1stセットもったいなかったが立て直しは素晴らしかった。アンダーソンの集中力に脱帽(2018ニューヨーク準決勝)

2018 New York (ATP 250)
Semifinal
Kevin Anderson[1] def. Kei Nishikori[5], 1-6,6-3,6-7(4)

1stセットははっきり言って酷い内容でしたが、それを差し引いても非常に収穫の大きい試合だったと思います。
復帰から3大会、着実に完全復活への道を歩んでいると感じます。順調です。

半年近いブランクから復帰して間もない錦織と、全米を準優勝してキャリアハイに迫るランキングまで戻してきたアンダーソンの対戦は、昨年の2対戦(錦織の2勝)のころとは状況が大きく違います。

2ndセットでの修正力、ファイナルセットで全てキープしたことは自信を深めるのに十分ですし、ファイナルセットのアンダーソンのサービスゲームは完璧でした。
サービスエースがこのセットだけで11本、1stサーブの確率は84%でしたから。唯一のブレイクチャンスにもコーナーにサービスエースが来ました。

錦織も、ファイナルセットは1st確率が55%と低いながらも1st、2ndサーブとも80%以上の得点率だったので、ほぼ完璧だったと言えます。
ただ、そのサーブの確率の差がタイブレイクに出てしまいました。

タイブレイク、アンダーソンは5本中4本の1stサーブを入れてきました。
錦織は驚異的なディフェンスで1本はミニブレイクしますが、圧倒的なサーブ力を背景にリスクを負ったストロークの攻撃を見せるアンダーソンの前に、ほんの僅かな差で敗れてしまいました。

4−5から1stサーブが入らなかったことが非常に痛かったですね。ここでセカンドサーブを叩かれマッチポイントを握られてしまいました。

しかしほんの僅かな差です。正直、フォアについてはイマイチだったと思います。ミスは減らすことはできましたがタイブレ3−1でのフレームショットは弱気になったとかではなく、技術的なものだと思います。
逆に言えばこの状態でもアンダーソンにここまで対抗できたということは、大きな大きな収穫です。

試合ごと、1試合の中でも波があるのは十分想定していましたし、故障前でもそういう傾向がありました。
今日の第1セットを見たら、普通は持ち直したとしても1-6,2-6くらいで負けることを予想します。
相変わらず呆れるの修正力です。(ここは、呆れるほどのスロースターターとは言わないでおきますw)

とにかく私はフォアが気になりますね〜。
技術的なものです。
ひょっとしたら気持ち的なものもあるかもしれません(推測です)。
そもそもフォアの方がフォームの自由度が大きいので、バックの方が安定しているというのは普通のことなんですが、それにしても不安定ですね。
どういう視点で見るかによりますが、トップ10に復帰するという視点で見るなら、いずれは克服しなければならない課題だと思います。
今のところ、解決策が「しっかりボールを待って、持ち上げる」しか見えないのです。それはそれで良いのですが、攻撃力には欠けます。
その状態で攻撃力を出そうとしても(スイングスピードを上げようとしても)、フォームが崩れてフレームショットの確率が増します。

前に入って打つフォアハンドを増やすことと、テイクバックと打点の高低差を減らした打ち方を取り入れる必要があると思います。
(バックハンドはできています)
文字にすると説明が難しい。

グリップ厚いのでそういう打ち方は簡単ではないです。
後ろからでももっと強力な球を打つか、今の解決法(持ち上げる)ならもっとコースが厳しくないといけません。
それか、アングルを上手く使うか。
フォアに振られたときにフラットな当たりでカウンターを打ちづらいフォームなので、そこを狙われます。

ナダルのように、フォアに振られたときに打点を落としてでもストレートに回してくるとか、
ラケットを体から遠いところにセットするカウンターのフォームを取り入れるとか
なにか1本で逆転できるショット欲しいですね。
(調子がいいときはそういうショットが見られます。今の復帰段階では難しいでしょう。)

141 件のコメント

  • あけびさま
    ご返信ありがとうございます。

    御指摘の通り「色々と確かめたい時期」だと思いますますし、ノーリスク・ハイリターンというくらいのメンタルで良いかなって思っております。

    逆に先述しましたが、アカプルコは北米MS2連戦に向けて「立ち位置」を気にするだろう選手が多数いますからそちらの方はピリッとするでしょうし、特にソック選手は北米MS2連戦の失効ptが960pt(IWがSF、マイアミがQF)の上に今シーズンは実は未勝利ですから、もしシードと当たるならロックオンしています。

    NORICHANさま
    オンデマンド凄いですね!
    そして大会のチョイスもなかなかニクい!
    これは「錦織仕様」というより「杉田仕様」に近い感じがします。後はここに太郎&西岡両選手が絡んでいけば言う事無しですね。

    会員になろうかな・・・?

