2017ウィンブルドン1回戦 vs. チェキナート ゲーム毎実況記事

スコアは「鼻血記法」で既述します。
鼻血記法の解説は本記事の後ろの方で。

試合直前の展望

 チェキナートの戦績を調べましたが、錦織が負けるような選手ではありませんでした。これで故障が理由で満足なプレーができないようだと非常にもったいない試合になります。直前の報道を見ても、100%の状態には思えないのでやや心配。

参考:「「2週目に勝ち進む自信はない」と錦織は複雑な心境をみせるも、フェデラーは高評価 [ウィンブルドンPreview]」|「ウィンブルドン」のニュース|THE TENNIS DAILY/テニスデイリー

 おそらく、省エネで錦織はプレーするでしょうが、諸刃の剣。上手く行けば最高の結果になりますが、思わぬ苦戦を強いられたら結果的にダメージになってしまいます。ここは、試合開始からある程度エネルギーをかけて流れを作り、その後省エネという順番でプレーして欲しい。省エネで始めて、まずくなったら力を出すという順番は、少し危険です。

 心配が杞憂に終わって欲しいという願いを込めて、まずは早めに記事を立てておきます。前の試合の日比野が1セットダウンの1-4と苦しい。なんとか、ここから挽回して欲しいですね。

Set1

G1チ 1−0 Break!
2 ○○○ BSt じっくりラリーから浅い球を攻め
D ○ DF1本目
1 ○ FApN よくR返した
1 × FN
1 ○○○ 深いRからエアケイ

最初から集中した

G2圭 2−0
1 ○○○ SvWi 前に出る動き
1 ○○ SvCt いいプレースメント
1 × BN
1 × FO
1 ○○○ FSt
1 ○○ SvCt

サーブ、打点高くトスも安定。ただストロークミスは心配

G3チ 3−0 Break!
1 × BStSO
1 ×× SvCt ほぼFRミス
2 ○○ BCr
D ○ DF2本目
D ○ DF3本目
D ○ DF4本目

ミスしてくれてる間にスイスイ行きたい

G4圭 4−0
1 ○ FSO
D × DF1本目
2 ○ BRN
1 × BSO
2 × BN ストロークミス6本目
1 ○○ F回StAp F深かった
2 ○○○ SvBd 風かイレギュラー?
2 ○○○ BCrAp

サーブ確率落ちた
ストロークもミスが多い
ただ、主導権は握ってる

G5チ 4−1
1 ○ BN
1 ×× SvBd
1 ×× SvWi
2 ×× BSt
2 × FVSO 決め球ミス

ここはチェキナートナイスプレー

G6圭 5−1
2 ○○○ FV 前に入った
2 ○○ SvWi 深い2nd
1 ○○○ BCr Fで追い出してハーフボレー風にオープンへ
1 ×× BRSt
1 ○○ Sm 積極的に前へ

前へ前へ、早めの攻めの意識が見える。
ネットプレー多め

G7チ 5−2
1 ○ FSO
1 × BSlCrN 角度狙った
1 ××× SvWi
2 ○ FO
1 ×× SvCt
1 ○○○ FDr FRで追い込んだ
2 × FRO
1 ××× FDr Sv良かった

チェキナートのサーブが良かった

G8圭 6−2
2 ○ FO チェキナート押していたのにもったいない
1 × FN 持ち上げられず
2 × BVSO
1 ○○ FDr ちょっと長かったが予測は外した
1 ×× SvCt
2 × FN 2ポイント目と同じミス
1 ○○ FV S&V
1 ○○ SvWi

ミス少々気になるが、余裕はある

ここでトイレットブレイク取る錦織。なぜ?

Set2

G1チ 1−0 Break!
1 ○ FSO
1 ○○ FR深 アウトに見えたが、チェキナート、チャレンジ失敗
2 ○ FApN チェキ、攻め球なのにもったいない
1 ○○ BR沈

リターン良く、相手ミスに乗じてこのセットも早めのブレイク

G2圭 2−0
1 ○ BLbO
2 ○ FRN
1 ○○○ SvWi mm単位のイン続く
2 ○ F回StRO 入れば脅威だが

楽々省エネキープ
プレーは省エネでなくしっかりしている

G3チ 2−1
1 × ネット際、ネットタッチの判定(際どい)
1 ○○○ Sm 動き良し
1 ×× SvCt
2 × BHfVN 気を抜いたスライススマッシュ返球され、タッチ系ショットをミス もったいない
1 ×× Sv

