前哨戦とはいえムムム・・・な敗戦(2016ブリスベン準々決勝)

2016 Brisbane ATP 250
Quarterfinal
Bernard Tomic[7] def. Kei Nishikori, 6-3,1-6,6-3

「前哨戦に過ぎない全豪で活躍すればいい」

確かにその通りなのですが、それにしてもよろしくない敗戦だったと思います。
トミックのプレーが良かったこをと差し引いたとしても。

「ウィナーもあるけどミスが出る」

これならOKなんですが、攻めきれてないので。
挽回力のある錦織、セカンドは取り返したし逆転できそうな感じもあったのですが、そういう「神通力」に頼るのは危険であり、長期的にはジリ貧になっていきます(何回も同じことを言ってしまいますが)。

ときにはそういう勝ち方も必要なのですが、「ポイント先行、ゲーム先行、ブレイク先行」、これが最も大事なことです。
追い上げる時の錦織のメンタルは素晴らしいのですが、それは他選手との比較で相対的に素晴らしいということであって、ゲームの状況としては不利には違いありません。

技術的にはフォアハンドのミスの多さ、特にフォームの崩れが気になりました。
バギーホイップ気味に上に振り上げるショットが多く、あれではコーナーを狙うコントロールはタイミングと打点次第でしか狙えないと思います。
打点に早く入って構えたときは(ミスが多少出るにせよ)複数のポイントを正確に狙うことができます。
この1試合で今後がダメってことではないですが、今日の負け方が続かないように、しっかり調整してほしいと思います。

こういうフィニッシュが多いときは押し込まれています。こういうフォームになるのは、「深い球を打たれたとき」「差し込まれて打点が遅れたとき」「左右に振られてランニングショットになるとき」「打点が低いとき」などです。

こういうフィニッシュになるときはしっかり打点を確保して自分から押し込んでいるときです。
このフィニッシュの頻度を増やしたい。

試合の流れ等は夜に書きます。

P.S. おそらく皆様いろいろ言いたいことはあると思いますがお互いの意見の否定はやめてくださいね。
 今日の試合を見ても「トミックが良すぎた」と見る人もいれば「錦織が悪かった」と見る人もいて、どちらが正解ということはありません。

P.S.2 私のいつものスタンスとして「その試合限定で錦織にダメ出しはするが、錦織の将来性にダメ出しはしない」というものがあります。試合ごとに微修正はしていますが今のところ錦織は後退していない(調子の波の範疇)との認識です。
それも負けが続けばいずれは根本的に修正しますが、落ちる可能性と同様に上がっていく可能性もあると思っています。
タイトルの「ムムム」は全豪に向けての感想です。全豪に関しては少し心配しています。

ということを踏まえてさあコメントをどうぞ!

113 件のコメント

  • もし全財産をGSで誰が優勝するかに賭けなければならないとなったら、ほとんどの人はジョコビッチに賭けるでしょう。
    でも、そういうゲームではないですよね。
    自分が応援している選手が少しでも優勝を狙える位置にいたら期待するのが当たり前ではないでしょうか?
    ましてやここは錦織圭を鼻血が出るまで“応援”し続けるブログですからね。
    でも、錦織選手の現状を厳しく評価する人を否定しているわけではありません。

      引用  返信

  • スレ違い恐縮ですが、チェンナイオープンはコリッチが決勝進出を決めました。10代のツアー優勝が2008年の錦織、チリッチに次いで約8年ぶりみたいです。ワウリンカは強敵ですが頑張ってほしいですね。

      引用  返信

  • 赤黄色 さん、貴重な情報ありがとうございますm(__)m
    知人から、それらしい情報を聞いたのですが、確定的なソースを得られず・・・いつもありがとうございます(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • ブリスベン、ラオ君がロジャーを破って優勝しました!
    ラオ君、おめでとう!(*^o^)/\(^-^*)
    ちょっぴり悔しいけれど、今日のロジャーはサーブ確率が悪く、何より、ストロークのエラーが多過ぎましたm(__)mなので、ちょっと間引いて見る方が良いように思います(+_+)💨
    クーヨン、すっきりした姿を見せて欲しいですね!(^_^)v

      引用  返信

  • フェデラーは風邪らしかったし、ラオニッチはMTO取ったし若干不安を残す結果となりましたね。特にラオニッチは昨年からのフィジカルの不安が解消されていないようだし、錦織共々万全に近い体調で全豪オープンに挑んで貰いたいですね。

      引用  返信

  • 何処に打たれても 見極めてピンポイントに打ち返して 相手が崩れた 体勢で 返して来たのをエラーせず確実にエックスキュートする神経の安定感は 内側から来る普段の生活の基本線に有ると思うと、ヤハリ、ジョーコは 徹底してる感があります! 子供時代の戦争体験を通して どんな事があっても 生き抜かなくてはならない 厳しさを体で実感シテマス! 圭は子供時代からフロリダの厳しい環境で 生き抜いて来てます! ジョーコの徹底した食生活と坐禅は 念力に通じてるのか?圭には 圭の行き方生き方が有りプライベートかたちでメインテインしている筈デス!ヤハリ定まった連れ合いが居て プロの コックが24時間付くのが 理想デスネ!🎾

      引用  返信

  • グランドスラム大会の前は、ドキドキわくわくが止まらないのが常だけど、
    今回は皆様と同じくちょっと不安(´・_・`)
    でも、そういえば以前もこんなことがあったなぁ、いつだったかなぁ??
    あっ、そうだ、2014年の全米前だ!
    ということは……!∑(゜∀゜)

    その時もコメント欄は荒れてましたね、確か。

      引用  返信

  • どなたかおっしゃってた通り錦織中毒のため、たま〜に経験や勝手な思考であんた何者的なコメ吐き出してしまいますがここは許して下さりそうなのでまたお邪魔!
    確かに、スランプにはスランプなんでしょうが、ショット技術は上がっていると思うのでジャンプアップする為に身をかがめてる状態かと…決して2014に戻るための我慢では無いと思います。絶対抜けたら一回り強くなる!それはいつだ?といわれても先のことは誰もわからないし、神のみぞ知るかなぁ〜。そのまま屈んだまんま終わる場合もあるので危ういのですが、圭君ならいけると信じて応援するのみだ〜!いつジャンプするか楽しみ!という目線でいると敗戦のショックも少しは和らぐというもんです…
    ( ̄^ ̄)ゞ

      引用  返信

  • 錦織圭に期待するというより錦織圭を応援する立場なので、期待しても無駄だと言われてもピンとこないです。本人はモヤモヤから脱出したいと思っているし、もちろんそれはファンである私も同じ。方法を技術に求めても良いし、メンタルに求めても良い。でも答えは本人が出すしかないし、それにはこれでいいんだという自信を、圭自身が持つことでしょう?勝利が薬ですよね。
    「トップを目指せる位置にいる。」「挑戦権はある。」などと言っていると思われていますが、本当のところはわかりませんよね。言うように持っていかれてる感じがします。それより、大好きなテニスですごい選手とすごい試合をして勝つ!ことに喜びを感じ、それを目標にしているというほうがしっくりきます。だからグランドスラムは頑張るんでしょう。
    全力応援あるのみです!

      引用  返信

  • いちにのさんに同感です。
    私は錦織選手を応援します。ただ、残念ながら期待もしています。
    ブリスベンはさておき、全豪で少しでもいいテニスが見れることを期待します。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。