錦織、元気なく敗れる。体調不良か?西岡は素晴らしいプレー(2019シンシナティ2回戦 vs. 西岡)

2019 Cincinnati (Masters 1000)
2nd Round
Yoshihito Nishioka def. Kei Nishikori[4], 7-6(2),6-4

結果も内容も残念でした。

まず西岡のプレーは素晴らしかったです。1回戦後のコメントの通り、攻めて来ました。
特にサーブの進化は素晴らしい。トスを低く、打点を前にしての押し出すようなフラットサーブは以前には無かったものです。
200km/hに迫るスピードを出していました。

ストロークも、以前は「遅いことが武器」的なところもあったのですが、速かったです。
外に切れて行くフォアクロスは以前からの武器で、それに加えて速いフラットのバッククロス、ストレートへの攻撃的ショットなど多彩なプレーで翻弄しました。
何よりハートが強い。
「試合すること自体が目標だった。寝れなかった。」と試合後に語っていましたが、とてもそんな風には見えない堂々としたプレー。勝ちビビリもなく、自分の持ち味をしっかりと出し切りました。見事です。

対する錦織は、体調が悪かったのか、体にキレが無くミスを連発しました。
それでもなんとかスコア上はついて行ったし、幾度となく挽回したのですが、とにかくミスが先行して辛かった。特にフォアハンド。
マスターズ2連戦をいずれも初戦敗退は、痛いですね。

体調不良であれば、安易に責めることはできないのですが(なりたくてなっているわけではない)、先週はジョコ、フェデラーがいない大会。
今週は、ナダルが欠場、ティームが敗退した大会でSFの対抗シードは今大会を苦手としているズベレフ。
以前もジョコビッチが不調の間に自身も故障してしまいましたし、チャンスをなかなか活かせません。
その分、全米で頑張ってくれれば文句はありませんが、少なくとも自信満々で大会を迎えるという感じではないでしょう。
体力の消耗がないことだけが救い。

ただ、GSで5大会連続でベスト8に入っているように、GSでしっかり力を出し切る術は心得ています。
全米までに体調を整え、気持ちもリフレッシュして頑張ってほしいです。

177 件のコメント

  • これでいいのか、錦織圭。
    チーム錦織、特にコーチ陣。
    お客様はこのように、1戦目で負ける錦織圭の試合を観たくてきているわけではない。
    非常に、残念。相手が強いのではなく、錦織圭の弱点をチームとして、改善できてないと見受けられます。せめて、コンディションぐらいは。

      引用  返信

  • ROMさん、記事のご紹介をありがとうございます。
    ええっ、なんと、WB後から症状があったのですか⁉︎ 1ヶ月程も呼吸器系に問題がありつつ、モントリオールも戦っていたんですか…。試合に出られる程度の軽い症状だったが、試合後には悪化したりもしていたんですかねえ。医者に診てもらっていたとしても、原因不明だったとは…心配ですね。慢性になっていないことをただただ祈りたいです。

    下団さんご紹介の記事、興味深かったです。
    錦織君の切り拓いた道を彼の背中を追い続けて懸命に走り続けてきた、そしてマイヒーローと対戦できて勝てた、その感謝の念と率直な喜びとが伝わってきます。コメントでもおっしゃっている通り、厳しい環境の中での錦織君の孤独な奮闘を、西岡君だけでなく、我々も忘れないようにしたいですね。

      引用  返信

  • youkoさんが仰るように西岡が楽しみにしていた憧れの先輩との闘いを出来るだけいいものにしようと錦織が頑張ったと私も感じました。オペルカを下したデミノーと西岡がどう闘うのか楽しみにしています。

      引用  返信

  • 錦織君も、団長さまも、お大事になさいませ。
    西岡君、素晴らしい勝利でしたね。何処まで勝ち上がるか、楽しみになってきましたよ。

      引用  返信

  • 試合に負けても応援し続ける。
    こちらで学ばせてもらった大切な錦鯉スピリッツ。 (^_^)

      引用  返信

  • さやさま
    点鼻薬していたので「過呼吸」は有り得ないですね(^◇^;)。余計にひどくなりそうです。もしご自身の周りで過呼吸起こされた方がいらしたら、紙袋を渡して下さい(ビニール袋でも可)。

