【今日のTV放映についてのコメントを追記】錦織圭、尻上がりに調子を上げ圧勝(2015バルセロナ3回戦)

2015 Barcelona (ATP500)
3rd Round
Kei Nishikori[1] def. Santiago Hiraldo[15], 6-2,6-1

スコアの上は昨年の決勝と同様の圧勝でしたが、1stセットはスコアよりも接戦でした。あっという間に2ブレイクアップの4−0となったものの、1つブレイクバックされて4−2、次のサービスゲームもブレイクポイントを握られてタイに持ち込まれそうな場面もありました。ブレイクポイントを握られた回数は錦織の方が多く、しのいだ錦織としのげなかったヒラルドの差が効いてこのスコアになりました。

セットアップしたことで自信が深まってきたのか、2ndセットはサーブ、ストローク共に思い切り振り切れるようになり、今度はスコア通りに内容も圧倒したセットとなりました。

ヒラルドはこれまでの対戦と比較し、かなり後ろのポジションでプレーしているように見えました。錦織に押されてそうなったのか、あるいは戦略なのか、いずれにせよ結局は錦織が自由にプレー出来てしまうので得策ではなかったように思います。ある程度はミスも誘えますが、錦織が自分のプレーさえ続ける限りヒラルドにチャンスは訪れそうもない展開でした。

錦織の強さが際立った試合ではありましたが、本日はウィナーよりミスの数のほうが多く、少し気になりました。ヒラルドが守備的にプレーしてきたので少々のミスは許容範囲ですが、準決勝、決勝では1本のミスが命取りになりかねないので、今後は徐々に減らしていって欲しいところ。

また、今日はバックのクロスが非常に効いていたので試合展開としては楽だったと思いますが、このショットが効きづらい相手には苦戦する傾向があるので、あまり頼りすぎず次の試合ではストレートを多めにして感触を掴んで欲しいと思いました。見ていて「クロスに決めに来るな」というのが分かりやすいので・・・。最大の武器ではありますが読まれてしまうと逆効果になることもあります。
気持ちに余裕が出た試合後半にはストレートを増やしていたが、早い段階でトライしてほしいと思うことがしばしば。
苦しくなってからはリスクを取りづらいし、序盤からストレートを意識させることでクロスが再び効いてくるようになると思います。

次の対戦相手は昨年1セット取られたバウティスタ=アグーです。どことなくプレーやフォームがヒラルドと似ている気がしますが、活きの良さはアグーが上でしょう。ランキング上昇傾向のクエバスを破って上がってきた強敵です。錦織は圧勝で勝ちあがって来ていますが、それが次の試合の勝利を保証してくれないのは今年の結果を見ていると分かりますよね。目の前の試合に集中するスタンスで油断せず勝ち上がって欲しいですね。

TV放送に関するドタバタ劇

本日の試合のTV放映についてはかなりのドタバタ劇がありました。まず、BS朝日が夕方5時からの生中継を発表。しかし試合開始予定時刻の午後6時になっても「大会側の都合で」放映できず。

結局、2回戦のガバシュビリ戦を3回も再放送し、ヒラルド戦が終了してから1時間後の午後8時30分にようやく試合を放映することができました。

一方、GAORAは当初、「カメラが入ってないので」ヒラルド戦は放送できないと発表。しかし裏ではいつものごとく(ありがとうございます!)緊急放送ができるように交渉を進めていたのでしょう・・・。やはり午後8時30分からニアライブで放送すること(ただし実況解説なし)ができました。

と、ここまで見るとまるでBS朝日はダメダメ、GAORAさんは神のような印象を持つかもしれませんし、実際にGAORAさんは神ですが、結果として不手際となったことは良くないことではあるものの、BS朝日を安易に責めることはできない気がします。

というのもバルセロナはセンターコートの第1試合は通常(少なくともここ数年は)、映像を提供しない方針らしく、それをねじ曲げて緊急放送を実現しなければならなず、しかも試合時間は前日の夕方くらいの時間にならないと発表されませんので、BS朝日、GAORAともにかなりバタバタした調整が必要になったと想像されるからです。一旦は「放送準備OK!」となったものの、後になって何らかの問題が浮上して生中継不可となった可能性があります。

それでも早々と大々的に「生中継やります!」と発表してしまったBS朝日の発表は拙速だったと思いますし、逆に慎重に行動したGAORAは、さすが長年にわたってテニスを放送してきただけのことはある、一日の長があったということができるでしょう。