      引用  返信

  • すみませんどなたか詳しいかた教えていただきたいのですが、wowowでツアー大会を配信するようになるとtennisTVの配信には楽天オープンやこの前のニューヨークみたいにブロックがかけられちゃうのでしょうか?

      引用  返信

  • 日本国内の放映権は複雑みたいですが、(ツイッターに流しましたが)Tennis TVのジオブロックの説明には、
    ◯ ATPワールドツアー・マスターズ1000トーナメント、日東ATPファイナルズ、Next Gen ATPファイナルズには、放映権の制限はなく、世界中のどの国でもライブまたはオンデマンドで視聴できる。
    ◯ ATPワールドツアー500は、通常トーナメント開催国(ホスト地域とかホスト国と呼ぶ)でブロックされる(なのでジャパン・オープンには日本でブロックがかかっています)。
    ◯ ATPワールドツアー250も、通常トーナメント開催国でブロックされるが、場合によっては(放映権の問題により)他の国でもブロックされることがある。
    とあります。先日のニューヨーク・オープン(ATP250)は最後のケースです。2018年のジオ・ブロックのリストでは、MS1000, Finalsは全て制限なし、ATP500は開催国のみでブロックまたは制限なし、となっています(今のところ)。錦織選手が順調なら、今後ATP250に参加する確率は低いと思うので、原理的にTennis TVで錦織選手の試合を視聴できるはずです。なので、Tennis TVの説明を素直に読むと、WOWOWがオンデマンド放映するせいで、Tennis TVが日本だけに(少なくともMS1000, Finalsでは)ジオブロックをかける事態にはならないと思うのですが。。。なったら、大顰蹙ですね。

      引用  返信

  • ただTennis TVでは放映されないグランド・スラムも含めて、日本語解説でほとんど全ての試合を視聴できるというのは魅力だと思うので、やるならWOWOWには長期的にやって欲しいですよね。

      引用  返信

  • ゆきんこりさん、返信ありがとうございます!
    僕はあくまでもホームステイしたいですね笑 何故って、絶対経験できないツアー体験出来そうですから。だからあくまで「しもべ」でお願いします笑

    ゆうたさん、今度はチリッチですか。リオデジャネイロでモンフィスに負けましたね。ここにきて疲れかな。

    錦織が負けたり出場しなかったりの週はコメントが極端に少なくなる中、コンスタントに情報を提供してくれるNORICHANさん、ゆうたさん、れいさんには本当に感謝です。

      引用  返信

  • 本日、WOWOWのメルマガでも流れてきました。
    マジですかって!感じです(*^^*)


    「男子テニスATPワールドツアー」をWOWOWメンバーズオンデマンドで限定ライブ配信することが決定いたしました。
    2018シーズンは、現地2月26日から開催される錦織圭出場予定の「男子テニスATPワールドツアー500 アカプルコ」と、
    杉田祐一出場予定の「男子テニスATPワールドツアー500 ドバイ」を皮切りに、
    ATPマスターズ1000の全9大会、ATP500の10大会、ATP250の12大会、
    そして年間ポイントランキング上位8選手だけが出場可能となるツアー最終戦ATPファイナルズの合計32大会を配信します。

    錦織選手の本格復帰となる2018シーズン。
    杉田選手をはじめとする日本人選手や世界のトッププレイヤーたちの活躍を、圧倒的なボリュームでお届けします。
    是非、お楽しみください!

