負けたけどあんまり心配いらない気がする・・・知らんけど!(笑)(2018トロント1回戦 vs. ハーセ)

2018 Toronto (Masters 1000)
1st Round
Robin Haase def. Kei Nishikori, 7-5,6-1

いや〜、負けましたね。しかも差を付けられたスコアで。
おそらく、コメント欄は荒れるのでしょう。まあ、このスコアですし致し方ない部分はあります。
ミスはしましたし、勝負所取れませんでした。DF3本でブレイクされてから主導権を握れませんでしたね。

ただ、見ていてすごく不思議な試合でした。
見所がないわけではなく。
リターンゲームの粘りもありましたし、個々のポイントには素晴らしいものもあった。
1ポイントの中でも見るべきポイントが沢山ありました。

でも、取れなかった。
取れなかったら、次は自分のサービスゲームでちょっとしたミスが出た。
いいプレーもありながら、ゲームを落とした。
反撃しようと足を動かし、攻撃的に行った。ガッツポーズも声も出した。でも、空回りした。

あまりない負けパターンだったように思います。
いや、同じ負けパターンだと思った方は沢山いたとは思います。ミスで流れを渡してしまうという点では。

いつもと違う点は、まず好調なフォアからスタートしたこと。
むしろバックの方がタイミング合っていなかった。

3−0までは完璧で、3−1から例のDF3本のゲームがあって戻される。
立て直し、5−4まで行って次のリターンゲーム、粘ってデュースにした所は素晴らしかった。
しかしここでバックが浅く入ってウィナーを食らう。
そして完全にパスを抜いたと思われたタイミングでコードボールがアウト。

良いプレーがありながら何故か取れない。しかもバックハンドがなんとなく足を引っ張る感じがある。
フォアは調子が良いが、トータルの安定感ではバックハンドのはずであり、いつまでもフォアに頼るわけにはいかない。

そんな感じで迎えた次のゲームは、フォアの感覚は良くきれいにヒットはしながら、僅かにサイドアウトが2本。
バックハンドはタイミング自体が狂ってミス。あっという間に0−40。調子は悪くないはずなのに。

そんな感じで1stセットを落としてしまいました。

でも「錦織には良くあること」であり、ここから幾度となく挽回してきました。
ショットのフィーリング自体に問題はなさそうだったので、この時点では「まだ行ける」と判断しました。

しかし2ndセットでハーセの調子がグンと上がりました。
1stセット最初3ゲーム終わった時点で、「錦織も良いがハーセの反応も悪い」と私はコメントしています。
しかし1stセットを取ったことでよりアグレッシブになり、調子に乗せてしまいました。

2ndセット最初のゲームをブレイクされたのは、このゲームだけ見れば仕方なかったと思います。
ハーセのプレー素晴らしかったです。
とにかく錦織の逆を突く場面が多く、錦織もよく我慢して対応しましたが決めきられてしまいました。

最後のポイントが象徴的で、なんとバックのスライスのストレートで錦織が1歩も動けないウィナー・・・。
完全に読みを外していましたし、私も見ていて「そこでえかい」と思いました。
プレースメントとしてもライン際で、しかも浅めなので錦織が走っても届かなかったと思います。
錦織としては、「さあこのセット反撃するぞ!」という出鼻をくじかれるハードヒットがあり、
「このポイント取ったら凌げるはず!」というポイントでこのスライスを出されました。

そしてハーセはサーブでも上手く配球するとともに、欲しいポイントでノータッチエースを取ってきました。
錦織の2ndサーブに対するリターンがイマイチだったこともサーブで余裕を持たせた要因でしょう。

錦織はそれでも諦めることなく、「カモン」と声を出しながらキープ。
第4ゲームのリターンでは、1stがやや入らなかったハーセの隙を突いて反撃しようとします。
ハーセもガンガン来ていただけに、僅かな綻びが生じてもおかしくないタイミング。
14ポイントに及んだゲームの錦織の唯一のミスはデュースからのフォアネットでした。
まさに1本のミスも許されない展開でしたが、とにかくこのゲームを取れなかった。

このゲームを取っていたら錦織が復活した可能性は高いですし、実際そういう試合を何回もやってきた。
しかしリターンゲームはどうしても、相手が良いプレーをしてしまえばどうしても取れないことがあります。
つまり、そうならないためにキープをしっかりしていくことが大事なのですが・・・
さかのぼると、やっぱりDF3本のゲームになりますね。

