全盛期並みフェデラーに完敗!しかしまだ望みはある!(2014ワールドツアーファイナルズ グループセッション フェデラー戦)

2014 World Tour Finals
Group Session
Roger Federer def. Kei Nishikori, 6-3,6-2

スコアが示すとおりに勝負としては完敗。ただ、ラリーの質は高く、楽しめる試合内容ではありました。錦織のポイントになかなか結びつきませんでしたが・・・。

このようなスコアになった最大の原因は錦織のサーブの不調でしょう。
毎サービスゲームに1本ずつダブルフォルトをしてしまうペース。1stの確率も低く、エースも1本だけでした。
セカンドサーブへのフェデラーのリターンからの攻めも厳しく、錦織は後手に回ってしまいました。

ストロークも、フェデラーのコートカバーが素晴らしかったとはいえ凡ミスが目立ちました。
フェデラーのハイペースに対抗しようとしてリスクを取り過ぎてしまった印象があります。
もう少しペースダウンしてリズムを掴んでからギアを上げたほうが良かったと思いましたが、実際にそれを実行するのはおそらく非常に難しいのでしょう。
甘い球を打てばフェデラーに先手を打たれてしまいますので、それを警戒してどうしても厳しいプレースメントに、威力のある球を打とうとする意識が先行してしまったように感じました。

今日の2人のサーブ力には相当の差がありましたから、少なくともラリー戦は錦織が支配しないと勝負になりませんでした。
技術面か、作戦面かでほんの少しだけ変わることができれば、少なくとも競った展開に持ち込むことは今日の調子でも可能だったと思います。
序盤をどう切り抜けるかが鍵だと思っていましたが、最初のサービスゲームで1stサーブの確率に目処をつけることができず、またフェデラーより先に訪れたブレイクポイントのチャンスをものにできなかったことで、少しずつ歯車が狂っていきました。

フェデラーの出来は全盛期に匹敵するほどで、威力のある球に早いタイミング、スライスを交えた多彩な展開、精度の高いサービスなどまさにMr.テニス。
このフェデラーに対向するには少なくとも完調の錦織が必要だったと思います。

悔しい敗戦ですが、次の対戦はまた今日とは別の試合です。同じ展開になるとは限りません。決勝まで進出することができれば再戦もありますので、これで落胆することなくしっかりと次の対戦のための作戦を、チャンとダンテとで練ってほしいところです。

デュースコートでワイドサーブ(錦織のフォア狙い)を多用してきたように、フェデラーは相当錦織を警戒して研究してきたのだと思います。ですが、そうと分かったからには次はもっとうまく対処できるはずです。
これらを突き詰めて考えると、結局は基本ショットやフットワークが充実した選手が勝ち残るという至極まっとうな結論にたどり着きます。

今日、錦織が乾杯したのはまだまだそれに改良の余地があるということ。伸びしろがあるということで前向きに捉えたいと思います。

まだラウンドロビンは1戦あります。
他の選手の試合結果次第ですが、次の試合に勝って決勝トーナメントに進むことが最も重要です。
1回負けてもまだチャンスがあるところがラウンドロビンのいいところですね。

1回目の対戦で学んだことをフィードバックして決勝で再戦して勝利!と行きたいところですね!

ラオニッチもさすがに3連敗はしたくないと思うのでいつも以上にサーブを打ち込んでくるでしょう。
USオープン&ジャパン・オープンの感動再び!ということで錦織のプレーに期待します。

右手首は、おそらく大事を取って休むレベルの故障ではないように思えます。
また手首が万全でも今日のフェデラーに勝つのは厳しかったと思います。
「誰にでも勝つことができる」は「100%勝つ」ということではありませんので、こういう日もあるということですぐに忘れて、ラオニッチ戦で全てを出し切ってくれ!

