錦織圭、うれしい今期初勝利をトップ20から挙げる!!短期間で驚異の復調!!!(2021ロッテルダム1回戦 vs. オジェアリアシム レビュー)

2021 Rotterdam (ATP 500)
1st Round
Kei Nishikori def. Felix Auger-Aliassime[7], 7-6(4),6-1

うれしいうれしい、久しぶりの勝利です!!!
そして内容も素晴らしい。ミスは最小限、フットワーク、スタミナ問題なし。サーブもしっかり速いのを打ってくれた!

予想以上の出来です。「過去2回の復帰より内容は良い」とは言い続けていましたが、結果が出るのはもう少し先だと思っていました。

復帰戦、メドベージェフ戦は良いプレーをしたことが収穫。しかしメドベージェフを脅かすまで至らなかった。

2戦目、シュワルツマン戦はセットを取ったことが収穫、しかしメドベージェフ戦の疲れがあり、スタミナ不足は明らかだった。

3戦目、カレーニョブスタ戦は「良いプレー」も「脅かす」も出来たが、結果に繋がらなかった。体力面では2週間の隔離の影響があまりにも大きく、トレーニングの貯金を食いつぶして状態は振り出しにもどってしまった。

1戦ずつ、「失くしたピース」を1つずつ取り戻してはいました。
そしてアメリカでしっかりトレーニングを積んだ今大会。
次のピースは、「良いプレーを、結果に結びつける」ことだと思っていました。

といっても相手は強豪FAA。勝利とまで行けるかどうかは未知数。少なくとも「良いプレー+勝負強さ」でセットを取るところまで行ってほしいと考えていました。

そしてその願いの通りにタイプレークをもぎとりました。
FAAのプレーは盤石。決定力のあるサーブとフォア。ブレイクできる隙は皆無でした。
それでもセットを取れたのは、サービスゲームの波のなさ。
無駄なミスがない。
スタートのつまづきもない。
焦りも力みもない。

2ndセットに入ると、FAAが右足の付け根あたりを痛め、ミスが増えてしまいます。
気の毒な状態でしたが、それがなかったとしても錦織有利で試合は進んでいたのではないかと思います。

トップ20からの勝利は意外にも、2019年ブリスベンのメドベージェフ戦以来、2年ぶりだそうです。

本人もファンも欲しくて欲しくてたまらなかった勝利で、今日はもう最高にハッピーな気分なのですが、まだまだ錦織の実力はこんなものじゃありません。

次のピースは、「1大会通じて良いテニスをすること」です。
今日の試合内容ではそれほど疲れてはいないとは思いますが、中1日での試合で体力が回復するかも、復帰後としてはまだ未知数です。

それをクリアすれば、次は1ヶ月、2ヶ月と良い状態をキープすること。最終的には1年を通じてコンスタントに良いプレーをし、トップ10に復帰することです。
先の道のりは長くて険しいものになりそうですが、ここまで順調、大順調です。

ちょっとだけ、「ほら、言ったでしょう!!」と言ってやりたい気分です。
誰に対してかはよく分かりませんが。

それにしても錦織はやっぱりすごいなあ。

今日の良かった点を挙げてみますね。

  • 速いサーブを打った。スピードガンは185km/h前後を示すことが多かった。コースもしっかり狙っていた。
  • リターンのタイミングドンピシャ。リターンの凡ミスほぼなし。
  • バックDTLもミスなし。コースとしても内側に入らず、しっかりコーナーを突いていた。FAAの拾いがすごいので序盤はポイントにならなかったが、途中からバンバン決まった。
  • サービスゲームの波を作らなかった。
  • 相手の強打をしっかり受け止め、向きにならなかった。高い弾道の使い方が上手かった。
  • タイブレークでも調子を維持した。
  • そもそも全然ミスしない。ミスしてもミスの内容が良い。痛い場面でのミスがない。

なんかありすぎるのですが、まあこのくらいにしておいてやろうかというくらい、良いところだらけ。
今日の試合に限れば文句ありませんし、全盛期に近い出来だと思います。
(そして上記の通り、次のハードルはこれを何試合も続けること。)

強いて悪い点を挙げるとすれば、深く入ってきた球のフォアの処理ですけど、全体的なフォアの良さの中ではマイナーな課題でした。
ジョコビッチに勝とうと思ったらこれも許されないのですが、今日の時点ではそこまで望むのは高望み。

錦織がこれだけのテニスをしていたことが本当に嬉しかったので鼻血試合にしてしまいたかったのですが、FAAの足の具合を考えて思いとどまりました。
FAAも私が応援している選手ですので、軽傷であることを祈ります。

今大会はマクラクラン勉と組んだダブルスでも注目です。明日、1回戦があるようです。
シングルス2回戦は水曜日でしょうか。
デミノーかミルマン、どっちが来ても確実な粘りのプレーを身上とする選手。今日とは違ったタイプとなりますが、嫌いなタイプではないと思います。
インドア、そして少し跳ねるサーフェス(目視での推測)は錦織にとって得意な環境ではないかな? いやー、俄然楽しみな大会になってきました。

錦織選手、今年初勝利おめでとうございます!!!