4ポイント目が非常にもったいなかった

G4圭 3−1
2 ○○ FCr チェのスライスが甘い
D × DF2本目 逆突き失敗
1 ○○ SvWi
1 ○○ SvCt
1 ○○○ SvWi

このゲームはスライスサーブ多用で楽にキープ

G5チ 4−1 Break!
1 ○○○ FCr Drに素早く反応
1 ×× SvBd
1 ×× SvBd
1 × BPSO
1 ○ FDrN 無理して走らなかった
2 ○○○ BRSt 狙ってた
1 ○ FSO チャンス
1 ○○○ BRSt タイミングばっちり

今日はミスにお付き合いせず、取るところきっちり取れてる

G6圭 5−1
1 ○○○ SvWi 鼻血サーブ好調
2 ○○○ FDrV 流れるようなネットプレー
1 ××× BSl 追い出されたので追わなかった
1 ○○ SvWi
1 ○○ SvBd

サーブ良くなった

G7チ 5−2
1 ×× SvWi
2 ○○○ FRSt
1 ○○○ FRCr
1 ×× FDr
1 ○ FN
1 ××× BDrV あまり無理して追わないの気になる
1 ×× FPCr
1 ××× FVCr

惜しかった。内容悪くないが体は大丈夫だろうか

G8圭 6−2
1 ○○ SvBd
1 ○○ SvWi
1 ○○○ Sm
1 ○○ SvBd

1stサーブ入って締めた

1st確率72%、 1st Won 92%、2nd Won 80%
ウィナー12 UE2 と素晴らしいスタッツ

追わないときがあるのだけ気になる。気にしすぎ?

Set3

G1チ 1−0
1 ○○ FRCr サーブ見切っているとは言え、ミスも少なく好調
1 ○○ Sm
1 ××× SvWi
1 ×× SvWi
2 ○○○ BSlApSt カミソリスライス
1 ○○○ FPCr ランニングショートクロス

3セット連続、1stゲームをブレイク
今日の錦織のゲーム運びは効率良い

G2圭 2−0
1 ○○ SvCt
1 × FHfVN BR沈められた
2? ○○ SvWi
2 ○○○ FSt
1 ○○○ Sm

確実に、でも攻撃的にプレーしている
油断もない 非常に良い

G3チ 3−0 Break!
D ○ DF5本目
1 ○○ BSt コース厳しい
2 ○ BO BR深い
1 ○ FSO

チェキナートの我慢効かなくなってきた
錦織は1stゲームのパッシングで気を良くした感あり

G4圭 4−0
1 ○○○ SvCt
2 ○ FRO チェキナート、キレ気味。大アウト
1 ○○○ SvCt ノリノリ。123mph
2 × FApN 調子乗りすぎた?
1 ○○○ SvCt 121mph

ビッグサーバー錦織爆誕
非常に好調

G5チ 5−0 Break!
1 ○ SmO 開き直るも、雑なミス
1 ○○○ F回St
1 ×× SvWi
1 ○○ BRCr
1 ○○○ FDrCr Dr返し

チェキナート、どうすればいいか分からない感じ
サーブもリターンもいいので全く危なげがない

G6圭 6−0
2 ○○ SvWi 外した
1 ○○ SvCt
1 ○○ SvCt
1 ○○○ Sm

完璧・・・!!!

鼻血記法の解説

○○○ ウィナーで得点
○○ 相手にforced errorさせて得点
○ 相手のunforced errorで得点
× 自分のunforced errorで失点
×× 自分のforced errorで失点
××× 相手のウイナーで失点

【サーブ】1 1stサーブ/2 2ndサーブ/D ダブルフォルト
【サーブのコース】Ct センター/Wi ワイド/Bd ボディ
【ショットの種類】Sv サーブ/R リターン/F フォア/B バック/V ボレー/HV ハイボレー/LV ローボレー/Ap アプローチ/Sm スマッシュ/Dr ドロップ/Lb ロブ/DvV ドライブボレー/HfV ハーフボレー
【回転の種類】Sp スピン/Sl スライス
【ミスの種類】N ネット/O アウト/SO サイドアウト
【ショットのコース】Cr クロス/St ストレート/RvCr 逆クロス(和製英語。正しくはinside-out)
【特記事項】打 チャンボ打ち込み/深 深い/回 回り込み/沈 沈めた/長 長いラリー

【コンビネーション】例えば「○○○ FApSt→FVCr」なら「フォアでストレートにアプローチして、フォアボレーをクロスに決めた」となります。1つ前のショットがポイントをほぼ決めたような場合などこのようにコンビネーションで表記します。

※逆クロスは”inside out”ですが、ここでは和製英語っぽく”reversed cross = RvCr”と表記しています。
多分そんな英語はありませんw

17 件のコメント

  • 動きは大丈夫の様ですね! またまたブレイクチャンスが来てますが、あんまりハナから良すぎると後が心配ですが、まぁ芝初心者の格子納豆さん(笑)だから取り越し苦労かな?

