絶好調ズベレフに完敗!しかし一つレベルが上の悩みに移行した感あり!(2021マドリード2回戦 vs. ズベレフ レビュー)

2021 Madrid (Masters 1000)
2nd Round
Alexander Zverev[5] def. Kei Nishikori, 6-3,6-2

いや〜、負けた負けた! 完敗! ズベレフが強すぎた!

これで感想が終わってしまうような試合でした。錦織のプレーは悪くありませんでした。

平均210kmhの1stサーブに、どこからでもウィナーが奪える超高速ストローク。少々ミスをしてもそれを大きく上回る数の超攻撃ショット。
この試合のズベレフに勝てる選手が世界に何人いるでしょうか?
直接対決になるとまた展開が変わるので一概には言えないものの、単純なプレーレベルの比較でいえばこの試合のズベレフのレベルはナダルの試合をも超えていたと思います。

さきほど、同じ日に行われたデミノーvsティームの1セット目のみ見ましたが、ボールの速度、コースの厳しさ、ミスの少なさどれをとっても錦織vsズベレフ戦の方がレベルが高かったと思います。
(ティームは今年、お疲れで調子が上がっていないのは理解していますが)

本当にそのくらいズベレフはすごく、コンスタントにこのプレーができれば世界No.1も可能だと思いました。
ただ、実際には少々波がある選手で、2018年にはセカンドサーブの20%以上をフォルト(すなわちダブルフォルトになる)してしまうほど深刻なイップスにも陥ったことのある選手です。
去年の全米決勝でもセカンドサーブは弱々しいものでした。

同時にプレーレベルの上限も果てしなく高い選手で、今回はそのズベレフとあたってしまったという感じです。

錦織はなんら、落ち込む必要はないと思います。

確かにフォアが浅くなったり、サーブの威力が足りず打ち込まれてしまったということはありますが、これまでの悩みよりは一段、レベルの高い悩みに移行したと思います。
バッククロスの打ち合いでは負けてませんでしたし、ストロークの良い攻撃も多数ありました。

スマッシュでミスがあったり、入れにいった1stスピンサーブでリターンエースを取られたりもしました。
この2つがなければもう少し違った展開になっていた可能性はあります。しかし、上記はわずか1ポイントずつ。
勝ち負けになるためにはそのようなミスが1本も許されなかった、厳しい試合であったということですね。

これで今年は通算9勝9敗。
なかなか上位ラウンドに勧めませんが、ドロー運の悪さが主要因ですね。テニスの内容は20位相当くらいはあると思います。
最近3大会で負けた相手はズベレフ、ナダル、チチパスです。

9勝9敗、勝率50%は錦織としては不本意な成績でしょうが、強い相手に結構勝っています。

13位ゴファン
23位ハチャノフ
22位ガリン
19位オジェアリアシム
23位デミノー

11〜30位の選手にはなんと5勝2敗で勝ち越しです。

少々の運も味方にしつつ、どこかで上位に進出しポイントを稼がないといけませんが、今のプレーを継続できていればいつかそれは叶います。
今は非常に苦しいですが、我慢して時がくるのを待つしかありません。

一方、オリンピックを見据えるとだんだん苦しくなってきました。
オリンピックのエントリーは6/14のランキングが基準となります。

今大会では45ポイント稼ぎ、来週は1408ポイントになります。
ただ、ローマ180p、全仏360pが失効し、コロナ関連の特別ルールでこの2大会の2020年の成績の50%(46p)が算入されるので、

1408-540+46=914p

がいわゆる「基礎点」になると思います。
つまり、ローマと全仏で加点ができなければ、914pでオリンピックのエントリーが決まります。
これは今週のランキングで83位相当です。

オリンピックは64ドローで、エントリーの上位56人がダイレクトインします。
83位とは27人の差があります・・・。

コロナ禍で辞退者も結構出るでしょうし、1つの国から4人までしか出れないので、フランスやイタリアといった強豪国からは出場できない選手も出ます。
また、デ杯の出場回数など、出場資格を満たしていない選手もいますので、それなりにカットラインは下がるものと思われます。

83位は、ひょっとしたら大丈夫かもしれないけど、他力本願のランキングと言えそうです。

ランキングでダメなら開催国枠で出るしかありませんが、これは日本で最高ランキングにいなければなりません。
つまり、西岡も上位56人に入れない場合、西岡とのランキング一騎打ちになってしまいます・・・。
そして、西岡の基礎点も錦織とほぼ同じ(確か、錦織より少し上だった気が・・・)。

ローマか全仏である程度勝っておかないと、ちょっとまずい状況かもしれません。

そういうこともあり、先週のエストリルに出場を決めたのだと思いますが、残念ながらwithdrawとなってしまいました。
今の所、ローマのあとは全仏にすると言っていますが、ローマの結果次第ではローマの後のATP250(リヨンとか)に出てもおかしくないと見ています。
(ワイルドカードください!!)