      引用  返信

  • かざり さん
    陣営を非難するつもりなど全くなかったのですが、そのように聞こえたとしたらすみませんでした。
    他にも同様に感じた方がいらっしゃるかと思いますが、錦織選手の免疫力を心配しているあまりの発言ゆえ、どうかお見逃しを。。

    先週のガスケ戦も呼吸しづらいなかで精一杯やっていたのだと思うと
    体調面での心配は大きくなりましたが、その一方で
    「試合勘が戻らない」とか「テニスそのものが不調」ということが連敗の原因ではないともとれます。
    今年前半の不調とは違うと信じたいです。

      引用  返信

  • 下団さん,

    欧州勢以外でただ一人の選手、本当にそうですね。
    疲労が蓄積すると免疫力が落ちるのは、過去ソダーリンや
    マレーとかの例もあり、怖いことです。
    普通の人と同じように、スポーツ選手も人間ですし。

    春先やこの時期、去年も調子が悪かったことや
    呼吸器系の様子から
    季節的なアレルギーもあるのかなと思ったりします。
    日本だと花粉症がかなり広まってますが、
    アメリカやヨーロッパでもありかなと。
    いずれにせよ全米までに回復して
    元気な姿を見せてほしいです🙏

      引用  返信

  • すべてはUS openではっきりしますね。
    僕は錦織がやってくれると信じてますよ。
    この敗戦がいいきっかけになればよいなと願ってます。

    本番はこれからですし。

      引用  返信

  • 「免疫力が落ちているかも・・?」と心配しましたが、
    思えば春先から試合中も鼻をかんだりしていたし、インタビューでも
    咳き込むシーンがけっこうありました。
    もしもアレルギーだったとしたら、相当やっかいですね。
    早く原因が判って、しっかり治療できますように!
    全米を万全の体調で迎えられるようテニスの神様にお祈りします。

      引用  返信

  • 全米までに体調不良が治ると良いですね。
    今回の風邪??罹患で免疫力云々は何とも言えないとは思います。全仏やバルセロナ、WBでも鼻をかむシーン、咳き込むシーン覚えていますが、砂や芝の影響があろうかと思っています。WBくらいからは風邪?をひき始めだったのかな?どの選手も環境の異なる様々な国をハードスケジュールで飛び回っていますから、一年を通して健康でいること自体、難しい話で、ハードワークをせざるを得ないアスリートの宿命ですね。
    特にGSやMSで上位進出を目指すなら避けては通れない…厳しい世界ですよね。ジョコやナダルはフラフラになるまで練習をしています。そのため、2人とも特にナダルは錦織よりも怪我が多いですが、あれだけのラリー戦をQF以降も続けたうえで優勝することができるのでしょうね。

    そんなハードな選手の健康を支えるのは、食事・睡眠・ストレス対応などがありますが、錦織の場合は食事を見直せるのかな?と推測します。
    以前インタビューで食事については好きなものを好きなように摂取していると答えていました。今はどうか分かりませんが、そのままならば、もう30ですし食生活の改善も感染症のリスク軽減や身体のメンテナンスに役立つのではと思います。

      引用  返信

  • ROMさん,
    錦織ファンの医師です。以前は過呼吸にペーパーバック法が有効とされていて実際有効でしたが、最近は危険な方法なのでむしろ禁忌とされています。錦織さんと関係ないですが、注意喚起のため念のためコメントさせて頂きました。失礼しました。

      引用  返信

  • takaboさま
    ご注意喚起いただき、ありがとうございます。
    昔の知識だけで行動しないようにしなければなりませんね。反省します。

    以前友人が旅行中に過呼吸になった時、救急隊の方に紙袋渡されたので、そのイメージが強く残っていました。

    改めて調べてみましたら、最新のものには深呼吸はせず、落ち着いてゆっくり少しずつ息を吐き出すという方法が紹介されていました。

    そういえば鼻血の対処法や高熱を出した時の処置も昔と違っていますものね。以後気をつけたいと思います。

      引用  返信

  • 西岡は 質の高いプレーを 続けての勝利やな
    おめでとさん

    錦織の弱点を突いた って言うてたけど 高い打点と フォアやろな
    バックの3倍くらいの数のフォアのUEを引き出してたみたいやし 綺麗に戦術を実行したな
    戦術実行能力も メンタルも 実力やし 完全勝利と言うてええやろな