71 件のコメント

  • 試合後のインタビューで手首はとりあえず一安心でしょうか。フェデラーも相当気合い入ってたのが談話からも感じられます。http://rdsig.yahoo.co.jp/media/news/rd_tool/spnannex/articles/spo/RV=1/RE=1416939596/RH=cmRzaWcueWFob28uY28uanA-/RB=/RU=aHR0cDovL3d3dy5zcG9uaWNoaS5jby5qcC9zcG9ydHMvbmV3cy8yMDE0LzExLzExL2tpamkvSzIwMTQxMTExMDA5MjY5OTAwLmh0bWw-/RS=%5EADADbL1FzyNe9z26g4RGNVnpgzaSF4-;_ylt=A2RhOZRMU2JU7U8AGRAcl.Z7

      引用  返信

  • 仰るとおり。次勝てばいいんですよね。僕も次、期待してます。その前に先ずはラオちゃんを一蹴しちゃいましょう。

      引用  返信

  • 今日は残念でしたが所々いいプレーがあってロジャーファンもおぉーと声をあげてました。あちこちで皆さんの声援が聞こえたし(このブログの常連の方かな?と思いながら)、外人さんの声援もありましたね。負けずと声張り上げて日の丸かかげてきました。

    ロジャーファンは開始前からおたけびをあげてましたが、中には便乗して騒ぎたいだけの人もいるのでそれがちょっと(笑)。でも数では負けるけど気持ちでは負けないぞー。

    次の試合に期待します!怪我なく無事試合ができますように~。勝ちますように!

      引用  返信

  • 錦織選手、今日は残念でした(>_<) が、ロジャー様が素晴らしかったです。コートの上では王様のような高貴な貫禄?がありました。試合後のインタビューの受け応えもやはりキング(^_^) そして、錦織選手の才能を高く評価してるんですね!
    錦織選手は、しっかり休んで木曜日のラオニッチ戦にベストな状態で臨んでほしいですね!
    夢のようなロンドンでの観戦も本日まで。明日米国に戻り、木曜日の試合は、テレビで応援します!

    以下余談です、長文失礼しますm(_ _)m

    日曜日の試合の後に、当サイトのコメントで、「会場に日の丸売ってました」と書きましたが、今日はありませんでした(汗) 恐らく初戦で売り切れたのだと思います。当てにしていた方がいらしたら、ゴメンなさいm(_ _)m

    尚、アメリカのテニス放映事情ですが、Tennis Channelが基本ATPのセンターコートの試合を全部生放送+ESPN等のオンデマンドでいつでもリプレイできるのです!テレビの視聴の仕方が日本とは異なり、ケーブルに加入して毎月視聴料を払わないといけないのですが、このTennis Channelは、一日中ひたすら男女のテニスを流し続ける、マニアな専門チャンネルです。何気にアメリカは、テニス見る環境がかなり良いのです‼︎ 日本にもいつか、専門チャンネルができると良いですね(^_^)

      引用  返信

  • 5-12の負けは厳しいですね。
    ラオニッチには絶対勝たないといけない状況になっています。
    ファーストが、依然として上がってこないのは、悲しいですね。それで圭は元気が出なかったのでしょうか?思い切ったプレーが出来てなかったように思いましたが。
    アンディ対ラオニッチ戦に注目です!

      引用  返信

  • 観戦を終え、先ほどホテルに戻りました。

    圭くん、元気がないようで少し心配です。やはり手首の痛みなのでしょうか。わたしの席は審判台のある側で、圭くんがベンチに座ったときは背中しか見えなかったので、ちょっと下を向いているだけで「あれれ、がっくりしちゃってるのかな…」と気になってしまって。
    それにしてもロジャーファンの多さと勢いにはびっくり。結構ノリノリで大騒ぎな感じで、それはまあ良しとして、時々カウベルみたいな音が鳴っていたので笑っちゃいました。(スイスだから?)デ杯ならともかく、普段の試合では鳴り物ってあまりないですよね。会場の演出もそうですが、ファイナルはお祭り的なところが大きいのでしょうかねー

    ばぁばさん、練習コートやトイレの情報まで本当にありがとうございました。おかげで右往左往することなく圭くんの練習が見ることもできました。今気づいたんですが、わたしずっと「ばあばさん」て書いててすみませんでした。朝から舞い上がってまして。。

    まもなく注目のアンディとラオくんの試合ですが、時差ボケでちょっと観るにはキビシイ…。

      引用  返信

  • ロジャーさんおめでとうございます。さすが、強かった。
    ラウンドロビンは次があります。切り替えましょう。ラオニッチ戦は総力戦ですね。
    しかし……やっぱり悔しい。

      引用  返信

  • はじめチャンスはありましたが途中から圧倒されてしまいました。学ぶべきはロジャーの圧倒的なフットワークとリズムだったと思います。圭くんがすこし棒立ちにみえました。が、今日の試合はサラリと忘れて次に向かってほしいところです。
    さて打てないファーストで次の試合に勝つにはどのような戦略でくるのでしょう。5ー12の負けは厳しい感じですが シーズン最終戦、セミファイナルになんとか上がって欲しい!!