      引用  返信

  • エラーの多い相手にお付き合いして手ぬるいプレーがときどきあるように感じます。
    こんなもんでしょうか。

      引用  返信

  • 滑出し順調ですね。怪我だけしないように🙏

    風がやんでくれるといいけれど。

      引用  返信

  • 調子いいですが、好事魔多し。
    心配はケガだけだな…。

    サーブ&ボレーが板についてますね。

      引用  返信

  • @かたこり さま
    手のあたりのネットが揺れていたように見えましたが、風かもしれず
    映像をストップさせるタイミングが悪い

      引用  返信

  • ライブスコアでしか観られませんでしたが期待通りの試合だったようですね。立ち上がりUEが少し気になったのですが、サービスエース8本、1stサーヴWIN82%、2ndサーヴWIN70%、ネットも25回出て72%WON、ウイナー35本、UE14本はすばらしいスタッツです。トータルポイント2/3以上の67%WONというのも最近記憶にない数字です。3セットマッチで試合時間1時間12分はたぶん最短かそれに近い数字?ベーグル焼いたのはRGの4Rのベルダスコ戦以来で今年4回目(シュワルツマン、シャルディ、ベルダスコ、チェキナート)です。まあ相手がクレーからいきなり経験のないグラスという選手相手でしたが、疲労も避けられたし、ケガの具合は完全には分かりませんが、順調な滑り出しですね。久しぶりのスカッとする試合でした。

      引用  返信

  • 全仏前の東アジアCHシリーズで大活躍し、東アジア勢の壁になっていたチェキナート選手を寄せ付けず・・・(V)o¥o(V)
    貫禄の勝利でしたね~(V)o¥o(V)
    2Rも頑張れ~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • 気持ちよく終わった試合でしたね。どこも痛めたような様子はなく良かったです。

      引用  返信

  • 錦織選手、まずは初戦圧勝です。
    完璧なテニスでした。
    相手が直前までクレイの大会に出ていて芝の練習もできていない状況だったことを差し引いても、圧倒的な強さでした。
    ハラハラする場面は皆無でした。
    こんなに安心して観られるWBなんて!
    身体の負担を考えると超省エネ試合だったこともありがたいですね。

      引用  返信

  • ちょっと楽勝すぎて、逆に先が心配になる老婆心(笑) 痛みはまったく無い様にみえましたが。

      引用  返信

  • 初戦突破、おめでとうございます!快勝そして圧勝でしたね。圭くんの試合でこんなに安心して見れたのはいつぶりでしょう。
    兎に角、ほっとしました♪

    雨が降る前に終わって良かったです。

      引用  返信

  • あれ?なんか静か?皆さんどこいっちゃったの〜(^O^)
    錦織選手、初戦突破おめでとうございます。
    お見事でした。
    私もですが、あまりに素晴らしいスタートに「このまま行けるのか?」
    「体はどうなの?」と懐疑的な気持ちがありつつの観戦だった人が多いかな?
    団長さんも「追わない?大丈夫なのか?」となんだかいつもよりかなり慎重に
    気を引き締めて(笑)の観戦だったような( ̄▽ ̄)
    でも、最後には「ビッグサーブ爆誕」?ってなんですかあ?団長さん(笑)
    いやあ〜、ほんと完璧でした(((o(*゚▽゚*)o)))
    私はデルポトロなどと練習してきて、芝でのテニスを実戦的に確かめたいこと
    がたくさんあって、自分のプレーに集中していたのではと思いました。
    まず、今日は自信を持てる内容でホント、よかったです。
    次も超楽しみです。
    錦織選手、ありがとう!!!

      引用  返信

  • ご無沙汰です。

    芝のテニスを見つけた!という程ではないかもしれないですが、良い形でした。もちろん、相手のレベル次第という点もあるのですが、ストロークにこだわり過ぎず、フィーリングを信じて回転数を落として突き球気味のボールで展開を早くする、というのは合ってそうな気がしますね!!

    クレーシーズンもサーブは良かったので、こっそり期待してます。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。