錦織、元気なく敗れる。体調不良か?西岡は素晴らしいプレー(2019シンシナティ2回戦 vs. 西岡)

2019 Cincinnati (Masters 1000)
2nd Round
Yoshihito Nishioka def. Kei Nishikori[4], 7-6(2),6-4

結果も内容も残念でした。

まず西岡のプレーは素晴らしかったです。1回戦後のコメントの通り、攻めて来ました。
特にサーブの進化は素晴らしい。トスを低く、打点を前にしての押し出すようなフラットサーブは以前には無かったものです。
200km/hに迫るスピードを出していました。

ストロークも、以前は「遅いことが武器」的なところもあったのですが、速かったです。
外に切れて行くフォアクロスは以前からの武器で、それに加えて速いフラットのバッククロス、ストレートへの攻撃的ショットなど多彩なプレーで翻弄しました。
何よりハートが強い。
「試合すること自体が目標だった。寝れなかった。」と試合後に語っていましたが、とてもそんな風には見えない堂々としたプレー。勝ちビビリもなく、自分の持ち味をしっかりと出し切りました。見事です。

対する錦織は、体調が悪かったのか、体にキレが無くミスを連発しました。
それでもなんとかスコア上はついて行ったし、幾度となく挽回したのですが、とにかくミスが先行して辛かった。特にフォアハンド。
マスターズ2連戦をいずれも初戦敗退は、痛いですね。

体調不良であれば、安易に責めることはできないのですが(なりたくてなっているわけではない)、先週はジョコ、フェデラーがいない大会。
今週は、ナダルが欠場、ティームが敗退した大会でSFの対抗シードは今大会を苦手としているズベレフ。
以前もジョコビッチが不調の間に自身も故障してしまいましたし、チャンスをなかなか活かせません。
その分、全米で頑張ってくれれば文句はありませんが、少なくとも自信満々で大会を迎えるという感じではないでしょう。
体力の消耗がないことだけが救い。

ただ、GSで5大会連続でベスト8に入っているように、GSでしっかり力を出し切る術は心得ています。
全米までに体調を整え、気持ちもリフレッシュして頑張ってほしいです。

177 件のコメント

  • 向日葵さん,

    一人でも伝わる人がいたなら有難い限りです。

    僕が常識だと思ってることは、ここの極一部の方の常識とは違うのかなと思うと、中々寂しいですが。(ま、僕の常識がおかしい可能性もあるので仕方ないですかね笑)

      引用  返信

  • stteffiloveさん,
    そうですね。呼吸器系に関しては大丈夫そうな雰囲気は有りますね。少なくとも会見で明らかになると嬉しいです。

    練習再開してることからも大丈夫そうと推察はできますが、ただ、ホントに大丈夫なら「呼吸器系の問題は解決したよ!」そこまで断言出来ないなら「とりあえず今は問題ないよ!」でも良いので「大丈夫」な時点で一言公的に言って欲しいなーとは思います。勿論、強制することでもないので願うだけ、或いはこういうファンサイトで語るだけの話ですが。

    大丈夫なことを「大丈夫」ということには何の問題もないと思うので……「まだ何も言えないってことは結局問題残ってるの?大丈夫かな…?」と思ってしまう人もいるでしょう。まあそういう人は心配しすぎと言えばそうなのかもしれませんが。

      引用  返信

  • ずっとずっと感じていました。
    ゆうたさんの個人的見解というエクスキューズを示して逃げ道を残した上での嫌味で意地悪なコメントには辟易しています。
    もちろん、これは私の個人的見解です。ごめんなさい。
    あまりに悲しくなってしまったものですから。

      引用  返信

  • 折角下団さんが終わらせようとしてくださったのに、もうやめませんか?
    辛いです。

    錦織さんのこと、応援しましょう。

      引用  返信

  • 錦織選手が2回続けて緒戦負け、そこを這い上がった西岡選手まで棄権で、すっかり落ち込み、ここに元気をもらいに来たら、なんだか怪しい雰囲気。
    皆も落ち込んでいるからこうなるのかなあ??

    自分の意見を主張するのは大事なことだし、それがあるからこそ面白かったりするのですが、出来れば「皆に元気を与える」ということも考えてコメントしていただければ嬉しいです。
    ここにいる人たちは、皆錦織選手を応援する仲間なんですから。

    いよいよ、今日ドローです。
    呼吸がなんだと心配しても始まらない、皆でいいドローを期待して応援しましょう。

    でも、やっぱり心配だけど....