      引用  返信

  • 団長さんの言うとおり、ハイペースで行き過ぎたと思います。マイアミで勝った時はもっとフェデラーのストロークに食らいつく感じで、粘った末にラリーをものにするといった印象でしたが、今回は一発で決めてしまおうというような王様テニスを求めていた気がします。そうなってしまったのが気負いなのか、怪我によるものかはわかりませんが。やはり、パワーではかなわないので、粘り強くいかなくてはなりませんね。
    もしマイアミのようなテニスをしていたら、今日のフェデラーにも勝てていた可能性はあると私は信じています。
    今回のテニスではラオニッチにも赤信号です。是非修正して臨んでほしいです。もちろん応援全開です。

      引用  返信

  • マリーがラオニッチに6-3 7-5で勝ちましたね

    あとは錦織がラオニッチを破りフェデラーがマリーに勝っていうシナリオですよね。よし

      引用  返信

  • 現地組の皆様
    大きな声で日本語の「がんばれーーーーーっ!!!」、しっかり聞こえました。
    ありがとうございました!!!圭もきっと聞こえていたと思います。涙が出ました。
    皆さんは史上最高のラリーを目で耳で肌で感じることができたんですね、とても羨ましいです。

    今日のロジャーはキレキレでしたね。
    なんだか「ほら、僕も君みたいに打てるんだよ。君より速い打点で君より速く返球できるだろ?」って言っているようなショットでした。
    「だから君は僕には勝てないんだよ」って圭に思わせようとしているような。

    でも、それって実は圭によってロジャーの何かが覚醒させられたのではないでしょうか。
    それは圭も同じはず。圭もまたロジャーのショットによって何かを感じたはず。

    今日の試合は、圭がまた更なる進化を遂げる為に必要な試練だったのだと思います。

    圭、RRで良かったね!!!

      引用  返信

  • 私見ですが、手首はあんまり関係ない気がします。
    手首が万全だったとしても今日の試合の結果に影響はないでしょう。
    体の状態含めての結果なので、あまり敗戦と故障を結びつけすぎるのは良くないと思います(特に怪我の多い錦織の場合は)。

      引用  返信

  • グループB最終戦の結果を考察してみました。

    錦織がラオニッチに勝った場合
    -フェデラーがマリーに勝った場合
    ・・・直接対決の結果から2位確定
    -マリーがフェデラーに勝った場合
    ・・・三すくみになり、セット数獲得率、ゲーム数、ランキング順で決定(1~3位の可能性あり)

    錦織がラオニッチに負けた場合
    -フェデラーがマリーに勝った場合
    ・・・三すくみになり、セット数獲得率、ゲーム数、ランキング順で決定(2~4位の可能性あり)
    -マリーがフェデラーに勝った場合
    ・・・直接対決の結果から4位確定

    さてどうなることやら

      引用  返信

  • ドリームマッチ見てきました。

    昨日から遠足前の子供みたいに、ふわふわウキウキしてました。

    ラッキーにもすごい至近距離でネット越しですが練習も見えました。

    席も前から7列目でよーく見えて、良かったです。
    前の席に熱烈ロジャーファンが声を張り上げていたので、負けじと声出して(まあ主に友達が)応援してきました。

    圭くんは最初チャンスがあったんで、最初にブレークしていれば違った結果になっていたかもしれませんが、今日のサーブの出来では難しかったかなと。

    最初のブレークポイントをセーブしてからは、ロジャーはノリノリでミスする感じがなかったですね。軽やかなステップに魅了されました。

    もう少し躍動した圭くんが見たかったんで残念ですが、今日のロジャーにはほんとクレバーなテニスをされた気がします。
    手首は自分でもタオルの上からマッサージしてましたね。

    2回も日本のテレビ局にインタビューされちゃいました。
    はずかしー笑

      引用  返信

  • 団長さんに激しく同感です!!
    海外記事やコメントではしょっちゅう圭くんを「fragile」と表現されています。
    せめて日本ではまた故障?的な記事や過度の心配が減るといいなと思います。
    圭くん自身も故障ではないと言ってるんだし言い訳にはしたくないはず。

    圭くんのサーブがとにかくよくなって欲しい・・!!
    ラオくんのモチベーションはどっちに転ぶかなぁ・・
    どっちにしても圭くんの方がプレッシャーはあると思うのでメンタルモンスターぶりを発揮して欲しいです!!