    錦織はちょい 体調不良らしいけど 全米までに 治るとええな
    普通に練習したり バンジージャンプか何か に遊びに行ける くらいやし 大丈夫とは 思うけど お大事にな〜

      引用  返信

  • いよいよUSオープンから先は、ポイント失効の嵐が吹き荒れる季節がやって来ます。
    追い込まれてからが強い錦織選手の真骨頂をきっと発揮してくれると信じてます。

      引用  返信

  • あの西岡から体調不良の錦織が負けたにしてもあれだけの試合が出来たのが凄いと思います

      引用  返信

  • 下団さん、ご紹介の内田暁氏の記事を拝読しました。私は双方のファンであるので、両者それぞれの思いがとても興味深くて、色々と考えさせられました…。
    その上で思うのですが…西岡君の怖いもの知らずの真っ直ぐな若い力も素晴らしいけれど、やはり山あり谷ありの険しい道を切り拓いてきた錦織君のようなベテラン選手のプレーを観ることに(敗者であっても)、スポーツ観戦の醍醐味の一つがあるんじゃないかなあ、と。(私の好みはちょっとひねくれてますかね?いや、そんなこと言うと錦織君に失礼だ。ま、”渋好み”ってことで…)
    トップ10を維持することの厳しさ、頂点を目指すことの難しさ、その両方を背負いつつ、今なお新しい研鑽を積みながら、様々なタイプの難敵としのぎを削っている錦織君(片手間で済む戦いは一つもない!)。色々なものを背負いながら戦うその姿こそ、本物のトップアスリートの姿だと思うんです。(勝っても負けても。そりゃ勝った方がいい、いや勝たねばならないんだけれど!)
    錦織君のプレーには、酸いも甘いも噛み分けてきた10年のキャリアの”陰影”というか”光と影”が見える(ココがシブい!)し、懸命に戦うことで図らずも波瀾万丈の人生を凝縮して見せてくれてもいる(ココもシブい!)。
    賢明な西岡君はきっとそのこともちゃんと感じていて、錦織圭という選手を尊敬しているんじゃないかな、と思います。そして西岡君自身も、険しくも尊いその道を歩みつつあるんですよね…。
    本当に今回のマスターズ初の日本人対決は意味がありましたね。西岡君だけでなく、錦織君にとっても、後々大きなプラスになるに違いないと思ってます。

      引用  返信

  • 数週間前からの体調不良って、チームの管理体制はどうなってるの⁇プロですよね⁇
    そういう試合を観せられるのは、ちょっとつまらないし、お金払って観てる人たちはもっと嫌ですよね。
    錦織の体調は心配ですが、プロ意識に欠ける、スポンサーも沢山付いてるんですよ。
    もうテニスに飽きてる?そんな風にも見えてしまいます。
    それに比べて、西岡は、真っ直ぐにテニスを楽しんでいましたね!
    観ていて楽しめます。

      引用  返信

  • みどりみさん, うーんそうねがいたけど、サクット負けると思います。単純に弱い選手に勝っただけ。世界は甘くない・・と思います。

      引用  返信

  • 呼吸器系の不調で息苦しかったんですか。
    今思えば、いつもより汗の量が多かったような。
    苦しそうな表情はそのせいだったんですね。
    少しでも早く原因が判明して、完治することを祈っています。

      引用  返信

  • 今日1日ずっと悲しかった。
    可哀そうでたまらなかった(錦織選手にはとても失礼な思いかもしれないが)。
    こんなに日本選手の後輩に負ける事が悲しいとは思わなかったです。
    他のどんな選手に負けても今度があるさとかダメじゃんとか思えたのに。
    錦織選手は会見でも冷静さを保っている様な言葉だったけど
    初めて日本の後輩からの敗戦はさぞかし辛かったろうと察してしまいます。
    会場を去る時、手をあげる事もなくうつむいていた。
    自分のふがいなさを思っただろうか、とうとうこんな日が来たと嘆いただろうか。
    こんな勝手な想像をする事もとても失礼な気がするけれどその思いが頭から離れなかった。
    錦織選手も今まで何人もの先輩を蹴散らしてきたから同じ事かもしれないけれど、
    色んな厳しいご意見もあるだろうけれど、でもやっぱり私は錦織選手の事が大好きで大甘で
    只々悲しくて泣けました。

