週刊 世界のテニス(Week of 2017/9/11)

遅くなりましたが、今週の世界のテニスの話題用の記事を立てます。
今週は、男子ではデ杯があります。
プレーオフ 日本 vs ブラジル(大阪 靭テニスセンター)については、後ほど個別記事を立てますが、それまではこちらで話して構いません。

・・・しかし、やっぱりこういう定期記事は意味があるんだろうか?という気持ちがやっぱりあります。
私が内容のある記事を作成するのならいいんですけど、こうやって記事だけ立てるのは何か違う気がします(それはブログでなくて掲示板ではないのかと)。
現状、手がそこまで回らない(そもそも情報のインプットが少ない)んで、皆様に情報提供できるほどのものを持っていません(逆に教えてもらってばかり)。

過去の私が書いた記事が記事立てだけのための記事により流れていくのも残念です。

デザイン的に定期記事と、私の(内容のある)記事を分離して表示させるようにはできる解があると思うので、その方向に持っていくか、フォーラムの活用を推奨したいです。
活気の一部にもなっているし難しいところです。

451 件のコメント

  • フェデラー選手記事について。
    彼曰く
    「6日間で5試合(バーゼルですね)したので今は安静が必要。このうえロンドンFの前に、続いてベルシーでプレイするなんて非合理的だよ」
    「よく2016年を思い出すんだ。8ヶ月もプレイできなくて辛い1年だった。でもバーゼルで(素晴らしい)1週間が過ごせたので、今は冷静になることが必要なんだ。だからといって、1位に返り咲くことに無関心だろう、なんて思わないでね」
    とのことです。
    やはりスケジューリング&ピーキングに非常に長けており、本当に効率的ですね。年齢を踏まえながら、アクシデントさえも、長い長いリハビリ期間でさえもSTEP UPのための糧に変換。

    フォーラム・鼻血ブログラボ「南蛮渡来の庭球情報」トピにて、サー・アンディのオークション情報をご紹介しています。

      引用  返信

  • 今晩は。
    時事小ネタを2つ。ハッピー・ハロウィンなので、覚悟して開いてください。
    ベッカー氏SNSより。こちらはソフト?です。でもこぇ~。
    https://twitter.com/TheBorisBecker/status/925511382338035713
    こちらはデ杯公式SNSより。チョーこぇ~、特にゴファン選手。ネーミングも秀逸です。
    https://twitter.com/DavisCup/status/925407874846724097
    しっかし、なぜこれをデ杯が呟くのでしょうね(笑)

    フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンルVol.14」トピにて、ズベレフ弟選手とツィツィパス選手のミラノ・エキシビ情報をご紹介しています。

      引用  返信

  • お早うございます。
    ナダル選手、4回目の年間1位おめでとうございます。ATP各大会公式が次々お祝いメッセージです。
    ATP公式(紙吹雪が舞います)、デ杯公式、RG公式から。
    https://twitter.com/ATPWorldTour/status/925746239660089344
    https://twitter.com/DavisCup/status/925749990747787264
    https://twitter.com/rolandgarros/status/925749414211280896
    2008から2年後、そして3年後、そして4年後。ってことは次は5年後に1位? その時ナダル選手は今のフェデラー選手と同じ36歳…。

    バルセロナ公式は特集記事を。
    <Nadal acabará la temporada 2017 como número 1 del mundo tras batir a Chung en París>
    https://www.barcelonaopenbancsabadell.com/es/noticias/nadal-acabara-la-temporada-2017-como-numero-1-del-mundo-tras-batir-chung-en-paris

    これによって新たに生まれた記録については、フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンルVol.14」トピにてご紹介しています。

      引用  返信

  • ベネトー選手、何とゴファン選手に勝って
    準々決勝進出。
    引退どころか覚醒したかのようです。
    ゴファン選手はこの大会でツアーファイナル進出を決めたかったでしょうけど、残念でした。

    ベルダスコ選手もティーム選手に勝って
    同じくベスト8へ。
    ベルダスコ選手は今年なかなか勝てない時期が
    ありましたが、ここへ来て絶好調みたい。
    調子が良い時は怖い選手ですね。
    30代が頑張る姿がうれしいです。
    選手生命が長くなるのは良いことだと思います。
    錦織選手もまだまだこれからずっと長く活躍できるという希望が膨らみます。

    手首を何度も手術したデルポトロ選手の活躍も
    すごく励みになっています。
    私もデルポトロ選手にツアーファイナル、
    行ってほしい。

      引用  返信

  • ゴファン選手、ツアーファイナルズ決定!

    ちょっと心配しましたが、おめでとう!
    今度は(もし対戦したら)フェデラー様にもう少し食い下がってねー。

    それにしても、ベネトーさん、すごい。
    シャポバロフ、ツォンガときてゴファンまで。
    引退する必要ないんじゃ…?w

    デルポトロ、追い込み、頑張れ!
    バーゼルも優勝してほしかった。あんなにフェデラー様をカリカリさせる選手なんて、滅多にいない。

      引用  返信

  • 今回もしカレーニョブスタ選手がツアーファイナルに出場すれば、全員ヨーロッパ勢となってしまいますね…
    今負けていますが、デルポにぜひ勝ってほしいです!そして、ツアーファイナルに出てほしい!(アメリカ勢がツアーファイナルに出なくなってからデルポトロ選手、ナルバディアン選手や錦織選手の活躍でヨーロッパファイナルズじゃなくしてくれたので!)

