2016ウィンブルドン決勝レビュー

ウィンブルドン、終わっちゃいました。
男子シングルスはマレーが優勝。私の優勝予想は当たりましたが、とにかく錦織の棄権が残念だし心配ですね。
ちょっとそっちの方は今日は置いておいて、決勝戦の感想を少々。

各セットのスコアは競っていますが、マレーの実力がラオニッチを完全に上回っていた印象を受けました。
そこはGS決勝11回目のマレーの経験がモノを言ったと思いますし、マレーのテニスの調子も良かったと思います。
これでジョコビッチにはなかなか勝てないんだから、どういうことなんでしょうか・・・
ほとんどジョコビッチと変わりないようにしか見えません。
でも対戦すると差が出るという。もう素人にはわけわかんない領域です。
でもマレーはずっと2位に甘んじながらも、力を蓄えてきたような印象がありますし、戦術が豊富、フィジカルも万全、メンタルも経験により円熟味を増している。加えて研究熱心でリターンは最強と言っていい。これは、今後ジョコビッチとも勝ち負けしていくのではないかと感じさせるに十分な試合内容でした。

特にフィジカルの充実が技術とメンタルにいい影響を与えているのではないかと思います。若い頃と比べて体の厚みが段違いですもん。正確なショット、広いコートカバー範囲はフィジカルの鍛錬の賜物だと思います。
私の持論ですが、テニスはスポーツである以上やっぱりフィジカルが基本。錦織の今後の成長も、フィジカル次第だと思っています(すでに技術はある)。

そんなマレー、あるいはジョコビッチに対して、錦織はまだ挑戦者でいい!! 何度でも彼らにぶつかって、錦織の力を蓄えて欲しい! その先にきっとチャンスを掴めるはず!
そういう新たな思いを抱いたウィンブルドン決勝でした。

ラオニッチはすごく頑張ったし、決勝までの勝ち上がり方は立派。
でも突き抜けるまでは至らなかったかな。積極的にネットプレーには出ていましたが、マレーのディフェンスが完璧なので大それたリスクは取りづらく、それがまたマレーに余裕を持たせる結果になったかもしれません。

結局、ブレイクは両者通じて1stセットの1回(ラオニッチサーブ)だけでしたが、リターン返球率が高く、ストローク戦も優位に進めていたマレーのペースで終始進んだ試合でした。

要因としては、ラオニッチがGS初の決勝だったこと、試合の最初からマレーがリターンを返球しまくっていたこと

どっちが先でどっちが後か分かりませんが、この2つの要因が影響し合って、マレーのリターンの読みが当たるというか、ラオニッチのサーブがマレーのリターンに吸い寄せられるというか、なんとなくそういう「雰囲気」を形成していたように見えました。
エースは8本と、ラオニッチにしては少ない数に留まりました。

これは錦織vsラオニッチの過去の対戦で、錦織が接戦をモノにしたときにも同じような雰囲気がありました。
逆に、ラオニッチサーブが冴えまくってまったく読みが当たらないときもあります。
そうなったらラオニッチペース。
リターンゲームでリスクを取った攻めをすることができます。

ラオニッチは、マレーのペースにはまりそうになりながらも、最終的には耐えて1ブレイクのみで終えました。ネットに74回出て、その62%を結びつけました。ここは収穫だったと思います。

しかしリターンゲームでチャンスを作れなすぎましたね。得たブレイクポイントは僅か2回でした。
マレーの1stサーブは平均182km/hとそんなに速くありませんでしたが、67%が入り、その87%がポイントになっていましたので、サービスゲームでほぼプレッシャーを受けなかったと言ってもよいと思います。
ラオニッチと言えばチャンスを見逃さないフォアの強打ですが、マレーのショットのプレイスメントが良いせいもあって、なかなか思い切ったショットを打てませんでしたね。

しかしゴファンに2セットダウンから逆転、フェデラーにも1-2ダウンから逆転しての決勝進出は、ラオニッチに大いに自信を与えたはずです。
そして錦織にも刺激になったはず!