      引用  返信

  • けんじさま
    私もそのお考えに同意です。

    錦織選手が初戦敗退したショックは分からなくは無いのですが、「西岡選手を少し低く見積もってはいませんか?」って思うところは有りますね。

    錦織選手の後輩・実績やランキングの比較、その程度の薄っっっい情報による考えで「錦織選手が情け無い」的に断定する考えは中々シュールかなっと。

    次は互いに万全な状態でSF以上の舞台で実現したいですね!😀

      引用  返信

  • ゆめゆあ さん、錦織選手は、そんな小さな器の人間ではないと思いますよ(`・ω・´)ゞ
    思い出すのが、伊藤竜馬選手が14歳の頃、1歳半下の錦織選手がIMGの留学生に選ばれましたが、
    私としては、「伊藤選手が肘の故障で大事な12歳の頃の1年を休養を余儀なくされなければ、伊藤選手が・・・」と思ってしまいました((+_+))
    その頃に、近所のコートで久しぶりに伊藤選手に遭遇した際に、「錦織君て、そんなに凄いの?」と伊藤選手に問いました。
    私としては、「僕の方が凄いですよ!!」みたいな強気な台詞を期待しましたが、「めちゃ凄いです!!」と返事が返ってきてビックリしました(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    生意気盛だった伊藤選手に、素直に実力を認めさせる錦織選手とは・・・(。´・ω・)?
    まあ、その後は語るまでもないのですが、錦織選手の器をしっかりと認められた伊藤選手も最高位で60位に達しましたし、錦織選手の才能を受け入れるだけの器が伊藤選手にあったからこそだと思いました。
    錦織選手も、悔しさはあるかと思いますが、頑張った、頑張っている後輩の才能、努力を受け入れないはずはありません。
    受け入れられないような人間がトップ5にいれるような甘い世界ではないと思いますよ(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • ゆめゆあさま
    確かに負けた悔しさは持っているとは思いますが、私の記憶が確かならば錦織選手って日本テニス界全体の底上げ考えたコメントを常にされている筈ですから、西岡選手の強さに対し頼もしくも感じているのかなぁとも思っています。

    今回の西岡選手のコメントをみると、次戦の錦織戦を考えるあまりトンプソン戦に支障がでた事、前夜もあまり眠れなかった事そして勝った時のあの喜び方など、彼自身もATPツアー優勝経験者で同じATPツアー参戦者として錦織選手と全く・・・とまでは行かないものの「それなり」の対等感を出しても良い立場だとも言えるのにもかかわらず、あそこまで「錦織リスペクト」を前面に打ち出した事は改めて錦織選手の偉大さを痛感しました。

    いずれは今回の対戦を両者の視点から、内田さんや秋山さん後はTSDさん辺りの良質のテニスライターの方がガッツリと記事にして欲しいと思っています。

      引用  返信

  • 久々の投稿です。
    各地で熱帯低気圧が猛威を振るっていますが、皆さん大丈夫ですか? 温帯の僕は大丈夫です(笑)

    今回の対戦と結果に結構ネガ意見の多いのに少々戸惑っています。
    僕は正直、結果はどうあれマスターズ二回戦でこの対戦が実現したことに、非常に喜びを感じているのですがね。
    なぜならテニス先進国、英米仏露伊西等はマスターズやGSでの同士対決なんてザラ、日常茶飯事、そこにちょっとでも近づけたかなあと思うからです。

    錦織選手にしたって、後進の躍進を強く望んでいるはず。いつまでも自分一人じゃつまらないはず。
    杉田選手が来るかなと思ったら後退、ダニエル選手が来るかなと思ったら停滞、よっしー、やっと来てくれたかっていう男気を感じましたよ。
    だから上の下団さんのコメントを一々頷きながら読みました。

    この四選手が、同時ににマスターズやGSにDAとなり、本戦で幾度も対戦するような日が一日も早く訪れることを願ってやみません。

    そうなったら錦織選手はもっともっと燃えますよ!