      引用  返信

  • デルポトロ選手はお尻か腰のあたりが痛そうで薬飲んでます。
    イズナー選手は膝が痛そうでトレーナーにマッサージしてもらっています。
    どちらも満身創痍で頑張っています。でも痛々しい。

      引用  返信

  • ゴファン選手、ファイナル進出決まったんですね。負けてしまったのでまだかと思っていましたが、私の勘違いだったみたいです。失礼しました。ゴファン選手おめでとうございます。

    デルポトロ選手は残念ながら負けてしまいました。応援してましたが・・。
    今日勝てばファイナル進出だったのを思うと、
    本当に残念!

      引用  返信

  • デルポトロ選手、これでロンドンへの道が断たれてしまったのかな……残念です。

    パリMSベスト4は、クライノビッチ、ベネトー、イズナー、ソックと、(失礼ながら)予想外の顔ぶれになりましたね。
    ソックvsベルダスコ戦を途中から観ました。ベルダスコ選手、第3セット終盤の粘り(マッチポイント6本しのぐ)はワクワクさせてくれましたが最後は力尽きました。惜しかったあ。

    そして今、ベネトーvsチリッチ戦のリプレイを観終わりました。
    ベネトー選手、素晴らしかったです。第2セット序盤でベースライン近くから打ったドロップショットなんか、まるで魔法みたいだった。逆クロスのショットなども要所要所で効果的に決まっていたし、ブレイクバックされても、やるべきことに集中しているように見えました。
    観客の熱狂的なジュリアン・コールも後押しになったでしょうね。感動的な勝利でした。

    もうこうなったら、最後までベネトー選手を応援しつづけます!
    もしかしたら引退表明撤回とか、あったりして……

      引用  返信

  • だいあんさま
    qualifyされている選手のうちの誰かがoutすれば…というALTの可能性は残っていますが、それは本人が否定したようですね。おうちに帰るそうです。

      引用  返信

  • ROMさん、デルポトロ選手情報ありがとうございます。
    アルゼンチンに帰国ですか。
    あちこち痛めているようなので、来季に向けていい休養になればいいですね。

      引用  返信

  • 今日は。
    世界はテニスで回ってる…。たった1日ライスコ確認しなかっただけで、こんなにも情勢が激変することにビックリ仰天しています。

    パリMSあれこれ。
    ナダル選手。
    クエバス選手戦終了後のプレカンで「膝のことは言いたくない」とか何とかコメントしていましたが、まさかのW/Oですか…。膝はもう慢性化? 彼はよほどパリMSに縁がないですね、唯一のMSタイトルなしです。日東ATPFには間に合いますように。
    ベネトー選手。
    引退表明後の快進撃には驚くばかりですが、2通りの捉え方に悩んでいます。即ち、これだけできるのなら引退撤回していいんじゃね? いやいや、引退表明したからこその爆発力、燃え尽きるんじゃね? どちらと捉えればいいのでしょう???

    ツアーつれづれ。
    何とな~くですが、やはり9月のレ杯出場の面々が、以降ケガや疲労に悩まされている気がします。パリMSに限っても、フェデラー&ベルディヒ&キリオス選手はSKIP、ティーム&ズベレフ弟&クェリー&シャポバロフ選手は早期敗退、チリッチ選手まで敗退し、とどめがナダル選手W/Oと。残るイズナー&ソック選手はズタボロ寸前…。
    レ杯以降、バーゼル&ウィーン、パリと休む間もない上位ランカー達、果たしてこのままでいいのでしょうか。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • ベネトー選手がチリッチ選手にも勝ちました。 
    感動的な勝利でした。
    こんなに強かったなんて!
    完全復活を超えて、35歳にしてさらに進化です。
    こういうことがあるからテニスって素晴らしい!
    年齢を超えて進化する姿が観られるのは本当に
    いいですね。
    (フェデラー選手はその先頭を行きますね。)
    私ももうベネトー選手を最後まで応援します。

      引用  返信

  • 私もデルポトロ応援でしたから残念!。
    最近、出ずっぱり状態だったので、疲労困ぱい、満身創痍だったでしょう。でも最後まで執念見せて頑張っていました。ゆっくり休んで欲しいです。
    地力ある選手だから、来年は錦織選手と一緒にロンドンへ行ける、行って欲しいと思っています。

    準決勝に米国男子が二人勝ち残りました。全米OPは女子が大活躍だったから触発されて発奮したかな。
    誰が優勝するのでしょうか。そしてロンドンに行ける神8の最後の一人は誰になるのでしょう。

      引用  返信

  • 今日は。
    パリMSの決勝カードは、ソック選手vs.クライノビッチ選手という25歳対決の好カードになりましたね。一体誰が予想できたでしょう。いい意味でのサプライズです。

    まずはクライノビッチ選手のコメント抄訳記事です。
    <クライノビッチがパリ・マスターズ決勝進出、負傷から復活の陰にジョコの支え>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3149328?cx_part=top_category&cx_position=2

