波乱のインディアンウェルズ、準決勝でリュビチッチがナダルに勝利

2010 BNP Paribas Open
Semifinals
I. Ljubicic def. R. Nadal, 3-6,6-4,7-6(1)

フェデラーも、ジョコビッチも、マレーも敗退して4強の中で唯一SFに残ったナダルも、リュビチッチに接戦の末敗れました。波乱の今大会です。

1stセットを見る限りナダルの勝利を疑いませんでしたが、後半になるとナダルのエラーが増えて来ました。

まだまだ完全復調とは行かないナダルですが、No.1だったころが逆に異常なほど強かったという見方もできます。現時点の状態でも強い選手であることには違いありません。私は、またクレーシーズンになると鬼の強さを復活させるのではないかと思っています。

この試合は第2セットの2-2からのリュビチッチのサービスゲームがポイントだったと思います。15-40のピンチをしのいだリュビチッチは、逆に4-4でナダルのサーブをブレイクし、流れを引き寄せました。

ナダルはこのゲーム、ダブルフォルトを含めてミスが相次ぎ、痛いゲームとなってしまいました。

ファイナルセットも一進一退ではありましたが、どことなく自信なさげで動きもいつもより鈍いナダルのことがちょっと心配になりました。ダブルスも出場しているようですが、膝の故障を抱えているのに何故?と思わずにはいられません。

頑張りすぎるきらいがあるので、どっかでちょっと抜いて欲しいな、でもそれが性分だし、そうやって調子を上げていくのかな、とも思って複雑な気分になりました。

一昨年まではフェデラー派だった私でしたが(ナダルも昔から好きでしたが)、最近はすっかりナダル派です。フェデラーに全仏をどうしても獲らせたかったのですが、獲った瞬間、憑き物が落ちたようにナダル派に改宗しましたw

もちろんフェデラーも敬愛してますけど。

フェデラーやサンプラスのようなプレイスタイルが憧れですが、自分に絶対ない要素(粘り強さ、フットワーク、精神力)を持っているナダルにも惹かれます。はやく完全復活と言われるようになってほしいです。

6 件のコメント

  • おはようございます。
    31歳リュビ、勝ちましたねぇ~。
    怖い位の集中力でした。
    ロディックも良かったのですが、残念!

    私事ですが先週「修ちゃれ」がNTCでありました。
    又、GetSportsとスマッシュが取材に入っていたようです。
    今回のゲストは修ちゃれ出身の江原君と関口君だった模様。
    去年は圭君がいたのになぁ。。。
    放送日決まったらまた書き込みします~!

      引用  返信

  • >>一昨年まではフェデラー派だった私でしたが(ナダルも昔から好きでしたが)、最近はすっかりナダル派です。フェデラーに全仏をどうしても獲らせたかったのですが、獲った瞬間、憑き物が落ちたようにナダル派に改宗しましたw

    自分も全く同じ気持ちですw
    全仏で3連続準優勝で悔しくてずっとフェデラーを応援していましたが生涯GS・GS最多勝達成して以前ほど応援しなくなりました。
    逆に全仏5連覇できず、WB欠場,マスターズカップ3連敗して4強の中でも静かになっているナダルを応援しています。

      引用  返信

  • 追記。

    ブログ主さんはナダルが全仏優勝できると思いますか?
    全仏前にまとまった休養できれば良いのですが、マドリードがあるので難しいですね。

      引用  返信

  • ベホイミさんもですかw

    やっぱり日本人の気質というか、判官びいきなんでしょうかねえ・・・。
    フェデラーが勝てなくなったらフェデラーをまた応援しそうな気がします・・・。

    ところでベホイミさん、錦織の腕にベホイミかけてくれませんか。

      引用  返信

  • あ、私の予想は逆フラグと呼ばれ、迷惑する人がたくさんいるので・・・www
    可能だと思います。あ、言っちゃった!
    ナダルファンのみなさん、ごめんなさい。

      引用  返信

  • 遅ればせながらやっと書き込みに来ました。

    ラファはプレースタイルを少し変えようと頑張っているみたいですが、
    なかなかすぐには効果は出ません。
    私は試合でラリーが長引くと、最近は膝が痛みやしないかとヒヤヒヤします。
    それでも、まだまだサーブを改良したり、早めの展開でポイントを取るように改良したりと、これからも伸びていく要素はあるので、私はそこに期待しています。
    それでも、ラファの得意技の『超絶ラリー追い込まれ状況からのバナナショット』もときどきは見せてほしいですが^^;

    1ポイント1ポイントに集中する、決して最後の最後まで試合をあきらめず、1ポイント1ショットも手を抜かない、そこがいいんですよね♪♪♪

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。