      引用  返信

  • 覚えて下さってる方はいないと思いますが…皆様こんにちは。お久しぶりです。
    本当に久しぶりに覗いてみたらちょっと大変な事になっていたようですね…(^-^;

    意見の相違と人格の否定を混同しなければ割とすぐに解決するのではないかな?と思うのですが…。

    ひとりひとり考え方は違うのだから、意見は違っても当たり前。
    …なので、そんなに深く気にする必要はないと私は思います。

    あと、圭くんだけが好き!というファンの方は色々と敏感になってしまうのかもしれませんね。
    私は浮気者なので(笑)圭くん以外にも好きな選手がたくさんいますから、圭くんが敗退してしまった後でも他の選手の試合を見たり、結果を見て楽しめているので…。

    しかし私も圭くんが一番好きな選手なので、大会から去ってしまうと本当に本当に寂しいし辛いですけれど。
    肘の事や呼吸しづらい症状がどうなったのか等、確かに心配ですが、SNSに写真をあげてくれている事が答えなのだと勝手に解釈しています。
    ファンに色々と報告する事は義務ではないですし…。
    とりあえずは大丈夫なのだと信じるしかないのかなと思います。

    全米のドロー、今日なのですね!
    どうなるのか楽しみです(*^_^*)♪

    早くあのカラフルなウエアで躍動する圭くんが見たいなと思います。
    ブルーもピンクも好きですが、私はブルーの方が好きかなぁ…(*^^*)
    ユニクロ店舗で全米モデルのレプリカウエア見ましたが、画像で見るより色味は落ち着いてました。
    両方ともオレンジが入ってるけど圭くんはオレンジが好きなのでしょうかねー?

    余談ですが、先日ドラッグストアで買い物していたら圭くんの全仏のピンクのレプリカウエアを着た50代位のおじさまがいらして、きっと圭くんのファンなのだろうなぁーと嬉しくなりました(^^)b♪

      引用  返信

  • 錦織選手の状況が私たちに不安をもたらすような場合、団長さんの過去記事を読むと
    元気が出ますよ!
    2018年も全米前の北米シリーズは思うようにいかず、みんなでがっくりしていたし、
    心配もたくさんしていました。
    団長さんはシンシナティでのワウリンカ戦の分析を厳しくしながらも、モンテカルロ
    準優勝、WBベスト8の実績を示しながら、全米では違うテニスができるという可能性
    を示唆。(実際そうなりました!👏👏👏)
    心底錦織選手の実力を信じ、強い応援の気持ちを持っているんだなあと学びました。
    赤い太字で大きく書きたいんですが………

    応援し続けた者だけが、歓喜の瞬間を味わうことができます。 by団長さん

    錦織選手本人が全米でがんばろうと練習を開始し、(暑過ぎて🥵 氷袋を帽子がわり?
    にしてたのがおかしい(๑>◡<๑) ) 前を向いているんですから、これ以上の心配は胸に
    納め、応援のエネルギーをアメリカに送りたいと思います╰(*´︶`*)╯♡
    今朝、WOWOWでチリッチ戦見ちゃったから、応援エネルギーは満タン💪

    ぴか星1さん!今日ドロー発表なんですか⁉️
    きゃあ!楽しみ過ぎます!!
    錦織選手に代わって、しかと見届けるぞ 笑

      引用  返信

  • さて! なんか色々あった様ですが(ってワテでっか?👋)本来のテニスの話でも。

    現在開催中の全米予選ですが日本人男子は内山選手が前の全英に続き決勝に進出しました。次戦の相手はかなりの難敵(※個人的見解)ですが、ここは内山選手本来のパワーサーブを軸に期待したいところです。

    「錦織選手と関係あらへんやないか〜い」とツッコミを入れられる準備をされようとするあなた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190630-00010003-tennisnet-spo
    内山選手が全英予選を通過した時には喜びを隠さなかった錦織選手ですが、全英予選の会場は本戦とは離れていたので行けなかったと思います。しかし本来は男女問わず同胞選手の応援観戦は積極的に行う印象があり、この試合は応援に行くのでは?という個人的見解・・・いや希望ですね!😁😁

    内山選手そして2Rに挑む日比野選手、頑張って下さい!😤

      引用  返信

  • Amber さん、覚えてますよ(`・ω・´)ゞ
    チャン コーチの奥様(アンバーさん)みたいなハンドルネームですので・・・(^^)

    色々とありますが、過去を振り返ると、1つの端末から幾つかのハンドルネームを操って自作自演で鼻血ブログを荒らした方がいたことがあります(ΦωΦ)
    その方(名指しはされてません)へ、当時、団長さんのアシストをされていた方が警告を出されました。
    それに対して、ご夫婦で1つの端末から別ハンドルネームでコメントをされていた方がルール違反になるのかな?と憂慮された例もありました。ご夫婦のコメントは、何の問題も無かったですが・・・((+_+))
    一部の心無い方々のコメントをキッカケに、我々が揉めてしまっては、その方々の思うつぼになり兼ねません。そうならないように気を付けていきましょうm(__)m