    続いて彼の戦いぶりレポート記事です。
    <クライノビッチ、昨年準優勝のイズナーを撃破し決勝進出[ロレックス・パリ・マスターズ]>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/atp/2017/0027951.php

    ご紹介した記事については次でコメントいたします。

      引用  返信

  • ご紹介した記事について、というよりフィリップ・クライノビッチ選手。

    別記事でnakaさまもコメントされていましたように、クライノビッチ選手もケガでランクを大幅に落とした苦労人。ただ私、それがどのくらひどい状態だったかは存じ上げず、ここまでポテンシャルの高い選手だったんだ~と、正直驚いています。
    彼はIMGでは錦織選手の2つ年下で、よく2人が試合形式で練習したり談笑したりの動画もアップされていましたし、仲良しであるだけに時々彼の名前が錦織選手の口からも出ていました。ここに来てようやく苦労や努力が報われたことは非常に嬉しいです。ケガからの復帰は、どのスポーツのどんな選手であろうと、心から良かったと思えます。

    観点は異なりますが、日本とセルビア、いえ錦織選手とジョコビッチ選手はコート外でも微妙に繋がりますね、ユニクロさんは別にして。
    錦織選手と仲良しクライノビッチ選手の心の支えとなった母国の英雄は、AOやIWで西岡選手と練習してくれましたし、ただ今ジュニアNo.1のセルビア有望株ケマノビッチ選手は、IMGで錦織選手がずっと面倒みているし。前年のU21卒業生、西岡選手と同期のミロジェビッチ選手もノール&ケイの練習相手でした。

    閑話休題。
    ただこの決勝、ソック選手も錦織選手とお仲がよろしいので、どちらを応援するか悩みます(笑) パリの地でUSAテニスの復活を観たくもあり、ケガからの長い長い復活の道のりをMS初優勝という形で締めくくって欲しくもあり。

    ところでクライノビッチ選手、感極まって目に光るものが。クライノビッチがクライ(Cry)です(苦笑)

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • クライノビッチは準決勝の勝利の瞬間を見ると、決勝に進出できたことでテンションが落ちてしまっているかもしれませんね。
    もう一回、自分を奮いたたせることができるかがカギですね。

      引用  返信

  • 今日は。
    海外メディアを何気にサーフィンしていたら、こんな呟きが。Ubitennisより。
    https://twitter.com/Ubitennis/status/926865956785328128

    クライノビッチ選手、怪我による戦線離脱のせいで、スポンサーを全て失ったそうです。ならばラケットもウェアもシューズも、今も全部IMGからの支給品で間に合わせている? よくまあ凹みもせず腐りもせず諦めもせず、努力し続けましたね。そしてその用具でMS決勝まで勝ち進みましたね。頭が下がります。

    彼は今年、黙々とCH大会に出場し続け、先月カザフスタンのアルトマイCHで優勝。そこから一気に弾みをつけました。努力は必ず報われる、いえ報われる世の中であるべきです。
    俄然、クライノビッチ選手を全力応援したくなりました。感傷的過ぎるかな(苦笑)

    各メーカーさん、お願い! どうか彼に合ったラケットを、ウェアを、そしてシューズを!

      引用  返信

  • 決勝まであと1時間しかありませんが、パリ大会についての記事をアップしました。
    https://yuri-san.com/tennis84/

    どっちが勝ってもまた新しいマスターズ優勝者が生まれます。
    錦織ファンとしては色々複雑なきもちですが、素直に応援したいと思います。
    来年は頼むよ~圭~!

      引用  返信

  • クライノビッチ選手の怪我が手首とは知りませんでした。
    スポンサーも失ってもなおここまで復帰した彼の努力が報われますように!
    錦織選手ファンとしては
    手首の怪我から復帰の選手の活躍は大いに励みになります。
    頑張って欲しいです。

      引用  返信

  • 第1セットをクライノビッチが取ってはソックに肩入れし、第2セットをソックが取れば、またクライノビッチを応援し、と忙しい観戦でしたが、よい試合を見せてくれてありがとうという気持ち。

    ソックってば、初めてのマスターズ優勝で、初めてのツアーファイナルズを決めて、初めてのアメリカ人ナンバー1の、初めてのトップ10て。
    こんなにいっぺんに色々達成していいのかあー!と憎たらしくなるくらいだけど、努力が報われて本当におめでとうと言いたいです。

    クライノビッチ選手のことは、杉田選手と1回戦で当たらなければ知らなかったけれど、今回そのプレーを見ることができて「収穫」でした。
    来年も引き続き頑張って、そして錦織君と対戦する機会があったらいいな。

      引用  返信

  • パリのファイナル、最後はジャック・ソック選手がスーパー・パッシングショット連発で流れをつかみ(少しクライノビッチ選手の疲れもあったかな)、第3セットは一気に押し切りましたね、おめでとうございます。
    ツアーファイナルでも大暴れして、マスターズチャンピオンにふさわしい実力があることを示してほしいですね。
    クライノビッチ選手もお疲れさまでした。

