【圭ロスのお供に】ゆきんこりさん現地レポートまとめ@2016マイアミ(その2)

2016年3月28日 19:18:03

今日、西岡VSティエム戦での日差しはご覧のとおり、まあラクでしたが風がありました。 そう、西岡くん彼と戦う力は十分秘めていますね。ティエムとの差が私はもっとあると思っていたので正直驚きました。そしてああ、鯖みそさまとまったく同じことを考えていました(^^) 。

そうですね、ティエムの方がそれでも数枚上手。そしてメンフィスでも思いましたが西岡君はミスのためにもう少し残念がり方を抑えた考え方をした方がいいのかも?と頭をよぎりました。生観戦だとカメラの切り替えがないので余計たくさん見えちゃいます。

一日目にサーシャVSジョンソンも見ましたが、サーシャはミスのために他を責めます。ボールが、飛行機の音が、僕のラケットが(笑)。でもこれは、自分ならもっと出来るはずという期待度の高さ故ですね。「僕はなんで今あそこに打ったんだ、なぜ今のアウトにしたんだ」とはまた別のメンタリティ。これも良いと思いますが、セルフサクリファイス(自己犠牲)を美徳とするニッポンの心(好きですよ!) を試合中ではもっと図々しく改良したらどうなるかな、と想像してみました。
ヨッシー、頑張れ! 必ずもっと上に行けるはず!

まだ名前が浸透してないのか、「あのジャパニーズは」とか「ジャポネは」とかで、(スペイン語は当然、フランス語も多い!)「去年見たけどすっごーい上手だよ」のような趣旨の会話を二度も聞きました。メンフィスでも聞きました。本当に楽しみですね! 

実は迷ったのですが、第2セット中に西岡マッチ離席しました。圭君の練習があったのです。なおみちゃんもこの時まだ試合中だし、日本人三人が同時とは!
練習はライブで見られた方もいらっしゃると思いますが、いつものルーティンですね。スマッシュもやってました(笑)。ただ、え?もう終わり?と、いつもよりも短かったような(笑)。1分か2分じゃありませんでした?

やりたいメニューは圭くん側がきっとダンテと軽く相談しながら決めます。レシーブ練習では圭くんが自分でその場で決めて、「ファーストサーブをセンターに打って」と「セカンドサーブをバックにプリーズ」でした。英語も全く出来なかった少年が、随分偉くなったものだ{笑)、としみじみ。 最後はパートナーの方が、一緒に写真を撮って下さいと。

他の試合は、ベルダスコVSセバジョスが大接戦でした。このマッチは1番奥のグランドスタンドであったのですが、あまりの盛り上がりに皆さんたどり着く前にモニターで止まってしまい、そこに人だかりが。MPをたくさんのテニスファンと立ったまま迎えて楽しかったです。

今日もあまりの暑さにチケットはあるのに場内に入らず、芝生で休んでいる時間が長かったです。場内の日陰はどこもほとんどないので。スタバもあり、出来上がった商品を受け取るとき名前を呼ばれますが、それが、ラファエル・ナダル! だったり アナ・イヴァノヴィッチだったり、ロジャー・フェデラーだったりしました。かえって被りそうです! しかもなんでフルネーム!? 土地柄、待っているフードの数字までスペイン語でも呼ばれることがあります。特に大会会場外、街ではスパニッシュネイティヴが溢れています。

その後はガスケVSペール。ペールはなんだかふにゃふにゃプレイ(これはいつもか)でああまたUE・・。ファーストサーブも35%でまたお友達には譲ってる。なぜ圭の時にこれができない?(笑)という印象でした。その後にスタジアムに移ってジョコVSソウザ。第1セットはソウザ、かなり良い感じでしたから何とかして勝ってくれ、と思いましたが王者はここでもガチガチに締めてきてあっという間に6−1で終了。今日は以上です。再度の長文本当にごめんなさい。

56 件のコメント

  • この展開は・・・。

    錦織選手、モンテカルロに出てたらよかったのでは? と、
    思ってしまいます。
    マスターズ初優勝のチャンス
    あったかも。
    うーん、残念。

      引用  返信

  • ジョコさんでも負けるんですね。

    連戦の疲れだと思いますが、良くなかったですね。でも、べセリさんが攻めていたと思います。

    圭くんはジョコさんを絶対視しすぎているのかもしれませんね。

    このニュースを聞いて「勝てる!」と思って欲しいです。

      引用  返信

  • いやー、シード選手が軒並み苦労してますね。ラオ君もヤバかったし。よくよく考えるとバルセロナって穴場500大会ですよね。錦織君が出てない事が惜しいという意見も有りますけど、マイアミでちょっと傷めてたし、準備不足だとサーフェスの変わり目で足元すくわれかねないし、トップ選手みんな出てくるんで激戦必至だし、ポイントゲット的には意外とスキップもありかもしれませんね。バルセロナならシード通りに行けば準優勝以上な訳で、モンテカルロBest4よりはハードル低いのかもしれない。連覇してるバルセロナをスキップはしにくいだろうから、この後マドリード→ローマ→全仏と続く事を考えたら、この選択はアリだと思います。

      引用  返信

  • 団長さま、

    記事立てしていただき本当にありがとうございました。

    ぐうさん、いつかGS MS に行かれることを願っています! 観戦記、楽しみにしています。

    あじゃこさん、いつも笑ってくれてありがとうございま〜す。現地でもあじゃこさんのお顔が目に浮かびます。(存じ上げませんが)

    TRCさん、ハプニングがアホ過ぎて書くかどうか迷ったのですが、喜んでいただけて嬉しいです☺

    れたすさん、「ますます圭に惚れさせる」だなんて嬉しいお言葉〜!ありがとうございます。

    まめたさんこそ次の観戦記、私とは大違いのきちんとした文章、楽しみにしています! 

    ryoさん、一粒で二度美味しいですか? 嬉しいです! 

    よしさん、ありがとうございます。はい、きっとまた次回? も団長さんまとめて下さると思います😉

    はっさくさん、「圭ロス」じゃなくて「エロス」に見える? (*ノェノ)キャー、文章に書いちゃった! そんな会話がされてたのですね(笑)。

    圭 大好き!さん、そうですね、私のタイムリーコメント欄投下は続けさせていただくのかもしれません、ありがとうございます!

    きみまろさん、文章が途中でいらっしゃいます・・? でもありがとうございます! 

    ROMさん、あともう一度、残りの記事があると思います。ありがとうございます。

    ここまで、(その1)にコメントして下さった方にお返事をさせていただいてみました。(その2)の方へのお返事もしたいのですが、うるさいでしょうかね。いつもすみません。

      引用  返信

  • ゆきんこりさま

    お返事感激です!錦織君の試合や練習の様子はもちろんですが、他の選手の試合の事まで記事にしてくださっているのが本当に楽しく、自分があたかもその場所場面にいるかの様に感じさせて頂いてます。
    次の記事も楽しみにしています
    ( ´ ▽ ` )ノ

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。