内田暁さんの記事です(相変わらず読者の知りたいことを書いてくれる!)
錦織の「最大のライバル」ラオニッチが示した、“ポスト・ビッグ4時代”到来の気配〈dot.〉 (dot.) – Yahoo!ニュース

「良きライバル」と認めるラオニッチのウィンブルドンでの躍進は、負けず嫌いを自認する錦織の野心にも、熱い火を灯したことだろう。

間違いないですね。

「このあたり(10位前後)のランキングに居る選手では、たぶん一番、野心があると思います。ジムにも良く行っているし、上に行きたいという気持ちが他の選手よりも大きいと感じる」

 今大会の開幕直前に錦織圭は、ミロシュ・ラオニッチについて、そんな所感を述べていた。

 ウィンブルドンの前哨戦でのラオニッチのファミリーボックスには、モヤとマッケンローの“元世界1位”の顔が並び、横には名コーチの誉れ高いリカルド・ピアッチも座す。その壮観を目にした錦織は、「凄い光景だ。気合いが入っているな」と感じてもいたという。

ということですから、あらゆる手段を使ってどん欲に勝ちを求める姿勢が、結果に結びつくと言うことを嫌でも意識させれらたと思います。
ジョコビッチもそうですね。

もちろん錦織もベストを尽くしていますが、ライバルの躍進は何かヒントやアイデアを与えてくれるかもしれませんね!

まずはしっかり休んで脇腹の完治ですね!
完治しないうちは、オリンピック等をあきらめる勇気を持って欲しいと思います。
チャンも、その辺は分かってくれているようですから心配はしていませんが。

マイケル・チャンは言う。「錦織圭の夏は全米オープンが最優先だ」|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva|Otherball
(これも内田暁さんの記事。ほんとに読者の知りたいことは何かをよく分かっていらっしゃる!)

233 件のコメント

  • @yusuke さま

    先行抽選に外れても、一般販売のチケットはまだ残っているはずです。
    (どこの席が残っているかは分かりませんが…)
    僕は昨年抽選で外れましたが、一般販売で何とかA席をゲットできました。
    あ、ただし「準々決勝」のあった金曜日です!
    たぶん、土・日も一般販売枠は確保しているはずです。
    問題は、ネットに繋がるかどうか…ですね。
    昨年は、娘と二人で頑張りましたが、結局繋がったのは30分後くらいで、その時にはA席しか残っていませんでした。
    たぶん、今年も似たような状況かと…σ(^◇^;)
    とにかく、早めにネットに繋がることをお祈りいたします!!!

    ちなみに、僕は抽選で「コートエンド席」をゲットしました!!
    m(_ _)m

      引用  返信

  • ミオさん

    圭君は昨日は練習2回あり、2回目も出てきて普通に練習していたみたいです。
    脇はかなりモミモミしていたという情報があります。
    同時にどちらも躍動感のある感じの動画などツイッターにアップしてくれている人がいましたよ。

    Ash ‏@ITakeTheeTennis さんは痛そうな圭君の画像ですが、Max ‏@MGLovesTennisさんとか他に動画もあったのでツイッター覗いてみてはいかがでしょう。Nishikori とか Keiとかで検索しても結構ひっかかりますよ。

    なんか、圭君はかなり練習も人気みたいですね~

      引用  返信

  • 痛みという言葉に対しての過剰反応にちょっと反論したいと思います。

    例えば、サッカー選手の職業病と言われるグロインペインも、今は安静療法や手術ではなく、体幹を鍛え、ストレッチや筋肉をほぐすことで可動域を広げ、バランスの良い動きに変えていくことで改善を図るそうです。
    色々な部分から突然痛みが顔を出したり、筋膜炎などが引き金になって痛みが激しくなったりしても、過度な恐怖感は筋肉を堅くして悪化に繋がるので、リラックスさせながら痛みを上手くコントロールしていく。そして、痛みをバランスの崩れの警告と捉え、体のバランスを整え、フォームなども矯正していくことで、プレーの質自体を良くしていく考え方だそうです。

    圭くんの症状の真相は分かりませんが、陣営のスタッフ全員で、一連の怪我を引き起こす根本原因から改善しようと懸命に努力しているのではないかと想像できます。
    チャンコーチのお子さんたちまでが、リラクゼーションに一役かっている?

    つまり、痛みという体からの警告を、積極的に利用しながら、もう1ステージ引き上げることに役立てようとしているような気がするのです。
    今年をピークと捉えるなら、全米までは体力温存、などの方法も考えられるでしょうが、彼の痛みに関するコメントを読む限り、それをフィジカルとメンタル両方のの強化に役立てようとする意思も感じられるのですが、妄想でしょうか?

    とにかく、私は、トロントを楽しんで応援します!

      引用  返信

  • のりまきさん、情報ありがとうございます。
    結局とれませんでした…。
    ATPサンデーや1回戦はまだチケットがとれるので、そちらにしようかなと考えていたのですが、本当に一般販売でもチケットがあるなら検討したいです。
    そして、コートエンド席の獲得おめでとうございます!