      引用  返信

  • 何度も大きな壁に跳ね返されてきた錦織選手のファンとしては複雑な思いはありますが、まず、自らの力で優勝とファイナル出場券を勝ち取ったソック選手に拍手を送りたいです。また、クライノビッチ選手の巧さには今大会通じてビックリしました。決勝戦は二人の巧さが光った良い試合でした。
    今年は混乱した状態が一年を通じてありましたが、来年皆が復帰した時にはどうなるのでしょうか。誰が勝ち残っていくのか、願わくば我らが錦織選手に大舞台での優勝の喜びを味わってもらいたい。もちろんツアーファイナルへの返り咲きもお願いします。

      引用  返信

  • お早うございます。
    ソック選手、おめでとうございます。
    FUMAさまの仰る通り、何から何まで初物尽くしでどれもみなおめでとうなので、お祝いの言葉がいくつあっても足りないですね(笑)
    常にUSAの2番手、3番手に甘んじていた彼が、クェリー選手&イズナー選手を破ったクライノビッチ選手を破っての優勝ですから、名実ともにUSAのナンバー1、そして神8入りは堂々たるものです。きっと仲良し錦織選手にもバスケ仲間のキリオス選手にも、更なるモチベーションを与えてくれたことと思います。
    彼のコメント一部抄訳記事です。
    <ソックがパリ・マスターズV、最終戦切符も獲得で「言葉にならない」>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3148800?cx_part=top_category&cx_position=1
    にしてもパリMSの優勝トロフィー、ややこしい代物ですね(苦笑) 掃除が大変そう。

    クライノビッチ選手、天晴れMSのファイナリスト! 勝ち負けは別にしてとにかくおめでとうございます。
    彼に対してはただ一言。どうかスポンサーさん、たくさん名乗りを上げてください。そして、少しでもご家族の経済的負担が軽減されますように!

    フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンルVol.14」トピにてご紹介の情報です。
     ◆女子のWTAファイナル、来季よりカレンダー上もファイナルとなりそうな件。
     ◆11/07開催、グラスゴーのマレー選手&フェデラー選手エキシビの件。
    またミラノ・ファイナルについては、「ミラノにピチピチの若者たち」トピにて、随時情報をご紹介しています。

    長文失礼いたしました。

      引用  返信

  • 今日は。
    膝の調子が気がかりなナダル選手。パリ棄権後、医師の診断を受けているようです。Tennismashより。
    <Nadal could be ready to compete in London>
    https://tennismash.com/2017/11/06/nadal-ready-compete-london/

    ナダル選手のドクター、コトーロ氏がスペインEl Espanol紙に語ったところによると、「新たな怪我が増幅したわけではない」とのこと。長いお付き合いになりそうです。
    ナダル選手自身「しばらく引き摺っていた状況だ」と。世界ランク1位に返り咲いた今、彼は試合そのものより長期的な健康確保に重点を移しているようで、一応ロンドン入りはするが、うまくいかなければ途中離脱もあり得ると。

    ナダル選手のロンドン出場は絶対観たいですが、もし?って場合も覚悟した方がいいのかも知れません。
    さあ、そうなったら控え選手の出番です。今のところ順番ではカレニョ-ブスタ選手、デルポトロ選手、クェリー選手、アンダーソン選手と続きます。デルポトロ選手は既に帰国を表明していますので、実質控え候補は3選手に絞られるかな? もちろん次々断れば、ツォンガ&イズナー選手もあり得ますが。

      引用  返信

  • 昨日のパリ大会はソックの優勝で終わりましたが、最後までファイナルズのメンバーが決まらず、またカットポイントも2000点台という、異例の低さになった2017年でした。
    ソックには純粋におめでとうと言いたいです。でもそれと同時にBIG4はもちろん、TOP10選手に一度も当たらないで優勝できてしまうマスターズ大会というのには、やはり違和感を覚えます。
    その辺りも含めて、記事を書きました。
    https://yuri-san.com/

    ナダルの怪我が心配でしたが、今のところは出るつもりでいるようです。正式発表ではありませんが・・・。
    https://tennismash.com/2017/11/06/nadal-ready-compete-london/

    ↑のNORICHANさんの情報と被りましたね。すみません。

    こちらの記事では、ロンドンには行かないでくれと言われてるという話?
    http://www.express.co.uk/sport/tennis/875866/Rafael-Nadal-injury-ATP-World-Tour-finals

    どちらにしても正式発表を待つしかなさそうです。

      引用  返信

  • なんとパリMSの優勝者はソック選手でしたね。おまけにロンドン行きまで決めちゃって。おめでとうございます。
    ソック選手はナイスガイだし、錦織選手と仲良しだから良かったという思いが半分。
    手が届きそうで届かないタイトル、何度も錦織選手と共に悔しい思いをしてきたファンとしては複雑な思いが半分。というのが正直な気持ちです。
    去年の錦織選手だったら、今年MSのタイトルを取れていたかも・・・。なーんて、ちょっとボヤいてみました。

      引用  返信

  • 大逆転でファイナル出場を決めたソック選手関連の記事です。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171106-00000013-tennisd-spo

    イズナー選手とゴルフの予定だったのですね。
    しかも超名門のオーガスタなんてゴルフ好きの方からすれば夢でしょうし、もっと驚いたのはイズナー選手の婚約者の父君が同コースの会員だから優遇出来たって彼も米国テニス界のビッグネームなのに・・・同コースの敷居の高さは聞いてはいましたが凄いなぁ・・・(^◇^;)

