錦織圭、大事を取ってアントワープは欠場も、ウィーンには出場予定

錦織圭はアントワープ1回戦の直前で欠場となってしまいました。
1つ前の記事で、「経験則から50%以上の確率で欠場ではないか」と書きましたが、本当にそうなってしまいました。
こういうときだけ逆フラグが機能しない・・・。

「肩が100%ではない」錦織圭が試合直前に棄権。次戦はオーストリアのATP500大会を予定 | THE DIGEST

ただ来週のウィーンには出場意欲を示しています。そのあたりはまた、記者の長谷部良太さんが詳しく教えてくださっています。
ほぼ原文のままだと思います。ありがたいですね。

と、不安な内容と希望が持てる内容が同居するインタビューでした。

現地まで行って試合直前まで決断をしなかったということは、出場できそうな感じもあったということ。
一方で痛みが長引いているというのは潜在的な悪化リスクがあるかもしれない(ないかもしれない)という状況であること。
そして、改造したはずのフォームが悪影響を及ぼしているかもしれない可能性。

ちゃんとフォームをチェックしてみたいですが、肩を痛める動きってどんなのだろう・・・。
背中の方に引きすぎると肩がロックされてしまいますが、どちらかというとそれを抑える方向のフォーム改造をしているように見えるしなあ・・・。

ともかく、今年はもうGSないし、無理をする場面ではないのは明らか。
ウィーンには出場する意向なので、回復を祈るしかないですね。

我慢です我慢。

我慢が美徳とは全く思いませんが、それでも我慢が必要なときはある。今がそれ。
錦織もファンも。

前にも書きましたが、こんなときでも応援し続ける者だけが来たるべき歓喜の瞬間を見逃さない。
今はその瞬間が早く訪れることを願うのみです。

67 件のコメント

  • ただでさえ「コロナブランク明け」で再開後に難しい流れに苦しんでいる選手も多い中で錦織選手はそこに「故障明け」も加わっています。

    そう意味では錦織選手と状況の似ているモンフィス選手の「昨日の惨劇」を見ると、試合の出場には慎重に慎重を重ねて判断して欲しいと思います。

      引用  返信

  • ゆうたさんのご意見に同感です。
    ティームとの対戦を楽しみにしていましたが、こんなに早く実現しなくても、とも思っていたので、楽しみは後にとっておくことにします。

    復帰戦をどう選びどう戦うかって、本当に難しいことなんですね!ハイレベルのプロ選手であればあるほど。

    全仏から4週間。この間、何日位休養に専念していたのかわかりませんが、休養後の練習も肩の様子を見ながらの難しい調整だっただろうし、それで肩が治ってきたと仮定しても、思う存分プレーできる体は作りきれていなかったのではないかと想像しています。
    アントワープ欠場はウィーンに出るために大事をとったのだと見るなら、肩はほぼ完治と信じたい!!!のですが、どうなんでしょうか?来季に万全の態勢でプレーするために、怪我の再発だけは何としても避けようとしたと考えたいけれど。
    復帰間もない時点で起こった故障なので、今は石橋を叩いても渡らない位の慎重さが求められると思います。

    今、欧州ではコロナが再び猛威を奮っているようだし、何人かの方がおっしゃっているように、今季は無理をする必要もないのでは、と素人ながら思います…錦織君の試合が見られないのは本当に残念ではありますが。
    体の心配なくのびのびとプレーする錦織君を見たいと強く願っているので、その日が来るまではグッとこらえて辛抱我慢で待ちたい!と今は思っています。
    とは言え、パリ、ソフィアに参戦する場合は、もちろん全力応援しますけどね!

      引用  返信

  • 先程、一日中缶詰状態だった仕事から帰ってきて、このブログを開き、錦織選手の棄権を悟りました。正直、現実を突き付けられたようでショックでした。本人がウイーンには出たいと言っていただけに肩の状態がとても心配です。
    もとよりコーチやトレーナーはじめチームとしても、その原因を特定し回復のプログラムを組んでいるのだと思いますが、それがうまくいっていないのかなと懸念しています。
    回復が思わしくないのであれば、残念ではありますが、もはやだましだまし練習して様子を見るのではなく、思い切って今期は終了して来季に備える方がいいのかなと思い始めています。本当は錦織選手自身かチームが、可能な範囲で状況説明してくれると我々応援団は安心するのですが、それはやはり難しいのでしょうか。

      引用  返信

  • パリMSで錦織選手がOUTしました。西岡選手が本戦繰り上げDAしました。
    ソフィア250か北米CHにWCで参戦もあるかな~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • まぁ、今季終了でも致し方ないでしょう。
    来季の豪州シリーズまで約2ヶ月しか無いですし、しかも感染対策として「12月中の事実上の隔離」なんてハナシも出ている訳ですからソフィアまで粘る理由もあまり無いでしょうし。

    来季のスケジューリングとしても、GSにこだわらない18年の様な路線も含めた様々な選択肢の準備をして欲しいですね。

      引用  返信

  • ウィーンが始まる時間になってあー今頃仮眠して夜中の観戦に備えてるはずだっのになあとか思って、やっぱり寂しい😢
    錦織選手の試合が観たいなあ。応援したいなあ。

