執拗なドロップショット攻撃に耐えて忍んで最後は打ち勝つ!(2017ブエノスアイレス準決勝)

2017 Buenos Aires (ATP 250)
Semifinal
Kei Nishikori[1] def. Carlos Berlocq, 4-6,6-4,6-3

 フェレールに勝ったのはフロックではありませんでしたね。ベルロク、強かったです。
 特にドロップショットが凄かったです。何度、ドロップ返し返しでやられたことか・・・。
 ぜひ1つ前の実況記事をご覧下さい。ドロップでやられまくったことがよく分かりますよ。

 こういうクレー巧者と対戦し、様々なものをはね除けること、そしてどんな状態だろうとも最後は勝利し、ポイントを稼ぐこと、それがこの大会のミッションです。
完璧ではありませんでしたが今日のミッションは達成しました。この大会は、ATP250だから負けていいという大会ではありません。負けてもダメージは少ないけど、得られるポイント以上のものを得るための大会と位置づけていると思います。(リオと合わせて2大会連続で勝つことがこの南米シリーズの最終ミッションだと思います)

 欲を言えば、直したいところはたくさんあります。ですが全ての戦いに意味があります。今日はかなり走らされ、明日の決勝は復調ドルゴポロフとあれば厳しい戦いも予想されます。しかし今大会については負けたら言い訳はできないと思いますし、そのプレッシャーと体力的厳しさをもはね除けることも全仏に向けて大事になってくるでしょう。

 さて試合を振り返りますと、最後は足が止まってしまったものの、ベルロクのプレーの素晴らしさがとにかく光りました。
それでも最終的に錦織が勝ったので、きっちりと仕事はしたわけですが、より早い段階で相手を捕らえることが錦織の課題でしょう。
そして、リードしたら一気に突き放して、流れを完全に自分のものとすることも課題だと思います。
ブレイクした次のゲームでもたついたり、その次のサービスゲームをあっさりキープさせたりすると、相手が勢いを取り戻してしまいます。
キープに不安要素がない場合(昨日の試合など)はそれでもいいですが、今日のような調子の相手だと、なるべくフリーでポイントを渡さないことが大事になります。

 ショットとしては、やはり今日もフォアの甘さが気になりました。浅くはいることが多いですね。ベルロクも浅い球を配球してくれましたが、主にディフェンスにおいてでした。攻守がはっきりしていたので、錦織がそれを攻めてきても粘りで対応することができました。
 その粘りを錦織がなかなか打ち抜けなかったのも課題でした。
 打ち抜こうとして甘く入ってしまうと、自分のポジションがディフェンシブになれていないのでカウンターを食らってしまいます。そういう場面が多々ありました。
 悪いプレー、というほどではなく、崩れるまでは行きませんでしたが、「元気がない」という印象を持つ程度には、ボールが走ってない時間帯がありました。

 その他、気になったこと。

・バックのクロスを先に展開される。

特に、少し左に振られた球の時、すかさずストレートかドロップを打たれた。ストレートが来たときのフォアの返球がぎこちない。持ち上げ系の力のない球になる。

・スライスが少ない

アクセントとして使ってみても良かったのでは。特に、サイドスピンをかけたストレート。ベルロクの方が多彩な仕掛けをしていたように思う。

・センターや、高い弾道の活用

バックのクロスを先に展開された球の一部は、無理にクロスにきれいに打つよりもドローンと深く打つことで防げた。きれいにクロスに打ててはいたが、球威がない球はクレーコートでは仕掛けポイントになってしまう。特に今日のようにドロップが上手い相手にとっては好物となるだろう。
理想的ではないが、意図的なセンター(深ければベスト)を活用して欲しい。打たされるセンターが多かった。

良かったことも。

・サーブアンドボレーの抑制

アクセントとして使うことは良いと思うが、奇をてらいすぎなサーブアンドボレーが自分の首を絞めることが多かったので、良かった。
ドロップもそうだが、苦しいときに頼るべき戦術ではなく、有利な場面で使うことが効果的。
今日のような苦しい試合でサーブアンドボレーが少ないのは別に悪いことではない。

補足:使うことが良い、悪いというよりも効果的な場面で使うべきと言うこと。効果があるのであれば苦しい場面でも使う。

・バックのアプローチがストレート中心。

クロスが1本しかなかった。もう、錦織のバックのアプローチでクロスが多いことは選手の間で知られていると思う。抜かれやすいし、相手を乗せてしまう。
今日はコントロール重視のストレートのアプローチを使っていて、安心感があった。

