理想的な試合運びで準々決勝進出!(2015モントリオール3回戦)

2015 Montreal (Masters 1000)
3rd Round
Kei Nishikori[4] def. David Goffin[13], 6-4,6-4

今日もストレート勝ちできて良かったです。
2ndセットは錦織もゴファンも少し疲れがあったか?と思いましたがまだ問題ではないでしょう。
明らかにこの試合だけでなくて大会終盤、もっと言えばこの大会だけでなくて全米を見据えての試合内容でした。

すなわち、なるべくエネルギーをかけずショートラリーで取りに行くこと。
全てのゲームを何がなんでも取りに行くというより、キープを絶対条件としてチャンスにギアを上げること。

「ギアを上げる」には二種類あると思っています。
一つ目は競った展開になる中でデータが揃ってきたり、体が動くようになってきたり、感覚が研ぎ澄まされたりして勝負所で良いプレーをすること。
ただしこれをやるためには上記のように「条件が整う」必要があります。
ですので、いつでも好きなことに実行可能というわけにはいきません。

もう1つは意図的に力をセーブして、チャンスに集中的にエネルギーをかけて取るやり方。
今日の錦織がこれにあたります。
力をセーブするといっても手を抜くこととは違います。試合を優位に進めるだけのプレーのクオリティは必要になります。
全てのボールを必死に追いかけることはしない、繋げば確実に入るボールに対してもリスクを取ってポイントを取りに行くショットを打つ、サーブで厳しいコースを狙う、などが実際の方法です。

このやり方は一歩間違えば相手にフリーポイントを与えてしまうことにもなりかねませんし、実際今日の試合でも危ない場面はありました。
そこを凌ぐのが類い希なる錦織の修正能力ということです。誰にでもできることではなく、本当に実力のある選手のみ実行可能な作戦です。
本当は全ポイントを取りにいって、実際に取るのが一番良いのですが、体力などのリソースは有限です。有限のリソースをどう配分するかというのはテニスに限らずあらゆる「プロジェクト」に共通の課題です。
みなさんや私の仕事でも一緒ですよねw。テニスもプロジェクトでありマネジメントですから、私はこういう強弱のついた試合運びを錦織ができるようになったことが非常に嬉しい。ある意味理想の試合運びです。

これからは、このギアを上げる第二の方法を常に実行可能にしていかなければなりません。
そのためにはサービスの安定がとにかく大事です。
これから錦織がラオニッチやイズナーのようなビッグサーバになることは期待できませんが、安定性は上げることができます。
安定性とは言い換えれば余裕度、マージンです。同じ190km/hのサーブでもどの程度の確信を持って打てるか、プレッシャーの掛かる場面で打てるかどうか、そういった部分での向上が必要になります。
すでに基礎的な力は備わっていると思いますし、経験が後押ししてくれるはずです。今日のレベルのサーブを常に出せるようになることが目標です。

エースの数で言えば去年から1試合あたり4.5本くらい出しています。
8本あればビッグサーバーの部類になります。そこまでは行かなくてもこれを6本くらいに上げたい。
エースでなくてもサービスでのポイントを増やしたい。1ゲームに1本以上、できれば2本欲しいですね。
今日はそれができていましたね。

ストロークはラリー能力はもうBIG4と同じレベル(ジョコビッチよりは精度は低いかな)まで来ているので決定能力ですね。
ちょっとミスも出ていますしBIG4との対戦ではそれが命取りになりかねないものの、全体的には精度が高く相手から見れば、「いかにも決められそう」な雰囲気で打たれることが多いのでプレッシャー半端ないでしょう。

配球ではクロス依存体質だったのが徐々に変わりつつあり、ストレートが非常に効果的に打てるようになっています。
ストレートを打つときは「決めるぞー!」って感じのショットが多く、必然的にミスも増えていましたが、最近では繋ぎのようなストレート、読みを外すストレート、外に逃げていくストレートなど多彩です。

ゴファンの動き、ストロークの切れともに素晴らしいものがありましたが、ポジションが錦織の方が上なので劣勢に立たされていました。
どなたかがおっしゃっていましたが、ゴファンはちょうど2年前の錦織のような感じでしょうか。
フェレールと錦織の中間的なプレースタイルのように思います。いずれにせよ、小兵はこういうプレースタイルで大男揃いのツアーを生き抜いていくのでしょう。
波が少なく、劣勢でも諦めず淡々とチャンスを伺うゴファンのプレーは好きですが、今日は余裕度の違いが明暗を分けました。錦織がギアを上げきるまえに我慢しきれずミスを出してしまいましたね。でも将来トップ10に入ってくる選手だと思います。