      引用  返信

  • 完敗でしたね。ちょっと気持ちいいくらいの。フェデラーにも多少のミスはありましたが、それ以上にストローク戦でも錦織に負けないという気迫が伝わって来ました。

    もちろん錦織が負けて残念ではありますが、それ以上にフェデラーの健在さが見れて嬉しくもあります。

    何気に私の周りでは対錦織でもフェデラーを応援するという人も多く、キャリア終盤のこの眩い輝きをまだまだ見ていたい自分にも改めて気付かされました。

    ここはフェデラーにアッサリ、マレーにも勝ってもらって、錦織もラオを撃破、決勝での大接戦の末のリベンジを期待したいですね。

      引用  返信

  • 残念でした~。
    応援もがんばったのだけど
    ロジャーファンのスイス組に圧倒されました。たまにヨーデルでるし。悔しいなあ~。もお。
    やっぱりインドアのロジャーさん、強いです~~~。
    でもKEI君のアメージングショットを生で観れて幸せです。序盤のブレイクポイントを物にしていれば試合の流れも変わったかも。。。と終わったことをくよくよ考えてもしかたがないので、次っ!次っ!ミロス戦!!カモ~~~~ンKEI!!

    K+nyc さん
    日の丸のフラッグですが、KEI君の試合が終わってからショップに行ったら日の丸ありましたよ。終わってから品だししても意味ないじゃんね~。

      引用  返信

  • ロジャー、圭君、ありがとう。これがテニス、これがツアーファイナルズ!子供達と遅くまで見た甲斐のある素晴らしい展開の数々でした。卓球のような超高速展開、コートの前後左右全て使った頭脳戦、極上のボレー、前に出た相手を嘲笑うラインギリギリに決まる圭君のスピンロブ、圭君のリスクを負ったバックハンドダウンザラインエース、ロジャーの強い時にある強引なくらいの回り込んでのフォアの逆クロスエース…溜息の連続、ガッツポーズするTVの前の子供たち!
    まさにMr.テニス、ロジャーが道無き道を切り開き登りつめたその頂きの高さ険しさ、そして常人には見えないその困難な登り方を、圭君に教えたように思いました。
    RR最終戦、どんな結果も受け入れます。これほどの素晴らしい舞台を応援できる幸せを噛み締めながら、日本から応援しましょう!

      引用  返信

  • Finals のRRでフェデラーに負けて悔しい…なんて1年前は想像できなかったなぁ。いつか必ず、とは思ってたけど。
    序盤から質の高いショットの応酬で、なんなのですかこの人達?と呆気にとられ、その一人が圭であることを幸せに思い…チャンスもあったけど、跳ね返され、でも最強のフェデラーを見られて、悔しさもちょっと減り、とグチャグチャ思いながらの通勤です。
    早くラオ戦に切り替えなくては!
    しかし、大事な一戦でよくあたりますね。。。
    現地の皆様、応援ありがとうございました。しっかりと届いていました!

      引用  返信

  • イングリッシュローズさん、

    えーーー!日の丸、試合の後には売っていたのですか⁇ 私が丁度入った時には無くて、その為に買えなかった方を目撃してしまったので…

    それにしても、ロジャーファンの皆さんは、地声が大きいですよね。私がいくら大きい声出しても、あの広い会場では声がかき消されてしまいました(^^;;
    国旗はもちろん、スイスTシャツの赤い軍団、ヨーデル、カウベル…(笑)
    国際大会での応援慣れしているなぁという印象でした。
    来年のUS Openの応援の参考にします‼︎

      引用  返信

  • く〜!
    今回のロジャーは鬼のような強さでしたね。
    あとストローク戦がまるで卓球みたいで、お互い超高速&超ライジングの応酬にはしびれました、手に汗ビッショリです。

    今回は新宿のスポーツバーで観戦しましたが、TVの取材カメラがはいっていて、色々インタビューされました笑
    インタビュアーは錦織が絶対勝つみたいなコメント欲しかったみたいですが、僕は、今日のフェデラーは強すぎ!錦織厳しい!なんてコメントしたのできっとボツだと思います。

    でも、次ラ王に勝って決勝でフェデラーにリベンジだー!

