2017ハレ1回戦 vs. ベルダスコ ゲームごと実況記事

試合開始には間に合いませんでしたが、早く帰宅できましたので第3ゲームより実況します。

Set1
1−1から

G3ベ 1−2
? × FO
1 ××× FSt
1 × BStN
1 ××× SvCt

芝はやはり速い。
錦織ミスが早い

G4圭 2−2
1 ○○ SvBd
1 ○ BO 振り上げフォア
1 ○○○ BApSt F回St攻めた
2 ××× FPCr ネットイン
2 ○ BRN

新しい芝はサーブ入れたもの勝ち
普通にやれば押せるのでミスしないことが重要

G5ベ 2−3
1 ××× SvCt
1 ○ BO
1 ×× SvWi
1 ○ FSO
1 × FN 振り上げフォア
1 × BO

振り上げフォア多いのが気になるが割とリターン返せてる
最後2本もったいない

G6圭 3−3
1 ○ FSlSO
1 ○○ SvBd
1 ○○○ FV
1 ○○ SvWi

1st入ればキープは楽

G7ベ 3−4
1 ×× SvBd
1 ×× SvWi
2 ×× BCr深 いいラリー 振り上げフォア
1? ○ FO
1 ○ FO
1 ○ FN よく返して、次フォア速かった
1 ××× SvWi
1 ×× SvWi

サーブにやられた
ラリーがあまりない

G8圭 4−4
1 ○○ FSt いいプレースメント
D × DF1本目
2 ××× F打 R叩かれた
2 ×× BSt 振り上げフォアが弱く、攻められた
1 ○○○ BCr
1 ○ BCrN
1 ○○ SvCt
? ○ FO ほぼやられてた 振り上げフォア

なんとかキープ
ちょっと押された
1st入らないと危ない

G9ベ 4−5
1 ××× SvCt
2 ××× BCr 見事
1 ○ BDrN
1 ×× SvWi もう少し返して欲しい
1 ××× SvWi 208km/h

ベルダスコ好調。
もっと動いて活気を出していきたい

G10圭 5−5
2 ○○○ FRvCr 完璧。前に振った
1 ○○○ FRvCr 連続
1 ○ FO ダスコフォア速い
1 ○○○ BSt

完璧キープでこれで勢い五分

G11ベ 5−6
1 × FN もったいない
1 ×× SvCt 209キロ
1 ×× FApCr
2 ×× SvCt いいセカンド

ベルダスコのサーブが良い
それ以外コメントがない

G12圭 6−6
1 ○○ SvCt
1 ○○○ SvCt ナイスプレースメント
2 ○ FRN
1 ○○ SvWi

しっかりサーブ入った。速度コースとも良し。

TB Svベから 6−7(7)
1 ○○ BCr 1−0 珍しく長めラリー。打ち勝った
1 ○○ SvCt 2−0 ここのスライスSv有効
1 ××× FPSt 2−1 やられた
1 ××× FSt 2−2 型にはめられた
1 ××× SvWi 2−3
2 ○ FN 3−3
1 ○○○ BDrV 4−3 S&V
1 ××× FV 4−4 ダスコも積極的
1 ×× SvWi 4−5
1 ×× B深 4−6
1 ○ FSlN 5−6 危なかった
2 ○○○ FSt 6−6 素晴らしい!
1 ×× SvCt 6−7
2 ○○○ BSt 7−7 ジャックナイフ!
1 ××× FSt 7−8 フォアハンド攻めきれない
1 ×× SvWi 7−9

いいセットだったが、妥当。
フォアハンドの差でベルダスコの方が良いプレーをしていた。

Set2
G1圭 1−0
2 ××× BRSt
1 ○○ SvWi
1 ○○○ Sm FCrちゃんと打った
D × DF2本目
1 ○○ SvWi
1 ×× BRネットイン
? ○ BSO ストローク浅くひやっとした
1 ○○ BCr

まずはほっとした

G2ベ 1−1
1 ××× SvCt
2 × BSO もったいない
1 ××× FRvCr
1 ×× FPCr

パワーに押される

G3圭 2−1
2 ○ SvBd→BRSO
1 × BO イレギュラー?
1 ××× BCr
1 ○○○ FDr
2 ○ BRO ラッキー
1 ○○○ SvCt このコース良い

ダスコ良い

G4ダ 3−1 Break!
D ○ DF1本目
1 ○○ BR深
2 ○ BRSO
2 ××× FSt
2 ○○○ FPSt フォア浅いが、上手くボレーさせて抜いた

G5圭 3−2 被Break
? ○ 見逃した
? ××× FSt 読まれた
1 × FO もったいない
1 ○○○ BV Dr甘かった
2 ○○○ FSt 素晴らしい!
D × DF3本目 ここでのDFはいかん
2 × BStN
2 ○ FSO 助かった
1 × FO
2 × FSO