・ひたむきなプレー

調子が上がらない中、それを受け入れプレーレベルを落とさないことを心がけていた。
ドロップ返し返しにはやられ続けたが、とにかく拾いに行った(あれ、相当きついですよ)。
それが、試合終盤の相手のダウンを誘った。
錦織は疲れながらも、明かなレベルダウンはなかった。

  • エネルギッシュなプレー。声もやっかい。ザ・クレーコーター。
  • コースの読みづらい片手バックハンド。
  • ネット際に落とす絶妙なドロップショット。タイミングも読みづらい。返してもそこにいて、逆襲される。
  • するどいフォアハンドのクロスのカウンター。錦織より良かった。
  • バックのスライスと、フォアのループボールでの粘り。攻守がはっきりしていた。

決勝、ドルゴポロフですね。復活が嬉しいです。
年初のナダル戦を見ても、復調してる感じがしました。
無謀にも思える超攻撃的プレーが想像以上に持続していました。
錦織はこれまで、きっちり勝ってきていますが、変幻自在のプレースタイルなので迷いを生じさせられると怖い。
がっちり受け止めてオーソドックスにプレーするか、自分からも仕掛けるか、悩ましいところだと思います。

37 件のコメント

  • お早うございます。
    団長さま、新スレ立て有難うございます。コメント第1号失礼致します。
    錦織選手、決勝進出ですね。ドルゴポロフ選手との久々の対戦、それもクレーで。楽しみですね。

    今大会初めてのデイ・セッション。世界を転戦するテニス選手には、環境との闘いもあります。気温差&湿度差の激しい南米では、ボールの重さも弾み方も変化するし、加えて石が埋まってるような整備環境の悪いクレー。ラインも微妙に歪んでいます。
    自国のそんな環境に慣れ親しんだベロニク選手には、地元の利が満々。そんな中苦戦ながらも勝ち切った錦織選手、流石です。

    ストロークにミスはあっても問題なしかと。団長さまの仰るようにたった1つ、ベルロク・ドロップ、ベルップ?にやられた感だけ。それでも錦織選手、ピンチの時ほどネットに出て、積極的にオールに戻す最近の強心臓が頼もしいです。
    ファイナルは、息の上がったベルロク選手。体力、メンタルともに余裕の錦織選手に明らかに分が。ま、ファイナル勝率をまた上げに行ったと思えば(笑)

    にしてもベルロク選手、流石はフェレール選手をストレートで破ったクレー巧者。一見悪役俳優風、でもコートを去る笑顔は、やり切った感に溢れていました。きっといい人なんだろうな。

    ROMさま、私も今、リオのドローをニヤニヤしながら眺めています。

      引用  返信

  • ふううー、ブレーク先行され、絶妙なドロップショットで走らされ、苦しい試合でしたが、勝ててよかった!観客はもちろん地元のベルロク選手寄りでしたが、拍手はおおむね公平でマナーにも好感が持てました。TennisTVからYoutubeに切り替えて観ていたら、マイクの位置のせいか観客席の一部からの声がよく聞こえて、
    「チャーリー(ベルロク選手の愛称)、ここで取らなくていつ取るんだよ、今だろって。Ahora o nunca!!」と叫んでいる人がいたり、「もっとコートを広く使えよー!」などと、余計なお世話?の声援が飛んだりして、楽しめました。錦織選手もカルロスでなくチャーリーと呼んでいましたね。
    明日の決勝にそなえて、しっかり休んでください (^。^)ノ

      引用  返信

  • ストレートで押しきられる展開もありえたように思いますが、2セット目よく耐えましたね。錦織本人はまだ余裕があったのかもしれませんが、観てる側としては毎度のことながらヒヤヒヤでした。

    しかしトップ20以下の相手に接戦になることが多い割には、本当にほとんど落とさないですよね。こういう薄氷の勝利が、徐々に疲労として身体に蓄積していって、一番大事なところで限界を迎える原因になるのかなとも思いました。案外ワウリンカやチリッチのように、負けるときはすんなり負けても…いや、そんなわけはないんですけれども。個人的にはどんな試合も勝ちに行く・諦めないプレースタイル大好きなんですけどね。