      引用  返信

  • サーブの不安定さでリズムが作れず→アンフォーストエラーって印象でしたね、特にマレーシア・東京の錦織はサーブが好調で試合全体のテンポが良かった印象なんで、あの不安定さを見るとちょっとオフに時間かけて修正しないとって感じですかね。でもすでに一勝してますし、強いフェデラーと戦えたし、錦織にとって有意義な大会になってるのは確かですね。

      引用  返信

  • カウベル、気づきませんでした!ヨーデルには笑いましたけど^^;。こうなったら座席でチーズフォンデュでも食べてもらいたいものです。かえってから録画を見たのですが、皆さんプラカード、応援メッセージ入り日の丸とかひよこちゃんとか、いいですね♪

    そういえば日本の国旗、日曜はエントランスB横の店で試合後に見かけました。今日の試合前にファンゾーンや2階の売店で国旗を見かけたけど、日本のはなさげでした。店員に確認はせず外からちらっと見ただけなんですが。もしかしたら広げずたたんでおいてあったのかも?あちこちに売店があるので聞いてみてもいいかもですね。

    木曜チケット取りたくて早く帰ったのにチケットが買えません。時々あるサーバーエラーだと思うのですが。あるいは私のパソコンだけ?チケットいっぱい残ってるのにな~。早く直して~。

    今年のウィンブルドンでラオニッチにやられた試合を観戦したのですが、ぜひその借りをこのイギリスで返すところを会場で見たいです。打倒ぺこちゃん!

      引用  返信

  • ロジャーさん、強すぎ。
    完全体のフェデラーに勝つには、錦織と言えどもゾーンに入らなければ難しいですね。
    逆に言えば、勝つために足りないものがまだ必要で、伸びしろがあると言うことだと思う。
    今回のフェデラーのプレーは錦織の目指す姿だし、錦織にしか出来ないでしょう。
    そして、いつの日か錦織が「あの日のフェデラーを越えた」プレーで世界一になって欲しい!

      引用  返信

  • ロジャーさん、強かったですね〜。
    あれだけ上がりっぱなをシバき合うラリーができるのって、あの二人だけなんじゃないでしょうか。

    最近の圭くんは、たとえ相手がTop選手でも、オーバーペースで挑むのではなく、普段のテニスをしてじっくり勝っていた印象がありますが、昨日はいきなりのハイペースだったし、サーブ間の間隔も早いし、最初から飛ばし過ぎていたような。
    そして自分のペースが掴めないまま、試合をロジャーに支配されてしまった感じです。
    もう少しじっくり自分のテニスをしても戦えたんじゃないかと思いましたが…、今のロジャーさん相手じゃ無理だったのかなあ。
    最初から果敢に攻めていくという戦法が機能していればという所ですが、跳ね返されてしまいましたね。

    でもあの舞台で、トップギアで倒しにくるロジャーとの試合を見られる幸せ。
    この負けは、これからの圭くんの大きな糧になると思います。
    山は高いほど超える価値があるというもの。
    決勝で再戦できますように!

      引用  返信

  • 課題だったサービスに関して、、、。

    今回の、ファーストinは53%でアンディ戦の46%よりは良かった。
    ダブルフォルトもアンディ戦では8本が今回は5本。
    ノータッチサービスエースは前回も今回も1本。。
    アンディ戦のファーストサーブpoint won は70%。
    今回のファーストサーブpoint won は67%。

    相変わらず不調(ごめんね)ながら、やれるだけやったという必死
    のスタッツだったような気がします。 よくがんばった!!!