    WOWOW、入っててよかった

      引用  返信

  • http://www.tennisteen.it/entry-list/23057-atp-entry-list-26-febbraio-4-marzo-2018.html
    2/26週のエントリーリストです。

    ドバイ500
    杉田選手が現時点では、第8シードになりそうです。
    西岡選手もPRランキングを使用して本戦DAしています。

    アカプルコ500
    錦織選手は、現時点では、上から11番目でノーシードでの参戦になりそうです。
    シュワルツマン選手、マナリノ選手に抜かれていますのと、ソック選手のWC参戦により11番目ですm(__)m
    予選には、太郎選手が予選1シードで参戦しています。予選突破が期待されます。

    国内では、慶應CHが開催されます。
    多くの日本勢が参戦予定です。お近にお住まいの方々は観戦に行かれても楽しいかと思いますm(__)m

      引用  返信

  • 今晩は。
    団長さまもリツイしていらっしゃいますし、ご覧になった方も多いと思いますが本日未明、錦織選手無事アカプルコ入り。大会公式が日本語でウェルカム。
    https://twitter.com/AbiertoTelcel/status/967129531789336576

    本日は休む間もなく、予定通りナダル選手と練習。その後現地ファンとニッコリ。
    実は2人の練習風景、この方が発信者と思われるSNSにアップされているのですが、一般の方のようですのでご紹介は控えます。
    同じく大会公式より。錦織選手、日本語の挨拶は日本語で返します(笑)
    https://twitter.com/AbiertoTelcel/status/967214823535726592

    そして西岡選手も無事ドバイ入り。調子良さそうで何よりです。PRで出場ですし、心置きなく暴れてくださいな。
    https://twitter.com/yoshihitotennis/status/967321367224946688

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    ゆうたさま
    私もWOWOWさんのラインナップを見た途端、これは仙人仕様だなっと(笑) 
    で、問題は時間帯ですね。ライブ配信が自宅に居られる時間帯と一致するか、が最大のネックになりそうです。ライブですもの、ライスコのごとく職場で裏画面でコッソリ、というワケにはいきませんや(苦笑)

    温帯低気圧さま
    いつもありがとうございます。
    ただ、私に関してはたまたまです。ここ1年、私のコメント数増はたぶん金曜土曜に集中。単に仕事と生活パターンによるだけなのですが、実は金曜土曜は、ツアー各大会がQFやSFまで進捗、翌週大会の予選開始、出場予定選手のOUT&IN、大会開幕セレモニーと各選手のコメント、本戦ドローの発表等々で、テニス・メディアの情報アウトプットが一段と多くなるので、私のピックできる情報が必然的に多くなるだけです。
    錦織選手が上位進出しない限り、金曜土曜まで試合はありませんから、彼以外の情報も多くなってしまいます。ただ、少なくとも私には、錦織選手や日本選手に関連する情報、と解釈できる情報のみのつもりなのですが(苦笑)
    何卒ご了承願います。

      引用  返信

  • こんばんは~ アカプルコ500 2月27日~ 19時~
    BS朝日で、 放映でしょうか? 決定ですか?~~… 見間違いですか?

      引用  返信

  • 薄紫さん,
    うちの番組表には、BS朝日で放送するのは、リオ・オープン決勝となっています。でも時間は2月27日の2時~4時なんですよね。これとは違うのでしょうか?。

      引用  返信

  • 温帯低気圧さま
    チリッチ選手に関してはこの後の北米MS2連戦に向いて無理をせず、といった感じでしょうか。アカプルコでサーシャ選手が準優勝しない限りは第4シード以内は確定ですから。

    NORICHANさま
    基本的にはオンデマンドはWOWOW&ガオラの補完メディアの位置付けですね。

    錦織選手の大会は元々ほぼ先の2メディアでカバー出来ますが杉田選手の大会特にATP250はフォロー仕切れなかった大会がありましたのでありがたいかなっと。

    時間帯については北米は諦めていますが、杉田選手はどちらかといえば欧州傾向にありますし、言い方あれですが未だナイトセッションを用意される立場では無いので日本時間としてはバッチリかなって思います。

    後は他の日本人選手が絡んでくれればと思います。特に太郎選手は昨年は対象の大会に結構出場していましたから。

      引用  返信

  • http://www.protennislive.com/posting/2018/807/mds.pdf
    アカプルコ500の本戦ドローのPDF版です。錦織選手が参戦しています。

    http://www.protennislive.com/posting/2018/807/mdd.pdf
    アカプルコ500のダブルス本戦ドローです。マクラクラン選手組が参戦しています。

    http://www.protennislive.com/posting/2018/807/qs.pdf
    アカプルコ500のシングルス予選ドローです。
    太郎選手が1シードで参戦しています。初戦突破で、予選決勝に進出しています。