      引用  返信

  • ブエノス決勝戦のOOPが出ています。
    現地時間14:00開始。日本時間2/20の02:00頃開始。またもや微妙な時間(笑) 起きておくか、先に仮眠をとるか…。

    今更ですが、ATP公式サイトのソウサ戦コラムや海外メディアの一部抄訳紹介記事です。
    <快勝で4強進出の錦織を海外メディアが絶賛「これまでにないほどの切れ味」>
    https://the-ans.jp/news/2735/

    上記の記事中の海外メディアのうち、FOXスポーツの元記事が恐らくこちら。
    <Nishikori nullifies Sousa in Argentina>
    http://www.foxsportsasia.com/tennis/news/detail/item255457/nishikori-nullifies-sousa/

      引用  返信

  • 圭くん、決勝進出おめでとう!

    地元クレーコーター、ベルロクの頑張り凄かったです。ファイナルセット、ブレーク先行されたときは、ちょっぴりヒヤッとしましたが最後はきっちり締めてくれて流石です。

    親友ドルゴとの決勝、楽しみです。
    まだ一度も負けたことないんですよね。昨年のバルセロナでは圧倒してたと思いますが、今日の試合時間がハンデにならなきゃいいな…。
    しっかり休んでリカバリー出来ますように🍀
    明日は、一年振りに優勝🏆掲げる錦織くんが見たいです!

    (リオ初戦、中一日で地元ベルッチですか💦またまたタフですね…)

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    期待されてないのかもしれませんが(笑)、つい反応してしまうと記事中のオランダ地元紙「Algemeen Dagblad(アルゲメーン・ダグブラッド)」電子版というのは、こちらですね。”Nishikori voldoet aan verwachtingen”(錦織は期待通り)のタイトルです。記事中ではワイルドカードで勝ち上がってきたベルロクについても触れられてます。

    ゲルマン語系は守備範囲外(笑)なので、どなたかにおまかせします。オランダのロッテルダムでATP500大会中なのでこちらの記事が引用されたのでしょうか。

      引用  返信

  • ボールが浅かったとの団長さんの指摘ですが、原因として、フォアにしても、バックにしても、下半身が突っ立ったショットが多かったですね
    レシーブの時もラリーの時もです
    コートの影響か体調か、わかりませんが僕はこんな感じで苦戦しながら優勝するんじゃないかなとは思います、がなんか、本人のテンションが低いのが気になりますね
    ドルゴボロフも才能ある選手なので今日みたいな試合してたら危ないですねm(__)m
    さすがに上げてくると思います
    今日も最後の数ゲームは伸びのあるボール打ってましたもんね
    でも、最後までバックは(@_@;)タイミングあってませんでしたね、

      引用  返信

  • 決勝進出おめでとうございます!

    実は2セット目途中までみてたのですが
    画面みてると目が回りそうになってきて・・このまま眩暈をおこすと何も出来なくなってしまうので、
    無念のリタイアとなりました(´Д` )
    応援にも体力が必要だと痛感しました。
    今日は体調を整えてゼッタイ最後まで見るぞー

    で、またまた辛い時間なんですね(ー ー;)

      引用  返信

  • 決勝の相手は、復調を見せているドルゴポロフ。過去の対戦成績や現在のランキング差、等々から「負けるはずがない」という我々の過信が、ブリズペン決勝のように裏目に出ないことを祈ります。
    さすがに今回は勝ってくれると思いますが、、。

      引用  返信

  • 錦織選手のプレス・コンファランスですが、8分過ぎからは日本語です。やっぱり「一番の驚きはドロップだった。最後までうまく対処できなかった。」とのコメントです。疲れたのか大アクビですが、今晩はよく寝てください(笑)。一番最後の会見終了後のオフレコの冗談(?)は良く聞き取れませんでしたが。

      引用  返信

  • 錦織選手&ボッティーニ・コーチ、サッカークラブ・ランキング世界3位のボカ・ジュニアーズから、ネーム入り公式ユニフォームをプレゼントされました。ブエノス公式FBより。
    https://www.facebook.com/ATPbuenosaires250/photos/pb.171201679590237.-2207520000.1487461339./1324795160897544/?type=3&theater

    いつものgettyさんより、今日のお写真です。
    http://www.gettyimages.ca/photos/nishikori?editorialproducts=sport&excludenudity=false&family=editorial&page=1&phrase=nishikori&recency=last24hours&sort=best#license
    そう言えば今日は上下白で登場。一瞬WBかと。お腹のテーピング、「レ」の形じゃなかったですね。2ページ目、ベルロク選手、いえチャーリーは野獣ってます。

