錦織圭、3連覇の偉業達成!!!(2015メンフィス決勝)

2015 Memphis (ATP250)
Final
Kei Nishikori[1] def. Kevin Anderson[2], 6-4,6-4

第1シードと第2シードの対戦となった決勝戦は、接戦が予想されましたが錦織のストレート勝利となり、大会3連覇の偉業を達成です!!!

アンダーソンが決して悪いプレーをしたわけではないのですが、終始錦織ペースで試合が進みましたね。
錦織の状態も昨日よりも良さそうに見えました。

こうして見ると昨日のクエリーはディフェンス力も良かったなと改めて思いました。
アンダーソンはフットワークを強化してランキングを上げてきたとの解説がありましたが、錦織の強打に足がばたつく場面も見られましたね。

ただ、サーブはさすがです。
今日は錦織のリターンの集中力が、上げたいときにきちんと上がっていたのでブレイクできました。

これで大会3連覇だけでなく、4年連続のツアー優勝も達成です。通算では8勝目。
大きな怪我がなければキャリア通算20勝は行けるでしょう。え?少ない?30勝くらい行けるんじゃないかですって?

男子プロテニス協会 – Wikipedia

このリンク先の下の方に通算優勝回数のランキングが載っていますが、30勝以上はみんな錚々たるメンバー、レジェンドクラスですね。
1位経験者やグランドスラム優勝者ばかりですね。30勝は並大抵なことではないです。

グランドスラム優勝の期待がかかる錦織ですが、現状ではまだ4強+バブリンカの直下くらいの実力として良いでしょう。バブリンカは波のある選手ですが、グランドスラムで実績を持ってますからね。
20勝到達までも毎年3勝で4年、2勝なら6年かかります。簡単ではありませんね。
まあ、そんな皮算用をしてたらしかられちゃいますかね・・・。まずは今年1年フルに活躍することですよね。

錦織はまだ成長を続けていますから期待もあります。グランドスラムベスト8、ベスト4の常連となってくれば優勝のチャンスもあるでしょうし、30勝も視野に入ってくることでしょう。

ちなみに現役選手で20勝を超えているのは上記リンク記載の5人(フェデラー、ナダル、ジョコビッチ、マレー、ヒューイット)の他にはフェレール(22勝)のみです。

以下、デルポトロ(18勝)、ハース(15勝)、チリッチ(13勝)、アルマグロ(12勝)、ロブレド(12勝)と続きます。

チャン師匠が34勝してるのはさすがレジェンドですね・・・。

話がそれましたが、素晴らしい大会になりましたね。
獲得したポイントは250点だし、昨年も優勝しているので加点もありませんが、ポイント以上の大きな意味を持つ大会だったと思います。
トレーニングで追い込みつつも優勝し、故障もなかった(痛みは各所にあるみたいですが)ことからもフィジカルもアップしている様子が推測されます。
この調子でアカプルコ、デ杯での活躍も期待しましょう!

179 件のコメント

  • SHOGOさん HIPPOさん
    あの絵の話題の度に今一度みるのですが
    さすが世界のKEIのすばらしい作品ですね! 凡人には…
    私もしまちゃんさんと同様、あまりにもかわいすぎていじらずにおれないんです。
    あのジャガー、ぜひスタンプで使いたいぐらいです。

      引用  返信

  • MIYAさん いちにのさん
    記事へのリンク、ありがとうございました。
    なんだか胸がじ~んとしました。。。

      引用  返信

  • yukaさん

    世界のKEIの絵ですよ。

    やはり、プロが見ないとわからないのです。

    犬やネコにも見えるかもしれませんが、、、(^-^)/(^o^)/

      引用  返信

  • カムイ さん、その面子で実現したら最高ですね~見てみたい(^^)/

    いちにの さん、最高ですね~内田氏の記事、本にして出版してほしいですね!保存用とで最低2冊は買ってしまいそうです(*´▽`*)

    MIYA さん、ありがとうございますm(__)mプロのライターさんに記事にしていただくと 改めて錦織選手の成し遂げたことの凄さを実感できますね~

      引用  返信

  • いちにのさん、リンクありがとうございます。ホント、内田さんの記事、本にして欲しいですよね(≧∇≦)そして、早く写真集も見たいよ〜*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