      引用  返信

  • ebicci様
    更に詳しい情報、ありがとうございました。
    おばっち様
    前向きで深い考察、ありがとうございました。
    いつも皆様に勉強させて頂き、有難く思っております。

      引用  返信

  • おばっち様

    見識ある とてもポジティブな捉え方、素晴らしいと思います。
    トップ選手として活躍出来る期間は意外に短いです。安静にして完治を待つだけでは乗り越えられないかも知れませんね。
    トロントを楽しみに応援したいと思います。

      引用  返信

  • おばっちさん
    さとみなみさんとかぶってしまいますが、なるほどと頷ける御指摘でした。錦織選手のトレーニングで、過去に怪我をした箇所を鍛えることで予防につながるという記事で読んだ覚えがあります。今回は、もう一つ上の次元で考えれば、更に前進することができますね。
    おばっちさんの言うようなポジティブな考え方に賛成です。

      引用  返信

  • あっ、yusukeさん、ごめんなさい。
    もしかして、僕の勘違いかも…σ(^◇^;)
    一般販売の前に、『先着先行販売』があったんですね。
    僕が去年A席を取れたのは、もしかしたらその『先着先行』だったかもしれません…(^◇^;)
    1年前の事も、忘れてる…(;´Д`)

    でも、めげずに『一般販売』もトライしてみて下さい!
    いい加減な情報で、すいませんでした。m(_ _)m

      引用  返信

  • カナダMSの錦織選手の初戦の相手を決める
    デルボニス選手 VS ノビコフ選手 
    は月曜日に予定されていません。錦織選手の初戦は水曜日になりますねm(__)m

    日本時間の7/26の深夜2:00頃から
    杉田選手 VS ディミトロフ選手
    が予定されています。杉田選手、頑張れ~\(゜ロ\)(/ロ゜)/

      引用  返信

  • ワシントン500の決勝戦で
    モンフィス選手 5-7、7-6(8)、6-4 カルロビッチ選手
    モンフィス選手、500格の大会で初優勝です!
    過去に 500で4度、1000で3度の準優勝がありましたが、ビッグタイトルの獲得はできずにいました。
    Jr時代には、全豪、全仏、全英のJrタイトルを獲得して、エドバーグ氏以来の年間Jrグランドスラムに王手をかけた逸材でした。
    Jr時代に大活躍するとプロ転向後に苦しむと言われていますが、その才能、身体能力に相応しいビッグタイトルの獲得となりました\(゜ロ\)(/ロ゜)/
    こういう例を見る度に、世界ツアーのプロは大変だな~と改めて思いますねm(__)m
    モンフィス選手、おめでとうございます🎊ヽ(^。^)ノ🎊

      引用  返信

  • @下団 さん、ありがとうございます!
    モンちゃんの優勝、嬉しいなぁ♪500格で初タイトルは意外でした。ショートヘアにイメチェンした本人もさぞ嬉しいでしょう^^

    今ティエム選手をはじめ次々と若手が上がってきてて、「将来のNo1候補」「すぐにでもタイトル獲る逸材」と注目されてる選手が多くいます。おそらくモンフィス選手も数年前はそんな若手筆頭格だったのでしょう。でも実際タイトルを手にするのはほんの一握りの選手だけ・・・。多くの有望選手は夢叶わずコートを去っていく厳しい世界なんですよね(__)

      引用  返信

  • 久しぶりにここにきました。
    ここんとこ忙しかったので…
    トロント始まりますね。
    おばっちさんのように前向きに楽しく応援したいです。

      引用  返信

  • 下団さん、すぅーさん、ホント、そうですよねぇ~、

    私も、今、やっとモンカル戦見終えて、感無量です!
    いい試合でしたねぇ~。

    短髪だし、諦めないし、冷静だし・・・。
    進化したモンちゃん、素晴らしかった!
    コーラも我慢してましたしね^^
    チームへの感謝の仕方にも、ジーンときちゃいました。
    ホント、良かった。

    人は変われる。いくつになっても進化できる。
    そしていつか、ラッキーはくる!
    圭くんの色んな我慢も、きっと報われますよね。
    昨日はディミ君相手にサーブも打っていたようです。
    インタでは調子も良くなってきたと言っていたようですが、
    焦らずしっかり調整して欲しいです。

      引用  返信

  • 広島カープの山本浩二さんが、ひどい腰痛に悩まされながら、試合に出続けてたのですが腰に負担をかけない打ち方をするうちにボールをバットに乗せて打つコツをつかみその年にホームラン王を取りました
    錦織選手も何か?(力の抜き具合かなにか)をつかめるといいですね

