クーヨンクラシック(エキシビション)の結果

今週、錦織圭はクーヨンクラシックというエキシビション大会(非公式戦)に参加しています。
先ほどガスケと対戦し、6-7,6-7のスコアで敗れたようです。

エキシビションといえどもどうしてもガスケに勝てませんね~。
でも、スコアは悪くないしやっぱりエキシビションなのでそんなに気にすることはないと思います。

さてこのクーヨン、基本は8人によるトーナメントなのですが、エキシビションということで雨の場合や欠場者が出た場合は変則的な試合オーダーを組みます。

今年は13日が雨で丸一日試合を行うことができませんでしたので、1回戦の勝者4人をスコア(失セット数、失ゲーム数)で1~4位まで順位付けし、1位vs2位で決勝、3位vs4位で3位決定戦を行いました。

1回戦結果
Kei Nishikori (JPN) def. Jordan Thompson (AUS), 6-4,3-6,7-6
Fernando Verdasco (ESP) def. Gilles Simon (FRA), 6-2,7-6
Alexandr Dolgopolov (UKR) def. Filip Krajinovic (SRB), 6-4,6-3
Richard Gasquet (FRA) def. Feliciano Lopez (ESP), 7-6,3-6,6-2

上記結果に基づく1~4位順位付け
1位 ドルゴポロフ 失セット0/失ゲーム7
2位 ベルダスコ 失セット0/失ゲーム8
3位 ガスケ 失セット1/失ゲーム14
4位 錦織 失セット1/失ゲーム16

3位決定戦結果
Richard Gasquet (FRA) def. Kei Nishikori (JPN), 7-6,7-6

ご覧の通り、錦織は1回戦のトンプソン戦をファイナル・タイブレークの辛勝。ガスケ戦はタイブレークを2つ落としての敗戦。

結果はともかく、内容もあまりよろしくなかったようです。
(私は見れていませんが、見た人の感想)

全豪直前の状態としてはいささか心配ではありますが、故障というわけでもなさそうなので単なる調子の問題でしたら、本番はまた別物ですので心配しすぎる必要はないと思います。
本番はどんな試合をしても勝つことが重要ですし、勝っているうちに調子が上がっていくこともよくあります。
昨年の全米準優勝も、大会前は出場すら危ぶまれていました。

というわけであんまり気にしないでいいのではないですかね!
勝ってたら大いに気にしますけどもw

内容については、映像ご覧になった方ぜひ感想を教えてください。
とりあえず1回戦はミスが非常に多かったと聞いております。

35 件のコメント

  • 第1セットのタイブレークのみパソコンで見ることができましたが、ブリスベンや最近の錦織のウィナーや速さが感じられませんでした
    エキシビションだし無理をして勝ちに行くことはしないので、こういう結果になったのかな??
    スマッシュの空振りが印象に残ってます…笑
    錦織は上を向いて「やっちゃった〜」って感じでした(^^;;

      引用  返信

  • 1回戦を見て思ったのですが、トンプソンとの試合、調整でやってるだけで、真剣に試合モードではなかったのだと思います。
    普段は見られない集中の様子、表情に思えました。
    錦織君、結構正直者なので、思ってることが顔に出るんですよね。

    本番は全豪なのでそれはそれでいいのでしょうが、ただ、見ているファンからすればストレス溜まりますね。
    特に、時間とお金をかけて見に来てくれるお客さんがいるのに、調整という位置づけの試合は、お客さんをがっかりさせるだろうなーと。
    スポンサーか何かの関係で、出なきゃいけない試合だったんでしょうか。
    WOWOWもNHKも去年優勝しているから放送組んだのに、これでもし初めてテニス放送を見る人がいて、それがクーヨンでは悲しすぎかも。

