田島尚輝/Ondrej STYLERペアがジュニア男子ダブルス決勝進出で錦織以来の優勝を狙う!そして日本は全仏で6つのタイトルを獲得する可能性(ナンダコレ、日本クソ強い)

田島尚輝/Ondrej STYLER組がジュニア男子ダブルス決勝進出

2018 French Open (Grand Slam)
Boys’ Doubles Semifinal
N. Tajima/O. Styler def. S.Baez/T.Seyboth Wild [1], 6-2,6-1

個人的に非常に応援しているジュニアの田島尚輝くんが全仏ジュニア男子ダブルスの決勝に進出しました!!
優勝すれば2006年に優勝した錦織に並びます!!
いや〜、これはすごいことです。

準決勝は第1シードのBaez/Seyboth Wildペアに6-2,6-1で完勝。
対戦相手のBaezはシングルスも第1シードで決勝進出中。
しかも準決勝の相手はペアのSeyboth Wildでした。
ということで最強ペアです。
また、田島君はシングルスでは2回戦でファイナルの末、Baezに敗れています。
ファイナルセットの最初のゲームで3BPがあったらしく、それを取れていれば・・・という惜敗だったようです。
しかし勝ったことのない相手に最も勝てそうだった試合だったとのこと。
手応えを感じてのダブルスの対戦でした。

ふたを開けてみればペアのプレーも良く、1時間かからず圧倒。
現地に行かれている、なおパパさんによるとWild君はシングルスで完敗したことでモティべーション下がっていたかも?という感じもあったようですが、基本的には田島/Stylerペアがきっちり良いプレーをして勝ちきったとのこと。
田島君はフォアを軸としますがサーブも速く、ボレーも上手いオールラウンドタイプ。ダブルス適性もありますね。
ジュニアラストイヤーに最大の勲章を獲得して、シニアツアーに殴り込みをかけて欲しい!!

さすがに今日はWOWOWオンデマンドでやってくれますよね・・・?
やってくれないと困る。

ダブルスと車いすで日本勢が大活躍

そしてなんと、昨日は残っていた日本勢がことごとく勝ち上がってしまいました。
(国枝のダブルスのみスーパータイブレ11-13で敗れた。惜しい。)

なんと、以下の選手・ペアが決勝進出です。

女子ダブルス 穂積/二宮
ジュニア男子ダブルス 田島/Styler
ジュニア女子ダブルス 内藤/佐藤
車いす男子シングルス 国枝
車いす女子シングルス 上地
車いす女子ダブルス 上地

特に女子ダブルスの穂積/二宮は全仏史上初の女子ダブルス決勝進出。
優勝すれば2003年の杉山/クライシュテルスのウィンブルドン以来15年ぶりのGSタイトル。
通算でも5つ目ですね。(下団さん、ありがとうございます)

1975ウィンブルドン 沢松和子/アン清村
2000全米 杉山愛/ジュリー・アラール=デキュジ
2003全仏 杉山愛/キム・クライシュテルス
2003ウィンブルドン 杉山愛/キム/クライシュテルス

ところで「まこえり」なんでしょうか? 「えりまこ」なんでしょうか? 誰かフェデラーに聞いてきて下さい。

公式サイトもSFに日本人だらけで凄いことになっています。

しかし、可能性あるタイトルが6つですよ、6つ・・・。テニス王国、ダブルス王国と呼びたくなります。すごいですね。
「ナンダコレ、日本クソ強い」です。

60 件のコメント

  • 今晩は。
    もう少しで快挙達成、今後がますます楽しみな2選手に関するコラムです。既読の方もいらっしゃると思いますがご紹介。

    まずは神仁司氏がWeb Sportivaに。当初は組む予定じゃなかった?! そこからの準優勝。彼女たちのコメントを中心に。
    <「勝ってチューしたかった」穂積・二宮ペアが全仏準Vで手にしたもの>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2018/06/12/___split_29/

    続いて内田暁氏がスポーツナビに。こちらはコーチの綿貫裕介氏等のスタッフ目線も。そしてラスト3行の暁の極意。
    <穂積、二宮組、全仏準Vが示した可能性 グランドスラム決勝はもう夢舞台じゃない>
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201806120001-spnavi

      引用  返信

  • 今日は。
    どなたもいらっしゃらない…。申し訳ないです。気まずいですが記事を1つご紹介。

    今年2月から穂積選手のコーチに就任している杉山愛氏のコメント記事です。スポーツ報知より。
    <杉山愛さん、教え子・穂積の全仏準Vに「本当にうれしい」 自身も7月開幕ウィンブルドンに出場>
    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180611-OHT1T50073.html