    禮さま
    ははは。実は前振りしたつもりです(笑) 冗談です、有難うございました。期待通り。確かに期待を裏切らないです。2R錦織劇場第1幕→QFサクッとストレート→SF錦織劇場第2幕→Fは?。私としては第3幕は胃が痛い…。

    ryoさま
    ブエノス、リオと初戦が地元選手って、やっぱり錦織選手持ってますよね。スター性がハンパない。第1シードの初戦が地元選手との対戦って、大会側は観客動員大幅増も見込めてホクホクです。

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    いつも情報をありがとうございます。サッカーのユニフォームですが、ボカ・ジュニアーズではなくてスーペル・クラシコ対戦相手のリーベル(リバー)・プレートだと思います。クラブのツイッターにも写真が載ってますね。なぜダンテ・ボッティーニ・コーチが満面の笑みを浮かべているかというと、みなさんご存知かもしれませんが、彼はリーベル・プレートの大ファンらしいです。アルゼンチン・オープンのサイトにダンテ・ボッティーニ・コーチのインタビュー記事が載っており、「Riverの大ファン」とかあったので、何のことだろうと思ってました。記事によると、2015年にリーベル・プレートは日本でバルセロナとFIFAクラブワールドカップの決勝戦を戦っており、錦織選手にビデオや写真を見せて「どーだ、リーベルは最高だぜ」とかテニス以外でもコーチしてるみたいです(笑)。試合に関係ない雑学・余談でスミマセン。

      引用  返信

  • NORICHAN さん

    ベルッチ選手、1Rの相手としては一番引きたくなかったかも…。
    ジョコとアーリーラウンドでいつもタフな試合してる印象があります。錦織くん、やっぱり持ってますね(^_^;)

    あれ、錦織くんとダンテコーチがもらったユニはリーベルプレートのユニフォームですね。リーベルファンのダンテも、お揃でもらえて良かったです(^^)

    明日のドルゴとの決勝、厳しい戦いになるかもしれませんがワクワクする試合が見たいです!
    そして、やっぱり勝って決勝5連敗止めてほしいなあ。

      引用  返信

  • @禮さん、会見映像へのリンクありがとうございます。最初、英語音声が途中からで、スペイン語に訳された発言によれば錦織選手、試合中かなり暑さを感じていたみたいですね。湿度が高かったのかな。
    最後のオフレコは、おねむのせいでだるそうな受け答えに関してなのか、日本人記者の冗談「やる気ない?」だったようです。

      引用  返信

  • @だいあん さま、

    ヒマな私は試合中ブエノスアイレスの天気をチェックしてたのですが、試合のあった夕方は気温29℃、湿度55%で、不快指数は「やや暑い」約78でそんなに悪くないコンディションだと思ったのですが。

    なるほど、記者会見のビデオを見たのは実は初めてなのですが、ウワサの天然キャラの片鱗を見た思いです(笑)。

      引用  返信

  • フォアがあれでは…
    改善する気あるのかな?
    甘い球を腰の回転だけで打ってたら逆襲くらいますってそりゃあ
    バックハンドがいくら素晴らしくてもそれでリセットされてしまう
    左足に体重のっけないと重いフォアは打てません
    フォアで決められないからってドロップでごまかすのはそろそろやめにして課題と向き合ってほしい
    本当にもったいない

      引用  返信

  • 禮さま、ryoさま
    サッカー・チーム情報有難うございます。申し訳ありませんでした。低学年の次男の情報をうのみにしてしまい、よく調べもせずにコメントしてしまいました(苦笑) 決勝は多分大丈夫。ドルゴポロフ選手との過去5戦1setも落としてませんから。でも油断は禁物ですね。

    だいあんさま
    やはり錦織選手あくび連発? おねむの時間にしては早いですよね(笑) そして今、多分FBにアップされるだろうあくびな日本語プレカン待っています(笑) その間にFBから。
    https://www.facebook.com/ATPbuenosaires250/photos/pb.171201679590237.-2207520000.1487466988./1324856187558108/?type=3&theater
    皆さまがKEIコールも多かったと仰っていましたが、どうやら熱狂的ファンが現地にもいらっしゃるようで有難いですね。これは確か、2014楽天モデル?