      引用  返信

  • うっ!
    シヤポバロフ選手ですかあ!
    まっ、今は受けて立つというよりチャレンジャーですからね。
    その気持ちで戦えたら、いい相手かな?
    今デルレイビーチで戦っているシヤポバロフ選手が優勝したりすると、いい気分で来るかもなあ。
    でも、逆に怪我明けの錦織圭選手には負けられないとか思ってくれるといいかもな…。団長さんのプレビューが楽しみ♪

      引用  返信

  • 今日は。
    ゆうたさま、下団さま
    アカプルコ500の本戦ドローありがとうございます。順当に、いえ何が順当かはもうわからないですがこんな感じでしょうか。
     1R:シャポバロフ選手
     2R:ティーム選手
     QF:デルポトロ選手
     SF:ズベレフ弟選手
     F :ナダル選手/アンダーソン選手
    ううむ…。
    前半は言葉悪く言うと「若手狩り」、後半は「リベンジ祭り」ですかね。そして境目のデルポトロ選手とはこんな繋がり。キッズ・デーで2人仲良くお子ちゃまサービス! 
    大会公式SNSより。
    https://twitter.com/AbiertoTelcel/status/967533289568391168

    そして当の本人錦織選手は、先ほどまで行われていたダニエル選手の予選1Rを観戦。
    同じく大会公式SNSより。
    https://twitter.com/AbiertoTelcel/status/967558485012606976
    錦織選手の応援の甲斐あって、ダニエル選手は無事R突破。ぜひ本戦入りしてくださいな。
    ただ予選勝者の入る位置が…。ティーム選手、ソック選手、コキナキス選手、そしてまたもやの「アイツさん」とは(苦笑)

    フォーラム・鼻血ブログラボ「南蛮渡来の庭球情報」トピでのご紹介情報です。
     ◆ズベレフ弟選手、フェレーロ氏とのコーチ関係を解消、後にはたぶん…な件、etc。

    では団長さまのプレビュー記事、楽しくお待ちいたしませう。

      引用  返信

  • シャポバロフ選手になりましたか。
    確かナダル選手と練習していたからサウスポー対策はバッチリ!。(もしかして予知能力があるのかな)
    今度は、どんなテニスが見れるのかドキドキワクワク。

      引用  返信

  • NORICHANさま
    ご返信ありがとうございます。

    シャポバロフ選手が準決勝敗退で、錦織&杉田両選手の初戦の相手は期せずして「前週のセミファイナリスト」となりました。

    なんというシンクロ率でしょう!エヴァも真っ青ですね😏😏😏(分かりますかね〜?😅)

      引用  返信

  • 皆さま、アビエルト・メキシカーノ・テルセル 大会のドロー情報ありがとうございます。
    シャポバロフ選手(やっと最近名前と顔が一致するようになった)との初戦は、何ともワクワクじゃーね。やっとテレビで、ライブ観戦できるんじゃねー。記事たても楽しみにまっちょります。

      引用  返信

  • いきなりシャポバロフ選手と聞いた時には、楽しみなような怖いような…ワクワクのようなハラハラのような…の思いがグルグル回っていましたが、誰と当たっても厳しいことには変わりがなく…。
    むしろ今の錦織選手には、相手が強いほどスポンジみたいに吸収して体が思い出し、どんどん覚醒してパフォーマンスが上がりそうな予感もする。
    インディアンウエルズ前に、ステップアップしていくにはちょうど良いかも、とも思います。
    ナダル選手とはファイナルまで当たらないし、A.ズベレフ選手ともセミファイナルまで当たらないから、そう考えるとまあまあいいドローかもしれません。
    一つでも多く勝ち上がってほしいな。

      引用  返信

  • 今晩は。
    早速ですがゆうたさま
    錦織選手と杉田選手のシンクロ率、何気に凄いですね。
    宿題の答えは「残酷なテニスのテーゼ」もしくは「残酷な天使のテニス」ということでよろしいでしょうか(笑) いえ仙人のテニス、かな。

    さて、決勝あれこれ。
    せっかく先週呪縛が解けて、3大会とも第1シードが優勝したというのに、今週はまた振り出しに(苦笑)
    決勝カード、リオ500は第6×第8、マルセイユ250は第3×第9、デルレイ250に至ってはノーシード×WC、と、もはやシードはただの背番号と化しています。それは同時に現在の男子テニス界が、誰が優勝してもおかしくない、誰にでも優勝できるチャンスがあるという、群雄割拠の熾烈な世界であることの証でもあり…。