ハーセの今日のプレーの特徴は、鋭いサーブと回り込みフォアハンドストレート、そして「逆突き」でした。
ストレートに打ってくるタイミングが早い。
繋ぎのボールも、クロスがセオリーのところをストレートに打ってくる。錦織の読みを外してきました。
錦織はかなり逆を突かれました。結構、対応はしていました。しかし粘りながらも最終的にはポイントを落とすことが多かったです。
ウィンブルドンQFのジョコビッチも同じような配球をしてきました。ひょっとして、参考にしたのか・・・?
前の記事(実況)では、「逆突かれた」という言葉が何回も出てきました・・・。

さて第4ゲームを取れなかったわけですが、まだまだこの時点ではチャンスがあったと思います。
しかし次のゲームの最初でも逆を突かれると、2ポイント返しリードしながら、

・アクセントとして使ったフォアのスライスがサイドアウト
・それまで決まっていたワイドサーブに初めて対応されて強烈なリターンエース
・フォアのネット

と、「違うパターンで1回ずつ」ポイントを取られて落としました。
これは、テニスをやっていたら良く経験すること・・・。なんだか分からないが落としてしまうのです。
やることなすこと裏目に出る。
ある意味、「本日のパターン」を見つけることが勝利への近道なのですが、「本日のパターン」を見つける過程でいろんなパターンでポイントを落とし、そのまま負けてしまう感じ。
試行錯誤なのである程度の犠牲はつきものなのですが、試行錯誤自体が命取りになってしまうという・・・。
「なんでこうなっちゃうの?」という、「頑張ってるのに何故か上手くいかない」だったと思います。

2ブレイクで1-4。かなり厳しくなりました。でも前回はここから挽回しました。錦織も全然諦めていません。むしろ、ここから足を必死に動かして、消極的にならないようにプレーしました。間違っていません。ズベレフ戦はこれで2ゲーム挽回しました。

でも、それでも取れませんでした。
非常に惜しく、1-4からのリターンゲームは最初の11ポイント中、10ポイントで1stサーブを入れてくるハーセに対し粘りまくり、まだまだ逆転の雰囲気を匂わせます。
次の2ポイントは2ndサーブになり、リターンエースとフォアボレーウィナーと攻撃的にプレー。ついにBPを掴みます。
しかしここで、14ポイント目にして、初のミス。BPで。
13ポイント頑張ってきて14ポイント目でミス。
これで取れない。
最後はサービスエースでキープ。これは取れません。

すると次のゲームでは1stが入らなくなり、逆も突かれまた被ブレイク。
でも攻撃的姿勢は失っていなかった・・・。
見る人によっては、「打ち過ぎ」。あるいは「焦り」。でも見る人によっては「消極的にならなかった」だと思います。
私は「消極的にならなかった」と見ました。
でも、この段階ではもうスコアが悪すぎて、厳しかったですね。
いくら挽回力のある錦織と言えども、リターンゲームは相手がいいプレーをしたら取れないので、やっぱり先行逃げ切りが良いと思います。
挽回できなかったことを敗因にするのではなくて、先行できなかったことの方が問題だと思います。

と、雑多な感じで振り返って見ましたが・・・。
最初の方で書いた通り、見所がなかったわけではないんですよ。
ゲームに結びついていないので、自滅したような印象を受けたかもしれません。
確かに、DF3本などまずいプレーも多かった。
ハーセはウィナー29本エラー9本(しかも最序盤に5〜6本やっているので、実質4、5本しかミスしてない)と完璧でしたが、錦織が調子付かせた面もある。
そう考えたら、「この試合は自滅だ」と捉える向きもありましょう。否定はしません。

ですが、私はなんかこの負けは珍しい負けのような気がするのです。
スコアはアレですが、十分に勝てる可能性があったと。
弱気、消極的なわけではなかったと。
諦めもしていなかったし、勝つための工夫もしていたと。

結果は良くありません。せっかくのマスターズ1000、失効のないボーナスステージで1回戦負け。
なかなかスカッとは行かず、モヤモヤするかもしれませんがそういう人には

モンテカルロマスターズ1000準優勝

という言葉を贈りますw

この試合、1試合だけならダメ出しも致し方あるまい。
でもこれまでの頑張りや結果も認めて忘れないでいてほしいです。

そりゃあナダルやジョコビッチと比べたら見劣りします。若手のズベレフやティームにも負けた。優勝も2年半ない。
でも復帰以降は徐々に戻しつつあるのは間違いないです。
今日なんかフォアの当たりは決して悪い方ではなかった。
トーナメントですから負けたら終わってしまう。
でもラウンドロビンやったらかなりの勝率を残すと思いますよ。(その前に故障が心配だが)