      引用  返信

  • 今日一日、何もする気が起きなかった。 
    昨日の試合中、錦織が辛そうで、時々テレビから目をそらしてしまう程……凝視出来なかった!
    まさか肘じゃなく体調不良……この大切な時に……こんなに待っていた試合に……こんな千載一遇のチャンスに……と、気の毒に思うと同時に、こんなと、あ~あの連続で、自分を恥じた程!
    やっと皆さんのコメント読んで、気持ちを取り直しています。
    今までも天国あり、地獄あり波瀾万丈の錦織のテニス人生!いちファンの私は、これからも錦織に共感しながら見守り続けるだけと、改めて誓いました(ちょっと大袈裟?) 

    全米迄に体調整えて戻って来て下さいと、祈るのみ!

      引用  返信

  • 下団様・ゆうた様
    お返事ありがとうございます。
    下団さん、決して錦織選手が器が小さいと思ってた訳ではないのですが・・。。
    ゆうたさん、錦織選手がそう言うコメントされてたのも覚えていますが・・。
    あんな事書きながらネガティブだなあとも感じながら、でも試合後
    時間が経ってくるにつけ錦織選手の悲しげな顔が頭から離れず
    錦織選手がそう感じている様に思え失礼とは感じながら勝手に感情移入して
    書いてしまいました。
    確かに錦織選手はそんな選手じゃありませんよね、ごめんなさい。
    私の気持ちが弱かっただけなのです。
    悲しくて書く事により楽になりたかったのかもしれません。
    それ程、西岡選手が素晴らしかったからだと思います。
    全米までには私の気持ちも落ち着かせたいと思います。

      引用  返信

  • ゆめゆあさま
    ご返信ありがとうございます。
    ゆめゆあさまのコメントは誰かに対して礼を欠くものでは有りませんし、「悲しい気持ち」を書かれたものだと思っているので何1つ非は無いと思います。

    錦織選手のファンサイトで錦織選手の敗戦を悲しむコメントをされる、至って健全な考えだと思います。

    「錦織選手オンリー」な考え方もあれば、「錦織選手がナンバーワン」な考え方もありますし、「日本人選手全員フラット」な考え方もあったりしますし違いがあって当然だと思います。

    ゆめゆあさまのコメントで不快になられる方はいるとは思えませんし、私のコメントを意見交換と考えて頂ければ幸いです。

      引用  返信

  • 西岡選手が7-5、6-4でデミノー選手に勝利!

    マスターズ1000で初めてのベスト8!!!

      引用  返信

  • 西岡選手、勝ちました!!
    いやー、強かった!
    おめでとうございます。
    2回戦も、
    西岡選手が素晴らしかったこと、強くなってることは日本のテニス会に取ってとても心強く思います。
    錦織選手の後に続く選手はもう出ないかも、と思っていましたが、
    西岡選手のファイトには感動しています。

    ただ、それとは別にして
    私も錦織選手のことを思うと悲しくてなりません。
    西岡選手に負けたのは体調や西岡選手の素晴らしいテニス、その作戦の完璧さを思えば仕方がないと思っていますが、錦織選手のツキのなさに対して気の毒でならないから。。
    先週、今週と珍しくドロー運も悪くなかったにもかかわらず、
    体調が悪くて、腕も痛くて、本来のテニスができなかったことがあまりにも残念でなりません。
    2017年もジョコビッチ選手やマレー選手と同じ時期に自分も怪我。。
    その隙に初マスターズ優勝の選手も何人か。。
    錦織選手はつくづく巡り合わせが悪いと思ってしまって悲しいです。
    本人はどんなにか悔しいだろうかと想像せずにいられません。
    「怪我や病気は避けられないにしても、ビッグ4と同じ時期でなければもっとチャンスもあったのに」とか「ドローに恵まれた時は絶対に万全の体調でいて!(もしも病気になるなら、厳しいドローの時にして!)」等と無理なことを願ってしまいます。
    こんな心の弱いわがままなファンは私だけではないと安心しました。

      引用  返信

  • 弱気のコメントになってしまうのですが、ごめんなさい。
    割と前向きなタイプなのですが、今回ばかりは落ち込んでいます。
    肘の痛みが消えますようにとその事ばかり心配していたのに、体調不良で負けたこと。2週間前から呼吸がしずらかったとのこと。
    それが心配で心配で。そして本人の気持ちを思うと泣けてきてしまう位、切ない気持ちです。
    試練が本当に続きますよね。こんなに重なる事も珍しい気がしています。呼吸しずらいって症状も初めて聞いたし。風邪がなかなか治らず実は肺炎だったというのもありましたよね。怪我だけではなく、病気も重なるなんて。ずっとずっと努力を続け、試練も何度も乗り越えて来てる錦織選手が身体の心配なく報われる日が早く来て欲しいと切に願います。