ここまで来たらナダル、マレー、ジョコビッチの3連破を期待したいですね。来週は小休止でもかまわないのでw

35 件のコメント

  • 団長、続けてのアップ、ありがとうございます!d=(^o^)=b

    “ある意味理想の試合運びです。”
    今日の勝因は、これにつきますね♪
    サーブ力の向上が、この作戦を可能にしましたm(__)m
    圭の不断の努力と、それを圭に実行させているwwチャンコーチに、敬意を表しますm(__)mm(__)m

    ファーストが続け入らなくなる悪い癖を直し、セカンドのコースがもう少し厳しくなれば、
    BIG4にもこの作戦が通じるような日が来ると思います!!!d=(^o^)=b

    とにもかくにも、BIG4三連チャンのチャンスをもぎ取った圭、
    しっかりリカバリーして、このチャンスを逃すな!!!(o≧▽゜)o

      引用  返信

  • 鬼ラリーが凄かったです!
    でも勝てる気がしてました。
    最初からゴファン選手の気合い充分の表情が印象的でした。ゴファン選手には他でどんどん勝ってほしいです。

      引用  返信

  • 仕事の合間に各セットの4ゲーム頃から見ましたが・・・錦織選手、グランドストローク戦になったこともあってか、楽しそう?でしたね~ワシントンでビッグサーバーとの対戦が多かったので余計にですかね~?
    両者ともに素晴らしいグランドストローク戦でしたが、試合を支配した方は精神的な疲れは少なくて済みますし、逆に支配されたゴファン選手はストレス、精神的な疲れに蝕まれていきましたね。
    ただ、ゴファン選手も錦織選手と戦う度に強くなっていると思います。目指すべきタイプとの戦いがそうさせているのでしょうか・・・フェレール選手との名勝負が多かったですが、これからはゴファン選手との戦いで多くの名勝負が見られるかもしれませんね~

    錦織選手、今日の試合で良いグランドストローク戦の感覚が戻って明日のナダル選手戦が楽しみになりましたね~昨年のマドリッドでもSFのフェレール選手戦で一段調子が上がったように感じましたので・・・
    一度勝利すれば、今後は精神的にも優位に戦えると思います。なんとか打倒ナダル選手を成し遂げてほしいですね!

      引用  返信

  • グランドスラム、マスターズ1000でのベスト8が、当たり前になってきました。
    昨年よりもテニスのレベルは、着実にあがっているように感じます。
    素晴らしい限り、本当に凄い選手になりました。

    ただ、グランドスラム、マスターズ1000のタイトルをとるためには、ここから先が重要。
    ナダルに勝つことは、超えなければいけない課題。
    どんな戦いになるのか、楽しみで仕方ないですね。

    全力応援あるのみです。

      引用  返信

  • ゴファンのフォアハンドは全く体の軸がズレずに打っているにすごく強打しますよね〜。タイミングが完璧なんでしょうか。
    ケイくんの股抜きのホットショットがでてましたが、それより今日はディフェンスから走りながら体をひねって抜いたロブが凄かった!あれはケイくんしかできませんよね!!

      引用  返信

  • いつも素晴らしいレビュー、ありがとうございます!

    ゴファンやっぱり良いですね~でもそれを遥かに凌ぐ錦織くんのテニス、鳥肌ものです。

    ラファ戦が楽しみで仕方ありません!
    ナイスマッチになりますように♪

      引用  返信

  • バックスピンさん
    あのショット凄かったですね。打った後の切り返しの速さを含めると股抜きショットよりも衝撃的でした。

      引用  返信

  • 力をセーブしながらトーナメントの後半に標準を絞るやり方は、まさにアガシを思い出します。

    95年に有明のジャパンオープン、その前週No.1に返り咲いたアガシの3回戦を見に行きました。当時世界最速級のルゼウスキー相手に、リターン・ストロークとも数歩で届く球はものすごいハードヒット。それ以外の球は追わないという超割り切りプレイで、結局7-5 6-4くらいのスコアで短時間の勝利でした。

    それを見ていて、アガシってすごい淡白な試合するんだなーと、テレビで見ていた姿とのギャップに少しビックリしたのですが、いま考えると世界No.1になるためにはあれが必要なんだと思います。
    昨年末、アガシが有明で錦織くんにアドバイスした中にそういう事が含まれていたとどこかで読んだ気が…。