    残念なのはデルレイのシャポバロフ選手。
    18歳ツアー初優勝がまたもや掌から滑り落ちました。果たしてお誕生日の4月15日までに実現するでしょうか。残るはもうMS2大会とその翌週の大会のみです。ああせめて優勝年齢だけでも錦織選手と並んで欲しい。
    特筆すべきはマルセイユのベルダスコ選手。
    ダブルスは優勝、シングルスも決勝に進出。齢34にしてこの活力! 以前フォーラムでご紹介したのですがこの方、現役引退後は、ウソかマコトか俳優を目指すと公言(苦笑) 撤回してぜひテニス界に留まって頂きたい。

    もう1つビックリしたのがアカプルコ500のドロー。
    そのベルダスコ選手、1Rの対戦相手がマルセイユ決勝相手のシュワルツマン選手! 今週決勝で対戦した後、来週の初戦でまた対戦って…。これ、最短のリベンジ・カーニバルですね(苦笑)

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • NORICHANさま
    「残酷なテニスのテーゼ」・・・、座布団はそのままで。

    マルセイユの決勝カードって次のドバイの2Rになる可能性があり、ドバイ自体決勝が土曜日&32ドローなので日程的にもキツいと思います。そしてプイユ選手の対抗山の主のジュムフール選手はマルセイユで途中棄権しています。

    そしてそのハーフに杉田選手が居ます。

    明らかな「チャンスステージ」だと思いますし、こういう場面で取れるのかが今のランクをキープしGSシードやコミットメントになれるかの分水嶺だと思います。

      引用  返信

  • 今晩は。
    ゆうたさま
    座布団持っていかれないのですね、良かった。
    で私、何を間違ったか、ベルダスコ選手vs.シュワルツマン選手の決勝カードはリオ500でしたね(苦笑) 誤解された方、申し訳ございません。ゆうさたま、さりげなく訂正あざっす(笑)

    ところで、ATP公式HPスペイン語版に、ダンテ・コーチが錦織選手を語る記事がアップされているのですが、英語版にはまだ反映されていません。ダンテ・コーチが何を語っているのか知りたいっ! タイトルにはあの方々のお名前もありますし…。これ、翻訳出ますかねえ。
    <Nishikori, Inspirado En Los Regresos De Federer & Nadal>
    http://www.atpworldtour.com/es/news/acapulco-2018-feature-nishikori-bottini

      引用  返信

  • NORICHANさんご紹介のスペイン語記事ですが、ダンテコーチのコメントを中心に、ざっと訳しておきますね。

    <錦織、フェデラーとナダルの復帰に刺激を受ける>
    「何よりも重要なのは、圭が痛みを抱えることなくアカプルコ入りしたことだ。先週出場したNYオープンは幸い良い結果を残せた」
    「(ツアーを離れていた5ヵ月の間に手首の)痛みが戻ってきたこともあったが、そんな時自分はケイのそばにいて、常に励ましの言葉をかけるようにしていた」
    「僕がケイに言ったのは『こうして努力を続けていれば、結果はついてくる。後になって、あの時がんばっておいてよかったと思うはずだ』ということ。’Embrace this moment’という英語の表現も使って伝えた。つらい思いをした後にはきっと報われる時がくる、と何度も繰り返して言ったんだ」
    「ケイがこの試練を乗り越えて強くなってくれると願っている。ロジャーやラファ、ゴファンのように、怪我で離脱した後に強くなって戻ってきた選手の例を挙げてケイを励ました。君も彼らのように復帰できるはずだ、と。ケイも『自分もやれる』と信じるようになった」
    「離脱している間の時間を使って、ツアー参戦中にはできなかったことができたのはよかった。今まで十分な休みが取れなかったからね」
    「笑いも、つれづれを慰めるのに役立った。ケイが落ち込んでいる時、僕は彼を笑わせよう、リラックスさせようと冗談を言ったり、テニス以外の話題も口にしたりした。スペイン語も少し教えて、楽しませようと努めた。罵り言葉も、『Vamos』『Dale』(行け!)のような励ましの言葉も覚えてくれたよ。どちらも彼のこれからのキャリアに必要だからね」