    圭くんの活躍で、空前の盛り上がりを見せている男子テニス界。以前は伊達さんを始め沢山の女子選手が活躍し、紙面を賑わせて来ました。かくいう私も、伊達さんの活躍でテニスを始めた一人。

    「錦織フィーバーの一方で沈む女子テニスの現状――日本テニス界に起きている男高女低現象」
    http://thepage.jp/detail/20150217-00000001-wordleafs
    4月にはフェドカップのプレーオフが控えている女子テニス界。この戦いを勝ち切って私も日本女子テニス界の光を見たい一人です。

      引用  返信

  • 私の方こそ遅レスになってしまいすみません。

    はんなりさん、MIYAさん。

    あれって、陣営じゃなくて観客でした?

    思い込みが激しく、てっきり陣営にかと思ってました。

    わたしも、確認してみます!

      引用  返信

  • 三連覇、おめでとうございます!
    圭くんの昔のブログに、高校のときの作品で、うさぎさんが月で餅つきをしてる絵がありました。
    色使いがとてもきれいで、ピアノもひけて、絵も上手なんだなと感心したのですが。
    いつ頃のかは覚えてないです。
    小さなボールに絵を描くのは、かなり難しいと思いますよ。

      引用  返信

  • インドCHの1R 杉田選手 7-5、3-6でファイナルセット突入 頑張れ~!
    デルレイビーチの西岡選手 VS サイスリング選手 は明日の朝3時頃からですかね~相手は今週 ランクを大きく下げて133位ですが、これまで長年に渡って二桁ランクにい続けた強豪です。手強いですが、ツアー本選初勝利を目指して 頑張れ~!

      引用  返信

  • korifunさん、陣営ですね(^^)
    仕合後の写真の服装から、
    中尾トレーナー→チャンコーチ→ダンテコーチ→空振りオリバーさんwで確定かと。

    内田さんの記事は、感動して涙が出ました(T_T)

      引用  返信

  • インドCH 1R 杉田選手、負けてもた(T_T)
    来週の京都CHは昨年1Rで敗退していますし、上位進出して復調の切欠をつかんでほしいですね。

      引用  返信

  • いちにのさん
    内田さんの記事の紹介ありがとうございます。
    記事を読んだだけで、こんなにも幸せな気分になれたのは初めてかもしれません。それだけ、質の高い、読み手の期待を裏切らない文章でした。

      引用  返信

  • 杉田選手 、負けちゃいましたね…ブログやFBがあまり更新されないので、ファンの方のブログをとこどき覗くのですが、先週の日本リーグでは調子が良かったようなので、密かに優勝期待していました…浮上するきっかけがあると良いな。

    MIYAさんがアップしてくれた記事を読んで、もう一度決勝を見かえしました。坂井さんが何度も「試合とトレーニングを並行して行い、追い込んでいる。それは、先の戦いを見越しているため」と解説されてました。その証拠に、圭くんは勿論、チャンコーチも目の下にクッキリとクマができている。そして、ダンテコーチの手は、テーピングだらけ。今シーズンのチームKの本気度がわかる試合でした。坂本さんがおっしゃっていた言葉で印象的だったのが「チャンコーチは、圭を3位に連れて行く」。この言葉に、チームKの強い決意と意思を感じました。私は応援することしかできないけど、ほんの少しでも圭くんの力になれたら嬉しいです。
    長文、失礼しましたm(_ _)m

      引用  返信

  • @bucchi さん

    山口さんの記事紹介、ありがとうございます。今回のこの人に記事には感じ入りました。
    相乗効果の恩恵を受けているだろうと誤解をしていた女子テニス界の実情を新たに認識すると共に、私ももっと女子テニスに興味をもたなくちゃいけないと思いました。

      引用  返信

  • bucciさん、記事紹介ありがとうございました。
    「チャンコーチは、圭を3位に連れて行く」もう目の前まで来ているのですね。
    チームKの本気は現実になりそう。

    2年くらい前にwowowでナダル選手のドキュメンタリーを放送していたのですが、
    ナダル選手もすごい練習、トレーニングを繰り返していました。
    そのなかで、ナダルは「練習の1球1球ごとに全力を出してきた。」