    でも、このサービスでは、このサービスでは、、、、、、

    「き…きかぬ。効かぬのだ!!(涙)トキ 」←ラオウ(北斗の拳より)

    セカンドではサービス後の攻撃展開の起点にならず、、、。

    もう少し、あとちょっとの期間限定いいから(汗)、テニスの神様〜、
    圭君にもう少しのサーブ力をお与えください。。。

      引用  返信

  • あれ、打点が高い、あれ、返球のリズムが早いと、33歳でなお進化しているフェデラーに驚きましたが、錦織君は、彼にそれをさせているほどの相手でもあるんだと感激しました。

    錦織君のサーブがもう少しよかったらと思いましたが、こんなレベルの高い試合の世界に足を踏み入れた錦織君、まだまだここから。

    体力の壁、メンタルの壁、トップテンの壁を着々と破ってきている実績から、このフェデラーとの試合は、彼が次のステージに上がるための何かを掴むきっかけになると信じています。

    それにしても、フェデラー、たくさんある引き出しをあけてわざわざ見せてくれた感じ。「エースをねらえ!」で、お蝶夫人がひろみに、すべての技術を見せるためにやった試合のこと思い出しちゃった(古くてスミマセン)。

      引用  返信

  • さすがフェデラー、華麗なプレーに魅了されました、そして強かった。

    やはり、サービス力の差は大きかったですね。
    負けて悔しいですけど、ラリーの応酬は見ごたえがあったし、随所に素晴らしいショットもありました。

    なにより強いフェデラーが見られて、テニスファンとしては嬉しいかぎり。
    明日のラオニッチ戦、準決勝進出をかけた激闘になりますね。
    全力応援あるのみです。

      引用  返信

  • しかし、パリでのジョコビッチ戦のサーブと本大会のダブルフォルトの数を見ると調子の良し悪しやコート・ボールとの相性、ましてやメンタルの問題ではやはり無い気が・・・・・
    手首がやはり心配です。
    本当の状況は本人しかわからないと思いますが、致命傷を負わずこの大会を切り抜けてほしい!
    こちらは、痛みを言い訳にしない錦織を全面的に応援します!

      引用  返信

  • ロジャーのテニスの懐の深さを見せつけられた思いです。
    しかし、テニスの頂上で戦っている錦織の顔がいつにも増して引き締まって見えて、こんな場所で戦える喜びもきっとあるに違いないと、ファンとして嬉しくもあります。
    いろいろ不安を抱えつつもファイトする錦織を最後まで応援するだけです。
    準決勝進出の可能性パターンが下記にありました。

    http://www.barclaysatpworldtourfinals.com/en/scores-centre/2014-scenarios

      引用  返信

  • 私はやっぱり少なからず怪我の影響はあったと思います・・・
    手首に加え腹筋にも痛みがあるらしいです
    攻められてのミスだけじゃなく圧力のない場面でも大きな凡ミスが最近多いし
    体の不調からくる不安感で集中力が維持できてない気がします
    体が弱いといわれていますから、本人もあまり言いたくないのでしょう
    楽天時もトレーナーには不調を言ってコーチには心配するから言ってないということがありましたよね
    いくらフェデラーがよくても今の圭君はもっと出来るはずなので
    ラリーが続かず動きも悪く粘りもない、やる気もあまり見えない、かなりがっかりな敗戦でした。
    フェデラーが強いからしょうがないと満足されてる方が多いですが、圭君はもうそういう
    格下挑戦者のレベルじゃないので、パリあたりからの右肩下がりのテニスの質の低下を考えてみてほしいと思いました。

      引用  返信

  • スコアほどの圧勝ではなかった、厳しい試合だったとフェデラーが語るように、ギリギリのところでの差がちょっとずつひらいていった結果だったのでしょうね。
    すばらしいプレーの応酬もあったし、応援してて楽しかった。
    次もあるのだから、この敗戦は忘れます!

    次はこのままでは終われないラオニッチ。
    錦織のガッツポーズ、たくさんみせてほしいですね!

      引用  返信

  • サービスのスピード落として確率上げてもフェデラーには通用しませんでしたね
    悔しいけどランキングから考えたらしょうがないですよね。今まで勝った事があるから余計悔しいけど負けて当たり前。
    とにかく次、次。

      引用  返信

  • 手首の故障が気になります。フェデラー戦で立ち上がりにバックのダウンザラインのミスでラインをかなり大きく外れたのが2本続いたので何か変だ、どこかおかしいのかなと感じましたが手首に違和感もしくは痛みがあったせいだと思います。その後もバックハンドで簡単なミスが目立ちました。以前、私も手首を傷めたことがありますが痛みで箸も持てないくらいになりました。病名はTFCC損傷というもので手首小指側の故障です。デルポトロがわずらっているのがこれではないかと思います。ラオニッチ戦は、是非勝ってほしいと思いますが、ひどい場合は手術も必要になるのであまり無理はしないでほしいと思います。
    手首の故障がなければ、フェデラーにも負けなかったと思います。