      引用  返信

  • まぁ、前コメントの冗談はさておき・・・😅😅

    昨日の西岡選手は高速バトル的な印象を受けましたが、逆に先程の試合は西岡選手がスローな展開を仕掛けて試合を通して主導権を握っていた印象を受けました。それほど西岡選手の引き出しって多いんだなぁっと。

    この2試合だけみても西岡選手の凄さを感じると共に、昨日の錦織選手の評価も少しは変わるのかなっと思ったりします。

      引用  返信

  • 今コメントを送信してから風さんのコメント読みました。ほとんど同じ気持ちでビックリしました。

      引用  返信

  • のりのりさん
    私もあなたのコメントに同感です。
    錦織選手にラッキーがまわってくることをテニスの神様に祈りましょう。

      引用  返信

  • みっちまま@シンシナティです。
    圭くんのマスターズ初優勝を信じて、7日にモントリオール入りして、今シンシナティと、マスターズをはしごしています。
    シカゴからの離陸1分前に、モントリオール初戦敗退をネット画像で確認し打ちのめされました。13日にシンシナティ入りし、昨日は、なんとヨッシーとの対戦に心踊らせることができました。最初は圭くんの圧勝かとも思いましたが、よっしーの素晴らしいディフェンスと要所、要所のフラットの攻め。本当に素晴らしかった。
    圭くんが敗退したのは本当に、本当に残念ですが、きっとグランドスラムでは体調万全でやってくれるはずです。プレー自体はやっぱり格が違います。
    今日はよっしー全力応援で、期待通りでオーストリア期待の若手ディミノーに勝利‼️
    1セット目のブレイクゲーム、ここぞという集中力は圭くんを思わせました。
    2セット目、ディミノーの捨て身の、ぶっ叩きにも臆せず、自分のプレーを冷静に貫いた見事な勝利でした。
    おめでとうございます‼️よっしー‼️

      引用  返信

  • ディミノー(デミノー?)選手は、オーストラリアの選手でした。タイプミス、すみません。

      引用  返信

  • 風さま、のりのりさま
    お二人と気持ちは全く同じです。

    錦織選手が取りたくて、取りたくて何度も扉を叩き続けているMS1000、GSのタイトル。
    跳ね返されても跳ね返されても又、前を向いて挑戦し続ける錦織選手に取らせてあげたい、取って欲しいです。
    「いつでもだれでもラッキーはくる!」と、錦織選手の実力で掴み取って欲しいです。
    やっぱりMA、GSのタイトルを最初に手にするのは錦織選手であって欲しい、そう思います。
    そう願わずにはおられません。
    心の狭い錦織選手オンリーの戯言です。
    失礼しました。

      引用  返信

  • 恵ちゃんさま
    私は決して心の狭い戯言だとは思っていません。むしろ、錦織選手ファンとしては至極当然の考え方かと。(個人的な印象です)

      引用  返信

  • 西岡の 工夫を凝らした 理詰めのストローク戦は フィジカルの不利をカバーしとるし センスだけでなく 頭の良さと 落ち着きがあって 観てて 楽しいな〜
    そんでもって メンタルも強い 清々しい

    錦織を負かしたのは 西岡の実力に依る部分 が大きいってことを 証明しつつあるな

    このまま 決勝まで進んでくれ!

      引用  返信

  • 西岡選手、やっぱりシンシナティはコートもボールも相性バッチリな気がします。
    IWも好きって言ってたけと、あの身長で高く跳ねるサーフェスが得意ってすごいな。

    錦織選手が初戦敗退、しかも相手はかわいい後輩、それ以上に肘だけじゃなく体調不良が心配で、さらに一見オープンドローで決勝までいけるかも、なんてチラと思ったから余計にショックであり辛いです。

    ただ、体調不良じゃなかったとしてもこのサーフェスでは、現段階の錦織選手にとってかなり厳しい試合になったんじゃないかなぁって思えるくらい、西岡選手は本当に全てが噛み合ってました。
    今年は特に、全サーフェスでトップ選手相手に良い試合を続けてるなー、前みたいに集中が切れることがなく色んな面で向上かつ安定してて、何よりも先輩見習って、観ていて楽しい、人を惹き付けるテニスだなぁ、と感心しきり。