何が言いたいかというと・・・私もまとまってないのですがw

負けたけどあんまり心配ない気がする・・・

やっと記事タイトルの文言が出てきたw
そんな気がします。
ま、全部は勝てませんしこれからも負けますよ多分。その都度、がっかりするかもしれません。
でも1大会でも2大会でも、素晴らしい成績があればそれで良いと思いませんか?
モンテカルロ準優勝とウィンブルドンベスト8は自己最高の成績です。
それに、期待は大きいかもしれませんが負けが続いたら、それがスタンダードになるのではありませんか? 期待値も修正が必要です。
一番いいときと常に比較されたら、選手は大変です。
今日は今年平均の錦織より悪かったことは確実ですが、今の錦織の立ち位置はランキング22位、レースランキング11位(来週は少し落ちるかも)、というのは妥当だと思います。
ランキング22位は結構な割合でランキング39位に負けたりします・・・。

大事なのはアップダウンありつつも数大会に1回、できれば2大会に1回は良い成績を収めること・・・。
これでシンシナティも初戦負けであればさすがに私も、「いかんなあ・・・」ってなると思いますが、今日の時点では、なんか内容的にも立て直し可能だと思ったので・・・。甘いですかね。

トロント初戦負け、シンシィ初戦負けでも全米で結果出せば「オーケー!」になるわけですし、全米ダメでも、シンシィが良ければ「まあいいか・・・!」にはなると思うので、トータルで見たいですね。
もちろん、ワシントンから始まって全米まで全部上位に行けなかったら・・・それは嘆いていいでしょう。
でもそれでもなお、秋シーズンに期待ですよ。
勝っても負けても錦織応援に変わりはありません。

149 件のコメント

  • いちにの さん、
    ありがとうございます。
    ハーセ選手のテニスは奥が深いですね。
    錦織選手のコーチをして欲しいくらいですね。
    研究せねば。。

      引用  返信

  • あっという間に錦織が負けてしまって、茫然としている間に大会は進み・・・、現在ディミとケビンの試合を見ていますが、ケビンが完全覚醒してますね。

    錦織の状態はどうなんでしょうね。私はちょっと心配しています。
    一つには手首や肘などの怪我の回復具合がどうなのか?ということですが、それが問題ないなら、何故こんな負け方を?とグルグルしてしまいました。負け方が淡白で、どうしてもタイトルを獲りたいはずのマスターズ大会の一つなのに、何があったんだろう??と色々考えてしまいました。

    下からの若手の躍進も顕著になり、BIG4やスタン、復帰したデルポやコンスタントに加え、結果を出してきているケビンやチリッチの活躍を見るにつけ、錦織も怪我さえ問題ないならしがみついてでも、ぼろぼろになろうとも、何とかして、どうにでもして、MSかGSで優勝して欲しい・・・と個人的には思っています。(でも怪我はやめてね)

    もちろん本人もそう思ってるとは思いますが・・。

    昨日のチチパスもジョコ相手に凄かったなあ。

      引用  返信

  • yuriさん、錦織選手のGS、MS制覇を切に願う気持ちは私も同じです。

    トロントでは、劣勢だったチチパス選手が第2セット終盤に息を吹き返して大逆転、ベスト4進出。ズべレフ弟選手はダフォが痛かった。

    この試合を観ながら、両選手をうらやましく思う場面が何度かありました。ビッグサーブもさることながら、リターンでも、です。まさかこれは拾えないだろうというような厳しいコースのボールに、長い手足をすっと伸ばして軽々と追いついたときなんか、特に。
    錦織選手はリーチが短い分、フットワークと頭脳のフル回転でボールを追わなければなりませんものね。反面、大男には真似できないプレーも見せてくれますが。

    最近、TennisTV解説者が、錦織選手の試合中に以下のような主旨のコメントをしていました。
    「錦織はすぐれたプレーヤーながら、一試合勝つのに大変な苦労を強いられるから、勝ち上がるうちに体力が尽きるし、怪我が多くなる。だからビッグタイトルは難しいかもしれない」
    これを聞いて、悔しくてたまりませんでした。そんなことを言う人たちを見返してやりたい…………かといって、私に何ができるというのか? 歯がゆい。
    とりあえず、錦織選手をさらに熱く応援しようと心に決めました。シンシナティと全米では見ておれよ❗

      引用  返信

  • シンシナティのATPドロー、錦織はフェデラーのクォーターに入り、ワウリンカ、マレーと同じ山という情報が。。。1回戦はルブレフのようです。

    シンシナティ、WTA大坂の対戦相手は、
    R1 マカロバ
    R2 オスタペンコ[11]
    R3 ムルグサ[7]
    QF ハレプ[1]
    とこちらも厳しいドロー。

