エネルギー不足!?ミスを抑えられず残念な初戦敗退(2019マイアミ2回戦 vs. ラヨビッチ レビュー)

2019 Miami (Masters 1000)
2nd Round
Dusan Lajovic def. Kei Nishikori[5], 2-6,6-2,6-3

ご覧の通り、1stセットは素晴らしいプレーで取りながらも2ndセット以降は失速、とにかくミスが多くラヨビッチがどうこうという前に錦織が悪かったです。

何か体から発せられるパワーを感じなかった気がします。
ちょっと体力が落ちているんじゃないでしょうか?
体の動きが悪いと、当然ながら精度を欠いてしまいます。

いいショットもいいプレーもあったのですが・・・。

いつもは負けるにしてももっと見所があるし、粘りも見せるんですが、今日はただただエネルギーを出せずに終わった感じ。
体に何の異変もなければ良いのですが。

これで少し次のモンテカルロまで時間があき、数週間のトレーニング期間のはずです。
この期間に体調を立て直し、去年準優勝した大会で暴れてくれることを祈ることしかできません。

今日はあんまりポジティブ要素は見つかりませんでした。すいません。

ただ、このままで終わるわけはないので、今までだって何回もこういうところから復活してきましたので。

今年はもう優勝もしてますので。

とりあえず最近の不振で、プラスマイナスゼロに戻ってまた、出直しという感じでしょうか。
元気で出場し続ければ(今日は元気なかったけど)、チャンスはまだまだ巡ってきます。
毎回好成績じゃなくても、何大会に1回爆発してくれればいいと思いますし、それでランキングも維持できます。
辛い時期ですが、故障で出場できなかった時期を思えば、ね。
ファンも辛抱の時間帯。乗り越えましょう。

172 件のコメント

  • 団長さま
    毎年ありがとうございます。
    でも、スマホだとわかりにくいです…(^◇^;)

      引用  返信

  • 次の大会がモンテカルロに更新されていたのは気づいていたんです。
    隣のランキングに気づかないとはお間抜けでした。(-_-;)
    1位がふたつ良い眺め。   団長さんありがとうございます。

    新元号に圭明とか圭の字が使われたらいいな~ なんて妄想中🌸。(*´ω`*)

      引用  返信

  • おおおお〜1位1位いいですね〜〜☆
    どこか、他にも隠れてる⁇
    まだ新年号発表頃まではチェックの気を抜けませんね〜笑

    新年号、錦が入るといいなぁ、画数多いと小学生が書きにくいかな。

      引用  返信

  • 団長さん
    今年はそうきたか?! ありがとうございます。
    一つ上げて1位って、錦鯉も知らない間に、圭くん2位にまでつけてたんですね!(笑)
    どんな時にも追い風になる「雰囲気作り」がファンとしての「応援」と思っています。
    これからも応援し続けますよ。

      引用  返信

  • 密かに毎年この日を楽しみにしていました。
    今年はお忙しいんだな。。。と思ってたら。。。

    元号も改まって、スッキリ何だかいい気分ですね😊😊😊🌸🌸🌸
    ありがとうございます!!

      引用  返信

  • おお~、気づかなかった。。。
    1位、いい響き!\(^o^)/
    ブログ開いて、記事の更新がなかったので、がっかりしてたの、実は。
    団長様、今年もありがとうございます。

      引用  返信

  • いつの日か現実になる日を夢見て。

    応援するぞ~!

    モンテカルロでは優勝してもらいましょう。
    去年の忘れ物🏆を取りにってもらわねば!

      引用  返信

  • フェデラーありがとう
    錦織のトップ10残留命拾い
    イズナー優勝なら全仏前後でトップ10陥落だったからな

      引用  返信

  • 🖕誰なんでしょうね? この方は?
    もしかして名前を間違えたのかな?

    もし何か「意図」を持ってなら、本ブログもフォーラムも私(ゆうた)は全てのコメントに同じメアドを明記しているので、この行為は思いっ切り自殺行為的なコメントになってしまう事を申し上げます。

    まぁ、単なる名前間違えと信じたいですがね。

      引用  返信

  • ゆうた👿団員、最近、色々とやってる方がHN変えながら彷徨っているようですな・・・(ΦωΦ)
    内容からして、フォーラムで鍛えられてる「ゆうた👿団員」ではないのが容易に分かりましたが、鬱陶しいですね~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

    よし!!ゆうた👿団員、HNに(/・ω・)/どうぞ~💀、🔪、💉、👿、💣

      引用  返信

  • ランキング&次の大会 の日付が・・・\(^o^)/

    どうせなら・・・一日 → 朔日 にして~(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾

      引用  返信

  • ☝そういえば、令和は5月1日から・・・来年は令和二年(੭ु´・ω・`)੭ु⁾⁾
    まあ、エイプリルフールネタだから構いませんが・・・(≧◇≦)

      引用  返信

  • 今年はまだかしら?まだかしら?と思っておりましたが💦ROMさんのコメントで、ようやく気付きました😅
    たしかにスマホ📱だとわかりにくい、かも。
    でも、お忙しい時でも、有難うございます🙏🌸令和入っとるし。