      引用  返信

  • 去年の全米以降と比べたら明らかに完成度が違ってましたね
    プレイスタイルからして、ある程度のミスは仕方ないにしても、2セット目の0-40からの2プレイ
    どうしちゃつたんでしようね
    今季のこの大会本人にとって去年とは位置付けがちがうのでは、
    いずれにしても、全大会、全試合全力なんて無料だし、小学4年から、彼の応援してますが、
    全豪からでしょう
    でも、アルマグロ嫌だなあ、ある意味一回戦山なのでは、

      引用  返信

  • ちなみに、息子が彼より一つ下で試合をでよく見かけそれ以来のファンです(*^^*)
    もうドキドキです
    このサイトは手首を痛めてリハビリ中から拝見してます
    たまにコメント指してもらってます

      引用  返信

  • WOWOWで今日のガスケ戦見ましたが、錦織の調整は順調だな、と感じました。
    トンプソン戦ほどではありませんが、結構強い横風が吹く中で、第2セットはそれにもアジャストしていました。自分のサービスゲームを全てストロークのエースでラブゲームキープするゲームもあり、見ている方としては第2セットは楽しく見てられました。
    一方のガスケもサーブの確率もたかく、非常によいテニスをしていたのが印象的でした。
    錦織は、ブレークポイントの前までは非常によいプレーをしていたが、ブレークポイントは比較的消極的な感じでプレーしていたのは真剣勝負というよりはエキシビだから、というのがあったと思います。
    それでも1回くらいブレークしたかったですが、ガスケもブレークポイントはしっかり集中していいプレーしてたのでこういう結果になった、といったように感じました。
    まとめると、両者上々の仕上がり、といったところではないでしょうか?

      引用  返信

  • こんにちは、
    この投稿が不適切なら申し訳ございません。
    今日、1/18にwowowで放送された
    クーヨンクラシック最終日決勝
    ドルゴポロフ×ベルダスコを録画した方は
    いませんでしょうか?
    録画予約を失敗し、見られませんでした。
    すいません、録画してある方探しています。
    どうか宜しくお願い致します。

      引用  返信

  • ラオニッチ戦から思っていたんですが、ラケットが飛びすぎるて合ってないように思うんですが気にし過ぎでしょうか…。前のラケットの方がライン際でしっかり落ちて錦織選手に合ってるように思うのですが…新しいラケット。皆さんはどう思われてますか?

      引用  返信

  • ジョーダン・トンプソンとの試合のときは、フォアが良くないなとか手首のことなど気にして見てしまいました。この時は雨の中断で見るのをやめてしまって結果だけしったわけですが、翌日のトンプソン対ロペスの試合を見てロペスが平常心をなくしてまうほどトンプソンのできが良いと思いました。そのあと前日みそこなった3セット目が録画放送されるのを見て圭くんが特に悪かったわけではないと思いました。ガスケ戦もいろいろ試していただろうし、このあとチャンコーチと本番前の修正や作戦を検討するのだろうなと思ってまあこんなものという感じに受け止めました。全豪を前に各陣営が偵察に来ているのに奥の手を披露するすることもないし。

    ただただ体調万全で本番を迎えられることを願っています。

      引用  返信

  • 団長さんは、観てないのですね・・あ~私の方が聞きたい事いっぱいです。

    圭君は、今日は試合モードになってなかったですよね(^▽^;)エキシビションモードと思いましたが・・

    勝ちに行ってなかったと思います。
    誰かぁー教えて下さいm m

      引用  返信

  • ガスケ戦はまだ観てないのでトンプソン戦を観ての感想ですが、錦織選手は最初からネットに出たりいつもと違うドロップや試合ではしない適当に軽くボレーするなど、実戦では見せない試合運びで色々と試してる印象を持ちました。スコアが競ってきてもいつものグッとギアを上げる場面も無く、試合の時の表情とは違い淡々とゲーム数をこなしていた印象です。確かにブリスベンから比べるとミスは多かったのですが、これぞ錦織というショットもありましたので、本番に向けて気力体力をコントロールしているのではと思いました。
    一方のトンプソンはランキングからは想像出来ない良いプレイで驚きました。特に予測とフットワークが素晴らしくて、錦織選手のウィナー級のリターンを凄い返球してきたり、錦織相手に互角のラリー戦をする場面もあり、守備範囲が広くあまり弱点のない選手だな〜と感心しました。