    にしてもブリスベーンといいブエノスといい、250の大会なのに常に情報をアップしてくれて非常に有難い。日本の某500大会の情報発信能力の無さがつくづく情けない(苦笑)

    唐突ですがリオのドロー、楽しいですね。
    噂をすれば何とやらで、Sousa選手とSouza選手がトップ・ハーフに。錦織選手の最初の対抗シードがまたしてもソウサ選手(私はやはり区別したいので、今後もソウサ選手とコメントします)です。可愛い後輩ルード選手までが同じ錦織山に。
    更に驚くのは、SFの対戦の可能性がフェレール選手、ドルゴポロフ選手、挙句にベロニク選手まで(笑) トップ・ハーフはブエノスのデジャヴです。

      引用  返信

  • @NORICHAN さま、

    リーベル・プレートの天敵チームについては、ダンテ・コーチには告げ口しませんから大丈夫ですよ〜(笑)。たぶんお子さんはマラドーナらを輩出したボカ・ジュニアーズのファンなのですね。今からリーベル・プレートのファンに教育されて、錦織選手が日本に試合に帰国した折にでもリーベルのユニフォーム着ていったら、ダンテ・コーチとお話出来るかもしれませんね〜♪

    はい、MSやGSのサイトで錦織選手やダンテ・コーチの記事がこれだけ出ることはあまりないと思うので、以前書きましたがアルゼンチン・オープンのサイト、(大手企業が作るサイトと違って)手作り感もあるし、テニスへの情熱が伝わってきてたいへんよいですね。

      引用  返信

  • @NORICHANさん、大会公式FBにアップされた錦織&ダンテ応援バナー、いいですよね。セット間に観客席を映すカメラがこのバナーのそばに立つ若い男性の姿をとらえていましたが、2016年全仏オープン錦織選手着用モデルとおぼしきイエローグリーンのポロシャツを着ていました。ここにも熱烈なファンがいる!と思うと嬉しかったです。
    私もおねむになってきたので、明日の決勝にそなえて昼寝します。

      引用  返信

  • のりまきさん、錦織のフォアさん、いや。さん付けすら勿体無いです。煽り一辺倒のただのアンチです。無視しといてください。
    過去のコメントもdisりしかないんです。まあ暇なんでしょうな。

      引用  返信

  • 今日は。
    ATP公式サイトのトップ・ページでは、初戦の対戦相手ベルッチ選手とフェレール選手が海辺でニッコリ。フェレール選手はもうリオ入りしているのですね。
    来週、というか昨日から予選開始、明日からリオ500、デルレイ250、マルセイユ250の3大会が本戦開始。ドローは最大のご馳走なので色々物色(笑) マルセイユに、直球を主審にぶつけたシャポバロフ選手がWCで出場です。もうおいたはダメですよ。

    今日はやはりお昼寝した方がよさそうです。夜からライスコおよびライブ応援が目白押しです。以下敬称略で。
     20:00頃~ ドバイ本戦1R  大坂    vs.チャン
     22:00頃~ リオ予選決勝   ダニエル  vs.チェッキナート
     23:30頃~ ロッテルダム決勝 ゴファン  vs.ツォンガ
     25:00~  ロッテルダム決勝 BS朝日ニアライブ放送
     26:00~  ブエノス決勝   錦織    vs.ドルゴポロフ 
     26:30頃~ デルレイ予選決勝 サンティランvs.ベッカー

    っかー、何で日曜日深夜に…(苦笑) では私もだいあんさま同様失礼致します。

      引用  返信

  • ドルゴ調子良さそうです。怖い反面とても嬉しい、彼も本来は20位前後の実力者なんで早く適正ランクまで戻ってきてほしい。
    錦織選手も親友のドルゴと決勝で対戦出来て嬉しく思ってるのでは。あの2人のラリーはクレーとは思えない高速のしばき合いになるんだろうな、楽しみ。
    まあ勝つのは絶対、我らが錦織ですが。

      引用  返信

  • 今日はライブで見れませんでしたが、勝って何よりです。
    かなりタフな試合だったようですね。なんとか疲れを取って明日、絶対に優勝してほしいです。

    決勝戦に行って戦う以上、勝っても負けても後の疲れは一緒なので優勝しないと意味がないです。そうでなくてもここ最近、決勝で負けるパターンが多々あり、取るべき試合を取れていないのが気になっています。特に去年4回?決勝行って全部負け、まあジョコ相手はしょうがないにしても、バルセロナのラファとバーゼルのチリッチには勝ってほしかった。

