2015メンフィス準決勝 クエリー戦 試合内容レビュー

試合内容のレビューはこちらに書くことにします。

クエリーの出来は非常に良かったと思います。坂本正秀さんは「20位以内のテニス」とおっしゃっていました。
ビッグサービスは前からですが、ストロークも大砲のような球が厳しいコースに決まっていました。
パワーはあるけどコースはそれほど厳しくないという印象を持っていましたが、今日のクエリーはプレースメントも良かったですね。
特にバックハンドの早めのストレートには苦戦しました(セカンドサーブの打ち込み含む)。
錦織を研究して臨んでくる選手はみんなこのコースを早めに打ってきます。
逆に錦織を見てると「お願いだからバックのストレートを打って・・・」と思うことがあります。
最近に限った話ではないので、あまり得意じゃないのかと思ってしまうのですが皆さんはどう思われますか?

試合の流れとしてはビッグサーブに対してブレイクチャンスがなかなか来ない中(この展開最近非常に多いですね)、先にミスが出てファーストセットを落とす流れ。

セカンドセットも我慢、我慢でタイブレークまで行きましたが疲労が溜まっている様子がありありと見られ、これは仮にタイブレークを落としても仕方ない、やることはやった、と思えました。

タイブレークはクエリーがミニブレイクをさせてくれず1本のミスも許されない中、錦織もなんと全キープ。わずか1本のチャンスをものにしてセットを取って勝負強さを見せつけましたね。

これも「我慢」の賜物です。勝利に近道はなく、強い選手に勝つためには1本1本を大事に、落ちないように、崩れないようにできることを地道に行う必要があります。
ファイナルセットで先にブレイクを許し、普通なら完全に負けの流れでしたが、第6ゲームでブレイクバックできたのはそのように地道に我慢を重ねたプレーを貫いたから。リードしてもクエリーにはまだ錦織のプレーからくるプレッシャーが掛かっていたということだと思います。

準々決勝クライチェク戦は「どうやって勝ったかわからない」と錦織は言いましたが、今日の試合こそどうやって勝ったか分からない感じではないでしょうか?まさに「人事を尽くして天命を待った」試合だったと思います。

負けていたとしても今日の戦いは見どころがあったので賞賛するつもりでしたが、勝ってしまったのですから本当に文句のつけようがない。
鼻血を出すのはぐっとこらえましたが、「準鼻血試合」と言っていい価値のある1勝でした。

明日、アンダーソンとの対戦は体調を考えたら厳しいところですが、勝って「またひとつ壁を超えて」ほしいですね。

11 件のコメント

  • 旅先でしたので、オンデマンドをたまに覗きながらという観戦でしたが、ま、表情から「今日はさすがに勝つのは厳しいかな」と思っていました。
    マッポを凌がれて、「これで負けちゃったら、みんな厳しいだろうなぁ」なんて心配もしたりして。

    それでも最終セットタイブレで追い付き追い越しまさかの勝利。苦笑

    本当に本当に強くなりましたね。錦織選手が我々ファンにもたらすカタルシスに病み付きです笑

      引用  返信

  • 準鼻血、その通りでした。

    我慢に我慢の試合運びは、観てるこちら側、鼻が充血、目頭が熱くなりました!

    明朝の試合、歓喜で締めたいところも、結果は天命ですね!

      引用  返信

  • 本当に、“今日はきびしいか”と、何度思ったことでしょう(((^_^;)
    “クエリーも最高のテニスしてるし、今日はプレーが落ちてこないし、しゃーないかも”と、
    自分への言い訳も考えましたよ!(;>_<;)
    私達のメンタルも鍛えられる試合でしたね~σ(≧ω≦*)

    とびっきりの負けず嫌い、錦織圭に乾杯!!!(*^o^)/\(^-^*)
    圭と同じ時代、同じ空気を共有できて、本当に、本当に幸せです~!!!(σ≧▽≦)σ

    泣いても笑っても、試合は明日で終わりですもの、
    圭、悔いの残らないようすべてを出しきってくれ~O(≧∇≦)O

      引用  返信

  • 今大会は単純に、調子悪いですね、、というか、テニスそのものの調子にはさほどこだわってないのかも。
    照準はやっぱり、3月でしょうか。。。
    年間ずっとベストのテニス出来る人はいないのですから。上がったり下がったりがある、という前提のなか、確かにメンフィスは下がってもいい大会なんでしょう。
    それでも勝つというのがほんますごい、なんか、うまれもっての勝負師。

      引用  返信

  • 勝利の瞬間、アップになったダンテコーチの指に何か所もテーピングが巻いてありました。
    コーチがテーピングするほどの練習ってどんだけなんでしょう??
    体に気を付けて頑張ってもらいたい。

      引用  返信

  • @Kazu@JPN さん
    わたしも、あかぎれ?と思うほどのバンドエイド、いやテーピング、ビックリしました…(°_°)
    明日はホントに楽しんで欲しい。でも、心臓に悪いからコリップやめて(>_<)

      引用  返信

  • あれは、「爪噛みして怪我した」のではなく、、

    「貴方!!爪噛みはダメよ!」と奥様に、「噛み防止」
    のテーピングされたのでしょう(笑)。子供か!(笑)。

    いえ、いえ、本当は圭君との厳しい訓練でできたコーチ
    の勲章ですね(^^)。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。