伊達さんの勝利に2度驚く(インディアンウェルズ1回戦)

クルム伊達公子がまたやりました。

BNPパリバオープン(インディアンウェルズ) 1回戦
クルム伊達公子 def. M.Czink (ハンガリー), 6-2, 6-2

BNPパリバオープン公式サイト

ハンガリーのCzinkに6-2,6-2の完勝。Czinkという選手は知りませんでしたし、読み方も良く分かりませんがランキングは46位。結構高いです。

Czinkプロフィール(WTA公式サイト)

昨年秋から何人のトップ50選手に勝っているのでしょう・・・すごいには違いありませんが、それに伴って周囲の期待も上がってきてますし、これが当たり前のような感じになりつつありますが・・・とにかく信じられないことです。

さすがに伊達さんが引退した1996年と比べたら女子テニス界はレベルアップしていると思います。そんな中での62位ですから、96年と比べて伊達さんの力はあんまり衰えてないのか?と思ってしまいます。

私はいくら年を取って良くなった部分があると言いながらも、さすがに最初の現役時代のようにはいかないだろうと思っていたのですが、考えを改めつつあります。比較の方法がないので極めて主観的ではありますが、96年時と比べて実力はあんまり変わらないのでは?

で、今日もまた「すげえなあ・・・」と唸りながら伊達さんのブログをチェックしたらもう一度おどろいた。

実は今だから言えるのですが
一昨日の月曜日の午後にCzinkと
一緒に練習をする約束をしていました。
ちょうど練習をする直前にドローが出来上がり
ヒデがドローをチェックしに行ったところ
Czinkのコーチもチェックしに来ていて
一緒にドローを見たら二人が対戦することがわかり
「練習どうする?」ってなったんです。
練習スタートの20分前くらいで
今からじゃ相手を捜すのも難しいし
コートがシェアになってしまう可能性も出てくる。
などなどコーチ同士で話をしながら
戻って来て私にどうしたいか聞かれたので
「私は構わない」と答え
一緒に練習することになりました。
最後30分くらいゲーム練習をしたところ
1-5で時間切れ。
1ゲーム取れたのもCzinkのダブルフォルト3本で
取れたようなもの。
結局私はサービスキープできず。
確かにそのときのCzinkは当たっていたのもあるけど
Czinkのペースと厚い当たりに吹っ飛ばされ気味でした。
そんな状態で迎えた今日だったんです。

試合の対戦相手と直前に練習するということは、いつも練習している間柄でもなければあまりないことだと思います。

私ごときのレベルでも、やっぱり避けます。先日同じような状況があり、お互いに「やめときましょうか」ということになりました。

いつも練習している人なら「今さら」で関係ないのですが、その人とは久しぶりの練習だったのでやめました。やりにくいということもあるけど、それ以上に作戦がバレるのが嫌なんです。直前はやっぱり作戦通り練習しておきたいし・・・。

で、今回の伊達さんのようなケースでは練習パートナーを変更するのが難しい状況だったこともあって、そのまま練習したようです。

まあそこまでは仕方ないからいいとして、練習試合で圧倒されていながら、本番では逆に圧倒してしまうという・・・。

怖い、怖いよ伊達さんwww。あんた勝負師すぎるよ。

なんかこう、突き抜けてる・・・この姐さん。

もちろん負けることもあるし、歯が立たない試合もあったけど、「勝つ時は勝つ」。これが凄い。

昨年、負け続けている時も内容が良かったし、いつも「勝つ準備」ができている。そんな感じがします。

これでは対戦相手は気が抜けない。いくら自分の方が体格が良く、ショットが強くても下手なことをすれば伊達さんに試合を持っていかれる。そんなプレッシャーがあると思います。

次の対戦相手はスキアボーネ。こちらも「姐さん」。タフです。

すごいファイターで全力でプレーしてくるし、とにかくしつこい。伊達さんと同じく、「隙を見せてくれない」プレイヤーだと思います。

普通に考えればスキアボーネの方に分があるでしょう。これは逆フラグ狙いではなく・・・。

試合は現地時間で3月12日になるようです。日本では早朝から昼にかけてでしょうか。

詳細は公式サイトのスケジュールで確認してください。

4 件のコメント

  • 伊達さん、半端ないですね、凄いです!!!
    前日に練習していたなんで本当にびっくりです!!

    次はスキアボーネ姐さんなのでかなりきついと思うんですけど、見てみたい試合です。どっかでやってほしいな。

      引用  返信

  • 伊達さんブログで、勝利とスコアを見て、鳥肌でした。
    10数年前の伊達vs今の伊達、の試合見たいですよね~。
    戦略的に勝る今の伊達さんが勝つのでは!?
    錦織のテニス、伊達さんのチャレンジ、両方見られる今の時代に生まれて、自分は本当に幸せものです。

    くぎ付けになっちゃうから放送はしなくていいです、、
    本当はすごく見たいんだけど。

      引用  返信

  • 昔の伊達さんに、今のラケット持たせたら、どういうプレーになるんだろ?

      引用  返信

  • GAORAに、放送してもらえないか、
    だめもとでお願いしちゃいました(^^;;
    技術だけじゃないですものね、テニスって。
    勝負師の彼女の勘や戦略は、相当だと思っています。
    それらはスコアだけでは、全くわからないので
    1回戦の試合、観たいです。
    始まりから終わりの隅々まで。
    勉強になると思います^^

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。