      引用  返信

  • アカプルコ500の現地時間の2/26日のOOPが出ていますが、錦織選手の初戦は予定されていません。
    現地時間の2/27日以降になりそうですね。

      引用  返信

  • だいあんさん,
    ダンテコーチのコメント、ありがとうございました。ダンテさんのような人が
    錦織選手に寄り添ってくれて、復帰後の明るさを引き出してくれたことに感謝!
    青年らしいみずみずしさが蘇ってますよね、ホント(⌒▽⌒)

    YouTubeでシャポバロフ選手とティアホー選手の試合を見ましたが、去年、ナダル
    選手に勝った頃の勢いはあまり感じませんでした( ̄▽ ̄)
    去年の受けて立つ立場だったら厳しかったかもしれませんが、今はピチピチの新鮮
    な状態ですからねぇ…。
    もちろん勝って次の試合に進んで欲しいですが、まずはシャポバロフ選手相手にフ
    ットワークの軽い動き回る錦織選手のプレーを見てみたいです(*^_^*)あと、サーブ
    の調子がどのくらいいいかなあ…。

    ROMさん、キッズデーイベントの動画をありがとうございました。
    登場した錦織選手の表情、いいですね。キッズを対象に何をやるのかな?
    軽く試合?ほっぺにテープでマイクの線を貼ってましたね(笑)楽しくおしゃべりし
    ながら、プレーを見せるのかな?エキシビみたいに。
    デルポトロ選手とだったら、二人してゆるい雰囲気を醸し出すのが目に浮かぶ。
    楽しそうだな♪( ´▽`)

      引用  返信

  • 今日は。
    だいあんさま
    ダンテ・コーチのコメント翻訳ありがとうございました。実はハナッからアテにしていました、薄々気付いていらっしゃったと思いますが(笑) 英語訳からの意訳ですとどうもニュアンスが異なってしまう気がして…。
    何とゴファン選手も引き合いに出していたのですね。彼のRGでの怪我は不慮のアクシデントなのに…。でもフェデラー選手やナダル選手の復活劇だけでは少々敷居が高い気がしますものね。「同世代のダヴィドも復活したんだから君にだってできる」の方が、よほど説得力ありそうです(苦笑)

    あけびさま
    公式SNSにこんなのが挙がっていました。
    https://twitter.com/AbiertoTelcel/status/967879403966476288
    ミックス・ダブルス! 組み合わせはムラデノビッチ選手/デルポトロ選手とコルネ選手/錦織選手。
    なのでキッズ・デーの内容を想像するに、この2組の対戦と、この2組に子供たちが数人で一斉に挑戦する、いわば楽天ドリーム・テニスの対キッズ戦・アカプルコ版ではないでしょうか。
    違っていたらごめんなさい。

    さて優勝つれづれ。
    2/16週は、蓋を開ければお初シリーズだったのですね(苦笑)
    リオではディエゴ君が500大会初優勝、マルセイユではカレン君がインドア・ハード初優勝、そしてデルレイではフランセス君がツアー初優勝と、どこもかしこも初尽くし。そういう流れの週だったと。

    さあアカプルコ500です。ドローも出たことですし、団長さまよろしくです。圧ではありません、念のため(苦笑)

      引用  返信

  • NORICHANさん,
    早速ありがとうございました。とっても楽しそうで錦織選手の子どもたちに
    向けた笑顔が目に浮かびます(⌒▽⌒)
    オリンピックは終わってしまいましたが、テニス界も目が離せない展開でワク
    ワクがずっと続いていくのがうれしいです!
    なにかと馴染みのあるシュワルツマン選手やティアホー選手の優勝にも拍手👏

      引用  返信

  • NORICHANさん、うすうすどころかしっかり気づいていましたよ(笑)。
    実はATP公式のこの記事、今朝、錦織ファンのカナダ人の友人が翻訳ソフトで訳した英文を「この翻訳、意味わかる?」と原文とともにメールに貼り付けて送ってきよりまして、どこの翻訳ソフト使ったのか知りませんが、訳文は主語や時制がめちゃくちゃになっていました。スペイン語は動詞の活用で主語などの人称が類推できることが多いため、くだけた会話体では主語が省かれていたりするんです。そういう文章を機械翻訳にかけると、原文に主語が明示されていないせいもあって、おかしな訳文ができあがってしまうことも多々あるみたいですね。

    あけびさん、復帰後の錦織選手の表情の明るさは、私も画面を通じて感じていました。すごく嬉しいですよね。
    シャポバロフ戦、日本時間だと2/28かな? どんな試合になるか、楽しみでしかたがありません。