ネット上ではBS朝日に対して憤慨している方がかなりいたので、BS朝日は今回の不手際が仮に純粋に大会側の都合によるもので、自身に落ち度がなかったのだとしたら、調査結果をしっかり発表した方がいいと思います。

参考記事:
BS朝日 錦織3回戦生中継できず試合終了約1時間後にやっと… ― スポニチ Sponichi Annex テニス
BS朝日、錦織戦生中継出来ず「原因は調査中」 – 芸能 : 日刊スポーツ

有料放送以外でテニスが頻繁に見られるのは、広く日本国民に錦織の活躍を知ってもらうという意味で非常にありがたいことではありますが、テニスを放送したいというよりは錦織個人に群がっているだけのような印象は拭えず、やっぱりここは長年にわたってテニスファンの良き友であったGAORA、WOWOWの方を応援したい気分になります。

錦織の引退後もテニスを放映しつづけてくれたら見直すんですけどね・・・。

25 件のコメント

  • 錦織選手おめでとうございます。
    朝イチの段階では映像はあきらめていたので、
    ニアライブだったとしても映像が見られてうれしかったです。

    今日の試合は実力差を見せつけた圧勝でしたね。

    しかし、団長ご指摘のとおりバックハンドのクロスは
    あのあたりの切り返しを得意とするバブリンカ選手やガスケ選手には
    通用しない(むしろ餌食)でしょうから、早め早めのストレートへの展開も
    どんどんしていってもらいたいです。

      引用  返信

  • フォニーニがいいですね。バックのクロスの刺すスピードが錦織選手に見えます。クレーだと似た感じに見えるのかな。
    アグやクリザン、クレー巧者はランキングによらず皆嫌らしいです。タフな相手が続きますなあ。

      引用  返信

  • ナダル、ピンチですよ。
    第1セットを落として、第2セットもタイブレーク突入。
    現在、1ミニブレークダウン

      引用  返信

  • ラファが負けた・・・
    圭が倒すはずだったのに・・・
    フォニーニ頑張ってしまった・・・

      引用  返信

  • ナダル、たった今負けちゃいましたね~
    ニーにはお客さんだったはずですけどね~本当にどうしてしまったんだろうという感じ

    これで、また夢の決勝はなくなってしまいました。去年同様アップセットの多い大会となってます
    圭君最大の敵はダビということになります。

      引用  返信

  • ナダルが負けた・・・。
    トリプルマッチポイント(6-3)は凌いでイーブン(6-6)に戻したけど、
    フォニー二キープで7-6,ナダルがサービスを落として8-6で敗戦。
    やっぱり今年のナダルは、全盛期ほどの勢い・強さはないんですかね・・・。
    今日も接戦だし(惨敗ではない)、モンテカルロのジョコビッチ戦とかを見ると、だいぶ戻してきてはいると思うんですけど・・・。

      引用  返信

  • それでも全仏の本命はナダルだと思う今日このごろ。
    今大会で1回勝って自信をつけておきたかった・・・

      引用  返信

  • “錦織の引退後もテニスを放映しつづけてくれたら見直すんですけどね・・・。”
    団長、それは無理な注文というものですね~!(*ov.v)oウフフ

    圭、第1セットは、慎重にプレーしていましたね(^_^;)
    やっぱり、マイアミで足元をすくわれたのが堪えたのでしょうか?( -_・)?
    時々、中田さんがのぞきに来るたちなので、良い薬になっていたら、今後も安心ですね~!(#^.^#)♪

    第2セットのような、慎重かつ大胆なテニスを、いっぱい、いっぱい、魅せて欲しいです!!!ヘ(≧▽≦ヘ)♪キャー

      引用  返信

  • あ~、ナダル負けちゃいましたね~。
    う~ん、赤土はナダルの庭だって言われてたのは過去のものになっちゃうんですかねぇ。
    まぁ、その辺りは全仏が終わるまでは結論は出ないんでしょうけど・・

    で、それはともかくここから毎日試合があるとの事で↓の様なものを作ってみました。
    第1試合にアサインされるとまた今日の様なドタバタになるんでしょうかねぇ(^^;)。

    試合情報
    2015 Balcelona Open Banc Sabadell (ATP500)
    Surface: clay
    Draw Size: 48
    Quarterfinal