      引用  返信

  • 皆さんと同じ事を書くようですが。
    ハーセの対戦相手に対する研究は素晴らしいですね。だから31歳で勝ち残れる。
    スタンダードに強い選手かと思いますが、団長も言うように、意外なところに来るショットなど、対戦相手の逆を突けるということは、かなり作戦を練っているのかと思います。

    ニシコリも、もうその天才的な能力(+努力する才能)だけに頼るのはキツイ。相手をもっと深く見て欲しい。なんてのは陣営が考えないわけないですが😅
    それにニシコリは対戦中に相手のクセなどを見抜き、それに柔軟に対応出来る能力は、群を抜いているのかも?🤔
    でも、上位陣は皆そうですよね〜。

    だいあんさんの先の東京弁懐かしかったです。テニスコメントと絡め、お見事でした👏
    噺家さん達が使う下町コトバの東京弁ですが、亡くなった父がよく、コーシー屋と言っておりました。
    『角のコーシー屋んとこ、曲がるんだよ』
    夏休みに来ていた親戚の子供達が
    『え?ここの近くに仔牛屋🐮なんてあった?』

    うわ!つまんないこと書いてる間に、シンシィのドローが!
    キビシイ❗️
    が、何があるかわからんから、頑張れ〜〜💪

      引用  返信

  • シンシナティ、錦織はボトム・ハーフ
    (仮想)対戦相手
    R1 ルブレフ
    R2 シュワルツマン[12]/ワウリンカ[WC]
    R3 ティーム[8]
    QF フェデラー[2]/マレー[WC]
    SF デル・ポトロ[4]/アンダーソン[6]
    F  ナダル[1]/ズヴェレフ弟[3]/ディミトロフ[5]/チリッチ[7]/ジョコビッチ[10]
    厳しいですが、QFまでは勝ち上がってほしい。

      引用  返信

  • さすがに初戦ぐらいは勝っておきたいですね。ルブレフが相手とは言え。3連敗で全米OPを迎えると自信を失いそうなので。

      引用  返信

  • 何だ、こりゃ?

    ここまで厳しい必要はあるのか、ぐらいなすごいドロー。
    一手に引き受けてしまっているではないですか。
    他に誰か、もっと厳しいドローの人、いないかな。
    それで空しいけれど慰めを得たい。

    おまけに予選1回戦で西岡と杉田が当たるし(二度見してしまった)。
    太郎選手はカルロビッチだし。

    😱

      引用  返信

  • 禮さん、ドロー仮想相手のお知らせ、ありがとうございます。
    まだドロー表を見ていませんが、初戦がルブレフ選手(@_@)
    いやいやいやいや………………、いやいやいやいや……………。
    2回戦以降よりも、初戦のルブレフ戦が相当に嫌だなあ(>人<;)
    今、自信ありまくりの勢い&実力アップ中の選手ですよね…。
    あの強気の顔がσ^_^;
    錦織選手、サーブをきっちり入れ、研ぎ澄まされた集中力でミスをほとんどしない
    いい状態なら、もちろん勝てる相手ではあると思いますけどね。
    ハードで一気に!という目論見がうまく行ってない中で、変なプレッシャーを背負
    うとなあ…。
    復帰途中はランキングを気にせず、自分のテニスを取り戻すことに集中していて、
    精神的にかなりフラットないい状態だったけど、ある程度結果を出してトップ10
    が少し見えたきたところから、本人も周りの人達もかなり結果を求めてますよね。
    焦らないで欲しいなあ。優勝とか…ちょっとおいておきたい( ˘ω˘ )
    先を見ないでまず初戦集中!そこを越えれば、もうその先は何が起こるか誰にも
    わからない世界( ̄ー ̄)錦織選手のドローを見ないやり方は今の混沌としたツアー
    ではとても合理的でいいかもしれません。
    錦織選手!準備をしっかりして自信をもって!
    いい状態を準備できれば、勝てない相手はいませんから。
    がんばって╰(*´︶`*)╯♡

      引用  返信

  • 禮さん、シンシナティのドロー情報ありがとうございます。むむ、またまたキビシイ……が、全力応援です。

    あじゃこさん、「仔牛屋」には笑いました。東京人は「ひ」と「し」の区別が苦手ですよね。私は東京出身といっても祖父母と母親が広島県人で、いわゆる江戸っ子ではないんですが、あるとき「空港は東広島のほうでしたよね」と伯父に訊いたら
    「『しがししろしま』って、どこのことかね?』と突っ込まれましたから。