      引用  返信

  • ダメなら棄権すればいいじゃんてことか
    とにかくとりあえず出とけよって トロントもリオもシンシも全米も?
    まあ錦織がそれでいいんだっていうなら他人がとやかく言うことじゃないですけどね
    それとも出ざるを得ないのか
    どれかでは優勝をガチに目論んでいるのか、それとも出ることに意義があるのか
    心配だとしかいいようがない
    ちゃんと計算してるのか。今までも?
    計算ずくのチリッチ戦?
    雨の全仏対策すらしてなかったのかもなんて記事読むと、大丈夫なのかと言いたくなります
    楽観的になれればいいけど

      引用  返信

  • 杉田3ゲーム連取、粘り強いプレーです
    ディミドロフはホントどうしてしまったのか、攻め急ぎのミスが目立ちますね

      引用  返信

  • ミオさん、さとみなみさん、ヒデキリさん、つるみさん、

    共感ありがとうございます。

    けんじさん、

    そうですよね、Mr赤ヘルは、不屈の男でしたよね^^
    嬉しい後押しありがとうございます。

    勿論、痛みが、靱帯や腱などの再生不可能な部位の損傷に関わるならば、ドクターストップがすぐにかかるはずですので、きっと何かが掴めると信じましょう!

    えうろぱさん、

    はい、正論です。仰る通りだと思います。
    でもね、今、杉田選手が、ものすごい気迫でディミトロフ選手をリードしています。
    コンピューターが計算した世界での遊びなら、計算した通りの結果が出るでしょうが、そうとも限らないのが人間が行うスポーツの面白さです。
    とはいえ、結局は、善戦むなしく・・・かもしれない。
    でも、その善戦の中にドラマを見るのも楽しいですよ。

    それは好みの問題ですし、私は多数決で勝った試しがない万年少数派なんで、へ~え、とでも思ってください。

      引用  返信

  • 眠れないので試合を見ています。
    杉田1セットアップでさらにセカンドセットはブレイクアップしてます。
    ディミトロフはボロボロですね。明らかに集中力がありませんし、ショットにきれもなく、平凡な選手と化してますね。バックでやたらスライス使うのも?ダブルフォルト連発するし、モチベーションがないのか、やる気がないのか、以前とは別人ですね。残念です。

    杉田、チャンスです。勝ちましょう❗

      引用  返信

  • 経験の差でしたネ!杉田、今後も応援したいプレーヤーになって来ました!

      引用  返信

  • 杉田選手、惜しかったです。
    MS本戦デビュー戦、センターコートでディミトロフ相手にあと少しで勝てそうだったのに…
    次こそは!ですね〜。

    圭さんの試合も早く観たいなあ。
    やはり、ハードコートのキュッキュッて音は、ワクワクします🎾
    まずは、初戦、ドキドキしながら応援します!!

      引用  返信

  • ディミリンカ、セットオール❗️
    片手BH祭り、楽し^^
    ああ、もう仕事に行かなくちゃ(´Д` )

      引用  返信

  • スレチですが、今年の全英Jrチャンピオン17歳のDenis Shapovalov選手が、キリオス選手相手に7-6(2),3-6でファイナル突入です。ライスコのスタッツを見る限りですが、互角の戦いをしてますね^^
    キリオス選手、エース13本あるけどDFも15本^^;!?

      引用  返信

  • 杉田選手、ほんとに後一歩でしたね!次につながりますね。
    圭君のプレーも期待しています。試合は明日でしょうか。ryo様もおっしゃっているように、早く圭君の試合を観たいです!

      引用  返信

  • おばっちさん
    他人の観戦スタイルをとやかく言うつもりはありません
    いいんじゃないですか、それで

    錦織はどうなんだって話です
    いい試合をしたいのか、勝ちたいのか
    ふたつは似ているようで違う
    勝つには計算が、戦略が必要でしょ
    同じ状況でもいきおいだけで行くのか、ちゃんと計算して行くのか
    それが決定的な一線を分けているんじゃないの…なんて思っただけです

      引用  返信

  • 杉田クン、あと一歩でした〜 そしてキリオスも17歳に負けたみたいですね!大金星。

    圭くんのインタヴューです。
    http://sports.yahoo.co.jp/video/player/115310

    ケガはだいぶ良いという嬉しいお話。前向きに戦う雰囲気に溢れていて安心しました!