88 件のコメント

  • 0-40の大ピンチをよくしのいだ!!!!! 勉君の最後のサーブ最高!

      引用  返信

  • クボトさん怖い。
    第1セットと同じ流れになってしまったよ。
    もう一度ブレークできないかなあ。

      引用  返信

  • 4-3から、BP来ましたよ!頑張れー\(`o´)ノ
    やったぁ、ブレーク!

      引用  返信

  • ブレークした!
    キープした!

    錦織君リターン、冴え冴えじゃん。
    相手チーム、怖がってるよ。

      引用  返信

  • ナイスポーチ&ナイスウォッチで、2ndセット取ったぁ٩( ‘ω’ )و

      引用  返信

  • お見事!
    そっかあ、白いウェアの選手がクボトさんなんですね。
    勉圭さんたち2ndサーブ勝率40%台から80%に上げてきましたよ👏👏👏

      引用  返信

  • デミノーvsミルマン戦、ダブルスより先に終わっちゃったよー!

      引用  返信

  • マッチTB 3-3 集中(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾頑張れ~\(◎o◎)/!

      引用  返信

  • うーむ、残念無念。でも随所にきらりと光るプレーが見られた。

      引用  返信

  • うー!残念…勝てなくもないような展開でしたが。ダブルス3シードの意地ですかね。
    でも錦織選手が昨日見せたプレーは健在だったのでまあ、明日鬱憤を晴らしてください。相手はデミノーさんですからね(^_−)−☆ 勉圭さん!お疲れ様でした。

      引用  返信

  • 錦織君がすごく悔しそうにしてる。勝つチャンスあったもんなあ。

    こっちも悔しいけれど、錦織君のプレーがさらに上がっているのが分かったからそれは嬉しいな。勉君には残念だったけど。

      引用  返信

  • あーあ負けちゃった残念5-7.6-3.6-10
    第1セット取れてれば…
    圭勉ベアで勝ってほしかったです。
    勉くんお疲れさまでした。
    錦織選手、シングルス、デミノー選手戦
    がんばれ~

      引用  返信

  • (>_<)残念。ダブルス勉/圭ペア、5-7、6-3、6-10で敗退となりました。
    でも、リターンもボレーも上手かった〜😍

    錦織選手、シングルス2回戦はデミノー選手と対戦決定。明日から、シングルスにまた集中ですね。全米の借りを返す試合だ、頑張れーー٩( 'ω' )و

      引用  返信

  • 第3シード相手に勝てるかも?と思わせてくれましたね。
    惜しかった。
    いやー、錦織・マクラクランペア、いいですねー。
    今日は錦織選手が引っ張っているように見えました。
    錦織選手のサービスゲーム、こんなに安心して見ていられるとはっ!笑
    錦織選手のリターンの時も、相手はかなりプレッシャー感じてましたよね?
    それにしても、今大会いい感じです。
    デミノー戦、相手はボールを取りまくって来るでしょうが、がっつりいつぞやのリベンジしてやりましょう!!

      引用  返信

  • 強いペア相手に
    あとちょっとで勝てるかもしれないところだっただけに
    惜しかったですね。
    でも錦織選手はいいサーブが入ってましたし、リターンも昨日に続き
    好調で、上り調子の感じがして一安心です。
    (マクラクラン勉選手、お疲れ様でした。)

    連戦になるのでしっかりリカバリーできますように。。
    そして2019年のリベンジ、頑張って!

      引用  返信

  • 団長さんのツイキャス(シングルスの方)を先程聴き終えました。
    緊迫した場面でも余裕の実況で、途中、猫ちゃんが私も参加させて〜とばかりに鳴いているなど、今回もまたくつろいだ雰囲気で楽しめました。
    “ナダルは技術の人で、振られても低い打点からボーリングのようにフォアを打つ、あの打ち方を錦織ならできるのでは” という説明と発想が面白かったです。妄想を刺激されました。笑
    それにしても、キーボードを叩いてスコアつけながらkazuさんと対談しつつライブ実況するって、どんな超能力ですか⁈ 信じられません。錦鯉の皆さんも観戦しながら文字を打ってコメントなさっていますが、いつもすごいなあと思ってるんです。
    実は今回のツイキャス、タイムラグで30秒程度?こちらの方が早くて、少しの差なんですけど、気になって聴くのをやめちゃったんです。
    補正は、聴いている人が様々なので難しそうです。後で聴くのも試合を振り返られるし、それもまた良し、ってことで!