    スレチ失礼しました。
    シンシナティ、まずはルブレフ戦に集中だ❗ 応援フード難しそう……

      引用  返信

  • FUMAさん,
    えっ!!!!!??????
    西岡選手と杉田選手が………そんな入り口で対戦(T ^ T)
    私たちはどうしたらいいのか……………。どうもできないけど、もちろん。

      引用  返信

  • ここまでフルラインナップなキビしさは、いっそ笑ってしまうw

    不思議と勝ち上がり、決勝戦は因縁?のジョコビッチで、でも撃破!
    なんと優勝〜〜🏆
    マスターズ初優勝がこのタフドローから!
    …なんて、白昼夢の妄想も…ムナシイ
    …いやいや、ワカンナイヨー

    それより、目前の一歩、ルブレフの応援フードって⁈

      引用  返信

  • ルブレフ選手はモンテカルロ以降怪我(腰だったかな?)で戦線離脱、ウマグからの復帰です。ワシントンでは準決勝まで勝ち上がるものの続くトロントではドンスコイ選手に1回戦敗退。いまいち状態は安定していないとも言えます。ポテンシャルは高い相手なので大事なのはやはり「不用意なミスで相手を調子に乗せないこと」だと思います。

      引用  返信

  • シンシナティの仮想(願望)と実際のドローです。クォーター1(ナダル山)とクォーター4(フェデラー山)が圧倒的に厳しい印象です。錦織は、マレー(WC)、ワウリンカ(WC)、ミロッチらと共に野に放たれましたが、デル・ポトロ[4]のクォーターで、ティーム[8]の小山に入りたいと妄想していたのですが、ティームの小山を引きました。ついでに、シュワルツマン[12]が同じ小山というのも当てました(自慢)。確率1/4で、イズナー[9]、ジョコビッチ[10]、ゴファン[11]を避けました。ワウリンカが同じ小山に、そしてマレーが同じフェデラー山に入ってきたのは全くの予定外でしたが(笑)。

    錦織のシンシナティの相性は良くなく、2012年と2016年の3回戦進出が最高です。コートは、トロントと同様にデコ・ターフで、ボールはPennです(飛びます)。CPIは、2016年は35、2017年は34のMedium-slowかMediumの境界の速さです。跳ねるらしいので、IWと共に錦織はあまり得意としていないタイプのサーフェスです。

    錦織の1回戦の対戦相手のルブレフは、マイアミから始まった背中の低いところの疲労骨折のため(本人のツィッター情報)、4月以来長らくツアーを離れていましたが、7月下旬のウマグで復帰したばかりです。ワシントンでSFまで進出したのは記憶に新しいところです(雨天順延のため、ダブルヘッダーでクドラに勝ったがデ・ミノールに3セット接戦の末敗れた)。トロントは疲労のためかドンスコイに1回戦敗退でした。ロシア若手三羽ガラスの一人で、強敵だと思います。と書いてたらR⭐️Mさんと重なってしましました。考えることが一緒やん(笑)。

      引用  返信

  • フード考えてみた。
    アンドレイ→あんこの奴隷→白玉(なぜ餡の奴隷が白玉なのか?とツっこまないで💦なんかそんな感じなのっ!)
    ルブレフ→る、ぶれる→白玉がぷるぷる揺れる。白玉は緩めに作り、食べる時に揺らす。

    んで、涼を呼ぶ冷やし白玉ぜんざい。
    苦し過ぎるか…😅

    奴隷を寒天に替えて、あんみつでもいいかな〜。

      引用  返信

  • 対戦相手の現状調査はやはり大切ですよね。私は上っ面だけなので(笑)禮さまのような突っ込んだ調査はとてもありがたいです。ワシントン、ダブへの事がすっかり頭から抜け落ちてました。当時私の頭はクドラ選手どーするの?でしたから。目線はあくまでもマクラクランペアの対戦相手笑。

    応援フードはいまのところ全く思いつきません。

      引用  返信

  • シンシナティのドロー自分は割りといいと思いました。自滅さえしなければ、ハードでの今の実力であればSFくらい行けると感じますがね。自分の調子がよくても相手次第でどうにもならないのがトップハーフ、デルポ山に固まった印象です。ゴフィン、プイユなどシードなのにかわいそうな人を見るととても文句言えません。

      引用  返信

  • Rom さん、禮さんの情報を読んで少し落ち着きました(笑)
    ワシントンベスト4でデミノール選手との試合を見たので、こりゃあすごい選手
    だなと…。インパクト強すぎでしたσ^_^;
    錦織選手はまだまだ安定の強さまでは手に入れておらず、いい時とうまくいかな
    い時の両方をイメージできてしまうので、試合をやってみるまでホントわからな
    いです。
    1stサーブ をきっちり入れて安定のサービスゲームを🙏
    集中力を途切らせることなく、ミスを極力避けて🙏
    錦織選手もきっとそう思って練習に励んでますね。
    応援がんばる💪