    えろうばさんのおっしゃることわかります。。
    もう5〜6年くらいは、圭くんの試合、ほぼ1試合も見逃さずにだいたい生で見ていると思うので、ケガをした時の傾向というかイヤな予感というのがあり、だいたいそれは当たるんですよね〜
    本当に戦略とかあるのかな?と思うこともしばしばだし。

    腰痛といえば、マレーは思い切って手術してだいぶ休みましたが、痛みなしのマレーは本当に強くなりました。ドクターストップになってからやめたら、それこそ何ヶ月も離脱ですよ〜。ドクターは帯同してないですし〜
    それに棄権ばっかりするとツアーでも評判悪くなるし、渡航する負担もかなりありますから、棄権するつもりなら出ないほうがいいと思います。
    でもまあ、ファンは実際の状態は何もわからないですから、ここで何を言っても変わるわけではないですし。
    応援スタイルのほうは、いつもポジティブなのはいいんじゃないでしょうか〜

      引用  返信

  • カナダのWC参戦組が3選手連続で初戦突破を果たし、地元はお祭りモードでしょうね。
    Polansky(174位) def Smyczek(119位)
    Diez(192位) def Edmund(84位)
    Shapovalov(370位) def Kyrgios(19位)

    残りのカナダWC組Dancevic(234位)vsクエリー戦は第1セット6-6タイブレ突入です。さて、どうなることやら。ラオニッチとポスピシルは勢いをもらうのか、逆にプレッシャーとなるのかにも注目です^^

      引用  返信

  • Dancevic(234位)vsクエリー、第1セットのタイブレは5-4からDancevic選手のサービスを連続でミニブレイクし、結局5-7でクエリー選手が先取です。
    簡単にセットを落とさないから上位ランカーなんでしょうし、これも経験の差なんですかね~^^;

      引用  返信

  • 現在のランキング制度が成立してから、日本男子でトップ100入りしたのは10人です。
    *ランキングは最高位

    1・坂井利朗 氏 75位
    2・神和住純 氏 78位
    3・九鬼潤 氏 74位
    4・松岡修造 氏 46位
    5・錦織圭 選手 4位
    6・添田豪 選手 47位
    7・伊藤竜馬 選手 60位
    8・ダニエル太郎 選手 85位
    9・杉田祐一 選手 97位
    10・西岡良仁 選手 93位

    現在のようなツアー制度となってからでは、松岡修造 氏 以降で7人だけ・・・
    注目すべきは、錦織選手の後に5選手が100位の壁を乗り越えたことです。勿論、アジア近辺でのFu大会、CH大会の充実が大きな役割を果たしているのは間違いないですが、錦織選手からの好影響は大きいかと思いますm(__)m
    以前にも何度かコメントさせていただきましたが、錦織選手が拓いてくれた過程、残しているデータは、後進の大いなる糧となります。
    また、突如として現れたスター選手の存在に、新たにテニスに興味を持って、投資(スポンサー等)を考える企業が増えていると思いますm(__)m
    錦織選手は10社前後のスポンサーの数を望んでいたそうですが、実際には15社?・・・
    錦織選手への負担は大きいですが、無下に断わっては、新たなスポンサーの開拓にはつながりません。
    錦織選手が日本テニスの発展のための犠牲になる可能性はあります。でも、錦織選手が拓いてくれた過程、残してくれる多くの物を後進が活かして、世界の舞台にたどり着いたとしたら、それも錦織選手の功績でしょう。
    どんな世界でも、最初の開拓者は試行錯誤を重ねて、悪戦苦闘します。心無いヤジにさらされることも多々あることでしょう・・・
    我々も時々は錦織選手が乗り越えてきた苦難の過程、残してきた功績を振り返ってみるのも良いのではないでしょうかm(__)m
    勿論、色々と先のことを妄想するのも楽しいですし、もっと素晴らしい景色を魅させてくれると信じたいですね~(`・ω・´)ゞピシッ!

      引用  返信

  • @下団 さん、ありがとうございます^^
    TOP100経験者が現役で6人もいる時代に立ち会えたことは幸せです。しかもまだTOP100返り咲きが十分可能な選手ばかり。さらに7人目8人目も期待できる状況にワクワクです♪

    錦織圭 選手 4位→現在6位(26歳)
    添田豪 選手 47位→現在127位(31歳)
    伊藤竜馬 選手 60位→現在128位(28歳)
    ダニエル太郎 選手 85位→現在116位(23歳)
    杉田祐一 選手 97位→現在107位(27歳)
    西岡良仁 選手 93位→現在97位(20歳)
    守屋宏紀 選手 143位→現在216位(25歳)
    サンティラン晶 選手 291位→現在293位(19歳)

    300位以下にも多数の若手や中堅が頑張ってますので、これからが楽しみですね。
    開拓者に敬意を表するともに、妄想を続けます^O^b

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。