      引用  返信

  • ラオちゃん。。。

    マレー戦でのノータッチサービスエースはなんと「4本」のみ。。
    ダブルフォルトは2本で、ファーストinは53%。
    ファーストpoint wonは69%しかない。。。

    これはこれで、何かあったのかな?と勘ぐるけど、、、オンデマンド
    でこれから見てみようと思います。

      引用  返信

  • 残念!
    ファーストセットの第3ゲームでブレークポイントを取りきれずにそのまま相手の流れになってしまったのは、全米でのファーストゲーム(?)のブレークポイントを取れなくてそのままずるずるいってしまった展開とかぶりました。タラレバですがあそこをとれていれば展開は変わっていたかもですね、、、
    先日のバーゼルの決勝(フェデラーVSゴフィン)でフェデラーのフォアがバックにいったときにゴフィンがバランスを崩す場面が散見されましたが、今回の錦織にも同じような現象がおこっており、それだけ最近のフェデラーのボールがテレビ画面でみているより想像以上に伸びているのではと思います。

    違う見方ですが、後方で「遅攻」のマレー戦の後にまったく違うタイプ(正に「遅攻」の正反対の「超速攻」)のフェデラー戦でタイミングがあわせきれなかったことも乗り切れなかった原因でしょうか?
    RR最終戦のラオニック戦勝って(なおかつフェデラーがマレーに勝って)、決勝で再戦できればアジャスト能力抜群の錦織ですから勝ってくれると信じています。

      引用  返信

  • gaoさん
    パターン表ありがとうございます!
    10)に書いてあるマレー、圭共に3セットで勝てば
    1フェデラー2圭というのはどういう計算でしょうか?

      引用  返信

  • 勝負事ですから、勝つときもあれば負けるときもありますよ。それから私は過度にフェデラーを敬う気持ちは更々ありません。

      引用  返信

  • 圭くんはもちろんベストではなかったですが、手首どうこうよりやはり今回はフェデラーが素晴らしかったと思います。開始早々から試合終了まで全く気を緩めていませんでした。圭くんのミスは身体的なものよりフェデラーのプレッシャーをずっと感じながら戦っていたからではないでしょうか。
    個人的な感想ですが、試合終了の握手の際、今までならフェデラーは勝っても負けても圭君に対してわりと温かい目線だったように感じていたのですが、今回はそれをあまり感じませんでした。今までは自分に迫りつつある頼もしい存在ととらえていたのが、今はもう全く対等ととらえているからではないでしょうか。
    とにかく気持ちを切り替えて、明後日のラオニッチ戦にきっちり勝ってほしいと思います。

      引用  返信

  • 負けたのはしょうがないですが、本当に終始元気がなかったのがとても残念です。手首のことは本人も気になっているようですが、ケガというほどではないとのこと。ミロスのサーブは手首にきそうなので心配ですが。。

    試合中はヨーデルが出てたんですね!
    じゃあ、日本チームは「よ~でる よ~でる・・」の妖怪ウォッチ体操でお願いします!きっと昨日のサーブ不調は妖怪のしわざでしょう。

    とりあえず、決勝Rに行けるかは別として圭君らしいプレイが明日は見れると期待しています。GOGO~~

      引用  返信

  • 出だしは良かったので、これは勝っても負けてもいい勝負になる!と思ったのですが、
    けっこうな完敗になってしまったので、とても残念な気持ちです。
    内容的には団長のレビューと同じような感想を持ちました。
    今季調子のいい1位を狙える2位にいるフェデラーを倒すには、
    圭くんも最高のテニスをしなければ勝てません。
    ミスが多いながら試合を作っていた圭くんの実力が上がっているのは間違いないと
    思いますが、久しぶりに”焦っている”圭くんを見たなぁ…と。
    フェデラーの戦略にはまってしまいましたかね…。
    ラオ戦ではリズムよく戦っている圭くんを見たいです。