      引用  返信

  • 鱧部長の仮想と実際のドロー表ですが、カラフルだし、⭐️マークなんかも付いてて、初心者にも分かりやすく、有難いです。FUMAさんの予選情報も有り難く。ROMさんのダブ情報も。

    さて、では、私はフードも提出したことだし?、皆さんのいろんな予想やら情報を楽しみにしてまーす🙇‍♀️

      引用  返信

  • ルブレフみたいなタイプは錦織結構得意だと思いますよ。ハマった時はどんどんエースを取りますが、一試合ずっと続くわけじゃないし、ビッグサーブがあるわけでもないし。ワシントンはイズナーが転けてくれたラッキーもあったので、絶好調というわけではないでしょう。

    個人的にはルブレフのプレーは結構好きなんですが、もう少し緩急を使うようになればなーっていつも思います。

      引用  返信

  • マロンさん同様、最初の印象はまだ恵まれたドローかなと。
    なんせマスターズでノーシードなんだから楽な相手はそう当たらないし、二回戦必ず当たるシード選手の中ではまだ良い方だなーと。
    トロントも厳しいと言われてましたが、ハーセに勝てばノーシードばかりの相手で、セミファイナルまでいけたとすればかなりのラッキードローだったはずで。
    トロントはハーセ素晴らしかったけど、もったいない大会だったと思います。

      引用  返信

  • 私も、錦織選手の対戦予想相手を見たときには、え~~~って思いましたが、
    ドロー全体を見ると、まぁまぁなんじゃないかと。
    若手がこれだけ力をつけてきて、ベテラン勢の復活が目立つ状況ですから、
    かつてのトップ10プレーヤーと、将来のトップ10プレーヤーがうじゃうじゃ!

    怖いのは、意外性のある若手と曲者プレーヤーとビッグサーバー。
    そう思うと、意外に、真面目派やお馴染みさんが多いので、これ、いいんじゃねぇ?
    ここを勝ち抜けるかは、もう、本当に、錦織選手の実力次第だと思います。

    私は、希望を持って、でも、期待しないで、一戦一戦楽しみたいと思います。
    ネガコメはしたくないのですが、復帰以来ハードコートで今一歩結果が出てないのは、
    打ち込みが足りなくて、アジャストし切れていないせいかなと。
    と言って、ハードな練習による手首や肘への負担も怖く、どこかしっくりきてないような。。。
    だったらあまり焦らずに、今年の目標は、大きな怪我無く終えることにして欲しい。

    全米準優勝以来、皆の期待を背負って、楽しむことより悲壮感さえ漂うテニスになっての長期離脱。
    そこから復活して、楽しそうなプレーを見て皆喜んでいたのに、いつの間にか元の木阿弥。
    早くビッグタイトルをとってぇ~の無言の圧が強くなっているような・・・。
    いつかきっと、GSだって、MSだって優勝できます! 
    希望は捨てていません。
    それどころか、あれだけ怪我で苦しんだアンダーソン選手の今を見ていると、夢は膨らむばかり。
    今回も、何があっても明るく前向きに応援したいです。

    ってことで、応援フード、とりあえず思いついたのが、苦しいですが、「ツブレ麩」
    麩菓子を、丸かじりしないで、ぐしゃっと潰しながら食べるとか・・・・。

      引用  返信

  • 錦織選手とハレプ選手の、ラケットをめぐるツイッターのやりとりが微笑ましい。
    「君のウィルソンの(ジャンボ)ラケット貸してくれる?」「あなたのコートでのスピードを譲ってくれるんなら、交渉成立よ」「全仏オープンのタイトル、僕にくれるって約束するなら譲ってもいいけど」(^ω^)

      引用  返信

  • おばっちさま
    めっちゃ、良いッス👍👍👍

    なんなら「ドイツの某兄弟」にも使えますし、ロシア系に多い「名前の最後に『フ』が付く選手」には共通して使えるかもしれませんね。😀😀😀

    ちなみに麩菓子って軽くてしかも潰した時にカロリーが空気中にフワッと散布されるのでカロリーゼロなんですけどね👌と某Mー1王者のツッコミの方が絶対に主張される気がしますが・・・(このネタ分かりますかね?😅😅😅)

      引用  返信

  • あ、ちなみに、某兄弟なら、麩菓子を、牛乳とかジュースとかに浸して食べる「ずぶぬれ麩」!
    調子に乗りすぎました・・・テヘヘ
    ネタは、判りまっしぇん。

      引用  返信

  • シンシはQFでフェデラーに当たるまではいいドローだと思うなぁ。
    ルブレフは怪我明け、ワウリンカも復帰途中だし、シュワルツマンもカナダでボロ負けしてて、ティエムは全仏以降絶不調。
    このドローならベスト8はいって180P稼がないと。

      引用  返信

  • おばっちさんフード、
    あけびさん、ゆうたさんに同意👍
    安い!早い!うまい👏

    ヒデさんのコメント読んで、おお〜応援📣にチカラ入ります💪
    目指せ180ポイント!