    スマホで杉田選手の勝利を知り、やったじゃん!といそいそこそこちらに来たら、パリアウトのお知らせが😱
    ある程度予想はしていたけど残念。応援する身としては。
    でも錦織選手としては皆さんが仰るように賢明な判断なのかもしれません。
    欧州におけるコロナの観戦拡大は目をおおう状態だし。
    錦織選手は体が完璧な状態でこそ力を発揮できるんだし。
    もう今期はあと少ししかないし。
    ゆうたさんの言葉でハッとしたけど、豪州シリーズまであと2ヵ月しかないってホントだわ😲
    あれやこれや体を整えて、サーブその他を強化して、体力つけて…ってやるには2ヵ月はあっという間!
    思えばフェデラー選手も来季から始動でした。おんなじじゃん!(同じではないが😓)
    期待して待っていよう。それしかできないし。
    よしっ!腹は決まった🎵
    残る大会は日本人選手の応援を楽しもう。
    ファイナルまでの攻防も、興味のある選手の応援も楽しもう。錦織選手!信じてる🎵がんばって💪

      引用  返信

  • ああ、悲しい寂しい、そして胸が痛む…
    パリも欠場ですか…それなら、ソフィアまで居残ることもないだろうな…今季終了して来季に備えるってことですよね?

    ここで落ち込んでばかりはいられないし、沈む心を奮い立たせて、前向きに考えることにします。
    アントワープもウィーンも間際まで出場するつもりで練習もしていたのだから、肩は試合に出られる状態にまで治ったが、ただ来季の活躍に備えて再発だけは恐れており、アントワープもウィーンも大事に大事をとって棄権した、と。(これが妄想でないことを願うばかり!)
    試合に出られなくて一番辛いのは本人ですから。こういう時こそ私達の応援を力に乗り越えてほしい。頑張れ、錦織圭!

      引用  返信

  • 今はひたすら我慢の時、と自分に言い聞かせます。
    でも、体の状態の詳細がわからないのが不安を呼びますね。
    ここで無理をするより万全の状態で来期を迎えることにしたのだと
    信じたいです。
    来年はきっと万全の身体で躍動する姿を見せてくれると信じて
    待ちます。

      引用  返信

  • ウクレリアンさん
    大会選びって本当に難しいと思います。
    色々なプロフェッショナルなスタッフを抱えているトップ選手でさえ「何でこの大会に参戦したの?」「試合前に棄権すべきだったのでは?」的な事で故障を発生しこじらせる事も決して珍しく無いですし、今回の錦織選手に関しては極寒の全仏への参戦についても果たして正解だったのか・・・

    ただコレは結果論に過ぎないのかもしれませんけどねぇ〜。🤔

    あけびさん
    現在、杉田&内山選手達が争っているトップ100(=全豪本戦DA)はオススメですよ〜😃

    サッカーで例えるとファイナルズ争いは「超人達によるハイレベルな戦い」に対して、この争いは「人間達による生々しい生存競争」な感が有り個人的にはめちゃくちゃ面白いっス。😤😀

      引用  返信

  • ゆうたさん,
    返信ありがとうございました。
    そうですねぇ。フォーラムにいくとそういう生々しい笑
    情報が飛び交ってますよねー。私は目を丸くしながらそれらの情報についていくので精一杯ですけど、これからも楽しませて頂きます🎵
    今ウィーンでデミトロフvsハチャノフ戦、デミトロフがいい感じで勝ちました。彼も苦しい時期が長かったようだけど、ここ最近の大会で随分戻してきてるなあと。やっぱり戻すには、さらに進化するには、時間がかかるということですね。対するハチャノフを見ると、同じウィーンで錦織選手と対戦したときの呆れたような表情を思い出す…。あのときの錦織選手は本当に強かったからなあ。………………………………やっぱりなに見ても錦織選手につなげてしまうファンの寂しい心理😓 
    いかん😵💦楽しもう、たのしもう、タノシモウ💧

      引用  返信

  • ゆうたさん、全仏は寒いうえに2試合連続5セットマッチのフルセットタイブレーク付きでしたからね。1回戦はその上に雨風にも晒されて中断もありました。
    コロナのせいで日程がずれてこうなったわけで仕方ないこととは言え、踏んだり蹴ったり状態の最悪コンディション下での錦織劇場2連発ですからね。
    私達ファンにとっては今更言っても仕方ないことですし、それでいいんですけど、陣営においては、たとえ結果論であっても見過ごさずに、果たして全仏参戦はどうだったのか、しっかり検討してほしいです。錦織君の今後のために。いや、きっとしてくれていることと信じていますけどね。

      引用  返信

  • 残念ではありますが、コロナ禍で「我慢」することに耐性出来ちゃったみたいです笑。その上我が家には色んなことを我慢している大学生が1人おりますので、錦織選手の試合が見れないくらいで彼女の前で愚痴はこぼせません。

      引用  返信

  • 怪我直後は日々痛みが逓減していたので程々のところで練習を再開し試合に備えていたものの、肩の治りが思いの外遅く自然治癒しない何かを懸念し始めたのではと想像します。
    もちろん怪我直後に医師等の診断は受けていると思いたいですが。もう一度しっかり診てもらって欲しいですね。
    無理して試合するメリットは皆無ですし、今更負け試合から得るものもないでしょうから今シーズン終了は良い判断だと思います。一日も早く肩が完治し、今やりかけているスタイルを完成させて欲しいです。

      引用  返信

  • はい、団長に激しく同意いたします!(○´∀`)ゞラヂャ!︎💕︎💕
    お利口して待ちますとも!(^o^)ノ イエー!︎💕︎💕
    ガッツリ応援しますとも!щ(゜Д゜щ)カモォォォン︎💕︎💕

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。