    更にもう一つ、今年のブリスベンの決勝でも負けてディミトロフの復調を手伝ってしまったのは残念です。ドルゴポロフも応援してますが、ブリスベンのようなことにはならないよう、何が何でも勝ってもらいたいです。リオの方が大事とか言ってますが、250とはいえ、決勝というチャンスををおろそかにして(しないとは思いますが)自ら優勝のチャンスを逃すようでは、真の勝者(強者)にはなりえないと思います。

    かなり辛口ですみません。

    でもプレカンで日本語で話した内容がかなり???だったのでちょっと心配です。
    BIG4はもとより、TOP選手で500の方が大事だから250はムリしないなんて発言する選手がいるでしょうか?少なくても決勝に行けば皆、死ぬ気で優勝カップを取りに行くと思います。マレーの怒涛の6連勝?とかでもわかりますよね?錦織もそうだとは思いたいですが、最近の状態がちょっと気になっています。あと、その発言自体がちょっとブエノスアイレスの主催者に失礼かも。何でそんなこと口にしちゃったんだろう?

    海外のコメントを見ても、”絶対に勝つんだという気持ちが見えないことがある”という意見をいくつか見ました。determinationが足りないという意見でしたね。メンタルの浮沈みやモチベーションの維持がまだBIG4と比べると安定していないという感じでした。確かにそんな気がします。

    単なる杞憂だと良いのですが。
    とにかく、1年遠ざかっている”優勝”をして欲しいです!!

    決勝は全力で応援しますよ~!

      引用  返信

  • ホントに、今日のベルロックは頑張ってましたね~(;A´▽`A❤️←第2セット終盤、一瞬敗けがちらつきましたよ~(´д`|||)💦
    “彼がこのまま、最後までプレーレベルを続けられるはず無い”って思っていましたけど、なかなか落ちなかったので、ヒヤヒヤしました~😭💔⤵️圭も苦しかったと言ってましたね~(;A´▽`A❤️
    とにかく、決勝進出、おめでとう❗(*^-^)/✨🎁✨\(*^-^*)/✨🎁✨\(^-^*)
    絶対に決勝戦連敗をストップして、ひさびさの🏆をかかげて欲しいです~❗🎵😍🎵⤴️⤴️❤️
    ドルゴッチとは、テニスのリズムが不思議とぴったり合うんですよね❗😌🌸💓⤴️⤴️⤴️←めちゃくちゃ面白い、天才同士のぶつかり合い、堪能出来ますように❗(`ー´ゞ-☆ピシツ❤️
    それには、1にも2にも、きっちりリカバリーが大事ですね❗トレーナーのお二方、圭をよろしくお願いします🙇🙇🙇⤵️⤵️⤵️❤️❤️❤️

      引用  返信

  • リオのドローを見ましたが第1シードとは言えいきなり地元のベルッチとはちょっとキツイですね。あとは同じようなドローですが。ダニエル君も本戦に出てもらいたいですね!

      引用  返信

  • 錦織選手決勝進出よかったです。調子が悪い時のクセ?なのか天を仰いだり、俯いたりがちょっと多く気になったので(^_^;)

    NORICHAN様
    去年の秋にこのサイトに出会ってから、皆様の熱い思いや豊富な情報に接して毎日楽しく寄らせてもらってます。
    特にNORICHAN様の情報には感謝感謝です。日本語しかできない私にはほんとにありがたいです。(パソコンも苦手(^_^;))
    もうご存知かと思いましたがGAORAのATPテニスマガジン#347で錦織選手の特集があります。
    今やってる欧州、USA、南米の3試合の特集の中でなのでちょこっとだとは思いますが…
    2月25日22:00~22:30(いつもはPM12:00~なのですが)再放送が27日18:00~、3/1,11:00~,3/2,8:00~
    それと3月5日12:00~12:55、テニスのミカタ2017ATPマスターズ1000開幕SP

    これからも色々な情報よろしくお願い致しますm(__)m

      引用  返信

  • @yuri さん

    私も、来週のリオの方が大事なので…という発言には違和感を覚えました。もし、今日錦織君が負けていたら、私はいちいちyuriさんのご意見に納得したと思います。

    けれども、ほとんどずっと劣勢だった試合を、最後の最後でひっくり返して勝ったので、彼の言葉は、たぶん、「絶対に勝つ」と口にしたくなかっただけなのだろうと思いました。それがよいことかどうかは別として。