    ベンケイのダブルスはツイキャスでライブ観戦しました。
    “勉さんのサーブの時が活きのいい魚(カツオ?)の脚みたいで” という形容に笑えました。
    指摘した瞬間にサーブフォームが画面に大写しになったのがまた可笑しい。打った後空中でプルプルッと痙攣?みたいになってました、確かに〜!
    ダブルス、惜しかったですね。あと一歩でした。でも、ベンケイペア、いい雰囲気。2人で並んでベンチに座ってると絵になるし(って、そこ⁈) 錦織君はダブルスも上手いんだなあ。

      引用  返信

  • 初めてじっくりと勉圭ペアの試合を観ました。残念ながら負けてしまったけど、とてもいいペアでした。
    ベンチでどんなことを話しているのか、こっそり聞いてみたい。(^^)

    錦織選手は動きがよく、好調を維持してるようにみえました。
    オジェアリアシム選手戦後の会見で、「練習であまりよくなかった。でも試合にはいって突然ボールが入る気がした。」と言っていたようですが、下団さんの「アリアシム選手のテンポの良いグランドストローク戦が本能を呼び覚ましてくれたもかもしれない。」というコメントを見て、錦織選手がよく言う突然感覚が戻るってこういうことなのかもしれないと思いました。
    これまで相手選手の調子を上げる側が多かった錦織選手、たまには上げてもらう側になってもいいですよね。

      引用  返信

  • おけいさん,

    >これまで相手選手の調子を上げる側が多かった錦織選手、たまには上げてもらう>側になってもいいですよね

    本当にその通りですね。
    考えてみたら、今回シードが順調に勝ち上がったら、錦織君の対戦相手はすべて「若者」ということになりますね。
    FAA→デミノー→メドベージェフ→ズべレフ→チチパス(or ルブレフ)

    「若者のエネルギーを次々に吸い取って復活していく錦織圭」の構図ですね。

    今までと違う趣で素敵😆

      引用  返信

  • 第3シードの強敵相手に勝ってしまったら、しまったで、疲労が心配💦になるので、錦織選手好調のまま負けて良かった、なんて考えるのはホーマツの浅慮というものでしょうか😥(でも第3シードのダブ専選手に勝てるものなんでしょうか?相手の意地もあるよね)。

    へ、へ。この大会ではシングルス勝ち上がる⤴️予定なんで、ね😉
    ホセ・モルガドさんも、KEI復活‼️って呟いてるし。
    でも、デミノーさんもスゴイみたいですね😅
    団長のプレビューが待たれるところ。
    ホントにツイキャスやりながらスコア付けて、皆のコメント読むなんて、どんだけ聖徳太子なんだ😵

      引用  返信

  • 飛び起きて今日の試合時間を確認したら、センターコート第3試合のようです( ´ ▽ ` )
    おけいさん、FUMAさん、あー!そうなったら本当いいですよね。そんな予感がしなくもない。昨日の試合もなんだかそんな香りを醸し出していて…。勝ったのはデミノー、ルブレフ、ハチャノフ(ワウリンカにね)チチパス、フルカッツ…シャルデイはウンベールに勝ったけど。
    若者のエネルギーを次々に吸い取って……って(≧∇≦)ぞくぞくするような表現ですね😂それやってもらいたい!願わくば今日、マレーがルブレフに、ゴファンがシュトルフに同じように勝って、そろって復調していくっていうのはいかがかしら?

      引用  返信

  • FUMAさん

    凄い、気が付かなかった、見事に錦織選手対若者の戦いですね。
    「若者のエネルギーを次々に吸い取って復活していく錦織圭」← 😱ちょっと妖怪ぽいですが(笑)、錦織選手には鬼になってもらいましょう。(^^)

    あけびさん

    私もマレー選手やゴファン選手を応援しています。対若者の戦いに勝って存在感を示してもらいたいです。

    試合時間の情報もありがとうございます。(^^)

      引用  返信

  • 錦織選手のサーブですが、プロネーションするようになっているのではないかと思います。

    以前から、
    1)トロフィーでラケットヘッドが開きすぎ
    2)インパクト時に体が既にネットを向いていて、左手を使ってラケットのヘッドスピードを出せない
    3)プロネーションがなく折り畳んでいる
    ことが指摘されていましたが、ロッテルダム1回戦のGetty Imageのサーブ・インパクト直後の写真(4枚あります)をみると、プロネーションしています。