自ら流れ止めた

G6ベ 4−2 Break!
? × BN
2 ○○○ FDr返し返し
1 ××× FRvCr
1 ○○ BSt
2 ○ BO 上手くコース読んで攻め球を返球
1 × FN もったいない
1 ××× SvWi
D ○ DF2本目
? ○ FO
1 ○ BSlO

ダスコにもミス
次こそキープしよう

G7圭 5−2
2 × FSO 振り上げフォア
1 ○○○ BV
2 × BN
2 ○ FN
2? ○ FN バックは深く入る
1 ○○ SvCt

ダスコにミス増えてきて、錦織の流れできつつある

G8ベ 5−3
? ×
? ××× FCr
2 × BRO
1 ×× SvCt

G9圭 6−3
1 × FO 振り遅れ振り上げフォア
1? ××× FV
1 ○○ BSlAp
2 × BN
1 ○○ SvWi
1 ○○ BCr 危ない・・・
2 ××× FDr
1 ○○? SvCt
2 ○ BRO 助けられてる
1 ○○○ FRvCr

Set3
G1ベ 0−1
? ○ BO
1 ××× SvCt
2 ○ BSO フォア前に振った
1 ×× SvWi
1 ○ FO
1 × FN BPでのフォアミス2本目
1 ○○ FSt FSt良いのが救い
1 ××× FCr 鋭角
1 ×× SvCt
1 ××× FVSt

BPでのフォアミスが本当にもったいない

G2圭 1−1
2 × FStSO まあこれは惜しい
2 × BDrN
1 × FN
1 ○○ SvCt
1 ○○ FSt
2 ○○○ BSt
? ○ BN
1 ○○○ BSt

よく挽回したが、
ミス多い上に、早い
やはりバックハンドは信頼できる

G3ダ 1−2
1 ×× SvWi
2 ○○ BCr 信頼
1 ×× FCr
1 ××× SvCt
1 ○ FVN
1 ○ FSO
2 ○ FSO ダスコ不安定
1 × BO
1 ××× BV
1 ××× SvCt ダスコナイス挽回

BPになるとミスするので流れが来ない

G4圭 2−2
2 × FSlO
1 ○○○ FRvCrAp
? ○
1 ○○○ FRvCr
1 ○○ FV

ここはナイスキープ

G5ベ 2−3
2 × BVO 面白いネット際攻防だったが、残念
1 ○ FSO
1 ×× FCr
1 ○ BO
2 ○ FO BR深
2 ×× F深
1 ××× FCr
1 ××× SvWi

BPでいいプレーができない

G6圭 3−3
1 ○○ SvWi S&V
1 ○○ FCr いいSv入った
1 ○○ SvWi
D × DF4本目
1 ○ FO

Sv入ると安心

G7ベ 4−3 Break!
2 × FN 力ないミス
? ○ O
1 ××× SvWi
1 ○ FO
1 ○ FSO
1 ×× SvWi
1 ××× SvWi ワイド読みたい
2 ○ FSO
2 ○○ BSt
1 ××× SvCt これは仕方ない
2 ○○ FSt
1 ○○ BPSt ようやく取った

ベルダスコ疲れてきたが粘る。ようやく取れた。

G8圭 5−3
1 ○ FO
2 ○ FO
1 ○○○ SvCt
1 ○○ SvBd

MTO取ったベルダスコ、フォアの抑えが効かない
(でも球は速いけど)

G9ベ 5−4
2 ×× Sv
1 ××× FCr
1 ×× SvCt
1 ××× SvCt WGO気味

G10圭 6−4
1 ○○ SvWi
2 ○○ BSt
2 ○○○ FDr
1 ○○ BSt

68 件のコメント

  • 今晩は。
    カチャノフ選手、シモン沼に溺れることなく、ファイナル・セットはきっちり振り切っていますので好調には違いなく。
    そもそも彼、RG後にグラス調整してWBという流れは今年が初めてなので、グラス実績なしで当たり前、だからこそ未知数で怖いですね~。決して侮るなかれ。
    それにしてもシモン選手、一体いつになればツアーでお顔合わせして頂けるのか(苦笑)

    ゆうたさま
    コキナキス選手の覚醒、またあの方が寝た子を起こしたのと同時に、ラオニッチ選手の過渡期が重なったのも要因の1つかも知れません。前コーチと袂を分かち新コーチと練習し始めたばかり。でも用意周到で冷静沈着な彼のこと、きっとWBまでには上げてくるのでは、と踏んでいます。