    ソック選手らしいなんかホッコリしたニュースですね。

    全く持っての余談ですがパリMSでソック選手のアップを見るに連れ、お笑いコンビのニッチェの江上さんに似ていると思った私の目は節穴でしょうか?👀

      引用  返信

  • お早うございます。
    ぼうずさま
    私も実はカレニョ-ブスタ選手推しです(笑) ってかマジな話、昨年補欠で待機し1試合に出場、その悔しさをバネに今季自力で出場権を掴んだゴファン選手のごとく、来季自力でファイナル行きを掴み、「ナダルの次はオレだっ!」と言わんばかりに存在感を示して欲しい。そんな願いを込めています。

    ゆうたさまに続き、今度はクライノビッチ選手記事です。ソック選手は持ち前のアメリカンな明るさで「何なっとなるやろ」と思うのですが、悲壮感漂う暗い?CRY?クライノビッチ選手にどうも肩入れしてしまいます(苦笑)
    <ジャック・ソックに「ロレックス・パリ・マスターズ」の決勝で敗れてクライノビッチが逃した「幻の記録」とは?>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/atp/2017/0027963.php
    そっか! 同シーズンでCHとMSで優勝という幻の記録がかかっていたのですね。今季で言えば、シュチェチンCHで優勝したガスケ選手がMSで優勝するようなもの。ぜひ達成して欲しかった…。

    で、皆さま。
    今週来週はロンドン出場神8達の練習相手に注目です。昨年のロンドンで各選手のヒッティング・パートナーを務めたジュニアのシャポバロフ選手やツィツィパス選手は今季見事ブレイク。そしてミラノ行き。このライン、出来上がったかも?! 同じくケマノビッチ選手やブランチ選手は今年ジュニアを卒業し、来季はミラノ・レースに参戦です。
    さあ今年のロンドン、ジュニアの誰が誰の練習相手を務め、来季ブレイクするでしょう? 青田買い、就活、面接するなら今からです(笑)

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • 今日は。
    内田暁さんがスポーツナビにコラム掲載です。テーマはシャポバロフ選手ですが、内田さんコラムですのでこちらでご紹介。
    <テニス界注目の18歳シャポバロフが描く夢 「テニスを一番の人気スポーツに」>
    https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201710270005-spnavi

    以前ご紹介したシャポー・ファッション、片手BHへの転換、アスリートとしてのDNA等についてもまとめられています。
    ラオニッチ選手は、錦織選手と同じく、成し遂げることが全て母国のテニス史となってしまう圧を抱えていましたが、彼の出現によりラオニッチ選手の精神的負担も軽減されますね。同じように錦織選手も、杉田選手の躍進で気分はかなりリラックスできたかと。後は日本にU21の躍進劇が、カナダに中堅層の踏ん張りが欲しいところではあります。いわゆる無い物ねだり、です(苦笑)

    フォーラム・鼻血ブログラボ「フリージャンルVol.14」トピでのご紹介情報です。
     ◆本日開催のマレー&フェデラー選手のエキシビは、ダブルスも行われる件。
     ◆クライノビッチ選手へのロング・インタビュー記事を見つけた件。
    同じく「南蛮渡来の庭球情報」トピでのご紹介情報です。
     ◆女子選手(セリーナ&ウォズニアッキ選手)のプライベートが充実している件。
     ◆USA大手IT企業オラクル社がATP&WTAツアー主催に名乗りを上げ、大会が新設される件。

    ちなみに情報ですが、開催なうの海外大会等については、話題が広がりそうなので「フリージャンル」にて、ツアーの未来情報や直接関係のない情報は「南蛮渡来」にてご紹介しています。

      引用  返信

  • 今晩は。
    昨日のグラスゴー、マレー選手とフェデラー選手のエキシビは、ご盛況のうちに無事終了したようです。そこでBIG5の動向を。

    まずはマレー選手。どうやらあまり芳しくなさそうです。元記事も同じAFPなので省略。
    <マレー、状態次第で全豪OP欠場も「100%になったら戻ってくる」>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3149723?cx_part=top_category&cx_position=2

    そしてフェデラー選手はマレー選手にアドバイス。METRO SPORTSより。
    <Roger Federer offers Andy Murray one key piece of advice ahead of 2018 return>
    http://metro.co.uk/2017/11/07/roger-federer-offers-andy-murray-one-key-piece-of-advice-ahead-of-2018-return-7061410/

    続いてナダル選手。こちらはyuriさまからもご紹介のあった記事の一部抄訳記事です。
    <ナダル、最終戦出場は依然不透明 「できることはすべてやる」と医師>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3149701?cx_part=top_category&cx_position=3

    最後はバブリンカ選手。彼も練習開始でようやく来季に向けて始動。彼のSNS翻訳記事です。
    <ワウリンカ「とっても嬉しいし興奮している!」来シーズンに向けて練習再開>
    https://www.thetennisdaily.jp/news/overseas/primary/2017/0027996.php

    ご紹介した記事については次でコメントいたします。

      引用  返信

  • ご紹介した記事等について。
    マレー選手。
    ブリスベーン250での復帰に照準を合わせジャイロトニックでリハビリ、その途中経過を図る試金石ともなったエキシビで、彼はまだ本調子には遠いと悟ったようですね。AOのSKIPもあり得るとなれば、もうIWまで待つ覚悟をしたほうがいいのかも。当然デ杯もSKIPでしょう。