しかしドローさえ悪くなければ、今の力ならきっとある程度のポイントは取れます。
ドローさえ良ければ・・・。

という状況です。

どんな状況でも応援していきましょうね。

63 件のコメント

  • 最近の数試合を観ました。フィジカルの不安を除けば順調に復調してきているとみています。
    今回のフォニーニとPCBですが、見立て通りの復調なら乗り越えられると思います。予想ですが、ズヴェレフ、ナダルのうち対戦となるのはどちらか一人ではないかと。(その場合、もう一人は彼らより好調な相手になるかも知れません)
    フィジカルを維持できて、もしここを越えられたら“a great weekend”ですね。

      引用  返信

  • ドローのお知らせありがとうございました😊
    な、なんか。。。。最大級バズーカ砲バキューン🗯🗯🗯🗯4連発なQFまでの道のりですなあ。錦織のドローが悪い時の恒例、大会ドローを見回したけど、錦織のが最高級過ぎて他のはあんまり目に入らないという。。。。
    でも団長さんがおっしゃるようにみんな強いんですよねー。
    そして錦織も強いんですよ。
    だから誰と当たったかというより、どんな状態の相手か、どんな状態の錦織か、っていうところが勝負のような気もしますけど。
    マドリードはボールが跳ね過ぎで錦織選手には厳しいサーフェスでしたけど、ローマはまた違うそうですね。今練習しているところだと思いますが、うまくハマってくれるといいな( ̄∀ ̄)
    サーブの調子はどうだろう?ズベレフ戦は1stサーブがいつもよりいいように見えたけど。スピードとか見えないところにあって速さはわからないけど、結構センターとかいいところにいってたような?ショットは押される場面ももちろんあったから負けたわけだけど、力強いショットでウィナーもとってましたよね。錦織がきっちり今の自分のプレーを出せたら、勝機はあるはず。とりあえず、1、2回戦突破を目標に(錦織じゃなく私の応援マインド笑) 全力応援しよう!
    クレーシーズン、ここまで厳しい試練を与えられているのは、全て全仏での躍進のためかも!うん、そう信じよう╰(*´︶`*)╯♡ ふうぅ、やっと気持ちが落ち着いた😅
    試合までフォニーニ戦のことだけ考えよっと ( ̄∀ ̄)

      引用  返信

  • 早速某ブックメーカーでローマ1回戦のオッズがでています。
    錦織圭1.66フォニーニ2.20
    ふーん という感じです。
    客観的評価で錦織やや優勢と。
    直近の両者をみるともうちょっと
    錦織圭有利かと思いますが。

      引用  返信

  • 暫くコメント留守に?してました。もっぱら読み手専門で楽しみにさせて頂きました。
    特に落胆🙍⤵️した時には、共感出来て立ち直るきっかけになりました。

    錦織君のケガ→手首から肘→そして手術→リハビリ→肩→コロナ感染→復帰へと、試練の日々❗

    その間、世の中もコロナの試練❗
    我慢の日々を冬眠してたような感じ…まるで仙人になったようで心境も変化しました😂
    試合に一喜一憂するのは同じですが、焦らなくなりました。

    考えてみれば、ケガの多さを始め、ドロー運の悪さも、スロースターターも、サーブがイマイチなのも、どうして人の居る方へ打つの?も、試合中に人が入れ替わるのも、みんな錦織の個性と思えるようになりました。
    そんな唯一無二の錦織が好きで応援してるんだから、何があろうと受け入れる、選手でいる限り徹底して応援するのがファンと言うもの。

    まだ限界なんて思いません❗
    ポイント失効も気になるところですが、あまり心配しません。
    長い目で見て、トップ20ぐらいを視野に入れる日が来る事を楽しみに待ちます。

    一戦一戦、出来れば納得の行く試合を❗ そして勝ち進みますように❗❗❗

      引用  返信

  • 1回戦フォニーニですか。
    サーブで攻めてくる選手ではないので、チャンスありですね。
    天才肌同士の熾烈なストローク戦になりそうです。
    フォニーニ、実は好きな選手なんですが、今回は当然、錦織選手を応援します。
    ズベレフに当たるとこまでは、行ってほしいです。
    コートのコンディションがマドリッドとは異なるので、別の様相になる可能性、大いにあると思ってます。