    杉山愛氏、WBのレジェンド・テニスに出場決定。記事にあるように、もしかしたら往年の黄金コンビ、杉山氏/クライシュテルズ氏組のダブルスが実現するかも知れません。さすれば、団長さまの記事コメントにあるように、15年ぶりのダブルス実現?! 超楽しみです。

    クライシュテルズ氏といえば錦織選手が昨年、手首のリハビリでベルギーの彼女のアカデミーで大変お世話になりましたよね。杉山氏コネクションもあったのですね、きっと。
    ということは、WBではそういう仲間が集結。錦織選手周りはきっと楽しい楽屋になることでしょう。

      引用  返信

  • NORICHANさん、
    記事ご紹介ありがとうございます。
    ウィンブルドンで、杉山/クライシュテルス組のダブルスが実現するかもしれないとは。
    グランドスラムではつい現役選手にばかり目が向いてしまいがちですが、レジェンドの試合も(当然ながら)すごい組み合わせばかりですよね。

    穂積・二宮両選手、ウィンブルドンではそれぞれ別の選手と組んで出場するのですね。穂積選手は加藤選手とかな?

      引用  返信

  • 今日は。
    だいあんさま
    GSは一粒で5度おいしいですね(笑) 男女単複の他にミックス、車いす、ジュニア、レジェンド。レジェンド・テニスはチャン・コーチも時々出場されますし、今回のWBは杉山氏が出場されるだけに他にどんなメンツが?と結構ワクワクしてます。

    「えりまこ」のWBは気になりますね。穂積選手の「えりみゆ」は復活する?として、二宮選手は誰でしょう?
    先日ご紹介した神仁司氏コラムには
    「二宮はオーストラリア人選手と組む予定だったが、ケガをして出られなくなり、大会の1カ月前に二宮が穂積に打診した」
    とありますので、ケガが完治していたらその選手と?
    でも彼女、突然ミックスで「べんまこ」組んだりと結構なサプライズを仕込んでくる。なので色々妄想して楽しんでいます。妄想は罪ではないので(笑)

      引用  返信

  • ガラッと話題変えてごめんなさい💦

    ハレのドロー発表は、いつなんでしょうか?

      引用  返信

  • ハレのドロー気になって私も調べてみたら、ゲリー・ウエバーオープンのサイトで面白いものを見つけましたよ。
    プレイヤー紹介のコーナー 日本語訳で「錦織圭」が「錦鯉」になってました。私の翻訳ソフトだけでしょうかねぇ^^
    そうそう、杉チャンは負けちゃったけど、なおみちゃんはSF進出です。素晴らしい!

      引用  返信

  • にしぴーさん,
    ドローセレモニーについて前のページでNORICHANさんが情報を提供してくれて
    います(⌒▽⌒) 本日16日(土)午後8時頃 とのことです。
    シングルスもダブルスも楽しみで仕方ないです(^_−)−☆
    錦織選手現地に着いているようですし、体調の心配がないことが一番嬉しいです。

      引用  返信

  • お早うございます。
    にしぴーさま、キリ丼さま
    ハレ等の錦織選手関連情報については、あけびさまからご案内があったとおり、前記事(前ページではなく(笑))でご紹介しています。その他のハレ情報も、皆さま前記事でコメントされています。
    本日のドロー・セレモニー等についても、皆さま前記事でコメントされると思いますよ。こちらの記事関連ではないようですので。何だかややこしいですね。

    RG終了後の総括的コラムを、鼻血ブログラボ「全仏OPテニス・SF以降」トピにていくつかご紹介しています。
    また、ハレ&ロンドンの欠場ドミノ情報について、同じく鼻血ブログラボ「南蛮渡来の庭球情報」トピにてご紹介しています。

      引用  返信

  • あらまっ(^◇^;)
    そうですね。訂正ありがとうございます(笑)
    大会の狭間の団長さんの記事がない期間のコメントが難しいですσ^_^;
    とりあえず、フォーラムにお邪魔するのがいい方法かな?
    ご案内ありがとうございますm(__)m
    にしぴーさんもどうぞ♪( ´▽`)

      引用  返信

  • 今日は。
    その後の鼻血ファミリー情報です。

    フォーラムではご紹介済みですが田島尚輝選手、RGジュニア終了後のBOYS最新ランキングで、15位から7ランク・アップで8位。見事トップ10入りです! おめでとうございます。
    なのでグラス・シーズン、前哨戦ローハンプトン、そして本番WBジュニアでの活躍を期待、もっともっと高みを目指して躍進して頂きたいです。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。