      引用  返信

  • 何とも言えず、微妙なんですよね、今日の錦織は。いつもなら、食らいついている相手のサーブやショットを追わずに得点される場面が多かったです。1セット目は、苦々しい表情も多くて、サーブもストロークもミス多発でした。2セット目の途中から、良いサーブが入り始め、ショットも正確になってきました。でも、やっぱり、チャンスという場面でもあんまりボールを追わないんですよ。
    調整試合のために無理しないのか、それとも、テーピングが巻かれた手首のせいなのか、最後まで分からなくて、もやもやしっ放しです、今も。

      引用  返信

  • 二つ下?のスレッドに私も含め、皆さん感想を書いていますが、かなり気を抜いた感じの試合運びでした。相変わらず風も強かったのでそのせいもあったのかもしれませんが、スマッシュ空振りも含めエラーでアウとやネットが多かったです。サーブはまあまあでしたが、普段なら返していただろうとおもうようなボールもいくつか見送っていましたし、2セット目の最後のほうで、錦織から見て5-4でガスケのサービスゲームで0-40でセットポイントを握ったにも関わらず明らかに決めにいかず、見送った感じのポイントが続き結局キープをゆるし、タイブレを落として負けました。

    昨日のイズナーじゃないですが(フルセットになった時に、審判にスーパータイブレにしない?と提案して却下されてました)、フルセットにしたくなかったのでほどほどにやって早く試合を終えようと思ったのかな?と思いました。

    連覇の可能性が消えた時点で、本気でやらないつもりだったのかもしれませんね。
    と、これはあくまでも試合を見た私個人の感想です。

    でもタイブレまで持っていけるなら勝っとこうよ、と思いましたけど。

      引用  返信

  • 今日はインスピの試合出て、今対ガスケ戦みました  圭はうまく調整にこの大会使ってると思います
    明らかにトーナメントと違い玉への入り方ルーズ(チョイ緩慢に)に入ってます 2セット目後半は明らかにタイブレークに持って行ったような感じでした。 まったく心配ないと思います。(当然ガスケもガチンコではないでしょう) 最近の圭は玉への入りのスピードが俄然早くなってます。全開で披露するのは全豪第2週目でOKでしょう!!  がんばれ圭!!!

      引用  返信

  • いつも見るのは真剣勝負かショー(?)なので、エキジビモードの試合は慣れませんね(^^;
    今日もらしくないミスは多かったけど、結局サービスは1ゲームも落としてないし、0ー40のゲームも明らかに取りに行ってなかったし、試合とは別物なのかなと。
    逆を取られてウィナーを奪われるのが多かったように思いましたが、ものすごいキレのショットも打ってたし、今日はあそこまででいいと思っていたのかも。
    エキジビでも勝ちに行けというチャンコーチの言葉があるので、怒られるんじゃ…なんて思いましたがw最初からGSの2週目にフォーカスを当てる立場になり、無理は避けたという印象です。
    とはいえ、それでもあっさり勝ってほしかったのが本音ですが。

    なんだかもやもやするプレイぶりでしたが、本気出したらこんなもんじゃないはず。
    これが本番でどう豹変するのか、今は興味津々です!

      引用  返信

  • 調子悪くなかったと思いますよー。
    オーラ全くなかったので、試合モードになってないだけと感じました。
    ラケットもまだまだ使い始めなのでこれからかなーと思いますし、トンプソン戦を観たストリンガーの細谷さんが、あれはテンションが合ってないからとTwitterでつぶやいていました!

    照準は、全豪なので全く問題ないとおもいます!

