今年初のリタイア、残念(2015ハレ準決勝)

    2015 Halle (ATP 500)
    Semifinal
    Andreas Seppi def. Kei Nishikori[2], 4-1. ret.

    左足のふくらはぎにテーピングをグルグル巻きにして現れた錦織圭、表情も不安げでした。

    その悪い予感は的中し、ボールを全く追えない。サーブでも足を寄せて打ついつものフォームが見られない。誰がどうみても続行すべきではない状況でしたが、錦織はゲームを続けます。

    過去に体が温まってきたら走れるようになったこともありましたのでそれを狙っているのか、あるいはファンや観客のために無理しているのか、はたまた少しでも芝での実戦をこなしておきたいのか、いろいろと想像しているうちに結局、リタイアとなりました。

    コートを去る表情が非常に悲しげで、無念さを物語っていました。

    全仏ほど期待が高くない中、個人的には芝への適性は意外とありそうに思えて密かにチャンスはあるのではないかと思っていましたが、ウィンブルドンまであと9日。今日の状態から完全回復できるかどうかは疑問です。

    それでもチャレンジを続けなければならないのがトップ選手の宿命。ファンとしては心配でしょうが、出ることになったら選手の判断を尊重する方向で、是非全力応援をお願いします。錦織はすでに怪我に付き合う経験も十分積んでおり、無茶なことはしないと思います。

    今年は簡単には負けなくなったので昨年よりも早いペースで試合数をこなし、これまでリタイアがありませんでした。体も丈夫になってきていますので必ず治してトップフォームに戻してくるはずです。信じて待ちましょう。

    ウィンブルドンの時期はちょうど疲労や体へのダメージが溜まってくる頃です。また、クレーから芝へとサーフェスが変わることによりフットワークも変わってきます。フットワークが変わると使う筋肉も変わってきますので、故障もし易くなります。過去、その原因で臀部の痛みを発症したこともありました。情報待ちですが、深刻な故障でさえなければ体のケアをしっかりすれば短期間で戻ってこれると思います。

    ということで、あまり心配しすぎないようにしましょうね。まずは情報待ちです。

76 件のコメント

  • 入場時 ひときわ大きな拍手で迎えられていましたがトップ選手の責任感もあり試合に出たのでしょうか
    コートに立ってるのにボールを追えない‥
    圭くん自身がどんなに無念に思ってるかと思うと胸が痛いです
    シーズン半ばのクレーから芝へのこの時期は確かに疲れの出る頃ですね

    今季ずっと頑張って来て 後半戦に向けてちょっと体を休ませましょうという体からのサインかな
    とにかく 軽い怪我でありますように と祈るばかりです

    このハレのベスト4でも圭くん以外は30代だし 本当に最近は30代の活躍が目立ちますね
    アジア人は体の出来上がるのが遅めと聞いた事がありますし 圭くんもトップ選手として先は長いので体を大切にして欲しいです

      引用  返信

  • セッピは試合の直前にフェデラーがロッカールームに来て、圭がプレイするのかどうか聞きに来たと言ってますね。それで怪我してるのかもしれないって思った見たいです。ロジャー、心配してくれたのかな?

    http://www.gerryweber-open.de/gwo_en/News/2015/Juni/Seppi-is-in-the-finals-for-the-first-time-in-Halle

    “Roger Federer came into the locker room and asked whether Kei was playing. I didn’t know a thing. In the match you could see clearly though that he wasn’t fit”, the Italian said.

      引用  返信

  • みけさん、私も録画を見てみましたが、ポイントが終わったあと、ふくらはぎをさわっていますね(((^_^;)
    BS朝日、よくぞ引っ張って放送してくれてました!
    記者会見の映像、まさにタイムリーでしたね♪

    圭は、もう、次を見据えていました(*^^*)♪
    私たち錦鯉も、圭の速やかな回復を祈りつつ、前向きに待ちましょう!!!(o≧▽゜)o

      引用  返信

  • 圭くん、残念でした・・・退場する時の何とも言えない表情に心が痛みました。この棄権により怪我が悪化しなくて済んだと思いたいです。試合後のインタビューではきちんと質問に答えていたし、表情や声のトーンを聞く限り、深刻ではないような気がしますが・・・WBに間に合うと信じたいです。確か、WB前にベルディヒとのエキシビションが予定されていたと思いますが(Bnp Paribas Tennis Classic)絶対に絶対に出場はやめて頂きたいです。IMGがスポンサーになっているようですが、チームKの賢明な判断を願います。中尾さん、宜しくお願いしますm(_ _)m

      引用  返信

  • さてと、応援モードでテンションを上げてしまっていたので、なかなか寝付けなかったけれども、団長さんの書き込みを読んでいい方法が得られました。

    お早い快眠を願っております。と自己暗示をかけてクスと笑いながら寝ますね ぐーてんなはと (*^_^*)

      引用  返信

  • フェデラーさんってホントに錦織さんのこと気にかけてくれてますよね!
    なんだか、ちょっと嬉しくなっちゃいます。
    今回はお預けになっちゃいましたが、フェデラー選手が引退するまでに、出来るだけ対戦して、フェデラー選手からのメッセージを受け取って欲しいなぁなんて思いました!