    「だから、試合中に特別な努力をしなくても自然と全力を発揮することができる」
    と言っていたのです。
    そのドキュメンタリーにはチャンコーチの名言同様に、トニコーチの名言も
    たくさんありました。
    それを見てから、ナダル選手の大ファンに
    なってしまいました。今は調子を落としていますがナダル選手も
    かならず復活してくるでしょう。圭と同じくらい応援してます。

    HDDに録画していたのですが故障で消えてしまいました。
    再放送してくれないかなー。
    ナダル選手のドキュメンタリー観た方いらっしゃいますでしょうか?

      引用  返信

  • @SHOGO さん

    それって、WOWOWのノンフィクションWでしょうか?初回放送は2010年だったと思いますが、その後再放送したのかな?ナダルのフェデラーやテニスに対する想い、そしてテニスはゲーム、人生の方が重要とキッパリ言い切る彼の姿は意外でした。海外制作かと思ったら、WOWOWが製作したと聞いて驚いた覚えがあります(賞を取りましたよね)。うん、また観たいですね。再放送して欲しいなぁ〜(≧∇≦)

      引用  返信

  • 今さらながらですが、錦織選手3連覇&ブログ7周年おめでとうございます。

    そして、SHOGOさん、私もその番組見ました。
    たしかナダルが弱点であるサービスを改善するため黙々とサービス練習に励んでいたり、とあるビルの中に自分専用のトレーニングルームを持っていて、そこでトレーニングしていたりといった内容でしたよね。
    私もあの番組を見て、ナダルの強さの源が少しわかった気がしました。よい番組でしたね。

    同じノンフィクションWでジョコビッチを取り上げた番組も見ました。こちらも、ジョコビッチの幼少期、テニスを始めたきっかけのエピソードから取り上げていて、なかなか興味深かったのを覚えています。

    実は当時はテニスを再開したばかりで圭とフェデラーぐらいしか興味がなかったので、ナダルとジョコビッチのことをよく知るいい機会になりました。

      引用  返信

  • テーマ違いですが、おめでた続きということで。杉山愛ちゃんの妊娠のニュースに、ひっそり感激していました! 発表のタイミングといい。
    20年以上前と思いますが、隣のコートで、当時高校に入ったかぐらいの時期の愛ちゃんが、1時間近く、ひたすらドライブボレーだけの練習をしていて。女子でこういう練習をする高校生、驚いたの覚えています。
    彼女の性格の良さ、育ちの良さがにじみ出ていて、ほんと日本人に愛される人だと思います。
    当時の神奈川県、テニスのレベルがすごく高くて、少し上にマスケンさん初め相工大付の三羽烏、神尾米さん、坂井利彰、杉山愛、、今のテニス論客、神奈川県勢ばかりやなあ。。 修造さんも真面目にやってれば塾高に残ったはずの、幻の神奈川県勢。
    まあ、だから何?って話ですが。

      引用  返信

  • SHOGOさん
    私もナダルのノンフィクションW観ました
    汗を滴らせ本当に黙々と練習を繰り返していましたね
    そして故郷での家族や友人達との時間を大切にしている姿も印象的でした
    言いたい事が言えなくならないようにトニコーチは無償でコーチをしているとも紹介されていませんでしたっけ

    ジョコやマレーの特集もありましたよね
    マレーの回もとても心に残っています
    かなりハードなトレーニングをこなすことやトレーニングのあとにアイスバスに入る様子も映ってました

    また 故郷での悲しい事件のことを詳しく知り 彼のどことなく憂いを帯びた表情にそれを重ねてしまいました
    でも恋人のキムや愛犬との素朴な日常が微笑ましく 妙にホッとしたのを覚えています

    選手の知られざる一面を知ることが出来るいい番組でした
    また再放送あるといいですよね

      引用  返信

  • Kei Nishikori ‏@keinishikori · 1時間1時間前
    Shooting a commercial today for @jaccsmiratane at the @LongboatKeyClub

    圭くん、CM撮り大忙しですね。ユニクロ、アサヒ、ジャックス。試合がない時でも圭くんの姿が見れるのは嬉しい(((^▽^)))