      引用  返信

  • 今、twitterで見たのですが。
    シンシィ一日目の練習風景ということであげられてる写真。
    珍しく錦織選手、金色のチェーンのネックレースをしていますね😳
    ペンダントトップが何かは小さ過ぎて分かりませんが💦
    このネックレースは私は初めて見ました❗️

      引用  返信

  • チチパスがマスターズ決勝進出しましたね
    しかも前回ボコられたズベレフにリベンジして、ジョコ、アンダーソン、ティエムといったGS決勝進出以上の選手も倒して・・・
    ワシントンの時も思いましたが、もうベテランと若手だけって感じですね
    これ見るともう錦織も終わった世代の一人なのかな、、、と思っちゃいます、、、
    錦織に勝ったハーセも、結局はカチャノフにボコられたし、本当いいとこないですよね・・・
    前までは苦心して見つけてた(見つかってた)、敗退理由っていうのが今回の敗退ではない気がします・・・
    もう順調に老化かと、、、
    いや、もちろんこれからもモンテで見せた様にどこかでよい結果を残すとは思いますが、この無様(あえていいます)な敗戦は、
    錦織がベテランへと一歩踏み入れた感があります。。。
    みんな、こういうよくわからない負けが増えて引退していくんですよね、、、
    それを考えると少し悲しくなります・・・

      引用  返信

  • しゃもさん、ということは、今度のルブレフとの1回戦が、錦織君が老化しているか、それともまだ若者には負けない、ということを示すかを見極める分水嶺になるわけですね。

      引用  返信

  • 若手と30代のベテランの狭間の錦織選手世代(20代後半という年齢の意味)
    は、がんばってきた長年の心身の疲労とか怪我とか自分のプレースタイル
    の葛藤とかを抱える年代なんじゃないですかね。そこを乗り越えた選手が
    ベテランとしてさらに進化した姿を見せてくれるんじゃないでしょうか。
    進化するのか退化するのかは、これからのがんばり次第╰(*´︶`*)╯♡
    幸い、その渦中にいる錦織選手陣営は抱えている課題を伸び代と捉え、さ
    らに進化すべく鍛錬中💪
    まさに応援する甲斐のある時期なんじゃないでしょうか。私はそう捉えて
    ますます楽しみにしています。その答えは錦織選手がいよいよ30代に入る
    頃見えてくるかな(╹◡╹)♡
    もしも次の大会や全米で結果が出ないとしても(出たら出たで最高に嬉しい
    ですけど 笑)まだまだその先もあります。団長さんも本記事でそう書いてい
    ますし(^_−)−☆ みんなでワイワイ応援するのは楽しいです!
    しゃもさんも心配する気持ちも含めて(私も心配する気持ちはいつだって抱え
    てますが)ここで共有され、一緒に楽しく応援できたらなと願っています。

      引用  返信

  • あけびさん本当にいい事おっしゃいます😘これからますます応援します‼️❤️❤️

      引用  返信

  • あじゃこさん、おばっちさん、フードのアイデアありがとうございます!
    私は初盆で忙しく、全く浮かびません
    活用させてもらいますね~(ちょっとアレンジするかも?)

      引用  返信

  • あけびさん、同感です。
    これからももちろん、一生懸命、一喜一憂しながら応援します。
    みんなでワイワイ応援して、こちらを覗きながら泣いて笑って、共感しながら楽しくいきたいです(^-^)

      引用  返信

  • micchiさん、
    初盆とは…お身内にご不幸があったのですね。お悔やみ申し上げます🙇‍♀️🙏
    東京では新盆と言うことが多いです。

      引用  返信

  • 錦織選手の本当の真価が問われるのは、彼が30代に入ってからだと思ってます。私が勝手に!想定し&望んでいた結果には今現在残念ながらなっていませんが、これ以上の故障なく、技術的な進歩と頭脳的なプレイに磨きが増せば、ベテラン選手としての圭クンが近い将来見られるかも! 
    彼のファンでいる限り、心配も、ガッカリも、ハラハラも、時には怒りも、全て時々与えてくれる喜びの代償のようなもの……と言うより、私には宿命!とさえ思えるのです。ちょっとオーバーかな😅😓 数年前、あるフィギュアスケート選手を熱烈応援してた時も、同じ心境でした。