    フェデラー選手。
    アドバイスの内容をごく粗く超意訳で。
    「ボクからは、健康になって。ただそれだけ。時間もかかるし、復帰時は100%でいたいよね。でないとトーナメントを勝ち抜くことはできないし、イライラもする。何週間、何か月であれ、ゆとりがあれば賢明だし有意義だと思う。アンディは焦る必要はない。復帰を急ぎたくもなるが、時にはそれを延期する必要だってある」とのことです。
    エキシビで実際にマレー選手と相間見えてのアドバイスなら、彼もプレイで感じるところがあったのかも知れませんね。事実その通り復帰された方の言葉ですから、相当説得力があると思われ。

    ナダル選手は以前ご紹介したとおり。ジョコビッチ選手が掴めません(苦笑)

    で、バブリンカ選手。
    文中の他のどの言葉も目に入らず。ノーマン・コーチと円満に関係解消、次の新コーチがなんとブラッド・ギルバート氏とは! 錦織選手を知り尽くした?ギルバート氏です。来季はバブリンカ選手を最も警戒する必要があるかも?!

      引用  返信

  • 今晩は。
    また連続投稿になってしまいました。皆さま、錦織選手復帰までは一休みですね。

    先ほど日東ATPFのドロー・セレモニーが終了し、グループ分けが決定しました。ドローを引いたのはこの方です。彼のSNSより。
    https://twitter.com/TheBorisBecker/status/928193841957605376

    RR、グループ・サンプラスにはナダル、ティーム、ディミトロフ、ゴファンの4選手。
    同じくグループ・ベッカーにはフェデラー、ズベレフ弟、チリッチ、ソックの4選手。
    これで見るに、ナダル選手とディミトロフ選手は、どの大会のどんなドローでも切っても切れない濃密なご関係のようです(笑) ディミトロフ選手はまるでナダル番?みたいな。

      引用  返信

  • 今日は。
    神仁司さんがWeb Sportivaにコラム掲載です。テーマは時節柄、当然これですね。
    <錦織なきATPファイナルズ。フェデラーvsナダルの最終決戦なるか>
    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2017/11/11/atp___split___vs/

    確かに「日東ATPファイナルズ」におけるフェデラー選手とナダル選手の頂上決戦は、あと何回観ることができるのかわかりません。でも、最後だ最後だといわれ続けながら今季、GSのタイトルを2つずつ分け合うような2人なので、まだまだ観られるのではないかと(苦笑)

      引用  返信

  • こちらに書き込みます。

    https://twitter.com/ATPWorldTour/status/930212818296737792

    ゴファンvsナダル戦、ゴファンが勝利し、ナダルはその後の試合を棄権しました。
    試合途中から膝が痛そうで顔をしかめていました。やはり限界だったみたいで。
    来年まで1か月あるから、ゆっくり治療して戻ってきてほしいです。

    ゴファンは最後あんまりうれしそうじゃなかったけど、これでナダルに初勝利!
    ぜひぜひ準決勝に勝ち進んで欲しい。
    今のゴファンなら1位通過も十分あり得る。

      引用  返信

  • ナダル選手、やはり棄権しましたか…。試合を見ながら友人とLINEをしていて、「この試合の後ナダル選手は絶対に棄権するね」と二人とも確信を持って話をしていました。来シーズンもレーバーカップに出るつもりならば、北京はスキップするべきでしょう。

      引用  返信

  • 今日は。
    ナダル選手の棄権は残念ですね。でも戦前からご本人は「膝のことは言いたくない」とか「何が起こるか予想できない」等ネガティヴ発言を漏らしていたので、薄々は想定していましたが…。ムバダラ・エキシビ、ブリスベーンに間に合うか。まずは治療に専念していただきたいですね。

    これで待機組には出番が回ってくるのかな。ちょっとやり切れない部分はありますが、補欠であろうと出場する以上は頑張ってほしいです。カレニョ-ブスタ選手とクェリー選手が待機組のようです。どちらが出場なのでしょう?

      引用  返信

  • 今日は。
    ATP公式にナダル選手とゴファン選手のコメントがアップされていますね。Nitto ATP Finals公式より。
    <GOFFIN UPSETS NADAL>
    http://www.nittoatpfinals.com/en/news-and-media/tennis/nadal-goffin-nitto-atp-finals-2017-monday-naf

    超意訳でゴファン選手のコメントを少し。
    「ラファを破ったのはキャリア最高の勝利。でも彼がコート上で動きに苦しんでいたのも、膝を痛めていたのもわかっていた」
    「彼が100%の動きじゃなくても大変だった。超強打だし、全然簡単じゃなかったよ」
    と賛辞を捧げつつも勝利は微妙なご様子です。

    同じくナダル選手のコメントも少し。
    「シーズン終了さ。大会と市と自分に約束した、トライするって。やるべきことをやろうって。でも準備は間に合ってなかったんだ」
    う~ん、彼の無念さが伝わってきますね。特にランク1位でこの大会に入っただけに、一番責務を感じていたのでは? とにかく1日も早い回復を祈るばかりです。