      引用  返信

  • 錦織選手の隣には365日彼のフィジカルのことを最優先に考えているプロがいて、できる限りの検査と最先端のケアを施しています。
    チームkを全面的に信じてWBを待ちたいです。
    がんばれチームk!

      引用  返信

  • >>yuriさん
    フェデラーわざわざセッピの所に聞きに行くぐらい
    圭くんを気にかけてくれてたんですね~
    というか怪我の情報がフェデラーの耳に入ってたのは何でなのか・・・

      引用  返信

  • 非常に残念な結果になりましたね。

    今日のような走れない状態であれば、試合にならないことは
    わかっていたと思います。
    本来なら試合前に棄権すべきでしょう。
    どのような考えで試合の出たのか、興味深いところです。
    精密検査をしt

      引用  返信

  • ここまで、欠場も棄権も早期敗退すらなくフルで戦ってきたこと誇りに思います。

    昨日ふくらはぎを気にした時点から、勝敗よりも怪我しないで〜といのりながらみていました。

    深刻でなさそうなのがすくいです。

    ゆっくり回復に努めてほしいです。

      引用  返信

  • 〔追 記〕
    精密検査をして、2日か3日様子を見ないと本当にどのような状態かは
    わからないと思います。
    〔失礼しました〕

      引用  返信

  • フェデラー選手、怪我の情報が漏れてたのではなく、ヤノビッチ戦の錦織選手を見てて小さな異変に気付いたのでは…( ̄◇ ̄;)
    と目を皿にして試合を見るフェデラー選手を想像してしまいました。

      引用  返信

  • フェデラーに心配してもらえる錦織選手って凄いと改めて思いつつ、怪我の程度が軽くてThe Championshipsに無理なく参加出来るように、錦織選手が回復出来るように心から応援しております。筋肉系の怪我だろうから無理はして欲しくないです。でも、錦織選手の活躍を見たい気持ちは強い。対戦相手は関係なく、初戦が1番最後になるドローになる事を祈っております。

      引用  返信

  • 昨日二2ットで終わっていたらと思いますが、結局は今日の試合の後半、もしくわ決勝で原因が疲労なだけにリタイアすることになっていただろうし、もっと酷い状態になっていたかもしれません。なので今日の早期のリタイアは結果的によかったかもと思ったりもします。近頃いいテニスをしていたのにあと一歩結果が期待より下回っていることにモヤモヤしていましたが、今日の試合ををみて元気な姿でプレイしてる錦織選手を観れることがどれほど幸せなことか思い知らされました。最善はウィンブルドンで復帰ですが、ベストなプレイができるようになるまではしっかり休養をとってまた見ている人達をワクワクさせてくれるテニスを魅せてほしいです。
    長文失礼しました。

      引用  返信

  • 主催者側はフェデラー 対 錦織 を期待していたのでしょう!ちょっと丈でも試してくれる様泣き付かれたかも知れない?何かウォームアップからやる気が無いのと、ファースト セット始まりもやる気 0ゼロでしたし、主催者側の取り引きが隠されてましたネ? 余り余計な事を書いたとしたらお詫びシマス!

      引用  返信

  • 確かに昨日の試合が長引いたのはマイナスですが、
    ヤノビッチに勝ったことは大きな意味を持っていると思います。
    昨日リタイヤせずに勝ちきった圭くんに拍手です。

    ランキングも変わらず、むしろポイントは増えましたし、
    結果的に数字だけ見るとなんの問題もないですね。

    ウィンブルドンは無理しないでほしい気もある反面、
    しっかり治して間に合ってほしい。
    なんだかんだで出場する気がしています。
    今年の圭くんはフィジカルが強くなってきているので^^。

      引用  返信

  • 昨日は観ててさすがにつらかったです。
    怪我が軽傷ですぐ直るものだといいな~。
    ウィンブルドンは出るならがっちり応援するし、出られないならしっかり休んで欲しいです。
    過度な期待や悲観をしないようにしつつ待ちたいと思います。