    試合日時
    現地時間 4月24日(金)  :  ~ (第 試合)
    日本時間 4月24日(金)  :  ~
    @ Pista Central (センターコート)

    対戦相手
    Roberto Bautista Agut (ESP) ロベルト・バウティスタ=アグー(スペイン)
    第7シード、ランキング16位(最高14位)
    27歳、183cm、76kg
    今年の勝敗:12勝10敗(錦織は23勝5敗)
    今大会勝ち上がり
    1回戦 Bye
    2回戦 6-3,6-4 vs Bellucci(BRA)
    3回戦 7-6(5),6-2 vs (10)Cuevas(URU)

    過去の対戦成績
    1勝0敗
    2014 Barcelona 2回戦 ○錦織 6-1, 4-6, 6-3 ●アグー (圭17位、アグ45位)

      引用  返信

  • Linusさん
    ありがとうございます。
    明日、センター第1試合に決定です。12:30~になってます。
    明日は生で見れるんでしょうか?

      引用  返信

  • 錦織選手、今日の試合、勝ってよかったです!
    見たかったーーー!
    アメリカとの時差だと朝5時から試合開始で、頑張って早起きしましたが、Tennis Channel、ESPNどこでも見られず(涙)
    何故第二試合からしかテレビでやらないのか??と不思議でしたが、センターコートの第一試合は大会側の都合で見られなかったのですね。
    明日の試合も、開始時間が少し遅いとはいえ第一試合ですね。
    中継があるよう祈るのみです!!!

    ラファの敗戦を今知り、ショックを受けました。。。

      引用  返信

  • 錦織選手勝利おめでとう!ラファが負けてしまった…お疲れ様でした(涙)

    今回の中継トラブルはBS朝日と大会運営側とのコミュニケーション不足が主な原因じゃないかな…大事な事はしつこいぐらいにプッシュした方が良いと思います。修造チャレンジでジュニアの子達に英語でコートの予約をさせたりして自己主張する重要性を教えているのを見て「修造さんさすが!(脱帽)」っと思ってます。海外で生活していると想定外な事連発なので変な耐性がついてしまいました…多分このブログの読者にフランス在住者がたくさんいると思いますが、フランスって機械故障率半端ないですよね(苦笑)上司がよくエレーベーターに閉じ込められてました…ふふふ

      引用  返信

  • センターコート第一試合を放送しない方針でNo.1シードのディフェンディングチャンプ圭くんをそこの続けて置いてくるって一体どういうつもり‼︎なんでしょうか。大きな問題ですね。ATPもなんとか解決してもらわないと困ります。

      引用  返信

  • 今回のテレビ対応についてはGAORAはもちろん神ですが、BS朝日も頑張ってくれていたと思います。
    何も知らない調べもしないマスコミが適当に記事を作り上げることが腹たって仕方ありません。
    おそらくは今回は現地のテレビ対応の問題でしょうから、それをもっとハッキリ釈明してほしいです。せっかく放送するように頑張ってくれたテレビ局に嫌みのツイートする人もどうかと思います。

    あと以前より思っているんですが、テレビ放送前に結果をデカデカと出すyahooニュースなどもやめてほしいと思っています。生放送であったとしても帰って録画で見る人に結果を見ない選択肢を与えてほしいのです。録画見る前に結果を知らされてしまった事が数え切れません。
    昔はF1が好きだったのですが、ほとんどが録画放送でしたが、その前に結果が入ってくることはなかったです。時代の差かも知れませんが、結果を先に言うスポーツニュースとか、すべての人が結果を早く知りたがっているわけではない事を報道では配慮してくれなくなったような気がします。

      引用  返信

  • ほんとにびっくりしました。
    まさかスカイでも見れないとは、、、
    ストリーミングもなかったし、
    圭をみるために、有料テレビ入ってるのに、お金かえせーーーって感じです。
    明日も第一試合ということですが、開始時間が遅いので、試合が始まって1時間後位から見れそうですが、何だかなあって感じです。
    第1シードが見れないなんて、予想もしてませんでした。

      引用  返信

  • 今日はtennistvのスケジュールに圭くんの試合があったのできっと大丈夫でしょうね。ぼくも抗議文を書きましたが、他にもたくさん不満があったと思います。これからはアジアの大きなマーケットを無視することはできないでしょうね。これもなにより圭くんのお陰!!