      引用  返信

  • Amberさんの《意見の相違と人格の否定を混同しなければ割とすぐに解決するのではないのかな?と思うのですが…。ひとりひとり考えは違うのだから、意見は違っても当たり前。
    …なので、そんなに深く気にする必要はないと私は思っています。》に賛同します。

    肘だけでなく、呼吸器の問題も心配な症状ですし、それに関してなんの情報も無いし、ファンとしては少し愚痴りたくなる気持ちもわかります。
    でも発信される情報が少ないのはいつものことなので、これも含めて錦織選手ということで、最後は錦織選手を信じるしかないと自分に言い聞かせています。
    そんなファンの気持ちを知ってか知らずか、練習後だと思うけど頭に氷をのっけた錦織選手を中心にチーム圭が勢揃いした写真ををアップしてくれました。
    (-ω-;)ウーン、これは、「安心してください。問題なく練習できてます。」というメッセージなのか・・・。
    まあ、どんな状態にせよ、錦織選手を応援することが私の生きがい、楽しみなので、今年最後のGS全米オープン(月日が経つのは早いなぁ)を全力で応援します。

      引用  返信

  • 済みません。ドローの日をすこし間違えました。
    今日でなく今晩です。日本時間は23日1時からでした。
    慣れないものでつい間違った。 ごめんなさい。

    お詫びに?全米の予想
    錦織選手4回戦負け(75%の確率で当たります)
    “75%”ですよ!
    4つのうち1つだけ外すと75%。
    ということは...

      引用  返信

  • 全米は錦織君のホーム、きっと活躍してくれると信じます❗
    そして、団長さまと、ここの錦鯉の皆さんと共に、歓喜の瞬間を味わいたいです❗心配な、あれやこれや、ぶっ飛ばして〜錦織君。一所懸命応援しますよ〜

      引用  返信

  • やっぱりトンプソン選手かあ( ̄▽ ̄)
    @からの名前のスペルが読めなくて……。
    トンプソン選手によく似てるけど誰かな?
    こんなにヒゲモジャだけど、トンプソンなのかな?って思ってました 😅

    チャンコーチももちろん加わっているチームケイ勢揃いの写真を見た時から、
    心配よりもきっと大丈夫という気持ちが強くなってます(╹◡╹)♡

      引用  返信

  • US Openのドローが発表されましたね。
    3回戦までは比較的平穏な気がしますが、4回戦でチョリッチ、セッピ、ディミトロフ、ソック、ラオニッチの勝ち上がりと対戦、QFでフェデラー、SFでジョコビッチ、ラスボスはナダルです。毎回思いますが、ドロー運はすごいものがあります(^^;;
    願わくばチチパスのところ、ティーム山が良かったような・・・もっとも、初戦が好調ルブレフですが(^^)

      引用  返信

  • 最近また錦織のフォアがどうしてうまくいかないのか考えてたのですが
    テイクバックのとき左腕が曲がった状態になってますよね
    相手側に左肘を突き出したような形でボールを待ってる
    あれが身体の開きが早くなる原因なんじゃないかと思って
    もっと左腕曲げずに伸ばしたまま肩を入れた方が捻りが深くなって開きが我慢できるんじゃないかなって
    でもよくよく考えてみたらあのテイクバックの形ってあれありきというよりは帰結なんですよね
    よく団長が左手がギリギリまでラケットから離れないのがよくないっていうじゃないですか
    あれこそが原因なんですよね
    錦織は左手をラケット掴んだままテイクバックするのが昔からの癖なんですよね
    そうすると当然身体の捻りは足りないですよね
    テイクバックで肩入れるときは左手が届かないくらいラケット後ろに持ってかなきゃいけないはずです
    でも左手でラケットを触りたくて仕方がない
    そうするとラケットと左手をなるべく近くに置いておきたいという意識が強くなりすぎてその結果肘を曲げて左手をラケットの近くで待機させてしまう➡️肩の入りが足りずに十分にパワーが生まれない
    こういう流れなのかなと思いました。
    要は左手をラケットから話してもっと肩入れてラケットも思いっきり後ろまで引きなよということです

      引用  返信

  • 錦織比較的良いドローの気がするが、これは本人の調子の問題かな。ものすごく勢いのある予選勝者が来て1コケの可能性もあれば、WB激闘の反動を引きずってるフェデラージョコビッチを突破して決勝進出の可能性もある。
    今回1番引きたくないと思った山はナダルなので、最悪は免れたかと。