      引用  返信

  • NORICHANさま
    シュワルツマン選手、2度目の優勝ですが実際は初優勝並みに喜んでいるかもしれません。

    確か初優勝した16年のイスタンブールは、決勝の対戦相手のディミトロフ選手がチャンピオンシップ・ポイントでラケットを破壊して警告ポイントで試合終了となり大ヒンシュクを買ったインパクトの方が大きかった記憶がありますので。

    シュワルツマン選手のランクアップもそうですが、あの時「プチ・トミック」並みに迷走状態だったディミトロフ選手が今ここまで上がってくるとは・・・

      引用  返信

  • 今日は。
    あけびさま
    錦織選手って、子供たちに向ける笑顔が一番楽しそうですものね。できることなら自分も子供に戻って抽選に参加したいですもの(笑)
    だいさんさま
    バレバレでしたか(苦笑) そうなんです、英訳しておかしくなり、更に自分で訳してまたおかしくなり、のリフレインはもう飽き飽きなんです(笑)

    ところでデルレイ。優勝者は錦織選手と何かと比較されることが多いようです。で、関連する2つの記事に面白い記述が。UbiTennis記事ですので、URLは貼らずタイトルだけご紹介。検索願います。

    まずはこの記事。
    <Tiafoe Youngest to Win ATP Title Since 2002>
    ・タイトルに「2002」とあるのは、USA選手として2002年以来の、という意味です。その優勝者はA・ロディック氏。
    ・一番若い優勝者は10年前のケイ・ニシコリ。18歳と1ヶ月(?)で優勝。
    ・記事中でティアフォー選手は「Big Foe」と、ニック・ネームで呼ばれています。
    ・準優勝のゴヨブジク選手、実はUSA選手が大の苦手(苦笑) これで通算2勝18敗! 逆に2勝を誰から挙げたのか気になります(苦笑)

    続いてこの記事。
    <Tiafoe Reaches First Career ATP Final in Delray Beach>
    こちらは対シャポバロフ選手戦直後のコメントが中心。この対戦は「Big Foe vs.Shapo」との表現。2選手のコメントがまた興味深い。
    ティアフォー選手曰く
    「こんな結果(決勝進出)になるとは思ってなかった。これから先、10年、15年と何度も彼(シャポバロフ選手)の顔をネットの向こう側に見ることになる(対戦するってことですね)だろうね。超楽しみ」
    シャポバロフ選手曰く
    「フランシスを称えなきゃ。この暑さで1週間の間、トップ選手たちを次々倒していたんだから。でも僕にとっては素晴らしい週だった」

    シャポバロフ選手、デルレイで確実に手応えを掴んだご様子。さあアカプルコ、充実感溢れる彼を錦織選手はどういなしてくれるでしょう。楽しみですね。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • 連続投稿失礼致します。
    ゆうたさま
    確かにシュワルツマン選手の喜びようったらないですものね。これですもの。彼のSNSより。
    https://twitter.com/dieschwartzman/status/967889721170022401

    それに今ATP公式確認したら、これで初のトップ20入り。
    一昨年こちらで話題になった「ダビデとゴリアテ」、錦織選手のダビデ仲間ともいうべきシュワルツマン選手にゴファン選手の活躍を目の当たりにしたら、本家本元リアル・ダビデの錦織選手、奮起せずにはいられますまい。

      引用  返信

  • Gojowczyk選手は通算2勝なわけがなく、今回もisner選手、opelka選手、johnson選手を撃破しての決勝進出ですぞ??逆にアメリカンキラーなのでは???

      引用  返信

  • 今日は。
    ?さま
    ありがとうございます。全く仰るとおりです。ゴヨブジク選手は大のUSAキラーでした。大変失礼致しました。
    何を読み違えたか、彼の対USA選手勝敗は18勝2敗! 全く逆でした…。
    そしてその2敗がティアフォー選手に土つけられた唯一の、いえ唯二の対USA選手敗戦と。慌てるとこうなります(苦笑)

      引用  返信

  • 団長さまの記事に、もう楽しみが倍倍増❗
    錦織君とシャポバロフ君の試合、早く観たいですね!試合日時の情報も、ありがとうございます。
    錦鯉たちにも、やっとホントの、球春、到来じゃねー。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。