      引用  返信

  • Federerは圭くんと試合をしたかったのかもしれないですね。
    以前圭くんの試合をいいテニスだから観てたみたいなことも言ってましたし。
    Wimbledonの大舞台でそれが実現することを切に願う次第です。

      引用  返信

  • ん~残念ですが、筋肉系の怪我なので、2-3日様子をみればプレーできるかどうか分かるはずですね。こちらも焦らずにじっと待ちたいと思います

    強行出場したのは、大会側の都合より、ファンを大切にするKeiくんの思いからだと思っています。どの大会でも日本人の方がいらっしゃいますし、シゲさんのように、ずっと前からこの日を楽しみにして行く方も大勢いますし… シゲさん、残念でしたが、ロジャー対大先生の試合は楽しまれたのではないのでしょうか( 〃▽〃)

    それから、前スレで中尾トレーナーを批判されるコメントを読みましたが、怪我の直後にトレーナーができることは限られているます、逆に、今年ここまでフル参戦できていたのは、中尾トレーナーの功績が大きいと思うので…

      引用  返信

  • WB初戦まで9日もしくは10日ですかね。微妙な準備期間ですが、昨年のUSオープンの直前まで練習できなかった期間の存在が大躍進に結びついたように、何が幸いするかわかりません。今回の怪我による強制休養がWBでの活躍にむすびつくのではないか、との楽観に賭けています。
    フェデラー、錦織の前の試合をライバルとしてまたテニスファンとして良く見てて気がついたんでしょう。それで情報を集めたのでは。対戦楽しみにしていたんでしょうね。

      引用  返信

  • トン さん、お久しぶりです(^^)/
    錦織選手、今シーズンは出場した全大会で最低でも2勝しています。これは凄いことです!これによって試合過多になっているのも事実ですが・・・(@_@;)
    しかし、こうなると全英での初戦の相手が重要になってきますね~昨年は全仏では初戦が栗山選手で第1セットを逆転で落としてストレートで敗退しましたが、全米では地元WC選手に無難に勝利をあげて調子を上げていきましたが・・・八百万の神様!宜しくお願いします(/・ω・)/

      引用  返信

  • テニスというスポーツは怪我の耐久力をすり減らしながらやるようなものでヤノヴィッツ戦かセッピ戦どのみち時間の問題だったように思えます。ウィンブルドン本番で棄権するようなことが幸いになって欲しい限り。

    それでもチャンコーチになってから段違いに怪我への耐久力がついていますね。

      引用  返信

  • 錦織選手、本当に今季ここまで頑張っていますよね。
    安定した成績を常に残していますし、あとはたまの爆発を楽しみにしたいです。
    ウィンブルドンまでにケガが回復するかは現時点では分かりませんが、
    無理をしてケガを悪化させる姿より、元気いっぱい躍動する錦織選手が見たい。

    チームのみなさん、いろいろよろしくお願いします。

      引用  返信

  • 今日遅ればせながらNUMBER最新号p33の中尾トレーナーの言葉を読み、フィジカル面のサポート体制は、コンディショニングとしてのトレーニングとケガをした時のリハビリ、疲労を取るための治療が中尾さん、強化のトレーニングコーチは別(ロビー・オオハシ?)にいて、互いにコミュニケーションを取っていること、バルセロナで股関節に痛みが出た後にそれが治った理由などが語られていてとても興味深いです。私は怪我の発生確率は今後減って行くだろうなという印象をもちました。強化トレーナーも年間帯同出来ればと素人考えで思ってしまうのですが、管理されることからの心理的ストレスとの兼ね合いとか色々考えての現状選択なのでしょうね。

      引用  返信

  • 他の方も書き込んでいましたが、ロジャーが準決勝を控えているセッピに「圭は試合に出るのか?」と尋ねに来た気遣いと、錦織さん棄権後の会見でセッピの「残念だね。彼の一刻も早い回復を願っています」って錦織さんに向けた言葉に泣きました(T_T)
    ロジャーとセッピって仲が良いみたいですね。ハレの優勝セレモニーは見れませんでしたが、セッピのスピーチにロジャーがすごい笑ってる場面の画像を見ました(映像みたい〜)。2013WBでセッピは錦織さんに対して感じの悪いアクションをしたかの様に言われる方がチラホラいましたが完全に誤解じゃないかと…彼は優しい人だと思いますよ。錦織さんは素敵な先輩達に囲まれて幸せですね。
    http://www.atpworldtour.com/en/news/halle-2015-saturday-federer-seppi-show

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。