    と思ったら、彼のコメント一部抄訳記事がアップ。
    <ナダルがATPファイナル棄権を表明「完璧に間に合ってはいなかった」>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3150352?cx_part=top_category&cx_position=1

      引用  返信

  • お久しぶりです。毎日こちらには来てましたけど( ̄▽ ̄)
    そうですかあ、やはりナダル選手棄権ですか…。残念でしょうねえ…。
    No.1として活躍したかったと思います。この1年本当に大活躍でしたからね。
    さすがのナダル選手もここにきて、疲れと故障が出てしまいましたね…>_<…
    お疲れ様でした。来年…といってもすぐか…、錦織選手と対戦する日を楽しみにし
    ています( ´ ▽ ` )ノ
    ファイナルのこれからの試合も楽しみですが、ミラノの若い選手たちの試合もおも
    しろかったです。パワーテニス炸裂でまるで格闘技(⌒-⌒; )
    「どうだっ!このやろっ!なにクソっ!」と力任せの応酬が笑っちゃうくらい楽し
    かったです。そんな中錦織選手を苦しめたあの、チョン選手がパワーだけでないう
    まさで見事優勝!アジアの青年の活躍がうれしかったです。
    さて、ファイナルのこれからの勝負の行方は…?私には全くわかりません(⌒-⌒; )
    錦織選手、去年はワウリンカ選手相手にいい試合しましたよねえ…(^ν^)
    マレー選手との死闘の後で、ジョコビッチ選手にはボコボコにされたことすら懐か
    しいなあ。もうちょっと、もうちょっとのガマンですね*\(^o^)/*

      引用  返信

  • 今日は。
    こちらは久々です。
    錦織選手の復帰が俄かに喧しくなってまいりましたので、ここでは彼以外のトップ選手達の復帰、いえ2018開幕情報を。既にフォーラムでご紹介済みの情報もまとめて。

    マレー選手。
    ブリスベーン250にエントリー。しかしながらご本人は「AOには間に合わない」と明言。なのでSKIP濃厚。その場合、本格復帰は2月にずれ込みそう。ロッテルダム500かな? 間違ってもデ杯ではないと思うのですが。

    ジョコビッチ選手&バブリンカ選手。
    12/30開催、アブダビのムバダラ・エキシビにエントリー。彼らはその後、例年なら前者はドーハ250、後者は旧チェンナイ250でしたが、たぶん今年はSKIP。どの大会を選択? ツアーではなくエキシビ? AOぶっつけ本番? 今後のアナウンス次第です。

    ナダル選手&ラオニッチ選手。
    同じく12/30開催、アブダビのムバダラ・エキシビにエントリーですが、その後は錦織選手&マレー選手エントリーのブリスベーン250に。ただし前者は日東ATPFを途中棄権、後者は陣営シャッフルで何かとバタバタ。果たして両選手とも間に合うのでしょうか。最悪両大会SKIPが考えられます。

    フェデラー選手&ソック選手&杉田選手。
    同じく12/30開催の、こちらはパースのホップマン・カップでスタート。今のところ健康状態には問題なさげなお三方。杉田選手も間に合いそうですし。この後AOまでにどこかに出場するのか、こちらもアナウンス次第。

    モンフィス選手。
    1月の出場大会エントリーのアナウンス全くなし。AOもSKIP? ところが先般、1月より先に2月のアナウンス。今季の錦織選手のごとく南米クレーへのチャレンジを表明。ブエノス250からリオ500へ。
    なおこのコース、彼以外にティーム選手&チリッチ選手も表明しています。

    長文失礼致しました。

      引用  返信

  • お久しぶりです。
    ツアーファイナル堪能しております。

    フェデラーは残念でしたが、ゴファンが素晴らしいかったですね。スイスインドアでは同じ高速サーフェスで為すすべなく完敗した、2週間後 セットダウンから逆転勝ちするとは、なんとも強い心技体なんでしょう。
    今年は序盤好調 覚醒かと思った矢先に不運なジャッジや怪我で敗退、試合から遠ざかったりしましたが、その逆境の経験があるからこそ今の躍進に繋がっているのでしょう。

    決勝はディミトロフ そう数日前に完敗した相手。
    でも、完敗した相手に勝ち切る姿を見せたゴファン。

    五分五分の好勝負かと思いますが、ナダル フェデラーと今年の顏2人を連破したゴファンを心情的には推したです。
    これでもし、デビスカップでも優勝したら、もう1人の顔になりますね〜

    ディミトロフ ゴファンと錦織 ラオニッチの後塵を拝していた同世代の強者が今年覚醒し、上下の世代も元気なテニス界
    2018はどうなるか全く見当つきません。

      引用  返信

  • 今日は。
    日東ATPFの決勝カードが決まりましたね。
    そのカードは奇しくも錦織選手世代、かつてのYOUNG GUNS達。この結果を錦織選手&ラオニッチ選手はどう見ているでしょう。
     
