんなさいm(__)mイナバヤさん、ありがとうございますm(__)m

      引用  返信

  • LULUさん、ありがとうございます。
    私の言いたいこと、ビシッと書いてくださって、、、、

    錦織圭そのもの、ビジュアル含めて大好きな私は、
    ずっと泣いていました。

    あと、このブログはとても有名なので、圭くんが読んでないこと
    祈ってます……

      引用  返信

  • ハルカさん、錦織選手が読んでいたとしても気にしてはいないと思いますよ。
    時にはfacebookなどにもっと酷い書き込みをする方もいらっしゃいますし、このくらいのことを気にしているようではプロスポーツ選手はやっていけません。
    すてきな応援コメントもたくさんあるんだから、読んでくれているほうが嬉しいです。

      引用  返信

  • プロだって生身の人間、多少凹みますよね。

    まるでマスコミのような個人攻撃、“常識を疑うほどのコメントだったとは思ってないのですが…”に開いた口がふさがらない、常識疑いました。

    自分の身に置き換えたらわかりそうですがね。

    それに、さんざん不安を煽るようなコメントして、“彼はNO.1になれる数少ないテニスプレイヤーです。それを本当に実現して欲しいです。私の願いはただそれだけです。”という
    方も頂けない… 言ってることはわかるのですが、今さら事を強調し不安を煽らなくても…みんな耐えているのです。

    ご自分の気持ちをコントロールして、あまり感情のはけ口に利用しないでください。
     

      引用  返信

  • 怪我のこと
    試合のこと
    陣営のことーーー
    ここまでは我慢出来ましたが、

    歯?何?
    私生活のこと、何?
    語学力?
    海外で活躍してる選手でここまで話せるの、圭くんだけですよ。

    Yahoo!のコメントじゃあるまいし
    このブログで読みたくなかった。

    始めに目に浮かんだのが圭くんだったので、、、、

    もちろん、圭くんは大きな心の持ち主ですので、、、、、
    ですが、
    もっと思いやってほしいです。

      引用  返信

  • 残念ながら、終盤については個人批判的な内容が目立つようになってきました。また、複数のハンドルネームを使い分けてコメントされている方もおられるようです。

    もうこの話題はこの辺で終わりにしてください

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。