      引用  返信

  • 今晩は。
    杉田選手のフェデラー選手戦が始まる前に。ロンドンのドローが相当ドロドロに(苦笑)

    マレー選手の対戦相手ベデネ選手がキャンセル。せっかくLL復活したエルベール選手が昨日のダブルス途中でリタイアで、きょうのシングルスもキャンセル。ブロディ選手がLL復活。ドローがゴロンと入れ替わり、マレー選手の対戦相手がトンプソン選手に変更され、先ほど試合開始。

    そのおおもと、ベデネ選手が英国メディアに気になる発言。
     ①ドロー決定直後「芝では彼(マレー選手)にかなわない」とコメント。
     ②国籍を英国からスロベニアに戻すことを検討中とコメント。 
    怪我等の情報は今のところなく、この2つの発言で彼のドタキャンが限りなくグレーに。何だか様々な憶測が飛び交っています。

      引用  返信

  • あけびさま
    もしかして日出ずる国からきた、ラーメンならぬノドグロ大好きなあの方でしょうか?( ̄▽ ̄)

    NORICHANさま
    ラオニッチ選手の件ですが、スタッツだけ見ればそんなに悲観する内容ではないと思いました。又、タイブレ自体がサッカーのPK戦の様なもので、どちらに転ぶのかわからない側面があると思いますし。

    個人的に彼が危ないなと思う兆候は、格下相手の一見楽勝なスコアでも①エースが相手より少ない②1セットで複数の被ブレイク③被ブレイクが無くてもBPが多い、といったところでしょうか?

    このケースだと何らかのトラブルを抱えていて、次戦に負けたり棄権している印象が強いのですが、今日はそんな感じは無かったと思いました。ただ、ポイント的には痛手ではありますが。

      引用  返信

  • 今晩は。
    ゆうたさま
    有難うございます。確かにTBとPK、似た要素満載ですね。本当にどちらに転ぶかわからない、ある意味ギャンブル。私は何故かラオニッチ選手を心配してしまうタチで困ります(苦笑) 特にディフェンドも大きいだけに。ただコメント頂いた様子では、怪我等の心配はなさそうですね。
    なのでここは寧ろ、テニスがしたくてしたくて長期ウズウズのコキナキス選手のパワー爆発、と捉えることに致します。

    さて、稲垣康介さんが、錦織選手の試合後プレカン模様を3回に分けてツィート。
    https://twitter.com/Inagaki7K/status/877166685714751488
    https://twitter.com/Inagaki7K/status/877167551368777728
    https://twitter.com/Inagaki7K/status/877168974407938049

    シュツットではフェデラー選手、ディミトロフ選手が初戦敗退。ロンドンではバブリンカ選手、ラオニッチ選手が初戦敗退。トップ10選手、BIG5選手でさえもグラスの初戦は苦労されていますが、そんな中クセ者ベルダスコ選手に初戦を勝ち切った錦織選手、やはり期待せざるを得ないですね。

      引用  返信

  • GWOのオンコートとプレスコンフェランスの模様は、Centre Court TVに載っています。GWのセンター・コートは練習コートとさらに違って、WBよりちょっと速いので動きづらさがあると言ってます。GWOのツイートの日本語の謎は深まるばかりですが(笑)、錦織関連のツイートでは日本語付けてくれてますが、「裁判所(コート)」とかあるのをみるとどーも自動翻訳ですかね。まあ親切なのですが。でもなぜ錦織→錦鯉になったのは理解できん。錦鯉村の誰かが居るのか?(笑)

    ロンドンでワウリンカが負けてしまったので、予想どおりWBの第2シードはジョコビッチで決定です(フェデラーはGWO優勝してもWBポイントでジョコに10p届かない)。フェデラーWB第4シード以内は杉田選手の活躍の結果に依ります。

      引用  返信

  • 杉田選手残念でしたが、
    フェデラー選手との対戦はきっと後々に活かされると信じます。いいショットもいくつかありました。
    ちょっと固くなってたかもしれませんが・・。

    今日は強く華麗なフェデラーでした。(この大会の前に初戦敗退した何て信じられない)

      引用  返信

  • フェデラー様を見ていると、ミスが少ないということが、どんなに自分を楽にするかよーくわかります。

    ところで、カルロビッチ大先生が、1セット取られ、海の向こうではマレーがトンプソンに1セットダウン、2セット目も1ブレークダウンです。ええー?

    マレー、珍しく華やかな色合いのウエアだけど、それがいけないんじゃ?

    追記:今、2ブレークダウン。トンプソンのSFMです。

      引用  返信

  • さらに追記。

    トンプソン選手、ストレートでマレーに勝利!
    彼、LLだったんですね。

    差し出されたご褒美をつかみ取りました。

      引用  返信

  • マレーが負け、ワウリンカが負け、ラオニッチが負け。。
    今年はまだまだ波乱が続くんでしょうか?