      引用  返信

  • しゃもさん,
    皆様そういった不安は感じてると思います
    決まったボールが返ってくるしラリーの打ち合いで力負けする錦織圭も今迄にはなかった事です
    しかしジャコビッチやテイエムやズベレフとの試合では負けたけれど目指すテニスは垣間見た気がするします
    フェデラーやナダルやジャコビッチが乗り越えたように再びトップで戦えるかは分かりません
    ランキングでみたら将来的に物足りない事になるかも知れないし再びトップとして戦えるかもしれません
    でもテニスに関しては進化すると思います
    流れるような美しい芸術的なポイントもありますしミスショットの中にも意図が感じられないショットはほとんどありません
    ショットの選択と組み立てと読みと技術力とはツアー屈指です
    ここの皆様はそんな事は分かって応援してると思いますが、錦織圭がトップとして活躍できてもトップとして活躍できなくても錦織圭のテニスはワクワクするテニスとは思いませんか

      引用  返信

  • トロント、チチパスが土壇場で踏ん張りの介❗️どうなるのか⁉️

      引用  返信

  • 終わってみれば、ナダルのストレート勝ちではありますが、チチパス君、蜘蛛のような長い手足で🕷相手を🕸にかけますね〜。
    この手足がニシコリにもあったらな〜。でも、無い物ねだりはつまらんね。ニシコリは忍者🙏

    ナダル80勝目、おめっ✨

      引用  返信

  • チチパス選手、ずっと劣勢だったのに、いきなり復活し、どんどん押し返して、錦織劇場ならぬ「チチパス劇場」を展開。それでもナダル選手、やはり重要な局面では強かった。(もう何回目か忘れちゃったけど)優勝、おめでとうございます。今調べたらロジャースカップは4度目でしたね。ステファノス君も、初めてのマスターズ決勝進出、準優勝、素晴らしいです。

    この場に錦織選手がいたらなあ・・・と、少し寂しくもありますが、あけびさん、矢車草さん、けんじさんなどのコメントを読んで勇気づけられ、これからも、何があっても錦織圭を応援し続けようと、気持ちを新たにしています。

      引用  返信

  • シンシナティ1回戦、月曜日のOoPによると、錦織vsルブレフ戦は、GRANDSTAND(第2コート)の第1試合午前11時(日本時間24時)から。くしくも2017年8月13日(日)のシンシナティでの練習中に、尺側手根伸筋腱脱臼(dislocation/subluxation of the extensor carpi ulnaris (ECU) tendon)の大ケガをしてから早一年で、同日の試合。ここから錦織の大復活劇を見せて欲しいですね。

      引用  返信

  • 😱はー。まさか、同日とは⁉️
    テニス神🎾の配剤でしょうか…。
    (それに気がつくハモ部長も凄いが)
    そうですね!是非ここから復活劇を観たいです!
    おめっ✨おめっ✨@すぅーさんと続けたい!(これについてはフォーラム・フューチャーズ参照)

      引用  返信

  • 「つぶれ麩」

    ズべレフの時に、これを食べました、、、
    ルブレフの方が近いですね!!

    よくある黒糖麩菓子(丸棒状のやつ)を押しつぶして!!
    お茶がないとむせますが。。。

      引用  返信

  • ずずさん,

    すごい!
    先に思い付かれてたのですね。
    micchi師匠さまの応援フードは「ずぶぬれ麩」の方になりましたが、
    私は、黒糖麩菓子も用意しました。
    楽しく応援できるのが一番ですものね、
    今日も気合を入れて、明るく応援しましょうねぇ~。
    むせないように、注意します! ありがと~♪

      引用  返信

  • おばっちさん,

    いえいえ、恐縮です、、、
    応援フードを準備するタイミングによっては、公式発表より前に材料を仕入れないとならないこともあり、先日のズベレフ戦で、勝手に発案&自己採用した次第です(苦笑)。

    micchi巨匠の感服するようなレシピもステキですし、皆様のアイデアの結晶というような側面もありますよね。
    もしかしたら。いつかお役に立てればと、そうなれば嬉しいですので、脳トレと思って考えるようにしていますww

    今日は、公式発表後に慌ててコンビニに走るものの、みつ豆の類いがなくて焦りましたが、無事勝利して良かったです!

    各大会、脳トレする日が1日でも長く続くように祈りつつ、楽しく応援していきます!

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。