      引用  返信

  • 錦織強いですね!これで1stサーブの確立が上がったらどうなることやら・・・・

    事なかれ主義と言われたらそれまでですが、今までの慣例でセンターコートでも第一試合は放送しない方針を運営が採っているんだったら、不満をぶつけても仕方ないのではないでしょうか。
    ぶつけるとしたら、あくまで放送すると断言して放送にこぎつけられなかった日本のテレビ局であって、スペインの運営やATPではないと思います。ネット上ではシエスタでもしてたんじゃないか、等かなり揶揄されていましたが消費者至上主義の日本では、土日は仕事を休んだり24時間のコンビになどもっての他であるヨーロッパの考え方など理解されないという事なのだと思います。
    盆正月でも自由に買い物ができ、快適な生活をしてなんでも叶うと僕らは思いがちですが、運営されている国の文化や事情などもあるという事を頭の隅に置いたほうが良いのではないでしょうか。
    そんなだからスペインは財政崩壊するんだよ・・・という声も聞こえてきそうですが。

      引用  返信

  • 私も団長が言うように全仏の本命はナダルだと思いますね。

    昨年、バルセロナで途中敗退したときも全仏赤信号と言われましたが、マドリッドでは錦織くんに例のボッコボコにされそう?しそう?でしたが、棚ぼた的でも優勝をし、結局は全仏も優勝しましたからね!

    今回の放送のドタバタ劇で不思議なのは、GAORAは当初から三回戦の放送予定は無かったはずですよね?!

    本来カメラの入らない第1試合にカメラを入れるように要請したのはBS朝日で、その交渉が生中継と録画映像を渡す話が双方で意志疎通が上手く行かなかったからかなと勝手に想像してますが、何故GAORAも同じ20時30分に放送出来たんでしょう?
    もし、2局合同での交渉ならGAORAも実況放送してると思うんですが。

    何だかんだ言ってもテニスをメジャースポーツにするためには、無料放送をするのは必要不可欠な訳ですから、最近の傾向はいいなっと思ってます。
    いろいろ思うことは有りますけどね!

    それでも、90年代からずーっとお世話になっているGAORAさんに対しての感謝は忘れずにおります!ハイ!

      引用  返信

  • @leo
    私は南半球在住なので日本の放送事情はしりませんが、センターコート第一試合を放送しないといって仮にナダルが第一試合だとしたらどう思われますか? 世界中から苦情きますよね?国の文化事情は関係ないですよね、全く。

      引用  返信

  • 連投すみません!

    しかし、あのフットワークの軽さは、本当に凄いですね。

    感動すら覚えます。
    あっ!これって団長、言ってましたっけ?!

    錦織くんもそうですがGAORAの話です!

    まさしく神です!

      引用  返信

  • またまた、連投、申し訳ないです。

    バックスピンさん
    そうですね、国の文化事情と言うより大会運営側と地元局の事情でしょうね。

    観客動員数と視聴率の問題だと思いますね。
    平日の第1試合に地元の人気プレイヤーは、日本でも組みませんよね。

    錦織VSヒラルドのカードは動員数や視聴率が期待できないと判断された?!

    スペインはトップレペルのプレイヤーが多いからオーダー組むのは大変だと思いますが、第1シードで前年優勝者で且つ前年決勝カードなのに、あの扱いは、そりゃ、ないよ~と言いたくなります!

      引用  返信

  • @korifun
    確かにそうですね、現地での観客動員が見込めないという理由はわかります。ただ今はESPNやtennisTVなどで世界同時配信される贅沢な時代になりましたのでアジアマーケットを軽視はできなりますね。本当テニスファンにとって贅沢な時代になりました。

      引用  返信

  • バックスピンさん
    僕も普通だったらバックスピンさんと同じように考えますよ。ただ前提として、ナダルだろうがフェデラーだろうが、「第一試合のセンターコートは放送しない」という慣例があるという事です。
    もちろん、錦織だけ軽視されているようでしたら僕も心外ですよ。
    もし、例年のそのような慣例があるにも関わらず「第一試合だろうが錦織を放送しろ」という苦情が日本人から殺到したらちょっと恥ずかしいかなと思いまして。
    繰り返しになりますが、「第一試合のセンターコートは放送しない」という慣例がなければ僕の意見も変わります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。