    マクラクラン選手と組んだダブルスで、自分の最初のサービスゲームでセカンドをかなり強めに打って大きくアウトしたDFした後のベンチで、プロネーションの仕草を繰り返して勉ちゃんと談笑しているように見えました。

    錦織選手のサーブ改造は、テークバックの簡素化、右足の引きつけとか、一球入魂(笑)とかサーブの修正が色々と言われていましたが、(以前から言われていた)フォロースルーで手首を折る悪い癖(2017年の右手首の大怪我の一因とも言われた)を直してプロネーションするようになったなら素晴らしいことだと思います(なぜこれまでやらなかったのかは謎ですが)。新しいサービスフォームに慣れてサービスゲームが安定すれば、大いに期待できると思います。錦織選手の場合、リターンゲームでブレークするチャンスは必ずやってくるので、まず自分のサービスゲームをリズム良くキープすることが一番大事、だと思っています。

    以上、素人の見立てですが、錦織選手のサーブのスローモーション映像が出れば確認できると思います。

      引用  返信

  • 『啓蟄=圭蟄』のお話を、禮さんがされていましたが、
    錦鯉たちも、一気に明るく賑やかになりますね。
    錦織選手の元気なプレー、活躍が、どれ程私たちのメンタルに影響及ぼしているのか、このご時世とも相まってホントに感じ入りました。
    これから、錦鯉の笑顔が咲く候ですね〜〜〜🤗

      引用  返信

  • , さん
    ふむふむ( ̄∀ ̄) 一球入魂とか足を引きつけるというのは私でも一目でわかる(笑)
    でも本質はそこではなくプロネーション……………そうかあ!(嘘、意味わかりません😅)調べました。前腕を掌が下を向くように手首や肘を内側に回転させること。(合ってますか?)確かにサーブの最後の形が手首を折っているのは危ない感じはしてました。ここでは手首ではなく、腕全体を内側に回転させて結果的に最後に少し手首が曲がる感じでしょうか?そうすれば前のような打つ瞬間の窮屈な感じがなくなるような気もします。
    錦織選手は今大会の前だったか新しいサーブに慣れてきたし…と言ってました!こりゃあやっぱりなんとなくいい感じになっっているのではなく、実際の様子やデータからも明らかに復活を見せていると言えるってことですよね?今日の試合では目を皿のようにして👀サーブにも注目してみようと思います。まあ、実際のところ試合が始まってしまうとそれどころじゃない自分もいますけど😅 解説ありがとうございます😊

      引用  返信

  • 禮さん、サーブについて興味深いご指摘をありがとうございます。
    あけびさん、私もプロネーションがわからなくて調べようとしていたら、もう調べてくださっていて、ありがとうございます。

    大まかに言うと、体全体(体幹)を使い肩と腕を連動(+回転運動)させてサーブを打つ、ってことですか?(大まか過ぎる。笑。それに伴う細かい技術は全て抜き!)

    昨夜のダブルスの試合、確かに錦織君はサーブフォームのエア練習?しているかのような仕草をたびたび見せていました。

    手首を怪我してから様々な試行錯誤が続いているようです。一番良い形を見つけつつあるなら、嬉しいですね!

      引用  返信

  • 怪我しやすいフォームから怪我に繋がりにくいフォームへの改善が
    昨年はいまいちうまく行ってなかった感もありましたが、
    やっと怪我しにくいフォームが安定してきたということでしょうか。
    それがさらに威力も増しているなら素晴らしいことですね。
    ずっと言われてきたサーブの問題が解消されたなら、
    トップテン復帰もかなり視野に入ってきたかも。。
    期待しまくりで、ドキドキしてきました。

    今年は世界中をあっと言わせる大復活劇が観たいなー。

      引用  返信

  • 禮さん、ありがとうございます。
    ’17年の団長さんの議論は初めて読みました(’17年は私はまだ錦鯉どころか鯉にもなっておらず、このブログの熱心な読者ではなくて)。
    で、拝読して、プロネーションについては、あけびさんが調べて書かれた説明で良いのではないかと思いました。

      引用  返信

  • 錦織選手のサーブですが、体がインパクト時にネットと並行になる悪い癖は直っているようです。ただし、1)Long axis rotationの最後に腕が上がりすぎていて肩が正しく内回転してない、2)ストリングが右側を向いていない、3)すべては肩の内回転から始まり、腕の回転/プロネーション、腕が外側へ向く動きと連動する、という指摘があります。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。