    WilsonもCM打つのかな???これもすべてCGなしだったりして(^^;;
    https://www.youtube.com/watch?v=7gBUAsGzUQM#t=10

      引用  返信

  • bucchiさん、ぐうさん、ありがとうございます。
    そうでしたノンフィクションWでしたね。
    たしか2012年に再放送したんでした。

    とても、いい内容で、ちょっと感動したのです。

    確か2009年の全豪だったと思うのですが、ナダルが準決勝で5時間以上のフルセットを戦い、
    ジョコビッチとの決勝の3時間前に、疲れ果て、トニコーチに、
    「もうできない、戦えない」試合を棄権すると言ったらしいのです。
    トニコーチは
    「もうできないと言うのは簡単。でも誰だって、そこからもう少し頑張る事が出来る。
    常に限界と思っているところからさらに、もう少しの力が出るものだ。」
    と言って、説得したというのを聞いてびっくりしたのです。
    そして、その大会、見事に優勝しているんですよね。

    とにかく素晴らしい内容でした。
    圭とナダルはreturnerでテニスが一番、近い気がします。
    あと一歩で、超えることができるところまで来たのは
    夢の世界ですね。このブログのみなさんの情報に
    助けられていますので、全力で応援していきたいです。

      引用  返信

  • 西岡選手が勝ちましたね。
    ツアー初勝利おめでとうございます。
    舞台がデルベイだけに、期待せずにいられませんね。
    今日はライスコ観戦してましたが、GAORAが緊急放送してくれる所まで頑張って欲しいと思うのはワガママですかね。

      引用  返信

  • トムさん、西岡君情報ありがとうございました。Delrayで予選を勝ち上がっての一勝、運命的なものを感じます(((≧▽≦)))今日はイズナーの試合がないので、次戦は木曜のようです。因みにクエリーは、圭くんとの試合で消耗したのか?1Rでリタイヤしていました・・・西岡君、一緒に写ってるのはコキナシスかな?

    YOSHIHITO NISHIOKA ‏@yoshihitotennis · 38分3分前
    ATP TOUR初一回戦突破です!自分のプレーしっかりできていい試合でした
    予選の時よりも調子も上がっています
    明日は多分試合がないので予選からの疲れを取りたいとおもいます
    写真は今日一回戦勝った他の10代の選手と一緒に撮ったやつです

      引用  返信

  • 連投スミマセン。いつの間にか、イズナーの試合が追加されてた・・・本日10時位からのようです。

    Kei Nishikori ‏@keinishikori · 8 時間8 時間前
    Fun to be back here….http://youtu.be/R75P7Ya2YWA @jaccsmiratane #JACCScommercial
    怪我明けのCH優勝の映像(Sarasota CH)。FBもジャックスのCM風景アップしてくれてます。リフレッシュできてそうだな~(^▽^)

      引用  返信

  • 挟まれていた「モグ」が気になって調べてしまいました。
    ファイナルファンタジーの「モーグリ」というキャラクタ―のマスコットのようですね〜
    非常におとなしい性格だそうです(笑)

      引用  返信

  • はんなりさん、ありがとうございます。

    コマ送りで確認してみましたが、最初が中尾トレーナーだと確認できましたが、あとは不明。

    写真がありましたか、やっぱりオリバーさんだったんですね、気の毒でした。_(^^;)ゞ

    他愛ない事に付き合って頂きありがとうございました!✌

    西岡くんの本戦1勝は、凄いですね!
    頑張って欲しい、本当に!

      引用  返信

  • りりさん、挟まれていた「モグ」の情報ありがとうございます。
    どんなキャラクターか興味津々で、私もググってみました~
    画像で見るとかわいいですね。最初、ブタかと思ったんですが
    元々は「モグラとコウモリの合いの子」らしいですね。
    ↓↓↓
    モーグリ
    体は白く、背中に小さな羽根をもち、頭に赤い(黄色いこともある)ポンポンがある生物。
    http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%AA

      引用  返信

  • yukaさん、私は最初、ウシかと・・・(-.-)
    楽天で、おそらく同じマスコットを見かけて危うく買いそうになりました(笑)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。