      引用  返信

  • ウォンバットさん,

    報道ステーションの対談はこれですよね?
    もちろんその日に観ました。
    そして、ガッカリしました。
    「怒り」優先と「完璧主義(というか、かっこよくテニスしたい願望)」が、まだ今でも抜けないのか、と。結論から言うと、この2つがあるためにMSどころかGS優勝のポテンシャルがあったのに今までできないと確信した対談でした。

    https://www.youtube.com/watch?v=3m9RgzqgY60&feature=share

    まず、「怒り」。ファイナルズでは毎年8人の神を1秒位ずつ紹介するビデオが流れます。残念すぎるのは、毎年錦織選手だけが、報道ステーションで掲示された感じの「あぁ、もう〜〜」という表情が流れることですね。
    他の選手は皆、ウィナーなどが決まって観客と一緒に歓喜して吠えているシーンなど、ポジティブなのに、錦織選手だけが超ネガティブに表現されています。ATPが持つ錦織選手への印象が、こんなにネガティブ表情なのは、悲しいです。
    シャイなどともう言ってられないベテランになりましたから、他のトップ選手同様ポジティブに観客を巻き込んで自分のモチベーションを上げることが欠けていると思っています。
    その怒りが乗じてラケット破壊やボールへの八つ当たりへつながっている。最悪です。
    特に、リオでラケットを投げた時、ラインジャッジに当たりそうになった映像を見たとき、ガッカリ。
    シャポバロフが以前、デ杯で怒りに任せてボールに八つ当たりをしてフルスイングで打った時、主審の眼を直撃しました。フランスへ帰国した主審は目の下の骨にヒビが入り、手術になりました。
    錦織選手も同じことをしそうでヒヤヒヤします。

    「完璧主義(かっこよくテニスしたい願望)」については、ご本人も言っている通り「綺麗にポイントを取りたい」わけです。でも、本当は2014年のNHKの特番で「かっこわるくても勝つ」にあったように、錦織選手がより高みへ行くためには、明らかに邪魔な考え方と本人も分かっていて、マイケルコーチからも指摘されているんですよね。
    でも、今年な入っても、まだ捨てられないのだ、と確認してしまったのがこの対談だった。だから、ガッカリしました。

      引用  返信

  • 最近、イチローの特番がよくあるので観てておもうのはストイックさですね
    孤高な天才ですがイチローを観てると努力するってのも天才なんですね
    凡人はそこまでストイックに努力できない
    ジョコビッチやマレーやナダルやフェデラーにもそういったストイックさは感じますが錦織圭にはそういったストイックさは感じませんね
    僕も感覚的な人間なんでまとってる雰囲気で独断と偏見で感じてるのですが日本のアスリートではサッカーの中田英寿やイチローや羽生結弦にはストイックさを感じます
    同じ日本のトップアスリートでも錦織圭にはそういったストイックさは感じませんね
    もちろん試合中の集中力やセンスは抜群なんですが、そこのところが違うんですかね
    もちろん本人は凄い努力もしてるし対戦相手も研究してるんでしょうがまとってる空気や発言にはストイックさは感じませんね
    トップに長く君臨するアスリートはどこかしらストイックさと孤高は感じるもんなんですが、あくまでも独断と偏見ですけれどね

      引用  返信

  • 潮さんのもどかしい気持ちが少しわかる様な気がします。
    わたしは錦織選手の対談は見ていないので、全くの的外れな共感だったらすみません。

    才能に人間的な成長が付いてきていれば、と思うことはあります(偉そうですみません)試合中のアップダウンが激しいのは、やはり精神的な成長が少し足りない様に感じてしまいます。
    でも、テニス一筋で、常人には計り知れない努力をしてきた青年を責めることはできないのかな、と最近思います。

    一時、錦織選手は相手の時間を奪う早い展開のテニスを極めるのかなと思っていましたが、フェデラー選手並みの読みと反応速度を持っていない限りは、それも限界があったのかなと思います。
    フィジカルの向上が、これ以上はあまり望めなくなってきて、これからどんなテニスを目指すのか、錦織選手自身が手探りで、今はコツコツと毎日の練習をひたすら一生懸命に積み上げるているのかも。そういう意味ではとてもストイックだけど、少し不器用にも感じます。
    チームを刷新して、新しい何かを得て欲しいけれど、コーチを変えるのは、今まで家族の様に過ごしてきた人達と別れることになるので、なかなできないんだろうなあと思います。家を離れて世界を転戦する孤独なテニス選手には、チームというのは想像以上に大切なものなのかも。特に、錦織選手はオープンな人柄ではないので友達も少なそうなので(すみません、あくまで想像ですよ😓)よけいに大切なんだろうな。

    錦織選手ご本人には申し訳ないですが、実際の事は何ひとつわからないけど、好き勝手な想像をして、もどかしく思う自分を納得させています。

    錦織選手が同時代に生まれてくれたことをひたすら感謝して、GSやマスターズの優勝とかどうでもいいから、少しでも長く、錦織選手らしいテニスをする姿をみていたいです。もちろん、優勝したら狂喜乱舞すると思いますが😁

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。