    現地応援の方お疲れ様です。たくさん”がんばれー”の声が聞こえていました!
    それにしても外国の方のかけ声は、野太くよく通る声ですよね。
    ヨーデルやカウベルの音もちらっと聞こえました(笑)
    次戦もよろしくお願いします~~~

      引用  返信

  • 流石トップ8が出揃う試合
    それしか言えませんでした
    ジョコビッチ、ワウリンカ、フェデラーと現トッププレイヤーが世代交代組をねじ伏せていますね今の所
    ラオニッチは散々大切な試合で錦織に負けて来たので今回は修羅の如く試合に力を入れて来るんじゃないかと自分の中ではフェデラーより怖い相手だと思ってます
    手首のテーピングも心配ですがここまで来たなら次の試合勝ってできるなら決勝でフェデラーにリベンジしてもらいたいなんて贅沢な希望を抱きつつ次も応援頑張ります

      引用  返信

  • @ケンシーさん

    勝ち星が同じならセット率が効くので、同じ2勝1敗ならストレート勝ち2回のフェデラーがマレーに勝つ。
    錦織とマレーはセット率が同じで、直接対決の結果が効くので錦織が勝ち。

    こんな理解ですが、どうでしょうか?

      引用  返信

  • 試合後、溜まってた疲れが押し寄せて来て、ホテルで爆睡。現地なのに、完全に日本時間で生活してます。

    フェデラー戦、残念でした。
    圭くんも、必死で、何とかしたいと思ってた様でしたが、挽回出来ないままに終わってしまいました。
    圭くんのリターンの時「ヘイ❗️」と、気合いを入れた声を出す時、有りますよね?ぞくっとするんですが、あれが、時々あって、「今、取るんだ❗️」と言う気迫がすごく感じられました。
    楽天の時なんかは、圭くんの声が出てきたら、どんどんそこからペースが上がる感じがしたのですが、今回は、ギアを上げても打ちのめされて。。

    仕方ない。
    自力でロンドンまで来たのだから、自力で決勝トーナメントに進んで下さい。
    今日は、胃が痛くなる試合でしたが、ラオニチ戦もまた、胃が痛くなるキープキープの試合展開ですね。
    応援も覚悟してやります。
    日本の皆さんの分も頑張ります。

    きのこさん、
    私も二日早く着いただけなのですが、お役に立てたなら、良かったです(^^;;

      引用  返信

  • 錦織選手、負けたのは残念でしたね^_^;

    先日のジョコ戦、今回のフェデラー戦といい錦織がのってくる前に圧倒されてしまいました。

    その辺りこの2人は流石だなと思います。錦織選手も強いのですが、相手が実力を
    出す前にボコボコにするというのは先日のパリでのフルセット3連戦をみても、まだできていないように思います。

    相手が実力を出す前に勝ち切ることで体力の温存にも繋がります。

    これが錦織選手が次に目指すべきテニスなのかなという気がしました。まだまだ上には上がいるんですね笑( ̄▽ ̄)

      引用  返信

  • あまりにも早い展開についていくのに
    必死な試合でした
    あんなに高い打点での打ち合い凄かったぁ
    次元が違いすぎて、ほんとに天才同士の戦いが
    みれて嬉しかったです
    正直、敗けは悔しいですけど
    でも、まだまだ先があるし、もっともっと
    強くなれると思うとワクワクが勝ります
    現地応援の皆さま、野太い声援のなか、
    日本語の女性の声援かなり目立ってましたよ!
    うれし涙でちゃいました;∀;
    また明日よろしくお願いします!!

      引用  返信

  • 連投すみません。

    マレーvsラオちゃん は、マレーのリターンがかなり良かったですね。
    ラオちゃんのちょっと確率落ちていたファーストをことごとくブロック
    リターンで返してチャンスを作っていました。コース読めていたのかな?

    マレーの躍動感もアップしていましたが、ロジャーに勝てるほどではない
    かと(汗)。。

    ロジャーがマレーに勝つことを前提にすると、、、

    圭君がラオちゃんに勝てば文句なしに予選通過ですが、、、

    もしラオちゃんに負けてしまっても、ファイナルセットまでもつれて
    負ければ(汗)、圭君は予選通過ですので、とにかくファイナルセッ
    トへ!!ですね。ストレート負けでは敗退です。。
               ↑
    合っていると思いますが間違っていたらごめんなさい。。

    ぐわんばれ〜!!!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。