      引用  返信

  • ゴファンとの打ち合いは観ていて面白かったですね
    ゴファンもコンパクトでシャープに振り抜いていて素晴らしく
    見応えのある打ち合いだけど打ち負ける気がしなかったです
    ゴファンの方が前に入って打っていた場面でもチャンスを待って圭くんが前に入ったら圭くん優勢になりましたね

    団長さんのおっしゃるギアアップのお話 なるほど〜と思いながら読みました
    試合運びにも厚みが出てきて それがまだ発展途上なわけで 今後更にどこまで強くなるのか楽しみしかありません

    今回の入場の時のエスコートキッズは選手の前を歩くだけだったのかもしれませんが
    圭くんについたキッズが手を伸ばしてきた時に優しい笑顔で応えて手をつないでた圭くんとキッズの姿が可愛いかったです❤️
    あの一瞬見せた青年の顔とコートでの勝負師・侍の顔とのギャップがやっぱりたまらないわ

      引用  返信

  • ワガシさん、まさにアガシからのアドバイスでしたよね!(o≧▽゜)o
    確か、インタビュアーの“何か錦織にアドバイスを” との要請に、
    “すべてのポイントを取りに行く必要はないんだよ、と言いたい” って答えてましたm(__)m
    WOWOWの映像にあったと思います(=`ェ´=)

    有明のレジェンドとの対戦、圭はしっかり自分のものにしてますね~(^-^)v
    また、その時々に有効だと思われる人選も見事です~♪(/≧◇≦\)ウヒョー
    今年は誰が来てくれるのかなぁ?ヾ(´ー`)ノ

      引用  返信

  • 圭、3回戦勝利素晴らしい試合内容を
    見せてくれてありがとう\(^o^)/
    約一か月の休養で、負荷をかけたトレーニングを繰り返したんでしょうね〜。
    ストローク力強いです。
    ワウリンカ選手も含めた、(私もBIG5だと思います)BIG5の牙城が
    もう崩れ始めていると言わしてください。

      引用  返信

  • ゴファンは2〜3年前の錦織とダブりますね。
    ストロークだけならTOP10の中に入っても全く見劣りしませんが、それに比べてサーブがかなり貧弱。

    今の錦織もそうでしたが、ストローク戦に優位を保てる程度までサーブの精度と威力を身に付ければ、TOP10に定着してくると思います。

      引用  返信

  • ゴファン選手、ストロークもサービスも良かったのでドキドキでしたが、
    ご本人は余裕もって たようにみえました。

    メンヒィスのときはハードなトレーニングで追い込みつつ試合に勝っていく
    という訓練?をしてましたが、
    今回は体力温存しながら勝っていく訓練なのかな?

      引用  返信

  • ゴファンのふくらはぎも太くなってました。
    やはり、このサイズの選手は、一世代前ならフェレールを目指し、今は錦織を目指すのだと思いました。

    それにしても、メリハリの効いたプレーと、団長の仰るような、ある程度のリスクも負った中でショートポイントを狙うような試合運びが印象的で、ゴファンの成長よりも錦織の進化が上回ったような一戦でした。

    復調してきたナダルとの闘いが楽しみです。
    どうせ勝つなら、不調のナダルに勝つよりも良いです!

      引用  返信

  • 攻撃力より守備力ありますねゴファン
    圭くんの強力なショットもミスせず粘り強く繋いだり、ここぞで的確に返すカウンターがうまい
    フェレールの方に近いと思う
    サーブは武器にはならないけれど決して悪くないと思います。
    圭くんと比べると攻撃的なセンスや展開力とかいろいろ足りないですね
    爆発力ないタイプなのでトップ10に入るにはもっと安定して強くならないとかな。
    2年前までの圭くんは怪我やスランプでランクがなかなか上がってない時でも
    4強やツォンガやベルディヒやフェレールなどのトップ10クラスの格上にも勝ってましたからね。
    でもゴファンの実直で正確なプレーは好きです

      引用  返信

  • 錦織選手、ベスト8進出おめでとう!
    要所で締める試合運び、さすがでしたね。サービスのプレイスメントに惚れ惚れしました。

    ゴファン選手は無表情でプレーし(打つときも同じ顔!かっこいい!)、感情をコントロールできるタイプかと思いきや、
    ラケットでネットを叩いたりと激しい一面もありますね。まだまだ成長の余地ありってところでしょうか。今後が楽しみです。

    さてさて、次戦は少し時間が早まって現地時間で夕方に始められそうですね。良かったです。
    みんなで鼻血を出したいですね!