    しかしジョコのドローがきつい。4回戦ワウリンカQFメドべのコンボは1番最悪なのでは。

      引用  返信

  • 錦織選手、まあまあいいドローだと思いました。
    でも最高のドローだと思われたシンシナティも初戦敗退ですし、本人の体調次第ですね。
    ベストはティーム山でしたが、ティーム山を引いたティティパスも序盤はハードドローですし、4回戦対抗もメドべやバウティスタを避けれたのはよかったし、何よりQFで天敵ジョコでなかったのが良かった。

    20代最後のGS。前哨戦がケガ?体調不良?でよくなかったのも、序盤はいいドローなのも2014全米とダブります。全力で応援できるように、これから全米モードに睡眠を整えていきます。

      引用  返信

  • 錦織のフォアに関してはいつも色々な意見があって勉強になります。
    ただ、個人的には単純に手首の状態次第という気がします。
    錦織のフォアの調子に波が出始めたのは何年前だったでしょうか、常にリストバンドの下にテーピングを分厚く巻き始めた頃とリンクしていたと記憶しています。(その後本当に故障してしまいました。)それまではフォアは武器でしたし、見てて気持ちよかった。
    素人レベルでおこがましい事は承知ですが、自分自身手首を故障した事があります。ある程度治っても物理的運動を使ってヘッドを走らせる事にとても恐怖心を感じました。(微妙な痛みや感覚が残るので、手首が思いっきり持ってかれる感じがする(?)うまく言えません・・。)なので、自ずとフォア側に振られた場合、オープンだったり、下半身と腰の連動に多くを依存する事になる。本来であれば、クローズから思いっきりヘッドを走らせたいのですが・・・。
    ここ数年の錦織はオープンから振り上げて、メドべ等フラットプレーヤーの鴨になる事が多いような気がしますが、そのような時はやはりどこか手首に不安がある時かなぁと感じます。逆に最近はフラットで叩かせず、自らもしばいている事も増えているように見えますので、期待が膨らみます。あくまで、ど素人レベルの観察眼と憶測ですのでプロの目から見たら的外れも良いところかもしれませんが、その際はお許しを!

      引用  返信

  • 私もフォアは手首&腕(肘?)の状態次第だと思います。体調はそれこそ深刻な呼吸器官の問題があるならドクターストップがかかって練習なんかしないでしょうし、あまり心配しないことにしました。

      引用  返信

  • ど素人の自分がフォアについて云々するのもおこがましいと思いますが、
    レオさんのコメント、興味深く感じました。
    手首を痛める前と後ではたとえ怪我が治っても、その後は微妙な違和感やもろもろの変化とずっとつきあっていくしかないものなのでしょうね。
    「フォアの調子の良し悪し」も、その時々の手首や腕の状態によりけり
    なのかなと思いました。

    呼吸についてはその時々で症状が出たり出なかったり、また症状の出方の程度もその時々で重かったり軽かったりするのではないか?と想像しています。
    なぜそう思うのか?というと、早々に練習もしっかりやっているようですし、前の2大会でも練習はそれなりにしていたらしいこと、西岡選手との試合でも最初の1、2ゲームは症状が出てなかったっぽいことなどからの、私の勝手な推測です。
    早く原因がわかって治療できるといいですね。
    試合中に症状が出ないことを祈ります。

      引用  返信

  • 下団さんドローのアップありがとうございます😊
    毎回ながらドローよりも錦織選手の調子がどうかが気になります。
    それでもドロー表を見るのは楽しみ❤️
    わあ、初戦からまたシャポバロフvsオジェアリアシム戦かあ。
    チチパス選手、ルブレフ選手相手はなかなか危険!
    ジェレvsケツマノビッチ戦も同国対決なんだ( ̄∀ ̄)
    など、対戦前に色々想像するのが楽しいです。

    団長さんがおっしゃるように、初戦がねー………結構大変ですよね。
    去年は初戦がかなりいい状態で試合ができて、そこから自信を持って調子を上げて
    いきましたよねー。
    今大会の予選勝者のうち、絶対当たって欲しくない選手が2人います(^◇^;)
    まだ決勝が終わってないので決まっていませんが…。怖くて名前を言えません😅

    どうかなるべくいい状態で大会に臨めますように🙏

      引用  返信

  • 会見によると、体調不良のほうは回復したとのこと。病気が一番ヤバいので最悪の事態は回避できてよかった。一方、肘には不安ありとのことなので、そこまで期待は持てないでしょう。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。