      引用  返信

  • ローマ案外良いドローかと。
    フォニーニー 天才肌ストローカーの同タイプ。安定はしているものの今年はそこまで成績は出て無く錦織の復調具合を測る良い相手。
    カレノブスタ 実直ストローカー。全豪でのリベンジ出来るか、やはり今の錦織の状況測れる相手。
    ズブレフ マドリードの調子ならそりゃ勝てませんが、1週間空いてお互いどう変わる?
    ナダル ここまで来れれば。

    シナーとかルードとの対戦も見たかった気はしますが。

      引用  返信

  • おーーー!!!皆さまどんどんポジティブな方向に😍
    カムイさん、本当ですねー。ストロークさせてくれる1、2回戦のお二方。
    調子を上げていくにはいいお相手と私も思えるようになりました(単純😅)
    錦織戦後のズベレフ選手のプレーを見てますが、ナダル戦、ティーム戦(二人ともちょっと調子が良くなさそう)共に好調を維持。こりゃあ、この大会のズべレフの強さは相当なもので、錦織の戦いぶりがむしろ自信につながりそうな…。錦織選手が体調万全ならローマでもいい試合を見せてくれそうという期待が高まります。
    もう今日から1回戦始まるんですね。錦織選手は明日でしょうか?応援楽しみです。

      引用  返信

  • ズべレフ、今日も試合ですよねーー!
    タイブレーク有りの、3セットしっかり戦って、少しお疲れムードで
    ローマ入りしてくれないかなぁ〜〜

      引用  返信

  • 下団,

    さん
    返信ありがとうございます
    いつも卓越したご意見とテニス愛、錦織圭愛は素晴らしいと思っています
    もう錦織圭もベテランになってきてますますテニスも円熟してきてこれからも私たちを楽しませてくれると想います
    少しでも長くトップ選手として現役で見たいものですね
    まだまだ試練は続きますが(((・・;)

      引用  返信

  • AB型さん、お久しぶりです。総てに同意のコメントです👏
    下団さん、鼻血池の錦鯉として⁈まる7年過ぎたのですね😊私は今度の夏で7年目に突入します。思えば遠くに来たもんだ⁈とんでもコメントの連続で、出禁になってもおかしくない私でしたが、皆さんに助けられ、勉強させて頂き、今だに居座っています😆私のコメントが不愉快でこちらに来られなくなった錦鯉さんもいるでしょう。今だから分かりますが💦ま、今後もあるでしょう。ウィンブルドンの敷地内⁈に入れたのも、このブログのおかげ⤴️もし、ここに来なかったら、ウィンブルドンの地を踏むなんて、一生なかったと思います。
    以前、のんさんが、このブログは個人的なこと、ワタクシゴトが垣間見えるから、厚みのある温かい場所になってる、と言い、、ゆうたさんは、このブログは自由度が高い、と言っています。
    あえて、全く私事には触れない、という方もいらっしゃるでしょう。
    それぞれのスタンスで、今後もこの鼻血池⁈を楽しめたらな〜と思います😌(ROMさんの楽しんだもの勝ちですよ、も良かった⤴️)
    昔⁈どなたかが、私達は団長のお家の居間で楽しくお喋りをさせて貰ってる、と言っていました。
    改めて、netdashさん、有難うございます🙇🏻‍♀️✨

    ローマ、楽しみですね❣️(いつになく殊勝なあじゃこより)。

      引用  返信

  • あじゃこさん
    覚えていて下さって光栄😂です。
    本当にこのブログは、楽しく温かい場所です。
    私も、テニスの勉強させて貰ってます。

    錦織君を見られる日々は、ウキウキ❗
    負ければ相変わらず、翌日迄落ち込んでますが、試合が続いて応援出来る事が、何より幸せ❗

    ローマとモンテカルロ、美しいから一度行ってみたかった…(過去形) 

    自らピンチを作り我々をハラハラ、ドキドキさせて、自ら苦闘して勝ち切るなんてシンドイ事、しなくていいから、サクッと😂勝って下さいね❗

    フォニーニ戦、楽しみです❗

      引用  返信

  • 錦織選手の初戦、グランドスタンドアリーナで日本時間午後5時開始の第2試合ですので錦織選手の試合は午後7時辺りでしょうか。

      引用  返信

  • ゆうたさん、試合時間のお知らせありがとうございました😊
    マドリードの決勝戦はLIVE観戦を諦めましたが、やはりズベレフの優勝でした。でも流石に決勝戦、ファイナルまで行きました(いいぞ 笑)
    フォニーニは2回戦で準優勝のベレッティーニに敗戦
    錦織選手は2回戦で優勝のズベレフに敗戦
    錦織の勝ち(違)

    今夜夕飯早めでバッチリ応援するぞー!(朝からテンション高め)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。