2017デ杯WGプレーオフは大阪・靭テニスセンターで開催

デビスカップ公式サイトにおいて、今年のデ杯WGプレーオフ 日本 vs. ブラジル(9月15日~17日)が大阪・靭テニスセンターで開催されることが発表されました。

Japan set to host Brasil in Osaka | Davis Cup

しかし日本テニス協会のデ杯ページではまったくアナウンスがありません。しっかりしてください~。

錦織の出場はまったくの未定だと思われます。その前にツアーに復帰しなければなりませんから・・・。
マドリッドでの復帰を目指すとのことでしたが、今のところ会場に入ったとか出発するとかの話も聞きませんので、これはパスするかもしれませんね。
でも、なるようにしかならないので完治が優先です。けがの状態、体力の消耗、試合勘のトータルの状態で試合に臨む状態が決まります。体力的には悪いことではなく、試合勘についてもローマでいい感触を得られれば、あとは全仏の中で養っていけると思いますのでなんとかローマまでには間に合ってほしいです。
全仏ぶっつけはさすがに不安が残りますが、ここで2月にクレーに出たことが少し効いてくるかもしれません(今年クレー初戦ではないという意味で)。もっとも、南米とヨーロッパのクレーは質が違うようですが・・・。

杉田、ダニエルが元気ですので9月までにランキングを上げ、ブラジルに勝利できる可能性が高まってきたら錦織の出場もありえるかもしれませんが、こればっかりはいろんな要素を総合的に判断せねばならず、難しいです。ただホームで試合できることは少しだけ出場を後押しするでしょう。東京までの移動が少なくて済むので。

遅筆なものでコメント欄がどうしても先行していまいますが、なるべく目新しくないニュースでも気にせず書いていきますので(じゃないと何も書けない・・・)よろしくお願いします。

101 件のコメント

  • このスレッドの元の話に戻りますが、結局日本テニス協会のWEBページ、D杯について未だアップデートなしですね。連休中は完全に休みだったということか。気がついてませんでしたが、お知らせ欄に「本協会では事務局員をマイナビ転職で募集中です。募集は予告なく締め切られることがあります」とあったのですね。知ってたら小生が老後の職に応募したか(ムリか)、錦鯉村のNORICHANさまか誰かを、迅速な広報活動+ATP OFFICIAL RULEBOOK日本語翻訳等のミッションで推薦状はいくらでも書いたのに!(笑)もう職は埋まったのかな。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。