【鼻血対象試合】2018パリ準々決勝 vs. フェデラー プレビュー

試合の展望

上海での惜しくも悔しい敗戦から数週間、再びフェデラーに挑戦する機会がやってきました。
能書きはあまり必要ありません。アンダーソン戦で見せたように、前回の敗戦から何を修正してくるか。その一点でしょう。

前回上海での対戦は、錦織もプレーも素晴らしかったですがフェデラーがそれ以上でした。ただ、全体としては全米以降、フェデラーのプレーは不安定です。
(それでもきっちり要所を勝つところが凄いですが)
錦織のプレーの内容は決してフェデラーに引けを取っていません。あとはそれをどのように勝利と結びつけるか・・・そこが難しいのですが。

錦織のサービスゲームが安定感を増していることが頼もしい点です。やはりテニスはキープが基本です。新しい武器ネットプレーがフェデラーにどこまで通用するかも楽しみです。

ただ、ネットプレーを積極的に取り入れているという錦織の新しいテニスは徐々に知れ渡ってきているでしょう。この戦略の基本は、ワイドサーブで追い出してオープンコートにボールを運び、相手が十分な体勢でないと判断した瞬間に前に出るというものです。
相手の打つコースが限定されている場面に限って前に出るので、高いポイント率を保つことができます。

ただ、その考え方が知れ渡ってしまうと対策をされてしまうのが厳しいテニス界の常。通常の相手であればスイングして真ん中気味にボールを返してくるでしょうが、フェデラーはスライスのストレート、面を作ったショートクロスなどで変化を付けてくることが予想されます。

あるいはそのパターンをさせないために意表をついたチップアンドチャージなど自分からネットプレーを仕掛けて来ることも考えられます。フェデラーと錦織、両者の引き出しの多さを考えたら、無限のパターンが考えられそうで予想するのも楽しいです。

フェデラーのサーブは速度ではもっと上の選手は沢山いますが、プレースメントでは世界一でしょう。打ち分けも完璧で、調べいないのですが特定の傾向は見つけにくいのではないでしょうか。試合毎に変えてくるでしょう。
過去のデータより、当日の傾向、当日の調子を測りながら、時には読みを入れ、時にはポジションを変えてリターンして創意工夫で対抗したい。

「パリには優勝しにきていない。照準はロンドン。」と語るフェデラーと、この大会に勝負をかけている錦織。モティべーションはアンダーソン戦に引き続き、錦織の方が上でしょう。2回戦では疲れているように見えた錦織でしたが、3回戦では落ちることなくむしろ動きが良くなりました。連戦連戦のこの状況での「二枚腰」はかつての錦織にはなかった体の強さ。故障も今の所聞こえてきません。疲れは間違いなくあるでしょうが、今の錦織を支えているのは闘志だと思います。

リベンジ「しなければならない」と語る錦織は、フェデラーをリスペクトしすぎるということはもうなくて、倒すべき強敵の一人として認識していることを感じさせます。過去、何度跳ね返された壁だとしても関係ありません。以前負けたから今回も負けるとは決まってないことをこの試合でも証明したい。

この試合に勝ってもまだ8位には届きません。
しかし相手はフェデラーということで当然ながら、鼻血対象試合です。

応援フード

応援フードは引き続きメニューなしです
ROMさんの、もうメニューなんでも良い系の、ちょっとリッチで見栄えのする料理で「どうじゃー!」、
を使わせていただきました

福岡市で有名なおうどんやさんの天ぷらうどんです
すごく大きくて、食らいつかないと食べれません
リッチではないけど、これでどうじゃ〜

micchi

22 件のコメント

  • さいきんの錦織を見てると、齢29にさしかかったところでいよいよテニスプレイヤーとして完成に近付いてきたという印象があります。あと、サービスやネットプレーなどを観てると、ちょっとフェデラーにスタイルが似てきたなぁとも思っています。となると、錦織も長くトップでプレーできそうで、それが個人的には何よりも嬉しいですね。

    でもそんな先のことは置いておいて、この試合に勝って鼻血出したいです!

      引用  返信

  • 団長さん、プレビュー記事ありがとうございます。
    『疲れは間違いなくあるでしょうが、今の錦織選手を支えているのは闘志です』
    それを感じる懸命のプレーに心打たれます。(@_@。
    今日も厳しい試合になるでしょうが、必勝と無事を祈っています。
    錦織選手、がんばって!!!!!

      引用  返信

  • 諸々承知しました。

    我が家では、スイスチーズを、トリプル金賞のボルドーワインと共に食しました。どうじゃ~!!

    引き出しの多さという点では、さすがにミスターテニスには敵わないかもしれませんが、そこは闘志とモチベーションが補い、最後には勝利への道筋を照らしてくれることを祈っています。

    力が入ってしまうのは仕方ないとはいえ、力み、打ち急ぎや空回りだけはしないでほしいです。

    前に前にラケットを振れ!!

    Go,Go,Let’s go KEI!!