    もし、本当にそんなこと(無理しない云々)を思っていたとしたら、たぶん、今日の試合は勝てなかったと思います。

    彼はこの大会では第1シードなのですから、正直、優勝して当たり前という前提がありますね。
    だから今日、とにかく勝って決勝に進んだことを「偉かったぞ」と言いたいです。
    リオがあるから、この大会はそこそこで、とは考えていなかったことの証明だと思うからです。

    だからこそ、明日は何が何でも優勝ですね。
    この際、ストレートでもよいぐらいです。
    とにかく、優勝でしか得られない完全な満足と自信を、もう一度味わってほしいですね。

      引用  返信

  • 今日はブレイクも何度もされてしまい
    錦織自身あんまりいいプレーができなかったですが
    試合前の会見でも言ってたように状態のよくないクレーコートで
    地元でクレー巧者のベルログ相手なのである程度仕方ないと思います
    あの高く弾むベルログのショットは錦織にはきつかったと思う
    思い通りにコントロールして強打を打たせてもらえなかったですね。
    ミスも多かった。
    ベルログはやりたいプレーができたし出し切ったでしょう
    それでも最後は勝ちきる地力の差、世界5位の実力は見せれたとは思います
    とにかく久しぶりのこの大会でいろいろ慣れてないんだし内容はどうでもいい
    シード1として勝てばそれでいいと思います
    特に最近決勝で勝ててないので、今大会こそきっちり勝って
    次戦からの弾みにしてほしいです

      引用  返信

  • 今日は。
    お昼寝終わりました(笑) 
    RSさま
    恐れ入ります。私の英語はかなりアバウトで読解力もいい加減ですので、なるべく元記事をご紹介するようにしています。前々スレでROMさまが仰っていたように、幸いにもこちらには、各国語をご理解されている方や海外在住の方も数多く集われているので、私も大変有難く思っています。この場を提供して頂けて、団長さまにも感謝しております。

    GAORAさんのお知らせ、有難うございます。ご加入されている方々楽しんでくださいませ。残念ながらNORICHANちは未加入です。加入すれば家族全員、これ以上のスポーツ観戦三昧になること必至なので(苦笑)

    yuriさま、FUMAさま
    私も、リオの方が云々はちょっと違和感を覚えます。多分彼の言いたいところについて言葉足らずなのでしょうね。記者会見やプレカン、日頃のインタビュー等における他の選手の受け答えの巧さ、ウィットに富んだ切り替え等、言葉の簡潔明瞭さに磨きをかけて、更に一皮むけて欲しいところです。

      引用  返信

  • 前の試合はハイライトしか見れなかったのですが、昨日の試合では、ポジションが中途半端な場所になる動きが気になりました。相手がクレーコートのストローク戦をよく計算し、ドロップショットを織り交ぜてくるのに対して、身体が浮遊しているかのように見えました。打ち抜けてない、腰が入り切らない、と指摘されている通りですが…。今は、楽勝のスイスイ試合をするより、南米やスペインのクレー巧者と押し戻しの試合を多くして、感覚・リズムを得るのは、良いことだと思います。

      引用  返信

  • @だいあんさん

    イエローグリーンのユニクロウェアの男性、私も見ました。お腹のあたりに錦織選手のサインがあったように記憶しています。地元の人のようでしたので、遠くブエノスアイレスにも日本人以外の応援団がいるんだ!ととてもうれしく思いました。決勝戦も頑張ってほしいですね(^^)

      引用  返信

  • NORICHAN様
    我が家は地上波がきれいに入らない様な地域で、地上波もCTVを通して見ているのでつい…
    不快に感じられたらお許しくださいm(__)m
    ただお礼が言いたくて名指しで書いてしまいました。気配りが足りず申し訳ありませんでした。

      引用  返信

  • RSさま
    いえいえ、全然(笑)
    不快なんてとんでもない! RSさまご在住のような地域もあることに、私の方こそ配慮が足りませんでした。
    でも便利な時代になりましたね~。色んな媒体で世界各国でのテニスの試合が観られるなんて。視聴者も選択肢が増えて逆に大変な時もあります(苦笑)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。