      引用  返信

  • 私は1セットを落とした時点で、負けることにしたのかな?と。
    ただ、ブレイクだけはされないようにサーピスゲームは、きっちりキープすることを課題とし、チャンスがあればリターンゲームはBPまでのプロセスを確認している…そんな感じのプレイだったかなと。
    因って2セット目もTBまで持っていき終わらせる(負ける)
    そんなシナリオを作っていたのかなぁ。

    ただエキシビでも勝ちに行け(勿論エキシビと本番では戦い方が違うのは解ってますが)とチャンコーチは、言っていたと思ったので、しかも連敗の相手に、そんな試合をするのかなぁとモヤモヤな試合でした。

    それより、私はブレスベンからサーピスゲームは、安定してきたのは間違いないとは思うんですが、得意のリターンゲームの進化が余り感じられないと思うんです。

    全豪では、そんなの杞憂に終わって欲しいと思ってますし、きっとちゃんと調整してきてくれると信じていますが!!

      引用  返信

  • ページを更新しなかった為二つぐらい古いスレッドに書き込んでしまいましたので、コピペさせて頂きます。(二度書き込むほど大した内容でないのに申し訳ありません)

    メル
    2015/01/16 11:18pm
    返信 引用
    今日諦めていたクラウンのイベントに奇跡的に参加する事が出来ました。
    残念ながら今時間がないので少しだけ印象に残った事を報告させて頂くと、フェレール
    と当たることについて日本人記者に聞かれた際、まだドロー見てないので…まだ一回戦の相手しか知らないので。と言ってました。一回戦の相手についてはシードいてもおかしくない強敵なのでタフな試合になるだろう、と話してました。
    錦織選手の表情は終始穏やかで、悩んでるような(US OPEN前のような)表情もなく、疲れてるのに(あくびしてました)永遠に続くんじゃなかろうかというくらい長い列のサインを求めるファンに応じてくれました。

    クーヨンはかなり暑かったです。日差しもとても厳しく…なのであの錦織選手のお茶目なスマッシュ空振りも太陽のせいかと…笑
    体力消耗を避けるために 2セットで終了 の選択をしたのだと解釈しました。全豪を見据えた賢明な判断だと感じました。
    素人でも分かるくらい練習時の方がバシバシとしばいてました。

    乱文申し訳ありません。またクラウンのイベントについては後ほど投稿させて頂きます。

      引用  返信

  • 何年前かも忘れてしまいましたが、テニスツアーがより過酷になった理由についての記事を読みました。一つは言うまでもなくベスト18システムによる参戦義務の多さです。そして、もう一つが「インターネットの発達」でした。
    と言うのも現在ではツアーは勿論ですがCHも、へたするとFUまでも映像でLive観戦できてしまうのが原因だということでした。
    確かに私の若い頃は国内の大会と四大大会の上位ラウンドぐらいしか映像を見ることができませんでした。それは世界各地でも同様の状況だったと思います。
    GSタイトルを狙えるような上位選手にとっては四大大会(なかでも自分の得意サーフェイス)と母国、メインスポンサーの協賛大会以外は あくまでも前哨戦、調整の大会であって無理はしない、身体に不調があれば棄権の判断も現在よりも安易に行われていました。
    ところがインターネットの発達により状況は大きく変わりました。本来なら映像で見られるはずのなかった大会でも簡単に見られるようになって、下手に手を抜いた(無理しなかった)試合、棄権をしようものならば、人気に影響がでるのも当然ですが、スポンサー離れも招きかねない事態になる恐れがでてきたのです。
    以前はクレーシーズンに突入する等のサーフェイスの移行序盤の時期では大物選手が番狂わせにあっても「まだ調整段階だから気にしない」とか「サーフェイスが変わったばかりで数試合できて良い調整が出来、満足だ」みたいな発言は当たりまえにありました。が、それが許されなくなってしまい常に緊張状態に置かれてしまったそうですね。
    今回のクーヨンもそうですが、GSの前週のエキシビション大会というのは「練習時間、コートの確保」が最大の目的で参加しています。下手に会場入りすると多くの選手が集まるGSではコートの確保も思うようにはいきません。あくまでも練習の一環としてのもので、故障があれば無理はしませんし、短時間、長時間で決着するような試合は避けたいでしょうね~
    まぁ、今回のようにエキシビション大会までもTVで放送されたが為に「錦織選手は大丈夫か?」みたいな話題が盛り上がったのでしょうが(私も知人から聞かれました)、我々のようなテニスをよく知る人間が大会の位置付けとかの説明も微力ながらも必要かもしれませんね(^^)/