    こういう中でベルダスコのようなレベルのプレーヤーにきちっと勝ち切るのは
    えらいと思います。

    NORICHANさんと丸かぶりですね笑
    よく読んでなくてすみません、
    おっしゃることに全面同意です🎾

      引用  返信

  • FUMAさま
    実は杉田選手のLLを期待していたのですが、対象は大先生でした。

    先週のスヘルトーの疲れは絶対に残っていると思いましたから。案の定、大先生にしてはエースが少ないですし、今日の杉田選手なら付け入る隙はあったかもしれませんでしたね。

    と書いていたらマレー選手が負けました。
    しかも、勝ったのはサービントンCHで杉田選手と決勝で戦ったトンプソン選手。また、先週のノッティンガムCHの優勝はQFで戦ったセラ選手と何か杉田選手に自信が持てる感じがするのは私だけでしょうか?

    しかしここまで上位が負ければ、イーストボーンだけでなく同週のアンタリヤのスタッフもWCの売り込みが凄くなりそうですね。しかも、WC3枠のうち、1人は地元のイルハンになるのが有力ですか、これもどうなる事か分からないですね。

      引用  返信

  • 今晩は。
    stteffiloveさま
    この結果はみな同じように感じるということですね。そしてマレー選手の敗退は、またもや第1シードが優勝できない呪縛の継続。更にジンクスまでがもろくも崩れ去り…。

    実はマレー選手、試合前にこんな公約を。いえ彼だけではなく多くのアスリートたちが賛同。ロンドンのタワー・マンション火災の被災者に、賞金を全額寄付と。今となっては…。
    <英国アスリートに“善意の輪” ロンドン火災、テニス世界1位は次戦賞金寄付>
    https://the-ans.jp/news/5342/

    上記記事は、英「The Guardian」の<Andy Murray joins sports stars pledging donations to Grenfell appeal>のまんま翻訳なので元記事は割愛いたします。

    でもこちらの記事には、同じ内容+先ほどご紹介したベデネ選手コメントが掲載されています。英「The Daily Telegraph」より。
    <Andy Murray plans to donate his Queen’s prize money to Grenfell Tower disaster victims>
    http://www.telegraph.co.uk/tennis/2017/06/19/andy-murray-plans-donate-queens-prize-money-grenfell-tower-disaster/
    多分抄訳記事が出ると思いますので、その際には改めてご紹介いたします。

      引用  返信

  • う~~ん、これでロンドンの方は、第1~第3シードの選手がそろって1回戦敗退ですか・・・。
    他方、ハレの方は、第1~第3シード選手はそろって1回戦突破(普通といえば普通なんですが)、錦織選手には、とりあえずSFフェデラー戦までは行って欲しいですね。
    ではでは、また明日以降もよろしくです、お休みなさい。

      引用  返信

  • 杉田選手、この前勝ったトンプソン選手の金星を知って、
    同じLLなら、マレーと当たりたかった、と思わず愚痴をこぼすかも。
    でも、今日のフェデラー選手とマレー選手とでは、
    フェデラー選手と対戦できたことを誇りに思って欲しい。
    絶対にいいことあります! キッパリ。
    今日も、「オスギ、かっこいい~♪」といっぱい叫べました。

    次のダブルスのことも忘れて死闘を繰り広げたニシベル戦。
    ベルダスコ選手って、ちょっと古過ぎますが、高倉健さんのイメージですよね。
    何だか映画を見ているようでした。
    彼の思いを背中に背負って、男錦織、行くっきゃないです!

    すみません、このイメージを共有できる人は、
    もう絶滅危惧種かもですよね^^;

      引用  返信

  • @ゆうた さん

    大先生、負けちゃいましたね…。
    第2セットはエースも増やしてきましたけど、力及ばず。
    おっしゃる通り、これは杉田さんにもチャンスがあったかも、ですね。
    それにしても、錦織君の対戦相手、当初の予定からどんどん外れていくー。

    今日は色々なことが起こるので、登場しすぎちゃいました(私)。

      引用  返信

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

     テニスを愛する理系人間。よく理屈っぽいと言われる。  プレースタイルはサーブアンドボレー、というよりサーブ。ストロークは弱い。  2008年2月15日に本ブログを開設。その数日後に錦織圭はあのデルレイビーチ優勝を成し遂げる。  錦織圭の存在を知ったのは2004年。その後2006年全仏ジュニアベスト8で再注目。2007年のプロデビュー(AIGオープン)で錦織の試合を初観戦。その後の活躍を確信し、今に至る。