    彼らにしてみれば、MSタイトルはディミトロフ選手に先を越され、ファイナルズ決勝は2選手に先を越されで、リハビリ中は忸怩たる思いもあったでしょう。でも決勝進出2選手の戦いぶり、BIG4の次の時代を次世代に明け渡すにはまだ早いっ!と言わんばかりの奮闘を目の当たりにして、きっと錦織選手&ラオニッチ選手はぶるるっと武者震い、よーっし来季はオレがやったるでェっとばかりに奮起しているのでは? 
    2018シーズンが待ち切れませんね。

    フォーラム・鼻血ブログラボ「ツアーファイナル専用」トピにて、この結果でゴファン選手が生み出した記録、フェデラー選手&ゴファン選手のコメント一部等をご紹介しています。

      引用  返信

  • こんにちは。
    ツアーファイナル、私の中ではたぶん例年と変わらず盛り上がっています。
    ゴファン選手を錦織選手がケガで休養中の期間限定でイチオシ応援しているので(^^;)

    ツアーファイナル始まったときはあまり期待してなかったんです。
    なんで初戦がよりによってナダルなんだよお、とか
    グループの他の選手がナダルと対戦しなくてずるい(←変な表現ですみません)、とか
    準決勝がフェデラーか・・ナダルに勝ってもフェデラーという高い壁(;_;)みたいな。
    それが予想もしなかったこんな結果!!
    ゴファン選手ごめんなさい。
    しかしさすがに数日前に完敗したディミトロフ選手が決勝相手って・・
    ああ、神様お願い。
    ここまで頑張ったゴファン選手に極上のご褒美をください。

    (フォーラムへの投稿がわからなかったのでこちらにコメントしましたm(__)m)

      引用  返信

  • 何か、来年以降を象徴するような二人の勝ち上がり
    (*´・ω・`)bですね
    今度こそ、そろそろ世代交代ですかね
    14年にも世代交代かと言われて、でも、その後ジャコビッチの全盛期が来た
    今度こそ来年こそ来そうですね
    しかし錦織圭は病み上がりだから(ヾノ・∀・`)無理は
    禁物ですが、皆様思ってる事は一緒ですね

      引用  返信

  • ゴファンvディミトロフとは想像できませんでした。
    ゴファン押しなのでうれしいです。

    もしゴファンが優勝したら、ナダルとフェデラーに勝っての優勝ですよね。
    これはすごいことでは?

    まあ過去の優勝者見たら無敵のジョコ様(4連覇?)がいるのですが。
    彼は帰ってくるのかな。

    錦織くんのツイッターで打ち合っている様子がアップされてました。
    復活は近そうです。

    なんにせよ、今年の年末年始にバラエティには出ないでしょう。

      引用  返信

  • 今晩は。
    日東ATPFの決勝戦は本日深夜、というより明日未明の日本時間午前3時頃より開始。う~ん、生観戦にしてもライスコ観戦にしても一番難しい時間帯ですね…。
    とにかく初優勝者となることには間違いなく、更にディミトロフ選手には全勝優勝、ゴファン選手には世界ランク1位&2位を破っての優勝、という輝かしい記録がそれぞれにかかります。両選手にはその圧を感じることなくのびのびとプレイ、そして息を呑むような熱戦を期待です。

    ゴファン選手&フェデラー選手のコメント一部抄訳記事です。フォーラムでご紹介したコメントにはほとんど触れていませんが、筆者によってピックするフレーズは異なるようですね。
    <ゴフィンがフェデラー撃破、決勝はディミトロフと ATPファイナル>
    http://www.afpbb.com/articles/-/3151370?cx_part=top_category&cx_position=1

      引用  返信

  • GOGATSU さん、メールアドレスが必須以外は、スレッドと同じく気軽に・・・m(_ _)

      引用  返信

  • ツアーファイナルが終わりましたね。決勝戦素晴らしいプレーがたくさん見られて
    いい試合だったと私は思いました。それでもやはり一番思うことは、来年はこの場
    に錦織選手が居て欲しいということですね…(^ν^)
    振り返ってみれば、今年のテニスツアーは男女ともに大会ごとに活躍し注目される
    選手が入れ替わり、こんな選手もいるのかと、新しい顔ぶれをだいぶ覚えました。
    去年活躍した錦織選手をはじめとしたトップテンの選手の怪我により、今までも実
    力はありながら、なかなか注目されるまでにはいかなかった選手が日の目を見たよ
    うな気もしたので、こういう年があってもいいのかな…(不謹慎?)という気さえし
    ています。若手と30オーバーのベテラン、怪我明けの選手の活躍をたくさん見た中
    で、錦織選手世代の中堅選手はどうした⁉︎と揶揄される向きもありましたが、つい
    に錦織選手世代の26歳同士がファイナルで決勝戦を闘い、ディミトロフ選手が優勝
    したことは、大きな意味のある結果だったと感じています。はあ〜、ここに錦織選
    手が絡んでくれば言うことなしだな………。本当に待ち遠しい( ̄▽ ̄)

    まだ、デビスカップ決勝戦がありますが……(ゴファン選手はとくにご苦労様です)
    2017年のツアーは締めくくられ、あっという間に2018年がスタート!
    またここで、勝ったときは最高の気分で喜びを分かち合い、負けた時は心の傷を癒
    し合い(笑)大いに盛り上がりましょうね(^ー^)ノ負け試合でさえ、試合を応援できる幸せをかみしめることを忘れずにいたいと思います。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。