    PS プロとして、その競技で稼いでいる以上は常に全力を尽くすのは大事だと思います。昔は無気力試合?とか、理由も不明確な棄権が話題にのぼるのもみられましたが、現在は少なくなりました。インターネットの発達は功罪、両面あると思いますm(__)m

      引用  返信

  • 圭はアジアカップの日本戦を見に行きたかったんぢゃないかなw

      引用  返信

  • メルさん、現地情報ありがとうございます!
    「練習時の方がバシバシとしばいてました。」とのご感想に一安心です。

      引用  返信

  • ラケットの適合性って個人的には微妙な気がするんですよね、道具に問題があるとすれば新ラケとガットテンションの調整が出来上がってないとかじゃないですかね。
    前のラケットも変えたばかりの頃に不調でラケットのせいにされてましたし(確かその頃にガスケにtop10入り阻まれてたような)、結局そのモデルで5位にまで駆け上がってますし・・。どのみち前のモデルに戻すにしても、多分デザインは現行のもの使うでしょうから判別付かなそうです。

      引用  返信

  • メルさん
    現地報告ありがとうございます!
    練習でビシバシというところにとても安心しました。
    KooyongClassicのツイッターの試合後の会見で手首をさすってるように見えたのでちょっと心配してるんですが、手首は大丈夫そうかな?何しろサーブにあまり威力がなさそうなので…

    いちにのさん
    サッカーは昨日はブリスベンだったと思います。20日がメルボルンじゃないかな?もう決勝T決めたんですよね、ということはちょっと消化試合っぽくなりますね。
    公式のツイで、ボトムが月曜と発表があったので、圭君の試合もトップハーフなので、火曜日になりそうです かぶりますね

      引用  返信

  • はじめて書き込みさせていただきます。
    いつもこのサイトの情報量や皆様の見解、非常に楽しく見させていただいております。

    クーヨンを見ていて思ったんですが、錦織選手のバックハンド、変わりました?気になったのが、左手を放すようフォーロースルー。あんな打ち方してましたっけ?
    あまり印象になくて…

    どなたかご存じの方や同じ印象を持たれた方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。

      引用  返信

  • たぬきちさん。自分も久しぶりの投稿ですが参考までに。
    バックハンドの時に左手を離してしまうようなフォロースルーですが、いつかのフェレールのインタビューですが「意識していないけど、毎回はなっていないよ。早くレディポジションに入りたいからなのかな」のようなコメントがありましたので、無意識のうちにやってしまうのかもしれませんね

      引用  返信

  • やっと録画を観終わりました。みなさんおっしゃる通り、1st.セットはミスが多くて落とし、2nd.セットは勝ちに行かなかったという印象ですが、個人的にはエキシビと思って観ていたので楽しめました。

    サービスゲームを早い攻めで取ることを意識して取り組んでいるのを感じました。後半はネットダッシュも多かったです。パスの上手いガスケに対してよく攻めていたと思います。