      引用  返信

  • すみません、錦織君とは関係ないのですが、ハチャノフがズブレフを完膚なきまで叩きのめしたのに衝撃を受けました。
    どなたか試合を見ていた方がいれば、内容を教えてください。

      引用  返信

  • フェデラーに対しては、フットワークのスピードで上回るのみ。逆クロスアタックとバックストレートだよ。早いうちに一つ手前に落とすフェイント、なんだっけ、あれを決めておきたい。しかし、サーブアンドボレーはやめてほしいな。

    戦う相手は自分じゃない。相手であることを忘れるんじゃないぞ!

    それからシーンとしたなかでの「ガンバレー」はやめておこうな。日本語のリズムイントネーションはテニスのリズムとはちがいすぎて調子狂うからな!

      引用  返信

  • ラッキーわんこさん、
    私もスコアを見て驚きましたが、
    ズベレフは肩に問題を抱えていた
    ようで、途中でMTOを
    取ったりしたみたいです。
    ツアーファイナルは出場
    できるんでしょうかね…。

      引用  返信

  • ジョコとチリッチ、ものすごい気迫で熱戦、ややチリッチ有利か?でも大事なところ必ず抑えるジョコ。この二人、セルビアとクロアチアの国民感情背負っての戦い。っとここでチリッチがブレーク成功。ホント顔つきがヤバイです、マリン。

      引用  返信

  • 久々にスーパーチリッチ。でももしチリッチが勝つとこのあとのフェデラーが急にやる気を出しそうw

      引用  返信

  • プレビュー記事、ありがとうございます😊
    もうすぐ始まります。
    ジョコvsチリッチ戦はファイナルまでもつれ込んで接戦です。
    ジョコを削って🙏と思いつつ、ジョコを倒すのは錦織選手…と思ったり、でも
    ファイナルへの道のためにはここはジョコの勝利がいいのか?など錦織選手がら
    みで試合を見てしまう………のは良くないですね(^◇^;)
    チリッチ選手のファイトが凄いです。
    ファイナルに絡むティーム選手、チリッチ選手、錦織選手がきっちり残って戦っ
    ていることが素晴らしいなあ。
    上海でのフェデラー戦は負けはしましたけど、手応えを感じていると思われます。
    団長さんのプレビューにあるようにいろんな可能性の中で戦えている錦織選手ヽ(*´∀`)
    がんばって╰(*´︶`*)╯♡

    あ〜あ〜、ジョコビッチ選手のSFM!
    そしてMP( ̄▽ ̄)
    そして勝利………。おめでと!

      引用  返信

  • おはようございます😃

    ドキドキでしたが、ナイス、ナイスキープ👏👏👏❤️

      引用  返信

  • 圭のパープルシャドウ&渋ピンクなウェアとフェデラーデザイン?のペールピンクのユニクロ対決👕💕👐

    もう第1ゲームから、凄い試合になる予感💓

    中尾トレーナー、ありがとう👍グッジョブ💕

    ダンテコーチもパリ入りしてから、いつもより顔が締まってます💕

      引用  返信

  • これはまた静かな立ち上がりというか、ミスしまくり両者ですね。
    これから良い試合になっていってほしい

      引用  返信

  • うーん😘
    今日の試合、キリ丼さんが言ってた三倍満?(ちゃんと数えてないけどw)の予感💓🇫🇷

      引用  返信

  • フェデラーのサービスが良くなってきた。
    錦織選手少し硬いが落ち着いてやろうとしている。
    気持ちを強く持って頑張って欲しい。
    ミスになってもリターンは攻めて欲しい
    がんばれーがんばれ~錦織。

      引用  返信

  • 第2セット、錦織選手、勝ちのチャンスを狙って開き直っている。それでいいと思う。

      引用  返信

  • 🐢レスですが、
    micchi師匠のどうじゃーメニュー、素晴らしい😃👏💕

    福岡には、こんな美味そうなデカイ天ぷらうどんがあるんすね〜😍

    なかなか、写真が見られなかったもんで😅あは。

      引用  返信

  • ラッキーわんこさん,
    ズベレフは1セット目でMTOをとり右の肩甲骨をマッサージして貰ってましたね、あきらかに集中力がなく、イライラしてました、陣営にも何か言ったりコートチェンジの際、ハチャノフに何か言いに行ったりでとにかくイージーミスを連発、解説も棄権の話しをしてましたよ、ハチャノフは落ち着いていつも通りでしたね、ハチャノフは今後が恐ろしいです!

      引用  返信

  • micchiさま、応援フードも有難うございます、お疲れさまでした。
    ゴボ天うどんですね❗博多に出向いた時は、私は、ラーメンより、こちらをいただくことが多いです。美味しいですよね。今すぐ食べたくなりました。

      引用  返信

  • ラッキーわんこさん,
    サーシャは、ATPにツアースケジュールについて意見していますね。選手には身体をケアして休む時間が必要だと。(井蛙堂さんのツィッターより)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。