    西岡選手にはこのまま勝ち続けて、錦織選手にポイント接近している選手をバッタバッタと倒してほしい。(やっぱり錦織選手中心という邪な心は許して)

    一方錦織選手自身は、今大会は全米を見据えて、数試合でも自分のテニスを出来たらいい、少しでも自信をつけたいっていうくらいだったと思うので、悔しさは当然あると思いますが、今は何としても全米に向けて身体もテニスも間に合わせたいという思いで、そちらに全神経を集中させていると思います。

    全米で何の不安もなく思いきりプレーしてほしい。
    ウインブルドンみたいに内容は徐々にでいいから体力温存で勝ち進み、ベスト4以上、いや決勝、いやいや優勝してほしい!
    体力奪われないよう、あまり暑くありませんように!

    ハイ、毎日神頼み、仏頼み、験担ぎ、何でもしますよー。

    そして、楽天に無事に来て、ジョコビッチ選手を倒して優勝してほしい。
    だから、今日抽選当たっててくれぇ~。

      引用  返信

  • 本日、ヤフ○ニュースで6:20配信の週プ○ニュースにて、団長さまの記事を後ればせながら拝見しました。

    簡潔で的確な分析、錦織選手の優勝を強力に後押しするような力強い締めくくり、
    『29歳にして進化を遂げた錦織選手が才能を本格的に開花させる時期は近いと信じています。』
    の言葉に、涙目で拍手喝采を送ります!

    ゆうたさま、
    ありがとうございます(ToT)
    (うるうる、ドキドキ、うるうる、ドキドキ)

      引用  返信

  • 錦織選手の身体の管理・回復は、いまチームとして全力で臨んでいると信じます。全米まで約10日、メンタル面も含めて充実した状態で戻ってきてくれと祈るばかりです。
    しかし事実の積み上げという観点では、正直厳しい状況ではあるでしょうね。ウィンブルドン後 2 試合しかせずに全米です。それも 0 勝 2 敗。フェデラー戦も含めると 3 連敗中。足の手術を行った年も確かワシントンで QF まで行ってからだったと記憶しています。今年全米で試合勘がどこまで戻って来るか。昨年の1週目のように、調子が微妙な中でも丁寧にそしてタフに勝ち上がってコンディションを上げて行ってほしいですね。
    ポイントという観点でも厳しい状況なんですよね。昨年のシンシナティは初戦を勝ってR32で負けましたので45ポイント、今年はシード選手ということで1回戦免除でR32で負けたので10ポイント、これが入れ替わるわけですから次週はマイナス35ポイントという認識です。昨年は全米で720ポイント稼ぎましたので、今年もベスト4以上に行かないとポイント減りますね。
    これは結構きついですよねえ。本人もきつい状況だと思います。ただここまで来たらもう開き直って、吹っ切れたメンタルで臨める可能性もあるのではないでしょうか。逆境をバネにしてくれ〜。
    錦織選手を応援する者としても苦しい時期なわけですが、こういうときこそ冷静に、これからのことに期待して次戦を待ちたいですね。

      引用  返信

  • フェデラー選手も敗退・・・、何でもアリにも程がありまんがな!シンシナティMS2019!

      引用  返信

  • ゆめゆあ さん、負けて悔しいのは当然のことですよ(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    年下で、しかも自身よりも小さい相手ですからね~
    錦織選手は体調不良のなかでも懸命に戦っていましたし、それが伝わってからこそ西岡選手が勝利の瞬間に歓喜したのだと思います_(._.)_
    これからも、この対戦が何度も実現してほしいですね(`・ω・´)ゞ

      引用  返信

  • ホント、体調不良の中、彼女とバンジーはない!万事休すです(苦笑)。
    チームに芯がなくなったのでは?
    ウィンブルドン及びマスターズにチャンコーチが来なかったのも
    非常に心配です。どなたか救いの手を・・・。

    それでも全米には奇跡を期待しています!!

      引用  返信

  • たまたま勝ったプレイヤーが、MS1000のQFに進めるでしょうか・・・?
    ヨッシー、前週から続けて好調でしたよ。ついでに、決勝まで行って、ジョコビッチと戦って下さい(^^)

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。