      引用  返信

  • ナダル選手、今朝に3回戦、ユーズニー戦では
    押し込まれる場面もあり、
    圭にとっては、チャンスは出てくると思います。
    最高の準備をして、最高のパフォーマンスを見せてくれることを期待
    しています。

      引用  返信

  • 私的には明日の錦織VSナダルは鼻血試合です。

    テニス史上に名を残すフェデラー  ジョコに勝ったことのある圭が最後の砦ナダルを勝って3人のボスキャラ
    をコンプリートすればゲームの世界なら最後の目的も達成できるはず・・・

      引用  返信

  • ゴフィンのサーブは全く弱点でないと思いますよ。稀にサーブのテイクバックのときに肘が身体に近すぎてしまうという、昔のジョコビッチのサーブと同じ問題が見られましたけど、全体通してなかなかのサーブだったと思います。

    錦織君のファーストサーブがよくなっているのがいいですね。

      引用  返信

  • あとミカさんに挑戦したいわけではないですけど、フェレールに近いという印象は僕はないです。
    ゴフィンはボールにペースを与えるのが上手で、ウィナーを積極的に狙えるポテンシャルがあると思うからです。今回の敗因はフォアの精度が悪かったことではないでしょうか。錦織くんの深くて速いボールに対して無理に打ってしまって、サイドに切れてしまうエラーが目立ったと思います。あと、呼吸も錦織君とくらべて乱れていたように見えました。

    いつの間にか14位になっていたのは驚きでしたが、まだ伸びる選手だと思います。

      引用  返信

  • 錦織選手、本当に強いし今日は見ていて安心できましたね。
    それにしても錦織選手は勝つためのプレイの中に魅せる(魅せてくれる)プレイが本当に多いですね。
    今日はBS1で観戦したのですが、股抜きショットを決めた時に観客の子供が見せてくれた笑顔に凄く共感してしまいました。
    観戦(応援)している最中も次はどんなショットをどんなコースにどれくらいの力で打つんだろうと、ドキドキワクワクして見ています。

    明日は引き続きスーパーショットを期待しつつ、結果にも期待して応援したいです。

    頑張れ!圭!!

      引用  返信

  • 昔なんかの記事でも見ましたが、ゴファンはコリアに似てますね。何となく雰囲気も。
    ベルギーもアルゼンチンも小兵でいい選手を結構輩出してるので、個人的に好きな選手多いです。

      引用  返信

  • サブチャンネルでもいいから地上波でやってくれないかなぁ・・・。
    ちゃんと受信料払ってるんだし・・・。

      引用  返信

  • それにしても、モントリオールはボールが良く跳ねますね。

      引用  返信

  • ゴファン戦、楽しかったです(≧∇≦)

    サーブが安定していると、ホント強いですね。ラリー戦も楽しかったし、股抜きショットにロブショット…もうファンタスティック♪♪
    こんな華麗で楽しいテニスを観せてくれる錦織選手に感謝です。

    明日も自由自在な圭のプレーでナダルから初勝利をもぎとって下さい。
    レッツゴー ケーイ‼︎

      引用  返信

  • ryo さん、楽しかったですよね~(^^)/錦織選手が楽しそうでしたし・・・
    錦織選手は淡々とプレイしていましたが、こういう展開は大好物だろうな~みたいな(≧◇≦)しかもリズムが良いから、サーブもリズム良く打てていましたし・・・
    ゴファン選手からしたら、自身のテニスは悪くないのに少しずつ上を行かれて、たまにチャンスがきても、ギアを上げて振り切られる・・・ストレス溜まったでしょうね~

      引用  返信

  • ブレイクした後のサービスゲームが安定していましたね。2st 第8G 52秒でキープて。。(はやっ)

    ナダル戦でもサービスキープが安定しますように。。。お祈りしますm(__)m

      引用  返信

  • いろんな意見があって楽しいです。

    私から見るゴファンは錦織くんに近い素晴らしいストローク力を持っていると思いますが、センスや展開力、引き出しの数でいささか劣っている気がします。

    だからテニスを良く知らない人が見たら退屈なんじゃないかな←失礼!

    その点、錦織くんの試合運びはテニスを知らなくても引き込まれますよね~(^^)♪

    ラファ戦でも力を出しきれますように!

      引用  返信

  • イズナーvsシャルディが大変な死闘になってます。シャルディ、この集中力があればもっと上に行けるのに…。

      引用  返信

  • 初めて投稿します。宜しくお願いいたします。
    この大会、フランス語でコールがあるようですが、コールが全仏と違うようです。
    15オールは「カーンズ・ア」でなくて、「カーンズ・パルなんとか」と聞こえます。1回目のジュースも「キャラント・ア」でなくて「エガリテ」です。ご存じの方お教えいただければ幸いです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。