    チャンコーチの言うところの「相手に自信をつけさせる」ような内容ではないですよ。勝てなかった時代とは違い、地力が既に上なのは感じましたね。ガスケだって感じたはず。

    ラケットのことを心配する向きも多いようですが、さらなる進化に必要だと考えて変えたこと。もう少し見守りたいと思います。

    本番に期待しましょう。

      引用  返信

  • 錦織選手のエキシビについて様々な意見があるので、自分も述べさせて頂きます。

    私の見解はそんなに気にすることはない、です。

    錦織選手は天才です。彼には彼なりのペースがあり、今回のエキシビは力を入れる場所では無かったのでしょう。

    彼のトリッキーなショットは普段は決まっているからカッコよく見えますが、ミスをした時には適当にやっているようにも見えます笑 例えば振り切るドロップショットも決まればおおっ!となりますが、ミスならばなんだあの適当な打ち方は!と非難されると思うのです。

    結果が出ずに一番歯がゆい思いをしているのは錦織選手自身のはずです。私たちはどっしり構えて、応援するだけです!

    ただ、色々な意見がある分には良いと思います!ラケットの是非についても、まだ変えたばかりなので結果を急ぎ過ぎることはないと思いますが、その性能については私も知りたいです笑

    長文失礼しましたm(_ _)m

      引用  返信

  • メルさん

    イベント参加できてよかったですね!
    あくびしてたとか、練習の時にバシバシしばいてたとか、情景が目に浮かんくるようです。
    いつもありがとうございます。
    またお時間ありましたら、イベントの様子などよろしくお願いします。

      引用  返信

  • ebicci さん、遠藤選手の国際Aマッチ出場150試合の記念の胴上げでした。かなり素晴らしい記録です。
    ヨルダン戦は20日の夜なので、錦織選手が昼間の試合ならば夜はヨルダン戦の観戦に行くかもしれませんね・・・トラブルとかに気をつけてほしいですがm(__)m

      引用  返信

  • 昨晩、やっと録画を見ました。

    全然心配する必要ないと思います。

    1セット目は、最後のキメのショットの精度が悪く、また、ガスケもBPでエースを決めるなどしたので、取りきれなかった感じです。

    2セット目は、勝つのをあきらめて、ここという時のショット練習に徹していたと思います。

    キメのショットの精度がどんどんあがってきて、最後はため息スーパーショットのオンパレードでした!d=(^o^)=b

    最終セットに行きたくない感が満載で、2008年のフェレール戦のように、WSOだったと思います(((^_^;)

    だって、届くボールを追いかけず、リターンは空振り、ですもん♪

    皆さん、このポイントは取るぞ!と圭が思った時は、素晴らしいショットが決まっていたので、大丈夫ですよ~!(⌒0⌒)/~~

      引用  返信

  • こぉさんや白碕さんに同感です。
    私もエキシビモードで観ていたので、いつもと違う緩い感じが新鮮で楽しめました。
    一試合の中でも全球全力は無理だし無意味なのと同じで、試合自体にも本気モードかそうすべきでないかを熟知していると、改めて錦織選手の偉大さを確信しました。大きな大会ではきっちりと結果を出すジョコの様に。
    結果的には敗れたけど、チャンコーチも今回は怒らない気がします。昨年と今の錦織選手では、ランキングもテニスも違いますから。
    皆さん‼全豪に期待して全力応援しましょう‼( ̄^ ̄)ゞ

      引用  返信

  • 下団さん
    下団さんの説明が一番分かりやすく、しっくりきました。
    やはり、「エキシビモード」というのがあるんですね。
    私はテニスを本格的に見始めてからまだ長くないので、こういう試合を見たのは初めてでした。
    テレビで中継するような試合なのに…と思っていましたが、ほかの皆さんのご意見も含め、杞憂のようですから、安心しました。
    そういう調整の仕方もあるのだということですよね。
    凄いショットは何度も見せてくれたし、勝てないガスケにも、正直今回は負けた気がしなかった。
    本気の圭君なら勝っただろうと思わせる内容でしたし、どこも痛めていなくて、クーヨンに出たばっかりに疲れてしまったということではないのならば、問題ないんですね。
    このサイトでいろいろ勉強させていただいて、感謝です。
    特にネット環境の配信のくだり、なるほどと思わされました。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。